相模原 コロナ 感染。 相模原市初、男子小学生がコロナ感染で臨時休校(学校名非公開)!同級生ら51人にPCR検査実施?!

相模原市初、男子小学生がコロナ感染で臨時休校(学校名非公開)!同級生ら51人にPCR検査実施?!

相模原 コロナ 感染

神奈川県相模原市で22日に新型コロナウイルスの感染が確認されていた一家4人のうち、 50代の男性がJR東日本の社員で、16日まで駅で勤務していたことが明らかになりました。 相模原市によりますと、22日に感染が確認された50代の男性はJR東日本の社員で、相模原駅の事務作業を担当していたことが分かりました。 JR東日本によりますと、男性は発症した16日に横浜線の相模原駅で当直業務をしていました。 接客の業務はしていないということです。 また、男性は 同じ日に上溝駅、原当麻駅でもマスクを着けて業務をしていました。 JR東日本は 3つの駅の事務室のほか、乗客が触れる手すりやエスカレーターのベルト、エレベーターのボタンなどをすでに消毒したということです。 また、男性と接触のあった9人の検査を今後することにしていますが、 これまでに微熱があった2人の社員をすでに自宅待機にしています。 (後略) 引用: 追記:相模原駅同僚にも感染発覚 JR横浜線相模原駅職員の新型コロナウイルス感染をめぐり、神奈川県などは26日、記者会見を開き、 新たに同僚の60代男性の感染も確認したと発表した。 県などによると、60代男性は県厚木保健福祉事務所管内(厚木市、大和市など7市町村)に居住するJR東日本社員。 同駅など複数の駅で勤務し、22日に感染が判明した50代男性は同僚。 濃厚接触者として検査が進められていた。 (中略) JR東日本は26日、社員の新たな感染判明を受け、同社員の行動歴などを公表した。 同社によると、感染した60代男性は相模原駅事務室での事務作業を中心に、 (相模線) 南橋本駅、上溝駅や原当麻駅で勤務整理などの管理業務を担当していた。 接客業務はしていないという。 同社は、行動歴の確認を急いでいる。 また、22日に感染が判明した50代男性の濃厚接触者として検査の対象となっている計11人の同僚のうち、微熱があったため自宅待機をしている1人を除き、出勤していたという。 引用: やはり感染者が複数人出ましたね…これはもう横浜線と相模線はかなり危険と考えた方がいいでしょうね。 相模原市では既に感染が拡大しているのかもしれません… JR東日本は事実を隠蔽していた!? JR東日本は21日には事実を把握していましたが、何とこれを隠蔽しようとしていた模様です。 NIAID-RML。 神奈川県相模原市では、JR東日本の50代の男性社員が感染していたことが明らかになった。 引用: また、相模原駅の隣の橋本駅には京王相模原線も乗り入れています。 この路線の列車は大半が 新宿や都営新宿線経由で本八幡まで乗り入れているため、これらの路線の利用者も注意が必要でしょう。 新型コロナウイルスは閉鎖された空間内で拡大・増殖することがわかっています。 電車内も手すりや吊革・狭い空間とさきのクルーズ船と類似した条件は揃っていますので、感染爆発が起きるのも時間の問題かもしれません。 対策に関しては以下の通りです。

次の

JR相模原線相模原駅ってどこ?誤情報に世間は混乱【JR職員コロナ感染】

相模原 コロナ 感染

この記事の目次• 相模原市の福祉施設・事業所で5人の感染が確認!集団感染か 【相模原】新型コロナ、新たに男女5人の感染確認 2月27日に感染が確認された20代の男性が勤務する市内の福祉事業所の利用者や職員という。 — カナロコ by 神奈川新聞 KanalocoLocal このように、 神奈川県相模原市の福祉施設・事業所で新たに5人が新型肺炎に感染した事が確認されたようです。 事業所は先月27日に感染が確認された20代の男性職員の勤務先でもあります。 男性は20日発熱し、その後も症状が続いたことから26日に検査。 27日に感染が判明したようです。 そして今回、 利用者を含めて5人の感染が確認されました。 的外れの対策をリーダーシップを気取ってやっていれば、悲惨な結果になる 引用:Yahooコメントより 相模原市の福祉施設・事務所はどこで何区? 新型コロナウイルスの感染者が先月確認された相模原市の福祉事業所で、新たに利用者を含む5人の感染が確認された。 市は施設内での集団感染の可能性が高いとみて詳しく調べているが、事業所名や利用者の年代については明らかにしていない。 調査すると相模原市内に数多くの障害福祉サービス事業所がある事が分かりました。 そのため、 現時点では感染が確認された相模原市内の福祉施設・事務所については分かっていません。 そのため何区なども判明しておりません。 施設・事業所が公表されない事で1番の不安を感じるのは身内を入居されている方でしょう。 また、福祉施設・事業所の近くに住んでいる方もどこで感染が発生したか分からない事で行動が制限されます。 市としては混乱を起こさない事など様々な事を懸念して公表を控えていると思いますが、住民としてはいち早い公表が望まれますね。 神奈川県の指定医療機関とまとめ また、神奈川県の感染指定医療機関は以下の通りです。 神奈川県の感染指定医療機関 第一種感染症指定医療機関• 横浜市立市民病院 第二種感染症指定医療機関• 川崎市立川崎病院• 横須賀市立市民病院• 厚木市立病院• 藤沢市民病院• 神奈川県立足柄上病院• 平塚市民病院• 】について紹介しました。 一気に5人の感染が確認された事で集団感染の疑いが強まっているようです。 特に福祉施設・事業所は高齢者も多くいるため感染すると最悪死に至る事も考えられます。 そういった事を踏まえとる自主的に休止したのはよかったのではないかと。 ただ、事業所については公開して欲しいのが市民として希望でしょう。

次の

神奈川県相模原市のコロナ感染した患者数は?コロナウイルス感染場所はどこ?

相模原 コロナ 感染

スポンサーリンク JR相模原線相模原駅ってどこ 新型コロナウイルスに怯えて暮らす中、JR相模原線相模原駅ってどこ?と気になった方も多いでしょうが、 そんな線路は存在しません。 京王相模原線と思われましたが、京王相模原線には相模原駅は存在しません。 また相模線にも相模原駅は存在しません。 JR相模原線相模原駅は誤情報 正しくはJR横浜線の相模原駅 正しくはJR横浜線の相模原駅になります。 一番心配するのはお近くにお住いの方々で、近隣住民や毎日通勤通学している方なら、この誤りにはすぐ気づいたと思います。 しかし、大切な情報を誤って流してしまったことにより、 世間の混乱を招いているため、すぐさま訂正すべきですね。 JR東日本職員が勤務していた駅はどこ 新型コロナウイルスに感染したJR東日本職員が勤務していた駅は以下のようになります。 スポンサーリンク JR横浜線相模原駅の1日の平均乗降者数は何人 今なお拡大を続けている新型コロナウイルスですが、 JR横浜線を利用している方々はめちゃくちゃ恐怖ですよね。 実際に利用していなくても職場の同僚や学校の友達がJR横浜線を利用していたのであれば、さらなる拡大が懸念されます。 そこで気になったのが、新型コロナウイルスに感染したJR職員が勤務した、 相模原駅、上溝駅、原当麻駅の1日の乗降者数。 いったいどれくらいの客が利用しているのでしょうか。 駅名 1日平均乗降者 相模原駅 約5万人 上溝駅 約2万人 原当麻駅 約1万人 やはり JR横浜線の利用客が多かったようですね。 明日から通勤通学の方は、完全に防げるわけではないですが マスクに除菌、手洗い・うがいは徹底的に行いたいですね。

次の