本田翼 兄者弟者。 2bro.さんとほんだのばいくさん(本田翼さん)がコラボをしていましたがファン...

YouTuber・ゲーム実況者の中でも圧倒的な人気を誇る二人組〝兄者弟者〟の謎に迫る!!

本田翼 兄者弟者

3連休、ゲーム実況界隈で最も話題となったのは、 さんのライブ配信だろう。 それも、「 」(あにじゃおとじゃ)という、ゲーム実況の中では随一の人気を誇るYouTuberユニットとのコラボ配信。 しかし、話題となったのはポジティブな意味ではない。 その 大型コラボ配信が、炎上の様相を呈してしまったのだ。 結論から述べておくと、 本田翼さん、あるいは兄者弟者が悪かったのではない。 誰も悪くなかった点にこそ、この問題を考える価値がある。 本田翼「ほんだのばいく」立ち上げ、一躍人気YouTuberに 過去にも紹介したが()、モデル・女優の本田翼さんが9月上旬にゲーム実況を行うYouTubeチャンネル「ほんだのばいく」を立ち上げ、同22日に初ライブ配信。 Dead by Daylight 0 編集版! これまでに投稿した動画本数はわずか2本ながらどちらも200万再生を優に突破。 瞬く間に国内有数の人気YouTubeチャンネルに躍り出た。 ネット上で長年実績を積み上げコミュニティを形成してきたゲーム実況主たちを、知名度の高さでもってあっという間に抜き去った本田翼さん。 その状況に対して賛否両論はあったが、配信された動画から彼女の深いゲーム愛を疑う者はいなかったことも確かだ。 彼女が並み居る強豪をごぼう抜きにしたこの一連の現象を、多くのYouTuberたちやファンが「 『ほんだのばいく』に轢かれた」と表現したことも印象的だった。 ファンやゲーム実況好きは色めきだった。 同時に、「 しかもうん、すごいことが。 あの方々のところへ お邪魔してしまうかもしれません。 」とコラボ配信の可能性をも示唆。 本田翼さんのチャンネルで「 クリスマス目前!士気高めようぜSP with??? 」と題されたライブ配信が始まり、しかも人気YouTuber・兄者弟者とのコラボであることが明らかになった。 兄者弟者は、実の兄弟におついちさんを加えた3人でゲーム実況を行うユニット。 2010年からYouTube上で活動し、すでに8年の実績を有する。 現在、チャンネル登録者数は239万人を超えている。 この数字は2018年現在、 国内ゲーム実況系YouTuberの中で文句なしのトップである。 抜群に安定感のある彼らのゲーム実況は、本田翼さんのコラボ相手には相応しいように思えた。 しかし、ライブ配信はその予想を裏切り、 前回15万人を集めた際の和気あいあいとした配信が嘘だったかのように、コメント欄が荒れに荒れた。 「本田翼の声だけ聴きたい」「このおっさんたち誰だよ」と、コラボ動画を批判する声がどんどん増えていった。

次の

2BRO.のおすすめおもしろ実況動画5選!

本田翼 兄者弟者

YouTuber・ゲーム実況者の中でも 圧倒的な人気を誇る二人組。 そんな 【兄者弟者 】をご紹介します。 プロフィール。 国籍  日本 職業 YouTuber 公式サイト 2Bro. Official Page YouTube チャンネルID norunine 活動期間 2010年 — ジャンル ゲーム実況 登録者数 約 254万人 総再生回数 約23億回 YouTubeでゲーム実況動画を投稿・配信しており、実の兄弟である兄者と弟者におついちを加えた3人で「TEAM-2BRO. 」として活動を行っている。 兄者弟者で実況されるゲームのジャンルは、FPS、TPS、ホラーゲームなどが多い。 『PLAY WITH US』をモットーとしている。 また、弟者,兄者,おついち,メロで「ゲス4」、TEAM-2BRO. と、メロ,ちん のどちらかを加えた「GESU4」、両方を加えた「GESU5」としても活動している。 動画を始めた経緯は、自分たちがゲームをプレイする姿やゲームプレイをネット上に投稿することが好きで、投稿したものを見返すのも面白かったからである。 投稿開始当時、弟者は動画の質や撮影方法、撮影技巧、兄者は動画画質にそれぞれ凝っていた。 2012年12月27日、2chまとめサイト「キニ速」に、弟者の声が大塚明夫が声優をしている「メタルギアシリーズ」のキャラクター、スネークに似ていることを指摘する内容の記事が掲載されたことで、知名度が爆発的に上がった。 1984年5月3日生まれ。 身長184cm。 メンバー唯一の非喫煙者。 左利き。 頭脳プレイ派。 バイクなどの乗り物好き。 焼きそば作りにハマっている 2013年9月時点。 幼少期には香港で暮らしていた。 高校時代にはバスケ部に所属していたが、体力不足のため1年で退部した。 個人のチャンネルを持っており、そこでも動画を投稿している。 「死ぬまでに絶対一度は実況してみたいゲーム」として「FRONT MISSION ALTERNATIVE リメイク版 架空 」を挙げている。 1990年9月27日生まれ。 身長178cm。 ニックネームとして、「膝治療師」「第一級フラグ建築士」などがある。 右利き。 FPSゲームが大好き。 幼少期には香港で暮らしていた。 色白でぱっつんの女性が好み。 特殊小型船舶免許を持っている。 8歳~10歳の頃、当時兄者から借りた「Rainbow Six 3: Raven Shield」をプレイ中にあまりの難易度に尿を漏らした経験がある。 1980年8月26日生まれ 171cm。 栃木県出身。 メンバー最年長。 「おっつん」と呼ばれることもある。 左利き。 視力がとても高い。 動画にも出演することがある。 声が古川登志夫に似ており、関連キャラの台詞をもじったネタを動画内で披露することもある。 個人のチャンネルを持っており、そこでも動画を投稿している。 まとめ。 人気を獲得しているYouTuberはUUUM ウーム に所属する人が多い中、兄者は自ら会社を設立してしまった人物としても有名です。 日本でYouTubeを視聴するユーザーで、知らない人がほとんどいないくらい兄者弟者はゲーム実況の世界で有名です。 しかし兄者の才能はゲーム実況だけにとどまらず、仕事においても敏腕だということがわかりますね。 そして兄者が設立した社名こそ、兄者弟者とおついちが所属している会社『株式会社2Bro entertainment』なのです。 会社の住所は東京町田市、事務所もしっかり会社として登録されています。 個人で会社を立ち上げたということは、もしかしたら現在は会社員を辞めて『2BRO. 』の代表取締役に専念している、なんてことも十分有り得る話ですよね。 弟者についてご紹介するには欠かせない弟者の声は、あるゲームのどこかで聞いたことがある低音で優しげな声質。 そう、『メタルギアソリッド』でお馴染みのスネークの声優・大塚明夫とかなりそっくりなんです!(下画像で左が大塚明夫さん、右がスネークです) 弟者のファンにはゲームプレイではなくその声が聞きたくて動画を視聴するという方もいるほどで、声優ファンすらも心を奪われているといいます。 動画初投稿時の弟者の声は緊張やマイクの関係で現在とかなり違いますが、逆に兄弟の声質がかなり似通った状態でしたね。 イケボと言われている兄者弟者は、声優としての依頼を受けたことがあります。 お2人が声優デビューをした作品は、スマートフォンアプリ『戦国修羅SOUL』。 突然、2BRO. の公式ブログで発表されたので、ファンも驚いたことでしょう。 兄者弟者が声を当てたのはかの有名な剣豪です。 「宮本武蔵:弟者」「佐々木小次郎:兄者」でした。 実は兄者弟者はこのラジオで「彼女」の存在について聞かれていました。 そのラジオが公開された時には「兄者弟者には彼女がいる」という事が判明しています。 しかも弟者はキス配信の噂があり、おそよ今から6年ほど前。 残念ながらキス配信の画像を手に入れることはできませんでしたが、ツイキャス配信をしていた頃の顔画像はありましたのでそちらを掲載させて頂きます。 そして、弟者本人によるコメントを発見できていない不確定情報ですが、弟者はすでに彼女と別れたという情報がネット上には存在しています。 中には彼女募集中と言っていたとか?! 人気もあるということは、世間を沸かせるような他人の人気が嫌いなネット上の存在「アンチ」も無視できません。 兄者弟者のアンチの動きについても少し触れておきましょう。 これだけ人気があるにも関わらず兄者弟者のアンチは一般的な人気実況者に比べてかなり少なく、どちらかと言えば応援掲示板のほうが目立っていました。 オーバークック2というゲームで、あの人気モデルの本田翼さんとのコラボを果たしているのですが、アンチが沸いてしまったようですね。 だけど、兄者弟者のアンチではなく、本田翼さんのファンが兄者弟者を叩いたようです、、嫉妬のようなものだったんではないでしょうか。 私は兄者弟者のPUBGの実況がいちばんすきですね〜。 安定した喋りがクセになります! これからの活躍を楽しみにしております。 今回はここまでです.

次の

YouTuber・ゲーム実況者の中でも圧倒的な人気を誇る二人組〝兄者弟者〟の謎に迫る!!

本田翼 兄者弟者

本田翼がYouTubeチャンネル開設 本田翼さんは2018年9月、公式YouTubeチャンネルを開設されました。 その名も「 ほんだのばいく」 本田翼さんの「翼」という名前も、ホンダの「ウィング」から来ているそうなので、これ以上ないネーミングですね。 その記念すべき初回配信では『 Dead by Daylight』というサバイバルホラーゲームを実況。 なかなかグロテスクなシーンもあり、普通の女の子なら「キャー」って悲鳴が聞こえてきそうなものなのですが、 本田翼さんは「やだやだ!」、「きたー」、「ごめんなさい!」など終始ハイテンションでゲームをプレイしていました。 プレイングも上手く、 完全にやりこんでいる人の動きでしたね。 この初回配信にはなんと 14万人が同時視聴していたみたいです。 そしてチャンネル開設2週間後には 登録者が100万人を突破。 これまで多くのYouTuberたちが積み上げてきたものを、一瞬で抜き去っていきました。 またこのチャンネルでは動画編集も本田翼さんが担当していたみたいで、そこを含めて楽しいと語っていました。 もしかして、これから本格的にYouTuberとして活動してくれるのかな? そんな期待を抱いていた人は少なくないかと思います。 本田翼のYouTubeが動かない理由は? ですが現在、 本田翼さんのYouTubeチャンネルにほとんど動きがありません。 2019年になってからは、何の配信もなくずっと静かなままでしたよね。 その背景には、 2018年12月に行ったコラボ実況が関係しているみたいです。 12月22日、本田翼さんは とあるゲーム実況者とコラボします。 その2日前から『 クリスマス目前!士気高めようぜSP with??? 』とコラボ相手を隠した予告が出されており、ファンたちの期待はぐんぐん高まっていました。 そして22日当日、放送開始と同時にコラボ実況者が発表。 その実況者は「 2BRO. 」というグループでした。 2BRO. というと、 兄者・弟者・おついちさんの3人からなるゲーム実況グループですよね。 もともと2009年ごろから弟者がソロで動画を上げていたのですが、当時は実況ではなく字幕動画でした。 ですが2010年ごろから 声出しの実況動画を始めると、それが声優・ 大塚明夫さんばりの 激渋ボイスだったこともあり、一躍人気に火が付きます。 この時期から 兄者との合同プレイ動画もアップされるようになりました。 そして2012年、兄者弟者名義で 本格的にYouTubeへ参戦。 2013年ごろからは おついちさんも加わり、 2BRO. での活動が始まりました。 2016年にはチャンネル登録者数が100万人を突破!いまやゲーム実況者系YouTuberを代表する存在です。 兄者弟者チャンネルの登録者数は、本田翼さんとコラボした時点でも 約250万。 キャリアが違うとはいえ、倍以上の数字を持っています。 そんな人気実況者とコラボするのですから、さぞや盛り上がるだろうと思いきや… 2BROとのコラボ配信が大炎上! 本田翼さんと2BRO. のコラボ配信では、PS4のゲーム『 オーバークック2』がプレイされてました。 配信が始まるや否や、 同時視聴者数はあっという間に10万人越え! ピーク時には 15万人以上もの視聴者が配信を見に来ていたみたいです。 ですがコメント欄は大炎上! 「このおっさんたち誰だよ」 「おっさんいらん消えろよ」 「何が悲しくて素人のおっさんの放送見せられなきゃいかんの?」 などなど、 2BRO. の3人が邪魔だといわんばかりのコメントが次々に投稿されていきます。 普通はそういったコメントはスルーするのがマナーなのですが、あまりにも数が多かったのか、ついにはコメント同士での喧嘩も始まり、収拾がつかなくなってしまいました。 結局、 最後まで残った視聴者は3. 8万人、10万人以上が蜘蛛の子を散らすように去っていったみたいです。 そしてこの件以降、 本田翼さんのYouTube活動も行われなくなりました。 もともとYouTubeチャンネルは仕事ではなく趣味だと言っていましたし、その趣味ですら炎上に巻き込まれたとなれば、楽しくなくなっちゃいますよね。 正直男性実況者とコラボすれば荒れるだとうとは簡単に予想できましたが もうYouTubeでの活動は終わってしまうのでしょうか…? と思っていたら、3月17日、長い沈黙を破って『 Apex Legends』のゲーム配信が行われました。 ほとぼりが冷めたと判断したのか、あるいはスケジュールの都合なのかはともかく、ようやく復活しましたね! ただ今後の活動に関しては、今までよりも慎重になるのかもしれません。 予想通り2bro. 、本田翼両者のファンが大荒れで草。 あれ結局は本田翼側のファンがネットマナーの欠けらも無い過激派オタクの塊だったから悪いんだよね。 まぁそれに反応しちゃった2broファンも非はあるけど。 — ポン pTw4YjyJDoVpWkr いかがでしたか? 人気ゲーム実況者とのコラボが大炎上に終わってしまった本田翼さん。 それ以降YouTubeでの活動は音沙汰がなかったのですが、3カ月の沈黙を破ってとうとう復活しました。 今後もまた活動を続けてくれるとは思いますが、すごく慎重になると思います。 せっかく始めたYouTubeが、また炎上なんてことにならなければいいのですが。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の