メモ の 魔力 書き方。 メモの魔力がオススメな理由と具体的な方法|メモ魔への道は行動すること

メモの魔力のノートやサイズは?おすすめのノートを4つ紹介!

メモ の 魔力 書き方

高校を中退後に起業、独自の発想と実行力で今も資産5700億円を誇るブランソン会長もまた自ら認めるメモ魔で、「メモ取りをヴァージンの企業文化にした」とし、ブログに次のように記している。 「思いついた途端に、自分の(そしてもっと重要なのは他人の)アイデアを書き記すペンがなかったら、どうなっていたかわからない。 ……ヴァージングループで最も成功した会社は意外な瞬間に生まれた。 我々に自分のメモを見る習慣がなかったら、いずれも実現していなかった」 「ビル・ゲイツのメモの取り方」に関しては、製薬開発会社メドペイスの副社長で神経科学者でもあるジェームス・ヴォルノフ博士が、自身のブログで詳細に解説している。 ヴォルノフ博士によれば、紙面を分割して使うゲイツ氏のメモ取りはおそらく「コーネル式」をベースにしたものだという。 「コーネル式」はアイビーリーグのコーネル大学のウォーター・ポーク教育学部教授が試験に備える学生向けに、効果的な講義メモの取り方として1940年代に開発したものだが、いまだにメモ取りの王道として多くの大学が学生に推奨している。 基本的には図のように、ノートの各ページの左端から4分の1程度のところに縦線を引き、線の右側にメモを記し、左側にはそのメモについての自分の疑問点などを書く。 そして紙面の下5センチ位に余白を設け、そこにはそのページにメモした概要を記す。 ヴォルノフ博士は、自らが「コーネル式」の愛用者で、以前は左端余白に決定事項や行動計画を記していたが、今はゲイツ氏に倣って下部の余白に疑問点をメモして次の会議に備えるようにしたという。 博士は、会議中のメモが他の出席者へのパワフルなメッセージになることも強調する。 会議に集中しているというシグナルになるからだ。 また周囲のメモの取り方で、どの発言が重要視されたかもわかる。 メモは脳の情報処理能力をフル回転させる メモ取りには脳の記憶を助ける外部記憶保存装置としての効果と脳へのプログラミング(編集情報の入力)効果があるが、重要な利点は後者だというのが多くの研究者の見解だ。 つまり、認知科学的に見ればメモの役目は後で思い出しやすくするというだけではない。 メモでは見聞きしたすべては書ききれないから、脳はその場で情報処理を強いられる。 このため、単なる理解だけではない深い考察が生まれるということなのだ。 見聞きした内容をそのまま記すのではなく、自分の言葉にし直すことでこそ、メモの価値は高まる。 米国におけるメモ取りの研究のほとんどは大学生の学習能力アップを目的としたものだが、心理学者のマイケル・フリードマン博士は、ハーバード大学の研究報告「メモ取りに関するメモ」の中で、メモ取りはビジネスマンにとっても意思決定、問題解決、そしてチームワークの効率化に役立つとしている。

次の

メモの魔力がオススメな理由と具体的な方法|メモ魔への道は行動すること

メモ の 魔力 書き方

高校を中退後に起業、独自の発想と実行力で今も資産5700億円を誇るブランソン会長もまた自ら認めるメモ魔で、「メモ取りをヴァージンの企業文化にした」とし、ブログに次のように記している。 「思いついた途端に、自分の(そしてもっと重要なのは他人の)アイデアを書き記すペンがなかったら、どうなっていたかわからない。 ……ヴァージングループで最も成功した会社は意外な瞬間に生まれた。 我々に自分のメモを見る習慣がなかったら、いずれも実現していなかった」 「ビル・ゲイツのメモの取り方」に関しては、製薬開発会社メドペイスの副社長で神経科学者でもあるジェームス・ヴォルノフ博士が、自身のブログで詳細に解説している。 ヴォルノフ博士によれば、紙面を分割して使うゲイツ氏のメモ取りはおそらく「コーネル式」をベースにしたものだという。 「コーネル式」はアイビーリーグのコーネル大学のウォーター・ポーク教育学部教授が試験に備える学生向けに、効果的な講義メモの取り方として1940年代に開発したものだが、いまだにメモ取りの王道として多くの大学が学生に推奨している。 基本的には図のように、ノートの各ページの左端から4分の1程度のところに縦線を引き、線の右側にメモを記し、左側にはそのメモについての自分の疑問点などを書く。 そして紙面の下5センチ位に余白を設け、そこにはそのページにメモした概要を記す。 ヴォルノフ博士は、自らが「コーネル式」の愛用者で、以前は左端余白に決定事項や行動計画を記していたが、今はゲイツ氏に倣って下部の余白に疑問点をメモして次の会議に備えるようにしたという。 博士は、会議中のメモが他の出席者へのパワフルなメッセージになることも強調する。 会議に集中しているというシグナルになるからだ。 また周囲のメモの取り方で、どの発言が重要視されたかもわかる。 メモは脳の情報処理能力をフル回転させる メモ取りには脳の記憶を助ける外部記憶保存装置としての効果と脳へのプログラミング(編集情報の入力)効果があるが、重要な利点は後者だというのが多くの研究者の見解だ。 つまり、認知科学的に見ればメモの役目は後で思い出しやすくするというだけではない。 メモでは見聞きしたすべては書ききれないから、脳はその場で情報処理を強いられる。 このため、単なる理解だけではない深い考察が生まれるということなのだ。 見聞きした内容をそのまま記すのではなく、自分の言葉にし直すことでこそ、メモの価値は高まる。 米国におけるメモ取りの研究のほとんどは大学生の学習能力アップを目的としたものだが、心理学者のマイケル・フリードマン博士は、ハーバード大学の研究報告「メモ取りに関するメモ」の中で、メモ取りはビジネスマンにとっても意思決定、問題解決、そしてチームワークの効率化に役立つとしている。

次の

【書評】「メモの魔力」を読んだ感想。抽象化で夢は叶う!?

メモ の 魔力 書き方

「人生の勝算」との出会い メモ術を学んだきっかけは前田祐二さんの処女作である「 」という書籍からです。 なにげなく手に取った本なのですが前田さんの イメージが一変しました。 最近はトップ女優(石原さとみさん)と交際しているイケメンIT社長ということでテレビでよく見かけます。 そのイメージから少しチャラいように感じられますが、この本を読めばその 真面目さと熱量の多さがわかります。 メモ魔と自称している前田さんは仕事中でもプライベートでも常に メモを取りまくっているそうです。 そして、それこそが 今の成功につながっていると断言しています。 「 人生のコンパスを見つける」をテーマに仕事への取り組み方や、夢を追う姿勢など非常にリアルに書かれています。 若手ビジネスマンには全員読んでほしい良本ですので未読の方は是非オススメします。 仕事を変える究極のメモ帳活用 それでは、知らない方向けに前田祐二さん流メモ術の概略をご紹介します。 に詳細が記載しておりますのでお時間ある方は一読ください。 2種類のメモ メモには大きく分けて 2種類あります。 これは議事録でよく使われるもので、誰がどんな発言をしたかを いかに正確に伝えることを重点においてきます。 もう一方は、「知的生産を目的としたメモ」です。 これはある事実について 独自の視点を持ってオリジナルの考えを記したメモです。 独自の視点をメモしよう 前田流メモ術とは、もちろん 後者になります。 前者は、AIの得意分野なので近い将来、 全て自動化されることになるでしょう。 ビジネスにおいて、 価値があるのは希少性が高いものです。 よって自動化できてしまうものより、 オリジナルアイデアの方が重宝されます。 知的生産となるメモにするには どのように考えてメモを取るか、手順はシンプルです。 たった3つの手順でOK EL BORDEより転載 1. ファクトは先ほどの議事録の範囲です。 できるだけ正しく記録します。 抽象化が重要です。 ファクト(事実)から 自分にしか気づけない何かを考えて書きます。 これができるかが、一つのカギになります。 アクションに転用するは、自分にしか気づけないアイデアから 何か自分が行動を起こせないか考えます。 「抽象化」がカギ もちろん最後の行動を起こすことが目的ですが、2 つめの 抽象化を意識して時間をかけます。 なぜなら、自分ができる行動は限られているのでアイデアが出れば自ずと行動できることは決まってきます。 よって、 出来るだけ多くのオリジナルアイデアを出せるかが最終的な成果に結びつくのです。 ビジネス書ではよく、「本を読んだだけでは何も変わらないので行動をしろ」など、どの書籍でも言われていますが、なかなか行動に移せない人がほとんどだと思います。 それはなぜか? 僕が考えるに、ここで言う 抽象化に時間をかけていない、もしくは全くしていないからだと思っています。 「書籍にある内容を自分なりの考えに落とし混む」 抽象化というプロセスを踏まないと人は行動には移せないのです。 前田裕二さんのメモの書き方 そして前田さんは実際にこのプロセスを踏む時のノートのレイアウトを公開しています! ノートは見開きで使う EL BORDEより転載 ノートを見開きに使って、左側のページを「ファクト」、つまり通常通りの議事録の内容を書きます。 ビジネス以外の時でも何かおもしろいものを見つければその度に、日時とそのファクトを左側ページに書いておきます。 そして右側のページは左半分を「抽象化」、右半分を「転用」の欄にしています。 これは後で見返した時にじっくり考えることも可能ですが、大切なのは ファクトを書いた際に抽象化と転用も同時に考える癖をつけることだそうです。 わかりやすく色分けする また、一目で重要度がわかるように 色分けしています。 通常は黒、重要度によって緑・青・赤と4色ボールペンを使えば捗りそうです。 ただ議事録をとるだけの人と、同時にここまで出来る人では差が生まれてくるのは至極当然ですね。 前田さんが使用している3つノート 前田さんは普段はできるだけデジタルにメモを残すそうですが(その方が後で検索などしやすいから)、アナログな紙ノートも活用しています。 理由としては、電池切れしないというのとサッと書けるからということもありますが、 コミュニケーションツールとしても優れているからだと言います。 確かに、紙で手書きで書いてもらった方がわかりやすいし親近感がわきますね。 そのノートがこちらの3つです。 EL BORDEより転載 一番大きいノートが メインで使用しているモレスキンノート。 僕が実際に役立った事例 最後に、僕がこのメモ術を導入してから実際に役立ったことをご紹介します。 顧客の本当のニーズを考える 僕はお客さんと打ち合わせをしている時に「こんなことで困ってる」ということを聞けた場合に常にメモしています。 そこでメモ術の抽象化を意識して、「 どんな背景があって困っているのか?」「 一番ハッピーになれるのは何か?」を僕の経験を踏まえて考えるようにしました。 そうすると「 本当はこんなモノが欲しいのでは?」ということが見えてきます。 それをお客さんに伝えると 見事に新規の発注をいただけることがありました。 しかも、他のお客さんでも同様な困り事があることが多く、 結果的に多くの新規発注をGETすることができました。 これ、当たり前のように思えますが、実際に メモで言語化してみてください。 不思議とより良い提案ができるようになりますよ。 普段見るニュースからヒントを得る 僕の会社いて、「新しいビジネスを考えて始めてみよう」という企画がありました。 まあ、ほとんどの企業でこれに近いことはしていると思います。 このような企画に巻き込まれやすい(笑)僕は普段からビジネスモデル系のニュースは多くインプットしています。 これにもメモ術は使えないか?と考え、気になったニュースを見つけた際に、「 このビジネスが生まれた背景は?」「 なぜこのタイミングで始めたのか?」といったことを考えるようにしました。 すると、様々なニュースで共通点が見えるようになってきました。 そして なぜ今これが必要なのか?ということがわかってきます。 そこから僕の会社の顧客に需要がありそうなサービスを具体的にアイデアを出してみました。 これが、 見事に採用されて新たなビジネスをスタートさせることができました。 実際は、うまくいくかどうかは分かりません。 失敗に終わる可能性は大きいと思います。 だけど、 何か新しい行動に繋がったこと自体が価値があると僕は考えています。 ブログを書くヒントになった これは会社でのビジネスではないのですが、僕自身がやっているブログの記事にも変化を与えたと思います。 特に書籍のレビューなどは、本に書いてある内容から抽象的に捉えて 自分なりの意見がアウトプットできるようになってきてると実感しています。 すごく時間がかかるので負荷は大きくなるのですが、コンテンツもオリジナリティが出ますし、何より 考えを巡らして書くこと自体がとても楽しいですしね。 まとめ 以上、メモ術の概要とメモ術を活用してみて僕が役立ったことを書いてみました。 もしかしたらあなたには合わないかもしれませんが、僕には大きな効果がありました。 これって慣れの問題もあるので、早めに癖をつけることをオススメします。 まずは、前田さんが愛用しているような かっこいいメモ帳を買ってみてはいかがでしょうか? そして2018年末、こちらのメモ術について詳細に書かれた書籍がついに発売!必読です👇.

次の