あと施工アンカー引張試験。 カクタス SK

あと施工アンカー引張試験|あと施工アンカーのトラスト

あと施工アンカー引張試験

引張試験動画は 引張荷重の確認値は 引張試験ご依頼フォームは JCAAでは、諸外国の試験方法を参考にして実験室で行う試験方法を1987年にまとめており、現場における、あと施工アンカーの耐力(引張・せん断)の確認方法については検討中です。 このため、耐力試験は各社が独自の方法で、設計管理者、現場監督員各氏らと協議打ち合わせの上、実施しております。 1、目的 この規格は、対象母材に施工された「あと施工アンカー」強度(力学的性質)に関するデーターを作成するに当たり、共通の試験方法を規定するものである。 なお、この規格は、試験室で行う試験を対象としたものである。 2、適用範囲 この規格は、あと施工アンカーの静的荷重試験の方法について規定する。 2-1アンカーの種類 対象とするアンカーは次の通りとする。 (1) 金属拡張アンカー (2) 接着系アンカー(カプセル型) (3) 軽量物取付アンカー 2-2対象母材 適用できる対象母材は、次の通りとする。 (3) ALC JIS A 5416に規定するオートクレーブ養生した軽量気泡コンクリート製品とする。 (4) 石材(人造石を含む) (5) その他 煉瓦、コンクリートブロック、圧縮成型板等 2-3試験 試験の種類は、次の通りとする。 (1) 引張試験 (2) せん断試験 3、試験条件 3-1アンカーの施工方法 (1)アンカーの施工は、あと施工アンカー施工要領書に規定した標準施工による。 ただし、これ以外はメーカー仕様によるか、また特別な指定がある場合は、それに従う。 (2)アンカーは、原則として対象母材の施工面に垂直に施工する。 3-2対象母材 対象母材は、普通コンクリートとする。 ただし、他の対象母材については、これに準ずる。 3-2-1普通コンクリート コンクリートは原則として無筋とするが、試験結果に影響を及ぼさない範囲で、必要最小限度の運搬用補強筋、収縮防止用ラス等は使用してよい。 ただし、7日間以上は、散水その他の方法で湿潤状態におく。 また、直射日光や急激な感想および寒気に対して適当な養生を行う。 その他の条件はJASS5鉄筋コンクリート工事に従う。 (表2) 4、試験 4-1 引張試験 4-1-1 構成 引張試験装置は、荷重を加えてアンカーを徐々に引張る装置、荷重を測定する装置および変位を測定する装置で構成する。 4-1-2 荷重を加える装置 (1)荷重を加える装置は、試験荷重に対して十分な剛性をもつ構造でなければならない。 (2)荷重を加える装置は、アンカーに荷重を円滑に加えることができるものでなければならない。 (3)荷重を加える装置は、加える引張応力を受ける最も小さい断面で計算する。 (4)荷重を加える装置の脚部の間隔は、(表2)に示したアンカー間隔を参考とし、アンカー強度に影響を及ぼさないようにする。 4-1-3 荷重を測定する装置 (1)荷重を測定する装置は、アンカーに加えられた荷重を、常に定期的に示しまた荷重変化が著しい進み遅れ無しに正確に測定できるものでなければならない。 4-1-4 変位を測定する装置 (1)変位を測定する装置は、アンカーの変位を常にまたは定期的に示し、また変位を著しい進み遅れ無しに正確に測定できるものでなければならない。 02mm以内とする。 (3)変位を測定する装置は、原則として荷重を加える装置から独立し、荷重の影響を受けないところに設置するものとする。 4-2 せん断試験 4-2-1構成 せん断試験は、アンカー筋に徐々にせん断荷重を測定する装置、および変位を測定する装置で構成する。 4-2-2荷重を加える装置 (1)荷重を加える装置は、試験荷重に対して十分な剛性をもつ構造でなければならない。 (2)荷重を加える装置は、アンカー筋に荷重を円滑に加えることができるものでなければならない。 この時のせん断応力は、アンカー筋のせん断応力を受ける最も小さい断面で計算する。 (4)荷重を加える装置の脚部の間隔は(表2)に示すアンカー間隔を参考とし、アンカーに強度を及ぼさないようにする。 (5)アンカーに荷重を加える、せん断プレートの穴径は(表3)を参考にする。 (単位:mm) 径 孔径 径 孔径 径 孔径 径 孔径 6 6. 6 10 11. 0 16 17. 5 22 24. 0 8 9. 0 12 13. 5 20 22. 0 24 26. 0 (表3) 4-2-3 荷重を測定する装置 (1)荷重を測定する装置は、あんかーに加えられた荷重を、常に定期的に示し、また荷重変化を著しい進み遅れ無しに正確に測定できるものでなければならない。 4-2-4 変位測定する装置 (1)変位を測定する装置は、アンカーの変位を、常に定期的に示し、また変位を著しい進み遅れ無しに正確に測定できるものでなければならない。 02mmいないとする。 (3)変位を測定する装置は、原則として荷重を加える装置から独立し、荷重の影響を受けないところに設置できるものとする。 5 試験方法 5-1 引張試験方法 5-1-1 試験装置の設置 (1)荷重を加える装置は、安定した状態になるよう設置する。 (2)荷重を加える脚部は、アンカーボルトが中心位置になるよう設置する。 (3)荷重を加える装置は、アンカーボルトの軸線に沿って荷重を加えられるように設置する。 (4)変位を測定する場合の測定位置は、原則として母材に近い位置とする。 ただし、補正により任意の円を選ぶことができる。 5-1-2 荷重測定 荷重速度は4-1-2(3)に基づき、できるだけ一定になるよう行い、荷重測定はアンカーボルトの抜け、コンクリーとの破壊あるいは、アンカーボルトの破断まで行う。 その過程で測定した最大値をもって最大荷重とする。 5-1-3 変位測定 変位測定は、アンカーボルトの抜け、コンクリートの破壊あるいはアンカーボルトの耐力(0. 2%)または、降伏点より求めた荷重まで行う。 ゼロ点の設定については、荷重一変位曲線上の直線部分に接線を引き、変位軸と交わった点をゼロとする。 ただし、初期荷重を加える場合は、予想最大荷重の5%または200kgfのうち、小さい方の値以下とする。 5-2 せん断試験方法 5-2-1 試験装置の設置 (1)荷重を加える装置は、安定した状態になるように設置する。 (2)荷重を加える装置の、脚部は、アンカーボルトが中心位置になる様に設置する。 (3)荷重を加える装置は、アンカーボルトの軸線に直角に荷重を加えられるように設置する。 (4)せん断プレートには原則として締付け力を加えない。 ただし、せん断プレートに締付け力を加える場合は、せん断プレートと母材の間に動く摩擦力の影響をできるだけ少なくするような処置をとる。 5-2-2 荷重測定 荷重速度は、4-2-2(3)に基づき、できるだけ一定になるように行い、荷重の測定は、コンクリートの破壊あるいは、アンカーボルトの破断まで行い、その過程で測定した最大値をもって最大荷重とする。 5-2-3 変位測定 変位の測定は、最大せん断荷重まで行う。 中央総業株式会社 〒252-0303 神奈川県相模原市南区相模大野3-20-1 TEL. 0120-07-1222 FAX. 般-27 第14969号.

次の

あと施工アンカー引張試験

あと施工アンカー引張試験

資格認定試験制度 あと施工アンカー工事協同組合発行の あと施工アンカー「施工技術士」資格認定制度について 平成18年7月7日国土交通省住宅局指導課長より 各都道府県建築主事主務部長宛に「あと施工アンカー・連続繊維補強設計・施工指針」について(技術的助言)の中に近畿あと施工アンカー工事協同組合(AACに名称変更)を追加すると通知されました。 (国住指1015号 末尾添付) 平成25年12月25日国土交通省大臣官房官庁営繕部監修「建築改修工事監理指針」平成25年度版(一般財団法人建築保全センター) 第8章耐震改修工事11節、あと施工アンカー工事に当組合の「あと施工アンカー施工技術士資格」が記載されました。 国土交通省住宅局、大臣官房官庁営繕部より あと施工アンカー工事協同組合(AAC の資格制度が(社)日本建築あと施工アンカー協会(JCAA と同等の資格として認証され、これらの資格を活用することが出来ると記載されています。 1 一般事項 a あと施工アンカー工事における技能 あと施工アンカー工事では、管理者および施工者の各々が工事内容に相応した アンカー施工に関する技能を必要とする。 耐震改修工事では、特に以下の事項に 対する施工、安全および技術面に対する知識、能力が必要となる。 ・工事期間が短時間に集中しやすい。 ・穿孔時に鉄筋に当たった場合の対応。 ・施工の向き(上、横、下向き)や高所作業への対応。 ・コンクリートに関する劣化、損傷などへの対応。 従って、これらについて、 イ:管理者は、アンカー工事を適正に実施するための施工計画及び施工図の作 成、工程管理、品質管理、安全管理等の施工管理を確実に行うために必要 な技術的能力が求められる。 ロ:施工者は、アンカー施工に当たってのコンクリートに対する判断、決めら れた施工計画により、アンカーを適切、確実に施工できる技術的能力が求 められる。 これらに関するあと施工アンカー工事における資格の一例として、 社 日本建築 あと施工アンカー協会(JCAA が実施している以下の資格がある。 このほかにあと施工アンカー工事協同組合(AAC には(2)施工技術者関連 として、「あと施工アンカー施工技術士」の資格がある。 「あと施工アンカー・連続繊維補強設計・施工指針」について(技術的助言) 標記の「あと施工アンカー・連続繊維補強設計・施工指針」については平成18年4月10日付け国住指第79号及び平成18年5月8日付け国住指第501号により通知したところであるが、その記載内容を一部訂正したので改めて別添のとおり送付する。 主な訂正事項は、別紙のとおりである。 なお、貴管内の特定行政庁に対しても、この旨周知されたい。 資格認定試験 あと施工アンカー工事協同組合は、より安全で信頼のおける確かな技術者の育成を目指し「あと施工アンカー施工技術士」の資格認定を実施しています。 当組合の資格認定試験制度は、あと施工アンカーの施工に携わるすべての技術者に対し、その技術の必要性に合わせた資格認定制度を設け、より細やかな技術者への指導、育成に取り組む資格認定制度となっております。 あと施工アンカー工事協同組合では「技術を形にし、信頼のおけるあと施工アンカー施工」を目標に、日々取り組んで行きます。 個人事業主の方は当組合の「個人会員」に入会しなければ受験できません。 個人事業主の場合は、一人親方労災保険等の加入証明書又は個人事業主であることが証明出来る書類の提出が必要となります。 機械、空調、電気、設備等であと施工アンカーを取り扱う業者の方は、入会の必要はございません。 各会員への入会案内及び入会申込書 ・あと施工アンカー工事協同組合入会案内、申込書() ・あと施工アンカー工事協同組合入会案内、申込書 ・あと施工アンカー工事協同組合入会案内、申込書 試験案内 資格種類 種類 資格内容 あと施工アンカー施工技術士B種 ・ねじ径12mm、4分以下、異形棒鋼径D13以下のあと施工アンカーの施工が可能 ・資格有効期間3年 あと施工アンカー施工技術士A種 ・全てのあと施工アンカーの施工が可能 ・資格有効期間3年 あと施工アンカー施工技術管理士 ・現場で施工されたあと施工アンカーの打音、引張荷重確認試験、施工管理が可能 ・資格有効期間5年 試験内容 1:学科講習を開催 あと施工アンカー施工技術講習と安全衛生管理講習(労働基準監督官、建災防大阪府支部講師)を行います。 2:学科試験 あと施工アンカーを施工する時に必要とされる専門知識の問題を100問出題。 90点(1問1点)以上を合格とします。 3:実技試験 (あと施工アンカー施工技術士A種) 2種類のM16のアンカーを上向きに施工し、金属拡張アンカー引張耐力30kN、接着系アンカーは40kN以上を合格点としています。 あと施工アンカー工事で一番重要な施工は、上向き施工です。 あと施工アンカー施工技術士A種実技試験ではこの施工方法を採用しています。 (あと施工アンカー施工技術士B種) 2種類のM12のアンカーを下向きに施工し、金属拡張アンカー引張耐力20kN、接着系アンカーは25kN以上 実技講習) 各資格認定試験内容 資格 受講・試験内容 1日目 2日目 あと施工アンカー施工技術士A種 午前 ・学科講習 あと施工アンカー 午後 ・学科講習 労務安全 ・学科試験 1h ・実技試験 接着系アンカー M16 1本 本体打込み式 M16 1本 計2本を上向き施工。 あと施工アンカー施工技術士B種 午前 ・学科講習 あと施工アンカー 午後 ・学科講習 労務安全 ・学科試験 1h ・実技講習 接着系アンカー M12 1本 本体打込み式 M12 1本 計2本を下向き施工。 講習・試験・テキスト代を含みます。 一度振り込まれた費用は返金出来ませんのでご了承ください。 ご迷惑をおかけしますが、ご理解賜りますようお願いいたします。 ありがとうございました。 ご迷惑をおかけしますが、ご理解賜りますようお願いいたします。 ありがとうございました。 実技試験詳細 「あと施工アンカー施工技術士A種」実技試験概要 服装、作業状態等、アンカー打設終了迄すべてが採点の対象となります。 令和2年度の実技試験より、 〔(1)接着系樹脂アンカー1本・金属拡張アンカー1本 計2本のアンカーを打設〕 と、なります。 資格証 施工技術士に合格された方には、資格認定証を交付しています。

次の

あと施工アンカーのサンコーテクノ| 引張試験機

あと施工アンカー引張試験

会員 のみなさまへ• 2020. 01 会員• 2020. 01 会員• 2020. 01 資格・講習• 2020. 26 資格・講習• 2020. 01 会員• 2020. 01 資格・講習• 2020. 26 資格・講習• 2020. 11 資格・講習• 2020. 27 資格・講習• 2020. 24 資格・講習• 2020. 24 協会• 2020. 14 協会• 2019. 23 協会• 2019. 18 協会• 2019. 01 協会 2019年11月1日 JCAAのホームページが新しくなりました• 2020. 01 会員• 2020. 01 会員• 2020. 01 会員• 2020. 01 会員• 2020. 07 会員.

次の