配送業 志望動機。 配送業への志望動機と例文|未経験/経験者の場合

5分でわかる!トラックドライバー(配送業)の志望動機書き方・例文

配送業 志望動機

配送について 配送は、仕入れ業者の倉庫から小売業者の店舗などへ車を運転して、商品や荷物を配達する仕事です。 通販で注文した商品を自宅まで届ける宅配便などのサービスもあります。 貨物用のトラックを運転することから、配送業の求人条件として免許の取得が必要であったり、運転の経験年数が問われたりする場合があるようです。 また交通機関を利用するため、交通ルールを守れる人材が適任であることはもちろん、事故の危険性と隣り合わせであるという意識を持って、安全運転を心がけることも大切です。 この記事ではそんな配送の仕事を希望する際に参考になる志望動機の例文についてご紹介します。 配送の主な業務内容 配送は、車の点検や配送、荷物を積んだりおろしたりするのが主な業務内容です。 車の点検は、使用する車のガソリンやライト、ブレーキなどを点検し、車の機能に異常がないかを確認します。 この時、運転の際に不都合が生じないように、普通の乗用車を運転するよりも厳しいチェック項目が設けられている場合があります。 配達は、決められた荷物を車を運転して目的地まで届ける業務です。 交通機関を利用するにあたって、速度や標識に応じた運転をおこなったり、事前にルートを確認したりして安全運転に努めます。 そして、配送する前に荷台に荷物をのせたり、目的地に到着して荷台から荷物をおろしたりする作業もおこないます。 その際、配達内容に誤りがないか伝票を見ながら確認する作業もおこないます。 志望動機を書く際の注意ポイント 配送業において採用の際に重要視される点は主に3つあります。 1つ目は、「なぜその業界・企業を志望したのか」という理由です。 配送に対して自分が持つイメージや、配送業を目指すきっかけとなったエピソードについて述べましょう。 2つ目は、「どのような能力を活かせるか」ということです。 自分が持ち合わせる能力の中で、配送の業務に関連が高いものを選び、アピールしましょう。 3つ目は、「今後のビジョンを描けているか」という点です。 入社後、自分がどのようになりたいかやどのような働きがしたいかという理想像を示すことで、担当者が企業に適性のある人物かどうかを判断できます。 私の父はトラックの運転手で夜間勤務ということもあり、私は父の仕事内容についてほとんど知らないまま育ちました。 しかし、自分が大人になって車の免許を取るにあたり、車種によってブレーキの利き具合が違うことや車の大きさによってハンドル操作が異なることを知りました。 その時はじめて、難しい運転操作の業務に従事していた父の偉大さを実感したのです。 そしていつしか自分も父のような運転手に憧れるようになりました。 まだ未熟な部分もたくさんありますが、もし入社することができたら、スキルの向上に努め、貴社に貢献できるよう努力いたします。 配送の仕事を目指すようになったエピソードを軸にした志望動機の例文です。 さらにそのエピソードをもとに「自分が運転に対して感じたこと」「同業種である父に対しての思い」などを述べることで、業界研究をおこなっていることをアピールできます。 最後に入社後の意気込みを語ることで、やる気のある人材だと認知してもらいやすくなるでしょう。 学生時代は陸上部に所属しており、県大会の長距離走部門で優勝した経歴があります。 その時に体力と持久力を培ったため、力仕事である荷物の積み下ろしや、体力の消耗を伴う長距離の走行にも挑戦したいと考えております。 また、趣味はドライブで普通免許はもちろん、大型二輪免許も所持しています。 もし入社することができたら、新たな免許の取得や運転スキルの向上にも積極的に取り組んでいきたいです。 「自分の持つ能力をどのように活かせるか」という点にフォーカスした志望動機の例文です。 過去の経歴から得た自分のスキルと、業界で活かせそうなスキルをリンクさせることで、業界に適性の高い人材であることがアピールできます。 また、入社後の意気込みを語ることで、企業の希望に沿った人材に育成できることを予感させ、担当者に好印象を与えることができます。 私はそれまで、配送業は荷物を最優先に取り扱わなければならいと思っていました。 しかし貴社のコンセプトをみて、「荷物を無事届けるためには安全な運転が不可欠である」ということに気がついたのです。 安全に荷物を届けることで相手に安心を与えることができ、良好な信頼関係を築くことができるのです。 これは、人と人とをつなぐかけ橋の役割を果たす配送業において、重要な心持ちであると実感しています。 もし入社することができたら、このコンセプトを根本精神として、安全な運転を心がけるよう頑張ります。 企業のコンセプトについて言及することで、企業研究をおこなっていることが分かります。 さらに研究するだけでなく、コンセプトに対してどう思ったのかという自分の意見を述べることで、担当者が人物像をイメージしやすくなります。 また、入社後は企業のコンセプトに基づいた働きをするという意志を表明することで、担当者に、企業にとって貢献度の高い人材であると認識してもらうことができます。 自分は配送に向いているタイプか、適性を診断してみよう 自分の適性や性格が、配送の仕事に向いているのかどうか、気になりませんか? そんな時は、を活用して、自分と志望業界との相性を診断してみましょう。 My analyticsで、あなたの強み・弱みを理解し、自分が配送に向いているタイプか、診断してみましょう。 配送の志望動機NG例 配送の志望動機を作成する際にふさわしくない表現やアピールの仕方を、例文を参考にみていきましょう。 NG例 私は、人と関わる機会が少ない配送の仕事に魅力を感じています。 なぜなら、例えば接客業の場合、身だしなみに気をつかったり言葉づかいに注意したりするなど、様々なスキルが求められます。 しかし、配送業では主に運転スキルしか求められないので、運転業務に集中することができ、スキルの向上に努めやすいと思ったからです。 また人と関わる機会が少ない分、クレーム対応などの精神的に負担のかかる業務が少なく、比較的働きやすいと感じたのも決め手となりました。 「なぜ配送業を志望したのか」という理由を中心に書いてありますが、接客業と比較したときに優れていると思う点を挙げたのでは、配送の仕事に就きたいという強い意志を伝えることができません。 また、自分にとって都合のいい部分しか目に入っておらず、採用側からすると、危険を伴う業務であることへの理解が及んでいないという印象を受けてしまいます。 配送の志望動機ではスキルと仕事への熱意をアピールしよう 配送の志望動機を作成する際に、参考になる例文についてご紹介しました。 配送の仕事は、何を運ぶかによって必要な免許の種類や求められる運転スキルが異なります。 そのため配送業には、今自分が持っている資格やスキルだけにとどまらず、入社後も新しい資格の取得やスキルの向上に努められる人材が適しています。 企業側は、業界や企業にどれくらい関心が高いかという点や、今後どれだけ伸びしろがあるかという点に着目して企業への適性を見極めます。 そのため、配送の志望動機を作成する際は「業界研究」をしっかりとおこない、「企業に貢献できる自分の強みをアピール」することを忘れずに、「入社後のビジョン」を描くことで企業に適性の高い人材と思ってもらえるような文章を心がけていきましょう。 志望動機が書けない時に!志望動機ジェネレーターを活用してみよう 志望動機を作成する際、なかなか良い内容が思い浮かばない人も多いはず。 そんな時は、「」を活用してみましょう。 志望動機ジェネレーターなら、 簡単な質問に答えるだけでで理想的な流れの志望動機が完成します。 無料でダウンロードして、効率的に採用される志望動機を完成させましょう。 監修者プロフィール.

次の

物流業界、運送業、倉庫の志望動機 例文 【転職チャンス】

配送業 志望動機

・ 物流業界の概要と動向 物流業界とは? 物流業とは、企業が生産した商品が、私たちの手元に届くまでの過程を担う業種です。 ぱっとイメージされるのが、トラックでの配達ですが、それ以外にも、工場で完成した商品を倉庫に保管したり、大量の商品を送り先別に包装したり、ITで管理したりなど、様々な仕事があります。 輸送方法や業務などにより、海運、航空、陸運、運送、倉庫の5つの分野に分かれています。 「モノあるところに物流あり」という言葉もあるほど、物流は身近で、かつ重要な役割を果たしています。 物流業が存在しないと、私たちの手元に商品が届くことはありません。 3PL化により再編が進む物流業界 多くの企業では、商品を生産する際、原材料の調達などを企業内の物流セクションで行っていることが一般的です。 しかし近年、「物流にかかるすべての業務を一括して第三者に任せる」という流れになってきました。 これを「Third(3rd)Party Logistics(略して3PL)」と言います。 日本では、物流のノウハウを持った物流業者がこの3PLに対応しています。 物流各社は、企業の3PLのニーズに応えるために、違う分野の物流業者と提携するなどして対応しています。 トラック運送を専門にする会社と、航空輸送の会社が提携したり、営業所を補完しあう目的で提携したりするなど、再編が進んでいます。 オートメーション化が進む商品管理分野 インターネット通販が一般的になったことで、個人の宅配利用が年々伸びています。 店舗への配送であればまとまった量を段ボールなどで管理できましたが、個人の購入である場合、1個の購入または複数種類を1個づつ購入、しかも配送日は異なるなどというパターンもあり、商品管理が複雑になってきました。 アマゾンジャパンでは、以前から倉庫内の商品管理のオートメーション化が進んでおり、複雑な注文内容にも正確かつスピーディーに対応しています。 こういった動きは物流業界にも広がりつつあります。 配送の人材不足問題が深刻 通販市場の拡大により、個人の宅配便需要が増え続けている物流業界。 しかし運輸・配送では人材不足が深刻な問題となっています。 とくに配送ドライバーの長時間労働は問題視されており、早急に対策・改善が求められます。 志望動機の作成では、こうした配送業界の課題にも注目しておきたいところです。 物流業の仕事内容と求められる適性 物流業界に就職したいのであれば、どのような仕事があるのか、またどんな適正が必要なのか知っておく必要があります。 同じ物流業界でも分野や企業によって業務内容は異なると思いますが、物流における代表的な仕事内容と、求められる適正を紹介します。 〇保管…適性:管理能力、細やかさ 顧客から預かった荷物を、配送時期が決まるまで倉庫に保管する仕事です。 食品や精密機器など、商品に合った保管方法を考えます。 商品を正確な場所に収めて把握しておく管理能力、商品を適切な方法で保管するための細やかさが必要です。 〇荷役…適性:体力、正確さ 荷物の積み下ろしや、搬入、商品を送り先別に分ける仕分けなどを行います。 輸入品の通関手続きを行うこともあります。 力仕事なので体力が必要です。 事務手続きを間違いなく行うための正確さも問われます。 〇流通加工・包装…適性:細やかさ、正確さ 値札やタグ付け、ラベル貼り、ギフト商品の詰め合わせ作業などを行います。 間違いがあってはいけない作業なので、細やかさや正確さが必要です。 〇輸送…適性:体力、コミュニケーション能力 飛行機、船、鉄道、トラックなどの輸送機関を使い、商品を運ぶ業務です。 長時間の操縦や運転に携わるので体力が必要です。 輸送先の人などと接する機会もあるので、コミュニケーション能力もあったほうがいいでしょう。 〇情報管理…適性:管理能力、PCスキル 配送経路、倉庫やトラック内などの温度・湿度、倉庫内の保管場所などを情報管理システムで管理する業務です。 PCで作業するので、PCスキルは必須です。 さまざまな項目を管理するので、高い管理能力も必要です。 〇営業…適性:コミュニケーション能力、交渉力 物流を構成する要素(倉庫の設計、保管、包装、運送方法、管理システムの提案など)を組み合わせ、クライアントである企業にとって最適な物流をプランニングします。 管理システムも日々新しくなっているので、物流の知識だけでなくITの知識もないと、クライアントに対して最適な提案ができません。 顧客との信頼関係を築くためのコミュニケーション能力、提案から契約までこぎつける交渉力が必要です。 物流業の志望動機の書き方のポイント 志望動機に最低限書いておくべき要素を紹介します。 物流業界を選んだ理由を伝える なぜ物流業界に興味を持ったのか、物流業界で仕事をしたいと思ったのかという理由を伝えます。 物流に興味を持ったきっかけや、エピソードを思い出してみましょう。 志望企業を選んだ理由を伝える 数ある物流系企業の中で、なぜこの企業を選んだのかをきちんと伝えます。 志望企業の研究をよくして、競合他社と異なる特徴や強みを見つけましょう。 物流業界の仕事を通じて実現したいことを語る 最後に、自分が就職できた場合に仕事を通じてどんなことをしたいかという内容を加えましょう。 これにより、働くことに対して具体的なイメージを持っていることが伝えられます。 志望動機の説得力を高めるコツ 一文目に結論を持ってくる 業界関係なく、就活で提出する文章は分かりやすさが第一です。 前置きが長いと、言おうとしていることが伝わりにくくなってしまうので、結論を一文目に持ってきます。 「なぜ物流業界で働きたいのか」「なぜこの仕事がしたいのか」ということを、簡潔に一言でまとめてみましょう。 実体験を盛り込む 志望動機の文章というのは、どの就活生も同じような内容になりがちです。 そこで志望動機にオリジナリティを持たせる必要があります。 オリジナルな志望動機を書くには、実際に体験したことや感じたこと、感動したことなど自分だけのエピソードを盛り込むといいでしょう。 問題意識の高さをアピールする 物流のいい面だけでなく、「自分が使っていて不便だと思う点」「物流で困ったこと」「もっとこうなればいいのにと思っていること」について書くのもいいでしょう。 「物流業界の課題を解決してより良いサービスを提供したい」という思いも、立派な志望理由になります。 物流業界の志望動機の例文 ここでは、志望動機の例文を紹介します。 物流は世界中どこにおいても人々の暮らしを支えるものであり、社会活動の基盤とも言えることから、物流業界で働きたいと考えました。 中でも御社は、物流業界の主流となりつつある3PL事業に強みがあり、グローバル展開にも注力しているところに魅力を感じました。 御社で営業として働き、海外に進出する企業に物流に関する提案やコンサルティングができるように、グローバルな物流のプロフェッショナルとして成長していきたいと思います。 私は、大学時代、コンビニでアルバイトをしていました。 地震などの災害などが起こったことで商品の配達が遅れ、商品が陳列できなかったことが何度かありました。 その経験から、物流が安心して生活できるための基盤を支えていると感じました。 そこで物流に関わる仕事がしたいと思いました。 中でも御社は、質の高い配送により、多くのクライアントから高い信頼を勝ち得ていると知り、志望いたしました。 私も、丁寧で確実な仕事をして、御社の一員として顧客から信頼される社員に成長したいと思います。 人気企業の志望動機集を無料ダウンロード!.

次の

履歴書の志望動機・志望理由の書き方(例文付き)

配送業 志望動機

Technique トラックドライバーの志望動機例文 志望動機は、中途採用の選考において合否を分ける重要なポイントの1つになります。 例文を参考にして、効果的に入社意欲をアピールできる志望動機を作成しましょう。 ここでは、トラックドライバー(配送業)の仕事内容や求められる適性も解説しています。 魅力的な人物だと伝わる志望動機を書くには、それらへの理解を深めておくことが大切なので、しっかりと確認してから志望動機を作成しましょう。 トラックドライバー(配送業)の仕事内容とは 一口にトラックドライバーと言っても、配送業界にはさまざまな種類があります。 自身に向いているもの、好みのものを選択した上でその種類に合った志望動機を書いていく必要があります。 具体的にはコンビニエンスストアへの定時配送、法人や個人への宅配便、クリーニングの回収や配達、引っ越し、資材や機械などの大型配送などが挙げられます。 また、車両総重量によって必要な運転免許は異なり、5トン未満なら普通自動車免許、5トン以上11トン未満なら中型自動車免許、11トン以上なら大型自動車免許と分かれているため、自身の持つ免許を活かせる種類から選んでもよいかもしれません。 長時間労働や重労働のイメージが強く、過酷な業界の一つのように思われがちな配送業界ですが、徐々にその労働環境を改善する取り組みが業界全体でなされ、同時に法整備も進んでいます。 近いところでは、配送とは別に発生する、荷下ろしなどの付随サービス業務や待機時間などを明確に区分し、荷主に対し適切な料金を請求できるよう法改正がなされました。 これにより配送会社の利益が確保され、ドライバーの賃金や労働時間の改善につなげることが可能となります。 また、法定速度遵守や健康診断実施など、安全面からもドライバーを守る取り組みを行う企業が増えています。 ネット通販の拡大と少子高齢化により需要が増す一方、ベテラン運転手たちの高齢化による人手不足が進む配送業界は、若い人材をより多く確保するためにも今後ますます待遇改善が期待される業界と言えるでしょう。 トラックドライバー(配送業)に求められる適性 トラックドライバー(配送業)とは郵便物や商品などの配送を行う仕事です。 配送するものや運転するトラックの大きさなどは企業によって異なり、取り扱うものや運転するトラックによっては資格が必要になる場合もあります。 応募する前に募集要項をよく確認し、志望動機などの書類作成をする際の参考にしましょう。 腕力や体力がある 配送する商品にもよりますが、トラックドライバーは運転だけでなく、集荷や荷下ろしもする場合があるため、基本的には力仕事であると言えます。 多少重い物でも運べる程度の腕力は備えておくといいでしょう。 また、都会など勤務する土地によっては駐車スペースや駐車時間が限られていることもあり、荷物を持ちながら走って移動しなければならない場面も考えられますので、それに耐えられるくらいの体力は必要です。 ちなみに長距離ドライバーなど、運転している時間が長い人は年をとってから足腰が弱くなりがちなためトレーニングを欠かさない人も多いそうです。 資格を持っている 少なくとも普通自動車免許は持っていたいところです。 中型や大型自動車免許があると運転できる車両が多くなりますので重宝されます。 他にもクレーンなどに物を掛け外しする「玉掛け」の資格やクレーンの免許があると有利なこともあります。 また、運行管理者という資格もあり、企業が求めている高度な資格の一つです。 安全意識が高く、気が長い トラックドライバーは、まず何よりも安全第一の意識を持っていなければなりません。 普通の車より大きなトラックを運転するため、法定速度を守る、車間距離を開ける、死角に充分気を付けるなど、基本的な動作を少しでも疎かにすると大事故につながる可能性があります。 そのため、無事故無違反の経歴は重要です。 また、渋滞に巻き込まれたり配送先で待機させられたり思うように仕事が進まないときにイライラする人には向いていません。 気を長く持てるからこそ安全運転に必要な動作を守ることができるからです。 トラックドライバー(配送業)の志望動機の書き方 ポイント1、保有資格や経験について記載する 配送業者によっては資格や特別な経験が必要になる場合があり、そのような場合には志望動機に資格や経験について記載し、職務能力の高さをアピールすることが有効です。 特に中型免許や大型免許が業務に役立つケースが多く、荷物を積むためのフォークリフトを運転するための資格やスキルが必要になる場合もあります。 ポイント2、企業や職種を選んだ理由について記載する 配送業界に属する企業は数多くあり、その中から応募する企業を選んだ理由に加え、トラックドライバーとして働きたいと思った理由についても記載しましょう。 企業側が納得できる理由を示すことにより、人材としての信用性が高まる可能性があります。 汎用的な理由ではなく、オリジナリティのあるものや熱意の感じられるものなどのポジティブな理由が望ましいでしょう。 ポイント3、コミュニケーション能力をアピールする トラックドライバーは顧客対応を行う場合があるため、コミュニケーション能力が求められます。 接客経験や営業経験などのように、コミュニケーション能力の高さをアピールしやすい職務経験がある場合には、志望動機に具体的に記載してアピールしましょう。 トラックドライバー(配送業)の志望動機の例文 志望動機を書く際には、以下の例文(サンプル)をテンプレートとして活用して、自分らしい内容に書き直すことが有効な手段の1つです。 例文をそのまま使用するのではなく、あなた自身の個性が正しく伝わるよう、適切にアレンジしてより魅力的な志望動機に仕上げましょう。 トラックドライバー(配送業)経験者の志望動機サンプル 私は現職では自社商品をお客さまに配送するトラックドライバーとして働いておりますが、より多くの人と接する機会のある仕事がしたいと考え、物流業界大手の貴社を志望いたしました。 現職では東京と福岡を行き来して配送を行っておりますが、以前は中距離を担当していたこともあります。 運転免許は大型自動車免許、中型自動車免許、普通自動車免許、大型特殊自動車免許、小型特殊自動車免許を保持しております。 今後はこれらの免許と経験を活かして小回りのきいた配送サービスで、多くのお客さまの満足度の向上を図りたいと考えております。 また、人と接することが好きなので、コミュニケーション能力に自信があります。 貴社の顔としてポジティブな印象を持たれるように業務に取り組んでまいります。 「職務経験あり」のアピールポイント・注意点解説 具体的な専門スキルが伝わる内容になっています。 同じ職種への転職となるので、正当性の高い転職理由を記載することが求められます。 長距離トラックドライバーから、近距離移動でさまざまな業務を担当できる企業への転職を志している理由が伝わる内容になっています。 トラックドライバー(配送業)未経験者の志望動機サンプル 私はこれまでの経験で培った土地勘を活かし、トラックドライバーとして働きたいと考え貴社を志望いたしました。 現職では、介護を必要とする方々が施設を利用される際に、ご自宅との送迎を行うために地域を回っております。 その中で、今すぐには介護を必要としない方々でも高齢のご夫婦世帯や一人暮らし世帯が多くあることを知りました。 その方たちは車の運転もできず、日々の買い物にも不自由しています。 そのため、買い物の回数を減らそうと保存のきく食品ばかりを購入し、新鮮な食品を口にする機会が少なくなっていると聞きました。 そのような方たちの役に立てる仕事はないかと調べるうちに、貴社がこの地域の高齢世帯へ個別に食品を配送するサービスを始められたと知り、志望いたしました。 また、中型運転免許を活かし、産地から貴社への食品配送においてもお力になれると考えております。 「職種未経験」のアピールポイント・注意点解説 高齢者の自宅を訪問する業務で得た接客能力やコミュニケーション能力は個人客への配送業務でも活かせることをアピールできています。 高齢者世帯へ食品を配達する仕事がしたい理由を述べることで、なぜその仕事なのか、なぜその企業なのかが明確に伝わります。 まとめ トラックドライバー(配送業)の志望動機を書くには、職種や企業を選んだ理由、過去の経験や今後の展望などを明確にすることが重要です。 転職後に活かせる知識、スキル、経験を志望動機に盛り込んで、職務能力の高さをアピールしましょう。 また、トラックドライバーには体力的な部分が求められる場合もあるので、運動経験などの体力を証明できる情報を盛り込むことも有効です。 この記事に興味がある人へのおすすめ.

次の