バイク バッテリー 廃棄。 バイクのバッテリー処分の5つの方法

オートバックスでバイクのバッテリーは回収してもらえますか...

バイク バッテリー 廃棄

お手続きは簡単! お電話1本で指定運送会社が、ご自宅まで回収にうかがいます。 (単品でのご注文の場合、必ず不要バッテリーのサイズもしくは品番をご連絡ください。 (不要バッテリー回収サービスを単体で注文もできますが、 メール送料は 250円 になりますので、ご了承ください。 ) (伝票のみ注文の場合、代引き発送できません。 液漏れ・転倒しないようしっかりと梱包してください。 商品お届け時に当店が使用しました梱包材を利用すると便利かもしれませんね。 記入した発送伝票を、外箱の上面に貼り付けます。 日にち・時間を希望される場合、その際に運送会社にお申し付けください。 ご自宅までドライバーが荷物を引き取りに伺います。 電解液容器などは回収できません。 『一般ごみ』としてお客さまご自身で廃棄処理をお願いします。 リサイクル処理を目的としています。 お送り頂いた不要バッテリーは粉砕処理されて、鉛とプラスチックに分けられます。 その後、様々な商品に再利用されて皆様の元へ戻る予定です。 再生バッテリーなどの再販目的には使用いたしません。 皆様のご協力に感謝申し上げます。 このページではインラインフレームを使用していますインラインフレームに未対応のブラウザをお使いの方は、 こちらで内容をご確認いただけます。 納期につきましては、各商品に出ております 『納期情報欄』をご覧下さい。 複数商品をご注文の場合、商品の大きさ・個数によって送料が変化します。 確定した送料は、当店から送信します 『ご注文ありがとうございました』メール内に記載しますので、ご確認下さい。 3万円未満で代引き手数料は324円(税込)です 離島地域の場合別途料金がかかります その他の商品はをご覧下さい。 商品ページをご確認下さい。 弊社にてご注文確認後、ご選択頂いた運輸会社の送料表に基づき、送料や代引き手数料を訂正し、承諾メールを送信いたしますのでご安心下さい。 「北海道・本州・四国・九州・沖縄」の各本島以外への配達をご希望の場合は、ご注文前に必ずお問い合わせ下さい。 お使い頂けるカードは下記のとおりです。 カード会社から送付されます、ご利用明細をご確認ください。 詳しくは 商品お受け取りの際に、お支払い頂く方法です。 代金は商品配送時に配送員にお支払い下さい。 詳しくは 当店指定の銀行口座に代金をお振込み頂き、入金確認後、商品をお送りする方法です。 振込み手数料はお客様のご負担でお願い致します。 お急ぎの方は、クレジットカード決済及び代金引換でのご注文をオススメ致します。 から自動配信される確認メールの金額と異なる場合がございます。 のちほど当店からお送りするメールをご確認の上、お手続き下さい。 詳しくは 【取扱店】 ご注文受付後、当店より「払込票」に関するメールを別途送信致します。 メール内のURLにアクセスして「払込票」をプリントアウトするか、「払込票番号」をメモして店頭にてご提示の上、お支払い下さい。 当店にてご入金確認後の商品手配となります。 詳しくは 不要バッテリーの廃棄処分費は無料! 『廃棄バッテリー回収専用 住所』をお知らせします! 注文時にコメント欄に「不要バッテリー回収住所希望」とご記入するか、メールにて お問い合わせください。 送料はお客様でご負担ください(着払いの場合受取拒否) 2. 伝票に「廃棄処分品」と書いてください 3. 箱に「横倒し厳禁」「天地無用」の表記をしください 4. 回収できるのはバッテリー本体のみです 電解液容器などは『一般ごみ』としてお客様ご自身で処分をお願いします 5. 直接の持ち込み回収にはお受けできません 6. 毎日多くのお問い合わせを頂いております。 ありがとうございます。 順次対応させていただいておりますが、お電話に出られない場合がありますので、 できるだけお問合せはメールにてお願いします。 確認後、早急にお返事いたします。 納期・故障等のよくある質問は お客様から、量販店・ガソリンスタンドより随分安い! 早い!安心!と好評を頂いています!! ぜひご購入後は感想をお聞かせください。 お客様からの辛口意見も当店の宝と考えています。 レビューの書き方はをご覧ください。

次の

バッテリーの処分費用。

バイク バッテリー 廃棄

セルスターターにヘッドライト、最近ではETCやグリップヒーターなど、バイクを走らせる上でなくてはならない「電気」。 その安定供給の要がバッテリーである。 ここではその種類から交換の方法まで、知っておきたい「バッテリーのキホン」を紹介しよう。 【この記事の目次】 バイクのバッテリーの種類とは バイク用バッテリーとひとくちに言っても、さまざまな種類がある。 一般的には鉛と電解液(希硫酸)の化学反応によって、電気を蓄えるのだが、なかには液の代わりにゲル状の希硫酸を採用したものや、リチウムを採用したまったく原理の異なるバッテリーも存在する。 ここでは、それぞれの種類について特性を解説したい。 たとえば一般的な12Vバッテリーでは部屋(セル)が6つあり、それぞれに希硫酸を注入する。 するとあらかじめ内蔵されている鉛の電極板(プラスとマイナス)と化学反応を起こして電気を蓄えることができるのだ。 ひとつのセルは約2Vの容量があり、6つのセルで合計12Vとなる。 定期的に電解液を補充しなければならず、現行の販売車両で採用されているモデルはほとんどない。 はじめに電解液を注入したあとは、補充の必要がない。 「密閉式」とも呼ばれ、現在のバイク用バッテリーの主流。 ちなみに、このあとに紹介するゲルバッテリーやリチウムバッテリーも「メンテナンスフリーバッテリー」の一種である。 ただし、メンテナンスフリーといっても、完全に何もしなくても良いわけではなく、定期的に電圧のチェックなどはおこないたい。 電解液をゲル状にすることで、液状のバッテリーよりも長寿命。 横に倒して使うことができる。 同じ電力であれば、鉛バッテリーよりも小さくて軽い。 また、寿命や自己放電率も鉛バッテリーに比べて有利なため、近年高い注目を浴びている。 注意点としては、鉛バッテリー用充電器を使用すると過充電となることがある。 充電する時にはリチウムイオンバッテリー専用の充電器を使用したい。 バイクのバッテリーの寿命はどれくらい? バイクの使い方にもよるが、一般的には交換時期は2年に1度。 251cc以上のバイクであれば車検が「交換サイクル」だと割り切るのが良いだろう。 なかには充電を何度も繰り返して同じバッテリーを使い続けているライダーもいるが、バッテリーは消耗品。 毎日乗っているのに放電してしまって充電しなければならないようなら、それは寿命だ。 潔ぎよく交換しよう。 また、2年経ってもセルもしっかり回るし、ライトも明るい……なんて場合でも、バッテリーには「突然死」という恐ろしい症状が出ることも。 まだまだイケると思っていても、3年ほど経過していたら交換するのが無難だ。 バイクのバッテリー交換方法 バッテリーの収納場所は、車種によってバラバラ。 車両を購入した際は、まずバッテリーとヒューズボックスの位置を確認しておくことをおすすめする。 バッテリーの交換で重要なのは、端子を外す(装着する)順番。 なぜならバイクのマイナス端子はボディーに接続(ボディーアース)されていて、もしもプラス端子から先に外してしまうと、作業中に工具がフレームなどの金属パーツに触れてしまった場合、バッテリーのプラス側からボディーを通じてマイナス側に一気に大量の電流が流れる……つまりショートしてしまうのだ。 当然、そうすると火花が飛ぶので火傷や怪我の危険もあるし、最悪の場合、ガソリンに引火する可能性だって考えられる。 そうならないためにも、順番は必ず守っていただきたい。 さて、今回はセロー250を使って、バッテリー交換の手順を紹介しよう。 アクセスするためには、まずシートを外す。 続いて、右側のサイドカバーを取り外す。 サイドカバーを取り外した状態がコチラ。 配線の奥に見える黒くて四角い物体がバッテリーである。 バッテリーの手前にある配線のうち、邪魔なカプラーをいくつか外し、さらにバッテリーバンドを取り外す。 バッテリーの端子は必ずマイナスから取り外すこと! 使用するのはプラスドライバーNo. 外したマイナスターミナル(配線)はバッテリーのマイナス端子に触れないように要注意。 プラス端子作業中に工具が車体に触れるとショートしてしまう。 続いてプラス端子を取り外す。 工具はマイナスと同じくプラスドライバーNo. バッテリー本体を引き出す。 配線を引っかけないように要注意だ。 こちらがセロー250のバッテリー。 型番の「YTZ7S」のうち、頭2文字の「YT」はGSユアサ製を表し、「Z7S」はこのバッテリーの規格を表す。 たとえば同じ規格なら、古河電池製は「FTZ7S」となる。 また、バッテリーは家庭ゴミとしては出せないので、廃棄する場合は交換用のバッテリーを購入した店舗や近くのバイクショップ、用品店、ガソリンスタンドに相談しよう。 新品バッテリーを装着。 外す時と逆で、必ずプラスから装着すること! この後は、外したときと逆手順に装着していけばOKだ。 時計がリセットされるので、最後に時刻を合わせて終了。 ちなみにトリップメーターもリセットされるので、燃費などを計っている場合は、事前にメモを取っておくことを忘れずに。 おすすめのバイクバッテリー 最後に編集部がおすすめするバイク用バッテリーを紹介。 ポイントは、価格が驚くほど安すぎる海外製は避けること。 ネット通販などで売っている聞いたこともないブランドのものは、できれば避けたい。 いくら安くても、外出先でバッテリーが突然死してしまっては、結局、レッカー代や新しいバッテリー代などで高い買い物になってしまう。 やはり安心しておすすめできるのは、国内2大ブランドの制御弁式バッテリー。 さらに軽くて小さいリチウムイオンバッテリーも、きちんとしたブランドのものであれば、おすすめできる。 純正バッテリーとして多くのモデルに採用されている。 古河電池のバッテリーは、純正バッテリーに採用されており価格は高めだが、それに見合うだけの信頼性の高さを持っている。 加工なしで純正バッテリーと交換可能。 いま最も注目されている逸品だ。 充電時間が短く自己放電が少ないためバイクに乗らない期間が長くてもで安心できるのが特徴。

次の

バイクのバッテリーどこで回収可能?バッテリー処分方法まとめ

バイク バッテリー 廃棄

ハイ!前回はバイクのバッテリーの充電方法でした。 そして今回は、バイクバッテリーの処分・廃棄について、ご紹介しましょう。 何回充電しても、すぐにバッテリー上がりしてしてしまうもの。 満充電しないもの。 比重や電圧が下がっているものなどからバッテリーの寿命が分かります。 エンジンが掛からないなどトラブルになる前に新しいバッテリーと交換しなくてはいけません。 バッテリーは、鉛や硫酸など含むため危険物扱いとなるため、一般的な家庭のごみとしては出すことが出来ません。 廃棄するバッテリーは産業廃棄物となります。 なので、山奥に投棄したり地中に埋めてしまうと法律違反に、、。 処分は、専門業者に引取ってもらう必要があります。 専門業者は、バイクショップ・ホームセンター・スタンド・廃品回収業者などです。 バイクに乗り続けていれば、必然的にバッテリー交換しなければなりません。 同じバイクを数年乗り継げば、必然的に何年か置きに交換することになります。 バイクショップで交換時に、処分してもらう。 バッテリーを処分の方法で一番簡単なのが、バイクショップで新しいバッテリーに交換してもらい古いバッテリーを引き取ってもらう方法です。 自分の手を汚すことなく、一番楽ちんな処分方法です。 自分で購入した場合の処分方法は? バイクのバッテリー交換は、プラスとマイナスの端子を外して付け直すだけなので難しいところはありません。 バイクショップに交換を依頼すると工賃が請求されます。 自分で安いバッテリーを購入して、自分でバッテリー交換してしまえば一番安上がりに済ますことが出来ます。 50ccのスクーター用バッテリーなどは、ネット通販で1000円以下の激安特価バッテリーがありその安さに驚くばかりです。 しかし、ここで注意しなくてはいけないのは不要になったバッテリーの処分(廃棄)方法です。 バイク用品店やホームセンターでバッテリーを購入した場合 一番簡単なのは、新品バッテリーを購入した店に、処分するバッテリーを引き取ってもらう方法です。 大事なのは、バッテリー購入時のレシートなどをとっておくことです。 引取り時に、レシートを確認することがあります。 まぁ、レシートがなくても引取って貰える場合もありますし、他店で購入したものでも引取りしてもらえることもあります。 バッテリー引取りをおこなっていないところもあるので事前に電話で確認しておくとよいでしょう。 廃品回収業者・スタンド 「不要な物をお売り下さい」と街中を流して回収して行く業者でも、バッテリーを引き取ってもらえます。 処分の料金は掛からずしかも、いくらか現金がもらえることもあります。 解体業者やバイク販売店そしてガソリンスタンドでも引取って貰えます。 よく行くガソリンスタンドなどへ頼めば、快く引取ってもらえるでしょう。 不要バッテリーは、回収されメーカーに送られてリサイクルされることから、不要バッテリーの回収や処分は、ほぼ無料でおこなわれています。 最近では、バッテリー専門の廃品回収業者もあり電話などで引き取りを頼むと自宅まで回収に来てくれます。 まぁ、出張買取と言うやつすね。 バッテリーなら、バイク用ばかりでなく車からフォクリフトなどエンジン搭載車でバッテリーがついているもの全部が対象です。 バッテリーの引き取り価格は、地域や業者によって違ってくるでしょう。 時間が無い人は、ネットでも可能 さらにネットで、申し込んで処分するバッテリーを送り処分する方法もあります。 この場合は処分費が、0円と掛かりませんがバッテリーの送料が掛かります。 ネットと宅配便で済むので仕事が忙しく時間が取れない方向きですね。 - , , , , , , , ,.

次の