ユッキーナ 恫喝。 ユッキーナが干されて芸能界引退!youtuberへ転身?恫喝事件のまとめ!

フジモンとユッキーナの離婚を予言!有吉やゲッダーズ飯田の発言まとめ

ユッキーナ 恫喝

木下優樹菜のタピオカ恫喝事件まとめ ・2019年7月頃、姉の木下さやかがタピオカドリンク店で働き始める ・木下優樹菜が、姉のさやかがタピオカドリンク店をオープンしたとインスタグラムで告知(実際は、姉は一従業員にすぎない) ・店にはフジモン、木下優樹菜のファンが殺到し繁盛したが、店長としては想定していた客層と違うなど困惑。 また店の備品が紛失していることを姉の木下さやかに心当たりはないか聞いた。 ・姉のさやかは、『窃盗の犯人扱いされたこと』また『給料が渡されず、給与明細も貰っていない』ことを木下優樹菜に相談。 ・木下優樹菜は、インスタグラムで50代店長を非難、ファンもタピオカドリンク店のコメント欄に中傷コメントで荒らす ・タピオカドリンク店の店長が事の経緯を説明し、木下優樹菜から送られてきたDMを公開。 ・DMの内容があまりにも幼稚なため、木下優樹菜が非難を受ける(ブーメラン) 事件の発端となったのは、木下優樹菜さんが 『姉のさやかさんがタピオカ店のオーナーとしてオープンしたかのように』宣伝していたことです。 実際は、 木下優樹菜さんの姉であるさやかさんは一従業員であり、50代の女性オーナーの100%出資によってタピオカドリンク店は開業されました。 ところが、木下優樹菜の姉である『さやかさん』は、 「そもそも、一緒に経営をするというような誘い方をされた」と話しており、店舗オープン前に、妹の木下優樹菜さんに『友人とタピオカ屋をやる』と伝えてしまっていました。 このことが、姉のさやかさんがタピオカ店をオープンすると優樹菜さんが告知してしまった原因のようです。 ところが、一度は 木下優樹菜のお姉さんが経営するのタピオカ店と告知されてしまったがゆえに、木下優樹菜のファンが多く訪れ、週刊新潮が取材にも来るようになりました。 この週刊誌の取材や、木下優樹菜さんの名前で告知されてしまったことに、オーナーである50代女性は、次のように語っていたようです。 『優樹菜ちゃん、軽はずみな行動を取ったね』 木下さやかさんは、そのことでオーナーとその母親に謝罪したそうですが、最終的には次のような回答で、一時は一件落着したようです。 『雑誌なんて載りたくても載れるものじゃないし、売れてナンボなんだから大丈夫だよ!』と言い、優樹菜の宣伝についても嫌がっている様子はまったくなかった。 引用:週刊文春 しかし、またオーナーと木下さやかさんの間で意見の食い違いが起こります。 2019年8月30日、木下さやかさんは、オーナーから『今月、ほとんど私1人でやるのキツかったから、来月からは日数多めに出勤して欲しい』と言われたそうです。 このとき、木下さやかさんは オーナーから『共同経営なんだから、負担も半分にしなきゃ』と言われたそうです。 実は、2019年7月31日に木下さやかさんは『時給1000円』で、子育てもあるので『17時までしか働けない』『人が足りない時のパートとして働く』ことを事前協議していたそうです。 ここでまた【共同経営なのかどうか】という点で意見の食い違いが起こりました。 2019年9月2日に、木下さやかさんは夫も同席の上で、店舗オーナーと話し合いをし、結果的に退職することになったそうです。 ところが、「あいまいなまま」木下さやかさんは、2019年9月3日にも出勤したそうです。 2019年9月14日、木下さやかさんはオーナーに店の合鍵を返した際に、9月3日に 『8月分の給料をいつでもいいので取りに来て下さい』と連絡を受けていたこともあったので、給料が入っていないことを伝えました。 すると、オーナーからは 『今日、渡すって言っていないよね?』と言われ、木下さんが『もういりません』と伝えると、後日振り込みますという連絡が入ったそうです。 そのときのやりとりのスクショがこちらです。 このLINEでのやりとりを見ていると、お互いに言葉足らずの部分があり、信頼関係は破綻してるんだろうと見て取れます。 こんな適格な指摘もありました。 まず疑問に思ったら電話するなりするべき。 文でやりあうから、こんなすれ違いがおきる。 店長も店長で、警察にみんなに聞いてと言われたから一応形だけで聞くけど、知らない?とか。 本当にお互い一言足りないから、こうなると思う。 そして、給料の話も振込したから、明細書は取りに来てくれないか。 と言うべき。 全てが全て、ゆきな家族に非があるんけでもない。 冷静に考えて、自分もいきなり店長から聞かれたら、疑ってるの?て思いたくなる。 しかし、このように大人なら、冷静にお互いに否があるを諭すべきですが、姉のサヤカさんから聞いた話をすべて鵜呑みにしてしまった、 木下優樹菜さんは、感情的になり暴挙にでます。 その1つが、木下優樹菜さんがインスタグラムで、木下さやかが被害者であることを拡散したコメントです。 このコメントにより、ファンがタピオカ店のコメント欄を荒らすことになりました。 そして、木下優樹菜さんの暴挙の2つ目は、今回の問題となっている 『タピオカ店の店長に送ったとされるDM』です。 DMの内容が、『脅し(恫喝)』とも取れる内容であり、芸能人としてイチ母親として人格を疑わざるを得ない内容であると世間が疑問を抱く結果となりました。 木下優樹菜さんのやり方は幼稚であり、影響力があるからこそ、非難されて当然かも知れません。 正直、 思春期の中学生レベルの発言内容で驚きましたし、ショックでした。 しかし、タピオカ店がオープンして間もない頃から繁盛できたのは、『木下優樹菜』の紹介があったからなのは間違いありません。 だからこそ、木下優樹菜さんの立場に立つと、自分の影響力を使って応援してきたのに、自分の姉が不当な扱いを受けたと聞いて、怒る気持ちも分かります。 店舗オーナーは、『宣伝して』と頼んでいない!全て勝手にやったことだと主張しています。 もちろん、木下優樹菜さんが行った行為(DMとインスタでの営業妨害)は、決して許されることではないです。 しかし、『インスタグラムで勝手に宣伝されて、勝手にオーナーぶられて、勝手に荒らされた!』と被害者ぶるのは簡単ですが、それは『虫が良すぎる』というか『ちょっとズルいな』と感じました。 従業員ときちんとコミュニケーションを取れずに起こった事態を、すべて一方的に木下優樹菜さん姉妹が悪かったとするのは、少しずれてる気がするのです。 もともとは、 店舗オーナーと木下さやかさんは、ママ友だったようで、木下さんが家庭内のストレスなどから精神的に疲弊していた様子を見て、少しでも気晴らしになればと『タピオカ屋オープンするから一緒に働く?』と声をかけたそうです。 なので、 店舗オーナーさんは非常に心優しい方だと思います。 その優しさが『一緒にやろう=共同経営』と錯覚させてしまったのかと思います。 青山テルマさんも開店時にはお花を送ってくれた 木下優樹菜さんがそもそも『一般人の姉の店』を芸能人パワーを使って宣伝したことが間違いの始まりかもしれませんね。 結果的には、余計なことに首を突っ込んだせいで、本性を世間に晒すことになり、芸能人としての評判を下げることにつながってしまったのですから。 木下優樹菜のタピオカ騒動で口止め要求してた!? 木下優樹菜さんがタピオカ店経営者に送った『恐喝DM』が公になった直後に、『口止め』もしていたことが明らかになり、話題になっています。 そのDM内容と言われているのが、こちらです。 恐喝DMを送った人の言葉遣いとは到底思えないのですが、事務所の人が文章を作ってくれたのでしょうか? 木下優樹菜(ユッキーナ)姉のタピオカ店の場所はどこ? 木下優樹菜さんの姉が勤めており、今回話題となったタピオカ店はどこにあるのでしょうか? タピオカ店の住所は、小岩駅から徒歩10分くらいですね!• 住所:〒133-0057 東京都江戸川区西小岩3丁目27-16-103• 営業時間:10:00〜19:00(日曜定休)• アクセス:JR小岩駅から約800m ちなみに、タピオカドリンク自体は評判が良いようですね。 さらに、持ち帰られるように『ジップ付きの容器』で販売していることは、かなり好感が持てます。 氷入りの容器だと、その場で飲みきらきゃいけないし、お土産として持って変えるのは難しいですからね! 最近は、タピオカゴミが問題にもなっていましたが、ジップ付き容器だとゴミの量も少ないし、邪魔でその辺にポイ捨てする人も減るかもしれません。 木下優樹菜さんの影響力なしで、これから気温が下がって寒くなる季節に、どこまでお店を経営していけるか? これからようやく実力を発揮できるとも言えますね。 まとめ:木下優樹菜(ユッキーナ)タピオカ恫喝事件まとめ!姉の店の場所はどこ? 今回は、木下優樹菜さんの姉が働いていたタピオカ店と、恫喝事件についてまとめてご紹介しました。 2019年12月31日には、木下優樹菜さんと夫のフジモンさんが離婚したことが報道されました。 このタピオカ騒動だけが原因とは言えませんが、大きなキッカケになった可能性はありますよね。 そのため『タピオカ離婚』だなんて名前もつけられてしまったようです。 ちょうど年の節目に離婚という形になりましたが、2020年は関係者・当事者がより活躍できる1年になることを願っています。 今日、初めてこの出来事を知りました。 昨今、あらためて書面化の重要性を感じる一件ですね。 共同経営かどうか、そもそもここが一番のポイント。 このページ記事しか見てませんが「あいまいなまま」のさやかさんの理解と感じます。 共同「経営者」ってなると一般人では人生の転機ともなりえますよね。 経営に携わるのと一従業員とでは雲泥の差ですから。 公的文書の交わしはなかったように思われるので 「共同経営」と言ったからにはその言葉内容の意味を オーナー側はさやかさんが明確に理解できるよう伝えないといけません。 さやかさん側にもこの部分をアドバイスする人間はいなかったのでしょうか。 すべてオープン前にやるべきことだったと考えます。 後々の泥沼劇への感想はここのサイト主と同意見です。

次の

フジモンとユッキーナの離婚を予言!有吉やゲッダーズ飯田の発言まとめ

ユッキーナ 恫喝

木下優樹菜さんのプロフィールはこちら!!! 恫喝事件のまとめ! 元ヤンタレントとして、歯に衣着せぬ発言が注目されている ユッキーナこと 木下優樹菜さんですが、まず気になる 「恫喝事件」の話題についてズバっと切り込んでいこうと思います! 二児の母としても、人気のある ユッキーナが 恫喝とあって世間でも大騒ぎとなっていますね。 恫喝事件というのも、 ユッキーナがインスタのDMで 姉のさやかさんが働いていたタピオカ店に当てたものなんだとか・・・! ユッキーナが送ったDMの内容がコチラ!!! これは、 完全にアウト〜!ですね。 姉の事までに 事務所が総出になって潰しにくるってどんな事務所?と思ってしまいます。 しかも、このご時世に証拠に残る インスタのDMでこのような脅しをしているのは、ちょっと 稚拙な気がしますね。 さやかさんは、子育てをしていて、 出勤出来ない日が続いた上に、オーナーとの 意見の相違で結局は タピオカ店を辞める事になったそうですよ。 そして ユッキーナに さやかさんが、窃盗の犯人扱いを受け、給料が支払われていない事を相談した結果、 ユッキーナがオーナーに インスタで恫喝する事態に発展したそうです。 恫喝騒ぎの後、 ユッキーナは、自身のインスタで 謝罪コメントを出しました。 A post shared by yuuukiiinaaa on Oct 9, 2019 at 4:50am PDT ですが、 ユッキーナファンによる 嫌がらせやイタズラなどが多くあったんだかとか・・・。 タピオカ店のオーナーは 法的措置も検討しているそうなので、まだまだ事態は長引きそうですよね。 干されて芸能界引退!? タピオカ事件後、世間から 猛バッシングを受けている ユッキーナですが、続いて気になる 「干されて芸能界引退」との話題にズバっと切り込んで切り込んでいこうと思います! 恫喝メール事件後、 ユッキーナは、このまま芸能界から 干されて引退するかも?と噂が流れているようですね。 確かに、今回の事での イメージダウンは計り知れません・・・。 夫婦で共演していたCMは ホームページから削除され、予定されていた 学園祭のイベントは中止になってしまいました。 また、夫の フジモンの仕事にも影響していて、Abema TVでのフジモン冠番組である 『フジモンが芸能界から干される前にやりたい10のこと』は、 放送が中止され Video一覧からも削除されていました・・・。 そして、マメに更新されていた ユッキーナのインスタも謝罪文以降は、 更新されておらず事実上、 芸能活動休止状態になっているようですね。 何事も無かったかのように、テレビに出るのは 厳しい状況みたいですし、もしかしたら、静観して様子を見ているのかもしれませんが、世間の反応からみると、 干されて芸能界を引退する可能性も無きにしもあらずといった状況ですよね。 ご意見や感想がありましたら下記のコメント欄からどしどしおよせください!!.

次の

ユッキーナ活動休止 タピオカ店“恫喝騒動”を謝罪「自分自身の発言を見直し…」 (1/2ページ)

ユッキーナ 恫喝

木下は恫喝騒動で現在芸能活動を休止中。 その間も不倫疑惑が浮上するわ、フジモンと離婚するわとゴタゴタ続きだ。 ようやく静寂を取り戻したかに見えるが、安心するのはまだ早い。 フライデーによると、藤本と木下は昨年大みそかに離婚を発表後、都内の高級マンションを引き払い、現在は同じ都心のタワーマンションに移り住んでいるという。 ただ2人は同居しておらず、借りているのはそれぞれ別の部屋。 同誌の直撃に藤本は、子供の学校など送り迎えをする必要から、このような形を取っていると説明し、イメージ悪化を避けるための偽装離婚ではないことを強調している。 お笑い関係者の話。 「2人が離婚したのは、子供の進学先に対する考え方とか、生活スタイルの違いがだんだんストレスになっていったから。 一時期はかなり激しい夫婦喧嘩もあったようです。 結果的に離婚に至りましたが、子供を大事にしたい思いは一致しているので、距離を取った関係を続けているんです。 『フライデー』に友達のような関係だと言っていますが、ウソではないでしょう」 木下といえば、昨年10月に発覚した恫喝騒動が記憶に新しい。 「出方次第でこっちも事務所総出でやりますね」などと、恫喝めいたダイレクトメッセージ(DM)を送りつけたのだ。 芸能プロ関係者は「『テレビに出ている良いイメージの裏の顔がこれかよ!』と世間は裏切られてしまったんです。 ユッキーナはママタレとして好感度が高かった分、反動はすさまじい。 その後、真偽不明ですが、サッカー元日本代表・乾貴士との不倫疑惑まで取りざたされてしまった。 乾は否定しましたが、予想外の展開になりました」 だが、そんな騒動の裏側でA店の被害が大きかったことは、あまり報じられていない。 A店関係者は見ず知らずの人から写真を撮られ、嫌がらせのメールも届くなど、営業を一時やめざるを得なくなったのだ。 「さらにユッキーナから謝罪のDMが届いたものの、第三者に口外しないよう口止めを求める条件まであり、『これが謝る態度なんでしょうか?』と不信感は募る一方。 そこで法的措置も検討するようになったのです」(前出芸能プロ関係者) では、その後どうなったのか? 本紙が取材を進めると、A店は訴訟をあきらめていなかったことが分かった。 テレビ関係者がこう証言する。 「A店の関係者は、すでに代理人弁護士を立て、実は年末年始にも訴える予定でした。 ところが、年末にユッキーナが離婚したので様子を見ていたようです。 そしたら、折からのコロナ禍で裁判所が止まってしまったらしい。 でも、緊急事態宣言も解除されたし、いよいよ動きだすようですよ。 裁判所から通知がタワーマンションにいくはずです」 木下は昨年10月ごろ、A店を訪れ関係者に直接謝罪を試みている。 ところが関係者は不在で、謝罪は果たされていない。 「姉のことを思ってやったこととはいえ、ユッキーナもさすがに軽率だったと反省している。 直接謝罪できないと、やはりテレビに復帰することは難しい。 騒動が勃発して以降、バッシングがまったく収まらないことに頭を抱えていましたよ」とは芸能関係者。 結局、タピオカ店恫喝騒動は間もなく法廷バトルに移ることになる。

次の