宅建 分野。 【宅建】試験合格を引き寄せる!苦手分野はこうしてトレーニングする!

宅建の試験科目や出題範囲は?それぞれの難易度や配点・対策法を徹底解説!

宅建 分野

1問1点で50点満点での採点になります。 各分野ごとの正答率による足切りはありませんから、全体の合計得点が合否の基準になります。 さらに詳しい試験内容は、以下のようになります。 詳しくは下記リンク先ページをご覧ください。 それでは、過去の合格点の推移を見てみましょう。 以下に各年度の受験者数と合格者数、合格率と合格ラインを一覧表にしました。 合格点は何点なの?過去の宅建試験の合格点と合格率の一覧表 例年の 合格点と合格率は以下のとおりです。 実施年 受験者数 合格者数 合格率 合格点 令和元年 220,797 37,481 17% 35点 平成30年 213,993 33,360 15. 6% 35点 平成28年 198,463 30,589 15. 4% 35点 平成27年 194,926 30,028 15. 4% 31点 平成26年 192,029 33,670 17. 5% 32点 平成25年 186,304 28,470 15. 3% 33点 平成24年 191,169 32,000 16. 7% 33点 平成23年 188,572 30,391 16. 1% 36点 平成22年 186,542 28,311 15. 2% 36点 平成21年 195,515 34,918 17. 9% 33点 平成20年 209,415 33,946 16. 2% 33点 平成19年 209,684 36,203 17. 3% 35点 平成18年 193,658 33,191 17. 1% 34点 平成17年 181,873 31,520 17. 3% 33点 平成16年 173,457 27,639 15. 9% 32点 平成15年 169,625 25,942 15. 3% 35点 平成14年 169,657 29,423 17. 3% 36点 平成13年 165,104 25,203 15. 3% 34点 平成12年 168,094 25,928 15. 4% 30点 平成11年 178,384 28,277 15. そして宅建にはもう一つ、目に見えないライン、難易度を引き下げるコツが存在します。 宅建をすんなり合格するには押さえておくべきツボがあります。 以下のページではそのツボを解説しています。 また独学と通信で迷ったときのメリットデメリット比較や、おすすめの通信講座と独学テキストの特徴を比較することができます。 自分に合った勉強スタイルを決めていく過程で勉強のコツを発見できる構成にしました。 宅建の試験に興味がある方は一読して損はないですよ。 市販本の種類のチェックや新刊をお探しの際に役立ちます。 過去の宅建合格結果から分析されること この結果からもわかるように、宅建の合格点は何点とは決まってはおらず、その年の受験者の正答率を見て、合格率が15%ほどになるラインを合格点としています。 例年の合格点を見ても試験前の練習問題で31、32点の成績では、あまり安心できないことがおわかりいただけると思います。 できるだけ余裕をもって、36点以上をコンスタントに取れるように学習を進めておきましょう。 出題分野と出題数から分析されること 分析が前後しましたが、ここでもう一度、分野別出題数を振り返ってみましょう。 宅建業法から約20問、権利関係からは約14問の出題となっており、この2分野からの出題数が多いことが見て取れます。 ということで、この2つを強化しておく必要があると言えそうです。 ところが、権利関係を苦手とする人が多く、そのため権利関係を捨ててなんとか合格したいと考える気持ちも十分理解できるところではあります。 とはいうものの、こと、緊張した本番の試験で、宅建の出題方式は、ひっかけ問題と化しやすい4択マークシート方式です。 3科目の学習だけで合格点を取ろうとすれば、事前の練習では常に満点を取れるように学習を進めなければなりません。 そこで、苦手意識をひとまず横に置いて、もう一度考えてみてください。 1点2点で涙を飲む人が多い試験において、確実に合格するにはどのような勉強をすればいいのでしょうか。 苦手な権利関係で満点を取る必要はありませんが、そこそこ、取れるようにしておくことが望ましいです。 権利関係は、きちんと理解すれば 実は得点が取りやすい分野です。 苦手意識を横に置いてやってみると、意外に面白くむしろ捨てるのはもったいないということが分かってきます。 権利関係(民法)を攻略するポイントは、暗記ではなく理解ありきで進めることです。 宅建の勉強が初めてという人でも権利関係はゼロからのスタートではありません。 その理由と勉強のコツはをご覧ください。 権利関係は理解ありきで「参考書と問題集」を繰り返していけば、思いのほか得点に結びつけやすい分野ですので、チャレンジしてみましょう。 また、このような苦手分野を効率よく強化したいときには、がおすすめです。 短時間で効果的に鍛え上げることができます。 ・宅建業法と権利関係は特に強化しておきましょう。

次の

宅建試験 過去問道場🥋 |宅建試験ドットコム

宅建 分野

宅建試験の分野別出題数 宅建試験の分野別出題数は概ね下記の通りです。 出題数 出題内容 権利関係 14問 民法・借地借家法・建物区分所有法・不動産登記法 宅建業法 20問 宅建業法・住宅瑕疵担保履行法 法令上の制限 8問 都市計画法・建築基準法・国土利用計画法・農地法・土地区画整理法・宅地造成等規制法・その他の法令 税・価格の評定 3問 地方税・所得税・その他の国税・不動産鑑定評価基準・地価公示法 その他(5問免除科目) 5問 独立行政法人住宅金融支援機構法・不当景品類及び不当表示防止法・不動産の需給・統計・土地・建物 市販のテキストは、通常、「権利関係」「宅建業法」「法令上の制限・税・その他」の3分冊になっているので、この分類に分けると、 ・ 権利関係 14問 ・ 宅建業法 20問 ・ 法令上の制限・税・その他 16問 となります。 さて、このサイトでは、合格するための得点目標を40点に設定しよう、と書いています。 ただ漠然と40点を目指すのではなく、 どの分野からどれくらいの得点をとれるようにするのかを具体的にイメージして勉強することが大切です。 もちろん、まんべんなく実力が上がるのが理想ですが、分野別に勉強のしやすさに違いがあり、それに合わせた勉強方法が必要です。 宅建試験の分野別得点目標 宅建試験に合格するための分野別得点目標ですが、結論から書くと下記の表のとおりです。 出題数 得点目標 権利関係 14問 8点 宅建業法 20問 19点 法令上の制限・税・その他 16問 13点 (1) 権利関係は単純に暗記だけでは難しい。 権利関係は、民法からの出題が中心となっていますが、法律系の勉強を初めてする方にとってはとっつきにくい部分があります。 たとえば、「この言葉が何のことを言っているのかがわからない」「この事例はどういう場面のことを言っているのかわからない」ということが起こりえます。 ただ、宅建試験で民法の問題に正答するために、深い法律的な理解が必要だと言うわけではありません。 やはり最後はきちんと「知っているか」ということ、つまりしっかり暗記できるかが勝負の分かれ目になることはほかの科目と変わりはないのです。 しかし、 「覚える」前に少し「理解」が必要となる科目であり、いわば「丸暗記」で対応するのは少し難しい科目です。 それだけに、一般の受験者との「差」を付けられる、つまり、ここを得意にしてしまえば大きなアドバンテージになる科目でもあるのですが、私自身はそういった作戦をお勧めはしません。 それを実現するためには、権利関係分野の勉強に十分な時間をかける必要があり、より簡単で得点源になりやすい他の2分野(宅建業法・法令上の制限・税・その他)の勉強時間にしわ寄せがいってしまう可能性が高いからです。 時間に十分すぎるほどの余裕があるなら構いませんが、多くの方は、少ない時間の中で、しかも直近の試験で合格を手にしたいはずです。 であれば、権利関係分野で高得点の目標を設定することは好ましくなく、他の分野での得点目標に合わせて、控えめな目標設定で良いと思います。 ただし、ここにあげているのはあくまで目標です。 正答率6割を切る目標ですので、実際にはある程度の勉強でもっと高い得点をできる可能性は十分あります。 しかし、目標設定としてはこれくらいで十分だと思います。 (2) 宅建業法は完全な暗記科目。 宅建業法は出題される3分野の中で 最も配点比率の高い科目です。 しかも、 完全な暗記科目だと言えます。 特に 難しい内容もありませんし、何か特別な理解がないといけないというものではなく、法制度そのものをそのまま暗記してしまえばいいものばかりです。 なおかつ、 過去の本試験問題で問われたような内容が繰り返し繰り返し出題されています。 とにかく、知識をしっかり整理し、正確に暗記すること、これに尽きます。 ただし、「正確に」という部分が重要です。 同じポイントから出題されるとしても、多少混乱するような出題のされ方がする場合がよくあるからです。 似て非なる出題や、似たような制度との混同をしないようになるまで、繰り返し繰り返し暗記して、正確な知識にすることが合否の分かれ目です。 もちろん、過去問題の類題が繰り返し問われているので、四肢択一式の出題であることもあって、多少「うろ覚え」があっても6割程度は正答できるかもしれません。 しかし、この分野では、20問中19点を得点目標にしています。 ごく稀にちょっと変な問題がでたり、あるいはミスする可能性もあるので、プレッシャーを減らすために1点余裕をみていますが、本当は20点満点を取って欲しい分野なのです。 なぜなら、誰にでもそれが可能な分野だからです。 暗記は「作業」です。 記憶するためには反復が必要です。 逆に言えば、誰でも反復しさえすれば暗記は可能です。 脳に記憶を定着させる「作業」の量で暗記の量も決まります。 3回で覚えられる人もいれば、10回の反復が必要な人もいるでしょう。 しかし、その回数こなせば、必ず暗記はできるはずです。 ですから、 宅建業法については、とにかく繰り返すこと、それだけで満点を目指すことも可能です。 実際、本試験で正答率の高い問題の比率が高いのも、宅建業法です。 全受験者の70%以上が正答できる問題がほとんどで、90%以上が正答できる問題も5・6問はあります。 この分野を得点源にしない手はありません。 逆に言えば、この分野で得点出来なければ、合格はおぼつかないとも言えます。 絶対に、宅建業法を得意にしてください。 (3) 法令上の制限・税・その他も暗記科目だが、少し覚えにくい項目も。 「法令上の制限 」(例年8問出題)は、都市計画法や建築基準法などの法令から出題されるのですが、この分野も完全な暗記科目です。 多少、 規制の内容等で細かい数値が出てくる部分があるので、宅建業法に比べると暗記しにくさを感じる方もいるかも知れません。 覚える際に表などを利用して暗記することになると思いますが、この表が細かくて、最初はいやになってしまう人もいるかも知れません。 しかし、やはり あくまでも暗記です。 覚えるためにコツコツと何度も繰り返せば必ず覚えられます。 一方、「税・価格の評定」(例年3問出題)やその他、いわゆる免除科目(例年5問)の分野については、少し勉強しにくい面もあるかも知れませんが、中には一度見ていただけで正答できる問題が出題されたりもしています。 住宅金融支援機構法や不当景品類及び不当表示防止法からの出題については、本試験での出題が安定せず、いずれかの分野は簡単、一方は難問というパターンが続いており、多少得点効率が悪いと言えます。 一方で、 土地・建物・統計の3問については、例年比較的易しい問題が出ています。 テキストの順序で言えば後ろの方になりますし、おろそかになってしまう方もいるかも知れませんが、一通りの勉強はやはり必要です。 特に、土地・建物についてはしっかりやり、また、統計も一通りの最新の情報だけは入手して対応しておくことが必須と言えます。 法令上の制限は完璧に暗記し、税・その他についてはメジャーなものだけやるという勉強法だけで、おそらく、法令上の制限で8問中7問、税・その他で8問中6問程度の正答は可能だと思います。

次の

宅建試験の分野別出題数と得点目標、難易度と学習のポイント

宅建 分野

スポンサーリンク 宅建試験の科目分野と出題数 宅建の試験は大きく分けると、次の4科目から出題されます。 権利関係 2. 宅建業法 3. 法令上の制限 4. 税金その他 そして、近年での各科目における問題の出題数は以下のような傾向です。 権利関係から14問前後 2. 宅建業法から20問前後 3. 法令上の制限から8問前後 4. 税金その他から8問前後 試験が実施される年度によって、各科目の出題数は多少変化しますが大体上記のような感じです。 近年の傾向として、宅建業法からの出題数が増えています。 以前は宅建業法からの出題数は、15問から16問位の年が多かったです。 なお出題に使われる法律は、その年の4月1日に施行されているものです。 法改正などが行われた年には、必ず確認する必要があります。 5点免除の問題が5問 宅建の問題数は50問と説明しましたが、最後の46問目から50問目の、税金その他の科目から出題される、5問の問題は5点免除問題となります。 これは現在、宅建業に仕事として従事している人を対象に、登録講習を受けることで5点が免除される制度です。 自動的に5点が加算されることになります。 5点免除問題の詳細については、をお読みください。 それぞれの科目の特徴 宅建の試験科目である4つの科目について、それぞれ特徴を見ていきます。 権利関係 理解力が問われる科目です。 テキストを深く読み込んで、民法や借地借家法などの関連法律を、正確に理解しておく必要があります。 逆に言うと考え方を理解さえすれば解きやすく、数字の暗記などは少ない科目です。 宅建試験においては、もっとも理解が難しく勉強に時間がかかる科目となります。 宅建業法 宅建試験において最も出題数が多く、宅建試験の中心となる科目です。 8割〜9割近くかそれ以上の正解率で、高得点を目指すべき科目となります。 宅建業法自体は読めば理解しやすく、勉強したら勉強した分だけ得点を重ねやすい科目です。 ただし、注意点としては、暗記すべき数字等の知識が多いので、それについては試験前に徹底復習するなどして、暗記を強化しておく必要があります。 法令上の制限 宅建業法と同様に暗記の科目となります。 読めば理解しやすいですが、暗記すべき事項や数字がたくさん出てきます。 宅建業法と同様に暗記さえしておけば、確実に得点を重ねることができる科目です。 税金その他 税金に関する法律のほか、不動産評価、土地や建物に関する知識、統計情報等に関する問題が出題されます。 基本的には暗記の科目です。 難問が出題されることもありますが、基本は覚えてさえおけば確実に得点できる科目となります。 こうやってまとめてみますと、権利関係は理解中心の科目、その他の科目は暗記中心の科目であることがわかります。 なので権利関係を勉強する際には、考え方や法律の解釈を深く理解することを努めましょう。 逆に他の科目の勉強では、法律自体は読めばわかる条文が多いですので、理解自体はそれほど難しくはありません。 ただし権利関係以外の科目は、数字などの暗記すべき項目が多いです。 それらの記憶すべき事項に注意して、暗記を強化しながら勉強を進めていく必要があります。 宅建試験の目標点数 宅建の合格を目指す上で、満点を取る必要はありません。 というか満点を取るのはほぼ不可能に近いですし、満点を取るための勉強というのは、効率が良いものではありません。 目標とすべき点数は、7割ちょっとの得点である36点です。 これは過去10年間の宅建の試験における合格ラインの最高点が36点だからです。 で、過去の宅建試験の合格点ラインなどについて解説しています。 7割ちょっとである36点をとっておけば、ほぼ確実に合格できるでしょう。 宅建の合格ラインは、問題が難しい年は合格ラインの点数が低くなり、問題が簡単な年は合格ラインの点数が高くなる傾向にあります。 皆がわからなくて解けないような難しい問題は、正解する必要はありません。 7割〜8割ぐらいの人が皆正解するような、簡単な問題を確実に正解にして、点数を伸ばしていく必要があります。 その結果、7割ちょっとである36点を取ればいいのです。 宅建試験は科目別の足切りは無い 宅建の試験の場合、4科目別の足切りはありません。 科目別の足切りとは、総合点数での合格ラインとは別に、科目別での合格得点の最低ラインを設けることです。 行政書士や社会保険労務士の資格試験等では、足切りによる科目別での合格ラインが設定されています。 宅建試験の場合、例えば法令上の制限が8問出題のうち0点だったとしても、その他が全問正解すれば42点ですから、ほぼ間違いなく合格となります。 科目別の目標点数 法律の専門家や民法の学習経験者でない人であれば、宅建試験の科目では権利関係がもっとも難しいです。 権利関係が得意であるかどうかによって、宅建の科目別の目標点数が変わってきます。 権利関係で得点を重ねるためには、民法を深く理解しておく必要があります。 私の場合は、権利関係を勉強するうちに好きになり得意になりましたが、他の科目である宅建業法、法令上の制限、税金その他などの科目に比べると、権利関係の勉強がもっとも時間がかかりました。 そして、宅建業法が勉強するのに一番簡単な科目となります。 宅建業法自体はとてもわかりやすい法律なのです。 そして、宅建の試験では当然ながら宅建業法の科目が一番問題数が多く出題されます。 ですから宅建業法は、絶対に捨てることのできない科目です。 宅建業法の科目は、必ず高得点を目指す必要があります。 近年の宅建試験の出題数の傾向は、以下のようになっています。 権利関係から14問前後 2. 宅建業法から20問前後 3. 法令上の制限から8問前後 4. 税金その他から8問前後 この出題数を元にして、権利関係が苦手な場合と得意な場合での目標点数を設定してみます。 権利関係が苦手な場合の科目別目標得点 1. 権利関係 :7点 (14問中) 2. 宅建業法 :17点(20問中) 3. 法令上の制限 :6点 (8問中) 4. 税金その他 :6点 (8問中) ————————————————— 合計 :36点(50問中) 権利関係が得意な場合の科目別目標得点 1. 権利関係 :10点 (14問中) 2. 宅建業法 :16点(20問中) 3. 法令上の制限 :5点 (8問中) 4. 税金その他 :5点 (8問中) ————————————————— 合計 :36点(50問中) 36点を獲得するための、各科目での具体的な目標点数は、上記のような感じです。 宅建業法はしっかりと勉強すれば、8割から9割以上の正解を十分に狙えます。 難しいのは権利関係の科目です。 苦手な場合ですと、半分かそれ以下の正解率になってしまう可能性もあるでしょう。 その場合は、他の科目で挽回する必要があります。 逆に権利関係が14問中で10点以上を取れますと、他の科目がかなり楽になります。 宅建業法は8割は取れますから、法令上の制限と税金その他で、8問中のうち3問ずつ間違っても合格ラインの36点に到達できます。 各科目でのご自分の目標点数は、権利関係が得意かどうかということに着目して、目標点数を定めましょう。 宅建試験では、科目別の足切りがないですので、目標点数の戦略は比較的自由に設定することができます。 3ヶ月の短期集中独学で宅建資格試験に一発合格しました。 宅建資格を取得するための効率よい学習方法、独学による勉強のコツを公開しています。 宅建合格に必要な知識をまとめた教材テキスト、10年分以上の過去問とその解答、解き方の解説も掲載中です。 おすすめコンテンツ• 宅建資格について• 宅建試験の概要• 宅建の勉強方法を決めよう• 宅建攻略の計画を立てる• 宅建試験勉強を乗り切るノウハウ• 宅建の科目分野別の学習法• カテゴリー• 宅建過去問•

次の