グランメゾン東京 フル。 ドラマ「グランメゾン東京」のフル動画を無料視聴する!見逃し配信情報やあらすじ・見どころも|動画のコンピエーレ

第10話・グランメゾン東京(ドラマ)を見逃し無料動画フル視聴【ついにミシュランの調査が!】

グランメゾン東京 フル

グランメゾン東京のフルコース• ウニのパンペルデュ• 山羊乳のバヴァロア• 白子のポッシェ ショーフロワ• 暖かい手長海老のスープ• リ・ド・ヴォーを入れたクスクスのサラダ• タルトブーダン• ハタのロティ ノアゼットアンショア• キジバトのドゥミ・アンクルート• メレンゲのアイスクリーム• クレームダンジュ コース料理に込められたストーリー 暖かい手長海老のスープ 手長海老は、 尾花夏樹がパリで出会った早見倫子のために使用した食材。 リ・ド・ヴォーを入れたクスクスのサラダ 修行時代の尾花夏樹と 京野隆太郎の思い出のクスクスを使った料理。 タルトブーダン 相沢瓶人がグランメゾン東京をサポートするキッカケになったレバー料理。 ハタのロティ ノアゼットアンショア シェフである 早見倫子が自信を持って作った料理。 キジバトのドゥミ・アンクルート エスコフィユ時代から尾花夏樹に憧れ続けた 平古祥平の成長を感じる料理。 メレンゲのアイスクリーム グランメゾン東京の立ち上げメンバーである 芹田公一の思い入れのある料理。 クレームダンジュ パティシエールの 松井萌絵が試行錯誤して完成させたデザート。 Brise ソムリエールの 久住栞菜がグランメゾン東京のために厳選したワイン マグロの瞬間焼き 尾花夏樹がエスコフィユ時代から試行錯誤を繰り返して完成させたマグロ料理 料理人の気持ちが料理に表れる 技術や経験のある料理人がつくれば最高の料理が作れるとは限りません。 もちろん、料理人の腕は重要ですが、それと同じくらい大切なのが「料理人の気持ち」。 気持ちが伝わる料理の例• 新メニュー開発に焦っている状態で作っても最高の料理はできない。 優しい気持ちで作れば、優しい甘さになる。 ささくれた料理人が作れば、どこか落ち着かない味になる。 お客様を考えない料理は、雑な味になる。 尾花夏樹は「料理ってのは素材の質と料理人の腕と経験で全てが決まる。 だけど料理人のメンタルが味に影響してくる」と言っていますが、その通りです。 仕事だけでなくプライベートでの精神的な安定が、美味しい料理の隠し味になります。 「グランメゾン東京」最終話から学ぶ:レストランはチームプレイ 「グランメゾン東京」はドラマ全体を通して仲間への想いが強いですが、最終話は特に強調されていました。 レストランはチームプレイであることが学べる3つのポイントを解説します。 役割分担を明確にしたグランメゾン東京 ミシュラン三つ星獲得のために、新メニューの開発を行ったグランメゾン東京。 グランメゾン東京の役割分担• マグロ料理の開発に集中する 尾花夏樹• 尾花に代わってスーシェフの仕事を行う 平古祥平• 平古のサポートを受けながらもデザート完成させる 松井萌絵• 尾花が間に合わなかった時のために魚料理を開発する 早見倫子• 平古のサポートをしながら自身の料理を完成させる 相沢瓶人• 見習いをまとめながら仕込みを行う 芹田公一• ミシュラン調査員の情報をリサーチする 京野隆太郎• 料理とワインを合わせる 久住栞菜 このように、レストランスタッフ 一人ひとりの役割を明確にすることで、集中して効率の良い仕事ができます。 ひとりで全てをこなすことは不可能なので、信頼できるチームで分担して取り組むことが最高のレストランといえます。 ドン底を知るからこそ支え合えたgaku ライバルレストラン gaku のオーナー江藤不三男は、ミシュランに向けた新メニュー開発が遅れているからと、パリの二つ星レストランから結月聡をシェフとして雇いました。 相談もなくシェフの座を奪われた丹後学は裏切りを感じてgakuを離れます。 その後、結月の横暴なやり方によってgakuは崩壊し、結月もgakuを辞めました。 そんなとき、ドン底に落ちた江藤のもとに丹後が戻ってきます。 数年前、ドン底に落ちた丹後は、江藤に救われてgakuに招かれたので、その恩返しのために協力することになります。 江藤も丹後もドン底を経験したからこそ、お互いを尊重し合い、良い関係を築くことができました。 レストランはひとつのチーム レストランは一人ひとりに役割がある、ひとつのチームです。 誰かひとりでも意識が低いと、レストランとしての衛生管理に問題が出たり、料理の質が落ちてしまいます。 お客様に満足してもらうためにも、一人ひとりがチームの一員だと理解して、しっかりと取り組むことが重要です。 「グランメゾン東京」最終話から学ぶ:料理人は自分を信じるべき 「グランメゾン東京」最終話では、料理人にとっての自信が重要であることを強調していました。 料理人の自信を表すシーン• マグロ料理に取り組んだ尾花夏樹• 美食家としての舌を信じたリンダ• シェフとしての自分を信じた早見倫子 マグロ料理に取り組んだ尾花夏樹 マグロはフレンチに適していないとされていますが、尾花夏樹はマグロを使った料理にこだわります。 エスコフィユ時代から何度も挑戦し、完成しなかったからこそ成し遂げたい料理だったのです。 尾花いわく、6年間ミシュラン二つ星だったエスコフィユには、 「審査員を圧倒するなにかが足りなかった」とのこと。 日本を代表する食材であるマグロで、圧倒する料理を作りたいという強い意思があります。 自分の腕と料理の可能性を信じ続けた結果、「マグロの瞬間焼き」を完成させました。 そのため、事件の犯人である平古祥平が働くグランメゾン東京には、ミシュラン審査員が訪れないように妨害していました。 しかし、グランメゾン東京のフルコースを食べて感動したリンダは、オーナーの使命にそむいて調査員に助言をします。 その結果として、編集長としての地位を失いましたが、「私の舌が正しかったことをグランメゾン東京が証明してくれる」と言い残して会社から姿を消しました。 自身の地位や名誉のためでなく、自分の舌を信じてこそ本物の美食家です。 シェフとしての自分を信じた早見倫子 パリで尾花夏樹と出会ったばかりの早見倫子は、料理人としての腕に自信を無くしていました。 しかし尾花たちとグランメゾン東京を営業しているうちに シェフとして大きな成長をし、自身のある料理を作ることができました。 シェフとしての腕に自身を持って完成した「ハタのロティ」でミシュラン審査に挑み、見事に三つ星を獲得したのです。 このように、 料理人は日々の努力で成長を重ね、その努力があるからこそ自信を持って料理を作ることができます。 「グランメゾン東京」最終話まとめ:料理人は気持ちが重要 「グランメゾン東京」最終話まとめ• 料理に気持ちを込める• レストランはチームプレイ• 料理人の腕に自信を持つ この記事で「グランメゾン東京」最終話を料理人の視点で解説しました。 最終話では、 料理人は技術や知識を身に付け、経験によって磨きをかけることは大事ですが、そこに「気持ち」という隠し味が加わってこそ最高の料理を作れることを伝えてくれました。 料理人が「料理に気持ちを込めること」は常識ですが、日々の仕事に追われていると忘れがちになります。 いつでも初心を忘れることがないように、常に意識すべき心構えです。 「グランメゾン東京」は、楽しみながら料理人としてあるべき姿を学ぶことができるので、 料理人にとって最高のドラマと言えます。

次の

【グランメゾン東京】フル動画7話を無料で見逃し視聴!動画配信まとめ【12月1日/木村拓哉主演ドラマ】

グランメゾン東京 フル

お料理は美味しそう!と思う時と、ハイソ過ぎて味の想像がつかない時とがありますが見た後は何か食べたくなるドラマです。 いつも美味しいフレンチを作って試食していても、普段は普通の食事なんだなと倫子さん宅の食事シーンを見て変な関心をしながら見ています。 特にファンではなかった木村拓哉氏ですが、今回の役は好きです。 優しくて素直じゃなくて恰好つけたがりのシェフ役がこんなにぴったりくるとは思っていませんでした。 主演が木村拓哉さんと聞いて、見る前にはそんなに期待していなかったドラマだったのに良い意味で期待を裏切られました。 他の役者さんも美男美女ばかりで眼福なドラマです。 皆さんそれぞれの役どころにぴったり合っていると思います。 いよいよラストですが、どうなるのかとても楽しみです。 3つ星を取れるのでしょうか。 希望としてはお店は倫子さん達に任せて、フーテンの寅さんのように修行の旅に出て欲しいです。 ひらりとバイクに乗って。 今回のドラマだけではもったいない内容とキャストなので、是非映画化するかパート2を作ってもらいたいです。 運命のミシュラン審査開始! 禁断のマグロ料理に挑むが、まさかの仲間割れ! そして、三つ星を阻む女。 絶体絶命の中、三つ星の行方は!? あらすじ ミシュランの審査が近づき、グランメゾン東京の新メニュー開発は大詰めを迎えていた。 そんな中、フレンチにとって禁断の食材であるマグロ料理に挑んでいる尾花 木村拓哉 を見て、倫子 鈴木京香 は不安になる。 そして、二人は口論の末、尾花はスーシェフを辞めると告げる。 そして、倫子も魚料理を作り、おいしいほうをメニューとして採用するように提案する。 一方、丹後 尾上菊之助 がいなくなった「gaku」では、新しいシェフ・結月 馬場徹 の傍若無人な振る舞いで店はボロボロになっていた。 そして、ある事件が起きる。 そんな中迎えた、ミシュランの審査。 はたして、グランメゾン東京は三つ星を獲得することができるのか!? 相変わらず木村さんはかっこよくて実際に料理が上手いのも知っているので、シェフ姿が様になります。 本気で料理に向き合う姿がすごく伝わってきて、お互いに厳しく競り合いながら高めあっていくプロ意識が鳥肌ものです。 またお客さんをないがしろにせず1人1人を大切にする接客にも好感が持てます。 個人的には尾花の師匠の回がとても好きでした。 人によって事情は違う、だからこそお客さんそれぞれに合わせた料理を出すという難しさに向き合って、一段とお店の格が上がった感じがしました。 なんと言っても出てくる料理が全て美味しそうです。 そしてその美しさに毎回見惚れてしまいます。 料理は芸術という言葉を聞いたことがありますが、まさにそうだなぁと毎度感じます。 ミシュランや三つ星という言葉は聞いたことがありましたが、星を取るのがここまで難しいのかと驚きました。 フレンチは格式が高くて気軽に行けないイメージがありますが、実際にこんなお店があったら通いたいと思わせてくれます。 主人もこのドラマが大好きなのできっと来年の結婚記念日はフレンチになると思います。 キムタクの王道ドラマだなと感じながらみています。 キムタクが演じる尾花が、よくある「アウトロー風でいつもマイペース。 でも人たらし。 最初は周りが驚くが、段々とみんな味方になっていく」いつものパターンです。 新聞で『グランメゾン東京』の木村拓哉さんの尾花役のことを「昔、大好評だった主人公を彷彿とさせて、ファンを満足させるだろう」と書いてありましたが、ファンでない人や、新しい役が見たい人には「またか」って思うと思います(私もその一人です)。 また、TBSでの木村拓哉さんのドラマは、いつも初回が1週間か2週間遅く、最終回も他のドラマより遅くなっています。 これはTBSの「木村拓哉さんのドラマなら視聴率を取れるだろう」また「他のドラマとずらして注目を集め、視聴率を上げよう」との意図を感じます。 いつまでも同じパターンで飽き飽きしてしまいます。 ストーリーも、尾花に反対して拒否していた京野・相沢・栞奈、そして平古までも次から次へとグランメゾンの従業員になり、尾花の仲間になっていきます。 どうして豪華な出演者で、料理も美味しそうなのに、同じパターンに縛られているのか・・残念なドラマだと思います。 レストランgakuが8位で、グランメゾン東京が10位というランキングは意外な感じでした。 それでも、ランキング発表後は何の展開もなく終わらせたことはよかったかなと思います。 意外と言えば、京野陸太郎(沢村一樹)が、ストレートに早見倫子(鈴木京香)を好きだと言ったことも、あの展開では、とても意外でした。 微妙にそうだろうな~という場面が垣間見えていましたので、いつ言うのかと期待していたのですが、あまりにもあっけなかったので、ちょっぴり期待はずれでした。 それにしても、毎度毎度、江森不三男(手塚とおる)は、ほんとに憎たらしいです。 それだけ演技力がすばらしいということでしょうが。 この人が出てくるシーンは、いつでもハラハラドキドキになります。 また、パティシエの松井萌絵(吉谷彩子)がもう少し展開に絡んでくるのかなと思っていましたが、そこまで絡みませんでした…。 平古祥平(玉森裕太)、蛯名美優(朝倉あき)との三角関係に発展するのかな…と思ってみていた回もありましたが、結局ありませんでした。 ちょっと、11話では足りない内容だったのかな…。 もっと細部を深く構成しても面白かったのかなとも思います。 続編ありきで考えられたドラマではなかったように感じました。 キムタク出演のドラマファンですが、尾花夏樹(木村拓哉)も「ザ、キムタク」という感じで、何だが落ち着くというか、安定感があってとてもよかったです。 さすが、キムタク…という感じのドラマだったことは間違いなかったような気がします。 事務所の後輩、平古祥平(玉森裕太)のからみもよかったと思います。 世界最高の三つ星レストランを目指すようなお店は、お客の視点に立って、ほんとうに食材の状態に合わせたベストな料理方法を心掛けているのだなと思ったので、ぜひ一度、三つ星レストランで食事してみたいと強く思いました。 まとめ 3年前のパリでのアレルギー物質混入事件をきっかけに仲間がバラバラになってしまって以来、念願の三ツ星獲得の夢を実現できなくなってしまっていた尾花夏樹だったが倫子と知り合ったことをきっかけにグランメゾン東京を立ち上げ再度夢の実現を目指す大人の青春ドラマとしてスタートしたこのドラマ。 夢の実現のため仲間の力が必要と考えている尾花に仲間への気持ちに変化が現れてきたが尾花に対する不信感から当初は拒む仲間たちだったが尾花の料理に対する真摯な姿勢に刺激を受け一人また一人と合流してきた。 また、萌絵、栞奈といった新しい仲間も加わり、最後のひとりで、事件の犯人でもある祥平もついに合流。 最強のチームが出来上がった。 さあこれから彼らの前に立ちはだかるリンダとの戦いが始まるのだが事件に対して異常なまでに恨みを持っているため頑なに三ツ星獲得を邪魔する構え。 果たして夢の実現は。 と言ったここまでの展開だが、なぜそこまで恨んでいるのか気になるその真相。 これまで事件の真相を尾花と祥平だけの胸の内にしまっていたが祥平の自白で尾花へのわだかまりもなくなりいいチームになったと思う。 大人になっても失わない料理に対する情熱、いや、さらに料理に対する情熱をさらに燃やす尾花に感化される仲間を見て私も昔を思い出してみたくなってきた。 何かに夢中になっている人間は美しい。 また、同じくライバルだった端午、彼も尾花たちと同じく純粋に料理に対して情熱を持っているが江藤たちの策略の犠牲になってしまったがこのままフェードアウトしてしまうのも惜しい気もする。 総括 尾花は、パリの三ツ星レストランでシェフをしていましたが、ある日、官僚が集まる会議の食事会に出す食事の中にアレルギー食材が混入されて、尾花は人を殴ってしまい、レストランを追放されてしまいます。 それ以来、尾花は業界で働くことが出来ずに途方に暮れて今した。 そんな時に日本から早見倫子がレストランを受けにきます。 そこにいた尾花は面接に受かる秘訣を教えたにも関わらず、倫子は自分の得意料理を振舞い、面接に落ちてしまいます。 尾花に再会した倫子は、尾花の料理を食べさせろと迫り、作らせて食べるとあまりの美味しさに涙が出てしまいます。 尾花は、倫子の才能に気がつき、一緒に店をやらないかと誘いますが、倫子は信じられなかったのです。 そんな時にgaku に料理を食べに行った時に京野の存在に気づきます。 京野は尾花の借金を肩代わりしていたことを知ります。 倫子はその借金を江藤に返し、京野を引っ張ります。 そして、相沢、祥平も取り戻すことができましたが、肝心の店は、尾花がいることで店の評判が悪くなり、客足が延びなやみますが、尾花たちのアイディアで、困難を乗り越えます。 このチームプレーで三ツ星を狙うグランメゾンに勝利の女神が微笑んでほしいと思います。 美味しそうなフレンチにお腹がなってしまいます。 とてもアットホームで良かったです。 グランメゾン東京は、アレルギー事件を起こしたせいで、本場フランスの店が潰れ、日本でもう一度三つ星を目指そうとするドラマです。 これまでの、話の中で、元のお店の仲間が集まり、アレルギー事件が起きてしまった理由がかたられました。 アレルギーは、人によってはかなり深刻な問題になりえます。 その中で、翔平が犯した過ちというのは、客が不信感を抱くには十分だと思います。 例え、才能があろうと、それなりの罰は受けるべきであるとかんがえてしまいました。 ドラマの性質上、翔平は許されると思いますが、現実では厳しいのではないかなと思いました。 楽しみなのは、最終回で、リンダがなぜそこまで、そのアレルギー事件にこだわり、尾花達を許さないのかがわかることです。 自分の顔に泥を塗ったことに怒りを覚えているのはわかりますが、それ以上の理由があるような気がします。 たとえ、その理由がはっきりしなかったとしても、彼らが本当に三つ星を取れるのかは興味があります。 メンバーそれぞれに、抱えている問題があり家族とか、恋人とかそう言った問題の中で自分の気持ちの折り合いをつけながら、それでも料理に向き合う姿に感動しました。 個人的には相沢が奥さんと子供とまた一緒に暮らせるようになるのかが気になります。 今期のドラマで一番ハマったドラマです。 若い頃から木村拓哉さんのファンで色んな役を演じるのをドラマを見てきましたが久しぶりに当たり役という感じがしました。 周りの共演者の方々もそれぞれ役にピッタリでだからこそ主役の木村さんが更に引き立っている様にも思いました。 セリフのやりとりもとても自然でアドリブかな?と感じるシーンもありました。 鈴木京香さんの役柄が一番好きでした。 京香さんと木村さんの二人のシーンはとても素敵で癒されました。 尾花と倫子さんが信頼し合っているのが伝わってくる演技でした。 この二人がドラマの中で結ばれて欲しいなぁとも思いますが同僚として一生素晴らしい店をやって言って欲しいなぁとも思います笑料理のシーンもこのドラマでは素晴らしかったですね。 特に木村さんの手さばきは本物のシェフさながらでしたね。 いつも料理のシーンは画面に食いつき見てしまっています笑話のテンポが良くて毎回1時間がすぐに過ぎてしまいます。 今週で終わりなのは本当にグラメゾン東京というレストランがなくなってしまう様で寂しい気持ちです。

次の

グランメゾン東京|見逃し動画無料フル視聴~ドラマ配信はコチラ

グランメゾン東京 フル

グランメゾン東京『最終回』あらすじ ミシュランの審査が近づき「グランメゾン東京」の新メニュー開発は大詰めを迎えていた。 口論した末に、尾花は「スーシェフを辞める」と告げるのだった…。 突然の発言に動揺する中、倫子も魚料理を作り、美味しい方をメニューに加えようと提案する。 一方、丹後(尾上菊之助)がいなくなった「gaku」は、新しいシェフ・結月(馬場徹)の傍若無人な振る舞いで店はボロボロになっていた。 その矢先、ついにある事件が起きてしまう… そして、いよいよ運命のミシュランの審査が始まる。 果たして「グランゾン東京」は、三つ星を獲得する事はできるのか!? より引用 それでは、 グランメゾン東京『最終回』のネタバレへと進みます。 これから文字情報が続きます、動画は以下よりご覧いただけます。 ・前菜1つ ・魚料理 ・デザート デザート担当の萌絵はもう少し時間をほしいとのこと。 しかし、一番うまくいっていないのはマグロを使いたいといった尾花の魚料理でした。 倫子「ハッキリ言って、うまくいってないよね?」 マグロは諦めたほうが…という倫子、もう時間ないですよ!と心配する祥平。 全部の料理を尾花に見直してほしいものの、マグロに付きっきりで、他の料理は倫子たちに任せっきりになっていました。 すべての料理の完成度を上げたい倫子でしたが、マグロに集中したい尾花。 マグロの試作品開発に集中するため、祥平をスーシェフへ任命します。 エスコフィユが6年連続「二ツ星」だった理由は、 「審査員を圧倒する何かが足りなかったから。 」 「マグロ出せば、三ツ星の壁は必ず破れる」 と、話す尾花。 「間に合わなかったらどーするの?」 と、心配する倫子に、 「その時の為に、自分も魚料理スタンバイしとけばいいだろ?シェフなんだから。 」 と尾花。 すると倫子は 「分かった!やる。 「平古祥平がいる店には星がつかないようにしたんですよね?」 リンダは、イチフーディーとして 「グランメゾン東京には調査に入らなくていい。 」 と、伝えたようです。 マイケル富岡は、リンダがオーナーの命令どおりキチンと動くか少し疑っていたようで、その言葉を聞いて安心したようです。 新シェフの結月に、新しく入った武野がスーシェフに昇進。 柿谷は除け者にされ、丹後の備品やコックスーツを捨てろと言う武野。 どんな料理を作っても認めてくれず、傍若無人で荒くれ者の結月に、gakuのシェフたちは店をボイコット。 契約内容とは違うということで、結月と武野は勝手に店の売上金を退職金としてもらい、その場を去りました。 結月が勝手に開けていたワインを床に叩きつけようとする、江藤。 全部なくした時の気持ちは俺も知ってる。 パリで失敗したとき、誰もいなくなったガラ〜ンとした店にアナタが来てくれたことを今でも覚えている。 今度は俺が救ってやる。 実は捨てろと言われていた丹後の服や調理器具を、捨てずに隠していた柿谷。 「すいませんでした!もう一度、丹後さんとやらせてください!」 そう言うと、柿谷は丹後のコックスーツを手渡しました。 ミシュランの審査まで時間がありませんでしたが、できる限りのことをやると一致団結。 美優に、これからも付き合っていきたいと伝えた祥平でしたが、 「もう会わないほうがいいと思う。 」 「gakuより、グランメゾン東京の方が私には美味しかった。 」 「よかったね、最高のお店に入れて。 」 祥平は、美優にフラれていました。。 「絶対に三ツ星とって、もう一度、美優に認めてもらう。 」 祥平はスーシェフとして、三ツ星獲得に意気込んでいました。 ミシュラン審査開始まで、あと4日 萌絵が試作したデザート 「クレーム・ダンジュ」を試食するメンバー。 美味しいというスタッフたちに、尾花は甘くない?と指摘。 もっと厳しいジャッジをしてもらおうか? そして、萌絵と一緒に、試作品を 美優に 食べてもらうことに。 美優は一口食べ感激します。 料理ってのは、素材の質と料理人の腕と経験ですべてが決まる。 しかし、料理人のメンタルが微妙に味に影響してしまう。 美優さんが祥平の背中を教えてくれたら、その分、少しはアイツの料理も美味くなるかもしれない。 そしてこのスイーツも、もう少し優しい甘さになるかもしれない。 グランメゾン東京が、少しでも三ツ星に近づけるように美優さんの力を貸してくれることを願います。 味、見てくれてありがとう。 帰り際、美優は以前、萌絵のロッカーに画鋲を仕掛けたことを誤ります。 萌絵はすぐさま祥平へ連絡。 ミシュラン審査開始まで、あと3日 コース料理は、あと魚料理だけになっていました。 倫子は、 魚料理「ハタのロティ ノアゼットアンショア」を完成させました。 ・今まで最高!その感動を味わいたくて、フーディーたちは世界中を旅する。 ・でも少しずつハードルが上がっていって、いつの日か、何を食べても心が動かなくなってんだろ? ・自分のベストを超えられなくなってる。 ・もう一度、経験したくないか?あの興奮を。 ・美食を極めたリンダに人生最高のフルコースを出す。 リンダへ必死に直談判する尾花でしたが、突き放されてしまいます。 次々とコースメニューを堪能します。 目を閉じ、深く、深く味わいます。 そして、リ・ド・ヴォーのクスクスを食べたとき、リンダは尾花を見つめます。 徐々に、徐々に、リンダの表情がほぐれ、笑顔が出てきました。 デザート直前には、噛むたびに笑顔になっていたリンダ。 倫子が作ったハタの料理を食べるリンダは、手が止まりませんでした。 最後は、 萌絵のデザート「クレームダンジュ」 食べた瞬間、上を見上げたリンダは目から涙がこぼれました。 ・本物のフーディーはね、自分の舌に嘘をついたら終わりなの。 ・私はまたこの舞台に戻ってくる。 この舌を武器にね。 ・私の舌が正しかったことを、グランメゾン東京が証明してくれるハズよ。 マイコウ富岡に言い残し、リンダは去りました。 二つ星の審査まではクリアーしたことになります。 尾花が三ツ星の審査用に 「マグロの瞬間焼き」を完成させました。 相沢「尾花、スゴいの作ったね。 」 京野「これは、新しい料理の誕生だ。 」 祥平「今までにないマグロ料理です。 」 食べた全スタッフ問題なしで、決定しました。 クスクス料理に使う「和ゼリ」が、道路の渋滞で間に合わないと峯岸から連絡が入ります。 鬼奴鬼滅の刃好きすぎwwww かわいいwwww — 梅干しおいしい nW41TgixGcyRLCG 芹田が急いで買いにいくものの、いい食材はありませんでした。 そこへ現れたのは、丹後。 ちょうど、峯岸から仕入れた「和ゼリ」が余っていたようで届けてくれました。 どうやら、gakuが峯岸と取引できたのは、 「丹後のことは信頼できる」 と、助言した尾花の一言だったようです。 いくら倫子がオーナーとはいえ、下した判断に驚く一同。 尾花は「好きにしろ」と言い残し、グランメゾン東京を去りました。 一つ星、二つ星が発表されるも、まだ、gakuやグランメゾン東京は呼ばれていません。 「やっぱり、尾花のマグロ料理を出した方がよかったかも…」 と、ボヤく倫子。 相沢からは、尾花のマグロに負けないくらい美味しかったし、インパクトがあった。 それを誰よりも分かってるのは尾花ですよ。 と告げる、京野。 ・3年前、二つ星のプレッシャーに俺、負けたじゃん。 ・いつかこの店が星を持つようになったら、速水倫子も俺と同じプレッシャーに悩まされるわけよ。 ・そのとき、必要になってくるものって何だと思う。 「自分を信じる力」 それと、自分の料理で星を取ったっていう 「揺るぎない手応え」 そう考えると、尾花夏樹って邪魔なわけよ。 頼むな祥平。 店は京野がいれば大丈夫だけど、厨房の中には相棒みたいなのが必要だから。 すべては倫子に自信を持たせるため、最後は倫子の料理で三ツ星を取ってほしかったから。 なのでマグロに没頭し、他の料理は倫子に作らせていたのでした。 いよいよ三ツ星の発表 新しく三ツ星に掲載された店は1つだけ。 遅れて会場に到着した尾花は、こっそり裏で結果発表を待ちます。 そして壇上のスクリーンに映し出されたのは すべての飲食業界に関わるすべての人に敬意を評します。 この舞台に立たせてもらえていること、感謝いたいします。 ここに立つことを夢見て、ずっとやってきました。 でもダメでした。 理由はかんたんです。 努力が足りなかったからです。 それに気づかせてくれたのは、店の仲間たちです。 彼らは教えてくれました。 ・情熱を持って向き合うこと。 ・最後まで逃げないこと。 ・お客さまを一番に考えること。 ・そして、自分を信じること。 彼らが、私をこの場所に運んでくれました。 みんな、ありがとう! 私たちの仕事は料理を運んで、お客さまに喜んでいただく地道な仕事です。 だけど、 ・政治家のように、世の中を変える力を秘めています。 ・芸術家のように、感動を生み出すことだってできるし。 ・医者のように、人を救うことだってできる。 素晴らしい仕事だと思っています。 私はこの仕事が大好きです、誇りに思っています。 そして、今、1つの料理がメッセージとなって、世界中へ広がっていく。 そういう可能性があるんだってことを、今この場に立って、改めて感じています。 「料理には、人を動かす力がある。 」 それを教えてくれたのは、私が尊敬する1人の料理人です。 彼がいなければ、何も生まれていませんでした。 三ツ星の名に恥じないよう、正しく料理に向き合っていきます。 料理人という存在が、今まで以上に認められるように、東京から世界に発信続けます。 そして、私が尊敬する料理人「尾花夏樹」に負けないように、これからも精進し続けます。 今日は、本当にありがとうございました! スピーチを終え、壇上を降りようとしたとき尾花を見つけます。 あとを追いかける倫子。 「尾花さーん!」 抱き合う、倫子と尾花。 「あのハタのロティ。 あれ、死ぬほど、死ぬほど美味かった。 」 そして尾花は倫子の背中を押し、去っていきました。 その後 相沢は、パリへ戻りました。 そして祥平は美優とヨリを戻したのか、父の西堂と美優も一緒に、グランメゾン東京へ来ていました。 西堂「おい!三ツ星っていうのは、票が取れるのか?」 美優「松井さん!お詫び飯パート7!」 美優と萌絵はその後の関係も良好なようです。 師匠の潮卓が世界一周旅行をしてる間、店番を頼まれたようです。。 これからのことを2人で話す、倫子と尾花。 料理は無限の可能性がある。 東京にマグロがあるように、世界にはもっと面白い食材がある。 尾花「オレたちで、世界中の星かっさらうってのはどう?」 スペシャルかスピンオフ… 希望頂けるって事でよろしいですか!?よろしいですね!? — つるみ mieko4772 倫子「つまり、海外にグランメゾン東京の姉妹店を出すってこと?」 尾花「お金持ってる?」 倫子「貸さないよ!」 おわり Sponsored Search グランメゾン東京「最終回」感想 最後に、視聴者の皆さんの感想です。 ここの木村拓哉がめっちゃカッコよくて久しぶりに、おーー!キムタク。

次の