川越 コロナ 感染 者 数。 新型コロナウイルス感染症患者の発生状況 川越市

埼玉県,新型コロナウイルス感染者,一覧,まとめ,14日現在!|埼玉マガジン

川越 コロナ 感染 者 数

武漢からの政府チャーター便帰国者、空港検疫、および神奈川県に停泊したクルーズ船の乗客・乗員は除く。 長崎県に停泊したクルーズ船は全国の状況には含むが長崎県のデータには含まない。 移動平均は後方7日移動平均値。 5月8日以降は都道府県の発表ベース、それ以前は厚生労働省が把握した個票を積み上げたもの。 データに更新がなかった場合は前日の数値を使用。 基準変更によって前日との継続性がない日は新規増減を0と見なし、グラフの色を変えている。 「検査陽性者」は原則として「入院治療等を要する者」「退院・療養解除」「死亡者」の合計と一致するが、確認中が含まれるため一致しない場合もある。 厚生労働省が訂正を発表したケース、発表がなくても誤記を訂正したと思われるケースは遡及修正した。 データソース:都道府県別の数字も含めて原則としてより。 ただし東京都のみから訴求修正することがある。 チャート描画:。 マップ描画:。 アイコン:。 更新履歴・ソースコード: よくあるご質問 Q. 途中からグラフの色が変わっているのはなぜですか? A. データソースが変わったためです。 5月7日までは、都道府県から感染症法第12条に基づいて報告された感染状況を厚生労働省が精査した上で公式発表としていました。 5月8日からは都道府県が独自に発表した数字を積み上げる形で公式発表としています。 この基準変更によって前日との継続性がない日は新規増減を0と見なし、グラフの色を変えています。 また、検査陽性者数、死亡者数、退院者数、PCR検査人数に関してはこの他にも途中で集計範囲が変わったため同様の処理をしています。 具体的な変更内容や日付はグラフの注記をご覧ください。 PCR検査数などが日によって大きく変動しているのはなぜですか? A. 実際に数字が変動しているケースと、報告の遅れが原因であるケースがあります。 後者の場合だと、休日は都道府県や厚生労働省への報告が行われず数字が少なめに出る傾向があります。 休日分は後から訂正される場合と、直近の平日にまとめて報告される場合があります。 こうした曜日による変動要因をならすためにグラフには移動平均(後方7日間=その日を含む直近7日間の平均)を表示できるようにしています。 マイナスになるはずのない項目がマイナスになっていますが? A. 過去分のデータに訂正があった場合に起こります。 厚生労働省からは原則として最新分の累計数字のみが発表されるため、過去の数字に訂正が判明した場合、遡っての修正ではなく最新日のみ修正が行われます。 実効再生産数とは何ですか? A. 「1人の感染者が平均して何人に感染させるか」を示す指標です。 この数字が高いほど感染が急速に拡大していることを意味し、逆に1未満の期間が続けば「感染が収束しつつある」といえます。 平均世代時間は5日、報告間隔は7日と仮定しています。 リアルタイム性を重視して流行動態を把握するため、報告日ベースによる簡易的な計算式を用いています。 精密な計算ではないこと、報告の遅れに影響を受けること、陽性者が少ない都道府県では数人の差で大きく実効再生産数が変動する場合があることにご注意ください。 北海道大学大学院医学研究院・西浦博教授のモデルと監修を基にしています。 計算式の詳細はをご覧ください。 ただし、たとえば直近7日間の新規陽性者が1人でも1万人でも同じ「実効再生産数1」となる場合があります。 現在の感染状況を把握するには、陽性者数など他の指標もあわせてご確認ください。 重症の定義は何ですか? A. 発表数字が厚生労働省ベースだった5月7日以前は人工呼吸器装着または集中治療室(ICU)を重症と表記していました。 それ以降は都道府県の発表ベースであるため定義が異なる場合があります。 データが他社の報道と異なるのは何故ですか? A. 個別のケースによりますが、データソースの違い(厚生労働省か都道府県発表か)、集計締め切り時間の違い、または集計範囲の違い(クルーズ船や空港検疫を含めるか)などが考えられます。 データソースにはどうやってアクセスできますか? A. たとえば5月20日発表のデータはこちらを参照しています。 データやソースコードを自分のSNSやブログで使ってもよいですか? A. 商用・非商用を問わずご自由にお使いください。 著作権表示は「東洋経済オンライン」または「TOYO KEIZAI ONLINE」とします。 その他の具体的な基準はMITライセンスに準拠します。

次の

新型コロナウイルス感染症患者の発生状況 川越市

川越 コロナ 感染 者 数

注意事項• 「令和2年3月4日版」以後は、陽性となった者の濃厚接触者に対する検査も含めた検査実施人数を都道府県に照会し、回答を得たものを公表しています。 なお、国内事例のPCR検査実施人数は、疑似症患者(感染が疑われる者)報告制度の枠組みの中で報告された数を計上しており、各自治体で行った全ての検査結果を反映しているものではありません(退院時の確認検査などは含まず)。 これまで延べ人数で公表されていたクルーズ船のPCR検査の結果については、3月5日以後、実員数で精査された結果になったため、3月5日のデータで下方修正されています。 令和2年5月8日公表分から、データソースを従来の厚生労働省が把握した個票を積み上げたものから、各自治体がウェブサイトで公表している数等を積み上げたものに変更した。 一部のデータについて、マイナスになったり大きく増減しているのは、都道府県からの報告に訂正または集計されていないデータを加わった結果になります。 参考: PCR検査人数(日次) 新型コロナウイルス感染速報 🇯🇵日本語 このプロジェクトは、 R言語で shinyおよび他のオープンソースパッケージを用いて、日本のCOVID-19発生状況をリアルタイムで可視化しているサイトです。 主に検査人数・感染数・退院数・死亡数などの各種指標およびその傾向を、全国または都道府県別で示しており、クラスターネットワーク、対数グラフなど多数のグラフが用意されています。 オンラインアクセスリンク• スクリーンショット サイトのデータについて 当サイトで使用しているデータは全て公開されているデータで、主に以下の3つに分類されます。 ニュースメディアによるリアルタイムデータ:感染者数・死亡者数の速報値はと一致しています;• PCR検査人数、退院者数、コールセンターの受付回数などのデータはが毎日更新しているページからデータを取得しています;• 企業()、個人が整理しているデータセット()、またはから派生した自治体または個人がメンテナンスしているサイトから自治体のデータを取得し、本サイトで異なる可視化手法でデータを再利用しています。 各種データセットの集計時間や、集計標準などが異なるため、数値周りに多少のズレが発生する可能性があります。 各メディアの集計方法も異なるため、サイト間にデータの不一致が生じることも珍しくありません。 従って、掲載された情報の内容の正確性については一切保証しません。 また、当サイトに掲載された情報・資料を利用、使用、ダウンロードするなどの行為に関連して生じたあらゆる損害等についても、理由の如何に関わらず、本サイトおよび運営メンバーは一切責任を負いません。 予めご了承ください。 開発メンバー 主催者• データ収集、 shinyを利用した可視化開発:• インフラ、サーバーのメンテナンス: 貢献者• Rの技術サポート:• データの自動化更新:• 日本語ローカライゼーション: 協力できる有志がいれば、お気軽にご連絡ください。 Rのことがわからなくても貢献できることは必ずありますmm。 例えば日本語の文言の修正、データセットの収集など。

次の

新型コロナウイルス感染症(COVID

川越 コロナ 感染 者 数

【新型 コロナウイルス関連記事】• 2020. 1 更新:• 2020. 19配信:• 2020. 28配信:• 2020. 6 配信:• 2020. 31配信:• 2020. 26配信:• 2020. 2 配信:• 2020. 28配信:• 2020. 18更新:• 2020. 28配信: 1. 4 5. 6 ブラジル 828,810 41,828 3966 200. 1 5. 0 ロシア 510,761 6,705 3498 45. 9 2. 6 英国 294,402 41,566 4461 629. 8 14. 1 インド 297,535 8,498 246 7. 0 2. 9 スペイン 243,209 27,136 5182 578. 2 11. 2 イタリア 236,305 34,223 3899 564. 7 14. 5 ペルー 214,788 6,088 6714 190. 3 2. 8 フランス 193,220 29,377 2884 438. 5 15. 2 ドイツ 187,226 8,783 2242 105. 2 4. 7 中国 84,220 4,638 59 3. 2 5. 5 韓国 12,003 277 234 5. 4 2. 3 日本(クルーズ船を除く) 17,382 924 138 7. 3 5. 3 クルーズ船 712 13 - 1. 8 その他 2,461,468 100,614 - 4. 1 総数 7,628,687 425,313 - 5. 6 (2020年6月13日更新、参考:, , , ) *日本の感染者数および死亡数は自治体公表資料集計分(厚生労働省HPより) 感染者数、死亡数、死亡割合の推移 日本国内の感染者数、死亡数 2. コロナウイルスとは? の原因として有名な ウイルスで、感染しても軽いで済むことがほとんどです。 一方で、過去にとという重篤な 感染症を過去に引き起こしたことがあります。 詳しくはこちらのを参考にしてください。 想定されている感染経路 ヒトヒト感染の中でも、 飛沫感染が想定されています。 これはを筆頭に一般的なと同じ感染経路です。 一方で、飛沫感染する病原体は 接触感染もするので手洗いは欠かせません。 【飛沫感染】• 咳やくしゃみをしたときに、口や鼻から飛び出す細かい水滴を介して感染する• 空気感染と異なり、2m以上病原体が飛ぶことはほとんどない 【接触感染】• 皮膚や粘膜、病原体に汚染された環境を介して感染する• 新型コロナウイルスが手に付着した状態で目や口を触ると感染が成立しうる 4. 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2、2019-nCoV)の感染力 「一人が周囲の何人に感染を広げるかを数値化したもの」に基本再生産数(R 0:アールノート)というものがあります。 暫定値ではありますが、では新型コロナウイルスのR 0は2. 2と報告されています。 これは 季節性のとほぼ同等で、より低い数字となっています。 ただし、今後のデータ解析によってこの数字は更に変わってきます。 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2、2019-nCoV)の致死率 まだ疾患が見つかってから時間があまり経っていないため、数字は暫定値となります。 この数字は決して小さくないながら、過去の(致死率:9. ワクチン 今のところワクチンは存在しませんが、世界的流行の背景を踏まえて世界各国でワクチン開発の動きが見られています。 すでに新型コロナウイルスの分離に成功しており、空前のスピードで製造がなされる可能性があります。 治療方法 ウイルスを攻撃するような薬はありませんが、症状が非常に強い人にはその状態から回復させるような治療(支持療法)を行い救命します。 抗 HIV薬や抗薬、はたまたの吸入 ステロイド薬が有効であったという報告はあるため、この事実を踏まえて実証段階に入ろうとしています。 有効な予防方法 一般的なと全く同じで、 何よりも手洗いです。 マスクに関しては、非常に小さな微生物であるウイルスから完全に身体を守るのには十分ではないため、こだわりすぎる必要はありません。 ただし、咳や痰の症状がある人は周囲にうつさないようにマスク着用(咳エチケット)を心がけてください。 「体調が悪い人と不必要に接触しないこと」や「自分の体調が悪いときには自宅にいること」も忘れないようにしてください。 流行期には人と人との距離を適切に保ち接触を最小限にする方策がとられます。 これをソーシャル・ディスタンシング(Social Distancing)といい、感染症罹患者を極力増やさない狙いから、現在の日本でも推奨されています。 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2、2019-nCoV)について知っておくと良いこと 感染者の多くは重症にならない このウイルスに感染したら致命的というわけではありません。 多くの人(およそ8割程度)は軽症で済むようで、中には無症状の人もいます。 現在の日本国内の流行状況は限定的ではあるが重大局面を迎えている 国内で判明している感染者は2月中旬までは湖北省に関連する人が中心でしたが、現在は一部に二次感染者、三次感染者が見られています。 ですが、大流行せずになんとか感染コントロールができている状態です。 今の流行状況であれば、疑わしい症状(発熱、咳、呼吸困難、筋肉痛など)が出ても、新型コロナウイルスによるものというよりは単なるによるものの可能性のほうがはるかに高いです。 特殊な理由がない限り、 濃厚接触者や感染者の多い国に関連した人以外はPCR検査を受ける必要性は低いです。 (検査のキャパシティの問題や検査の精度の問題がありますが、詳しくはを参考にしてください)とはいえ、今後二次感染者(既感染者からうつされた人)や三次感染者(二次感染者からうつされたひと)が増えてきた場合には検査を受けるべき人も変わってきますので、最新流行状況には注意が必要です。 ロックダウン(都市封鎖)について 3月25日の小池都知事の会見において「ロックダウン」という言葉が用いられました。 ロックダウンとは日本語で都市封鎖のことで、感染症流行の程度によってやむなく外出等の制限を要請するものです。 これによって人と人との接触を最小限にして感染症の爆発的流行を阻止する狙いです。 法律的な罰則が付随するわけではないですし、交通機関などのインフラをストップさせるわけではないので、市民の生活が著しく阻害されるものではないのですが、感染症阻止のために強く要請されるものです。 もちろん食料などの物資が途絶えることはありませんので、買い溜めをする必要はありませんし、パニックにならずに落ち着いた行動をするようにしてください。 過度に恐れずに手洗いを徹底することが流行を阻止する最大のキー 一部にクラスターが見られてはいるものの少なくとも流行している状態ではないうえに、重症になりやすい人もある程度背景が見えているので、みなさんは あまりパニックにならずにやれること(手洗いの徹底と有症状者の咳エチケット)を行うようにしてください。 この心がけ一つで、自分だけでなく周囲の人(特に重症になりやすい人)に感染をうつさないようにすることができます。 今後の状況によって、もちろん対応は変わってきますので、その都度このコラムの内容をアップデートしていきます。 あまり不安に駆り立てられすぎないようにしつつ、みんなで流行を阻止する世の中にしていきましょう。 参考:役立てて欲しいツール:「」 また、症状を入力すると考えられる病気について教えてくれる「」というツールがあります。 病気が心配な方は病気の知識を深めるのに役立ててください。

次の