星野 源 same thing 歌詞。 『Same Thing (feat. Superorganism)』あたらしい星野源、はじまりました。

【星野源/Same Thing feat. Superorganism】歌詞(和訳)の意味を解釈!クソみたいな世界で何を訴える?

星野 源 same thing 歌詞

とにかく、コラボが豪華。 では、本題の楽曲考察に移っていきます。 楽曲名「Same Thing」とは 「Same Thing」を、和訳すると 全く同じこと。 という意味になっています。 日常では、かなり広義的に使われる言葉ですね。 この楽曲名が歌詞の内容と どう関与しているのでしょうか。 ここの歌詞で出てくるのは• 酷い雨の日• 暖かい晴れの日 という対象的な気候であり、 これを 「同じ same 」と言っています。 なぜ同じ意味になると定義しているのでしょうか。 歌詞を追っていきます。 人生は山あり谷あり。 酸いも甘いもあるのが人生 といった言葉があるように、幸せと不幸は表裏一体です。 これらは小さなきっかけで簡単にひっくり返るもの。 そりゃそうですよね。 幸せがあるから不幸があり、不幸があるから幸せがあるのです。 どちらかだけに偏ってしまうと、それは「普通」になってしまいます。 世界を恨んでいるの? なんて思っちゃいそうになりますが、 次に続く言葉は I meant it with love 心から愛を込めて という言葉。 「クソみたいな世界を愛してる」 といったメッセージ性が伝わってくるのではないでしょうか。 楽しい時間と落ち込む時間を「同じ」と言っているのですが、個人的には どちらの時間も大切だと訴えているようにも感じました。 楽しい時間も悲しい時間も包括して「大丈夫」だと受け止めてくれているのです。

次の

音と歌詞のコントラスト

星野 源 same thing 歌詞

音楽は自由だ。 よくそんな言葉を耳にする。 私も音楽は自由だと思う。 それはいい意味でも悪い意味でも。 窮屈な毎日から連れ出してくれる音楽 憧れちゃうような音楽 背中を押してくれる音楽 自由な音楽に救われた経験が数えきれないほどある。 でも時々、自由な音楽が苦しくなる。 例えるなら、盛り上がっているカラオケボックスの個室から抜け出したくなるような そんな感覚だ。 みんなと同じように笑い、盛り上がりながら 心の中で本当の自分が泣いている。 この世界が音楽が自由すぎるが故に、そんな事を思ってしまうときがある。 数日が立ち、おすすめに出てきた Same Thingのミュージックビデオ。 引き寄せられるように、再生した。 全てを聞き終わって、まず「楽しい」と感じた。 明るくてキラキラしてて、自然と手と足が踊り出す そんなメロディーだと思った。 Same Thingは完全英詞であるため、 語学力のない私にはfuck youという言葉しか入ってこなかった。 ふと、日本語という項目があることに気づき、 もう1度再生してみると、英詞の和訳が表示されるようになった。 全て聴き終わった私はとても衝撃を受けた。 決して、明るく私たちに呼びかけている歌詞ではなかったからだ。 「fuck you」と「愛」、「楽しそう」と「最悪だ」のように 対照的な表現のバランスが絶妙な歌詞 そして、私は音と歌詞のコントラストが素敵で メロディーが光なら、この英詞は闇だと思った。 そして、このコントラストは みんなと同じように笑い、盛り上がりながら 心の中で泣いている自分にそっくりだとも思った。 少し親近感が湧いた時、 『それで大丈夫 それでいい』 という歌詞から目が離せなくなった。 背中を押すわけでも、私をここから連れ出すこともなく そっと隣にいてくれるような歌詞が私の心に 寄り添ってくれるような感覚になった。 きっと、こんな風に受け止めて欲しかったんだな、と ストンと腑に落ちたような気もした。 自由な音楽。 だからこそ窮屈になる。 それでも自由に生きたい。 今ならこの世界で羽ばたける気がする。 だって、楽しそうって思うのも最悪だって落ち込むのも どっちも同じだから。 私を救ってくれたのは 国境も、言葉も、肌の色も超えた 星野源の自由な音楽。 これからも日本が誇る星野源の音楽と一緒に 自分が描く未来へ自由に羽ばたいていきたいと思う。 投稿いただいたコメントはロッキング・オンが公開可否審査を行った上で掲載します。 コメントの前に、かならずを読んでください。 音楽文事務局が不適当と判断したコメントについては掲載しない場合がございます。 また、一度掲載されたコメントも、音楽文事務局の判断で削除させていただく場合がございます。 ご了承の上ご利用ください。 コメントの掲載基準や掲載可否についてのお問い合わせにはご対応いたしかねます。 ご了承ください。 利用規約に違反している可能性があるコメントを見つけた際は、当該コメントの「…」ボタンより「報告する」を押してお知らせください。 お知らせいただいたコメントは1件ずつ確認し、対処いたします。 犯罪予告や名誉棄損、侮辱、信用棄損、業務妨害罪などに該当する場合など、コメントの内容によっては警察に通報する場合があります。 本コメント機能はベータ版となります。 予告なく終了する場合がございます。 ご了承ください。

次の

星野源『Same Thing feat. Superorganism』を語る

星野 源 same thing 歌詞

音楽は自由だ。 よくそんな言葉を耳にする。 私も音楽は自由だと思う。 それはいい意味でも悪い意味でも。 窮屈な毎日から連れ出してくれる音楽 憧れちゃうような音楽 背中を押してくれる音楽 自由な音楽に救われた経験が数えきれないほどある。 でも時々、自由な音楽が苦しくなる。 例えるなら、盛り上がっているカラオケボックスの個室から抜け出したくなるような そんな感覚だ。 みんなと同じように笑い、盛り上がりながら 心の中で本当の自分が泣いている。 この世界が音楽が自由すぎるが故に、そんな事を思ってしまうときがある。 数日が立ち、おすすめに出てきた Same Thingのミュージックビデオ。 引き寄せられるように、再生した。 全てを聞き終わって、まず「楽しい」と感じた。 明るくてキラキラしてて、自然と手と足が踊り出す そんなメロディーだと思った。 Same Thingは完全英詞であるため、 語学力のない私にはfuck youという言葉しか入ってこなかった。 ふと、日本語という項目があることに気づき、 もう1度再生してみると、英詞の和訳が表示されるようになった。 全て聴き終わった私はとても衝撃を受けた。 決して、明るく私たちに呼びかけている歌詞ではなかったからだ。 「fuck you」と「愛」、「楽しそう」と「最悪だ」のように 対照的な表現のバランスが絶妙な歌詞 そして、私は音と歌詞のコントラストが素敵で メロディーが光なら、この英詞は闇だと思った。 そして、このコントラストは みんなと同じように笑い、盛り上がりながら 心の中で泣いている自分にそっくりだとも思った。 少し親近感が湧いた時、 『それで大丈夫 それでいい』 という歌詞から目が離せなくなった。 背中を押すわけでも、私をここから連れ出すこともなく そっと隣にいてくれるような歌詞が私の心に 寄り添ってくれるような感覚になった。 きっと、こんな風に受け止めて欲しかったんだな、と ストンと腑に落ちたような気もした。 自由な音楽。 だからこそ窮屈になる。 それでも自由に生きたい。 今ならこの世界で羽ばたける気がする。 だって、楽しそうって思うのも最悪だって落ち込むのも どっちも同じだから。 私を救ってくれたのは 国境も、言葉も、肌の色も超えた 星野源の自由な音楽。 これからも日本が誇る星野源の音楽と一緒に 自分が描く未来へ自由に羽ばたいていきたいと思う。 投稿いただいたコメントはロッキング・オンが公開可否審査を行った上で掲載します。 コメントの前に、かならずを読んでください。 音楽文事務局が不適当と判断したコメントについては掲載しない場合がございます。 また、一度掲載されたコメントも、音楽文事務局の判断で削除させていただく場合がございます。 ご了承の上ご利用ください。 コメントの掲載基準や掲載可否についてのお問い合わせにはご対応いたしかねます。 ご了承ください。 利用規約に違反している可能性があるコメントを見つけた際は、当該コメントの「…」ボタンより「報告する」を押してお知らせください。 お知らせいただいたコメントは1件ずつ確認し、対処いたします。 犯罪予告や名誉棄損、侮辱、信用棄損、業務妨害罪などに該当する場合など、コメントの内容によっては警察に通報する場合があります。 本コメント機能はベータ版となります。 予告なく終了する場合がございます。 ご了承ください。

次の