エクセル グラフ 横 軸 変更。 Excelで作成したグラフの軸ラベルの文字の向きを変更する方法

グラフ編集操作の覚え方【Excel・エクセル 2016・2013編】

エクセル グラフ 横 軸 変更

エクセルの複合グラフ 複合グラフとは 「金額」と「人数」のような単位が違うデータや、「比較」と「推移」のような意味合いが違う情報を同時に表したいときに、折れ線グラフと棒グラフなど 異なる種類のグラフを組み合わせて作成したグラフを「 複合グラフ」といいます。 2軸グラフなんて表現もありますね。 この複合グラフ(2軸グラフ)の作成ですが、Excel2010以前のバージョンではとても面倒だったのですが、最新のExcel2013では改良が加えられ誰でも簡単に作れるようになりました。 Excel2010以前のバージョンでの複合グラフの作り方 ここでは下の図のような表をベースに 複合グラフを作成していきます。 出来上がった縦棒グラフは、目盛りが左側の第一軸だけしかなく、「問合せ」のグラフは低すぎて目視することができないレベルです。 挿入された棒グラフでは、「問合せ件数」も「売上高」も棒グラフとして表されていますので、「問合せ」のグラフ部分を選択して [右クリック] します。 そして右クリックメニューから「系列グラフの種類の変更」をクリックします。 「グラフの種類の変更」ダイアログボックスが表示されるので、[折れ線グラフ]を選んで「OK」をクリックします。 すると「問合せ」がオレンジ色の折れ線グラフに変わったことがわかります。 ここでさらにオレンジの線上で右クリックして、「データ系列の書式設定」をクリックします。 系列の書式設定が「主軸」になっているので、それを「第2軸」に変更して右下の「閉じる」をクリックします。 すると、ようやく「 複合グラフ」が完成します。 あとは好みに合わせて細かな調整をして完成です。 つぎは、Excel2013 での複合グラフの作り方です。 Excel2013 での複合グラフの作り方 さて、Excel2013での 複合グラフ作成ですが、「今までの苦労はなんだったんだ!?」 と思うくらい劇的に簡単になりました。 サンプルとして使う表はExcel2010の例と同じく上記「売上高」と「問合せ」件数の表とします。 手順としては; グラフにしたい範囲を選択 メニューの「挿入」タブを選択し、その中の「 複合グラフの挿入」をクリックし、中央の「2軸グラフ」を選ぶ。 すると、複合グラフが表の右下に表示されます。 複合グラフの作成が Excel2013でここまで改良されたということは、それなりに需要があったということでしょう。 複合グラフにできないグラフの種類 最後に、 複合グラフにできないグラフの種類についても、検索率が高いので触れておきます。 質問を拝見していると、複合グラフを作成しようとしている過程で; 『 複合グラフにできないグラフの種類があります。 別のグラフの種類を選んでください。 』 というメッセージが出るということです。 『データ系列の書式設定』だけでよい 解決にむけて、まずは 『系列グラフの種類の変更』をクリックしないで、『データ系列の書式設定』をクリックして2軸化してみてください。 そうすると、『系列グラフの種類の変更』を選択・操作しなくても変更しようとしていた2軸グラフが出来上がっているはずです。 Excelでは分類上、別のグラフとされていても実は「同系統」のグラフが存在します。 例えば、「株価グラフ」と「折れ線グラフ」です。 この二つはExcel上で別のグラフ(の種類)として扱われています。 だから、株価のロウソク足のグラフに移動平均の折れ線グラフを重ねた複合グラフを作ろうとした場合に、ユーザーが『系列グラフの種類の変更』から折れ線グラフを選択しようとすると、「同じ折れ線グラフ系の仲間ですよー」とExcelが教えてくれている、というわけです。 『系列グラフの種類の変更』はクリックしないで『データ系列の書式設定』をクリックして2軸化するだけで複合グラフが完成するのです。 もう一つの落とし穴で、 線の書式設定が「線なし」になっているのもエラーの原因となるので、折れ線グラフを選択する場合は線の書式を設定してください。 上記いずれかの理由で問題がクリアになれば幸いです。 その他には初心者の例として単純に; ・グラフ作成のベースとなる元データがそもそも2系統だてになっていない場合 ・あきらかに複合グラフにならない組み合わせを選ぼうとしている (例:円グラフと棒グラフ) こんなパターンもあるようですが。 まずはこのページや他サイトのサンプルと同じように複合グラフ作成してみて、成功体験をしてから自分の元データとあらためて向き合ってみると原因が特定できると思います。 以上で複合グラフについての説明は終了です。 きっちりマスターして、ライバルに差をつけてください。 関連記事 併せて読んでおくとさらに便利 Excelグラフ 株価チャートの作り方と見方を図解します。 株価のグラフがうまく作成できないという方は「表の並び」が良くないかもしれません。 ローソク足の見方にも触れていますので、ぜひ当サイトをご一読ください。 株価・移動平均 Excelで 株価チャートに移動平均線を加えて2軸化する方法を解説。 「移動平均線」は、ローソク足のチャートを合わせると株の売買のタイミングを判断する材料となるのです。 グラフ・スパークライン エクセルの「スパークライン」をご存じですか?文字どおり電気がスパークしているように見える極小の折れ線グラフです。 今回はスパークラインの作成方法と有効な見せ方・使い方についてわかりやすく解説。 グラフ・レーダーチャート レーダーチャートの最大値を固定する方法を解説。 レーダーチャート とは、模擬試験の結果表や自己分析表などで一度は目にしたことがある、文字どおりレーダーのようなグラフ(チャート)のことです。 エクセルグラフ エクセルのグラフタイトルをグラフの下に表示させたり、セルの値を参照させたり、変更したりする方法などグラフタイトルについていろいろ解説します。 目からウロコです。

次の

エクセルのグラフで横軸ラベルを編集する!

エクセル グラフ 横 軸 変更

Excel for Microsoft 365 Word for Microsoft 365 Outlook for Microsoft 365 PowerPoint for Microsoft 365 Excel for Microsoft 365 for Mac Word for Microsoft 365 for Mac PowerPoint for Microsoft 365 for Mac Excel 2019 Word 2019 Outlook 2019 PowerPoint 2019 Excel 2016 Excel 2019 for Mac PowerPoint 2019 for Mac Word 2019 for Mac Word 2016 Outlook 2016 PowerPoint 2016 Excel 2013 Word 2013 Outlook 2013 PowerPoint 2013 Excel 2010 Word 2010 Outlook 2010 PowerPoint 2010 Excel 2016 for Mac PowerPoint 2016 for Mac Word 2016 for Mac Excel Starter 2010 ほとんどのグラフの種類では、グラフの軸の表示と非表示を切り替えることができます。 グラフのデータをわかりやすくするために、外観を変えることもできます。 重要: この記事では、グラフの軸の目盛の変更については説明しません。 目盛の変更方法については、以下を参照してください。 軸の詳細 グラフには通常、データの測定に使用される縦軸 値軸または y 軸とも呼ばれます とデータの分類に使用される横軸 項目軸または x 軸とも呼ばれます という 2 つの軸があります。 3-D 縦棒グラフ、3-D 円錐グラフ、3-D ピラミッド グラフには、行き軸 系列軸または z 軸とも呼ばれます という 3 番目の軸があり、グラフの奥行きに沿ってデータをプロットすることができます。 レーダー チャートには横 項目 軸がなく、円グラフとドーナツ グラフにはどの軸もありません。 縦 値 軸 横 項目 軸 奥行き 系列 軸 以下では、グラフを変更してインパクトを与えたり、より効率的に情報を伝達したりする方法について説明します。 軸の概要と、軸の機能の詳細については、「」を参照してください。 注: 次の手順は、Office 2013 およびそれ以降のバージョンを対象としています。 軸の表示と非表示を切り替える• 軸の表示と非表示を切り替えるグラフ内の任意の場所をクリックします。 [ グラフ ツール] が表示され、[ デザイン] および [ 書式] の各タブが示されます。 [ デザイン] タブで、[グラフ要素の追加] の横にある下向き矢印をクリックし、スライドアウト メニューの [ 軸] をマウスでポイントします。 表示または非表示にする軸の種類をクリックします。 軸の目盛とラベルを調整する• グラフ上で、調整する目盛とラベルが含まれている軸をクリックするか、次の操作を行ってグラフ要素を一覧から軸を選びます。 グラフ内の任意の場所をクリックします。 [ グラフ ツール] が表示され、[ デザイン] および [ 書式] の各タブが示されます。 [ 書式] タブの [ 現在の選択範囲] で [ グラフの要素] ボックスの矢印をクリックして、選ぶ軸をクリックします。 [ 書式] タブの [ 現在の選択範囲] グループの [ 選択対象の書式設定] をクリックします。 ラベルまたは目盛の間の項目の数を変更する• グラフ上で、変更する横 項目 軸をクリックするか、次の操作を行ってグラフ要素の一覧から軸を選びます。 グラフ内の任意の場所をクリックします。 [ グラフ ツール] が表示され、[ デザイン]、[ レイアウト]、[ 書式] の各タブが表示されます。 [ 書式] タブの [ 現在の選択範囲] で [ グラフの要素] ボックスの矢印をクリックして、選ぶ軸をクリックします。 [ 書式] タブの [ 現在の選択範囲] グループの [ 選択対象の書式設定] をクリックします。 [ 軸のオプション] で、次の操作のいずれか、または両方の操作を行います。 軸ラベルの間隔を変更するには、[ ラベルの間隔] で、[ 間隔の単位] をクリックし、テキスト ボックスに必要な数字を入力します。 ヒント 「 1」と入力するとすべての項目のラベルが表示され、「 2」と入力すると 1 つおきの項目のラベルが表示され、「 3」と入力すると 2 つおきの項目のラベルが表示されます。 それ以降も同様に表示されます。 軸ラベルの位置を変更するには、[ 軸とラベルの間の距離] ボックスに必要な数字を入力します。 ヒント 小さい数字を入力するほど、ラベルと軸の距離が近くなります。 ラベルと軸の距離を広げる場合は、大きい数字を入力します。 ラベルの配置と向きを変更する 横 項目 軸と縦 値 軸の両方で軸ラベルの配置を変更できます。 グラフに複数レベルの項目軸ラベルがある場合は、すべてのレベルのラベルの配置を変更できます。 横 項目 軸上でラベルのレベル間の間隔を変更することもできます。 配置を変更するラベルが含まれている軸をグラフ上でクリックするか、次の操作を行ってグラフ要素の一覧から軸を選びます。 グラフ内の任意の場所をクリックします。 [ グラフ ツール] が表示され、[ デザイン] および [ 書式] の各タブが示されます。 [ 書式] タブの [ 現在の選択範囲] で [ グラフの要素] ボックスの矢印をクリックして、選ぶ軸をクリックします。 [ 書式] タブの [ 現在の選択範囲] グループの [ 選択対象の書式設定] をクリックします。 [ 軸の書式設定] ダイアログ ボックスで [ 文字のオプション] をクリックします。 [ テキスト ボックス] で、次の操作のいずれか、または複数の操作を行います。 [ 垂直方向の配置] ボックスで、必要な垂直方向の配置をクリックします。 [ テキストの方向] ボックスで、必要なテキストの方向をクリックします。 [ ユーザー設定の角度] ボックスで、必要な角度を選びます。 ヒント そのためには、軸をクリックし、 ホーム ツール バーで [ 左揃え] 、[ 中央揃え] 、または [ 右揃え] をクリックします。 項目ラベルのテキストを変更する ワークシートで項目ラベルのテキストを変更することも、グラフ内でそれらを直接変更することもできます。 ワークシートで項目ラベルのテキストを変更する• ワークシート上で、変更するラベルの名前が含まれているセルをクリックします。 新しい名前を入力し、Enter キーを押します。 注 ワークシートで変更を加えるとグラフが自動的に更新されます。 グラフ内のラベル テキストを変更する• グラフ内で、横軸をクリックするか、次の操作を行って、グラフ要素の一覧から軸を選びます。 グラフ内の任意の場所をクリックします。 [ グラフ ツール] が表示され、[ デザイン] および [ 書式] の各タブが示されます。 [ 書式] タブの [ 現在の選択範囲] で [ グラフの要素] ボックスの矢印をクリックして、横 項目 軸をクリックします。 [ デザイン] タブの [ データ] グループにある [ データの選択] をクリックします。 [ データ ソースの選択] ダイアログ ボックスで、[ 横 項目 軸ラベル] の [ 編集] をクリックします。 [ 軸ラベルの範囲] ボックスで、次のいずれかの操作を行います。 項目軸ラベルとして使用するワークシートの範囲を指定します。 たとえば、「 部門 A, 部門 B, 部門 C」のように、使用するラベルをコンマで区切って入力します。 注 [ 軸ラベルの範囲] ボックスにラベルのテキストを入力した場合は、項目軸ラベルのテキストはワークシートのセルにリンクされなくなります。 [ OK] をクリックします。 ラベル内のテキストと数値の外観を変更する 項目軸ラベルのテキストまたは値軸の数字の書式を変更できます。 テキストの書式を設定する• クラブ内で、書式を設定するラベルが表示されている軸を右クリックします。 ホーム ツール バーで、必要な書式設定オプションをクリックします。 ヒント ラベルが表示されている軸を選んでから、[ ホーム] タブの [ フォント] グループの書式設定ボタンを使用することもできます。 数値の書式を設定する• 書式を設定する数字が表示されている軸をグラフ上でクリックするか、次の操作を行ってグラフ要素の一覧から軸を選びます。 グラフ内の任意の場所をクリックします。 [ グラフ ツール] が表示され、[ デザイン] および [ 書式] の各タブが示されます。 [ 書式] タブの [ 現在の選択範囲] で [ グラフの要素] ボックスの矢印をクリックして、選ぶ軸をクリックします。 [ 書式] タブの [ 現在の選択範囲] グループの [ 選択対象の書式設定] をクリックします。 [軸オプション] で [ 数値] をクリックし、[ 分類] ボックスで、必要な数値の表示形式を選びます。 ヒント 選択した表示形式で小数点以下の桁数を使う場合は、[ 小数点以下の桁数] ボックスで指定できます。 数値とワークシートのセルとの間にリンクを設定する場合は、[ シートとリンクする] チェック ボックスをオンにします。 グラフ上で、調整する目盛とラベルが含まれている軸をクリックするか、次の操作を行ってグラフ要素を一覧から軸を選びます。 グラフ内の任意の場所をクリックします。 [ グラフ ツール] が表示され、[ デザイン]、[ レイアウト]、[ 書式] の各タブが表示されます。 [ 書式] タブの [ 現在の選択範囲] で [ グラフの要素] ボックスの矢印をクリックして、選ぶ軸をクリックします。 [ 書式] タブの [ 現在の選択範囲] グループの [ 選択対象の書式設定] をクリックします。 [ 軸のオプション] で、次の操作のいずれか、または複数の操作を行います。 主目盛の表示を変更するには、[ 目盛の種類] ボックスで、目的の目盛位置をクリックします。 補助目盛の表示を変更するには、[ 補助目盛の種類] ボックスの一覧で、目的の目盛位置をクリックします。 ラベルの位置を変更するには、[ 軸ラベル] ボックスで、目的のオプションをクリックします。 ヒント 目盛または目盛ラベルを非表示にするには、[ 軸ラベル] ボックスで [ なし] をクリックします。 グラフ上で、変更する横 項目 軸をクリックするか、次の操作を行ってグラフ要素の一覧から軸を選びます。 グラフ内の任意の場所をクリックします。 [ グラフ ツール] が表示され、[ デザイン]、[ レイアウト]、[ 書式] の各タブが表示されます。 [ 書式] タブの [ 現在の選択範囲] で [ グラフの要素] ボックスの矢印をクリックして、選ぶ軸をクリックします。 [ 書式] タブの [ 現在の選択範囲] グループの [ 選択対象の書式設定] をクリックします。 [ 軸のオプション] で、次の操作のいずれか、または両方の操作を行います。 軸ラベルの間隔を変更するには、[ ラベルの間隔] で、[ 間隔の単位] をクリックし、テキスト ボックスに必要な数字を入力します。 ヒント 「 1」と入力するとすべての項目のラベルが表示され、「 2」と入力すると 1 つおきの項目のラベルが表示され、「 3」と入力すると 2 つおきの項目のラベルが表示されます。 それ以降も同様に表示されます。 軸ラベルの位置を変更するには、[ 軸とラベルの間の距離] ボックスに必要な数字を入力します。 ヒント 小さい数字を入力するほど、ラベルと軸の距離が近くなります。 ラベルと軸の距離を広げる場合は、大きい数字を入力します。 横 項目 軸と縦 値 軸の両方で軸ラベルの配置を変更できます。 グラフに複数レベルの項目軸ラベルがある場合は、すべてのレベルのラベルの配置を変更できます。 横 項目 軸上でラベルのレベル間の間隔を変更することもできます。 配置を変更するラベルが含まれている軸をグラフ上でクリックするか、次の操作を行ってグラフ要素の一覧から軸を選びます。 グラフ内の任意の場所をクリックします。 [ グラフ ツール] が表示され、[ デザイン]、[ レイアウト]、[ 書式] の各タブが表示されます。 [ 書式] タブの [ 現在の選択範囲] で [ グラフの要素] ボックスの矢印をクリックして、選ぶ軸をクリックします。 [ 書式] タブの [ 現在の選択範囲] グループの [ 選択対象の書式設定] をクリックします。 [ 軸の書式設定] ダイアログ ボックスで [ 配置] をクリックします。 [ テキストのレイアウト] で、次の操作のいずれか、または複数の操作を行います。 [ 垂直方向の配置] ボックスで、必要な垂直方向の配置をクリックします。 [ テキストの方向] ボックスで、必要なテキストの方向をクリックします。 [ ユーザー設定の角度] ボックスで、必要な角度を選びます。 ヒント そのためには、軸を右クリックし、 ミニ ツール バーで [ 左揃え] 、[ 中央揃え] 、または [ 右揃え] をクリックします。 ワークシートで項目ラベルのテキストを変更することも、グラフ内でそれらを直接変更することもできます。 ワークシートで項目ラベルのテキストを変更する• ワークシート上で、変更するラベルの名前が含まれているセルをクリックします。 新しい名前を入力し、Enter キーを押します。 注 ワークシートで変更を加えるとグラフが自動的に更新されます。 グラフ内のラベル テキストを変更する• グラフ内で、横軸をクリックするか、次の操作を行って、グラフ要素の一覧から軸を選びます。 グラフ内の任意の場所をクリックします。 [ グラフ ツール] が表示され、[ デザイン]、[ レイアウト]、[ 書式] の各タブが表示されます。 [ 書式] タブの [ 現在の選択範囲] で [ グラフの要素] ボックスの矢印をクリックして、横 項目 軸をクリックします。 [ デザイン] タブの [ データ] グループにある [ データの選択] をクリックします。 [ データ ソースの選択] ダイアログ ボックスで、[ 横 項目 軸ラベル] の [ 編集] をクリックします。 [ 軸ラベルの範囲] ボックスで、次のいずれかの操作を行います。 項目軸ラベルとして使用するワークシートの範囲を指定します。 ヒント また、 ダイアログ縮小 ボタンをクリックし、ワークシートで使う範囲を選ぶこともできます。 操作が終了したら、[ ダイアログ ボックスの展開] ボタンをクリックします。 たとえば、「 部門 A, 部門 B, 部門 C」のように、使用するラベルをコンマで区切って入力します。 注 [ 軸ラベルの範囲] ボックスにラベルのテキストを入力した場合は、項目軸ラベルのテキストはワークシートのセルにリンクされなくなります。 [ OK] をクリックします。 項目軸ラベルのテキストまたは値軸の数字の書式を変更できます。 テキストの書式を設定する• クラブ内で、書式を設定するラベルが表示されている軸を右クリックします。 ミニ ツール バーで、必要な書式設定オプションをクリックします。 ヒント ラベルが表示されている軸を選んでから、[ ホーム] タブの [ フォント] グループの書式設定ボタンを使用することもできます。 数値の書式を設定する• 書式を設定する数字が表示されている軸をグラフ上でクリックするか、次の操作を行ってグラフ要素の一覧から軸を選びます。 グラフ内の任意の場所をクリックします。 [ グラフ ツール] が表示され、[ デザイン]、[ レイアウト]、[ 書式] の各タブが表示されます。 [ 書式] タブの [ 現在の選択範囲] で [ グラフの要素] ボックスの矢印をクリックして、選ぶ軸をクリックします。 [ 書式] タブの [ 現在の選択範囲] グループの [ 選択対象の書式設定] をクリックします。 [ 数値] をクリックし、[ 分類] ボックスで、必要な数値の表示形式を選びます。 ヒント 選択した表示形式で小数点以下の桁数を使う場合は、[ 小数点以下の桁数] ボックスで指定できます。 数値とワークシートのセルとの間にリンクを設定する場合は、[ シートとリンクする] チェック ボックスをオンにします。 注 数値をパーセンテージとして書式設定する場合は、その前にグラフ上の数値がソース データでパーセンテージとして計算され、小数点形式で表示されていることを確認してください。 1 を計算し、 0. 軸に目盛を追加する 軸を書式設定すると、選択した間隔で目盛および補助目盛を表示できます。 この手順は、Word for Mac のみに適用されます。 [ 表示] メニューの [ 印刷レイアウト] をクリックします。 グラフをクリックし、[ グラフ デザイン] タブをクリックします。 [ 軸の書式設定] ウィンドウで、[ 目盛] を展開し、[目盛の種類] と [補助目盛のオプション] をクリックします。 目盛を追加した後で、目盛の間隔を変更するには、[ 記号の間隔] ボックスの値を変更します。 軸について 軸の表示方法はグラフによって異なります。 たとえば、xy 散布 図とバブル チャートでは横軸と縦軸の両方に数値が表示されます。 たとえば、気圧別の降水量 インチ単位 をプロットする場合があります。 これらの項目には両方に数値があり、それらの数値に対して相対的に x 軸と y 軸にデータ ポイントがプロットされます。 値軸にはさまざまなオプションがあり、目盛を対数目盛に設定することもできます。 横棒グラフ、折れ線グラフ、面グラフなどの他の種類のグラフでは、縦 値 軸にのみ数値が表示され、横軸にはグループ 項目 を示すテキストが表示されます。 たとえば、地域別の降水量 インチ単位 をプロットする場合があります。 この例では、地域は、横 項目 軸にプロットされるデータの項目を示すテキストです。 地域は、測定できる値ではなくテキストなので、均等な間隔で配置されます。 値軸と項目軸ではオプションが異なるので、グラフの種類を選ぶときはこの違いに注意してください。 これに関連する情報として、奥行き 系列 軸は形式が異なる項目軸です。 グラフを作成するときは、既定で目盛とラベルが軸上に表示されます。 主目盛、補助目盛、ラベルを使用してそれらの表示方法を調整できます。 項目にラベルを付ける間隔を指定するか目盛間に表示する項目の数を指定すると、横 項目 軸上に表示される軸ラベルまたは目盛の数を減らし、グラフの煩雑さをなくすことができます。 ラベルの配置や向きを変更したり、表示されるテキストや数字を変更または書式設定したりすることもできます。 たとえば、数字をパーセンテージで表示することができます。

次の

Excel(エクセル)のグラフで軸の順番を反転させる方法|左右や上下の位置を入れ替える方法

エクセル グラフ 横 軸 変更

Excelでは、セルに入力されたデータをもとにグラフを作るので、もととなるデータの桁が多ければ、 当然、グラフの軸に表示される目盛の桁も多くなります。 うわぁ、ゼロがいっぱいで、うんざり。 特に、桁数の多い金額をグラフ化する時は、目盛を千円単位・万円単位にすると、だいぶスッキリします。 そこで今回は、グラフの目盛の桁を、千単位・万単位で表示させる方法をご紹介します! 早速、目盛をカスタマイズ! まずは、千単位・万単位にしたい目盛のところだったらどこでもいいのでマウスポインタを合わせると、その目盛が所属する「軸」の名前が表示されます。 縦棒グラフだったら、こんな風に「軸」の名前が表示されます。 目盛が所属する「軸」の名前を確認したら、クリックします。 横棒グラフの場合だと、こんな風に、千単位・万単位にしたい目盛が所属する「軸」の名前が表示されるので、「軸」の名前を確認したら、クリックします。 クリックすることで、目盛のある軸全体を選択することができました。 更に、その目盛のところだったらどこでもいいので右クリック、 [軸の書式設定]をクリックします。 ここから、画面の表示が、Excelのバージョンによって異なりますので、下記より、ご自分のバージョンの操作をご覧ください。 【Excel 2016・2013】 このすぐ下にある次の章「Excel 2016・2013では作業ウィンドウで設定」をご覧ください。 【Excel 2010】 「」の章をご覧ください。 Excel 2016・2013では作業ウィンドウで設定 【Excel 2016・2013】 画面の右側に作業ウィンドウが表示されます。 作業ウィンドウ上部の[軸のオプション]と[文字のオプション]の選択肢では、[軸のオプション]が選択されていることを確認し、その下に表示されている4つの絵柄の選択肢では、一番右端のグラフの絵柄のマーク(マウスポインタを合わせると[軸のオプション]と表示されます)が選択されていることを確認します。 この部分の選択肢はいずれも、選択されているかどうかが非常に分かりづらいのですが、他の選択肢と比べて、選択されているものは濃い緑色になっています。 もしこの時、[軸のオプション]というグループの中身が見えていない場合は、ただ折りたたまれているだけ。 グループ名である[軸のオプション]という文字のところをクリックすると、展開されて中身が表示されます。 この先の設定は、次の次の章、「」をご覧ください。 スポンサーリンク Excel 2010ではダイアログボックスで設定 【Excel 2010】 ここまででご紹介したように、目盛のところで右クリック、[軸の書式設定]をクリックすると、このようなダイアログボックスが表示されます。 次の章から、解説の画像はExcel 2016の作業ウィンドウの画像となりますが、Excel 2010でも設定する項目がダイアログボックスに表示されているだけの違いで、操作項目は全く同じですので、引き続きご覧ください。 今回の例では、[千]を選択したので、 グラフの軸の目盛が千単位で表示され、スッキリとした印象になりました。 【Excel 2010】 Excel 2010でも、表示単位を選択した時点で設定が有効になるので、ダイアログボックスを閉じなくても、すぐにグラフの目盛の変化を確認できます。 グラフの上にダイアログボックスが重なって、グラフを確認できない方は、すればOKです。 表示単位ラベルはどうする? 表示単位の選択肢の下には、[表示単位のラベルをグラフに表示する]というチェックボックスがあります。 これにチェックを付けておくと、 グラフがどの単位で表示されているのかが分かるよう、ラベルが表示されます。 このラベルは、最初は90度傾いた状態で表示されますが、 [表示単位ラベルの書式設定]という、今操作している[軸の書式設定]とは別の設定項目で、縦書きにしたり、横書きにしたりと、自由に調整できます。 また、Excelさんが付けてくれた「千」という文字だけでは分かりづらければ、自分で「千円」という風に文字を修正してもOKです。 もちろん、[軸の書式設定]で表示単位を千単位や万単位に変更する際に、[表示単位のラベルをグラフに表示する]のチェックを外してもOK。 その場合は、表示単位のラベルは表示されないので、縦(値)軸ラベルの文字を工夫して、千円単位であることを盛り込むと、分かりやすいグラフになります。

次の