縮毛矯正 チリチリ 前髪。 前髪の縮毛矯正をカンペキ攻略!ありがちな失敗を防ぐ方法!

縮毛矯正で髪がチリチリになりました。昨日、初めての美容院で縮毛矯正をし|Yahoo! BEAUTY

縮毛矯正 チリチリ 前髪

縮毛矯正を約5年程4~5ヶ月のペースで続けています。 同じ美容院で同じ技術ではなく、今までにいろいろと試してきました。 最初は全体をあて続け、ここ1~2年は伸びた根元と前髪だけをあてるようにしています。 今まではどの美容院でも文句を言いたくなるような仕上がりになった事はありません。 しかし、2ヶ月ほど前にあてた縮毛矯正では根元がチリチリになるという苦しくも悲しい結果となってしまいました。 雑誌にもバンバン出る有名な美容院ですが、縮毛矯正には力はいれてないのか、メニュー覧には載っていませんでした。 担当者の技術なのでしょうが、もうその美容院に行くのが嫌になってしまいました。 カットやカラーはかなり満足していたんですが・・・。 パッと見はわからないんですけど、手触りが最悪(><) よーく見るとチリチリの毛がたくさん・・・。 この2ヶ月我慢しましたが限界です。 明日、別の美容院で縮毛矯正をあてることにしました。 縮毛矯正やエクステを売りにしているのか、簡単な技術方法が書かれてありました。 (ホットペッパーに載ってました) 前回から2ヶ月ですが、熱と薬によってチリチリになってしまった髪にもう一度縮毛矯正をあてる事によって元に戻るなんて事はあり得るのでしょうか? どなたか経験のある方、教えてください!!(><) 私はストレートパーマですが定期的にしてもらっていました。 ですが一年前かけたとき初めてチリチリになりました チリチリになったところは絡まりがひどくほどくと大量にチリチリの毛が抜けもう涙が出るほどでした 一年経った今は根元の方は綺麗に伸びてきました でもやっぱり真ん中辺りはチリチリのままです。 なんとなしに最近シャンプーをノンシリコンに変えました すると気持ちチリチリが目立たなくなりました! たまたまかもしれませんが普通のシャンプーに一回戻すとチリチリが出てきました なので試す価値あるかもしれません ノンシリコンは高いので1日分のお試し用が売ってるようです みなさんそうなるとは限らないと思いますが参考までに投稿させていただきます 私も縮毛で髪が痛んでいます。 美容師さんにいろいろ聞いたことがあるので参考になれば。 まず縮毛で痛んじゃったのはなおらないそうです。 アイロンでのばしますよね?そのときに伸ばしすぎちゃうとあとでチリチリになるそうです。 でも伸びないと縮毛の意味ないですよね?だから伸ばすけどのばし過ぎないようする技術が必要らしく、美容師さんによっては失敗してしまうそうですよ。 縮毛だけはお店を変えないで同じ人にやってもらうことをお勧めします。 それで私は痛んだ髪に悩まされているわけですが、 家でトリートメントをがんばってもぜんぜんチリチリでした。 美容院でトリートメントをやってもらうと一時的にさらさらになります。 定期的にトリートメントしてもらって伸びるのを待ちましょう。 今日、縮毛矯正してきたのですか?2ヶ月しか経っていないのに再びあてて良くなるとは思えないのだけど・・・実は私も縮毛矯正を繰り返してパサパサになってしまい思い悩んでこのカテゴリーを開けました。 最後に矯正したのは今年の6月です。 あれから3ヶ月、シャンプーを変えたり、サプリメント(ケラチンやミレット配合のもの)を飲んでいますがきれいになってる実感があまりありません。 もう縮毛はやめてゆるいウエーブにしようかと思い美容室に行ったのですが、美容師さんが髪が傷んでいるから今日はカットだけにして様子をみましょうとおっしゃてくれたのでその通りにしました。 新しい髪が伸びてくるまで待つしかないのかな~ ごめんなさい、全然回答になっていませんね。 Q 今日、2度目の前髪矯正をかけてきました。 前回はすごくストレートになって、1年くらいストレートのままだったので、とても満足でした。 ゴワゴワなので、風がふいてちょっとでも乱れれば絡まって、くしでとかさないと元に戻らないし・・。 しかも気づかないフリしてたんですよね?カットがお気に入りとの事なので次も指名してい気持ちは分かりますが、それは明らかに美容師さんの失敗です。 最初の薬剤をつけた後の放置時間が長すぎたんです。 その放置時間というのは実は技術と細心の注意が1番必要な所です。 それと薬剤の量、薬剤の前につけるトリートメントなど。 縮毛は髪の内部を傷めますので、再度縮毛をすれば傷みは倍増です。 ですが場合により、マシになる場合もあります。 同じ美容師さんにやってもらうのはすんごく不安ですが・・・ 美容室に1度行くのはもちろんお勧めします。 1番高いトリートメントでもやってもらってください。 美容室の責任ですから・・・ 後は自宅で集中トリートメントです。 前髪にトリートメントを揉みこむようにつけて、できれば蒸しタオル。 流す前に手についたお湯で更に揉みこむようにしてから流してみてください。 マシになるまでカチューシャやピンでとめたりしてはどうでしょう・・・ 前髪ですから困りますよね・・・前髪は伸びるのが早く感じますからそれまで頑張ってくださいね>< もう解決してしまったでしょうか?^^; 10年以上縮毛やってますが1度もなった事ありません・・・ 原因が分からないなんて言ってるようじゃ大変失礼ですが、その美容師さん勉強不足です。 しかも気づかないフリしてたんですよね?カットがお気に入りとの事なので次も指名してい気持ちは分かりますが、それは明らかに美容師さんの失敗です。 最初の薬剤をつけた後の放置時間が長すぎたんです。 その放置時間というのは実は技術と細心の注意が1番必要な所です。 それと薬剤の量、薬剤の前につけるトリートメ... Q 一昨日縮毛矯正をかけました。 丸一日おいて、昨日の夜、洗髪し、乾かしたところ 根元の一部の髪の毛がちりちりしてうねっていました。 ちりちりというか髪の毛の途中が折れて曲がっている感じです。 これは縮毛矯正がきちんとかかっていなかったのでしょうか? 実は美容院でアイロンで伸ばしてもらっていたとき そのちゃんとかかってない部分を伸ばすときに 美容師さんがあれ?という感じで少し様子がおかしかったのです。 たとえば1剤がきちんと洗い流せてないまま次の工程にすすむと きちんとかからないとか・・・ 私はシャンプー台が苦手で急いで流してもらいました。 流した方とアイロンをかけた方は別の方です。 毛先が傷んでちりちりなる、とかならまだわかるのですが、 根元の一部がちりちりするのがなぜなのか謎です。 どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら教えて頂ければ幸いです。 Q こんにちは。 現在大学2年生の者です。 2週間前くらいに美容院で(カラーなしカットのみの)縮毛矯正をしてもらったのですが、いまは縮毛矯正をしたのかどうかわからないくらいに取れてしまいました。 縮毛矯正当日は、髪を洗わずに24時間置いてから洗いました。 それから、ケラスターゼの洗い流さないトリートメントを使ってまっすぐを維持しようとしたのですが、いまはほとんど取れてしまっています。 縮毛矯正をしてからずっとまっすぐなままの人もいますよね? どうすれば縮毛矯正後まっすぐを維持できるのでしょうか? 次回また縮毛矯正をしようと思うのですが、今度はどのようにヘアケアをすれば良いのでしょうか? よろしくお願いします。 A ベストアンサー 美容師です。 少しだけ前置きw 今の時期は美容師さんはみんなヘトヘトになる位忙しい時期なので、美容専門家からの回答はあまりないかも知れません。 私はたまたま深夜勤務でこれから寝る所なのでw では本題。 縮毛矯正で2週間しか持たないということはありえません。 それでは何のためにお客様が高いお金を出して矯正をするのやら。。。 一度かけた矯正の部分は基本的に半永久的なものです。 では、どうして? 実際になさったお店・技術者さんの知識不足・技術不足・判断ミスなどなど。 言い方がキツイですが、そうとしか思えません・・・ 縮毛矯正のお薬も多数のメーカーから沢山の種類が出ていますが、どれを使ったとしても2週間で取れてしまうような物はメーカーも販売しないはずです。 (メーカーの責任が問われてしまいますよね) 解決するにはお店を変えた方が・・・と思いますよ。 もちろん髪のダメージがありますので、今の髪の状態に至っている経緯なりの「髪の履歴書」のような感じの事を話した方が良いと思います。 A ベストアンサー なるほど,アホ毛ですね。 chamnyaさんが書かれていることが当てはまるのでしたら,シャンプーの時,髪の毛を洗うのではなく,頭皮を優しく洗うようにして,かつ,その前後に充分,かつ,優しいすすぎ洗いをするようにしてください。 まず,1分間程度,温かいシャワーを利用して頭皮を軟らかく揉みほぐし,毛穴が開きやすくするとともに毛穴に詰まっている角栓を軟らかくしてください。 その後,角栓の除去に移るのですが,顔などの角栓と違い,ある程度頭皮と髪の毛を動かしませんと角栓が浮き上がりませんので,強くマッサージする必要はありませんが,充分に,かつ,優しく頭皮マッサージをしてください。 (もちろん,シャンプー剤を細かく泡立たせ,その泡を頭皮や髪の毛に移してから頭皮マッサージを置こなってくださいね) そして,最後に,2~3分間程度,優しく頭皮をすすぎ洗いしてください。 最後のすすぎ洗いを丁寧にしませんと,頭皮や髪の毛に汚れが残るとともに洗浄成分まで残るようになりますので,シャンプーした意味が無くなってしまうこともあります。 そして,角栓も元の鞘に収まるようになるでしょう。 もうひとつ,私はこちらの方が当てはまるのではないかと見ているのですが,もし,生え始めたばかりのように短い髪の毛がクルクルとしていて,かつ,ある程度長くなってくるとそこまで酷くないような状態だというのであれば,それは,体内に吸収されている栄養が不足していると見て良いでしょう。 私たちの身体は,どの場所にも均等に栄養を分配しているのではなく生命維持にとって重要な場所から順に分配していき,髪の毛などのように生命維持にはほとんど関わりがない場所には,その他の生命維持にとって大切な場所に分配されたあとに残っている「残りカス」のような栄養がまわされるように出来ています。 そのため,健康には影響がない程度に栄養不足という状態が長く続きますと,髪の毛などにその影響が出てきてしまうのです。 (個人差がありますので,人によっては,その影響が肌などに出てしまうこともあります) ouchnさんの場合,薄毛やハゲにはならないまでも髪の毛を作っている毛根が若干栄養失調となり,特に生え替わって一度ふさがれた角質を突き破ろうとしている髪の毛が角質を突き破られず,角質と皮膚組織の間を迷走したりクルクルと巻き毛になっていたものが,新陳代謝などによって角質が剥がされたことによってなんとか表に出られたときには,角質の下を迷走していた形が残ってしまい,アホ毛になってしまったと考えることも出来ます。 ということで,栄養の何かがほんの少しだけだと思われますがずっと不足している状態が続いていたために出来たアホ毛だと言えるかもしれませんね。 この場合の対処法は,食事内容の見直し,食事を摂り始める時刻をだいたい同じにするように無理のない範囲で改善したり,どんな日にもほぼ同じ時刻に起床し,無理のない範囲でだいたい同じ時刻に就寝出来るように生活リズムを改善するなど,ゆっくりと体質を改善していくことが大切になると思います。 なるほど,アホ毛ですね。 chamnyaさんが書かれていることが当てはまるのでしたら,シャンプーの時,髪の毛を洗うのではなく,頭皮を優しく洗うようにして,かつ,その前後に充分,かつ,優しいすすぎ洗いをするようにしてください。 まず,1分間程度,温かいシャワーを利用して頭皮を軟らかく揉みほぐし,毛穴が開きやすくするとともに毛穴に詰まっている角栓を軟らかくしてください。 その後,角栓の除去に移るのですが,顔などの角栓と違い,ある程度頭皮と髪の毛を動かしませんと角栓が浮き上がりませんので... Q 私は癖が強く、硬い髪で、縮毛矯正およそ6年間続けているのですが、 今年5月下旬に縮毛矯正をかけたら、毛先が縮れてしまい、とても困っていました。 そして昨日、「3ヶ月経ったし、そろそろいいかな。 」と思いまた縮毛矯正をかけました。 ところが、3ヶ月前よりももっと手触りが悪く、全体的にチクチクしています。 今回、髪を多めに梳いてもらったので、カットの仕方が悪かったのでしょうか? 毎日トリートメント フィーノプレミアムタッチ浸透美容液ヘアマスク はしていたのですが… 気先が縮れてしまうのはやはり傷みの所為でしょうか? 傷みを改善するには、どんな事に気をつけたら良いですか? 洗髪で注意すること、整髪料の選び方なども教えて頂ければ幸いです。 長文失礼致しました。 A ベストアンサー おはようございます。 私も2年くらい前から縮毛矯正をしています。 初めて縮毛矯正をした時は、まるで自分の髪のじゃないみたいで、くせ毛で毎朝スタイリングに時間が掛かっていたのがとても楽になったので、すっかり病み付きです。 ところで、ちょっと気になったんですが、いつも3ヶ月おきに縮毛矯正をかけているんですか? 私の友達が美容師をしているんですが、縮毛矯正を頻繁にかけると髪が痛むから、半年おきくらいにした方がいいと言っていたので、私はだいたい半年おきに縮毛矯正をかけています。 あと、縮毛矯正をかけた後、最低1週間は毎日トリートメントをするのと、ドライヤーの前にスタイリング剤をつけた方がいいとも言っていました。 私は、トリートメントは「アジエンス」を、スタイリング剤は「アリミノ」の"SPICE WATER シャイニングストレート"(洋梨みたいないいニオイがします)を使っています。 そのおかげなのか、あまり髪の痛みは気になりません。 でも、トリートメントは毎日やっているということなので、もしかしたら、縮毛矯正をかけるタイミングが早いのかもしれませんね。 半年毎に縮毛矯正をしてみたらいかがでしょうか? おはようございます。 私も2年くらい前から縮毛矯正をしています。 初めて縮毛矯正をした時は、まるで自分の髪のじゃないみたいで、くせ毛で毎朝スタイリングに時間が掛かっていたのがとても楽になったので、すっかり病み付きです。 ところで、ちょっと気になったんですが、いつも3ヶ月おきに縮毛矯正をかけているんですか? 私の友達が美容師をしているんですが、縮毛矯正を頻繁にかけると髪が痛むから、半年おきくらいにした方がいいと言っていたので、私はだいたい半年おきに縮毛矯正をかけています。

次の

縮毛矯正で前髪を失敗された!解決方法と失敗されない為にする事は?

縮毛矯正 チリチリ 前髪

縮毛矯正をしたら前髪が浮くようになった なぜ? それは根本のギリギリまで縮毛矯正がかかっているからです。 (ストレートアイロンを入れる角度も関係している) 縮毛矯正とは「クセを伸ばしてまっすぐになるようにパーマをかけている」と考えてください。 髪の毛とは、頭皮からフワっと生えて、髪の毛の生えている方向に向かって、自然に降りるようになっています。 ですから根本がフワっとなるようにするため、「根本のギリギリの部分」には縮毛矯正をかけないのがセオリーなんです。 ですが、その根本ギリギリにまで「まっすぐになるようにパーマがかかっている」状態なので、自然に降りずに立ってしまうんですね。 つまり、「根本」に対しては立つように矯正されてしまっている状態なんです。 ちなみに縮毛矯正の最中にストレートアイロンを使いますが、これの角度も大きく影響しています。 頭皮から自然に生えている角度でストレートアイロンをしないと、いけないのです。 もし間違って自然な角度よりもガッチリ上向きに、ストレートアイロンをしてしまうと立ちやすくなります。 その時々で原因が違うので、これが原因とは言い切れないのですが、こういった様々な要素が影響しています。 もし浮くようになったしまったら 長期的にみて根本から解決するには、新しい毛が伸びてくるのを待つしかありません。 でも、もし、一刻でも早くコレをどうにかしたいと思ったら、ドライヤーでなんとかなります。 まず朝出かける前に髪の毛を濡らします。 (シャンプーはしなくても大丈夫です) この時に根本の方までしっかり濡らすのがポイントです。 そしたらバスタオルで水気を拭き取りドライヤーをかけます。 ドライヤーをかけるときに1番最初に前髪の浮く部分から乾かします。 何故かと言うと、乾いてからだと、どうにもできないからです。 乾かすときに、浮かないように上から風を当てます。 左手で前髪を押さえて、右手で上からドライヤーの風を当てると良いでしょう。 このままクセづくように乾かしていけば結構押さえることができます。 これは美容師さんもやっている方法で、浮きグセがある人に対しては仕上げの時に行う必須のテクニックなのです。 でもかなり簡単なのでオススメです。 ただ押さえながら乾かすだけです。 すぐにでも浮きを抑えたいヒトは是非やってみましょう。 前髪が流れなくなった。 なぜ? 単純に縮毛矯正に使うお薬が効き過ぎているからです。 縮毛矯正にもお薬の強さがあり、ガッチリとクセを伸ばせるものから、少しのクセまでしか伸ばせないものがあります。 どのように使い分けているかというと、クセの強さだったり、髪の毛の傷み具合だったりを吟味しながら決めています。 ですから強いのを使えば良いってものでは無いですし、弱すぎてもクセがとれなくてダメなんですね。 前髪が流れなくなった今回のケースではクスリの効き過ぎが原因でまっすぐになりすぎてしまっています。 前髪を流すようにも縮毛矯正もできる? できます。 方法は2つあります。 1つ目は「毛先に使う縮毛矯正剤を弱くする」方法です。 根本の部分の強いクセはしっかりとってもらって、毛先は根本よりも少し弱めのお薬で縮毛矯正します。 そうすることで根本はしっかりクセをとって、毛先には自然なカーブを残すことができます。 2つ目は「縮毛矯正のお薬をつけた後にロッドも巻いてもらう」方法です。 縮毛矯正のお薬をつけたあとにパーマのロッドを巻いてもらいます。 1剤と2剤と両方でやった方が効果があります。。 ロッドを巻くことで、少しカーブがつき、まっすぐ過ぎないような縮毛矯正にできます。 ロッドの太さはあまり細くないモノの方が良いです。 細いロッドですと、予想外にカーブがついて、縮毛矯正してないような感じになってしまう場合もあります。 縮毛矯正をしたあとでも前髪を流すことはできる? できます。 その方法は カールアイロンを使うのが1番簡単で、10秒もあれば終わります。 カールアイロンで 前髪の毛先を挟むだけで流すことができます。 挟むときには一回転までにしてください。 ぐるぐるに巻くと、とんでもないことになります。 ただし、カットの仕方によっては流れにくい場合もあります。 例えばパッツンのカットですと、流れるようにカットされていないので、しっかり巻く必要があります。 左か右かどちらかに流せるようにカットしてあれば、縮毛矯正していても、アイロンで簡単に流すことができます。 Sponsord Link 縮毛矯正でよくある失敗、その理由と防ぎ方 クセが残っている 理由 なぜクセが残るかというと、使用する薬剤のパワーがクセの強さに対して足りなかったからです。 クセが強ければ、薬剤もそれなりに強くないとクセがノビません。 しかし強い薬剤を使えばいいというわけでもありません。 強いパワーの薬剤は髪に負担をかけます。 髪の毛が既に傷んでいる場合は、「強いパワーの薬剤を使いたくても使えない」ということもあります。 ですから、「髪に対する負担」と「髪の毛の今の傷み具合」の兼ね合いによって薬剤を決めています。 その薬剤選定によってはあまりクセがノビないということもあるのです。 防ぎ方 不安な場合はカウンセリングの時点で確認をしましょう。 「クセが強いんですがしっかりノビますか?」「ダメージがあるのですが縮毛矯正をしても大丈夫ですか?」等を聞けば大丈夫だと思います。 もし施術後にクセが残っているようだったら、電話してやり直しができるか聞いてみましょう。 縮毛矯正したら逆にチリついた 理由 使用する薬剤で髪の毛が傷んでしまった場合に起こります。 既にカラーやパーマ、縮毛矯正を繰り返していて傷みがある髪は要注意です。 強い薬剤を使った時に起こりやすいです。 また弱いお薬でも、既に傷んでいる場合にはチリつく可能性があります。 防ぎ方 カウンセリングの時点で髪の毛の傷みが気になっていることを伝えましょう。 施術前のトリートメントをオーダーして髪の毛を保護するのもGOOD。 縮毛矯正したら真っ直ぐになりすぎた 理由 これは縮毛矯正が強すぎた結果です。 使用する薬剤のパワーが強い場合や、ストレートアイロン施術をするときの温度などが影響しています。 防ぎ方 カウンセリングの時点で「真っ直ぐすぎる仕上がりじゃない様にお願いします」と伝えましょう。 イマドキな前髪の縮毛矯正はどんな仕上がり? ジャッキーンとした前髪はもう一昔前です。 イマドキな仕上がりは「ふんわり」が理想的です。 いかにも「縮毛矯正しました感」無いほうが良いですよね?男性も女性もイマドキな仕上がりは「まっすぐ過ぎない」が基本です。 ふんわりとした前髪の縮毛矯正にしてもらうにはどうすれば? ウデがいい・もしくはカウンセリングをしっかりしてくれる美容師さんを選ぶ 縮毛矯正というのは、実は美容師さんの中でも難しい技術の一つなのです。 どうしてかというと経験値が必要だからです。 クセに対する薬剤の選定や、ストレートアイロンの温度などによって仕上がりが変わってきます。 つまり経験値が高い美容師さんのほうが対応力があります。 カウンセリングをしっかりしてくれる美容師さんも対応力が高いです。 コチラの細かな要望やオーダーを理解してくれる美容師さんが、失敗が少なくオススメです。 縮毛矯正ではなくストレートパーマもGood!けど場合によってはクセが残ります・・・ 縮毛矯正とストレートパーマの1番の違いは「ストレートアイロンの施術」があるか無いかです。 ストレートアイロンを入れることによってクセがしっかりノビます。 逆にこのストレートアイロン施術を行わないことで、やわらかな質感を残すことが可能です。 それがストレートパーマになります。 しかし、ストレートパーマにも弱点があります。 それは「クセが強い人」には向かないということです。 クセが強い人だとストレートパーマをしても、あんまりクセが伸びてない感じになることが多いです。 クセが強めの方は縮毛矯正で対応してもらいましょう。 クセがあんまりない人はストレートパーマで十分対応が可能です。 どちらがいいかわからない場合は、美容師さんに訪ねましょう。 「くせを伸ばしてふんわりとした仕上がりの前髪にしたいんですが、縮毛矯正とストレートパーマどちらがいいですか?」と聞けば大丈夫でしょう。 男性だったら、全体を縮毛矯正するよりも前髪だけでOK 全体を縮毛矯正するとペターっとした、仕上がりになりやすいです。 前髪だけふんわりとした縮毛矯正をしてもらい、全体はワックス等でスタイリングをしたほうがカッコイイです。 クセ毛を活かしたスタイリングをしてパーマ風に見せるのがオススメです。 やり方がわからない場合は美容師さんにアドバイスをもらいましょう。 全体の癖がかなり強い場合は、全体の縮毛矯正をしても大丈夫です。 しかし気を付けたいのは「まっすぐにし過ぎない、ボリュームを落とし過ぎない」ことです。 事前のカウンセリングで美容師さんに伝えましょう。 縮毛矯正の値段が安いところ、高いところどちらが良いか? どちらが良いかと言い切るのは難しいです。 どちらにもメリットがありますので自分にあっている方を選びましょう。 値段が安いところ 地域の他の美容院にくらべて極端に安い場合は、あまりオススメしません。 施術が簡略化されていたり、お薬があまり良くない可能性があります。 私の周りでもあまり良い口コミを聞きません。 しかし、 お値段が安めの美容院でもウデのいい人はたくさんいます。 その人を探すまでが大変かもしれません。 値段が高め カウンセリング重視や、使用している薬剤の値段が高い傾向にあります。 失敗したくない人はコチラの方をオススメします。 アフターフォローがしっかりしているお店は、お値段高めのお店の方が多いです。 前髪の縮毛矯正攻略まとめ• ありがちな失敗を防ぐためにはカウンセリングで要望をしっかりと伝えることが重要• ウデがいい・カウンセリング重視の美容師さんのほうが失敗が少ない• 「真っ直ぐすぎる前髪」はもう古い。 男女問わずイマドキなのは「ふんわり前髪」• クセが強い人はストレートパーマよりも縮毛矯正がオススメ• 男性だったら、前髪だけの縮毛矯正の方が自然な仕上がりになることが多い• 値段が安い店と高い店どちらがオススメかと言われたら、高い店。 失敗が少ないです。 Sponsord Link.

次の

縮毛矯正で失敗!!チリチリになってしまったら?

縮毛矯正 チリチリ 前髪

私は元々くせ毛だったこともあり、年に数回はストレートパーマをかけていました。 しかし「何度もストレートパーマをかけるのももったいないかな」という気がしていたので、新規開店した美容院の縮毛矯正キャンペーンに行ってみることにしました。 そちらの美容院ではカウンセリングをまず受けるのですが、技術に自信があるようでした。 縮毛矯正とストレートパーマの違いでは、「縮毛矯正はいったんかけると長持ちするので、もうかける必要がなくなる」と説明されました。 「それなら」と思い、縮毛矯正をすることにしたのです。 そして施術をしてもらったのですが、どうも普段行っている美容院と違う気がしました。 時間をかけ過ぎている気がしたのですが、案の定終わると仕上がりは前髪だけチリチリになっていました。 また毛先は外向きにピンピンとはねていたのです。 しかし、何事もなかったかのように「早く帰れ」と言わんばかりだったので、やり直しもお願いできませんでした。 縮毛矯正失敗して前髪がチリチリ・毛先がピンピンはねる状態だった時、日常生活でどんなことに困りましたか? そのままではチリチリで恥ずかしくて外出できないので、前髪だけなのに毎日のブローにすごく時間がかかりました。 また明らかに髪のダメージがひどかったので、ヘアケアするのも大変でした。 今回の縮毛矯正トラブルに対してどのような対処法を取りましたか? 結局いつも行っている美容院で手直ししてもらうことにしました。 そこで事情を説明し、前髪部分にストレートパーマをかけてもらうようお願いしました。 縮毛矯正をかけてから時間も経っていなかったので、トリートメントも念入りにしてもらうようにしました。 しかし毎日のブローでさえも上手くいかずてこずっており、心配した家族から改めて美容院に行くことを勧められました。 そのため、いつもの美容院に行くことになりました。 いつもの美容院でストレートパーマをやり直しした後、お悩みは改善できましたか? 今回は少しだけ悩みが解決しました。 まだ前髪のブローが必要ではあるものの、チリチリ具合も落ち着いてマシになりました。 毛先は外向きにピンピンはねる箇所が若干残ったものの、ブローやケアの手間は大幅にかからなくなったので良かったです。 また施術する時は「以前に失敗したことがある」と伝え、気をつけてもらうようにしたいです。 普段と違う美容院で縮毛矯正をして、前髪がチリチリになったり、毛先がピンピンはねる状態になり、かなりのダメージを受けた。 毎日のブローでも直すのが難しいほどの失敗だった。 結局いつもの美容院で、前髪のみストレートパーマをかけることになった。 そのためホームケアを念入りにすることが、髪のダメージや失敗を和らげる近道になると思います。 (参考情報) 縮毛矯正で前髪チリチリ・毛先はピンピンはねる状態になってしまった体験談 まとめ• 今までこまめにストレートパーマをかけていたが、少しもったいないと感じて、新規オープンの美容院で縮毛矯正キャンペーンをしていたので、それを利用することにした。 その縮毛矯正が失敗してしまい、前髪がチリチリ&毛先がピンピンはねる状態になり毎日ブローが大変だったので、結局いつもの美容院でストレートパーマをかけ直してもらった。 初めて行く美容院だとカットだけでも「なんか仕上がりがしっくりこない…」ということがありますよね。 初めての美容院だと、まだお客様の髪の状態・好みなどを深く理解できていないから、こういったことが起こりやすくなります。 縮毛矯正に失敗するとやり直すのにまた髪に大きな負担がかかりますし、最悪やり直しもできない場合があります。 なので、やはり自分の髪質をよく知ってくれている行きつけの美容院で施術してもらうのが一番いいんですね。 今回はストレートパーマをこまめにしていた、それの金額的な負担が大きく感じたということでした。 そういった場合は違う美容院を試す前に、まずは担当美容師さんに相談してみる方がいいと思いますよ。 何かしらのアドバイスをもらってから、考えても全然OKですから。 以上、初めての美容院で縮毛矯正キャンペーンを利用したが失敗し、前髪チリチリ・毛先ピンピンはねることになった30代女性の体験談でした。 関連記事です。 育毛ケアに白髪予防もできて一石三鳥です。

次の