やすし。 金子やすしオフィシャルサイト 熊本

金子やすしオフィシャルサイト 熊本

やすし

世界の国々のアイデアの結晶である国旗。 そのデザインを楽しむ、ロングセラー作品です。 出版当初から多くの驚きの声があがったのは、このレイアウト。 1ページに1つずつ、とにかく大きく国旗を載せています。 他にあるのは国名と首都、位置を示す世界地図のみ。 このシンプルを極めたレイアウトだからこそ、国旗デザインそのものの魅力が余すところなく伝わります。 誰もが知る国から、ちょっと聞き慣れない国まで48の国の国旗が載っていますが、 それぞれのデザインに新鮮な驚きを感じます。 巻末では世界中の国旗が大集合! 色とりどりの国旗がズラリと並んだ楽しさは、また格別です。 国旗のデザインにはそれぞれの国の歴史や文化が詰まっています。 それらを知り、楽しむことは、それぞれの国の文化の違いを知る。 そして世界への好奇心を育むことそのものです。 国旗デザインを世界を知る窓口として、存分に楽しめる人気作です。 戸田やすし 戸田靖 1962 年- 有限会社戸田デザイン研究室 代表取締役。 知育絵本作家・とだこうしろうの次男。 書籍の編集・デザイン、木工品などの制作はもちろん、 展示会などの空間デザインからフェアパネル・POPまで、 戸田デザイン研究室の制作物すべてを手がける。 大胆な編集が話題を呼んだ『完全版・国旗のえほん』、 木工職人と作った『あいうえおつみき』など、 子どもや出版のジャンルを超えたユニークなモノ作りを行なっている。 戸田やすし 戸田靖 1962 年- 有限会社戸田デザイン研究室 代表取締役。 知育絵本作家・とだこうしろうの次男。 書籍の編集・デザイン、木工品などの制作はもちろん、 展示会などの空間デザインからフェアパネル・POPまで、 戸田デザイン研究室の制作物すべてを手がける。 大胆な編集が話題を呼んだ『完全版・国旗のえほん』、 木工職人と作った『あいうえおつみき』など、 子どもや出版のジャンルを超えたユニークなモノ作りを行なっている。 【目的】 ・2歳の子供が感覚的に馴染める様に 【良い点】 ・カタカナで国名がアイウエオ順に書かれている為、見やすい。 ・国旗のパズルと兼用し、同じ国旗を探して喜んでいた。 ・テレビで国旗が出ると多少反応を示した。 《追記:購入から9ヶ月》 ・毎日繰り返し遊びながら読んでいたらルビを自分から読み始めた。 今46ヵ国国名を目隠ししてわかる様になった 2歳9ヶ月 《追記2:購入から15カ月》 ・192か国ほぼ覚えたと思います。 親が追い付けません。 某テレビ番組とかで国旗が出た瞬間にわかるくらいなりました。 【悪い点】 ・主要国が1枚1枚あるけど、載せられない国は後半1枚に20ヵ国まとめられている。 ・国旗のみなので、注目して遊ばせるのに工夫が必要。 最初は3分で飽きた。 《追記:購入から6ヶ月》 ・未だに最初の10ページで集中力が切れる。 3歳の子供のために購入。 自分が6歳の頃、世界中の国旗が楽しくて面白くて大好きになったきっかけがこの本でした。 まさか同じものとは思わず、当時を思い出して似ている印象のため購入しました。 内容はシンプルに国旗と国の位置のみを記しています。 あいうえお順でアメリカの星条旗から始まります。 掲載数に限りがあるため、100カ国ほどまとめての掲載となっておりますが、はじめて国旗を目にする子供にはあまり問題ありません。 30年前と変わらず、1ページに1つの国旗でとても見やすくキレイでとにかく大人が気に入ってしまいました。 ビニールのハードカバーが付いていて、素晴らしいです。 親子で楽しめ覚えられる「こっきのえほん」だと思います。

次の

国旗のえほん: アイウエオ順

やすし

世界の国々のアイデアの結晶である国旗。 そのデザインを楽しむ、ロングセラー作品です。 出版当初から多くの驚きの声があがったのは、このレイアウト。 1ページに1つずつ、とにかく大きく国旗を載せています。 他にあるのは国名と首都、位置を示す世界地図のみ。 このシンプルを極めたレイアウトだからこそ、国旗デザインそのものの魅力が余すところなく伝わります。 誰もが知る国から、ちょっと聞き慣れない国まで48の国の国旗が載っていますが、 それぞれのデザインに新鮮な驚きを感じます。 巻末では世界中の国旗が大集合! 色とりどりの国旗がズラリと並んだ楽しさは、また格別です。 国旗のデザインにはそれぞれの国の歴史や文化が詰まっています。 それらを知り、楽しむことは、それぞれの国の文化の違いを知る。 そして世界への好奇心を育むことそのものです。 国旗デザインを世界を知る窓口として、存分に楽しめる人気作です。 戸田やすし 戸田靖 1962 年- 有限会社戸田デザイン研究室 代表取締役。 知育絵本作家・とだこうしろうの次男。 書籍の編集・デザイン、木工品などの制作はもちろん、 展示会などの空間デザインからフェアパネル・POPまで、 戸田デザイン研究室の制作物すべてを手がける。 大胆な編集が話題を呼んだ『完全版・国旗のえほん』、 木工職人と作った『あいうえおつみき』など、 子どもや出版のジャンルを超えたユニークなモノ作りを行なっている。 戸田やすし 戸田靖 1962 年- 有限会社戸田デザイン研究室 代表取締役。 知育絵本作家・とだこうしろうの次男。 書籍の編集・デザイン、木工品などの制作はもちろん、 展示会などの空間デザインからフェアパネル・POPまで、 戸田デザイン研究室の制作物すべてを手がける。 大胆な編集が話題を呼んだ『完全版・国旗のえほん』、 木工職人と作った『あいうえおつみき』など、 子どもや出版のジャンルを超えたユニークなモノ作りを行なっている。 【目的】 ・2歳の子供が感覚的に馴染める様に 【良い点】 ・カタカナで国名がアイウエオ順に書かれている為、見やすい。 ・国旗のパズルと兼用し、同じ国旗を探して喜んでいた。 ・テレビで国旗が出ると多少反応を示した。 《追記:購入から9ヶ月》 ・毎日繰り返し遊びながら読んでいたらルビを自分から読み始めた。 今46ヵ国国名を目隠ししてわかる様になった 2歳9ヶ月 《追記2:購入から15カ月》 ・192か国ほぼ覚えたと思います。 親が追い付けません。 某テレビ番組とかで国旗が出た瞬間にわかるくらいなりました。 【悪い点】 ・主要国が1枚1枚あるけど、載せられない国は後半1枚に20ヵ国まとめられている。 ・国旗のみなので、注目して遊ばせるのに工夫が必要。 最初は3分で飽きた。 《追記:購入から6ヶ月》 ・未だに最初の10ページで集中力が切れる。 3歳の子供のために購入。 自分が6歳の頃、世界中の国旗が楽しくて面白くて大好きになったきっかけがこの本でした。 まさか同じものとは思わず、当時を思い出して似ている印象のため購入しました。 内容はシンプルに国旗と国の位置のみを記しています。 あいうえお順でアメリカの星条旗から始まります。 掲載数に限りがあるため、100カ国ほどまとめての掲載となっておりますが、はじめて国旗を目にする子供にはあまり問題ありません。 30年前と変わらず、1ページに1つの国旗でとても見やすくキレイでとにかく大人が気に入ってしまいました。 ビニールのハードカバーが付いていて、素晴らしいです。 親子で楽しめ覚えられる「こっきのえほん」だと思います。

次の

国旗のえほん: アイウエオ順

やすし

世界の国々のアイデアの結晶である国旗。 そのデザインを楽しむ、ロングセラー作品です。 出版当初から多くの驚きの声があがったのは、このレイアウト。 1ページに1つずつ、とにかく大きく国旗を載せています。 他にあるのは国名と首都、位置を示す世界地図のみ。 このシンプルを極めたレイアウトだからこそ、国旗デザインそのものの魅力が余すところなく伝わります。 誰もが知る国から、ちょっと聞き慣れない国まで48の国の国旗が載っていますが、 それぞれのデザインに新鮮な驚きを感じます。 巻末では世界中の国旗が大集合! 色とりどりの国旗がズラリと並んだ楽しさは、また格別です。 国旗のデザインにはそれぞれの国の歴史や文化が詰まっています。 それらを知り、楽しむことは、それぞれの国の文化の違いを知る。 そして世界への好奇心を育むことそのものです。 国旗デザインを世界を知る窓口として、存分に楽しめる人気作です。 戸田やすし 戸田靖 1962 年- 有限会社戸田デザイン研究室 代表取締役。 知育絵本作家・とだこうしろうの次男。 書籍の編集・デザイン、木工品などの制作はもちろん、 展示会などの空間デザインからフェアパネル・POPまで、 戸田デザイン研究室の制作物すべてを手がける。 大胆な編集が話題を呼んだ『完全版・国旗のえほん』、 木工職人と作った『あいうえおつみき』など、 子どもや出版のジャンルを超えたユニークなモノ作りを行なっている。 戸田やすし 戸田靖 1962 年- 有限会社戸田デザイン研究室 代表取締役。 知育絵本作家・とだこうしろうの次男。 書籍の編集・デザイン、木工品などの制作はもちろん、 展示会などの空間デザインからフェアパネル・POPまで、 戸田デザイン研究室の制作物すべてを手がける。 大胆な編集が話題を呼んだ『完全版・国旗のえほん』、 木工職人と作った『あいうえおつみき』など、 子どもや出版のジャンルを超えたユニークなモノ作りを行なっている。 【目的】 ・2歳の子供が感覚的に馴染める様に 【良い点】 ・カタカナで国名がアイウエオ順に書かれている為、見やすい。 ・国旗のパズルと兼用し、同じ国旗を探して喜んでいた。 ・テレビで国旗が出ると多少反応を示した。 《追記:購入から9ヶ月》 ・毎日繰り返し遊びながら読んでいたらルビを自分から読み始めた。 今46ヵ国国名を目隠ししてわかる様になった 2歳9ヶ月 《追記2:購入から15カ月》 ・192か国ほぼ覚えたと思います。 親が追い付けません。 某テレビ番組とかで国旗が出た瞬間にわかるくらいなりました。 【悪い点】 ・主要国が1枚1枚あるけど、載せられない国は後半1枚に20ヵ国まとめられている。 ・国旗のみなので、注目して遊ばせるのに工夫が必要。 最初は3分で飽きた。 《追記:購入から6ヶ月》 ・未だに最初の10ページで集中力が切れる。 3歳の子供のために購入。 自分が6歳の頃、世界中の国旗が楽しくて面白くて大好きになったきっかけがこの本でした。 まさか同じものとは思わず、当時を思い出して似ている印象のため購入しました。 内容はシンプルに国旗と国の位置のみを記しています。 あいうえお順でアメリカの星条旗から始まります。 掲載数に限りがあるため、100カ国ほどまとめての掲載となっておりますが、はじめて国旗を目にする子供にはあまり問題ありません。 30年前と変わらず、1ページに1つの国旗でとても見やすくキレイでとにかく大人が気に入ってしまいました。 ビニールのハードカバーが付いていて、素晴らしいです。 親子で楽しめ覚えられる「こっきのえほん」だと思います。

次の