ビーナス の 誕生。 かないみか ビーナス誕生! 歌詞

【楽天市場】ヴィーナスの誕生120粒入り:洋菓子の老舗 横浜かをり

ビーナス の 誕生

ギリシャ神話では「アフロディーテ」、ローマ神話では日本人にはおなじみの「ビーナス」と呼ばれます。 女神の子供がエロース(アモールまたはクピードー)です。 エロースとプシュケーの恋愛・結婚では怖い姑(しゅうとめ)になり、プシュケーに3つの試練を課します。 サンドロ・ボッティチェッリ〈ヴィーナスの誕生〉ウフィッツィ美術館 モデルは、シモネッタ・カッタネオ・ヴェスプッチ(享年23才)。 パッツィ家の陰謀で殺されたジュリアーノ・デ・メディチ(享年25才)の愛人。 ジュリアーノはロレンツォ・イル・マニフィコの弟です。 ゼウスの父クロノスが、その父ウラノスの男根をアダマスという金属の鎌で刈り取り、大海原に投げ入れました。 落ちたところから白い泡がわき立ち、その中から女神アフロディーテ(ヴィーナス)が誕生しました。 女神は西風ゼフィロスに運ばれ、やがてキュプロス島に漂着。 それで、この島は女神の聖地となったのです。 アフロディーテは季節の三女神に美しい衣を着せられると、オリンポスの神々の宮殿に連れられてゆきました。 全ての男神はその美しさに心を奪われ、女神を妻にと望みました。 ゼウスは自分の息子ヘーパイストスを夫に選びました。 自分のために、息子が一生懸命雷霆(らいてい)の矢を鍛えあげたからです。 女神の中でも一番美しいアフロディーテが、男神の中でもひときわ醜いヘーパイストスと結ばれたのです。 ジャック=ルイ・ダヴィッド〈軍装を解かれる軍神マルスとビーナス〉 夫が醜いことが原因かどうかは分かりませんが、女神には軍神アレース(マルス)をはじめ、トロイアの武将アンキセス(二人の子はローマ建国の祖アイネイアース)、若いアドニスらの愛人がいました。 アフロディーテは 〈ケストス〉と呼ばれる美しい刺繍の帯を持っていました。 その帯は相手に愛情をおこさせる力を持っていました。 かつて、トロイア戦争の際、ゼウスの妻ヘーラーがこの帯をかりて、浮気性のゼウスの心を引き止めたこともありました。 ポセイドーンや他の神がアカイア(ギリシャ勢)に加担するのを、ゼウスの目から隠すためです。 また、女神の愛した鳥は〈白鳥と鳩〉で、女神が乗る二輪車は白鳥が引きます。 また、彼女に捧げられた花は〈バラとギンバイカ〉です。 アンニーバレ・カラッチ〈ケストスを身につけたヘーラーとゼウス〉.

次の

サンドロ・ボッティチェリ

ビーナス の 誕生

ビーナス誕生 ビーナス誕生 ビーナス誕生 ロレンツォは平和主義者でボッティチェリのパトロンのなかで一番大切な人物です。 ロレンツォはフィレンツェを守るためにイタリア全体の平和を維持しようとします。 メディチ家は東方貿易が盛んになるほど銀行家だったためより勢いを増します。 ローマのシスト4世はそれに恐れを抱きローマにあるメディチ銀行の財産を没収します。 そしてパッツィー家を動かしメディチ家を内部から潰そうとします。 「パッツィ家の陰謀」です。 そして1476年の復活祭 ミサ の日にサンタ・マリア大聖堂でロレンツォとジュリアーノに刺客が襲います。 ロレンツォは傷を負いながらも新聖具室に逃げ込むことが出来ました。 剣の名手だったジュリアーノは自ら剣をとって必死に抵抗します。 しかし相手の人数が多かったため抵抗もむなしく殺されてしまいます。 同じ年にジュリアーノの恋人シモネッタも結核のため亡くなっています。 シスト4世はナポリと同盟しナポリ軍約7000人にフィレンツェを包囲させます。 ボッティチェリは生きる意味をなくしたロレンツォに自分の思いを少しでも早く知らせようとその状況の中一人絵を描き続けています。 そして描かれたのがこの『ビーナスの誕生』です。 この絵を見たロレンツォは驚きます。 左端の西風の精の顔が亡き最愛の弟ジュリアーノ。 中央に描かれたビーナスの顔は、ジュリアーノの恋人で今は亡き絶世の美女シモネッタだったのです。 右端の衣を持つのは時を司るホーラです。 「もう時間がありません」というボッティチェリの思いでしょうか。 心を動かされたロレンツォは単身ナポリへと向かいナポリ王と面会します。 ナポリ王はロレンツォの勇気と熱意に心を揺さぶられ、シスト4世との同盟を破棄します。 そしてフィレンツェを囲っていたナポリ軍を引き上げさせたのです。 『ビーナスの誕生』この絵がフィレンツェを救ったのです。 この絵の下方をよく見るとキャンバスを継ぎ足した跡が見えます。 フィレンツェを救うため、急ぐボッティチェリの姿が目に浮かびます。

次の

名画『ヴィーナスの誕生』を解説。実は「誕生」の瞬間じゃなかった!?

ビーナス の 誕生

ギリシャ神話の中に登場する『愛と美の女神アプロディーテ(ローマ神話ではヴィーナス)』の誕生についてご存知でしょうか。 フィレンツェの美術館にある有名なボッティチェルリ作の『ヴィーナスの誕生』の絵をどこかで目にした事があるのではないでしょうか。 海面で大きなホタテ貝の上に裸で立っている美女の絵です。 彼女は海の泡から生まれたと知っている方も多いと思います。 しかしこの海の泡は自然に海の底から発生したものではありません。 これは『ある物』が海に投げ込まれて発生した泡なのです。 愛と美の女神が生まれるのに一役買った物とはどんな素敵な物だったのでしょうか。 宝石やきれいな花がイメージとしてはぴったりですよね。 しかし海に投げ込まれたのは、天空ウラノスの『陰部』だったのです。 ギリシャ神話では世界の始まりはカオス(混沌)です。 そしてそのカオスの子供のガイア(大地)とタルタロス(冥界の深部)の姉弟が交わってできた子供がウラノス(天空)でした。 そして母親のガイアがこのウラノスとの間に12人の神と2人の巨人をもうけます。 ここでは母子での交わりですね。 しかしウラノスがこの2人の巨人を嫌い地底に閉じ込めてしまいます。 もちろん我が子を閉じ込められたガイアは怒り燃えて復習を計画します。 そして自分の子供達にその復習の手伝いを頼んだところ、一番末っ子のクロノスが母を手助けする事を決意します。 夜になってウラノスがガイアのところへ来ると、隠れていたクロノスがすばやく父親の陰部をナイフで切り取り海へ投げ込みました。 そしてその海の部分から白い泡が発生して、愛と美の神であるアフロディーテが誕生したのです。 姉弟、親子で交わる事タブーである現代の私達にとっては、ギリシャ神話の男女関係は信じられなく乱れています。 その上に男性の一物を切断するという狂気的な行動に思わずのけぞります。 ところがそのオチが『愛と美の女神誕生』とは大ドンデン返しです。 ギリシャ神話にはまだまだ信じ難いお話がたくさんあり、昔の人達の創作能力に感動させられます。

次の