ヴァレンティナ サンパイオ。 日本人初のヴィクシーモデル!小椚ちはるのプロフィールや身長は?

ヴィクトリアズ・シークレットが初のトランスジェンダー・モデルを起用|ハーパーズ バザー(Harper's BAZAAR)公式

ヴァレンティナ サンパイオ

ブラジル出身のファッションモデル、。 彼女は1年ほどの間に、地元での活動を経て、昨年秋、サンパウロのファッションショーに出演し、ブラジル版ELLEの表紙も飾った。 今年3月には、当時20歳の彼女は、フランス版VOGUEの表紙にトランスジェンダー(性別越境者)のモデルとして初めて登場した。 「たくさんのことが猛スピードで起こりました。 だから、それぞれの出来事についてよく考える時間はまだ取れていません」。 サンパイオは5月、リオデジャネイロで行われた撮影の合間にメイクされながらこう語った。 「夢見ていたことが、想像以上のスケールで実現していきました。 どう言語化したら良いのかわからないのが、正直なところです」 ブラジルでは、が増えている。 ブラジルのトランスジェンダー女性の多くが直面している日常と、サンパイオの日常は異なっているだろう。 そうだとしても、ファッション界の中心地でヴァレンティナが成し遂げていることの意義は、LGBTコミュニティにとって大きい。 「ヴァレンティナの活躍は画期的であり、新しい時代の到来を示しています」。 こう話すのは米VOGUEのブラジル人記者、ホルヘ・グリムバーグだ。 グリムバーグは、トランスジェンダーのセレブ、ケイトリン・ジェンナーがVanity Fairの表紙を飾り「革命」を起こしたことに触れた。 「ヴァレンティナが今『美しい一人の女性』として脚光を浴びていることに大きな意義があると思ってます。 事実、彼女は美しい女性なのですから」 仏ヴォーグ編集長のエマニュエル・アルトは、サンパイオが表紙に登場したことについて、社説にこう綴っている。 「トランスジェンダーのモデルが表紙を飾っても、このような社説を書かずに済むようになったその時にようやく、私たちは勝利したと言えるだろう」 「トランスジェンダーをめぐる社会状況は、ここ何年かで劇的に変わってきました」と、サンパイオは語る。 「私が表紙に登場したのは、その一歩だと思います。 トランスジェンダーはVOGUEの表紙を飾れるのだと証明したのですから」 「ファッション業界は、多様性を推し進めていくためには良い場所です。 ファッション世界の美の基準は常に進化しています。 だから、他の場所よりも自由さがあると思います」 ブラジル北東部北東部セアラ州の町で生まれ育ったサンパイオ。 周囲の人たちは彼女をいつも女の子として扱っていた。 「皆、自然な形で接してくれました。 私はいつも女の子だったし、そうではないと感じたことはありません。 だから、自分のありのままの感覚を人々に伝えることができました」 モデルになりたいと思っていたが、夢としては大きすぎるとも感じていたサンパイオ。 撮影の機会があれば、いつでもモデルとしてカメラの前に立った。 テレビドラマのスターたちを真似たりもした。 モデルとしての最初の仕事は2014年だったが、クビになってしまった。 理由は、保守的なブランドにトランスジェンダーのモデルはふさわしくないというものだった。 「世の中は厳しいと感じました。 モデルとしてその場にいるのは間違っているような気にさせられました。 そんな状況から脱け出そうと思いました」 そしてサンパイオはリオデジャネイロへと発つ。 サンパウロファッションウィークで上映される独立系の映画に出演するためだ。 彼女のその後の活躍はこれまで記した通りだ。 サンパイオが切り開いた世界と、今のブラジルのLGBTコミュニティを取り巻く現状はかなり異なる。 ブラジルには世界最大のLGBTコミュニティがあるが、ブラジル教育省は先月、「ジェンダー・アイデンティティ」「性的指向」という言葉をカリキュラムから取り除くことを発表した。 リオデジャネイロの最古のLGBT権利団体Rainbow Groupの副会長、マルセル・エステヴェスによると、多くのトランスジェンダーの人たちが家を追い出され、ホームレスになり、学校を卒業できない状況に追い込まれている。 また、職場で差別された多くのトランスジェンダー女性はセックスワークをせざるを得なくなり、暴力被害に遭いやすくなっているという。 LGBT人権団体のTrans Networkによると、昨年1年の間にブラジルで殺害されたトランスジェンダーの数は。 Trans Networkが調査を始めた2008年には57人だったので、大幅に増えていることになる。 サンパイオの出身州では、トランス女性が暴力を振るわれて殺害される動画が、国中にショックを与えた。 「こういうニュースはなくならないといけません」とサンパイオ。 「トランスジェンダーであることは自然なことです。 ブラジルでは、ありのままの他人を受け入れる気持ちを育てる教育が必要です。 ブラジルは多様で、国土が広いのです。 様々な人がいるのです」 「トランスジェンダーの人々にはもっと多くのチャンスを得られるようになるべきです。 その人の性格や長所はジェンダーとは関係がありません。 トランスジェンダー女性には、最初から仕事の扉が閉ざされている場合があると感じます。 そんな状態だと、少ない機会がさらに減ってしまいます。 誰もが才能を秘めています。 そのことを再確認しなければいけません」.

次の

ヴィクシー初のトランスジェンダーモデル、業界への「前向きな想い」を明かす

ヴァレンティナ サンパイオ

【2月24日 AFP】ファッション誌「ヴォーグ()」フランス版の表紙にトランスジェンダー(性別越境者)モデルとして初めて起用されたブラジル出身のヴァレンティナ・サンパイオ()。 22歳の彼女は、昨年ファッション誌「エル()」ブラジル版11月号の表紙にも登場し、ブラジルでさまざまなオーディションを受けながらトップメゾンのランウェイに起用されることを目指している。 グリーンの瞳と茶色い髪の持ち主であるシャイなサンパイオは、秋冬コレクションが開催中のミラノ()でAFPの取材に答え、LGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー)コミュニティにおける模範的存在であることを「誇り」に思うと語った。 彼女の夢はイタリアを代表するジョルジオ・アルマーニ()のモデルを務めることだ。 ファッションと名声が、トランスジェンダーへの差別をなくすための闘いへとつながると、ベンチで日差しを浴びながら語る彼女の顔は輝いていた。 サンパイオは「ロレアル()」のアンバサダーになる4年前からブラジルでモデル活動を開始した。 待望の「ヴォーグ」の表紙に選ばれたことについて「ファッションは人々の偏見を覆す上でとても重要」と語る。 米国のいくつかのファッション雑誌はすでにトランスジェンダーモデルを起用しているが、フランスでは今回が初めてとなる。 「フアンはフアン、マリアはマリア、ヴァレンティナはヴァレンティナよ」と笑う。 「トランスジェンダー」は生まれたときの性別と性自認が異なる人たちの総称だ。 「トランスセクシュアル」は医療行為によって身体を永久的に変える、あるいは変えたいと望んでいる人たちを指す、より古い呼称だ。 サンパイオは、インスタグラム()で約3,5000人のフォロワーを持ち、昨年10月のサンパウロファッションウィークでは「アグア・デ・ココ()」や「ヴィトリノ カンポス()」のランウェイを歩き、人々をあっと驚かせた。 ブラジル北部のフォルタレザ()で建築を学んでいたが、ファッションを専攻するために中退した。 子どもの頃「自分は女の子だと感じていた」というサンパイオは、自身の性自認を尊重してくれた両親の育て方に感謝している。 「私は北東部セアラ()州に生まれ、その小さな環境ではみんなお互いを尊敬しあっていたので、守られていると感じられた」 モデル活動を始めた当初は、トランスジェンダーを理由にブランドの広告キャンペーンに断られるなど、不愉快な出来事もいくつかあった。 モデルとして「働くのをやめようと思ったほど、すごく嫌だった」が「この仕事が好きだから、それは辞める理由にならないと最終的に気づいた」と言う。 サンパイオは、トランスジェンダー への偏見や暴力へ立ち向かうブラジル人モデルグループの一員だ。 「私がアドバイスできることは、自分自身を信じて、困難にくじけないこと」。 フランス版「ヴォーグ」は3月号表紙でゴールドのドレスを着たサンパイオを取り上げ、「ポスト・ジェンダーの世界で進んでいる大義の魅惑的な旗振り役」と称している。

次の

「いつも女の子だった」 VOGUEの表紙を飾ったトランスジェンダーのモデル

ヴァレンティナ サンパイオ

First transgender to shoot with Vs! This make me so happy! 一部の活動家たちは、トランスジェンダーの人々や他の性的少数者は、異性愛者と平等の権利を持つと主張。 また、他の人たちは、たとえばスポーツでは、トランスジェンダーと女性の能力は一様ではないと強調する。 以前には、での成功について語ったトランスジェンダーの女性選手が世間で反響を呼んだことがあった。 以前「スプートニク」は、日本でトランスジェンダーの性別適合手術(去勢手術)が違法だと主張する臼井たかきーとさんから話を聞いたことがある。 は、これまでの人生で直面せざるを得なかったさまざまな問題について、自分の経験を語ってくれた。 ソーシャルネットワーク上のユーザーアカウントを通じてスプートニクのサイトでユーザー登録および認証を受けたという事実は、本規約に同意したことを意味する。 ユーザーは自らの振舞が国内法および国際法に違反しないようにしなければならない。 ユーザーは議論の他の参加者、また読者や、当該記事の題材となっている人物に対し尊敬をもって発言しなければならない。 サイト運営者は記事の基本的内容に用いられている言語とは異なる言語でなされたコメントを削除できる。 sputniknews. comの全言語バージョンで、ユーザーが行ったコメントの編集が行われる可能性がある。 以下に該当するユーザーのコメントは削除される。 記事のテーマにそぐわないもの• 憎悪を煽り立て、人種・民族・性・信教・社会的差別を助長し、少数者の権利を迫害するもの• 未成年の権利を侵害し、倫理的損害等、何らかの形態の損害を未成年に与えるもの• 過激主義、テロリズムを内容に含み、または、何らかの非合法活動を教唆するもの• 他のユーザー、個人ないし法人に対する中傷や脅迫を含み、その名誉や尊厳を傷つけ、または社会的評判を貶めるもの• スプートニクを中傷し、または貶める発言• プライバシーや通信の秘密を侵し、第三者の個人情報をその人の許可なく拡散させるもの• 動物への虐待・暴力シーンを描写し、またはそうしたページへのリンクを張ること• 自殺の方法に関する情報を含み、または自殺を教唆するもの• 商業的目的を持った発言、適切でない広告、違法な政治的宣伝または、そうした情報を含む別のサイトへのリンクを含むもの• 第三者の商品またはサービスを、しかるべき許可なしに宣伝するもの• 侮辱的ないし冒涜的表現およびその派生的表現、またはそれら表現を匂わせる字句の使用• スパムを含み、スパムの拡散やメッセージの大量配信サービスおよびインターネットビジネスのための素材を宣伝するもの• 麻薬・向精神薬の使用を宣伝し、その作成法や使用法に関する情報を含むもの• ウィルスなど有害ソフトウェアへのリンクを含むもの• そのコメントが、同一または類似の内容を持つ大量のコメントを投下する行動の一環をなす場合(フラッシュモブ)• 内容の稀薄な、または意味の把握が困難ないし不可能なメッセージを大量に投稿した場合(フラッド)• インターネット上のエチケットを乱し、攻撃的、侮辱的、冒涜的振舞を見せた場合(トローリング)• テキストの全体または大部分が大文字で又は空白無しで書かれるなど、言語に対する尊敬を欠く場合 サイト運営者は、ユーザーがコメントの規則に違反した場合、または、ユーザーの振舞の中に違反の兆候が発見された場合に、事前の通告なしに、ユーザーのページへのアクセスをブロックし、又は、そのアカウントを削除する。 ユーザーは、にメールを送り、自分のアカウントの復元、アクセス禁止の解除を申請することが出来る。 手紙には次のことが示されていなければならない。 件名は、「アカウントの復元/アクセス禁止解除」• ユーザーID• 上記規則への違反と認められ、アクセス禁止措置が取られる理由となった行動に対する説明 モデレーターがアカウントの復元とアクセス禁止の解除が妥当であると判断した場合には、アカウントは復元され、アクセス禁止は解除される。 再度の規則違反があり、再度のアクセス禁止が行われた場合には、アカウントは復元されず、アクセス禁止は全面的なものとなる。 モデレーター・チームと連絡を取りたい場合は、電子メールアドレスまで。

次の