ヤン フィー テ アルプ。 【ヤン=フィーテ・アルプ】フィジカルの強さと卓越したスキルで次世代のスター選手【サッカー】Jann Fiete Arp【scooer】

オランダから出てきた”レヴァンドフスキ2世”!? 注目の超大型17歳|theWORLD(ザ・ワールド)|世界中のサッカーを楽しもう!

ヤン フィー テ アルプ

近い将来バイエルンに求められるミッションが、FWロベルト・レヴァンドフスキの後継者探しだ。 レヴァンドフスキはブンデスリーガの歴史に名を刻む名ストライカーで、レヴァンドフスキが退団した日には得点力が大きく落ちるだろう。 すでに今冬にはハンブルガーSVから19歳のFWヤン・フィーテ・アルプを獲得しており、今夏か2020年夏に合流する予定となっている。 アルプもレヴァンドフスキの後継者候補となるはずだが、クラブのユースにも目を向けてみるべきだろう。 今興味深い存在となっているのが、主にバイエルンのU-19チームでプレイしている17歳のオランダ人FWジョシュア・ザークツィーだ。 何とも強烈なインパクトのある名前の持ち主だが、サイズも193cmとインパクト抜群。 オランダの世代別代表に選ばれているストライカーで、フェイエノールトのユースチームを経て2018年夏にバイエルンへ加わった。 残している成績も見事で、今季全てのコンペティションを含めると25試合で21得点7アシストを記録している。 今季開幕前にはパリ・サンジェルマン戦で得点も決めており、非常に将来が楽しみなタレントだ。 オランダはロシアワールドカップ出場を逃してしまったが、ネーションズリーグではドイツ代表をも撃破するなど力を蓄えてきている。 まだ若すぎるかもしれないが、2022カタールワールドカップを17歳のザークツィーが目指すことも不可能ではない。 独『TZ』によると、ザークツィーもいつバイエルンのトップチームに入れるかとの問いに対して「すぐにでも可能」と答えている。 アルプとの競争になるかもしれないが、オランダから出てきた超大型ストライカーはいつトップチームで暴れてくれるのか。

次の

SPS Club Selection 選手・ユニークスキル・ロッキングスキル公開

ヤン フィー テ アルプ

国際サッカー連盟(FIFA)は、今年ブレイクした22歳以下の若手選手11人を紹介した。 今年韓国で行われた2017 FIFA U-20ワールドカップで代表チームを優勝に導き、MVPにあたるゴールデンボールを獲得したソランケは、今夏の移籍市場で育成年代から所属していたチェルシーを離れリヴァプールへと加入した。 今シーズンはプレミアリーグで12試合に出場している。 今シーズンはリーガ・エスパニョーラで15試合に出場し、チームを牽引している。 2000年生まれの17歳はU20W杯でプレーすると、グループリーグで2試合連続得点を記録。 決勝トーナメント1回戦でも先制ゴールを奪い、チームの準々決勝進出に貢献した。 来シーズンにはブンデスリーガのブレーメンへ移籍が決まっている。 FIFAはオギュスタンを「計り知れないポテンシャルの持ち主」と評し、今後に向けて期待を表した。 11月にはA代表に選ばれた。 決勝戦でも後半アディショナルタイム2分まで出場し、ドイツの初優勝の立役者となった。 今シーズンはシャルケで11試合4ゴールを奪い、ブンデスリーガで2位につけるチームを牽引している。 同大会の活躍が認められ、オランダのPSVに今夏移籍を果たすと、リーグ戦で16試合出場11ゴールをあげる大活躍を披露している。 所属するマンチェスター・Cでは、11月に行われたチャンピオンズリーグ・グループステージ第5節で公式戦デビューを果たすと、ジョゼップ・グアルディオラ監督も絶賛するプレーを見せつけた。 爆発的な加速力を武器にU17イングランド代表のエースとして君臨しているブリュースターは、リヴァプールトップチームデビュー間近だと囁かれている。 FIFAも「ターボエンジンを持っているストライカー」と評した。 U17W杯でも5ゴールを奪い、次世代のスター選手としてビッグクラブから注目を浴びているという。 続けてイングランド代表として出場したU17W杯では3ゴールを奪い、準優勝に貢献したサンチョは、今夏にマンチェスター・Cからドルトムントへ移籍したものの、ここまで出場機会を得られていない。

次の

ドイツ期待の若手FWアルプ、バイエルンで一足早く始動

ヤン フィー テ アルプ

近い将来バイエルンに求められるミッションが、FWロベルト・レヴァンドフスキの後継者探しだ。 レヴァンドフスキはブンデスリーガの歴史に名を刻む名ストライカーで、レヴァンドフスキが退団した日には得点力が大きく落ちるだろう。 すでに今冬にはハンブルガーSVから19歳のFWヤン・フィーテ・アルプを獲得しており、今夏か2020年夏に合流する予定となっている。 アルプもレヴァンドフスキの後継者候補となるはずだが、クラブのユースにも目を向けてみるべきだろう。 今興味深い存在となっているのが、主にバイエルンのU-19チームでプレイしている17歳のオランダ人FWジョシュア・ザークツィーだ。 何とも強烈なインパクトのある名前の持ち主だが、サイズも193cmとインパクト抜群。 オランダの世代別代表に選ばれているストライカーで、フェイエノールトのユースチームを経て2018年夏にバイエルンへ加わった。 残している成績も見事で、今季全てのコンペティションを含めると25試合で21得点7アシストを記録している。 今季開幕前にはパリ・サンジェルマン戦で得点も決めており、非常に将来が楽しみなタレントだ。 オランダはロシアワールドカップ出場を逃してしまったが、ネーションズリーグではドイツ代表をも撃破するなど力を蓄えてきている。 まだ若すぎるかもしれないが、2022カタールワールドカップを17歳のザークツィーが目指すことも不可能ではない。 独『TZ』によると、ザークツィーもいつバイエルンのトップチームに入れるかとの問いに対して「すぐにでも可能」と答えている。 アルプとの競争になるかもしれないが、オランダから出てきた超大型ストライカーはいつトップチームで暴れてくれるのか。

次の