オラウータン タイム と は。 【更新】AI菜奈ちゃんLINE返信考察!ネタバレや犯人は?あなたの番です

『あなたの番です』オラウータンタイムの意味は?田中圭の推理姿がカワイイ!

オラウータン タイム と は

「モルグ街の殺人」草稿 作者 国 言語 ジャンル 、 発表形態 雑誌掲載 初出 『グレアムズ・マガジン』4月号 刊行 収録 『エドガー・A・ポーの物語集』 1845年 訳者 、 次作 「 モルグ街の殺人」(モルグがいのさつじん、 The Murders in the Rue Morgue)は、に発表されたの短編。 ポー自身が編集主筆を務めていた『グレアムズ・マガジン』4月号に掲載された。 史上初の推理小説とされており 、天才的な探偵と平凡な語り手、結末近くでの推理の披露、意外な犯人像など、以後連綿と続く推理小説のジャンルにおける原型を作り出した。 を扱った最初の推理小説とも言われている。 本作の素人探偵は、半世紀後に出現するの原型となった探偵であり、デュパンが登場する続編として「」(1842年-1843年)、「」(1845年)がある。 あらすじ [ ] パリに長期滞在している、名前が登場しない語り手は、ある日の図書館で、没落した名家の出であるという人物と知り合う。 語り手は、幅広い読書範囲と卓抜な観察力、分析力を持つデュパンにほれ込み、やがてパリの場末の古びた家を借りて一緒に住むことになる。 デュパンは、ある晩、街を歩いているとき、語り手が黙考していたことをズバリと言い当てて語り手を驚かせたが、その推理過程を聞くと非常に理にかなったものであった。 そんなとき、ある猟奇殺人の新聞記事が二人の目に止まる。 「モルグ街」のアパートメントの4階で起こった事件で、二人暮らしの母娘が惨殺されたのだった。 娘は首を絞められ暖炉の煙突に逆立ち状態で詰め込まれていた。 母親は裏庭で見つかり、首をかき切られて胴から頭が取れかかっていた。 部屋の中はひどく荒らされていたが、金品はそのまま。 さらに奇妙なことに、部屋の出入り口には鍵がかかっており、裏の窓には釘が打ち付けられていて、人の出入りできるところがなかった。 また多数の証言者が、事件のあった時刻に犯人と思しき二人の人物の声を聞いており、一方の声は「こら!」とフランス語であったが、もう一方の甲高い声については、ある者はスペイン語、ある者はイタリア語、ある者はフランス語だったと違う証言をする。 船乗りに殺害者のことについて聞きただすデュパン。 バイアム・ショウによる挿絵、1909年 この謎めいた事件に興味をそそられたデュパンは、伝手で犯行現場へ立ち入る許可をもらい、独自に調査を行う。 語り手は新聞に発表された以上のことを見つけられなかったが、デュパンは現場やその周辺を精査に調べ、その帰りに新聞社に寄ったのち、警察の表面的な捜査方法を批判しながら、語り手に自分の分析精神を交えつつ推理過程を語りだす。 玄関の鍵は完全、秘密の抜け穴もない。 煙突は通れない。 表の窓は人目につかず出入りするのは無理。 ならば犯人が逃げたのは裏の窓しかない。 あとはこの裏の窓から逃げたということを証明するだけなのだ。 裏の窓は釘で固定されているように見えたが、案の定、釘は中で折れていて実は窓は開くのだった。 そしてその窓からやや遠くには避雷針が通っている。 ならば犯人はこの避雷針を伝って出入りしたのに間違いない。 さて、こんな危ない経路を通った超人的身のこなしと、何語か分からぬ声と、金品の放置、意味不明に見える死体の残酷な扱いなどを考え合わせるとどうなるか?デュパンは現場に落ちていた毛を語り手に示し、犯人は人間でなくオランウータンだと結論づける。 デュパンが先ほど新聞社に寄ったのはオランウータンを捕まえたが持ち主は名乗り出るようにとの新聞広告を出すためであった。 そこに1人の船乗りが現われ、珍獣として一儲けしようとで捕獲したが逃げ出して、犯行を行ったことを白状する。 文学史上の功績 [ ] やを主題とした小説はポー以前にも存在し、例えばの『スキュデリ嬢』(1819年)はときにポー以前の推理小説と言われることがあるが 、推理小説・探偵小説(ポー自身は「推理物語(The tales of ratiocination)」と呼んでいた)の原型となったのは、「モルグ街の殺人」及びそれに続くポーの作品である。 その筆名をポーから借りているは、もしポーが探偵小説を発明していなければ「恐らくは生まれなかったであろう。 随ってもなく、その後の優れた作家たちも探偵小説を書かなかったか、あるいは書いたとしても、例えばなどの系統のまったく形の違ったものになっていたであろう」と述べている。 「モルグ街の殺人」は、の人物像を初めとして、その後の推理小説におけるセオリーにあふれている。 まずポーの創造した「天才的な探偵」は、のにそのまま踏襲されて以来、現在に至るまで受け継がれており、が地道な捜査を旨とする「平凡探偵」を打ち出して例外を作るまでには80年の時を要した。 また名探偵の活躍を語る凡庸な人物というのも、に対するをはじめ、欠かせないものとなっている。 名探偵の引き立て役としてを愚鈍に描く、という約束事もこの作品にすでに現れている。 そして「出発点の怪奇性」と「結末の意外性」という法則や、謎の解決のためのデータを真相開示までに読者に提示しておく「挑戦」の原則、密室を初めとするとそれを可能とする「トリック」、推理を最終場面で一括して披露する形式、また作品全体に通底する衒学趣味など、いずれも「モルグ街の殺人」で描かれている。 読者が「真犯人」を容疑者としてリストアップできないことや、「密室」の状況説明の不十分さなどが、現代の推理小説のルールからは外れているとの指摘もあるが 、この作品を基に、ポーの死後、推理小説というジャンルが成立したのであるから、それは本末転倒の批判である。 「モルグ街の殺人」は発表当時、その新奇性から多くの賞賛を受けた。 の『インクワイア』誌は当時「この作品はポー氏の才能を証し立てるものだ... その独創的な筆力と技術には並ぶところがない」と記している。 しかし、ポー自身はフィリップ・ペンドルトン・クックへの書簡の中で、自分自身の達成を低く見積もっている。 これらの推理物語は、その人気の大半をそれが目新しい形式であるということに負っています。 例えば「モルグ街の殺人」ですが、いったいこの中で絡み合った糸を解きほぐす手つきのどこに巧妙さがあるでしょうか... この糸は明白に、解きほぐされることを意識して絡み合わされているというのに? 執筆背景 [ ] による挿絵、1895年 ポーが「モルグ街の殺人」を書いた当時は、近代的な都市の発達に従い、が人々の興味の中心に据えられるようになった時期であった。 はこの時期に最初の専門的な警官隊の体制を整えていたし、アメリカ合衆国の諸都市では警察の科学的な捜査が注目され、殺人事件と犯罪者の裁判の記事が各紙で読者をひきつけるようになっていた。 ポーはおそらくにおける生活の中で都市をテーマとすることを着想し、このテーマは「モルグ街の殺人」確立された後、「」など以後の作品にも繰り返し使われることになった。 また「モルグ街の殺人」以前にも、ポーはエッセイ「メルツェルの将棋指し」や、短編「週に三度の日曜日」など、を主要なモチーフとした作品を書いており、「モルグ街」はこれらの要素をさらに推し進めて書かれたのだと考えられる。 作中の「真犯人」については、1839年7月にフィラデルフィアのマソニック・ホールで行なわれたオランウータンの展示における人々の反応から着想を得たものらしく 、1839年の「飛び蛙」では再びオランウータンと殺人の要素が組み合わされて描かれている。 また探偵役の「デュパン」の名は、1828年に「バートン・ジェントルマンズ・マガジン」に掲載された「フランスの警察庁長官の人生から、いまだ出版されざる一事件」という作品に登場する「デュパン」という人物から取られたものと考えられる。 この作品は「モルグ街」と内容の共通点は少ないものの、やはり分析を得意とする人物を扱っており、また殺人の犠牲者が首を刈られて胴体から取れかかっている、という細部の一致点もある。 なお「モルグ街の殺人」ではデュパンがを名指しし「洞察力もあるし忍耐力もある男なんだが、思考訓練をきちんと受けていないがために、調査を厳密に行なえば行なうほど間違った結論に達してしまう」 と述べる場面がある。 出版史 [ ] ポーはもともとこの作品に「トリアノン街の殺人」というタイトルを予定していたが、より「死」のイメージに近づけるために死体安置所の意味がある「」に改題した。 「モルグ街の殺人」は、ポー自身が編集を行なっていた『グレアムズ・マガジン』1841年4月号に初めて掲載された。 この作品に対する原稿料は56ドルであり、これはポーの代表詩「大鴉」の稿料が9ドルだったことを考えると破格の値段である。 のち1843年に、ポーは自作を小冊子のシリーズにして出版することを思いついた。 しかしポーが印刷したのは結局「モルグ街の殺人」一冊のみであり、この小冊子ではどういうわけか風刺的な作品「使いきった男」と抱き合わせで印刷され、12半の値段で売り出された。 この版では"too cunning to be acute"(鋭くあろうとするにはあまりに賢しすぎる)という語句が"The Prefect is somewhat too cunning to be profound"(警視総監は深遠であろうとするには少々賢しすぎるところがある) という語句に変えられているなど、『グレアムズ・マガジン』掲載のものから52箇所の変更が施されている。 「モルグ街の殺人」はまたワイリー・アンド・パトナムズ社から発行されたポーの作品集『物語集』にも収録されたが、ポーはこの作品集での作品の選択には関わっていない。 「モルグ街の殺人」の続編「」は1842年から1843年にかけて発表された。 しかしこの作品は「続・モルグ街の殺人」というサブタイトルを持っていたものの、デュパンが探偵役として登場すること、またパリが舞台であるということ以外には前作とほとんど共通点はない。 その後デュパンは「」で再登場しており、この作品をポーは1844年の宛ての書簡において「おそらく私の推理物語のうちで最高の作」と述べている。 『グレアムズマガジン』掲載時に使われた「モルグ街の殺人」の草稿は使用済みとしてゴミ箱に捨てられたが、事務所の徒弟であったJ. ジョンストンが拾って持ち帰り、安全を期して父親のもとに預けていた。 この草稿は音楽の本の間に挟まれて保存されており、3度の火災を切り抜けてジョージ・ウィリアム・チャイルズにより購入され、1891年にチャイルズによりに寄贈された。 なおチャイルズは1875年に、ボルティモアでポーの新しい墓碑が設立された際にも650ドルの寄付を行なっている。 「モルグ街の殺人」はポーの最も早い時期にフランス語に翻訳された作品のうちの一つである。 最初に1846年6月11日から13日にかけて、「裁判所の記録にも前例がない殺人事件」と題した翻案作品がパリの新聞『ラ・コティディエーヌ』に掲載されたが、原作者ポーの名は紹介されておらず、街の名も主要人物の名も変えられている 例えば「デュパン」は「ベルニエ」になっている。 1846年10月12日にはやはりポーの名を出さずに「血腥い事件」のタイトルで『ル・コメルス』に掲載された。 『ル・コメルス』は『ラ・コティディエーヌ』からの盗用として非難されて裁判沙汰になり、このとき世論によってようやく原作者ポーの名が明らかになった。 日本語訳 [ ] 日本では(20年)に、によって「ルーモルグの人殺し」として初めて翻訳(翻案)された(『読売新聞』12月14日、23日、27日)。 篁村は同年11月に「」の翻訳も発表しており、これが日本におけるポー作品の初の翻訳紹介となった。 ただし、これは外国語が苦手であった篁村が友人の口訳をもとにして書いたもので原文に必ずしも忠実ではない。 その後による、フランス語訳を参照したらしい意訳「猩々怪」(『』1899年10月)や、深沢由次郎の未完の訳「凍絶愴絶 モルグ町の惨殺事件」(『英語青年』1909年1月)など不完全な訳が続き、に入ってからはが「病院横町の殺人犯」としてドイツ語からの重訳を行なっている(『新小説』1913年2月)。 2010年現在は以下に収録のものが入手しやすい。 訳 『黒猫・モルグ街の殺人事件 他5編』 岩波文庫、1978年• 訳 『・モルグ街の殺人』 光文社古典新訳文庫、2006年• 訳 『モルグ街の殺人・』 新潮文庫、2010年 翻案 [ ] 映画化作品 [ ] モルグ街の殺人 1932• シャーロック・ホームズと大殺人事件の謎( Sherlock Holmes in the Great Murder Mystery、1908年、米、モノクロ・サイレント)• ( Murders in the Rue Morgue、1932年、米、モノクロ) - 監督、、出演• 謎のモルグ街( Phantom of the Rue Morgue、1954年、米、カラー、3D映画) - 監督、、出演• モルグ街の殺人( The Murders in the Rue Morgue、1986年、米、テレビ映画、日本劇場未公開) - 監督、、出演 その他 [ ]• イギリスのヘヴィメタルバンドのアルバム『』(1981年)に「モルグ街の殺人」と題する曲がある。 2013年、設定を現代の日本に置き換えた舞台作品『Moonlight Rambler 〜月夜の散歩人〜』(主演:)が日本で制作・上演された。 脚注 [ ]• 171. 江戸川、421-424頁。 Meyers, Jeffrey 1992. Edgar Allan Poe: His Life and Legacy. New York: Cooper Square Press, p. 123. 174. The Seven Basic Plots. Continuum, 507. 507. 江戸川、421頁。 Van Leer, David 1993. "Detecting Truth: The World of the Dupin Tales" The American Novel: New Essays on Poe's Major Tales, Kenneth Silverman, editor, Cambridge University Press, p. 江戸川、423頁-424頁。 Rosenheim, Shawn James 1997. The Cryptographic Imagination: Secret Writing from Edgar Poe to the Internet. Johns Hopkins University Press, p. 江戸川、423頁。 Silverman, p. 173. Quinn, p. 354. Silverman, p. 172. Cornelius, p. Ousby, Ian V. December 1972. "", Poe Studies, vol. V, no. 2, p. 巽孝之訳 『モルグ街の殺人・黄金虫』 新潮文庫、2010年、37頁。 Sova, p. 162. Ostram, pp. 39-40. Ostram, p. Quinn, p. 399. Quinn, pp. 465—466. Sova, p. 165. Quinn, p. 430. Boll, Ernest May 1943. "The Manuscript of 'The Murders in the Rue Morgue' and Poe's Revisions", Modern Philology, vol. 40, no. 4, p. 302. Miller, John C. Poe Studies vii 2 , pp. 46—47. 517. 宮永、98-99頁。 宮永、150-155頁。 2013年6月17日. 2013年12月2日閲覧。 何を示している 参考文献 [ ]• Silverman, Kenneth 1991. Edgar A. Poe: Mournful and Never-ending Remembrance Paperback ed. New York: Harper Perennial. Quinn, Arthur Hobson 1998. Edgar Allan Poe: A Critical Biography. Baltimore: The Johns Hopkins University Press. Sova, Dawn B. 2001. Edgar Allan Poe: A to Z. New York: Checkmark Books. Cornelius, Kay 2001. "Biography of Edgar Allan Poe" in Bloom's BioCritiques: Edgar Allan Poe, Harold Bloom, ed. Philadelphia: Chelsea House Publishers. Ostram, John Ward 1987. "Poe's Literary Labors and Rewards", Myths and Reality: The Mysterious Mr. Poe. Baltimore: The Edgar Allan Poe Society. 「探偵作家としてのエドガー・ポオ」創元推理文庫『ポオ小説全集4』所収、1974年(初出は『宝石』1949年11月号)• 宮永孝 『ポーと日本 その受容の歴史』 彩流社、2000年• エドガー・アラン・ポー 『モルグ街の殺人・黄金虫』 訳、新潮文庫、2010年• エドガー・アラン・ポー 「モルグ街の殺人」 訳、創元推理文庫『ポオ小説全集3 』所収、1974年 外部リンク [ ] 英語版ウィキソースに本記事に関連した原文があります。

次の

あなたの番です ネタバレ(1話)と感想|伏線を考察!オラウータンタイムとは?

オラウータン タイム と は

もくじ• あなたの番ですの「ブル」とはどういう意味? あなたの番ですの 「ブル」とは一体何を意味しているのでしょうか。 「ブル」という言葉は翔太の趣味が関係しています。 翔太の趣味と言えば ダーツ! 「ブル」とは ダーツ用語でダーツボードの中心の黒い丸のことをさします。 画像をみてもらうとわかるかと思いますが、ダーツの中心部はまわりを赤い丸枠に囲まれていて、まるで血走った闘牛の目のように見えることから、ブルズアイという名前がつけられたそうで、略して「ブル」と呼ばれているのです。 点数が高く面積も広いことから基本的にはブルを狙って矢を投げるそうですが、そう簡単に刺さるものではありません。 私も遊びで何度かダーツをやったことがありますが、何度も何度も投げて偶然刺さった時は奇跡がおきたような気持ちよさがありました。 おそらくドラマの中の翔太もダーツの中心に矢が刺さったような感覚を彷彿させていると思われます。 翔太が使う「ブル」の意味は、思考に思考を重ね、 自分の推理が真実に突き刺さった時に使っているのではないか と思われます。 あなたの番ですでは気になる伏線や謎がたくさんです。 第2話「ブルだよ!ブル!」 第2話で、翔太は自殺したと言われていた管理人は他の何者かによって殺されたと推理。 犯人は唯一管理人手作りのプレートを使用している301号室の尾野ではないかと、菜奈に話します。 尾野は管理人と恋愛関係にあり、関係がもつれたことによって殺害に至ったのではと予想したのです。 その後おもむろにダーツボードに向かってダーツの矢を投げる翔太。 ダーツの矢はなんと「ブル」に突き刺さります。 「ブルだよ!ブル!そう思わない?」 と菜奈に問いかける翔太。 ここではじめて「ブル」という言葉がでてきます。 ストーリーの流れから考えると、「 俺の予想的中してると思わない?」「 これってビンゴじゃない?」というような意味に近い使われかたをしているように聞こえますよね。 第7話「ブルだった!ブルだった!」 第7話で、帰り道に尾野幹葉に会った翔太は冷たい態度をとります。 翔太の様子をみて激怒した尾野幹葉は 「こういう捨てられ方をした時の私、怖いから」と言います。 その後、翔太は急いで家に帰り 「ブルだった!ブルだった!」と尾野幹葉は痴情がもつれるタイプの女の子で管理人さんと何かかあったのではという推理があたっていることを菜奈に話します。 「ブルだった」っていう言葉は「やっぱり俺の予想的中してた!」といったような意味で使われていることがわかりますね。 そもそも的中という言葉は矢などが的に当たることを言うので「ブル」にぴったりの解釈ではないかと思います。 尾野幹葉はストーカーになってしまいそうなちょっと怖い人物で謎も多くあります。 特に空き部屋のはずの303号室のカギを持っている様で日常的に出入りしているのです。 2019-06-12 16:45 第8話で「ほぼブルです」 第8話で翔太は自分の推理を菜奈・早苗・黒島に話します。 情報を整理していきながら早苗・黒島・北川・田宮の4人のうちの誰かが浮田殺しに関わっていると話す翔太。 紙を使って交換殺人ゲームが行われていることを説明し、 「これほぼブルです」と言います。 「これほぼブルです」という言葉はなんだかちょっと笑ってしまいそうになりますよね。 ダーツではブルに刺さるかそれ以外に刺さるしかなく「ほぼブル」という状態は存在しませんからね。 それでも「自分の予想はほぼほぼ当たっている」ということを説明するにはなかなか面白い表現だと思います。 まとめてみると、「ブル」という言葉は、 翔太が 自分の予想が的中した、真実に突き刺さった というような意味で使っていることがわかります。 ど真ん中に突き刺さる快感をともなう言葉で思わず使ってみたくなりますね。 黒島ちゃんも怪しい点がいろいろありますね。 2019-07-26 17:59 第9話で「これブルだな」 9話で翔太は自分の部屋の扉の前でふと何かに気づきました。 自分たちの部屋と402号室の早苗の部屋の違いに気付いたのです。 同じ間取りなはずなのに、自分たちの部屋と違う間取りになっていることに気が付いたのです。 そして、奈菜が「早苗さんがいつもチェーンをかけているのは、何か見られたくないものがあるのではないか?」と言ったことが引っかかり、奥の部屋になにか秘密があるのではないかと考え、翔太は 「うわ。 これブルだな。 」とつぶやきます。 このセリフの意味も「 予想的中だな!」というような意味で使われているのではないでしょうか? 402号室には秘密がありました。 翔太の推理は当たっていたのです。 【あなたの番です】の見逃し配信ならHulu! 【あなたの番です】の見逃し配信を見たい方は動画配信サービス「 Hulu 」 フールー で決まりです! 「 Hulu 」 フールー でしか見られないオリジナルストーリーの「 扉の向こう」も見ることができますよ。 「 扉の向こう」では本編の謎に対するヒントがあるようですね。 まぁ、あれはかなりわかり易かったんだけどね… 山際殺されたのはいつなんだよぉ — HiMaRi HiNaTa59872214 昨夜の 見てるんだけどブルの意味が分からなくて1時間以上調べても解決せず。 サーチエンジンのサジェストにも「あなたの番です ブル 意味」とか出てきて同じように意味わからなくて調べてる人多いんだな。 他にも「あなたの番です」では「オランウータンタイム」という謎の言葉も出てきます。 「オランウータンタイム」についても記事にしていますのでご覧ください。

次の

【あなたの番です】菜奈が怪しいいくつかの理由【オランウータンタイムの意味も】

オラウータン タイム と は

テナガザル、オランウータン、ゴリラ、チンパンジー、全ての類人猿は今も進化の途中です。 そして、ヒトも。 進化のタイムスケールで見れば一刹那でしかない貴方の生があるうちに、確証を持って語れるようなハッキリとした形での 類人猿の進化が起こることなど稀有でしょうけれども、彼らは他の生物と同じように着々と進化の歩みを進めていきます。 原始的なヒトである猿人や原人が現在見られないのは、我々に連なる祖先との生存競争に敗れて生活の場を奪われたから。 我々は、その時代その時代に最も上手く立ち回ったグループの子孫であり、それぞれの時代にあって敗者となった者達が 今の世に生きていないのは、適者生存の習いに則った自然の成り行きです。 これは進化上の過渡期に位置する種の持つ宿命であり、よりいっそう進化した新種を派生させた後で役目を終えて消えていく のが常なのです。 魚類から両生類へ、両生類から爬虫類へ、爬虫類から鳥類や哺乳類への橋渡し役を果たした動物がことごとく絶滅している のと同様に、彼らが消えるのは進化上の約束事です。 責めてるわけでないですけど、質問の意味がわかりません。 そういう意味でない? 「化石証拠がないのにどうして分かったか」ということを聞いてるのでしょうか? それとも「たとえばホモ・エレクトゥス等のような現生人類と類人猿とをつなぐ(諸説あり)途中の種が現在まで生き残っていないのか」ということを聞いてるのでしょうか? それとも「そこらにいる生き物はみんな進化の結果であって、進化の途中にある生き物が現在いないのではないか」ということを聞いてるのでしょうか? 人類は人類へと進化し、オランウータンはオランウータンへと進化しているからです。 (意味わかってもらえるかな?) 進化の途中で類人猿は人類へと進化していきましたが、サルはサル、オランウータンはオランウータン、ゴリラはゴリラへと進化の道をとったため、将来、サルがオランウータンやゴリラ、ましては人類などへは自然の状態では進化していきません。 樹木に例えると、左の幹(人類への進化)を選んだもの(動物)は左の幹(人類への進化)を進み、右の幹(オランウータンへの進化)を選んだもの(動物)は右の幹(オランウータンへの進化)をたどっていきます。 どんどん枝葉は分岐していきますが、一度分岐した幹や枝は、決して一体となる(隣の幹や枝と結合する)ことはありません。 したがって、人間が今後サルへ進化することもオランウータンが人間へ進化することもありません。 (非常に可能性は小さいですが、今の便利な暮らしが一変し、類人猿が生きていたような時代へと戻ったなら人間がサルのような動物へと退化することはあるかもしれません。 ) 現代の科学技術なら(倫理上の問題は別として)人間が動物を交配して人類へと進化させてしまうかもしれませんが…。 しかし、進化途中の類人猿ではありませんが、人間が動物に芸を覚えさせて類人猿化させているケースもあります。 2本足で歩くサル、簡単な足し算がわかるオランウータン、字を書くゴリラなどがそうです。 将来、火を操るサルなどが出てくるかもしれません。 人間の言葉を理解(喋れる)できるオウム、人間の命令でジャンプするイルカでも、人間へは進化していきません。 オウムはオウム、イルカはイルカとして進化し続けていきます。 このように人間と同じような知能を持った動物でもそれぞれ独自の進化過程(幹や枝)をとっていきますので、基本的に自然界では、今後、サルやオランウータンが人類へと進化することはありません。

次の