金魚 すくい ポイ 作り方。 金魚すくいのポイ|種類、号数、表裏、破れにくいのは?使い方のコツも!

牛乳パックで金魚すくいの作り方!金魚もポイも簡単なので保育園の夏祭り製作に最適!|困ったときの手作りサイト!整理収納から子どもの玩具や踏み台までDIY!

金魚 すくい ポイ 作り方

夏が近づいてきましたが、みなさんは「夏」という季節は好きですか? 私は結構「夏好き」ですね。 夏は海水浴であったり、花火大会であったり、夏祭りであったり、色々とイベントが多くて楽しい季節です。 中でも私は「夏祭り」が大好きなんです。 仲間と一緒に出かけてワイワイしながら食べ歩きをするのがとても楽しくて好きなんです。 中には、恋人と一緒に行かれる方もいるんじゃないでしょうか? 夏祭りの定番と言えば「 金魚すくい」ですね。 みなさんは金魚をうまくすくえますか? うまく金魚をたくさんすくえたら、 彼女の前でカッコいいところ見せたり、 彼氏に意外な一面を見せりできるはずですよ。 そこで今回は、 金魚すくいのコツをまとめました。 ぜひこの記事で金魚すくいのコツを抑えて、夏祭りを楽しく過ごしてくださいね。 金魚すくいのポイの選び方 みなさん、「ポイ」って何のことか分かりますか? そうです。 金魚をすくうためのプラスチックの輪っかに紙が貼られているものですね。 金魚すくいで 金魚に唯一触れられる道具です。 この「ポイ」が金魚すくいでは、 かなり重要ってことは、なんとなく想像つきますよね。 まずはポイについての、豆知識から抑えていきましょう。 紙ポイ プラスチックの枠に紙が貼られているタイプ。 4号から7号まであり、一般的に 号数が大きいほど紙が薄くなり、破けやすいです。 最中(モナカ)ポイ 針金の枠上にモカナを取り付けられているタイプ。 最近では、紙ポイが主流のためあまり出回らない。 ポイの選び方 紙ポイについての選び方をご紹介しますが、 ズバリ、「 ポイの号数」が小さいものを選ぶことです。 ・・・と言ってもお店で用意している種類はだいたい一種類なので、 どちらかというと「 お店が何号のポイ」を仕入れているかってことになりますね。 4号が一番強いので、 4号や5号のポイが仕入れていれば、そのお店はチャンスです。 しかし4号は幼稚園児などの本当に小さな子ども向けのポイなので、まず無いかと思います。 逆に6号、7号はかなり弱いので、そういう お店は避けた方が無難ですね。 ポイの号数の確認方法ですが、通常お店はポイをまとめて買うので、お店の隅や裏側に箱が置いてあるはずです。 その箱に 何号と書かれているかチェックしましょう。 このことを知っているだけでも、金魚すくいの見方が変わってきますね。 スポンサードリンク ポイの持ち方・金魚すくいのコツ 次にポイの持ち方についてです。 ポイの持ち方は、輪っかから柄の部分を 指一本分下に親指と人差し指で摘まむように持ちます。 ちなみに輪っかの部分を持つのは、 ルール違反なので気を付けてくださいね。 やるとお店の人にも怒られてしまうと思いますよ。 ポイには裏表がある・金魚すくいのコツ ところでポイには 裏表があることは知っていますか? ちなみに 紙が枠に張られている方が表です。 金魚すくいをする時は、表面を上にすることが 重要です。 なぜかと言いますと、裏面を上にしてしまうと枠の中に 水が溜まりやすく水圧がかかり、破けやすくなってしまうからです。 金魚すくいでは、 ポイの紙にあまり負荷をかけずにすくうのコツ! 少しでも余計な負荷をかけないように表面を上にしてやりましょう。 スポンサードリンク 水面と水中でのポイの使い方・金魚すくいのコツ さきほど言いましたが、金魚すくいはポイにいかに負荷をかけずに行えるかが金魚すくいのポイントです。 当然、ポイは紙なので、非常に破けやすいです。 その破けやすいポイをどのように使うと良いかと言うことですが、 紙に負担がかからないように、 進行方向に水平移動させることです。 逆に進行方向に垂直移動させると、紙に水圧がかかり、すぐに破けてしまいます。 水平移動さえ守れば、 勢いよく移動させてもそうそう破けることはないのです。 あと気を付けてもらいたいのは、水中に入れると 光の屈折の関係で水平に移動させているつもりが、 少し傾いてしまうことがあります。 少し 見る角度を変えて、ちゃんと水平に移動できているかチェックしていきましょう。 スポンサードリンク 狙いやすい金魚の種類・金魚すくいのコツ ポイの使い方が分かったところで、次に狙いやすい金魚についてです。 何でもかんでもすくおうとするのは、 金魚すくいでは無謀ですね。 狙いやすい金魚、狙いにくい金魚はいます。 狙いやすい金魚は「 弱っている金魚」です。 なんだよ。 弱いものイジメかよって思われました? 違いますよ。 弱っているから「救って」あげるのです。 弱っている金魚を狙う・金魚すくいのコツ 弱っている金魚の見極めのですが、弱っている金魚は 水面に浮かび上がってきます。 というのも、金魚が入っている水槽にはエアレーションという水中に空気を送る機械があります。 水槽の端っこの方でブクブクなっているアレです。 このエアレーションは、お店が用意している 水槽と金魚の数に合っていないことが多いです。 初めは元気な金魚でも時間が経つにつれて、次第に 酸素が足りず酸欠状態になってきます。 そうすると酸素を求めて、水面近くに浮かび上がってきます。 金魚が水面近くで口をパクパクしている状態です。 弱っている金魚は水面からの 距離が近く、かつ動きも鈍くなっているので、 ゲットしやすいのです。 特に金魚すくい初心者の方は、 弱っている金魚を狙っていくのが鉄則ですね。 金魚のすくい方のコツ さあ、いろいろ予備知識が備わったところで、いよいよ 金魚のすくい方のコツを説明していきますね。 まずは金魚すくいの手順です。 水面からポイを45度の角度で水中に侵入させる。 ポイを水平に動かし、ターゲットの金魚に近づく。 壁側に追い込んで、壁に挟み込むようして水面に上げる。 すくった金魚をすぐにお椀に入れる。 では、一つ一つ解説をしていきますね。 1.水面からポイを45度の角度で水中に侵入させる 紙に対して、水平方向に水中に入れていきます。 この時に 紙は全て水中に入れてしまってOKです。 初心者の方は紙が濡れるのを恐れて半分だけ入れたりしますが、これは良くありません。 半分だけ濡らすと乾いている部分と濡れている部分の境目ができてしまい、 非常に避けやすくなるからです。 ポイの紙は、一度に 全て濡らしてしまって大丈夫です。 2.ポイを水平に動かし、ターゲットの金魚に近づく 水の中でも、紙に負担がかからないように進行方向に対して、水平に移動させていきます。 ちなみに 手はどっぷりと浸かって移動させた方が破れにくいので、どっぷり浸けちゃいましょう。 厚手のタオルやハンカチを持っていくことをおすすめします。 カップルで出かける場合は、ちゃんとハンカチなどを用意しておくと、 できる彼氏彼女アピールができますよ。 3.壁側に追い込んで、壁に挟み込むようして水面に上げる ポイを近づけると 金魚は危険を察知して、逃げていきます。 金魚をあまり水中で追い回したくないので、壁に追い込んで金魚の 逃げ道を塞ぎます。 うまく追い込めなかった場合は、一度水中からポイを出して、狙い直していくといいですよ。 4.すくった金魚をすぐにお椀に入れる うまく金魚がすくえたら、素早くお椀に入れます。 あまりモタモタしていると金魚が暴れて、紙が破れてしまいます。 ですので、壁に追い込めそうになったら、 お椀も金魚をすぐ入れられる位置に移動させて準備しましょう。 尾びれはポイに乗せない・金魚すくいのコツ 金魚すくいでたくさん金魚をすくうには、紙に負担をかけないようにするということですが、水圧以外にも負担が大きくかかるのが 金魚の尾びれです。 魚釣りをイメージしてもらうと分かりやすいですが、釣り上げられた魚はなんとか逃げようとして 尾びれを激しく動かしてかなり強く暴れます。 魚の尾びれは魚が 最も力を強く出せる部位です。 金魚も同じですね。 尾びれをポイの紙の部分に乗せてしまうと、紙を尾びれで強く叩かれてしまい、破れてしまいます。 ですので、尾びれはポイの枠の外に出して、 胴体だけすくようにします。 これが金魚すくいでは、なかなか 難しいテクニックですね。 コツとしては、なにも無いところではやろうとすると難しいので、 壁際に追い込んですくうと比較的やりやすいですよ。 初心者にはなかなか難しいテクニックですが、意識してやってみましょう。 お椀は手に持たず水に浮かべる・金魚すくいのコツ 金魚すくいは、すくった金魚をお椀に入れなければなりません。 仮にお椀を手で持ってしまうとすくった 金魚の移動距離が長くなってしまいます。 移動距離が長ければ長いほど、紙が破けるリスクが上がります。 ですので、お椀を手に持ってやるのではなく、お椀は水面に浮かべて、すくった金魚の移動距離を 短くすることが重要です。 さらに言いますと、お椀をただ浮かべるだけではなく、 水をギリギリまで入れてお椀を沈み込ませると、お椀の縁の高さも低くでき、さらに移動距離を短縮できます。

次の

金魚すくいポイ販売店は百均やダイソー?!号数や裏表とトイザらスにもあるの?

金魚 すくい ポイ 作り方

でも簡単そうに見えて1匹も捕れずに終わってしまった悔しい経験はないでしょうか? いくらお遊びといえ、ちょっと恥ずかしい…。 ましてや、わが子がチャレンジするなら、たくさん捕れるように親として教えてあげたいものです。 ということで今回は、 子供でも簡単にすくえるようになる 金魚すくいのコツを解説していきます! コツさえつかんでしまえば、数をすくうことは難しいことではありません。 金魚をたくさん捕るには、 破れにくいポイを使っている出店の方が良いですよね! 破れにくいポイで金魚すくいをするために、出店を選ぶことはとても大切なのです。 破れにくいポイを使っているか出店かどうかを見分ける方法ですが、下記の通りポイントは2つあります。 人が集まっている出店を探す 子供の滞在時間が長いために、その親や見物客が集まっており、子供が金魚をたくさん捕っている、言い換えれば、破れにくいポイを取り扱ってる出店という目安になります。 ポイの破れ具合をチェックする 他の人がすくっている様子を観察し、多少強引にすくっても破れないかをチェックします。 破れていなければ、破れにくいポイを使っている証拠になります。 あと、お店が決まってポイをもらう時には、 子供か女性がすることをアピールすることも重要です。 出店によっては、破れにくいポイと破れやすいポイの2種類を用意している場合があります。 当然、子供や女性には破れにくいポイを渡してくれるので、大きなアドバンテージになります。 さあ、お店が決まり、これで破れにくいポイをGET出来ましたね! 次はポイの使い方をマスターしましょう!! 金魚すくいのポイの使い方 まず、ポイに破れやすい破れにくいがあることを知りましょう。 ポイには号数があり、出店で使用されているのは5~7号です。 5号は破れにくく、号数が大きくなると破れやすくなります。 先ほど紹介した方法で出店を吟味し、破れにくいポイをGETしましょうね。 ポイの持ち方 ポイには裏表があります。 表を上に向けて持ち、表面で金魚をすくいます。 ポイの動かし方 まず初めにすることは、 ポイ全体を水に浸けて濡らすことです。 多くの方ができるだけ水に濡らさないようにしていますが、逆に濡れているところと乾いているところが出来てしまうと、そこから破れやすくなります。 水中でのポイの動きは、できるだけ水の抵抗を受けないように動かします。 水中を移動する時は、 水面に対して平行に! 金魚をすくった時は、真上に引き上げるのではなく、斜めに引きあげながら、ポイの面の水を逃がすようにします。 金魚のすくい方と器への移し方 金魚はバックすることは出来ないために、後追いはせずに先回りをするようして金魚の下からポイに乗せます。 ポイには、金魚の頭やお腹部分を乗せ、できるだけ尾びれを乗せないようにします。 尾びれを乗せると、暴れた時に穴が開くからです。 そして、すくったら斜めに引き上げ、すぐに器に移します。 その時も、ポイをひっくり返すのではく、金魚を転がすイメージでポイを傾けると破けにくくなりますよ。 金魚すくいのターゲットの選び方 たくさん泳いでいる金魚の中から、どの金魚に狙いを定めるかによって取れる可能性も変わってきます。 とにかく数をすくいたい場合と出目金など大物を狙いたい場合とでは戦略は変わってきます。 まず、和金狙いで数をすくう場合を見ていきましょう! 数をすくう方法 ひたすら水面をパクパクしている金魚を狙います。 ターゲットが決まると、金魚を水槽の壁側に追い込み、壁とポイで挟むようにしてポイに乗せます。 これを淡々と繰り返せばOKです。 大型種をすくう方法 水槽の中でも目を惹くのが出目金や獅子頭、リュウ金など大物です。 これを捕獲できれば、周りの人からも羨望の眼差しで見られること間違いなし! しかし、そういった重量級の金魚を入れているのは、見た目が良くなるというより、早くポイを破いてもらいお客の回転率を高めるといったお店側の思惑もあるのです。 水槽のコーナーにポジショニングするのは、 ターゲットを水槽のコーナー部分の壁に追い込むためです。 ポイの輪(プラスチック)の部分を使い、慎重にターゲットをコーナーに追い込んでいきます。 追い込む場合もポイは水の抵抗を受けないように、水面に対して水平に動かして下さいね。 コーナーに追い込まれたターゲットは逃げ場がなくなり、ポイの上に乗るしかありません。 その時もポイの紙に金魚の頭や腹の部分を乗せる…というよりポイの輪の部分にお腹を乗っけるイメージです。 最後にひとこと たかが金魚すくい、されど金魚すくいです。 沢山すくうことばかり考えて、マナー違反をしてしまうと周りの人にも嫌な思いさせてしまいます。 もしお子さんに金魚すくいのコツ(テクニック)を教える場合は、ここは楽しいお祭りでの場であり、皆が楽しんでいることも教えて下さいね! 「来年もまた金魚すくいをしたい!」と楽しい思い出になりますように。 カテゴリー•

次の

金魚すくいのコツでポイ向きは?上達するための方法について解説!

金魚 すくい ポイ 作り方

・金魚すくいのポイとは?用意するものは? ・文化祭や工作にもおすすめ!金魚すくいポイの作り方。 ・ポイの代用になるものはある? ・金魚すくいの袋の作り方は? Sponsored Link 金魚すくいのポイとは?用意するものは? 金魚すくいのポイとは? そもそも金魚すくいのポイとは、 金魚をすくうための道具のことを言います。 な ぜ ポイというの?と思いますよね。 全国金魚すくい大会事務局というところがあって、その事務局によりますと 「ポイ捨て」という言葉の「ポイ」を使った言葉と言われているようですよ。 結構そのままのような呼び方だったのですね(笑) 金魚すくいはお祭りだけではなく、全国金魚すくい選手権大会という、1995年から始まったイベントもあるのです。 もし興味がありましたら参加してみるのも楽しいかもしれませんよ。 参考までに奈良県大和郡山市にて行なわれています()。 ポイを作るのに用意するものは? ポイといったら最初に思い浮かべるのが、 輪に薄い紙が挟まったものですね。 そのほかに、 「もなか」を使ったポイもありますね。 今回は、 輪に紙をはさめたポイを作ってみましょう! 小さいお子さんが遊ぶようでしたら、丈夫なキッチンゴミ入れを使うと純粋に金魚すくいを楽しめますね。 あまり簡単に破れてしまうと子供も楽しめませんね。 ただ、大きいお子さんでしたら、和紙を使って作ると、破れるワクワク感やドキドキ感も楽しめると思いますよ。 和紙には薄さがいろいろとありますので、使い分けしても楽しいですよ。 そのほかにも、書道用の半紙やテイッシュなどを使い分けてみるのも良いのではないでしょうか。 Sponsored Link ポイの代用になるものはある? ポイの代用となるものでしたら、 もなかを使うのも楽しいと思います。 もなかに洗濯バサミなどを挟んで持ち手にすると簡単にできます。 また、生きている金魚を使いたくなかったり、濡れるのを防ぎたい場合は、こちらの動画のように、 折り紙で金魚やポイを作る方法もありますよ。 作っている最中も楽しめますね。 ・ビニール袋の上の方に紐を通すための穴を針で開けます。 ・穴にビニールヤーン(ジュエリーヤーン)を通します。 金魚すくいはお祭りだけではなく、いろいろなイベントや高校などの文化祭などでも行なわれるぐらいポピュラーなもの。 お祭りでふと見かけると、思わずやってみたくなる魅力もありますね。 ほかの人が遊んでいるときに、ついつい後ろから覗き込んでしまう方も多いのではないでしょうか。 ポイは簡単に作れるので、お家で遊ぶときや、自由研究、文化祭、お祭りなどで作ってみてくださいね。

次の