旅行 会社 英語。 【英語力を生かせる】旅行会社で海外の人とビジネスができるインターンシップ(3294)

旅行会社のカウンタースタッフの業務とは?英語力や課題は?

旅行 会社 英語

旅行会社の業務で英語が必要になる時はどんな時?• 旅行会社でよく使う専門用語• 旅行会社で海外赴任する際の英語力 僕自身、旅行会社に就職してから、 リテーラーや ランドオペレーターの業務を通して、カウンターセールスや商品企画、手配、仕入れ、海外赴任を経験してきました。 様々な業務の中で英語を使う機会があり、外国人観光客や海外の取引先と仕事をしてきました。 そこで今回は、「 旅行会社の業務で英語が必要になるシチュエーション」や「 旅行会社でよく使う専門用語」、「 旅行会社で海外赴任する際の英語力」について、分かりやすく解説したいと思います。 旅行会社で働きたいと考えている方は、是非記事をご覧ください。 リテーラー(カウンターセールスや手配、商品企画)• ホールセラー(営業や手配、商品企画)• ランドオペレーター(営業や手配、仕入れ)• 添乗員(旅程管理、トラブル対応) それでは業種ごとにどういった場面で英語を使うのかを見ていきましょう。 リテーラー リテーラーは、やのように店舗のツアーカウンターにて主に個人向けに旅行販売をしている旅行会社のことを言います。 (団体旅行を取り扱う時もあります) ツアーカウンターで旅行の相談を受けたり、希望のツアーの紹介をしたり、旅行予約を受付けたりといった業務になります。 また、中堅旅行会社では、カウンターセールス以外にも地上手配や商品企画も担当者ベースで行うことがあります。 英語を使う機会は次のような場面です。 特にいつからキャンセル料が発生するなどはきちんと伝えなければなりません。 また、電話やメールを使って英語で問い合わせをしてくる人もいます。 旅行会社によっては海外のホテルと直接契約をしていることもあり、予約手配自体を直接ホテルへ連絡をする場合があります。 その際はトラブル時も含めて全て英語対応になることがあります。 仕入とは、主にホテルと契約書を交わしたり、販売促進の打ち合わせをしたりすることを言います。 また、 セールスコールという年に1回~2回程度、海外のホテルスタッフが来日し、旅行会社に営業をすることがあります。 その際は英語を使っての商談になることがほとんどです。 ホールセラー ホールセラーは、パッケージツアーを企画し、他の旅行会社へ卸売りする旅行会社のことを言います。 ホールセラーでは、 法人営業として外回りの営業がありますが、取引先が国内ということであれば、英語を使う機会はほとんどありません。 ただし、予約や手配、商品企画に携わるスタッフは英語を使う機会があります。 英語を使う機会は次のような場面です。 海外のホテルと直接契約をしている場合は、英語にて予約手配やトラブル対応をすることとなります。 また、ニッチな旅行方面、例えばアフリカや中東など、現地のランドオペレーターとやり取りする際は日本人スタッフがいないことも多いため、基本英語でやり取りをすることとなります。 また、年に1回~2回程度、海外のホテルスタッフが来日し、リテーラー以外にもホールセラーへ営業をすることがあります。 その際は英語を使っての商談になることがほとんどです。 ランドオペレーター ランドオペレーターは、主に地上手配(ホテル、送迎、アクティビティ)を行う旅行会社です。 現在は海外に支店を持っている日系ランドオペレーターが多く、日本人スタッフの派遣なども行っています。 それは、現地支店の予約担当スタッフがローカルスタッフとなっているため、英語を使うこととなります。 トラブル時や団体見積もりなどの場合は現地日本人スタッフが窓口になってくれることもあり、日本語でのコミュニケーションをする場合があります。 また、契約書なども英語となっており、十分な理解をする必要があります。 年に1回~2回程度、海外のホテルスタッフが来日し、リテーラーやホールセラー以外にもランドオペレーターへ営業を行います。 その際は英語を使っての商談になることがほとんどです。 添乗員 添乗員は、出発から解散までの旅程を管理する業務となりますが、海外旅行の添乗の場合は英語は必須となります。 海外旅行に添乗員が付き添っても、海外の現地では日本語ガイドを手配していることが多いため、観光地の歴史や文化の説明を英語で聞き取って、ツアー参加者に日本語で伝えるようなことはほとんどありません。 旅行会社でよく使う専門用語 旅行会社で働いていると専門用語や旅行業界でよく使う言葉がたくさんあります。 ここでは、旅行会社でよく使う英単語を日本語の説明を付けて説明をしていきます。 海外赴任といっても、現地での業務や役職により、必要となる英語力も大きく変わってきます。 ほとんどの国ではガイドをする際にその国の観光省のライセンス講習を受け、認定されなければなりません。 そのため、日本人は基本的に海外ではガイド業務はできません。 日本人の一般社員が現地に赴任した際に行う業務は、予約業務やガイドなどを管理する業務が多いです。 ホテルや送迎会社などと商談を行うことがあるため、ビジネス英語は必須となります。 特にネイティブの人に英語で何かを伝える際は十分に気を付けなければなりません。 英語で行う主な業務は次のような内容です。 会社登記関係の書類• 会計士との打ち合わせ• 就業規則の作成• 労働基準法の確認• スタッフの査定• ネイティブとやり取りする際の英語のニュアンス ネイティブとやり取りする際の英語のニュアンスは難しい この中でも「ネイティブとやり取りする際の英語のニュアンス」は非常に難しいです。 日本語の細かいニュアンスを日本人が使っているように、英語のネイティブの人も細かいニュアンスを使っており、そこを誤ってしまうと変に伝わってしまうことがあります。 例えば、「 Please send back the document to me by Monday」と書いたとします。 直訳すると「 月曜日までに書類を送り返してください」という訳になります。 「 Please」を使ってるから 敬語になるから、大半の日本人は大丈夫と思うはずです。 しかし!取引先のネイティブの人にこれを送ってしまうと、「 お前は何様だ!」とか思われかねません。 なぜかというとネイティブの相手にとっては、この文章が 命令口調に聞こえているからです。 こういったケースの時は、「 I would appreciate if you could send back the document to me by Monday」と書いた方が良いです。 直訳すると「 月曜日までに書類を返送してくれたら感謝します」となります。 ビジネス英語を学ぶなら、通勤時間を使って英語の勉強ができる「」がお勧めです。 以上となります。 旅行会社で働く際の英語は、同じような単語ばかりを使うので最初の努力で後々楽になります。 是非頑張ってみてください!.

次の

JTBなどの旅行会社への就職を考えている場合、やはり英語などの外国語は...

旅行 会社 英語

go on a tripと表現するのが一般的ですアメリカや北海道など、旅行した場所について述べるときは、go on a tripと表現するのが一般的です。 これらは「旅行に行く」を直訳したものと思われますが、そもそも「旅行に行く」という日本語が適切ではありません。 正しくは、「旅行をする」となります。 tripはもともと小旅行を指していましたが、現在ではその区別はなく、「旅行」を表す最も一般的な語として使われています。 比較的長い旅行にはjourneyを、観光や視察目的のために各地を回る旅行にはtourを用いることもありますが、これらの場合にもgo on a tripで代用することがよくあります。 「アメリカ旅行をしました」や「旅行で北海道に行きました」と表現する場合は、過去形のwent on a tripに<to+行き先>を続けて、I went on a trip to America. やI went on a trip to Hokkaido. と表します。 I went on a school trip to Hokkaido. (修学旅行で北海道に行った)などと応用してもいいですね。 一方、travelは「旅行する」という意味の動詞として用いるのが一般的で、travel abroad(海外旅行をする)やtravel around the world(世界中を旅行する)などがその例です。 場合によっては、air travel(飛行機旅行)のようにほかの語を伴ったり、travel agency(旅行代理店)のように形容詞的に用いたりすることもあります。

次の

旅行会社のカウンタースタッフの業務とは?英語力や課題は?

旅行 会社 英語

go on a tripと表現するのが一般的ですアメリカや北海道など、旅行した場所について述べるときは、go on a tripと表現するのが一般的です。 これらは「旅行に行く」を直訳したものと思われますが、そもそも「旅行に行く」という日本語が適切ではありません。 正しくは、「旅行をする」となります。 tripはもともと小旅行を指していましたが、現在ではその区別はなく、「旅行」を表す最も一般的な語として使われています。 比較的長い旅行にはjourneyを、観光や視察目的のために各地を回る旅行にはtourを用いることもありますが、これらの場合にもgo on a tripで代用することがよくあります。 「アメリカ旅行をしました」や「旅行で北海道に行きました」と表現する場合は、過去形のwent on a tripに<to+行き先>を続けて、I went on a trip to America. やI went on a trip to Hokkaido. と表します。 I went on a school trip to Hokkaido. (修学旅行で北海道に行った)などと応用してもいいですね。 一方、travelは「旅行する」という意味の動詞として用いるのが一般的で、travel abroad(海外旅行をする)やtravel around the world(世界中を旅行する)などがその例です。 場合によっては、air travel(飛行機旅行)のようにほかの語を伴ったり、travel agency(旅行代理店)のように形容詞的に用いたりすることもあります。

次の