テレ 東 アナウンサー。 秋元玲奈

秋元玲奈

テレ 東 アナウンサー

千葉の見どころ、おすすめスポットは? 私にとっての千葉は、ふるさとそのもの。 自然豊かで、子どもがのびのびと活発に遊ぶ、特別な場所ではない地元の風景が浮かびます。 これから皆さんにたくさんのおすすめスポットをお伝えできたらと思います。 なので私も、何事に対しても愛情を持って臨みたいと思っています。 好きなこと、ハマっていることは? 音楽や芸術に触れる時間が好きです。 ピアノは4歳から15年間やっていました。 ミュージカルやお笑いなどの舞台を観たりする休日は最高に贅沢で幸せを感じる瞬間です。 あとはなんと言っても、食べること。 お肉、ポテト、ビール。 楽しく食べて、飲んで、笑うのが一番です! 座右の銘は? 「明るく楽しく」 学生のときのアルバイト先で出会った先生からの言葉です。 朗らかで、ユーモアを忘れないチャーミングな先生のその口癖が、いつしか私のモットーになっていました。 アナウンサー以外でやってみたい仕事は? 昔からピアノを弾くこと、歌うこと、絵や文字を書くこと、本を読むことが好きでした。 今でもやりたいことは沢山。 ピアニスト、書道家、コラムニスト…。 いつでも可能性は無限にあると信じています。 視聴者の皆様へ 千葉は私にとって、生まれ育った場所。 就職してからは県外にいたので、千葉駅に着くと、あぁ帰ってきたなと思える場所です。 まさか子供の頃から慣れ親しんだ千葉テレビで仕事することになるなんて、ふるさとのために働ける喜びを感じています。 まだまだ知らない魅力がたくさんあると思うので、これからいろいろな人、場所に出会えるのを楽しみにしています。

次の

アナウンス.com

テレ 東 アナウンサー

クリーク・アンド・リバー社は11月11日(日)、アナウンサーを目指す学生の方を対象に、テレビ東京を開催致します! セミナーでは、テレビ東京の現役アナウンサーが登壇し、就職活動のノウハウやアナウンサーの仕事の魅力をたっぷりとお話します。 セミナー終了後、希望者には少人数のグループ相談会を実施。 テレビ東京のアナウンサーや、採用担当者と直接話ができるまたとないチャンスです。 ぜひ奮ってご参加ください。 場所 株式会社クリーク・アンド・リバー社 東京本社 〒105-0004 東京都港区新橋四丁目1番1号 新虎通りCORE 5F 参加対象者 ・2019年3月末までに国内外の4年制大学、大学院を卒業見込みの方。 ・2020年3月末までに国内外の4年制大学、大学院を卒業見込みの方。 参加費 無料 持ち物 筆記用具、メモ帳など 服装 自由 定員 応募者多数の場合は書類選考を実施します 主催 株式会社クリーク・アンド・リバー社 共催 株式会社テレビ東京 応募締め切り 2018年10月31日(水) 書類必着 応募方法 【1】Webエントリー 下記【Webエントリー】ボタンからお願いいたします。 応募は締め切りました。 【2】応募書類の郵送提出 応募書類をダウンロード後、ご記入のうえ郵送をお願いいたします。 応募は締め切りました。 お間違えの無いようお願いいたします。 eg hq. cri.

次の

鷲見アナと増田アナの不倫を通報・チクったのは廣瀬知美アナ?2人の反論は?

テレ 東 アナウンサー

概要 [ ]• 日本の民放キー局・準キー局では(開局初期を除き)殆どのアナウンサーが新卒採用であるが、テレビ東京は開局当初から現在に至るまで他局からの移籍者が比較的多い。 女性アナウンサーは2000年代までに全員が新卒採用の"生え抜き"に切り替わったが、2016年中途採用で女性アナウンサーを採用した。 また、1980年代からテレビ東京社内の一般職からもアナウンサーを登用していた。 に従来の「アナウンス部」が廃止され、新たに「パーソナリティ室」を設置。 他局のように枠を分けての採用を行わず、局内・外から多様な人材を募って配属した。 この時期に入社したアナウンサーも一般職としての採用である。 パーソナリティ室は1995年に「アナウンス室」に改組され、その後もこうした登用は続いたが1999年度から新卒アナウンサーの採用を再開。 2004年には「編成局アナウンス部」に改組された。 2019年6月に編成局が総合編成局へ改称されたのに伴い、現在の「総合編成局アナウンス部」となった。 現職アナウンサー [ ] 入社年順に表記。 男性 [ ]• 1994年 - (アナウンス副部長)• 1995年 -• 2002年 - (元(1990年 - 2002年)、チーフアナウンサー)、• 2003年 -• 2009年 - (元(2006年 - 2009年))• 2010年 -• 2013年 -• 2016年 -• 2018年 -• 2020年 - 女性 [ ]• 1992年 -• 1998年 - (当初1年間は営業局)• 1999年 -• 2000年 -• 2002年 -• 2004年 -• 2007年 - 、(育休中)• 2008年 - 、• 2009年 -• 2016年 - 、(ニューヨーク支局勤務、元、2013年 - 2016年6月)、(元、2013年 - 2016年6月)• 2017年 - 、(元、2015年 - 2017年5月)• 2019年 - 、 、 元アナウンサー [ ] 入社年順に表記。 前身・東京12チャンネル時代の所属者も含む。 丸かっこ内の数字は編成局アナウンス部在籍期間。 他部署へ異動 [ ] 部署名は現在所属している部署である。 (1990年 - 2001年、報道局ニュースセンター経済)• (1990年入社。 当初は営業局、1991年 - 2002年、アニメ局プロデューサー)• (1993年 - 2003年、報道局ニュースセンター解説委員)• (2004年 - 2019年、営業局営業推進部)• (2009年 - 2019年、報道局) 女性• (1987年入社。 当初は報道局、1995年 - 2005年、編成局ドラマ制作部)• (1991年入社。 1993年 - 2000年、アニメ番組プロデューサー)• (1994年入社。 当初は広報部、1996年 - 1998年、人事局厚生部)• (1999年 - 2002年、2012年 - 2018年、2002年から2012年まで報道局経済報道部所属、2018年より再び報道局所属)• (2001年 - 2014年(2013年度はニューヨーク支局)、報道局キャスター)• (2003年 - 2020年、編成局)• (2004年 - 2016年、報道局)• (2007年 - 2010年、2012年 - 2016年、編成局) 退社・退職者 [ ] 丸かっこ内の数字はテレビ東京在籍期間。 特記事項の無い人物は主にや、司会者、として活動している。 男性 [ ]• (元、1964年 - 1994年)• (元、1964年 - 1997年) - 定年退職後も2003年まで将棋番組に出演。 (元、1964年 - 不明)• (元、1964年 - 1994年)• (元、1964年 - 不明)• (1964年 - 不明)• (1965年 - 不明)• (元日本短波放送(現:ラジオNIKKEI)、1967年 - 不明)• (元、1971年 - 1984年) - 同年へ出向し、後に正式移籍。 (1971年 - 1976年)• (1971年 - 2007年)• (1974年 - 1991年)• (1978年 - 2005年) - コミュニケーション学科非常勤講師。 (1985年 - 2009年) - 退職後に校長。 2015年より釜利谷中学校校長()• (元、1988年 - 2016年)• (1997年入社。 1998年 - 2008年、入社当初は別部署) - 退社後、生命保険会社を経て司会者。 (元、1995年 - 2011年)• (2001年 - 2009年) -。 日経CNBCでキャスターを担当。 (2007年 - 2008年)• (2015年 - 2020年)• 1981年の退職後しばらくとして勤務。 その後もフリーとしてニュース番組に出演) 女性 [ ]• (元CBC、1964年 - 1998年)• (1971年 - 2009年)• (元、1987年 - 1997年、後に)• (1988年 - 1992年) - 所属の 8期。 から 20代。 (元、1989年 - 1994年)• (元、1989年 - 1991年)• (1989年 - 1999年1月)- 退社後、の個人事務所社長。 (1990年 - 1994年9月) - から移籍。 フリーになってからも「」サブMC• (1989年 - 1991年)- フリー転向を経て情報テレビジョン社長、執行役員を歴任。 (元、1990年 - 1996年)• (1990年 - 1995年)• (1991年 - 1998年、当初は報道局経済報道部)- 夫人。 (元CBC、1991年 - 2007年、後に報道局経済ニュースセンター)- 退職後はコンピュータ関連会社社長。 (1991年 - 1997年)• (1993年入社、当初は報道局経済報道部、1994年 - 2003年)• (1990年 - 1998年)• (1996年入社、当初は営業局、1997年 - 2002年)• (2000年 - 2005年)• (2002年 - 2017年)• (2005年 - 2008年)• (2006年 - 2010年)- の夫人で、現在は青木佐知名義で活動。 退社時に職業としてのフリー転向は否定しているが、夫に関係することに限って情報番組やトーク番組に出演することがある。 (2010年 - 2017年)- 退社後は化粧品会社を創業。 ただしフリーアナとしての活動も行っている。 (2011年 - 2015年)• (2011年 - 2017年)- 元5期メンバー。 の夫人。 退社後は家庭優先としながらも、単発での番組出演があった。 (2013年 - 2020年)• (後に報道局国際部記者) - 退職後はサンフランシスコに移住しアメリカの日本酒業界に身を置く。 アナウンサー番組 [ ]• 脚注 [ ].

次の