いま シンガポール に い ます なん j。 【定期】ごめん、同級会には行けません。いま、シンガポールにいます。|プロ野球アンテナ

シンガポール人「日本人はアホのレイシスト、韓国にボロ負けしてるAVしか産業が無いゴミ国家」

いま シンガポール に い ます なん j

日本よりもの方がが低く、よりいっそうが深刻だとかなんとか。 しかしそれでも、の経済は順調に成長しているらしいですね。 何故なんでしょうか。 今日は柄にもなく「グローバル的」な雰囲気の話をお届けします。 は日本以上のペースで高齢化が進む見通しにもかかわらず経済成長を続けている。 なんで?どうして? 完全にワタクシの守備範囲外の話なんで、あちこちツッコミどころが満載な可能性がありますが、どうか生暖かい目で見てください。 柄にもなく、ひょんなことからこんな記事を発見。 いま私が住んでいるでは、日本と同じように「」が社会問題となっています。 国連が発表している「World Populaton prospects: The 2015 Revision」によると、国の総人口に占める「60歳以上の人」の割合は、2015年時点で日本が33. 1%、が17. 9%ですが、なんと2050年には、日本が42. 5%、40. 4%になると予想されています。 これを見ると、は日本よりも急速に高齢化が進む見通しだということがわかります。 なお、のは1. 24(2015年時点)。 日本は1. 45(2015年時点)なので、ものほうが深刻なのです。 なるほど、は現時点では、60歳以上の割合は日本よりも少ないですが、が日本以上に低いため、はより深刻、ということなんですね。 今後のは、日本以上に急速にが進むだろう、ってことね。 ここまでは私でもなんとなく分かりました。 ということはですよ。 このままではは、元気に働ける人の数がどんどん減っていっちゃうんじゃないか?って心配が出てくるわけなんですけど、実はその点、すでに対策済みなんですよね、これが。 どういうことか?っつーと、では、若いをどんどん受け入れているから、らしいのです。 が経済成長を続けられる一因として、が多いことが挙げられます。 人口が少ないは、かなり前からを積極的に受け入れ、労働力をがっちり確保してきたのです。 の人口は約561万人。 (2017年6月時点) そのうちの約160万人は外国人だそうです。 え~~っと、これ割合で言ったらどのくらいでしょうかね。 28%くらいか。 (計算あってる?) 100人の村だとしたら28人が外国人、ってことになりますね。 日本の人口をザックリ1億2千万人だとすると、その28%で… 3360万人かな?あれ?よく分かんねぇな。 まぁとにかく、超いっぱい、ってことですよね、外国人いっぱい。 今現在、日本に住んでいる外国人は230万人程度らしいんで、と同じ比率で考えると、今の15倍くらい外国人が多いってことかな。 う~~ん…ようするに…全然ピンとこないね!! じゃあ、日本もを見習って、をバンバンさせればいいじゃねぇかって? 日本でも、人が足りなければ外国人を連れてくりゃいいんじゃね?って論調ありますけどねぇ…。 外国人の足元を見て、無茶な労働をさせたり、えげつない搾取を繰り返している日本の会社もけっこう問題になってますよね。 「外国人実習生」とは名ばかりで、実態は「たんなる奴隷」みたいな扱いとかね。 搾り取れるだけ搾り取ってやろう、みたいに使ってやろう、そんな「人間としてどうかしている」日本人経営者や受け入れ側もいるみたいで。 悲しい話ですけど。 まぁ、これはもう、受け入れる側のね、日本人の方の問題なんですけれども。 情けない話だけど、そういう、人を人とも思わない鬼畜のような日本人もいるんだよねぇ…。 んで、それはひとまず置いといて。 それとは別にね、入ってくる側の人々、の側にも、いろいろあったりするわけですよね。 日本も覚悟を決めて、と同じことができるだろうか?相当難しいと思うんだよね。 もう一度、先ほどの記事に戻ります。 が、に対して、どのように対応しているのか。 これがかなり厳しいんすよね。 移民が増加してもの治安がいい背景には、への厳しい規制が存在している の増加というと、治安の面を心配する方も多いかもしれません。 は凶悪事件の発生件数が少ない、治安がいい国ですが、あれだけ移民が多いのに良好な治安を維持できている背景には、さまざまな厳しい法律や規制があります。 例えば、殺人や銃器の発砲、多量の麻薬所持といった禁を犯すと死刑になります。 また、不法入国・不法滞在もむち打ちの厳罰に処されます。 さらに、を対象とした規制には、驚くようなものも多くあります。 たとえば女性の外国人ヘルパーは、なんと妊娠したら国に強制送還されます。 工事現場のスタッフも怪我をして働けなくなったら、国に帰るしかありません。 このような、日本では考えられない徹底した数多くの規制が、治安維持に貢献しているのです。 今後、が日本に何百万人、何千万人と増えてくるとなると、ちょっと心配なのが犯罪とかね、治安のことだったりします。 どうしては外国人だらけなのに治安が良いのか? それは、めっちゃ厳しい規制があるから、らしいのです。 殺人、銃器の発砲、多量の麻薬所持で死刑。 不法入国、不法滞在はムチ打ちの厳罰。 女性ヘルパーは妊娠したら国に強制送還。 では、の犯罪に対して非常に厳しく処罰しますし、また、犯罪に繋がりそうな状況さえ、見逃しません。 大抵の場合、犯罪を犯すのは金銭が目的ですから、「働けない」「お金がない」「貧しい」という状況にある外国人に対しても目を光らせているわけですね。 言い方は悪いですけど「犯罪を犯しそうな外国人には、国に帰ってもらう」という感じでしょうか。 治安を維持するために、犯罪が起こる前に未然にその芽(あるいは種?)を摘み取っていく、という考え方というか。 でもこれ、日本でも同じようなことができるでしょうか? 「犯罪を起こすかもしれない外国人」「これから犯罪を起こしそうな外国人」、そういう人に対して、何か手を打つことなんて、できるんでしょうか? 当の本人がまだ犯罪を犯していないのに? おそらくね、みたいには厳しく取り締まれないんじゃないかと思います。 人権問題とかね、まぁいろいろです。 「女性のが妊娠した場合は国外退去」だなんて、そんなルール、日本で作れますかね? いろんな団体から反発を招くのは必至ですけど。 日本と、どっちが正しいとか間違っているとかじゃなくね、もっと複雑な問題なんでしょう。 で、結果、労働力確保のために受け入れた外国人移民による犯罪は増えるんじゃないかと。 そんな日本の未来がなんとなく想像できるんですけど、どうでしょうか。 (あくまでも心配性&ネガティブ思考な私個人の妄想なんですけど) ホントね、何が正解なのか、どうすべきなのか、見当もつかない世の中です。 全然、先が見通せない。 ここは開き直って「だからこそ、面白い」って言っておきましょうか。 ま、とにかく、日本の未来に注目です。 (できるだけ前向きに) 今回の記事の元ネタ(FP花輪陽子の移住日記)を書かれた花輪陽子氏の著書。 gattolibero.

次の

なんj民の特徴や共通点14選【ンゴや草はもう古い!?】

いま シンガポール に い ます なん j

人種 ( じんしゅ )の 割合 ( わりあい )は、74%が 中華系 ( ちゅうかけい )、13%がマレー 系 ( けい )、9%がインド 系 ( けい )、その 他 ( ほか )が4%。 (2013 年 ( ねん )9 月現在 ( がつげんざい ))。 また、 僕 ( ぼく )もそうですが、 外国人 ( がいこくじん )がとても 多 ( おお )く、 人口 ( じんこう )の 約 ( やく )30%が 外国人 ( がいこくじん )です。 公用語 ( こうようご )は、 英語 ( えいご )、マレー 語 ( ご )、 中国語 ( ちゅうごくご )( 北京語 ( ぺきんご ))、タミール 語 ( ご )と4つで、まちで 良 ( よ )く 耳 ( みみ )にするのは 英語 ( えいご )と 中国語 ( ちゅうごくご )です。 宗教 ( しゅうきょう )は、 仏教 ( ぶっきょう )、イスラム 教 ( きょう )、キリスト 教 ( きょう )、 道教 ( どうきょう )、ヒンズー 教 ( きょう )などがあり、 色々 ( いろいろ )な 国 ( くに )の、 色々 ( いろいろ )な 宗教 ( しゅうきょう )の 人 ( ひと )が 集 ( あつ )まって、 共 ( とも )に 生活 ( せいかつ )をしているんです。 まちのようすはどんな 感 ( かん )じですか? 「 Singapore is a fine city. 」 (シンガポールは fineなまちです。 ) 英語 ( えいご )の「 fine」には(1) 良 ( よ )い(2) 罰金 ( ばっきん ) の2つの 意味 ( いみ )があります。 その 意味通 ( いみとお )り、シンガポールは 緑 ( みどり )が 多 ( おお )く 良 ( よ )いまちですが、 法律 ( ほうりつ )が 厳 ( きび )しく 罰金 ( ばっきん )があります。 たとえば、ポイ 捨 ( す )てをしたり、 電車 ( でんしゃ )やバスなど 公共 ( こうきょう )の 交通機関 ( こうつうきかん )で 飲食 ( いんしょく )をすると 罰金 ( ばっきん )になります。 南国 ( なんごく )ならではで、 電車 ( でんしゃ )の 中 ( なか )にドリアン( 臭 ( くさ )いにおいを 放 ( はな )つトロピカルフルーツ)を 持 ( も )ち 込 ( こ )むと 罰金 ( ばっきん )です。 電車 ( でんしゃ )やバスの 中 ( なか )で 禁止 ( きんし )されていることと 罰金 ( ばっきん )• 左上 ( ひだりうえ ):たばこをすうと1000$( 約 ( やく )8 万円 ( まんえん )) 罰金 ( ばっきん )• 右上 ( みぎうえ ): 飲食 ( いんしょく )すると500$( 約 ( やく )4 万円 ( まんえん )) 罰金 ( ばっきん )• 左下 ( ひだりした ):ガソリンなどを 持 ( も )ち 込 ( こ )むと5000$( 約 ( やく )40 万円 ( まんえん )) 罰金 ( ばっきん )• 右下 ( みぎした ):ドリアンを 持 ( も )ち 込 ( こ )んではいけない どんなものを 食 ( た )べているの? 「ホーカーセンター」の 様子 ( ようす ) 「ホーカーセンター」とは 屋台村 ( やたいむら )のことで、もともと 路上営業 ( ろじょうえいぎょう )していた 屋台 ( やたい )が 不衛生 ( ふえいせい )だったため、 政府 ( せいふ )が 屋台 ( やたい )を 集 ( あつ )めて 作 ( つく )った 場所 ( ばしょ )です。 運営 ( うんえい )には 政府 ( せいふ )の 認可 ( にんか )が 必要 ( ひつよう )で、 衛生面 ( えいせいめん )に 厳 ( きび )しい 規制 ( きせい )が 定 ( さだ )められています。 色々 ( いろいろ )な 国 ( くに )の 料理 ( りょうり )の 中 ( なか )から 好 ( す )きな 食 ( た )べ 物 ( もの )や 好 ( この )みのお 店 ( みせ )が 選 ( えら )べ、 非常 ( ひじょう )に 安 ( やす )く、 美味 ( おい )しい! シンガポールの 食文化 ( しょくぶんか )は、 中華系 ( ちゅうかけい )、マレー 系 ( けい )、インド 系 ( けい )、アラブ 系 ( けい )など、バラエティに 富 ( と )んでいます。 中華系 ( ちゅうかけい ) :チキンライス、チリクラブ、ホッケンミー• マレー 系 ( けい ):ラクサ、バクテー、サテー• インド 系 ( けい ):フィッシュヘッド・カレー• アラブ 系 ( けい ):ムルタバ など。

次の

【急募】「いま、シンガポールにいます。」というLINEへの返信wwwwwwwww: アドちゃんねる

いま シンガポール に い ます なん j

車の運転が荒い! (歩行者優先ではないので注意)• ドレスコードが厳格! (高級ホテルでは特に注意)• ガムが持ち込み禁止! (観光客でも例外なくダメ!)• 喫煙のルールも厳格! (罰金を支払わないとならない) 同じアジアでも、当然ながら日本とは異なり、シンガポールには独自のルールがあります。 1.車の運転が荒い! シンガポールの街は、 人よりも車が優先される車社会になっています。 そのため、道を曲がろうとする車が、歩行者がいてもお構いなしに突っ込んできます。 道路を横断するときなどは、 たとえ歩行者信号が青でも右左折する車が突っ込んできますので、十分に注意しながら渡ることが重要です。 対策としては、 移動手段に地下鉄を使うのがおススメです! 地下鉄と聞くと、スリが多い、治安が悪いというイメージがあると思いますが、ここ シンガポールの地下鉄はキレイで、治安も良く安全です。 路線もごちゃごちゃしておらずシンプルなので、観光客でも簡単に理解できます。 チャンギ空港からも直結しているので、到着してすぐに市内に出掛けられるのも嬉しいポイントです。 2.ドレスコードが厳格! シンガポールは高温多湿の国なので、旅行の服装というとTシャツに短パンといった涼しい恰好がメインになりますよね。 通常でしたらそれでOKですが、 訪れる場所によってはドレスコード(服装の規定)が厳格に定められているところがあります。 これが守られていない場合、 中に入るのを断られてしまう場合がありますので注意が必要です。 高級ホテルやレストラン シンガポールには優雅な気分に浸れる高級ホテルやレストランががたくさんあります。 中でも有名な ラッフルズホテルのアフタヌーンティーは予約必須の大人気ぶりです。 お高いホテルやレストランには当然のようにドレスコードが設けられています。 泊まろうとしているホテルや、訪れる予定のレストランがどのくらいのランクの所なのか、事前にリサーチしておき、それに合った服装を用意していくといいですね。 たいていは 「スマートカジュアル」であればOKです。 男性は襟付きシャツに薄い素材のジャケット、スラックスに革靴 女性はキレイ目のワンピースに羽織もの、足元はパンプス 注意したいのは、日本では考えられないくらい ガンガンに冷房が効いていることが多いので、羽織ものや上着などは必ず持ってきたほうが良いです! 3.ガムが持ち込み禁止! これが一番びっくりしたルールです。 シンガポールではなんと、 ガムの持ち込みが禁止されています。 街の景観を守るために、ポイ捨てや吐き捨てを禁止するというのはわかるのですが、 持ち込みはおろか、製造や販売までしてはいけないとの厳格ルール! これは法律でしっかり定められていて、外国人も例外ではありません。 タバコを吸える場所は決まっていて、それ以外の場所で喫煙した場合には罰金を支払わなければなりまん。 罰金は最高で 1,000シンガポールドルとなっています。 ( 日本円で約8万円) 公共施設、美術館、デパート、レストラン等、禁煙のところは結構あります。 まとめ シンガポール旅行の際に注意する点について、4点お話させていただきました。 最後にもう一度見てみましょう。 車の運転が荒い! (歩行者優先ではないので注意)• ドレスコードが厳格! (高級ホテルでは特に注意)• ガムが持ち込み禁止! (観光客でも例外なくダメ!)• 喫煙のルールも厳格! (罰金を支払わないとならない) シンガポールは罰金王国で、かなり厳格なルールが定められています。 上記に挙げたもの以外でも、 ごみのポイ捨てで8万円、路上に唾をはいたら8万円など、かなり厳しめのルールになっています。 旅行者、外国人だからといって例外にはなりませんので、シンガポールへお出かけの際は、ぜひこれらの注意点を思い出してください。 この記事がシンガポール旅行をご検討中の方、今から行かれるご予定の方に、少しでもお役に立ちましたら幸いです。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の