シブ がき 隊 メンバー。 仮面の軍勢(ヴァイザード)メンバー一覧と各種データ

護廷十三隊の各隊別『隊長・副隊長・隊士』完全一覧

シブ がき 隊 メンバー

1982年5月に「NAI・NAI 16」で歌手デビュー。 」で紅白歌合戦に初めて出場後4年連続で選ばれますが、少年隊と入れ違いになる形で落選してしまいます。 その2年後の1988年11月2日をもってシブがき隊は解散。 活動期間は他のジャニーズグループと比べると短く7年余りでした。 その後3人はジャニーズ事務所を退所し、別々の事務所に所属し活躍しています。 シブがき隊の元メンバー・本木雅弘 薬丸裕英が解散の真相を明かす 薬丸裕英さんが2018年4月19日、フジテレビ系「直撃!シンソウ坂上」に出演し、シブがき隊の、解散についての真相を明かしました! MC・ 坂上 忍 (50)から理由を聞かれた薬丸は 「そもそも仲が悪かった」「あの2人(布川と本木)は仲が良くて、いびつなトライアングルだった」と内情を暴露し 「解散の原因はチェッカーズと吉川晃司」と話した。 人気とファンを持っていかれたにもかかわらず「誰とでも仲良くなれる2人は、ライバルと仲良くしていた。 それが信じられなかった」とメンバーに不信感を持ったという。 引用: それでも薬丸は 「俺は最後まで(解散せずに)ザ・ドリフターズみたいに、それぞれが仕事をしていても特番とかで シブがき隊として集まれればいいやと思っていた」と解散に否定的な立場だったと説明。 ただ「ある1人の人が『どうしても、そっちの方向に進みたいみたいな』と言って…」と、違う方向を目指すメンバーがいたとポツリ。 これに坂上が「モックンでしょ?」と突っこむと「そうです」と即答した。 引用: やはり、 薬丸さんと本木さんとの間に一波乱あったのは確かなようです。 デパートの屋 上でキャンペーンイベントを行った際も、「恐ろしい数の女の子が来たんですが 、 なんで自分みたいな若造にこんな熱狂するんだろうと一気に引いてしまった自分がいた」と明かす。 引用: 本木は「 実は解散が決まる前、私が早々に、業界そのものを辞めてパリでもどっかでも行って皿洗いでもなんでもいいからやって、ということをしたいから辞めてもいいかと二人に相談しました。 二人とも目が点になってましたけど」と告白。 引用: 本木雅弘さんからの突然の告白に布川敏和さんは了承。 薬丸裕英さんは納得がいかなかったようです。 「布川(敏和)さんは 『本木がそう言うならそれでいいよ』と言ってくれました。 薬丸(裕英)さんはグループを愛していたし続けたいという気持ちがあったんだと思います。 でも私が暴走したのでこういう結果になった」と振り返った。 引用: また、この番組では解散後にメンバーとは一切連絡を取りあっていないことも明かしています。 過去に2度「解散」についての話が出たそうで、1度目のときも、言い出したのは実は布川さんだったそうです。 アイドルグループ として活躍していたが、給料はすべて親に振り込まれており、仕事をしているというよりも、部活をしている感覚だった。 そのため 18歳になり、周囲が就職活動などを始めて、進路を決めている姿を見て、「俺も働かなきゃ」と思って解散の話を持ち出した。 周囲の大人から攻められたり、なだめられたりして、丸め込まれてしまったそうだ。 引用: そして 2度目の解散(本当の解散) の話しが出たのは、当時、光GENJIや少年隊がデビューしたころで、後輩の才能を脅威に感じ始めたようです。 少年隊は、バック転もできて、ダンスにかける思いも凄かったが、シブがき隊はバック転もできなかった。 それを 見て「俺ら終わったな」と感じ、 「このままシブがき隊として、おじいさんまでやっていけるのか? どうせなら人気のあるうちに解散しよう」 と、3人で話し合って決まったと明かした。 引用: それぞれの主張があるようですが 布川さんと本木さんは解散したがっていたようです。 「やっくん 薬丸裕英 とは、途中から仲が悪くなった」と言い、最初は3人とも仲が良かったが、徐々に薬丸とは不仲になっていき、本木は「B型の間にいるA型は辛いよ」と漏らしていたそうだ。 引用 : しかし、最近では薬丸裕英さんとの仲直りをしたようでLINEのやりとりもしているようです。 布川は、薬丸との仲に 「ヤッくんと仲が悪いわけじゃないんですよ。 性格が合わないんです。 でも、最近は仲直りというか、誕生日の日にはLINEでやり取りをする」と告白。 昨年のクリスマスイブには「お一人様ですか?」と薬丸から連絡をもらい、ホームパーティーに誘われたが、岩手県のロケ中で参加出来なかったと明かした。 モックン(本木雅弘)と僕は、六本木に遊びに出てたんですよ。 で、チェッカーズやら吉川晃司やらと一緒に遊んでたんです。 そしたらある日、ヤックンが来て『 本木、布川、何チェッカーズと吉川晃司と遊んでんだよ!どれだけシブガキ隊のファンをあいつらに持って行かれて…、何ライバルと遊んでんだよ!』ってマジで怒られたんです」 引用: 薬丸裕英さんは本木雅弘さんと布川敏和さんがライバルと遊ぶことを快く思わなくなったそうで、それが理由で不仲になったといわれています。 ちなみに、薬丸裕英さんに忠告された後も、布川敏和さんは遊ぶことを辞めなかったそうです。 「だって、向こうの方がシブガキ隊よりカッコイイんだからしょうがないでしょと。 毎日毎日、楽しけりゃいいじゃない、友達増やして、って感じで遊び続けた」といい、 「それから、仲悪いというか、性格が合わなかった」と話した。 引用: 薬丸裕英さんがまじめすぎたのかもしれませんが、このことがきっかけとなりメンバーの仲は悪化していったようです。 関連記事 ・ シブがき隊の不仲解散説にネットの反応は? ネット上でも不仲で解散した説が一番濃厚とする声が多く聞かれます。 シブがき隊のフッくんがヤッくんと性格が合わないって言うけれど、B型同士は合わないって言うのも少しは関係あるのかな。 しかし、それ以前にモッくんとフッくんの2人と不仲だっだのが解散の原因だったようです。 これはもう強烈に覚えてる。 だから絶対仲悪いと思ってた。 組み合わせがすごいと思ったのはそういう意味で。 人気は落ち目だったけど解隊の特番もあった。 仲悪いと言われてたけど最後のライブで泣いて抱き合った3人。 いい思い出。 何が本当か分からないけど仲違いで解散にはしないであげて。 1番悲しいよ。 シブがき隊1日だけ再結成してジャニーズのイベントに出演して欲しい。 — ドミノ【つくば】 dominoru シブがき隊の解散理由と3つの不仲説を総まとめすると… ・シブがき隊は1982年にデビュー。 その7年後の1988年11月をもって解散した。 ・シブがき隊の解散理由はメンバーの不仲が原因といわれており、ヤッくんが解散を懇願したと後に語っている。 ・シブがき隊のメンバーが不仲になった理由は、ヤッくんとモッくんのセンター争いや、当時のライバル歌手と仲良くする2人とそれをよく思わないヤッくんとの間に亀裂が生じてしまったことである。 今はそれぞれ別々の道を歩んでいるシブがき隊のメンバー。 フッくんをテレビで観ることは少ないですが、それぞれ大活躍しています。 また、あれほど不仲だったフッくんとヤッくんが仲直りしたことは意外でした。 いつかモッくんとも仲直りして3人で笑い話に出来る日がくるといいですね。

次の

シブがき隊の解散理由3つ!メンバーの不仲3つの原因も総まとめ

シブ がき 隊 メンバー

Sponsored Link 「シブがき隊」のメンバーはTBSによって選ばれていた 「シブがき隊」といえば、ジャニーズですが、 実は、もともと、 「シブがき隊」はTBSにより選ばれていたそうで、 もともと、1981年4月、TBSテレビドラマ、 「2年B組仙八先生」に生徒役で出演していた、 さん、薬丸裕英さん、さんは、 特に人気が高かったことから、 「仙八トリオ」 「悪ガキトリオ」などと呼ばれていたのですが、 「2年B組仙八先生」より。 (左から)本木雅弘さん、布川敏和さん、薬丸裕英さん。 同年夏に、女性向けファッション雑誌 「セブンティーン」 の一般公募で正式に 「シブがきトリオ」と命名されます。 」 10月 「ZIG ZAG セブンティーン」 1983年2月 「処女的衝撃! (ヴァージンショック)」 5月 「ZOKKON 命(LOVE)」 8月 「Hey! フジヤマ」 10月 「べらんめぇ! 伊達男(ダンディ)」 1985年1月 「男意ッ気(イッキ)」 4月 「DJ in My Life」 6月 「月光淑女! (ムーン・ビーナス)」 10月 「KILL」 1986年1月 「トラ! 」 と、立て続けにシングルをリリース。 ただ、それでいて、ルックスはリーゼントなどのツッパリ風ではなく、 アイドルのままだったことから、この絶妙なバランスが、 アイドルファン、ツッパリファンの両者に受け入れられ人気者に。 また、 「シブがき隊」は、アイドルでありながら、 バラエティ番組でのコントやフリートークのほか、 歌番組に出演した時のコメントなどでも、 卓越したお笑いのセンスを発揮。 こちらも、 「ヤンキー文化」同様に、当時の 「MANZAIブーム」に乗って、 「面白いことが言えるアイドル」として、 今でいう、バラドルのさきがけとなったのでした。 「すし食いねえ!」の誕生秘話 そして、1986年2月、 17枚目のシングル 「すし食いねえ!」をリリースすると、 寿司ネタの歌詞とラップ調のメロディからなる、 斬新な楽曲がウケ、大ヒット。 「すし食いねえ!」 実は、この曲には、 ちょっと変わった誕生秘話がありました。 というのは、1985年、 名古屋でのコンサートツアーの初日、 薬丸さんが諸事情で参加できず、 布川さんと本木さんのみ参加のコンサートとなったのですが、 二人だけでは曲間のトークが盛り上がらなかったそうで、 その夜、布川さんは、バックバンドのベーシストKUZUさんと2人で、 場を持たせるための曲を作ろうということになります。 そこで、布川さんは、その当時、 アメリカのヒップホップグループ 「Run-D. 」の影響で、 日本でもラップが知られはじめていた時期だっったことから、 ラップを作ることを提案。 そして、翌日のステージでこの歌を本木さんと二人で、 振りを付けて披露したところ、予想以上に大ウケ。 それで、薬丸さんの復帰後も、 ツアーのトーク時にはこの曲をやり続けていると、 それがプロデューサーの目にとまり、 プロの作詞、作曲家によって作り直され、 レコーディングすることに。 そして、出来た曲が、NHKの歌番組 「みんなのうた」で、 1985年12月~1986年1月の曲として放映されるのですが、 そのユニークさがウケて大きな話題に。 同年12月31日に行われた、 「第36回NHK紅白歌合戦」でも披露することになったのでした。 (NHK紅白歌合戦史上初のリリース前に歌唱された楽曲だったそうです) こうして、翌年の1986年2月、 「すし食いねえ!」は、 満を持して、17枚目のシングルとしてリリースされたのでした。 解散理由は少年隊? しかし、どうしたことか、同じ年の1986年8月、 「シブがき隊」は、突然、東京厚生年金会館で解隊宣言。 同年11月、「解隊」(解散)してしまいます。 一体、何があったのでしょうか? 実は、 「シブがき隊」には、 解散の話が2度持ち上がったことがあったそうで、 いずれも、布川さんが解散を言い出されているのですが、 一度目は、当時、お給料はすべてご両親に振り込まれていたこともあり、 仕事をしているというよりは、部活をしている感覚に近かったそうで、 18歳になると、周囲が就職活動や大学進学など、 進路を決めている姿を見て、「俺も働かなきゃ」 と思われ、解散を言い出されたそうです。 ただ、その時は、周囲の大人たちから、 攻められたり、なだめられたりして丸め込まれてしまったそうで、 そのまま 「シブがき隊」として活動を続けることに。 そして、布川さんが23歳になり、 2度目の解散の話を切り出すのですが、 それは、その頃、がデビューし、 バック転をする姿を見て、 「俺ら終わったな」 と感じたからだそうで、 (「シブがき隊」はバック転ができなかったことから) このままシブがき隊として、おじいさんまでやっていけるのか? どうせなら人気のあるうちに解散しよう。 と、3人で話し合い、解散が決まったのだとか。 布川さんは、当時を振り返り、 少年隊がデビューするために猛レッスンしてるのは知っていたから、 それを見て、「あいつらがデビューしたらシブがき隊は終わりかもね」 なんて話してたんですよ(笑)。 でも、シブがき隊にいたから、三の線でコントやったり、 メンバーをバラ売りしたり、新しいチャレンジができた。 まあ僕らはお試し用で、もし失敗しても、 少年隊やがいるからっていうのがあったのかな(笑)。 でも、それが今のジャニーズの活躍に、 つながっているんじゃないかなと思いますね。 僕らはコンサートのMCもハチャメチャだったんだけど、 ジャニーさんは「シブがき隊のトークを盗みなさい」 って後輩に言ってたらしいですよ。

次の

【鬼滅の刃考察】上弦の鬼 全キャラクター一覧まとめ!下弦の鬼のメンバーは?モデルや元ネタは?【十二鬼月】【画像あり】【じょうげん・かげん】

シブ がき 隊 メンバー

1982年5月に「NAI・NAI 16」で歌手デビュー。 」で紅白歌合戦に初めて出場後4年連続で選ばれますが、少年隊と入れ違いになる形で落選してしまいます。 その2年後の1988年11月2日をもってシブがき隊は解散。 活動期間は他のジャニーズグループと比べると短く7年余りでした。 その後3人はジャニーズ事務所を退所し、別々の事務所に所属し活躍しています。 シブがき隊の元メンバー・本木雅弘 薬丸裕英が解散の真相を明かす 薬丸裕英さんが2018年4月19日、フジテレビ系「直撃!シンソウ坂上」に出演し、シブがき隊の、解散についての真相を明かしました! MC・ 坂上 忍 (50)から理由を聞かれた薬丸は 「そもそも仲が悪かった」「あの2人(布川と本木)は仲が良くて、いびつなトライアングルだった」と内情を暴露し 「解散の原因はチェッカーズと吉川晃司」と話した。 人気とファンを持っていかれたにもかかわらず「誰とでも仲良くなれる2人は、ライバルと仲良くしていた。 それが信じられなかった」とメンバーに不信感を持ったという。 引用: それでも薬丸は 「俺は最後まで(解散せずに)ザ・ドリフターズみたいに、それぞれが仕事をしていても特番とかで シブがき隊として集まれればいいやと思っていた」と解散に否定的な立場だったと説明。 ただ「ある1人の人が『どうしても、そっちの方向に進みたいみたいな』と言って…」と、違う方向を目指すメンバーがいたとポツリ。 これに坂上が「モックンでしょ?」と突っこむと「そうです」と即答した。 引用: やはり、 薬丸さんと本木さんとの間に一波乱あったのは確かなようです。 デパートの屋 上でキャンペーンイベントを行った際も、「恐ろしい数の女の子が来たんですが 、 なんで自分みたいな若造にこんな熱狂するんだろうと一気に引いてしまった自分がいた」と明かす。 引用: 本木は「 実は解散が決まる前、私が早々に、業界そのものを辞めてパリでもどっかでも行って皿洗いでもなんでもいいからやって、ということをしたいから辞めてもいいかと二人に相談しました。 二人とも目が点になってましたけど」と告白。 引用: 本木雅弘さんからの突然の告白に布川敏和さんは了承。 薬丸裕英さんは納得がいかなかったようです。 「布川(敏和)さんは 『本木がそう言うならそれでいいよ』と言ってくれました。 薬丸(裕英)さんはグループを愛していたし続けたいという気持ちがあったんだと思います。 でも私が暴走したのでこういう結果になった」と振り返った。 引用: また、この番組では解散後にメンバーとは一切連絡を取りあっていないことも明かしています。 過去に2度「解散」についての話が出たそうで、1度目のときも、言い出したのは実は布川さんだったそうです。 アイドルグループ として活躍していたが、給料はすべて親に振り込まれており、仕事をしているというよりも、部活をしている感覚だった。 そのため 18歳になり、周囲が就職活動などを始めて、進路を決めている姿を見て、「俺も働かなきゃ」と思って解散の話を持ち出した。 周囲の大人から攻められたり、なだめられたりして、丸め込まれてしまったそうだ。 引用: そして 2度目の解散(本当の解散) の話しが出たのは、当時、光GENJIや少年隊がデビューしたころで、後輩の才能を脅威に感じ始めたようです。 少年隊は、バック転もできて、ダンスにかける思いも凄かったが、シブがき隊はバック転もできなかった。 それを 見て「俺ら終わったな」と感じ、 「このままシブがき隊として、おじいさんまでやっていけるのか? どうせなら人気のあるうちに解散しよう」 と、3人で話し合って決まったと明かした。 引用: それぞれの主張があるようですが 布川さんと本木さんは解散したがっていたようです。 「やっくん 薬丸裕英 とは、途中から仲が悪くなった」と言い、最初は3人とも仲が良かったが、徐々に薬丸とは不仲になっていき、本木は「B型の間にいるA型は辛いよ」と漏らしていたそうだ。 引用 : しかし、最近では薬丸裕英さんとの仲直りをしたようでLINEのやりとりもしているようです。 布川は、薬丸との仲に 「ヤッくんと仲が悪いわけじゃないんですよ。 性格が合わないんです。 でも、最近は仲直りというか、誕生日の日にはLINEでやり取りをする」と告白。 昨年のクリスマスイブには「お一人様ですか?」と薬丸から連絡をもらい、ホームパーティーに誘われたが、岩手県のロケ中で参加出来なかったと明かした。 モックン(本木雅弘)と僕は、六本木に遊びに出てたんですよ。 で、チェッカーズやら吉川晃司やらと一緒に遊んでたんです。 そしたらある日、ヤックンが来て『 本木、布川、何チェッカーズと吉川晃司と遊んでんだよ!どれだけシブガキ隊のファンをあいつらに持って行かれて…、何ライバルと遊んでんだよ!』ってマジで怒られたんです」 引用: 薬丸裕英さんは本木雅弘さんと布川敏和さんがライバルと遊ぶことを快く思わなくなったそうで、それが理由で不仲になったといわれています。 ちなみに、薬丸裕英さんに忠告された後も、布川敏和さんは遊ぶことを辞めなかったそうです。 「だって、向こうの方がシブガキ隊よりカッコイイんだからしょうがないでしょと。 毎日毎日、楽しけりゃいいじゃない、友達増やして、って感じで遊び続けた」といい、 「それから、仲悪いというか、性格が合わなかった」と話した。 引用: 薬丸裕英さんがまじめすぎたのかもしれませんが、このことがきっかけとなりメンバーの仲は悪化していったようです。 関連記事 ・ シブがき隊の不仲解散説にネットの反応は? ネット上でも不仲で解散した説が一番濃厚とする声が多く聞かれます。 シブがき隊のフッくんがヤッくんと性格が合わないって言うけれど、B型同士は合わないって言うのも少しは関係あるのかな。 しかし、それ以前にモッくんとフッくんの2人と不仲だっだのが解散の原因だったようです。 これはもう強烈に覚えてる。 だから絶対仲悪いと思ってた。 組み合わせがすごいと思ったのはそういう意味で。 人気は落ち目だったけど解隊の特番もあった。 仲悪いと言われてたけど最後のライブで泣いて抱き合った3人。 いい思い出。 何が本当か分からないけど仲違いで解散にはしないであげて。 1番悲しいよ。 シブがき隊1日だけ再結成してジャニーズのイベントに出演して欲しい。 — ドミノ【つくば】 dominoru シブがき隊の解散理由と3つの不仲説を総まとめすると… ・シブがき隊は1982年にデビュー。 その7年後の1988年11月をもって解散した。 ・シブがき隊の解散理由はメンバーの不仲が原因といわれており、ヤッくんが解散を懇願したと後に語っている。 ・シブがき隊のメンバーが不仲になった理由は、ヤッくんとモッくんのセンター争いや、当時のライバル歌手と仲良くする2人とそれをよく思わないヤッくんとの間に亀裂が生じてしまったことである。 今はそれぞれ別々の道を歩んでいるシブがき隊のメンバー。 フッくんをテレビで観ることは少ないですが、それぞれ大活躍しています。 また、あれほど不仲だったフッくんとヤッくんが仲直りしたことは意外でした。 いつかモッくんとも仲直りして3人で笑い話に出来る日がくるといいですね。

次の