白血球 の 働き。 白血球を増やす食べ物とは?免疫力アップに効果的な栄養バランスの良いメニュー特集

白血球について

白血球 の 働き

血液は全身を流れています。 血液は体のすみずみに酸素や栄養分を届けたり、悪い病原菌を退治したりする働きがあります。 血液をいつも全身に送っているのは心臓です。 生きている限り、心臓は動きつづけます。 心臓が動かなくなったら、血液が全身に届かなくなってしまいます。 血液の四大成分 血液には赤血球や白血球といった小さなものがあります。 赤血球• 白血球• 血小板• 血しょう 血しょうは血小板と違います。 血しょうは液体で、血液の「液体」そのものです。 赤血球、白血球、血小板が血しょうに溶けているようなイメージ。 注:画像はパブリック・ドメイン 赤血球は酸素を運びます。 ところで、なぜ私たちの体は酸素を必要としているのでしょうか? 私たちの体を作っているほとんど細胞は、酸素を使ってエネルギーを生んでいるからです。 エネルギーがなければ細胞は死んでしまいます。 白血球はばい菌をなくす役割があります。 ばい菌(病原菌)はいつも体内に入ってくる可能性があります。 その菌を退治しなければ、私たちはすぐに病気になってしまいますが、白血球があるおかげでそうならないわけですね。 血小板は出血を止める作用があります。 傷がついて血が出てきても、しばらくすると血が止まりますね。 血が固まって、穴をふさぐからです。 血小板はこうした止血に関わっています。 血小板がなければ、傷がついた時に血がずっと出てしまうことになってしまいます。

次の

赤血球と白血球

白血球 の 働き

Summary• はをもった細胞である。 白血球には(、、好塩基球)と無顆粒球(単球と)がある。 白血球の主な働きは、病原菌や異物から身体を守る防御作用である。 単球は血管外に出て組織となる。 好中球とマクロファージ(大食細胞)は体内に侵入した病原菌や異物をし、分解する。 膿はその残骸である。 〈目次〉• 白血球の種類 白血球には、 好中球、 好酸球、 好塩基球、 単球、 リンパ球の5種類がある(このような白血球の分類を 白血球分画という)。 このうち、好中球、好酸球、好塩基球を顆粒球という。 最も多いのは好中球で、次に多いのはリンパ球である。 このため、 顆粒球や多核球といえば好中球を、単核球といえばリンパ球を指していることも多い。 疾患によって白血球の数や分画は変化する。 このため、や分画を調べると、診断の手がかりとなる。 一般に、細菌感染では好中球が増加し、感染ではリンパ球が、疾患や寄生虫疾患では好酸球が増加する。 体内には白血球の貯蔵場があり、必要に応じて中に動員される。 白血球は目的地へ自発的に進むことができる。 これを 遊走という。 白血球も骨髄の幹細胞からつくられる。 顆粒球、単球、リンパ球の未熟な細胞を、それぞれ 骨髄球、 単芽球、 リンパ芽球という。 骨髄球のさらに未熟な段階を 骨髄芽球という。 表1白血球の種類 *白血球を特殊な色素(ギムザGiemsa染色液)で染めた場合、酸性の染料に染まりやすい顆粒を好酸球、塩基性の染料に染まりやすい顆粒を好塩基球、どちらにも染まり中間に染まる顆粒を好中球という。 白血球の機能 好中球は、マクロファージ(大食細胞)とともに体内に侵入した細菌を攻撃し貪食する。 これを 食作用 phagocytosis という。 好中球は変形しながら、血管壁を自由に通過できる。 これを 血管外遊走 diapedesis という。 好中球やマクロファージは、特定の化学物質に対し 化学走性 chemo taxis を示し、近寄ったり逃げたりする。 好中球は酵素を分泌して血管壁の一部を溶かし、再び修復する機能をもっている。 このため、感染源のあるところはどこでも到達できる。 好酸球と 好塩基球はに関与している。 好塩基球はアレルギーを起こし、好酸球はアレルギーを抑えるとみられている。 単球は白血球の約5%を占め、好中球に次いで活発な貪食作用をもつ。 単球が血管外に出ると 組織マクロファージとなる。 細菌や不用になった細胞を貪食する。 このため、大食細胞ともいう。 リンパ球は免疫反応において中心的役割を担っている。 リンパ球にはとT細胞がある。 B細胞は赤色骨髄で産生される。 T細胞の未熟な細胞は赤色骨髄で産生されるが、未熟なままで血液中に放出され、胸腺やリンパ組織に行き、そこで成熟して再び血液中に放出される。 顆粒球の寿命は3~15日で、より短い。 ほかの白血球については、はっきりしていない。 サイトカイン 生体の細胞間では、さまざまな情報交換が行われているが、特に免疫系、造血系の細胞間で情報伝達を担う一群の液性因子を サイトカイン cytokine とよび、可溶性である。 は主としてリンパ球やマクロファージから放出される。 特にリンパ球などの免疫を担う細胞から放出されるものを インターロイキン interleukin という(このほかのサイトカインには、コロニー刺激因子やインターフェロンなどがある)。 [出典] (著者)片野由美、内田勝雄/2015年5月刊行/.

次の

白血球の種類と特徴と働きをマインドマップにまとめてみた。

白血球 の 働き

ここでは、体内に数多く存在し、細胞同士が連携することで抗原と戦っている免疫細胞の、種類や役割を詳しく解説してきます。 免疫細胞の活躍なくして、免疫力は上がらない! 自己防衛本能として備わっている免疫は、ウィルスや細菌による感染症や、体の中にできた有害な細胞を抑制・排除する働きがあります。 免疫には生まれついて持ち合わせている「自然免疫」と、感染を繰り返して得ていく「獲得免疫」があり、このふたつの免疫システムは、体内の様々な免疫細胞の活躍により機能しています。 では、免疫細胞は体内でどのような活動を行っているのでしょうか? 連携が重要!免疫細胞の主な働き 免疫細胞はそれぞれ違った役割を持ち、協力し合いながら抗体(病原体)と戦っています。 体内に侵入した外敵(抗原)を発見する係• 外敵の特徴・弱点などの情報を伝える係• 情報を受け取り、その外敵に応じた攻撃方法を命令・指示する係• 外敵を攻撃して破壊する係• 外敵のデータを記憶して、次の侵入に備える係 免疫細胞が活性化することで、この連携は更に強まり、免疫力アップに繋がります。 逆に免疫細胞の減少などによってこの連携が崩れてしまうと、免疫力が低下してしまいます。 免疫細胞は加齢によって減少する他に、乱れた食生活や、ストレスを溜めることでも減少し、元気を失っていきます。 白血球が主体!免疫を担う免疫細胞の種類とその役割 私たちの免疫力を担っている免疫細胞の主体は、血液中を流れる白血球です。 白血球は顆粒球・単球・リンパ球の3つに分類され、それぞれに多種多様の免疫細胞が存在しています。 抗原を食べて殺菌!貪食細胞・顆粒球 好中球・好酸球・好塩基球からなる顆粒球は貪食細胞と呼ばれ、抗原を食べて殺菌・分解する働きを持っています。 特に好中球には、細菌やウィルスに対して非常に強い殺菌作用があります。 仕事を終えた好中球はすぐに死滅し、膿として体の外に排出されます。 「抗原提示」という重要な役割を持つ単球 単球の主な細胞はマクロファージと樹状細胞で、体内に侵入した抗原を取り込み、その情報をリンパ球に伝える「抗原提示」という役割を担っています。 また、マクロファージは顆粒球と同じく貪食細胞と呼ばれ、抗原を食べて殺菌・分解する働きがあります。 抗原を攻撃して記憶するリンパ球 リンパ球の主な細胞はT細胞・B細胞・NK(ナチュラルキラー)細胞で、抗原提示によって、その抗原に合った攻撃をして倒します。 T細胞には、抗原に対する攻撃を命令するヘルパーT細胞と、その命令を受けて抗原を攻撃・破壊するキラーT細胞の2つがあり、一部のキラーT細胞とB細胞には、一度感染した抗原を記憶する「免疫記憶」という働きがあります。 NK細胞は常に体内を警備している免疫細胞で、抗原を見つけると、独自で抗原を攻撃・破壊してしまいます。 自然免疫系と獲得免疫系、それぞれの働き さらに免疫細胞は、その役割によって自然免疫系と獲得免疫系の2つに分類されます。 自然免疫系:マクロファージ・顆粒球・NK細胞など。 抗原に対して即座に反応し、無差別に攻撃する。 また、獲得免疫系に対して抗原提示(抗原の情報を伝えること)する。 獲得免疫系:ヘルパーT細胞・キラーT細胞・B細胞など。 自然免疫がカバーしきれなかった抗原に対して、自然免疫系の知らせを受けて抗原を特定、その抗原に応じた対処法で攻撃し、一度感染した抗原の免疫を得る。 また、その両方の性質を持った「NK(ナチュラルキラー)T細胞」という免疫細胞は、自然免疫系と獲得免疫系の機能を増幅・活性化させると言われています。 自然免疫・獲得免疫両方の性質を持つ「NKT細胞」 リンパ球の一種で、NK細胞とT細胞の性質を持つ免疫細胞です。 非常に強力な免疫作用があり、インターフェロンというサイトカインを産生して、自然免疫系・獲得免疫系両方の免疫細胞を活性化させる働きがあります。 免疫細胞が元気になれば、体も元気に! このように、免疫の働きはそれぞれのバランスによって成り立つものです。 病気になりにくい体を作るためには「免疫力を上げる」ことが重要、そして、免疫力を上げるためには「免疫細胞の働きを活性化させる」ことが必要です。 免疫力の維持、向上には、栄養バランスの取れた食生活や適度な運動、ストレスの軽減など、日頃の生活を規則正しく行うことが大切なのです。

次の