野球 詰まる。 生きざまが詰まる阪神荒木の走塁/コラム

バッティング 「詰まる」と「手元まで呼び込む」の境界線とは?

野球 詰まる

野球で打球が詰まるのはに問題があるかもしれない 今回は、打球が詰まる原因の一つとして考えられるについて改善方法を 書いていきたいと思います。 私自身も打球の詰まりには悩まされました。 打球を遠くに飛ばそうとすればするほど、強く振りぬこうとすればするほど 打球は詰まりました。 力みすぎが原因かと考えた時もありましたが、 いろいろ試した上で、一番しっくりくる答えがでましたので、 今回は、詰まる原因と改善方法をの観点から書いていきたいと思います。 もちろん以外のところに原因がある場合もありますが、 一つの考え方として参考程度にしてみてください。 をする際の注意点 そもそもをする目的は、重心を移動させてその勢いを使ってバットのヘッドスピードを上げることにあります。 ですので、なしにはバットを早く振ることはできません。 では、をする際によく言われる、前に出すぎるなというのはどういうことだと思いますか。 これは、上体だけが前のめりになる(つっこむ)ことを言っているのです。 の際に状態が前のめりになると、バットがでてこなくなり 結果、身体の前でボールをトできずに詰まっている打球やフライを上げるといったミスショットが増えてしまうのです。 前に出るなと言われたからといってまったくをせずに体を回転させても バットを早く振ることはできないということになります。 つまり、状態が前のめりになることはいけませんが、しっかりとをすることが大切ということになります。 では正しくをして、バットのスピードを速くしてボールを身体の前で捉えるにはどうすれば良いのか ということになりますので、その方法を紹介します。 正しいの方法 正しいの方法を右打者を例に書いていきたいと思います。 参考程度にしてみてください。 まず、右打者だと後ろ足つまり右足の方に体重が乗っている状態を10:0とします。 この右足に乗っている体重10を移動させたいのですが ボールが来たからといっていきなり前足側(左足)に10移動させようとする選手がいますが これは間違いです。 これだと上に書いたように状態がつっこんだ状態になり、バットが出てこずに打球が詰まった形になるかフライが上がってしまいます。 変化球などが混ざってくるとバットにすらボールが当たらずに打てなくなってしまいます。 ですから、ピッチャーが投げてからボールが来るまでの比率は左右の足で4:6か 3. 5:6. 5くらいが丁度いいと思います。 この比率は人によって違うので、練習で一番自分が打てる比率を確認してみてください。 このボールを待っている間の左右の比率をよく探りの状態と表現する場合があります。 つまりボールかストライクか振るか降らないかピッチャーがどんな球を投げてきたのた探っている状態です。 この探りがないと、野球で良い打者にはなれません。 探っている状態でストライクが来た場合つまり自分が狙っているボールがきた場合に よし打とうと思ってそのままをして重心を前に移動させすぎる選手もいます。 これでも、詰まったりフライが上がったりする場合が多いです。 なぜならこのような選手は左足(前足)がまったく機能していないからです。 6:4で探っている状態で、振ろうと決めた場合にはそのまま重心を前に移動させるのではなく、 移動させた重心を左足つまり前足で止めるイメージです。 よく後ろ足を前足にぶつけるイメージという場合もあります。 前足で重心移動をとめると急ブレーキがかかりバットが前にでるという形になります。 しっかりと止めれている選手は下の画像のように前足がピーンと一直線に張っています。 この動きによってさらにヘッドスピードが加速します。 前足が機能していない選手、しっかりと受け止めれていない選手は、下の画像のような足の形になっていません。 ヘッドを加速させる際のポイント 上手く前足が機能していなかった選手の矯正やヘッド上手く走らせるイメージを掴むためには いろいろな方法、イメージの仕方がありますが 今回は、分かりやすかった動画がありますので、紹介したいと思います。 雑巾打法とタイトルに書かれていますがこの動画が非常に分かりやすいと思います。 雑巾を絞る時に両手で絞りますよね。 雑巾を両手で持った状態で、右手だけ絞っても、左手だけ絞っても上手く雑巾を絞ることができませんよね。 両手で絞ることでうまく雑巾が絞れると思います。 野球の打撃でも下半身だけ絞るのではなく、上半身(へそやお腹)を内側に絞るイメージをするとヘッドが前に出て加速するという考えかただと思います。 下に張った動画を見てもらえれば、さらにイメージしやすいのではないでしょうか。 どうでしたか雑巾打法、非常にわかりやすい動画だったと思います。 私がこの野球の打球が詰まる問題で悩んでいた時に見せたい動画でした。 この動画を投稿されている方は、私の野球系Youtuberの紹介記事でも紹介させていただきました。 というチャンネルで野球動画を投稿されている方です。 参考になる動画がまだまだたくさんありますので、チャンネル登録をまだしていない方は是非チャンネル登録をして野球を家でも勉強しましょう!! まとめ 野球で打球が詰まるのはに問題があるかもしれないということで 正しいができていなかったり探り動作がないために状態が突っ込みすぎているためにバットがでてこなくなり結果打球が詰まってしまうということで 正しいの方法やヘッドを加速するポイントを紹介しました! いろいろな考え方や方法論がある中で自分にあった方法を見つけるにはやはり練習でしっかり意識していろいろ試行錯誤していくことが一番の近道だと思います。 その試行錯誤してパフォーマンスを上げていくことが楽しくなってきたら、 あなたは野球がどんどんうまくなっていくと思います。 なかなか結果出ずに辛い時期もあると思いますが、あきらめずにいろいろなことにチャレンジしていきましょう! 今回紹介したのは、私の個人的な意見ですが参考程度にしてみてください。 この記事を見られた方にとって少しでも力になれたなら幸いです。 他にも野球関係に記事を書いています。 遠くに打球を飛ばしたい、速い球を投げたいなら増量は避けて通ることは できませんが、正しい知識で増量しないと怪我や故障の原因になります。 増量する上で大切なことをまとめてみました! 興味のある方はぜひ記事の方をご覧ください! 巨人の菅手、投手が絶賛した山岡投手がトグとして使っているサンドボールについてメリットや練習方法をまとめてみました! 気になる方は記事の方をご覧ください! 厳しい野球の練習に耐え、を明日に持ち越さないためにも身体のケアは大切です。 数ある回復系から良質なをまとめてみました! は怪我や故障の原因にもなります。 野球を本気でやりたいなら、しっかりと身体ケアをするべきです。 こちらの記事が気になる方は下記リンクより詳しい内容をどうぞ!! sdmuku.

次の

生きざまが詰まる阪神荒木の走塁/コラム

野球 詰まる

バッティング「詰まる」と「手元まで呼び込む」の境界線 以前DVDの講師をして頂いた、元中日ドラゴンズの和田一浩さんが現役時代に「詰まる」と「呼び込む」の境界線について話されていました。 和田さんの定義はこうです。 「詰まる」とは、手の自由が利かない状態。 「手元まで呼び込む」とは、手の自由が利く状態がギリギリ残っている身体に近いバッティング「詰まる」と「手元まで呼び込む」の境界線 以前DVDの講師をして頂いた、元中日ドラゴンズの和田一浩さんが現役時代に「詰まる」と「呼び込む」の境界線について話されていました。 和田さんの定義はこうです。 「詰まる」とは、手の自由が利かない状態。 「手元まで呼び込む」とは、手の自由が利く状態がギリギリ残っている、身体に最も近い位置。 個人の感覚ではありますが、何か納得できるわかりやすい表現だと思います。 バッターなら、誰しも出来るだけボールをよく見て、確実にミートしたいと考えますよね。 でも実際には、「もっと引きつけろ!」とか「詰まってるから、もう少し前で!」という指示だけになりがち。 そういう意味でも、この境界線は一つの基準になると思います。 なぜ、インパクトのポイントを身体の近くにした方がいいのか? では、なぜ「詰まる」危険性があるのにインパクトのポイントを近づける練習をするのか? 理由をあげていきましょう。 ・ボールをよく見ることが出来るので、ボール球を打たなくなる。 ・身体の近くでボールをインパクトすることでミート率が上がる。 ・遅いボールも泳がされずに打てる。 その効果は、和田さんも入団3年目に年間13本だったヒットがポイントを近くして翌年52本に増加したほど。 プロ野球の世界でもそれだけ差が出るわけですから、アマチュア野球、特に少年野球においては取り組まない理由がありません。 しかし、ただ単に近ければいいかというと、そうではありません。 近すぎると「詰まる」危険性があります。 「詰まらない」ために、どうすればいい? 和田さん曰く、「詰まる」と「手元まで呼び込む」の境界線は、 「手の自由が利く状態かどうか」 手が利くというのは、スイングの力が100発揮できる場所。 ポイントが近すぎてスイングの力が70しか出なかったら、詰まった状態というのが境目。 とにかくポイントを近づけることが良いわけでない。 スイングとボールの適切な距離感は必要で、それ以上近づけるとスイングの力が落ちてしまうということです。 もちろん、詰まったからといってヒットが打てないわけではありません。 事実、和田さんは、13本から52本にヒットが増加した時、ほとんどが詰まったライトへのヒットだったとのこと。 そのあとで、「手の自由が利く状態」の距離をキープできるところまで「呼び込む」という意識になったそうです。 まとめ 「詰まる」「手元まで呼び込む」の境界線は、「手の自由が利く状態」かどうかが境目。 ボールは出来るだけ近くまで引きつけたい スイングの力は100ボールに伝えたい この2つが両立できる場所が「ボールを呼び込んで打てる最高のポイント」なのかもしれません。 このポイントは、体格や技術の違いで個々に差があるもので、 「身体の何センチ前」というように一律に決まっているものではありません。 成長過程でその時々の最高のポイントを探していきましょう! 今回は「詰まる」と「手元まで呼び込む」の境界線のお話でした。

次の

【土井正博の豪傑球論】近本は「きれいに打とう」とし過ぎ 詰まることを嫌がるな (1/2ページ)

野球 詰まる

巨人菅野智之投手(29)が優勝会見で言葉を詰まらせた。 選手会長、エースとして初の優勝に「僕個人としてはもちろんうれしい気持ちもありましたけど、正直悔しい思いもありました。 今年に関しては何ひとつ貢献できていないなと思いますし、僕も覚悟を持って臨んだシーズンだったので、何とか優勝したいという気持ちを持って毎シーズンやってますけど、今年は特にその気持ちが強かった分、いろんな思いがありました」と素直な気持ちを口にした。 今季は22試合に登板し、11勝6敗、防御率3・89を記録するが腰痛で2度の離脱もあった。 自主トレをともにした桜井、中川ら若手投手の台頭に「僕は何もしてないんですけど、彼らが本当に頑張ってくれたと思います」と答えると原監督が「彼は何もしてなくないですよ。 やっぱりね、ギブアップしないというね。 数字そのものも、そんなにね。 ただ本人の中ではあれなんでしょうけど。 でも、彼は自分から『もうダメです』と1回も言わなかった。 これからも当然そうでしょうし、これから先もね大きな試合がありますから、そこに向けてやってもらいたいと思いますと」と反応。 菅野は約10秒の間を置き「はい。 全力を尽くして、次の戦いがあるので、そこに合わせて全力で取り組みます」と答えた。 チーム、そして投手陣の先頭を走ったからこそ周囲の成長を促進した。 「僕だけが頑張っても絶対優勝できないと思いますし、今年はたくさん若いピッチャーも出てきたと思いますし、そういうピッチャーが頑張ってくれたからこそ今日の優勝があると思うので、みなさんに感謝したいです」と思いを述べた。 photo• 野球 瀬田工・小辻、4球団スカウトの前で13K/滋賀 []• 高校野球夏の地方大会 [7月19日 12:01]• 高校野球 [7月19日 11:51]• 高校野球夏の地方大会 [7月19日 11:31]• 高校野球夏の地方大会 [7月19日 11:06]• コラム [7月19日 11:00]• プロ野球 [7月19日 10:01]• プロ野球 [7月19日 10:00]• プロ野球 [7月19日 10:00]• コラム [7月19日 10:00]• プロ野球 [7月19日 9:58]• プロ野球 張本氏「巨人ぶっちぎる」川藤氏「止めるのは阪神」 []• プロ野球 [7月19日 10:01]• プロ野球 [7月19日 10:00]• プロ野球 [7月19日 10:00]• プロ野球 [7月19日 9:58]• プロ野球 [7月19日 9:58]• プロ野球戦評 [7月19日 9:45]• プロ野球戦評 [7月19日 9:45]• プロ野球戦評 [7月19日 9:45]• プロ野球戦評 [7月19日 9:45]• プロ野球戦評 [7月19日 9:45]• 高校野球 瀬田工・小辻、4球団スカウトの前で13K/滋賀 []• 高校野球夏の地方大会 [7月19日 12:01]• 高校野球 [7月19日 11:51]• 高校野球夏の地方大会 [7月19日 11:31]• 高校野球夏の地方大会 [7月19日 11:06]• 高校野球夏の地方大会 [7月19日 7:23]• 高校野球夏の地方大会 [7月18日 22:29]• 高校野球夏の地方大会 [7月18日 22:23]• 高校野球夏の地方大会 [7月18日 22:14]• 高校野球夏の地方大会 [7月18日 22:13]• 高校野球夏の地方大会 [7月18日 21:50]• 大学・社会人 大商大・吉川を9球団が視察「短いイニングなら」 []• アマ野球 [7月16日 19:55]• アマ野球 [7月15日 21:38]• アマ野球 [7月13日 19:55]• アマ野球 [7月13日 19:55]• アマ野球 [7月13日 17:51]• アマ野球 [7月13日 13:43]• アマ野球 [7月10日 17:48]• アマ野球 [7月10日 17:16]• アマ野球 [7月5日 18:29]• アマ野球 [7月2日 17:12]•

次の