ドコモ光 解約 違約金。 フレッツ光 解約手続きの流れ。違約金を0円にする3つの方法とは?

ドコモ光の違約金は1.3万円、解約金を0円で済ます方法

ドコモ光 解約 違約金

お好きな場所からお読みください!• フレッツ光の違約金・解約金っていくら? それでは、一番気になるところから紹介していきます。 そもそも、フレッツ光を解約する時には、違約金や解約金っていくらくらいかかるのでしょうか? 解約をしたいものの、一体、どれくらい解約をするのにお金がかかってしまうのでしょうか? ちなみに、フレッツ光では、解約のパターンが3つあります。 それぞれのパターンについて詳しく解説していきますね。 にねん割における解約金 はじめに紹介するのがこちら「にねん割」です。 「にねん割」というのは、毎月のインターネット料金が700円安くなるという割引サービスになっています。 安くなるけれども、そのぶん2年契約ですよというものを約束しています。 なので、この約束を破った時には、違約金・解約金を支払う必要があります。 戸建て:9,500円• マンション:1,500円 このように戸建てとマンションの二つのタイプによって、違約金は変わります。 ちなみに、マンションタイプはかなり安いです。 違約金は多くても、10,000円くらいなので、そこまで多額になるというわけではありません。 ただし、解約する際には、必ずプロバイダー会社に問い合わせてみることを推奨します。 工事費用でまだ支払え切れていない残債 フレッツ光では、工事費が毎月分割でかかることになります。 30ヶ月の分割になりますので、もしも加入をして既に、2年半経過しているという場合にはかかりません。 しかし、まだ30ヶ月経過をしていない場合には、残りの工事費を支払う必要が生じます。 逆に、入ってちょうど2年で解約をする場合には、残り6ヶ月残っている計算になりますので、特に損をするというようなことはありません。 ということで、ここまでをまとめてみます。 にねん割による違約金 9,500円• 加入をしてから30ヶ月過ぎていないなら、工事費の残債を清算 最大21,000円 以上です。 入ってすぐにやめるということが一番お金がかかることにはなりそうですね。 フレッツ光の解約方法って?辞める方法は? フレッツ光の解約方法と辞める方法について詳しくみていきましょう。 やや複雑に見えますが、実はシンプルです!たったの3つの手順に従うのみです。 手順 1 :NTTに電話する はじめにフレッツ光を運営している会社のNTTに電話をかけるようにしましょう。 フレッツ光を解約したいと伝えるだけでオーケーです。 今すぐしたいのか、今月でいっぱいになってしまうのかなどの日付も指定してみてくださいね。 手順 2 :プロバイダーに電話してみる 続いて、プロバイダーに電話をかけるようにしてください。 この時に意識しておきたいポイントがあります。 それは、解約をする際に、契約IDなるものが必要になります。 これを忘れた時には、教えてもらうこともできるのですが、電話の中では、教えてもらうこともできず、書類で送って来られるケースもあります。 場合によっては、家に届くまでに時間がかかってしまうこともあって、これのせいで、解約日がずれてしまうということも。 IDに関しては、基本的に、契約の書類に書かれていますので、そちらを先にチェックしてみてください。 もしも手元に資料がないのであれば、先にプロバイダー会社に連絡を入れるようにしてくださいね。 手順 3 :モデムとルーターを返却用のキットに入れて送り返す レンタルをしているモデムであったり、ルーターに関しては、解約をした後に、返却用のキットが届くことになります。 なので、そちらに入れて返却をするようにしてください。 着払いになっている伝票も同じようについているので、特に負担に感じるようなことはないかと思います。 【関連記事】• 他に解約をする際に注意しておきたいことは? 解約をする際には、他にも注意しておきたいことがあります。 料金は日割りなのか? 続いて気になるのは料金というのが日割り計算になるのかどうかということです。 解約をした後には請求が来ることになりますよね。 この料金は日割りになるケースと日割りにならないケースの二つが存在します。 はじめに、インターネットの料金です。 こちらに関しては日割りになります。 ネット料金というのは平均でも、5,000円はかかってしまうということを考えたら、結構ありがたいものですよね。 ただし、以下のものは日割りになることはありません。 固定電話基本料金:500円• その他に登録しているオプションサービス• プロバイダー料金 ネット料金は日割りになるのに、これらは日割りにならないのです。 ケチなんです。 なので、どちらかというと、月末に解約をした方がお得なのですが、そこまで無理に慎重にならなくてもいいかなというのが正直なところなのです。 電話番号はどうなる? 解約をしたら当然ながら、電話番号は無くなります。 ただし、他社に乗り換えを行う場合には、残すことができるケースもあります。 フレッツ光から切り替えても番号が同じになるには? NTTの加入権を持っている番号に関しては、どのようなものに変えたとしても、そのまま番号を引き継ぐことができます。 もしもNTTの加入権を持っているのかどうかわからないという場合には、今ある番号をどこで作成したのか振り返ってみてください。 フレッツ光を利用する前から持っている番号です。 昔から使い続けている番号であれば、残すこともできますよ。 番号が引継ぎがうまくできない場合 フレッツ光で番号を発行した時、仮に同じNTTであったとしても、その番号が原則はフレッツ光でしか利用できません。 なので、引き継ぎができません。 フレッツ光を引いた時に、使用した番号ではないのか、しっかりと思い出してみてくださいね。 さらに、引越しの場合には、市外局番が変更になります。 すると、自動的に番号も変更になるわけです。 仮に、番号を引き継ぐことができなかったとしても、今では、昔のように高い加入権を購入しなくても、安い値段でシンプルに電話番号を取得することができます。 なので、登録をしているところに、番号の変更手続きをするという手間がかかるのですが、金銭面で考えた場合には安心ですよ。 メールアドレスって無くなるの? プロバイダーを解約をした時には、メールアドレスはもちろんなのですが、その他にも、サービスを受けることができなくなってしまいます。 なので、もしもフレッツ光を解約したいという思いはあるけど、メールアドレスだけは残しておきたいという場合には、こちらの記事で対処法を紹介していますので、こちらも試してみてくださいね。 【関連記事】• フレッツ光の違約金に関することのまとめ それでは、フレッツ光の違約金・解約金についてまとめておきます。 解約する際には3つの種類のお金がかかる• 違約金がかからないようにするなら30ヶ月以上かかる• 解約する際はNTTとプロバイダに連絡• ネット料金は日割りになるけど、それ以外はお金がかかる!• 解約するには月末がいいかもね! このようになります。 ちなみに、フレッツ光を解約する理由というのが、少し高い、遅いのが嫌ということでしたら、他の回線に乗り換えるというのもおすすめです。 その理由としては、違約金を返金してもらえるキャンペーンが行われているからです。 なので、仮にフレッツ光で違約金を負担することになったとしても、この機会に乗り換えることを推奨します。 さらに、実はフレッツ光というのは、たくさんある光回線の中でも高いんですよね。 しかも、日本一の顧客がいることもあって、回線は混みやすくなり、遅い! そんな時に、フレッツ光よりも、毎月安くなり、速度も速くなり、違約金も負担してもらえるなら乗り換えたいという場合には、この機会に乗り換えることを推奨します。 光回線の圧倒的1位は?…. au光! フレッツ光:東日本にねん割・OCN スマホがauでなければ、意味がないの?と思われるかもしれません。 そんなauひかりなのですが、毎月の料金を比較してみた時には、フレッツ光よりも、毎月1,000円ほど安く利用することができます。 さらに、フレッツ光でかかることになった違約金を負担してくれることに加えて、55,000円の現金でキャッシュバックがあります。 なので、かなりお得なんですよね。 もちろん、乗り換えには、工事がかかってしまいますが、一般的には、フレッツ光の回線と同じルートで、線を通すだけなので、とても簡単に工事は終わります。 そして、フレッツ光のように、別に工事費がかかることがありません。 ただし、30ヶ月は継続して使用するというのが最低条件となっています。 auひかりには魅力がたくさんあるのですが、大きく分けると、以下のようなメリットがあります。 速度が比較的安定している• 月額料金は5,100円(2年目は5,000円、3年目以降は4,900円)• auスマホ1台につき1,410円引き• 現金キャッシュバックが50,000円以上のものがある• フレッツ光などの他社の違約金を負担してくれる このように、フレッツ光よりも圧倒的に安く、かつ、光コラボよりも快適にネットを利用することができます。 再工事は入るものの、違約金は負担してくれます。 また、55,000円が口座振り込みでキャッシュバックされたりもするため、今顧客満足度1位を誇る光回線として有名になっています。 この機会に是非とも登録して見てくださいね。 非常に光回線のスピードが速いということでおすすめです。 光コラボのソフトバンク光と比較した時には、NURO光の方が毎月とても安く、かつ、速いという特徴があります。 さらに、キャッシュバックもあるということで、非常におすすめです。 内蔵されている無線LANを無料で使用できますので、宅内でもとても完璧なWi-Fi環境が整いますよ。 大きな特徴は以下の通りです。 毎月4,743円なのでとても安い• 速度が他と比較すると2倍!• ソフトバンクのスマホセット割が適用される• 30,000円のキャッシュバックがある ということで、とてもおすすめの光回線なのです。 そして、家のみならず、外にでも持っていくことが可能になります。 このWiMAXでスマホを繋ぐと、速度制限を気にすることなく、自由にネットをエンジョイできますよ。 本体料金もとても安いですし、かつ、キャッシュバックもありますので、フレッツ光の違約金に当てるのもオーケーですl。 WiMAXの申し込みはこちらからできますので、ぜひ試してみてくださいね。 【関連記事】•

次の

「ドコモ光」から他社光サービスへのきりかえ(事業者変更)

ドコモ光 解約 違約金

ドコモ光の解約にかかる費用 まず、ドコモ光を解約する際は、• 違約金• 工事費の残額 の2つの費用がかかる可能性があります。 違約金 ドコモ光の違約金は、• ドコモ光の契約成立月を1ヶ月目として、24ヶ月目、25ヶ月目、47ヶ月目、48ヶ月目が違約金が発生しない月となります。 ドコモ光の月別の違約金 利用期間 違約金 1ヶ月目 (開通月) 戸建て:13,000円 マンション:8,000円 ~ ~ 23ヶ月目 戸建て:13,000円 マンション:8,000円 24ヶ月目 (契約更新月) 0円 25ヶ月目 (契約更新月) 0円 26ヶ月目 戸建て:13,000円 マンション:8,000円 ~ ~ 47ヶ月目 戸建て:13,000円 マンション:8,000円 48ヶ月目 (契約更新月) 0円 49ヶ月目 (契約更新月) 0円 例えば、2017年1月13日に契約をした場合、• 2019年2月(24ヶ月目)• 2019年3月(25ヶ月目)• 2021年2月(48ヶ月目)• 2023年3月(49ヶ月目) に解約しないと、13,000円(8,000円)の違約金がかかってきます。 2年定期契約について 通常、ドコモ光に申し込むと「2年定期契約」に加入することになります。 2年定期契約とは、2年間(24ヶ月)の最低利用期間を設けることを条件にタイプA(プロバイダ料金込み)で• 戸建てタイプの場合は、割引額も大きく、1ヶ月間で1,500円、1年間で18,000円、2年間で36,000円もお得になりますが、もし、2年未満に解約してしまうと、 違約金として13,000円を払わなければなりません。 そして、この2年定期契約で特に注意すべき点は、 自動更新です。 つまり、2年が過ぎても、自動更新により最低利用期間が継続するということです。 もし、違約金を払いたくなければ、 24ヶ月目と25ヶ月目の「契約更新月」に解約手続きをする必要があります。 工事費の残額 また、ドコモ光では、新規で申し込んだ場合、 60ヶ月以内に解約すると工事費の残債が一括請求される可能性があります。 ドコモ光の工事費用を24分割で支払っていた場合は、一括請求される工事費の残債は次の表のようになります。 ドコモ光の月別の工事費の残債 利用期間 戸建て マンション 1ヶ月目 (開通月) 19,440円 16,200円 6ヶ月目 15,390円 12,825円 12ヶ月目 10,530円 8,775円 18ヶ月目 5,670円 4,725円 24ヶ月目 810円 675円 25ヶ月目 0円 0円 ~ ~ ~ 例えば、戸建てタイプで12ヶ月利用してから解約したときは、工事費の残債10,530円を払わなければなりません。 ドコモ光の工事費について ドコモ光を利用するには、電柱から自宅に光回線を引き込む簡単な工事をする必要があり、当然、工事費用も発生します。 もし、ドコモ光を解約する際、この工事費用を完済していない状態だと、残りの工事費用を一括で請求されてしまいます。 工事費の残債は、24分割で支払っていた場合は、次のように計算できます。 解約金0円で済ませる方法 仮にドコモ光を契約してから、1年目で解約をすると以下の解約金が発生します。 種別 金額 2年割の違約金 13,000円 工事費の残債 10,530円 合計 23,530円 インターネット光回線を解約するだけなのに、2万円以上も支払わないといけないのは正直キツイです。 これらの解約金を0円で済ませるには、• 解約金が0円のタイミングを狙う• 解約金を全額負担してくれるプロバイダを選ぶ の2通りの方法があります。 解約金が0円のタイミングを狙う まず、一つ目が「違約金」「工事費の残債」がかからないように、タイミングよく解約する方法です。 具体的には、• 契約更新月(24ヶ月目、25ヶ月目、47ヶ月目、48ヶ月目)に解約して、違約金を0円にする• 25ヶ月以上利用して、工事費の残債を0円にする という方法になります。 ただ、この方法は、タイミングが難しく、長期間待たなければならないケースも出てきます。 もし、「違約金」「工事費の残債」の両方を0円にしようと思ったら、 25ヶ月目に解約を申し出る必要が生じてきます。 現在、ドコモ光を転用(フレッツ光からの乗り換え)で契約している場合は、「工事費の残債」は0円なので気にする必要がないですが、それでも、チャンスは2年で2ヶ月だけになります。

次の

ドコモ光の違約金は1.3万円、解約金を0円で済ます方法

ドコモ光 解約 違約金

定期契約プランは、2年間同一の「ドコモ光」契約を継続して利用することが条件となり、解約(定期契約のない料金プランへの変更含む)のお申出がない場合は自動更新となります。 更新後を含む契約期間内での解約時(定期契約のない料金プランへの変更含む)には、戸建タイプ13,000円、マンションタイプ8,000円の解約金がかかります。 ただし、契約満了月の当月・翌月・翌々月はかかりません。 「ドコモ光」の契約期間とペア回線(「ドコモ光」と対になる携帯電話回線)の契約期間は別々に取り扱われます。 それぞれの契約期間が異なる場合、ペア回線の契約期間満了時に「ドコモ光」を解約した場合には、「ドコモ光」の解約金が発生します。 解約金は、お手続き当月のご利用分に対する請求時にあわせて請求させていただきます。 なお、各月1日でのお手続きにより解約金が生じた場合のみ、お手続き前月のご利用分とあわせて解約金を請求させていただきます。 単独タイプ/ドコモ光ミニは別途プロバイダ料金・お申込みが必要です。 ご利用予定のプロバイダのドコモ光対応可否については、工事予定日までにお客さまご自身でプロバイダ事業者へご確認ください。 定期契約プランは、2年間同一の「ドコモ光」契約を継続して利用することが条件となり、解約(定期契約のない料金プランへの変更含む)のお申出がない場合は自動更新となります。 更新後を含む契約期間内での解約時(定期契約のない料金プランへの変更含む)には、戸建タイプ13,000円、マンションタイプ8,000円の解約金がかかります。 ただし、契約満了月の当月・翌月・翌々月はかかりません。 「ドコモ光」の契約期間とペア回線(「ドコモ光」と対になる携帯電話回線)の契約期間は別々に取り扱われます。 それぞれの契約期間が異なる場合、ペア回線の契約期間満了時に「ドコモ光」を解約した場合には、「ドコモ光」の解約金が発生します。 解約金は、お手続き当月のご利用分に対する請求時にあわせて請求させていただきます。 なお、各月1日でのお手続きにより解約金が生じた場合のみ、お手続き前月のご利用分とあわせて解約金を請求させていただきます。 単独タイプ/ドコモ光ミニは別途プロバイダ料金・お申込みが必要です。 ご利用予定のプロバイダのドコモ光対応可否については、工事予定日までにお客さまご自身でプロバイダ事業者へご確認ください。 プロバイダ 対応プロバイダについてはをご確認ください。 ドコモ光セット割 ドコモのケータイ回線と「ドコモ光」をセット(「ファミリー割引」グループやシェアグループで「ドコモ光」をセットでご契約いただいている回線がある場合を含む)でご契約いただいている状態において、ケータイ回線の基本使用料またはパケットパック定額料を割り引くサービスです。 割引適用後の月額料金 「ドコモのギガプラン」をご契約の場合• 2年間同一回線のご契約が条件となり、所定のお申出がない限り、2年単位での自動更新となります。 契約期間内の解約は1,000円の解約金がかかります。 料金シミュレーション ケータイ電話とドコモ光を組み合わせた場合の月々のお支払い額をシミュレーションできます。 工事料金シミュレーション ドコモ光の「新規お申込み」や「転用」「各種変更」時にかかる工事費をシミュレーションできます。 初期費用 契約事務手数料、工事料が必要です。 お客さまの設備、お申込み状況によって異なりますので、詳細はにてご確認ください。 原則、ご利用開始日の翌月にご利用料金とあわせてご請求させていただきます。 <初期費用(例)> 新規お申込みの場合 転用お申込みの場合(速度そのまま) 初期費用に関するご注意事項• 「フレッツ光」の割引サービス(にねん割、光もっともっと割など)の、中途解約金はかかりません。 工事料は一般的な代表例です。 お客さまの設備状況によっては変動することがあります。 一部の「ドコモ光」工事料のお支払いは一括、分割をお選びいただくことができます。 分割支払い期間中に「ドコモ光」を解約された場合、解約月の翌月に残債を一括で請求させていただきます。 工事実施前であれば、お申込みの取消が可能です。 その場合「ドコモ光」に関するキャンセル料などはかかりません。 ただし、工事着手後にお申込みの取消をされた場合は、発生した費用について、お客さまにご請求させていただきます。 土日休日に派遣工事を実施する場合は、上記に加え3,000円かかります。 年末年始に派遣工事を実施する場合は、料金が異なります。 詳しくはお問い合わせください。 フレッツ光初期工事料の分割払いの残債がある場合は、その残債相当額を当社より「ドコモ光」のご利用料金と合わせて、毎月分割して請求させていただきます。 請求開始は転用月の翌々月からとなります。

次の