せ て うす の 船 ネタバレ。 テセウスの船ネタバレあらすじ!原作から結末までを詳しく調べてみた

【テセウスの船】最終回|ネタバレ*結末*感想【黒幕はあの芸人】|Lyfe8

せ て うす の 船 ネタバレ

テセウスの船のあらすじをネタバレ! テセウスの船のあらすじをご紹介します。 ネタバレを大いに含みますので、ご注意ください。 1984年6月、北海道にある小学校で起きた青酸カリを用いた無差別毒殺事件。 21人の児童が青酸カリによって殺された。 容疑者として逮捕された男は村の警察官だった。 最高裁で死刑が確定するも最後まで男は罪を否認し続けた。 死刑判決を受け、収監されてしまった元警察官の父の冤罪を晴らすため、主人公が事件の真相を解明していくクライムサスペンス。 あらすじだけみるとミステリーのようですね。 青酸カリを用いただけでも恐ろしいのに、その犯人が元警察官。 しかしそれは冤罪で真犯人が別にいるはずなのに、死刑判決を受けたまま31年もの時がたってしまうんです。 主人公、心は父の無罪を証明するために奮闘する、という親子のきずなを描いた作品です。 この作品では 主人公が生まれる前の事件なので父と息子は最初の時点ではあっていません。 父の事件の真相を知るため、主人公は自分が生まれる前、事件が起きた31年前にタイムスリップしてしまうんです! タイムスリップをして事件の真相を探る、というSF要素も入っていますね。 詳しいあらすじに関しては原作を読むほうが早いかもしれませんね。 ちなみにあらすじは原作ベースとなっています。 テセウスの船の原作は? 「テセウスの船」が実写ドラマ化される事になりました。 詳細についてはまだ言えませんが、情報解禁になり次第随時お知らせしていきます。 そして来週発売の週刊モーニングで最終回を迎えます。 2017年から連載開始、2019年11月現在で9巻まで発売されています。 2019年12月に最終巻の10巻が発売予定です。 作者は 東元俊哉さん。 テセウスの船以外の作品は「バタフライ」「破道の門」「湘南レスキュー部」などがあり、テセウスの船が代表作となっています。 原作が漫画ですので、ぜひドラマ放送前にチェックしておくとよりドラマを楽しめるはずです! テセウスの船の結末は原作によると? テセウスの船の結末はどうなってしまうのでしょうか? すでに 連載は終了していますが、最終巻の10巻は12月に発売予定となっています。 連載していた雑誌を読んでいた人は結末のネタバレを知っていることでしょう。 ですので、すでに結末はわかっています。 ちなみに主人公が過去と現代を行き来していたため、過去になくなった人物が現代では生きているということになっています。 主人公が関わってしまったため、過去が塗り替えられ、真相にたどり着いたということになります。 単行本がまだ発売前ですので、結末のネタバレは見たくない!という人はここから先はご注意ください。 父の冤罪を晴らしてくれた人が殺される 事件当時、新聞配達員をしていた長谷川という男に妻が父親の冤罪を証明してくれる証人として登場します。 佐々木紀子と名乗った彼女はなぜこのタイミングで父の冤罪を証明してくれたのか。 理由は佐々木紀子が余命1年と宣告されていたからです。 佐々木紀子は事件当時はまだ長谷川の婚約者で、31年前の青酸カリ事件で亡くなってしまった小学校の先生、木村さつきの実家の工場で働いていました。 そして佐々木紀子は婚約者であった長谷川に青酸カリを持ち出すように言われたのです。 そのあと長谷川はとある病院の娘を監禁し、盗ませた青酸カリを使って事件を起こします。 ほかにも佐々木紀子は長谷川の事件現場に訪れた際、当時の担当刑事、金丸が犯人と会話をしていたのも聞いていたのです。 そして直後に金丸が崖から突き落とされ殺される現場までしっかりとみていました。 証言者が現れたと喜んだの束の間、 家を訪れた木村さつきに刺されてしまいます。 木村さつきは本来であれば31年前の青酸カリ事件で亡くなるはずでしたが、心が過去と現代を行き来してしまったため、31年前の事件自体被害者教師・児童が変わっているんです。 犯人は加藤みきお 木村さつきは事件後、加藤みきおを養子にします。 心の姉、鈴には内縁の夫がおり、その内縁の夫が木村みきお。 31年前、無差別毒殺事件が起きる直前、小学校周辺で起きていた不可解事件の犯人は加藤みきおだったのです! 加藤みきおは父がおらず、母も早くに亡くしていたため祖母と暮らしていました。 幼いころから加藤みきおはサイコパス的な思考を持っており、幼少のころから今の妻である鈴に執着していたのです。 そしてみきおは長谷川に乱暴されますが、みきおはそれを使って長谷川を従わせ青酸カリを用いた事件を起こす犯行に及んだのです。 犯行理由は鈴を自分のものにしたかったから。 当時小学生だった鈴は好きな人はいないけど結婚するなら父のような人がいいと話していたそうです。 それを聞いた みきおは鈴の父に敵意を向けてしまい、長谷川に命令して盗ませた青酸カリを鈴の家にこっそりと置き、無差別毒殺事件の犯人は鈴の父親に仕向けたんです。 そして 事件当時、養子に迎えてくれた木村さつきには青酸カリを飲まさず、被害者になるためみおき事態も少しだけ青酸カリを飲んだんです! みきおは車いすに乗っていますが、実はこれも嘘で、歩けるようです。 木村さつきはみきおが歩けることを知っていましたが、ストレスによる歩行不能と思っていました。 長谷川が起こしたとある病院の娘を監禁、青酸カリを用いた事件を起こしたのも鈴を自分のものにするためのみきおの歪んだ愛から生まれたものだったんです。 過去と未来が交差する 心がタイムスリップする際、木村みきおも一緒にタイムスリップします。 そして当時の幼い加藤みきおに未来から来た木村みきおは言います。 事件を起こしたことにより鈴は変わってしまった、好きになった純粋な鈴にはもう戻らない、と。 心が死ぬ 小学校事件を起こさないために動く心だったが、未来のこと、事件のすべてを知っている心と心からこれから起こる未来の出来事を聞いた心の父親を殺そうとするものが現れます。 心は父をかばい、死んでしまうのです! 結末 小学校で起きた毒殺事件は起きなかったため、父親は捕まることなく時代は令和に移ります。 心の実家ではかつて住んでいた村が閉鎖するということで、過去に埋めたタイムカプセルを掘りに向かいました。 その中には心が入れた佐野一家と田村一家の家系図と結婚指輪、写真が入っていました。 そしてその中に、 31 年前に起きた事件の犯人について取り上げた週刊誌を鈴が見つけ、確認してみると心の兄、信吾を助けた人物と自分たちの末の弟、心と顔がそっくりなことを知ります。 本当は心の名前は「正義」にする予定だったのですが、31年前、心の父、文吾をかばって亡くなった青年の名前から、今の心の名前は付けられたのです。 父親の命の恩人だから、という意味だそうです。 時同じころ、 この時代を生きている心は同僚に誘われて、岸田由紀と出会います。 のちに婚約者として心は由紀を紹介、文吾は大喜びしました! 未来が変わった瞬間ですね! ちょっとややこしいですが、31年前に飛んだ心はなくなってしまいますが、その時代に母のおなかにいた「心」は生きているんです。 田村、というのは心の母の旧姓です。 31年前の事件が起きてしまうと心は母方の姓になるため、物語の最初は「田村心」という名前です。 31年前事件当時は、母のおなかにいたため事件後から現代にいたるまで父親の顔を知らずに過ごしていた。 父の冤罪を知るまで母が苦しんでいたのは父のせいだと恨んでいた。 母の旧姓を名乗っている。 現段階ではまだ心しかキャストは出ていません! 物語のカギを握る加藤みきお、心の妻、由紀。 心の両親や兄弟をだれが演じるかとても気になりますね! テセウスの船の見どころは? 見どころはいろいろあります。 こればかりは原作を読んでからのほうがいいかもしれませんね。 原作は最初のほうはハッピーエンドとは程遠い話の流れになっており、読むにつれてどんどん引き込まれていきます。 タイトルの「テセウスの船」というのはギリシャ神話に登場する逆説、パラドックスのことです。 「英雄テセウスの船を後世に残すため、朽ちた部分を新品に交換していった結果、それははたして、もとの船と同じものであるといえるのか」という問題です。 主人公の心は過去に干渉し、父の冤罪を晴らすために行動しますが、それがはたして未来の家族とも一緒なのか、という疑問に直面します。 過去を変えるというタブーを犯すことがどういった意味なのか、変えることで本当に幸せになれるのか、という点に注目するといいかもしれません! テセウスの船に期待の声は? ネットではテセウスの船についてどんな声が上がっているのでしょうか。 漫画『 』が実写ドラマ化かぁ。 主人公は『 』さん。 全てを読んでいたファンとして・・・ めっちゃ、っぽい!! 雰囲気も合っていて、絶対面白くなると思う。 あとは子供達のキャラクターも個性的な人を集めてもらって、素敵なドラマになって欲しいなぁ。 放送概要になどはわかり次第追記していきます。 tbs. これは楽しみですね! テセウスの船の主題歌は? テセウスの船の主題歌はまだ発表されていません。 主人公が竹内涼真さんですので、予想がつきませんね。 泣けるミステリーと評判が高いので、誰なのか楽しみですね。 こちらは発表され次第追記していきます。

次の

テセウスの船 犯人・黒幕は誰?原作漫画からネタバレ【最終回結末・各キャラ結末あらすじまとめ】|ドラマ情報サイトのドラマイル

せ て うす の 船 ネタバレ

tbs. それから28年後…。 佐野文吾の次男は、苗字を母親の旧姓に変えて田村心と名乗って妻の由紀と生活していました。 そんなある日、仕事中に由紀から電話がかかってきて、もうすぐ赤ちゃんが産まれそうだと言われます。 急いで病院に向かい、無事出産に立ち会うことが出来た心ですが、赤ちゃんの誕生と引き換えに由紀は帰らぬ人となってしまいました。 悲しみに暮れる心ですが、生前由紀が父の事件について調べていると言ったことを思い出し、彼女の遺したノートを見つけます。 そこで、父の事件の真相を探る決意をし、赤ちゃんを母の和子に預け事件の舞台となった音臼村へと向かいました。 すると、白い霧に覆われ、いつの間にか事件の起こった28年前にタイムスリップしていたことに気づきます。 戸惑いながらも、父や村の人たちとの交流をしつつ、事故として処理されていた父の事件とは別の事件を解決すると、未来が変わったのを確信します。 果たして田村心は父の事件の真相を暴き、未来を変えることができるのか…? そしてここから気になる結末ですが、原作の雑誌連載は2019年の6月に終了しました。 ですが、最終巻となる単行本の発売はドラマの制作時期よりも遅かったので、結末はドラマオリジナルのものになる可能性もあります。 kodansha. 北海道出身で、元々は東元俊也という名義で「バタフライ」や「バウンスアウト」という作品を描いていました。 その後、原作の漫画「テセウスの船」を描くときに現在の東元俊哉名義に変更しました。 今作の「テセウスの船」が著者の初めての映像化作品ですが、初めての映像化が連続テレビドラマになるというのは原作の持っている魅力の大きさが分かりますね! 漫画「テセウスの船」は、週刊漫画雑誌モーニングで2017年6月~2019年6月までの2年間連載されていて、2019年12月現在のところは9巻まで発行されています。 そして、2019年に12月23日に発売される10巻で最終巻となる予定だそうです。

次の

テセウスの船最終回ネタバレを原作から徹底解説!犯人は純粋な悪?|ビビビ情報局

せ て うす の 船 ネタバレ

Sponsored Link 【テセウスの船】金丸刑事とはどういう人物? 心がタイムスリップした1989年1月7日。 この日、村の病院の次女 三島千夏が自宅倉庫内にあった 除草剤を誤って飲んでしまうという事件が起こります。 彼女はその後息を引き取ることに……。 この事件を担当していたのが 刑事の金丸でした。 敵か味方か分からなかったユースケサンタマリア刑事がどうやら味方だったらしいことは分かったけど、真犯人?に襲われて早くも退場か? — GOWの部屋 GOW23665035 事件を調べていると千夏が倒れる前、 心が倉庫内から除草剤を持ち出したことが発覚! それを証言したのは千夏の 姉明音 あんな と新聞配達員の 長谷川翼 流星諒。 しかし、その後明音は失踪し発見されるも意識不明状態になり、長谷川は遺体となって発見されます。 この事件がきっかけでさらに心への疑惑が強くなり、隠蔽工作のために2人の命を奪おうとした犯人ではないかと疑っていたのです。 厳しく心を取り調べ犯行を認めるよう強要までする金丸。 全く心のことを信用しておらず文吾から 未来のことを知っていると聞かされたことで、余計に心のことを あやしい人物として見ていました。 原作ではその後も金丸に疑われたまま、心は再び現代にタイムスリップしてしまうことに……。 しかしドラマでは かなり物分りの良い人物へとキャラ変! 心の未来の話を信じて、 亡くなる直前まで 音臼小事件を食い止めようと協力までしようとしてくれていました。 【テセウスの船】金丸の右手は何を意味する? テセウスの船の謎パート2 金丸 茂雄 …ユースケ・サンタマリアが何かに気づいているシーン? 考えたのですが 心の手の汗か暖かさじゃない でしょうか• この村は極寒の寒さ:;• 資料の違うページには 明音は暴行を加えられた形跡が残っていたと書かれていましたが、金丸は写真からそれとは違う 傷跡を見つけたことが推測されました。 その後6話でその証拠となる写真が映し出されます。 明音の首元にはアザがついており、それは大人ではつけられないもの。 金丸は生前部下にこんなことを話していました。 どうやったら首にこんなアザを残すことができるのか? 犯人が残されたアザに不信感を抱きながらも、なぜそうなったかについての原因がはっきりつかめていませんでした。 ただ原作での金丸は既に犯人についてあることを気づいていた様子。 おそらくこの傷跡は大人ではなく子供がつけたものと踏んでいたのかもしれません。 そして長年の経験から その人物は素人であることもわかっていたのです。 金丸が傷跡を見る限り大人の手の跡には見えなかったため、これが決め手となって心を釈放したのだと考察しました。 原作では心が現代に戻ってからその理由が明らかになります。 心が拘置所にいる文吾に面会に行くと、そこである人物が自分の無実を証言してくれるというのです。 その人物とは亡くなった長谷川翼の婚約者の 佐々木紀子 芦名星 ! 彼女は病気で自分の命が残り少ないことを知り、最後に本当のことを証言しようと思い立ったのです。 実は佐々木は金丸が何者かによって命を落とす現場を目撃してしまったのです。 それは明音と長谷川が亡くなってから2週間後の 2月26日。 2人が発見された音臼岳に行ってお参りした帰り、 金丸の車を発見。 すると奥の方で何かを調べている金丸を見かけます。 そのあと後ろから 誰かが声をかけ、その人物は明音事件について金丸に 直球質問を投げかけるのです。 今明音事件のことを調べているのか? 犯人は長谷川なのか? 犯人像はあるのか? その質問を上手くかわす金丸。 その相手は心が捨てたハズの 現代から持ってきたノートを見せ、これから何が起こるかを伝えるのです。 それを聞いた金丸はさらに詳しい事情を求めようとしますが、その相手にそのまま 崖から突き落とされて命を落としてしまうのです! ユースケサンタマリアの役の人が突き落とされたところめっちゃ人形感あってちょっと安心しつつ笑ってしまう。 いや人形じゃないとダメなんだけどね! — いくみん 1g3n ドラマでは崖から突き落とされるところは原作と同じですが、 そこに到達するまでの過程が異なっています。 原作では金丸は犯人と偶然出くわしたようなシチュエーションでしたが、ドラマだと風速計のある小屋の前で その 人物と待ち合わせしている様子。 おそらくその人物とは前日に金丸が心を小学校の前に送り届けた後に、 車を停めた後に出会った人物と同じではないかと予想されます。 亡くなる前金丸は文吾に これから事件の重要な証拠を探しにいかないとならないと話していました。 おそらくそれは 心が捨てたノートのことでしょう。 犯人からそのノートの存在を知らされて、金丸を呼び出す口実にノートの場所を教えるとでも言ったのかもしれません。 ここか? 亡くなる直前の金丸の様子から 何かを探している様子が伺えますね。 このことから犯人は最初から金丸を崖から突き飛ばすつもりで、 崖の近くにノートが落ちているといって誘導し突き飛ばしたと予想されます。 犯人の動機はおそらくこれから自分の計画を実行するにあたって 邪魔な存在だと感じたからでしょう。 勘の良い金丸ならそのうち自分が犯人だとバレてしまうかもしれない。 未来が書かれているノートの存在を知ってしまった以上生かすわけにはいかない。 おそらく犯人の頭はこんなことを感じていたのだと予測します。 原作では犯人は金丸の命を奪う前に、金丸から 明音事件の犯人は素人である可能性が高いことを聞き出しています。 ドラマでもきっと何か犯人の手がかりを握っていると確証を得たため、犯行に及んだのではないかと結論づけました。 【テセウスの船】金丸の犯人は誰? 原作で金丸の命を奪った犯人は心の姉鈴 白鳥玉季 と明音のクラスメイトで友人でもある 加藤みきお! ようやくテセウスの船2話鑑賞。 楓雅くん出番多めで良かった — あすてか otokonokomoe2 見た目は賢く温厚で何も問題のない普通の子供。 しかし、それは仮の姿で本当は 恐ろしい心を持った精神異常者! みきおの真の姿を知るものは誰もおらず、どんどん彼に騙され続けていく村の住人たち。 そしてみきおの仕掛けられた罠にまんまとはハマっていくことに……。 大の大人を子供が崖から突き落とすなんて想像もつきませんが、崖の近くで全力で体当たりすれば不可能ではありません。 しかし、ドラマは原作に加えたオリジナルストーリーで、 みきおには共犯者がいたという設定に! ドラマでは最後まで金丸の命を奪った犯行動機については語られませんでしたが、おそらく犯人は共犯者である 田中正志の犯行の可能性が高いとみています。

次の