ブン ちゃん。 クリーミー仕上げ甘酒むちゃン

【猫が来ました】うちのブンちゃんがメディアに載ったので見てほしい!

ブン ちゃん

猫のニュース・画像・動画まとめ 2019. 23 2019. 24 ayakakeroppe 漫画家・羽海野チカ先生の愛猫ブンちゃんが虹の橋を渡りました となりねこでもたびたび紹介していた、漫画家の羽海野チカ先生。 代表作に「ハチミツとクローバー」や「3月のライオン」があり、どちらとも漫画の枠を超えて、アニメ化、実写化されていて大人気の作品です!そんな羽海野チカ先生は大の猫好きとしても知られています。 そんなブンちゃんが先日、虹の橋を渡りました。 突然の報告に皆さん驚いていましたが、一番つらいのはいつもブンちゃんとともに居た羽海野先生だと思います。 となりねこでも何度も紹介させていただいて、みんなに癒やしを与えてくれたブンちゃん。 ブンちゃんに「ありがとう」の気持ちを込めて、ブンちゃんについての記事を書かせていただきます。 chicaumino がシェアした投稿 — 2018年 1月月2日午前7時54分PST 羽海野チカ先生の愛猫・ブンちゃんの種類はスコティッシュフォールドです。 羽海野先生はスコティッシュフォールドの体の弱さも熟知して、ブンちゃんと暮らしていました。 突然の出来事に羽海野先生をはじめ、先生のご友人の方がたファンの方々は衝撃を受けたとともに悲しみが広がりました。 先生がツイートで書いているとおり、多くの人がブンちゃんのためにお空に向かってバイバイしたことと思います。 羽海野チカ先生の過ごした12年間はブンちゃんにとってもとっても幸せな日々だったと思います。 パートナーを失うということは本当につらく悲しく傷つきます。 ですが、一緒に過ごしてきた日々がなくなる訳ではありません。 ブンちゃんと先生が過ごした日々は、先生とブンちゃんの中にはもちろんのこと、私たち、先生のファンの中にも生き続けています。

次の

ブンちゃんさんのプロフィールページ

ブン ちゃん

猫のニュース・画像・動画まとめ 2019. 23 2019. 24 ayakakeroppe 漫画家・羽海野チカ先生の愛猫ブンちゃんが虹の橋を渡りました となりねこでもたびたび紹介していた、漫画家の羽海野チカ先生。 代表作に「ハチミツとクローバー」や「3月のライオン」があり、どちらとも漫画の枠を超えて、アニメ化、実写化されていて大人気の作品です!そんな羽海野チカ先生は大の猫好きとしても知られています。 そんなブンちゃんが先日、虹の橋を渡りました。 突然の報告に皆さん驚いていましたが、一番つらいのはいつもブンちゃんとともに居た羽海野先生だと思います。 となりねこでも何度も紹介させていただいて、みんなに癒やしを与えてくれたブンちゃん。 ブンちゃんに「ありがとう」の気持ちを込めて、ブンちゃんについての記事を書かせていただきます。 chicaumino がシェアした投稿 — 2018年 1月月2日午前7時54分PST 羽海野チカ先生の愛猫・ブンちゃんの種類はスコティッシュフォールドです。 羽海野先生はスコティッシュフォールドの体の弱さも熟知して、ブンちゃんと暮らしていました。 突然の出来事に羽海野先生をはじめ、先生のご友人の方がたファンの方々は衝撃を受けたとともに悲しみが広がりました。 先生がツイートで書いているとおり、多くの人がブンちゃんのためにお空に向かってバイバイしたことと思います。 羽海野チカ先生の過ごした12年間はブンちゃんにとってもとっても幸せな日々だったと思います。 パートナーを失うということは本当につらく悲しく傷つきます。 ですが、一緒に過ごしてきた日々がなくなる訳ではありません。 ブンちゃんと先生が過ごした日々は、先生とブンちゃんの中にはもちろんのこと、私たち、先生のファンの中にも生き続けています。

次の

ブンちゃんさんのプロフィールページ

ブン ちゃん

ブンちゃん 唐津生まれの唐津育ち。 曳山囃子を子守歌にして育ちました。 よって進学先も就職先も、終業後に宵山のスタート時間に間に合うエリアを選びました。 ところが20代で5年間の海外赴任となり、その間「唐津くんち」に出れず。 帰国後は、それが主な理由で転職。 今度は日本各地を転勤する羽目に。 住んだところとは、大阪、東京、沖縄、仙台。 2015年にようやく福岡まで戻って来ました。 でも、唐津を離れて一段と唐津の良さが実感できるようになったと思います。 唐津のこと、今住んでる博多のこと、そして大切な「唐津くんち」のことを中心に日記を書きたいと思います。

次の