サイケデリック 意味。 ヒッピー

サイケデリックトランスの魅力を徹底的に語る

サイケデリック 意味

1960年代のの使用に影響を与えた、写真は1989年のもの や、 といった1950年代から1960年代のの作家たちや 、 , 、 といった意識の拡張を提唱してきた学者たちは、新しい世代の者たちの考えに深く影響を与え 、LSDの使用も相まって、霊的な啓発や社会意識とも結びつけられた。 すぐさまミュージシャンたちは(最初は間接的だが、のちに堂々と) ドラッグを用いて、その体験を自分の音楽にとりいれた。 このような行為は、や、映画の分野でも行われた。 特徴 [ ] サイケデリック・ミュージックとは、決まったルールのある一つのジャンルというわけではなく、ある種の楽曲に見られる超現実的でありながら夢を見るような感覚を表現した音楽でもあるが、以下のような特徴を持っていることが多い。 エキゾチックな楽器が用いられることが多く、特に やがよくつかわれる。 曲の構成、や の変化が複雑で、的なメロディや 持続低音 が多用される。 歌詞の内容が で奇妙で複雑なものとなっている。 また、文学を基にした歌詞の曲もある。 長時間のやの多用。 エレキギターが出てくるときはや、 が用いられることが多い。 、 、 磁気テープでサンプリングのできる装置 といった鍵盤楽器の音が強調される。 また、や が使われることもあり 、近年ではコンピュータで作成したリズムパターンの繰り返しが用いられることもある。 , , ,長いといった凝ったエフェクトや の強調。 歴史およびサブジャンルの派生 [ ] サイケデリック・フォーク [ ] 1980年代初期、のライブの舞台裏にて 最初にサイケデリックという言葉が音楽の方面で用いられたのは、1964年にニューヨークを拠点に活動するフォークグループが、の「」 のカバーを発表したときだった。 1960年代半ばの時点でサイケデリック・ミュージックは急速にアメリカ西海岸と東海岸のビート・フォーク・シーンに広まった。 1965年にがフォークロックに転向したのをきっかけに、多くのサイケデリック・バンドがそれに続き、その結果、、、 、、といったバンドが生まれた。 1960年代半ば、の結果の一つとして、この流行はアメリカとイギリスのフォークロックシーンやロックシーンの一環として広まった。 1964年から、やの作品にはブルースやジャズやドラッグ、東洋思想が織り込まれ。 フォークミュージシャンの中には、といったアメリカのアーティストとフラワーパワー を結びつけたスコットランドののように目立った人物がいた。 そして1967年から、は西洋の楽器と東洋の思想を組み合わせ、様々な要素を取り入れたアコースティック音楽を展開し。 サイケデリック・ロック [ ] 詳細は「」を参照 サイケデリック・ロックは1960年代にロック・ミュージックと電子音楽と東洋からの影響などが合わさったロック・アンド・ロールムーヴメントの余波として成長した。 や、などの幻覚剤といったドラッグを服用してえられたひらめきによって、サイケデリック・ロックは伝統的なロック・ミュージックを打ち壊し、サイケデリック・メタルや実験的なロックのジャンルの根源になった。 アメリカ合衆国ではという、や等に代表されるジャンルとつながりを持つ『サイケデリック』という言葉が使われた最初のバンドが現れた。 1965年から1967年にかけて、も「」や「」等といったサイケデリック・ロックの楽曲を制作したが、厳密にサイケデリック・ロックとして分類されなかった。 と、とその創設者はサイケデリック・ミュージックを受け入れ、初めて真のサイケデリック・バンドになった。 ひとつの歌を制作することだけに集中し、「サイケデリックな」影響の元、実験的なレコーディングを行い、超現実的な音楽を作り上げるミュージシャンもいる。 この過程を示す作品としてカントリー・ジョー・アンド・ザ・フィッシュが1966年に制作した『Bass Strings』は、荒削りなに影響された様式への対抗作として、陽気でテンポの速い攻撃的なものとなった。 1967年、商業的なヒットを狙いそうなものから、LSDの影響を受けてつくられた実験的な音楽に生まれ変わった。 『Bass Strings』において、より遅いテンポに遅らせたボーカル、反響の追加、逆再生した状態で収録したシンバル、電子オルガン、砂漠を旅する内容の歌詞、延々と続くようなブルース・ギターのソロを合わせた結果サイケデリックな曲が生まれ、カントリー・ジョー・アンド・ザ・フィッシュのファースト・アルバム『Electric Music for the Mind and Body』もそのようになった。 ジェファーソン・エアプレインのウェブサイトには「(アルバム)『After Bathing at Baxter's』はサイケデリックな実験がどのような音楽を生み出し、どのように内側から感じさせるのか、その感覚を掴みたくて作った」とある。 もまた、自分のギターと才能でサイケデリックで実験的な音楽を生み出してきた。 サイケデリック・ポップ [ ] イギリスにおける最初のサイケデリック・ポップ・スター、。 写真は2007年のもの ビートルズのおかげもあって、サイケデリックという要素はメインストリームおよび商業音楽界に広まり、ポップス業界がサイケデリック・ミュージックの影響を受け始め、ヒッピーファッションとともに、シタールやディストーションのかかったギターのサウンド、テープによるエフェクトが導入された。 のヒットシングル「」はタンネリン 、を扱いやすくした楽器 が使われており、サイケデリックな歌詞とサウンドをポップスに持ち込んだ歌の一つとされている。 この流行に乗ったアメリカのポップスバンドには、 、 、 などがいる。 また、サイケデリックなサウンドは や といった初期の のバンドやミュージシャンに見受けられた。 スコットランドのフォークシンガーであるは、エレクトリックなサウンドに転向したことにより、1966年に「」でヒットした。 その曲は初期のサイケデリック・ポップのレコードの一つに数えられている。 よりポップなサイケデリックミュージックはオーストラリアやニュージーランドでもバンドが結成されるほどの人気ぶりだった。 シドニーで結成された は、ロンドンで『』 1966年 をレコーディングし、世界的なヒットを起こした後、ロンドンにとどまり、1970年に解散するまで、サイケデリック気味なポップス作品を作り続けていった。 で結成されたもイージービーツと似た道をたどり、ロンドンで自身の最初のアルバム『』 1967年 をレコーディングし、その後も3枚のヒットシングルを出した。 彼らのサウンドはフォークおよびロックを含んでいたが、サイケデリックな要素もあり、ビートルズの影響を強く受けていた。 アデレードで結成された も、ロンドンに行き、ささやかながらもいくつかヒットを出すことになる作品をそこでレコーディングし、サイケデリック・ミュージックのシーンについて学んだ後、帰国してシタールを用いたビートルズのカバー曲を製作し、コンセプトアルバム『Once upon a Twilight』 1968年 を発表した。 最も成功したとされるニュージーランドの ()は、のを題材としたサイケデリック・ポップのアルバム『The Happy Prince』 1968年 を発表するが、イギリスおよび全世界でヒットを飛ばすことはできなかった。 サイケデリック・ソウル [ ] 詳細は「」を参照 ジミ・ヘンドリックスがロックシーンにおいて成功したことを受けて、サイケデリック・ミュージックは、アフリカ系アメリカ人、特にに所属するミュージシャンたちに衝撃を与えた。 もあって、この時の音楽は"アシッド・ロック"にしては暗く、政治的な内容が強かった。 がつくりあげた のサウンドに乗ったそのジャンルは、 の「」 1968年 、「」 1968年 、 「」 1969年 や、の「」 1968年 、「」 1969年 、「」 1969年 といった楽曲のリリースによって開拓されていった。 すぐに の「」 1968年 や「」 1970年 、の「」 1966年発表。 ただしチャートインは1968年 、によるの「」 1968年 のカバー 、の「」 1970年 、 ()の「」 1971年 といった同ジャンルの作品が次々に出てきた。 がと を率いたり、様々なスピンオフをうみだしたことは、サイケデリック・ソウルというジャンルを息の長いものにし、1970年代の時点でファンクが宗教になりかけたほどだった。 彼は40枚以上のシングルをプロデュースし、内3枚はアメリカの音楽チャートのトップ10入りし、3枚のアルバムがプラチナアルバムに認定された。 衰退 [ ] サイケデリック・ミュージックは衰退していき、1960年代末までにはその流行は過ぎ去っていった。 1966年にはアメリカとイギリスでLSDの所持・使用が非合法とされ 、ビートルズの楽曲「」などの影響を受けたと主張するとそのファミリーによる、と()の殺害 ただし、マンソンが直接手を下したのではなく、自分のファミリーに教唆した上での殺人である は、反ヒッピー運動の追い風となった。 また、1969年12月6日にカリフォルニア州で開かれた主演の では、警備にあたっていたのメンバーが観客の黒人青年メレディス・ハンター を刺殺、イベント自体が悪名高いものとなった。 のや 、ローリング・ストーンズの、 の、ピンク・フロイド、といった初期の"LSDの犠牲者"とされ、彼らがかつて引っ張っていたバンドは、音楽の方向性を変えようとしており 、やジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンスといったバンドは解散した。 そして、そのは1970年9月『』 1970年 をレコーディングした後にロンドンで亡くなり、も同年10月にヘロインのオーバードーズにより死去、翌年7月にはのがパリで亡くなった。 残った多くのバンドは、サイケデリック・ミュージックから離れ、原点 に返ろうとした。 その結果、伝統を重んじた牧歌的なフォークやむら気なフォークが出来上がり、プログレッシブ・ロックの実験の幅は広まり、リフを多用したヘヴィ・ロックが出来上がった。 1970年代、サイケデリック・ソウルに影響された楽曲は音楽チャートで伸び悩むようになり、有名なミュージシャンたちはひらめきを他に求めるようになっていった。 ビートルズはマネージャーであるの死や、シュールなテレビ映画『』 1967年 の視聴率不振を受けて、『』 1968年 、『』 1969年 、『』 1970年 といったアルバムでは粗削りなスタイルに回帰していったが、結局解散した。 原点に返るという行動はローリング・ストーンズの『』 1968年 から『』 1972年 までの時期のアルバムにもみられた。 イギリスのフォークロック・バンドであるは1969年に『』をリリースした。 このアルバムは、アメリカ寄りのフォークロックから伝統的なイギリスの音楽に転換した時期のもので、というサブジャンルが出来上がり、 や といったバンドがそれに続いた。 サイケデリック・ミュージックに影響を受けた奇妙さは、イギリスのフォークシーンで1970年代に入っても続いた。 この時、 、、、インクレディブル・ストリング・バンド、、といったバンドやミュージシャンが活動をつづけ、シド・バレットも2枚のソロ・アルバムを出していた。 影響 [ ] サイケデリック・ミュージックから を生み出すのに重要な役割を果たした ピンク・フロイドやソフト・マシーン、そしてのメンバーといった、かつてサイケデリックな要素を取り入れたイギリスの多くのミュージシャンやバンドは、1970年代に入るとという新領域の形成に移行していった。 のアルバム『』 1969年 は、サイケデリック・ロックからプログレッシブ・ロックへの移行期を象徴する記念碑的な作品として知られている。 といったバンドは1970年代にサイケデリック・ミュージックの要素を取り入れたが、多くはより幅広い実験の中で、サイケデリックの要素を捨てていった。 、、、といったバンドは、自身の根本からサイケデリックな要素をそぎ落とし、電子楽器の使用に特化した結果、として知られる、つまりイギリスの雑誌で言われるところの「クラウトロック」というジャンルを確立していった。 が1970年にを使い出して以来、シンセサイザーの導入は、(彼は一時期でキーボードを弾いていた)の活躍もあって、 という新たなジャンルの開拓に一役買った。 カンやソフト・マシーンがジャズの要素を導入したことにより、といった・バンドが結成された。 サイケデリック・ロックにおけるディストーションのきいたギターのサウンドや、ソロの強調、大胆な構成といった要素は、ブルース起源のロックからのちのにつながる重要な架け橋とされている。 かつてに所属していたギタリストのとはジャンルを移動し、それぞれとを立ち上げた。 他にブルース起源のサイケデリック・ロックバンドからジャンルを開拓していったバンドに、、、がある。 サイケデリック・ミュージックはの誕生にも影響を与えた。 は自身のサイケデリック・フォーク・デュオをに発展させ、1970年から世界初のグラム・ロックのスターとしてブレイクした。 1971年からは、 がサイケデリックなサウンドから転向してジギー・スターダストという別人格を打ち出し、プロとしての性質やパフォーマンスを自分のものにしていった。 1970年代にバブルガム・ポップが成長し大規模なものになったことで、ポップス業界におけるサイケデリック・ミュージックの影響は少し長く続いた。 同じことはサイケデリック・ソウルにもあてはまり、このジャンルも1970年代に入っても衰退せず、ファンクと結びつきへと発展していった。 サイケデリック・ヒップホップ [ ] サイケデリック・ヒップホップの開拓者 のデビュー作『 ()』(1989年)やビースティ・ボーイズの『 ()』といった1980年代末に発表されたアルバムはサイケデリック・ヒップホップの幕開けとも呼べるもので、ザ・モンキーズやピンク・フロイドといったアーティストの楽曲をサンプリングするなど他のアーティストに影響を及ぼした 1990年代、サイケデリック・ミュージックトラップを掛け合わせようという実験が行われた。 その結果ヒップホップにおいてサンプリングは常套手段として使われ、サンプリングという手法はやとその甥である ()、、、など多数のミュージシャンがや-といったサイケデリック・ミュージックの楽曲をサンプリングするようになった。 は1990年に発表した"I'll House You"という曲の中でアシッド・ハウスとヒップホップの融合を行い、は同年に発表した ""でジャズとルー・リードの楽曲のサンプリングを用いた。 はセックスとSFとP-ファンクのネタをステージ上で融合させた一方、はスライ・アンド・ザ・ファミリーストーンの影響を受けた楽曲を発表していった。 このほかにも、 ()、 ()、らがサイケデリック・ミュージックの影響を受けた楽曲を発表していった。 また、アメリカ出身のヒップホップグループはビートルズやスライ・アンド・ザ・ファミリーストーン、さらにはの楽曲のサンプリングを用い、1991年に発表した と1993年に発表した は米英両方でヒットし、レイブシーンでも成功を収めた。 1990年代後半からは、、、 、といったミュージシャンが登場した。 ネオ・サイケデリア [ ] ネオ・サイケデリアというジャンルを開拓したバンドである。 写真は2006年に行われたアムスデルダムでのライブのときの様子 1970年代後半に勃興した・シーンの中、 、( 、、、 といったバンドが現れる形で、サイケデリック・ロックは復活した。 1980年代初期のアメリカにおいて、これらのバンドは、ロサンゼルスを拠点に を展開し、 、、 といったバンドもアメリカに現れるようになった。 1980年代半ばのや、の1990年代の作品などにみられたように、音楽業界の主流でサイケデリック風な楽曲がはやることもあったが、サイケデリック・ミュージックにとりかかったバンドの多くはやインディー・ロックのミュージシャンやバンドだった。 1990年代、 、 、、()、といった、コミュニティ に所属するバンドやミュージシャンたちは、折衷的なサイケデリック・ロックやフォーク・ミュージックを作った。 エレファント6以外に、サイケデリック・ロックの域に進出したバンドやミュージシャンには、オーストラリアのチャーチや、ニック・サロマン率いる、、、などがおり、この中でもはスペース・ロックというジャンルを生み出した。 1990年代前半、サイケデリック・ロックとブルース・ロックと、ドゥームメタルを融合させたような、 というジャンルが生まれた。 このジャンルの音楽は、ややゆったりしたと、の低く重いサウンド 、メロディアスなボーカルと、「レトロな」つくりが特徴とされている。 このジャンルはカリフォルニアのバンド と スリープ によって開拓された。 イギリスでは、1988年に がデビューシングルを出し、キャッチーなネオ・サイケデリック・ギター・ポップスとしてヒットし、その影響でシーンが出来上がり、1990年代の や といったイギリスのポップスバンドに影響を与えた。 その直後にあたる 時代、が、渦巻くような重いギターのサウンドといった1960年代後半のサイケデリック・ミュージックの要素を取り入れ、インドのやスピリチュアルと合わせた楽曲を発表してきている。 2000年代に入ってもネオ・サイケデリアの熱は冷めず、 や、 といった バンドが1960年代のサウンドを再現している。 電子音楽への影響 [ ] はのシンボルとして用いられることが多い アシッド・ハウスは1980年代半ばに、 、 ()、 といったシカゴのDJたちによって、から派生していった。 特にフューチャーは『』 1987年 という作品で、初めてAcidという言葉を使った。 アシッド・ハウスはから生み出された深みのあるベースラインと、ごぼごぼいうようなサウンドが合わさった音楽である。 イギリスでそのジャンルのシングルが売り出されると、そのようなサウンドが再び作られ、1986年から87年のロンドンでは、小さな倉庫でいかがわしいダンスパーティーが派手に行われた。 1988年ののさなか、アシッド・ハウスはイギリスの音楽業界でヒットし、何千ものクラブ好きが大掛かりなを開いた。 このジャンルからは、、といったミュージシャンたちの作品がイギリスの音楽チャートにランクインしたが、1990年代に入るとアシッド・ハウスはトランスにその人気を奪われていった。 トランスの誕生 [ ] 詳細は「」を参照 は、1990年代初頭のドイツのおよびシーンから生まれた。 このジャンルの音楽は、シンセサイザーの短いメロディの繰り返しと、変化の少ないリズム、時折入るシンセサイザーのノイズを組み合わせて、聴く者をに陥ったかのような気分にさせる。 やテクノから派生したこのジャンルはオランダやドイツで発展し、 の"Energy Flash" や、 の"The Ravesignal"といったシングルが出て、Robert Leiner, , らが作品を発表した。 1990年代初頭のイギリスで人気を博したトランスだったが、やといった新しいジャンルが台頭すると、トランスは鳴りを潜めた。 しかし1990年代後半から再び人気が急上昇し、アメリカでは 、 、 、 、 、 らが、クリストファー・ローレンス や Kimball CollinsといったDJたちが倶楽部での人気を博した。 そしてトランスは細分化し、 、 、ユーロトランス 、、、 、 とも、 といった様々なジャンルが派生した。 ニューレイヴ [ ]• Heylin, The Act You've Known For All These Years: the Life, and Afterlife, of Sgt. Pepper London: Canongate Books, 2007 , , p. Campbell, This is the Beat Generation: New York, San Francisco, Paris Berkeley, CA: University of California Press, 2001 ,. Veysey, The Communal Experience: Anarchist and Mystical Communities in Twentieth-Century America Chicago IL, University of Chicago Press, 1978 , , p. 437. Campbell, Popular Music in America: And the Beat Goes on Boston, MA: Cengage Learning, 3rd edn. , 2008 , , pp. 212-3. Rubin and J. Melnick, Immigration and American Popular Culture: an Introduction New York, NY: New York University Press, 2007 , , pp. 162-4. Hicks, Sixties Rock: Garage, Psychedelic, and Other Satisfactions Music in American Life Chicago, IL: University of Illinois Press, 2000 , , pp. 64-6. Thompson, Please Please Me: Sixties British Pop, Inside Out Oxford: Oxford University Press, 2008 , , p. 197. Bogdanov, C. Woodstra and S. Erlewine, All Music Guide to Rock: the Definitive Guide to Rock, Pop, and Soul Milwaukee, WI: Backbeat Books, 3rd edn. , 2002 , , pp. 1322-3. Prown, H. Newquist and J. Eiche, Legends of Rock Guitar: the Essential Reference of Rock's Greatest Guitarists London: Hal Leonard Corporation, 1997 , , p. Marshall, Mass Market Medieval: Essays on the Middle Ages in Popular Culture Jefferson NC: McFarland, 2007 , , p. DeRogatis, Turn On Your Mind: Four Decades of Great Psychedelic Rock Milwaukie, Michigan: Hal Leonard, 2003 , , p. 230. Richie Unterberger, Samb Hicks, Jennifer Dempsey, "Music USA: the rough guide" Rough Guides, 1999 , , p. 391. John, Rave Culture and Religion Abingdon: Routledge, 2004 , , p. Borthwick and R. Moy, Popular Music Genres: an Introduction Edinburgh: Edinburgh University Press, 2004 , , pp. 52-4. Hicks, Sixties Rock: Garage, Psychedelic, and Other Satisfactions University of Illinois Press, 2000 , , pp 59? Auslander, Performing Glam Rock: Gender and Theatricality in Popular Music Ann Arbor: University of Michigan Press, 2005 , , pp. Unterberger, Turn! Turn! Turn! : The '60s Folk-rock Revolution San Francisco, CA: Backbeat Books, 2002 , , pp. 183? 230. Grunenberg and J. Harris, Summer of Love: Psychedelic Art, Social Crisis and Counterculture in the 1960s Liverpool: Liverpool University Press, 2005 , , p. 137. Scaruffi, A History of Rock Music, 1951-2000 iUniverse, 2003 , pp. DeRogatis, Turn On Your Mind: Four Decades of Great Psychedelic Rock Milwaukee, WI: Hal Leonard, 2003 , , pp. 120. , 2008 ,. DeRogatis, Turn On Your Mind: Four Decades of Great Psychedelic Rock Milwaukie, MI: Hal Leonard, 2003 , , pp. 35-9. Scaruffi, A History of Rock Music: 1951-2000 iUniverse, 2003 , , p. 369. Bogdanov, C. Woodstra and S. Erlewine, All Music Guide to Rock: the Definitive Guide to Rock, Pop, and Soul Milwaukee, WI: Backbeat Books, 3rd edn. , 2002 , , pp. 646 and 754-5. Bogdanov, C. Woodstra, S. Erlewine, eds, All Music Guide to the Blues: The Definitive Guide to the Blues Backbeat, 3rd edn. , 2003 , pp. 1322-3. Bogdanov, C. Woodstra and S. Erlewine, All Music Guide to Rock: the Definitive Guide to Rock, Pop, and Soul Milwaukee, WI: Backbeat Books, 3rd edn. , 2002 , , pp. 349-50. Bogdanov, C. Woodstra and S. Erlewine, All Music Guide to Rock: the Definitive Guide to Rock, Pop, and Soul Milwaukee, WI: Backbeat Books, 3rd edn. , 2002 , , pp. 85-6. Rawlings, Then, Now and Rare British Beat 1960-1969 London: Omnibus Press, 2002 , , p. 191. Bogdanov, C. Woodstra and S. Erlewine, All Music Guide to Rock: the Definitive Guide to Rock, Pop, and Soul Milwaukee, WI: Backbeat Books, 3rd edn. , 2002 , , pp. 635-6. Case, Out of Our Heads: Rock 'n' Roll Before the Drugs Wore Off Milwaukie, MI: Hal Leonard Corporation, 2010 , , pp. 70-1. 249-50. Bogdanov, C. Woodstra and S. Erlewine, All Music Guide to Rock: the Definitive Guide to Rock, Pop, and Soul Milwaukee, WI: Backbeat Books, 3rd edn. , 2002 , , p. 226. Inglis, The Beatles, Popular Music and Society: a Thousand Voices London: Palgrave Macmillan, 2000 , , p. Nielsen, Horrible Workers: Max Stirner, Arthur Rimbaud, Robert Johnson, and the Charles Manson Circle: Studies in Moral Experience and Cultural Expression Lanham MD: Lexington Books, 2005 , , p. Wiener, Come Together: John Lennon in his Time Chicago IL: University of Illinois Press, 1991 , , pp. 124-6. "Garage rock", Billboard, Jul 29, 2006, 118 30 , p. Gomery, Media in America: the Wilson Quarterly Reader, Washington DC: Woodrow Wilson Center Press, 2nd edn. , 1998 , , pp. 181-2. Whiteley, Too Much Too Young: Popular Music, Age and Gender London: Routledge, 2005 , , p. 147. Sweers, Electric Folk: The Changing Face of English Traditional Music Oxford: Oxford University Press, 2005 , , pp. 45-9. Scaruffi, A History of Rock Music 1951-2000 iUniverse, 2003 , , pp. 54, 71 and 81-2. DeRogatis, Turn on Your Mind: Four Decades of Great Psychedelic Rock Milwaukie MI, Hal Leonard, 2003 , , p. 120. DeRogatis, Turn on Your Mind: Four Decades of Great Psychedelic Rock Milwaukie, MI: Hal Leonard, 2003 , , p. 169. Bogdanov, C. Woodstra and S. Erlewine, All Music Guide to Rock: the Definitive Guide to Rock, Pop, and Soul Milwaukee, WI: Backbeat Books, 3rd edn. , 2002 , , p. 515. Bussy, Kraftwerk: Man, Machine and Music London: SAF, 3rd end. , 2004 , , pp. 15-17. Bogdanov, C. Woodstra and S. Erlewine, All Music Guide to Rock: the Definitive Guide to Rock, Pop, and Soul Milwaukee, WI: Backbeat Books, 3rd edn. , 2002 , , pp. 1330-1. Blake, The Land Without Music: Music, Culture and Society in Twentieth-Century Britain Manchester: Manchester University Press, 1997 , , pp. 154-5. 1324. DeRogatis, Turn on Your Mind: Four Decades of Great Psychedelic Rock Milwaukie, MI: Hal Leonard, 2003 , , p. 212. Auslander, Performing Glam Rock: Gender and Theatricality in Popular Music Ann Arbor, MI: University of Michigan Press, 2006 , , p. 196. Auslander, "Watch that man David Bowie: Hammersmith Odeon, London, July 3, 1973" in I. Inglis, ed. , Performance and Popular Music: History, Place and Time Aldershot: Ashgate, 2006 , , p. DeRogatis, Turn On Your Mind: Four Decades of Great Psychedelic Rock Milwaukie, Michigan: Hal Leonard, 2003 , , pp. 409-15. DeRogatis, Turn On Your Mind: Four Decades of Great Psychedelic Rock Milwaukie, Michigan: Hal Leonard, 2003 , , pp. 421. Marszalek, Julian.. Thequietus. com. retrieved 19 July 2011• Unterberger, S. Hicks and J. Dempsey, Music USA: the Rough Guide London: Rough Guides, 1999 , , p. 401. Walk, "The Apples in Stereo: Smiley Smile", CMJ New Music, Sep 1995 25 , p. Sharpe-Young, , MusicMight, retrieved 10 December 2007. , Allmusic, retrieved 2012-07-13. Rivadavia , Allmusic, retrieved 2012-07-13. Rivadavia, , Allmusic, retrieved 2012-07-13. Erlewine, Allmusic, retrieved 2012-07-13. Erlewine, Allmusic, retrieved 2012-07-13. Erlewine, , Allmusic, retrieved 2012-07-13. Erlewine, Allmusic, retrieved 2012-07-13. Macgregor, , Allmusic, retrieved 2012-07-13. Ankeny, , Allmusic, retrieved 2012-07-13. , Allmusic, retrieved 2012-07-13. , Allmusic, retrieved 2012-07-13. Flynn, , Times Online, 12 November 2006, retrieved 13 February 2009. , , The Guardian, 13 October 2006, retrieved 31 March 2007. Adams, , The Guardian, 5 January 2007, retrieved 2 September 2008. Empire, The Observer, 5 October 2006, retrieved 9 January 2008. 2007年2月3日. March 2007年3月31日閲覧。 参考図書 [ ]• Joynson, Vernon December 1984. The Acid Trip: A Complete Guide to Psychedelic Music. Sculatti, Gene; Davin Seay April 1985. San Francisco Nights: The Psychedelic Music Trip, 1965-1968. 192. Eye Mind:The Saga of The 13th Floor Elevators, Pioneers of the Psychedelic Sound by Paul Drummond Process Media 2007. 424 pages 外部リンク [ ]• reviews, inverviews, and psychedelic history and information• Top 100 albums list and short reviews この項目は、に関連した です。

次の

psychedelicの意味・使い方|英辞郎 on the WEB:アルク

サイケデリック 意味

1960年代のの使用に影響を与えた、写真は1989年のもの や、 といった1950年代から1960年代のの作家たちや 、 , 、 といった意識の拡張を提唱してきた学者たちは、新しい世代の者たちの考えに深く影響を与え 、LSDの使用も相まって、霊的な啓発や社会意識とも結びつけられた。 すぐさまミュージシャンたちは(最初は間接的だが、のちに堂々と) ドラッグを用いて、その体験を自分の音楽にとりいれた。 このような行為は、や、映画の分野でも行われた。 特徴 [ ] サイケデリック・ミュージックとは、決まったルールのある一つのジャンルというわけではなく、ある種の楽曲に見られる超現実的でありながら夢を見るような感覚を表現した音楽でもあるが、以下のような特徴を持っていることが多い。 エキゾチックな楽器が用いられることが多く、特に やがよくつかわれる。 曲の構成、や の変化が複雑で、的なメロディや 持続低音 が多用される。 歌詞の内容が で奇妙で複雑なものとなっている。 また、文学を基にした歌詞の曲もある。 長時間のやの多用。 エレキギターが出てくるときはや、 が用いられることが多い。 、 、 磁気テープでサンプリングのできる装置 といった鍵盤楽器の音が強調される。 また、や が使われることもあり 、近年ではコンピュータで作成したリズムパターンの繰り返しが用いられることもある。 , , ,長いといった凝ったエフェクトや の強調。 歴史およびサブジャンルの派生 [ ] サイケデリック・フォーク [ ] 1980年代初期、のライブの舞台裏にて 最初にサイケデリックという言葉が音楽の方面で用いられたのは、1964年にニューヨークを拠点に活動するフォークグループが、の「」 のカバーを発表したときだった。 1960年代半ばの時点でサイケデリック・ミュージックは急速にアメリカ西海岸と東海岸のビート・フォーク・シーンに広まった。 1965年にがフォークロックに転向したのをきっかけに、多くのサイケデリック・バンドがそれに続き、その結果、、、 、、といったバンドが生まれた。 1960年代半ば、の結果の一つとして、この流行はアメリカとイギリスのフォークロックシーンやロックシーンの一環として広まった。 1964年から、やの作品にはブルースやジャズやドラッグ、東洋思想が織り込まれ。 フォークミュージシャンの中には、といったアメリカのアーティストとフラワーパワー を結びつけたスコットランドののように目立った人物がいた。 そして1967年から、は西洋の楽器と東洋の思想を組み合わせ、様々な要素を取り入れたアコースティック音楽を展開し。 サイケデリック・ロック [ ] 詳細は「」を参照 サイケデリック・ロックは1960年代にロック・ミュージックと電子音楽と東洋からの影響などが合わさったロック・アンド・ロールムーヴメントの余波として成長した。 や、などの幻覚剤といったドラッグを服用してえられたひらめきによって、サイケデリック・ロックは伝統的なロック・ミュージックを打ち壊し、サイケデリック・メタルや実験的なロックのジャンルの根源になった。 アメリカ合衆国ではという、や等に代表されるジャンルとつながりを持つ『サイケデリック』という言葉が使われた最初のバンドが現れた。 1965年から1967年にかけて、も「」や「」等といったサイケデリック・ロックの楽曲を制作したが、厳密にサイケデリック・ロックとして分類されなかった。 と、とその創設者はサイケデリック・ミュージックを受け入れ、初めて真のサイケデリック・バンドになった。 ひとつの歌を制作することだけに集中し、「サイケデリックな」影響の元、実験的なレコーディングを行い、超現実的な音楽を作り上げるミュージシャンもいる。 この過程を示す作品としてカントリー・ジョー・アンド・ザ・フィッシュが1966年に制作した『Bass Strings』は、荒削りなに影響された様式への対抗作として、陽気でテンポの速い攻撃的なものとなった。 1967年、商業的なヒットを狙いそうなものから、LSDの影響を受けてつくられた実験的な音楽に生まれ変わった。 『Bass Strings』において、より遅いテンポに遅らせたボーカル、反響の追加、逆再生した状態で収録したシンバル、電子オルガン、砂漠を旅する内容の歌詞、延々と続くようなブルース・ギターのソロを合わせた結果サイケデリックな曲が生まれ、カントリー・ジョー・アンド・ザ・フィッシュのファースト・アルバム『Electric Music for the Mind and Body』もそのようになった。 ジェファーソン・エアプレインのウェブサイトには「(アルバム)『After Bathing at Baxter's』はサイケデリックな実験がどのような音楽を生み出し、どのように内側から感じさせるのか、その感覚を掴みたくて作った」とある。 もまた、自分のギターと才能でサイケデリックで実験的な音楽を生み出してきた。 サイケデリック・ポップ [ ] イギリスにおける最初のサイケデリック・ポップ・スター、。 写真は2007年のもの ビートルズのおかげもあって、サイケデリックという要素はメインストリームおよび商業音楽界に広まり、ポップス業界がサイケデリック・ミュージックの影響を受け始め、ヒッピーファッションとともに、シタールやディストーションのかかったギターのサウンド、テープによるエフェクトが導入された。 のヒットシングル「」はタンネリン 、を扱いやすくした楽器 が使われており、サイケデリックな歌詞とサウンドをポップスに持ち込んだ歌の一つとされている。 この流行に乗ったアメリカのポップスバンドには、 、 、 などがいる。 また、サイケデリックなサウンドは や といった初期の のバンドやミュージシャンに見受けられた。 スコットランドのフォークシンガーであるは、エレクトリックなサウンドに転向したことにより、1966年に「」でヒットした。 その曲は初期のサイケデリック・ポップのレコードの一つに数えられている。 よりポップなサイケデリックミュージックはオーストラリアやニュージーランドでもバンドが結成されるほどの人気ぶりだった。 シドニーで結成された は、ロンドンで『』 1966年 をレコーディングし、世界的なヒットを起こした後、ロンドンにとどまり、1970年に解散するまで、サイケデリック気味なポップス作品を作り続けていった。 で結成されたもイージービーツと似た道をたどり、ロンドンで自身の最初のアルバム『』 1967年 をレコーディングし、その後も3枚のヒットシングルを出した。 彼らのサウンドはフォークおよびロックを含んでいたが、サイケデリックな要素もあり、ビートルズの影響を強く受けていた。 アデレードで結成された も、ロンドンに行き、ささやかながらもいくつかヒットを出すことになる作品をそこでレコーディングし、サイケデリック・ミュージックのシーンについて学んだ後、帰国してシタールを用いたビートルズのカバー曲を製作し、コンセプトアルバム『Once upon a Twilight』 1968年 を発表した。 最も成功したとされるニュージーランドの ()は、のを題材としたサイケデリック・ポップのアルバム『The Happy Prince』 1968年 を発表するが、イギリスおよび全世界でヒットを飛ばすことはできなかった。 サイケデリック・ソウル [ ] 詳細は「」を参照 ジミ・ヘンドリックスがロックシーンにおいて成功したことを受けて、サイケデリック・ミュージックは、アフリカ系アメリカ人、特にに所属するミュージシャンたちに衝撃を与えた。 もあって、この時の音楽は"アシッド・ロック"にしては暗く、政治的な内容が強かった。 がつくりあげた のサウンドに乗ったそのジャンルは、 の「」 1968年 、「」 1968年 、 「」 1969年 や、の「」 1968年 、「」 1969年 、「」 1969年 といった楽曲のリリースによって開拓されていった。 すぐに の「」 1968年 や「」 1970年 、の「」 1966年発表。 ただしチャートインは1968年 、によるの「」 1968年 のカバー 、の「」 1970年 、 ()の「」 1971年 といった同ジャンルの作品が次々に出てきた。 がと を率いたり、様々なスピンオフをうみだしたことは、サイケデリック・ソウルというジャンルを息の長いものにし、1970年代の時点でファンクが宗教になりかけたほどだった。 彼は40枚以上のシングルをプロデュースし、内3枚はアメリカの音楽チャートのトップ10入りし、3枚のアルバムがプラチナアルバムに認定された。 衰退 [ ] サイケデリック・ミュージックは衰退していき、1960年代末までにはその流行は過ぎ去っていった。 1966年にはアメリカとイギリスでLSDの所持・使用が非合法とされ 、ビートルズの楽曲「」などの影響を受けたと主張するとそのファミリーによる、と()の殺害 ただし、マンソンが直接手を下したのではなく、自分のファミリーに教唆した上での殺人である は、反ヒッピー運動の追い風となった。 また、1969年12月6日にカリフォルニア州で開かれた主演の では、警備にあたっていたのメンバーが観客の黒人青年メレディス・ハンター を刺殺、イベント自体が悪名高いものとなった。 のや 、ローリング・ストーンズの、 の、ピンク・フロイド、といった初期の"LSDの犠牲者"とされ、彼らがかつて引っ張っていたバンドは、音楽の方向性を変えようとしており 、やジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンスといったバンドは解散した。 そして、そのは1970年9月『』 1970年 をレコーディングした後にロンドンで亡くなり、も同年10月にヘロインのオーバードーズにより死去、翌年7月にはのがパリで亡くなった。 残った多くのバンドは、サイケデリック・ミュージックから離れ、原点 に返ろうとした。 その結果、伝統を重んじた牧歌的なフォークやむら気なフォークが出来上がり、プログレッシブ・ロックの実験の幅は広まり、リフを多用したヘヴィ・ロックが出来上がった。 1970年代、サイケデリック・ソウルに影響された楽曲は音楽チャートで伸び悩むようになり、有名なミュージシャンたちはひらめきを他に求めるようになっていった。 ビートルズはマネージャーであるの死や、シュールなテレビ映画『』 1967年 の視聴率不振を受けて、『』 1968年 、『』 1969年 、『』 1970年 といったアルバムでは粗削りなスタイルに回帰していったが、結局解散した。 原点に返るという行動はローリング・ストーンズの『』 1968年 から『』 1972年 までの時期のアルバムにもみられた。 イギリスのフォークロック・バンドであるは1969年に『』をリリースした。 このアルバムは、アメリカ寄りのフォークロックから伝統的なイギリスの音楽に転換した時期のもので、というサブジャンルが出来上がり、 や といったバンドがそれに続いた。 サイケデリック・ミュージックに影響を受けた奇妙さは、イギリスのフォークシーンで1970年代に入っても続いた。 この時、 、、、インクレディブル・ストリング・バンド、、といったバンドやミュージシャンが活動をつづけ、シド・バレットも2枚のソロ・アルバムを出していた。 影響 [ ] サイケデリック・ミュージックから を生み出すのに重要な役割を果たした ピンク・フロイドやソフト・マシーン、そしてのメンバーといった、かつてサイケデリックな要素を取り入れたイギリスの多くのミュージシャンやバンドは、1970年代に入るとという新領域の形成に移行していった。 のアルバム『』 1969年 は、サイケデリック・ロックからプログレッシブ・ロックへの移行期を象徴する記念碑的な作品として知られている。 といったバンドは1970年代にサイケデリック・ミュージックの要素を取り入れたが、多くはより幅広い実験の中で、サイケデリックの要素を捨てていった。 、、、といったバンドは、自身の根本からサイケデリックな要素をそぎ落とし、電子楽器の使用に特化した結果、として知られる、つまりイギリスの雑誌で言われるところの「クラウトロック」というジャンルを確立していった。 が1970年にを使い出して以来、シンセサイザーの導入は、(彼は一時期でキーボードを弾いていた)の活躍もあって、 という新たなジャンルの開拓に一役買った。 カンやソフト・マシーンがジャズの要素を導入したことにより、といった・バンドが結成された。 サイケデリック・ロックにおけるディストーションのきいたギターのサウンドや、ソロの強調、大胆な構成といった要素は、ブルース起源のロックからのちのにつながる重要な架け橋とされている。 かつてに所属していたギタリストのとはジャンルを移動し、それぞれとを立ち上げた。 他にブルース起源のサイケデリック・ロックバンドからジャンルを開拓していったバンドに、、、がある。 サイケデリック・ミュージックはの誕生にも影響を与えた。 は自身のサイケデリック・フォーク・デュオをに発展させ、1970年から世界初のグラム・ロックのスターとしてブレイクした。 1971年からは、 がサイケデリックなサウンドから転向してジギー・スターダストという別人格を打ち出し、プロとしての性質やパフォーマンスを自分のものにしていった。 1970年代にバブルガム・ポップが成長し大規模なものになったことで、ポップス業界におけるサイケデリック・ミュージックの影響は少し長く続いた。 同じことはサイケデリック・ソウルにもあてはまり、このジャンルも1970年代に入っても衰退せず、ファンクと結びつきへと発展していった。 サイケデリック・ヒップホップ [ ] サイケデリック・ヒップホップの開拓者 のデビュー作『 ()』(1989年)やビースティ・ボーイズの『 ()』といった1980年代末に発表されたアルバムはサイケデリック・ヒップホップの幕開けとも呼べるもので、ザ・モンキーズやピンク・フロイドといったアーティストの楽曲をサンプリングするなど他のアーティストに影響を及ぼした 1990年代、サイケデリック・ミュージックトラップを掛け合わせようという実験が行われた。 その結果ヒップホップにおいてサンプリングは常套手段として使われ、サンプリングという手法はやとその甥である ()、、、など多数のミュージシャンがや-といったサイケデリック・ミュージックの楽曲をサンプリングするようになった。 は1990年に発表した"I'll House You"という曲の中でアシッド・ハウスとヒップホップの融合を行い、は同年に発表した ""でジャズとルー・リードの楽曲のサンプリングを用いた。 はセックスとSFとP-ファンクのネタをステージ上で融合させた一方、はスライ・アンド・ザ・ファミリーストーンの影響を受けた楽曲を発表していった。 このほかにも、 ()、 ()、らがサイケデリック・ミュージックの影響を受けた楽曲を発表していった。 また、アメリカ出身のヒップホップグループはビートルズやスライ・アンド・ザ・ファミリーストーン、さらにはの楽曲のサンプリングを用い、1991年に発表した と1993年に発表した は米英両方でヒットし、レイブシーンでも成功を収めた。 1990年代後半からは、、、 、といったミュージシャンが登場した。 ネオ・サイケデリア [ ] ネオ・サイケデリアというジャンルを開拓したバンドである。 写真は2006年に行われたアムスデルダムでのライブのときの様子 1970年代後半に勃興した・シーンの中、 、( 、、、 といったバンドが現れる形で、サイケデリック・ロックは復活した。 1980年代初期のアメリカにおいて、これらのバンドは、ロサンゼルスを拠点に を展開し、 、、 といったバンドもアメリカに現れるようになった。 1980年代半ばのや、の1990年代の作品などにみられたように、音楽業界の主流でサイケデリック風な楽曲がはやることもあったが、サイケデリック・ミュージックにとりかかったバンドの多くはやインディー・ロックのミュージシャンやバンドだった。 1990年代、 、 、、()、といった、コミュニティ に所属するバンドやミュージシャンたちは、折衷的なサイケデリック・ロックやフォーク・ミュージックを作った。 エレファント6以外に、サイケデリック・ロックの域に進出したバンドやミュージシャンには、オーストラリアのチャーチや、ニック・サロマン率いる、、、などがおり、この中でもはスペース・ロックというジャンルを生み出した。 1990年代前半、サイケデリック・ロックとブルース・ロックと、ドゥームメタルを融合させたような、 というジャンルが生まれた。 このジャンルの音楽は、ややゆったりしたと、の低く重いサウンド 、メロディアスなボーカルと、「レトロな」つくりが特徴とされている。 このジャンルはカリフォルニアのバンド と スリープ によって開拓された。 イギリスでは、1988年に がデビューシングルを出し、キャッチーなネオ・サイケデリック・ギター・ポップスとしてヒットし、その影響でシーンが出来上がり、1990年代の や といったイギリスのポップスバンドに影響を与えた。 その直後にあたる 時代、が、渦巻くような重いギターのサウンドといった1960年代後半のサイケデリック・ミュージックの要素を取り入れ、インドのやスピリチュアルと合わせた楽曲を発表してきている。 2000年代に入ってもネオ・サイケデリアの熱は冷めず、 や、 といった バンドが1960年代のサウンドを再現している。 電子音楽への影響 [ ] はのシンボルとして用いられることが多い アシッド・ハウスは1980年代半ばに、 、 ()、 といったシカゴのDJたちによって、から派生していった。 特にフューチャーは『』 1987年 という作品で、初めてAcidという言葉を使った。 アシッド・ハウスはから生み出された深みのあるベースラインと、ごぼごぼいうようなサウンドが合わさった音楽である。 イギリスでそのジャンルのシングルが売り出されると、そのようなサウンドが再び作られ、1986年から87年のロンドンでは、小さな倉庫でいかがわしいダンスパーティーが派手に行われた。 1988年ののさなか、アシッド・ハウスはイギリスの音楽業界でヒットし、何千ものクラブ好きが大掛かりなを開いた。 このジャンルからは、、といったミュージシャンたちの作品がイギリスの音楽チャートにランクインしたが、1990年代に入るとアシッド・ハウスはトランスにその人気を奪われていった。 トランスの誕生 [ ] 詳細は「」を参照 は、1990年代初頭のドイツのおよびシーンから生まれた。 このジャンルの音楽は、シンセサイザーの短いメロディの繰り返しと、変化の少ないリズム、時折入るシンセサイザーのノイズを組み合わせて、聴く者をに陥ったかのような気分にさせる。 やテクノから派生したこのジャンルはオランダやドイツで発展し、 の"Energy Flash" や、 の"The Ravesignal"といったシングルが出て、Robert Leiner, , らが作品を発表した。 1990年代初頭のイギリスで人気を博したトランスだったが、やといった新しいジャンルが台頭すると、トランスは鳴りを潜めた。 しかし1990年代後半から再び人気が急上昇し、アメリカでは 、 、 、 、 、 らが、クリストファー・ローレンス や Kimball CollinsといったDJたちが倶楽部での人気を博した。 そしてトランスは細分化し、 、 、ユーロトランス 、、、 、 とも、 といった様々なジャンルが派生した。 ニューレイヴ [ ]• Heylin, The Act You've Known For All These Years: the Life, and Afterlife, of Sgt. Pepper London: Canongate Books, 2007 , , p. Campbell, This is the Beat Generation: New York, San Francisco, Paris Berkeley, CA: University of California Press, 2001 ,. Veysey, The Communal Experience: Anarchist and Mystical Communities in Twentieth-Century America Chicago IL, University of Chicago Press, 1978 , , p. 437. Campbell, Popular Music in America: And the Beat Goes on Boston, MA: Cengage Learning, 3rd edn. , 2008 , , pp. 212-3. Rubin and J. Melnick, Immigration and American Popular Culture: an Introduction New York, NY: New York University Press, 2007 , , pp. 162-4. Hicks, Sixties Rock: Garage, Psychedelic, and Other Satisfactions Music in American Life Chicago, IL: University of Illinois Press, 2000 , , pp. 64-6. Thompson, Please Please Me: Sixties British Pop, Inside Out Oxford: Oxford University Press, 2008 , , p. 197. Bogdanov, C. Woodstra and S. Erlewine, All Music Guide to Rock: the Definitive Guide to Rock, Pop, and Soul Milwaukee, WI: Backbeat Books, 3rd edn. , 2002 , , pp. 1322-3. Prown, H. Newquist and J. Eiche, Legends of Rock Guitar: the Essential Reference of Rock's Greatest Guitarists London: Hal Leonard Corporation, 1997 , , p. Marshall, Mass Market Medieval: Essays on the Middle Ages in Popular Culture Jefferson NC: McFarland, 2007 , , p. DeRogatis, Turn On Your Mind: Four Decades of Great Psychedelic Rock Milwaukie, Michigan: Hal Leonard, 2003 , , p. 230. Richie Unterberger, Samb Hicks, Jennifer Dempsey, "Music USA: the rough guide" Rough Guides, 1999 , , p. 391. John, Rave Culture and Religion Abingdon: Routledge, 2004 , , p. Borthwick and R. Moy, Popular Music Genres: an Introduction Edinburgh: Edinburgh University Press, 2004 , , pp. 52-4. Hicks, Sixties Rock: Garage, Psychedelic, and Other Satisfactions University of Illinois Press, 2000 , , pp 59? Auslander, Performing Glam Rock: Gender and Theatricality in Popular Music Ann Arbor: University of Michigan Press, 2005 , , pp. Unterberger, Turn! Turn! Turn! : The '60s Folk-rock Revolution San Francisco, CA: Backbeat Books, 2002 , , pp. 183? 230. Grunenberg and J. Harris, Summer of Love: Psychedelic Art, Social Crisis and Counterculture in the 1960s Liverpool: Liverpool University Press, 2005 , , p. 137. Scaruffi, A History of Rock Music, 1951-2000 iUniverse, 2003 , pp. DeRogatis, Turn On Your Mind: Four Decades of Great Psychedelic Rock Milwaukee, WI: Hal Leonard, 2003 , , pp. 120. , 2008 ,. DeRogatis, Turn On Your Mind: Four Decades of Great Psychedelic Rock Milwaukie, MI: Hal Leonard, 2003 , , pp. 35-9. Scaruffi, A History of Rock Music: 1951-2000 iUniverse, 2003 , , p. 369. Bogdanov, C. Woodstra and S. Erlewine, All Music Guide to Rock: the Definitive Guide to Rock, Pop, and Soul Milwaukee, WI: Backbeat Books, 3rd edn. , 2002 , , pp. 646 and 754-5. Bogdanov, C. Woodstra, S. Erlewine, eds, All Music Guide to the Blues: The Definitive Guide to the Blues Backbeat, 3rd edn. , 2003 , pp. 1322-3. Bogdanov, C. Woodstra and S. Erlewine, All Music Guide to Rock: the Definitive Guide to Rock, Pop, and Soul Milwaukee, WI: Backbeat Books, 3rd edn. , 2002 , , pp. 349-50. Bogdanov, C. Woodstra and S. Erlewine, All Music Guide to Rock: the Definitive Guide to Rock, Pop, and Soul Milwaukee, WI: Backbeat Books, 3rd edn. , 2002 , , pp. 85-6. Rawlings, Then, Now and Rare British Beat 1960-1969 London: Omnibus Press, 2002 , , p. 191. Bogdanov, C. Woodstra and S. Erlewine, All Music Guide to Rock: the Definitive Guide to Rock, Pop, and Soul Milwaukee, WI: Backbeat Books, 3rd edn. , 2002 , , pp. 635-6. Case, Out of Our Heads: Rock 'n' Roll Before the Drugs Wore Off Milwaukie, MI: Hal Leonard Corporation, 2010 , , pp. 70-1. 249-50. Bogdanov, C. Woodstra and S. Erlewine, All Music Guide to Rock: the Definitive Guide to Rock, Pop, and Soul Milwaukee, WI: Backbeat Books, 3rd edn. , 2002 , , p. 226. Inglis, The Beatles, Popular Music and Society: a Thousand Voices London: Palgrave Macmillan, 2000 , , p. Nielsen, Horrible Workers: Max Stirner, Arthur Rimbaud, Robert Johnson, and the Charles Manson Circle: Studies in Moral Experience and Cultural Expression Lanham MD: Lexington Books, 2005 , , p. Wiener, Come Together: John Lennon in his Time Chicago IL: University of Illinois Press, 1991 , , pp. 124-6. "Garage rock", Billboard, Jul 29, 2006, 118 30 , p. Gomery, Media in America: the Wilson Quarterly Reader, Washington DC: Woodrow Wilson Center Press, 2nd edn. , 1998 , , pp. 181-2. Whiteley, Too Much Too Young: Popular Music, Age and Gender London: Routledge, 2005 , , p. 147. Sweers, Electric Folk: The Changing Face of English Traditional Music Oxford: Oxford University Press, 2005 , , pp. 45-9. Scaruffi, A History of Rock Music 1951-2000 iUniverse, 2003 , , pp. 54, 71 and 81-2. DeRogatis, Turn on Your Mind: Four Decades of Great Psychedelic Rock Milwaukie MI, Hal Leonard, 2003 , , p. 120. DeRogatis, Turn on Your Mind: Four Decades of Great Psychedelic Rock Milwaukie, MI: Hal Leonard, 2003 , , p. 169. Bogdanov, C. Woodstra and S. Erlewine, All Music Guide to Rock: the Definitive Guide to Rock, Pop, and Soul Milwaukee, WI: Backbeat Books, 3rd edn. , 2002 , , p. 515. Bussy, Kraftwerk: Man, Machine and Music London: SAF, 3rd end. , 2004 , , pp. 15-17. Bogdanov, C. Woodstra and S. Erlewine, All Music Guide to Rock: the Definitive Guide to Rock, Pop, and Soul Milwaukee, WI: Backbeat Books, 3rd edn. , 2002 , , pp. 1330-1. Blake, The Land Without Music: Music, Culture and Society in Twentieth-Century Britain Manchester: Manchester University Press, 1997 , , pp. 154-5. 1324. DeRogatis, Turn on Your Mind: Four Decades of Great Psychedelic Rock Milwaukie, MI: Hal Leonard, 2003 , , p. 212. Auslander, Performing Glam Rock: Gender and Theatricality in Popular Music Ann Arbor, MI: University of Michigan Press, 2006 , , p. 196. Auslander, "Watch that man David Bowie: Hammersmith Odeon, London, July 3, 1973" in I. Inglis, ed. , Performance and Popular Music: History, Place and Time Aldershot: Ashgate, 2006 , , p. DeRogatis, Turn On Your Mind: Four Decades of Great Psychedelic Rock Milwaukie, Michigan: Hal Leonard, 2003 , , pp. 409-15. DeRogatis, Turn On Your Mind: Four Decades of Great Psychedelic Rock Milwaukie, Michigan: Hal Leonard, 2003 , , pp. 421. Marszalek, Julian.. Thequietus. com. retrieved 19 July 2011• Unterberger, S. Hicks and J. Dempsey, Music USA: the Rough Guide London: Rough Guides, 1999 , , p. 401. Walk, "The Apples in Stereo: Smiley Smile", CMJ New Music, Sep 1995 25 , p. Sharpe-Young, , MusicMight, retrieved 10 December 2007. , Allmusic, retrieved 2012-07-13. Rivadavia , Allmusic, retrieved 2012-07-13. Rivadavia, , Allmusic, retrieved 2012-07-13. Erlewine, Allmusic, retrieved 2012-07-13. Erlewine, Allmusic, retrieved 2012-07-13. Erlewine, , Allmusic, retrieved 2012-07-13. Erlewine, Allmusic, retrieved 2012-07-13. Macgregor, , Allmusic, retrieved 2012-07-13. Ankeny, , Allmusic, retrieved 2012-07-13. , Allmusic, retrieved 2012-07-13. , Allmusic, retrieved 2012-07-13. Flynn, , Times Online, 12 November 2006, retrieved 13 February 2009. , , The Guardian, 13 October 2006, retrieved 31 March 2007. Adams, , The Guardian, 5 January 2007, retrieved 2 September 2008. Empire, The Observer, 5 October 2006, retrieved 9 January 2008. 2007年2月3日. March 2007年3月31日閲覧。 参考図書 [ ]• Joynson, Vernon December 1984. The Acid Trip: A Complete Guide to Psychedelic Music. Sculatti, Gene; Davin Seay April 1985. San Francisco Nights: The Psychedelic Music Trip, 1965-1968. 192. Eye Mind:The Saga of The 13th Floor Elevators, Pioneers of the Psychedelic Sound by Paul Drummond Process Media 2007. 424 pages 外部リンク [ ]• reviews, inverviews, and psychedelic history and information• Top 100 albums list and short reviews この項目は、に関連した です。

次の

LOVE PSYCHEDELICOのユニット名の由来・意味

サイケデリック 意味

定義 [ ] サイケデリック体験とは、(幻覚剤を指す英語の)に誘導される一時的なである。 意識のサイケデリックな変性状態とは、一般的に普通の(シラフの)状態に比べて、高次の(高い、超越的な)状態といった特徴がある。 例えば、心理学者の ()はアヤワスカによるトリップの報告から、中毒中に起きていることが真実とみなされ、普段認識している世界を幻想とする評価が一般的であると述べている。 同様に、心理学者のはLSDの体験をこう説明する。 「存在の本質への複雑で啓示的な洞察…それは典型的には、日々の生活において共有されている認識や信念よりも、この知識には究極的に意味があり『真実』であるという確実感を伴う 」哲学者の ()によれば、サイケデリック体験は道教や禅での意識の変容に似ているものであり、こう説明する。 「不完全な知覚の矯正あるいは病気の治療に近く…さらなる事実を知りたい、より高い技術を得たいという欲望の進展ではなく、むしろ誤った習慣や見方を捨て去るということです 」 らによる1964年の『』 原題 The Psychedelic Experience では、サイケデリック体験とは、規模と内容に制限のない体験だが、言語的概念・時間空間の超越、自我やアイデンティティの超越だとされる。 らによる『サイケデリック・ドラッグ』の第4章は「サイケデリック体験の特性」であり、ある逸話が一般的な体験であるかのように誤解されやすいが、その体験は幅広く夢や神話のように多様であり、数十の体験が直接引用されている。 4000以上のセッションを行ってきたスタニスラフ・グロフの『深層からの回帰』も、膨大で多様な体験の記録である。 語源 [ ] psychedelic(サイケデリック)という言葉は、ハンフリー・オズモンドが作り出したもので、意味は「心をあらわにする」ということで、psyche(心)に作用する幻覚剤の能力が由来である。 アシッド・トリップはLSDによるサイケデリック体験を指している。 「トリップ」という言葉はアメリカ軍の科学者が生んだもので、1950年代にLSDの実験を指していた。 バッド・トリップ [ ] 詳細は「」を参照 バッド・トリップ(bad trip、薬物による一時的な精神病など)は心を乱し、不快で、恐ろしく、サイケデリック体験をトラウマと変えうる。 より強い作用が生じる高用量の摂取により起こりやすい。 症状はぼんやりした不安感や疎外感から、おさまらない恐怖、完全な狂気、または ()までである。 精神療法における ()は、不快な体験は有害で好ましくない不要なものであるとみなされるのではなく、適切に対処された場合に大きな恩恵を得る可能性もあるものだと説明している。 バッドトリップは、不慣れだったり、薬物使用者が無責任であったり、がないといったことでより悪くなり、体験の過程での対処されていない心理的な葛藤がきっかけとなりそれが反映される。 シロシビンの用量と体験に関する研究が実施され 、研究者は半分の低用量でも神秘的な体験だという特徴が生じることに変わりはないが、不安と恐怖を感じることが5分の1に減少するとしている。 その適用 [ ] 神秘的・宗教的体験 [ ] サイケデリック体験には、神秘的・宗教的な経験的現象のあらゆる側面が含まれる。 (の成分)による2つの研究は、確実に神秘的な種類の経験のきっかけになると結論している。 ジョンズ・ホプキンス大学におけるより新しい研究は、「神秘主義尺度」(mysticism scale)と呼ばれる質問票が含まれている、非日常体験である変性状態のために設計されたいくつかの質問票によって神秘体験を識別した。 また幻覚剤には、世界中で宗教的に使用された長い歴史があり、しばしばと呼ばれており、それはこうした種類の体験を生じさせる傾向が理由である。 現代宗教においても、やのように、サイケデリック体験を中心とした信仰と宗教的な活動が存在している。 霊や祖先の世界と対話する方法だと見なされる。 個人の発達 [ ] サイケデリック体験には、明らかにグノーシスのような性質があり、意識を高め個人的な発達に深く貢献するような学習体験である。 このため、アヤワスカやシロシビン含有キノコのような一部の植物に由来する幻覚剤は、時に「植物の先生」(plant teacher)と呼ばれる。 同様に、シロシビンと神秘主義に関する研究の追跡調査を行った研究者によれば、シロシビンは、行動、態度、価値観における長期的な変化を予測できるような、個人的でスピリチュアルな重要な神秘体験を起こすものである。 オルダス・ハクスリーの遍在精神説 [ ] 詳細は「」を参照 サイケデリック療法とは、 psyche、心 の有益な探索を助けるための幻覚剤の使用に関わる的な行為である。 薬物を伴うそのセッションでは、心理療法家は、患者が内的な体験を探索できるよう非指示的に支援する。 薬物によるセッションの前に、患者には準備のための心理療法が行われ、またセッションの後ではその体験を統合するために行われる。 幻覚剤に基づく精神医学の初期の施術者は、イギリスの精神科医である ()であり、彼がサイケデリックという言葉を造語している。 オズモンド自身のLSDの使用は、統合失調症を有する彼の患者の内的な精神状態の理解を助けたと言っている。 もこの分野の実践者であり、心理療法におけるLSDの使用を開拓した。 グロフはサイケデリック体験を「無意識的な精神機能の非特異的増幅」だと特徴づけ、の理論である、未解決の原初的な出生時の外傷の記憶の観点からLSD体験の現象学を分析した。 サイケデリック体験による自我の死は、末期の病気の患者(末期がん患者など)が自身の通常の自分勝手な価値観の外から、理性的に死に近づくことを可能とする。 迫り来る、避けられない死の苦痛を対処し理解できるものとすることを研究は証明している。 生から死への移行が、単に人生のひとつの歩みだと理解できる。 こうした取り組みは、ハーバーUCLA医療センターのチャールズ・グロフによって積極的に進められている。 関連項目 [ ]• () 注釈 [ ]• よく知られた幻覚剤にはLSDやシロシビン含有のマジックマッシュルームなどがある 出典 [ ]• Shanon, Benny 2002. The antipodes of the mind : charting the phenomenology of the Ayahuasca experience Reprinted ed. New York: Oxford University Press. 205. The holotropic mind : the three levels of human consciousness and how they shape our lives 1st paperback ed. , [Nachdr. ] ed. San Francisco, Calif. : HarperSanFrancisco. 訳書『深層からの回帰』は原著1992年版の翻訳。 Leary, Alan W. Watts ; with a new introduction by Daniel Pinchbeck ; foreword by Timothy; PhD; PhD, Richard Alpert, 2013. The joyous cosmology : adventures in the chemistry of consciousness Second ed. The Psychedelic Experience: A Manual Based on the Tibetan Book of the Dead, 1964. この著書の日本語訳には「サイケデリック体験」という訳語が何度も登場する。 、ジェームズ・B. Psychedelic Drugs Reconsidered, 1979• Goldsmith, Neal. Psychedelic Healing• Thorne, Tony 2014. マーティン・A. , LSD Psychotherapy; passim• Griffiths, Roland R. ; Johnson, Matthew W. ; Richards, William A. ; et al. 2011. Psychopharmacology 218 4 : 649—665. Maia Szalavitz 2011年6月16日. TIME. 2017年4月12日閲覧。 ; Johnson, Matthew W. ; Griffiths, Roland R. 2011. PDF. Journal of Psychopharmacology 25 11 : 1453-1461. の13 October 2013時点におけるアーカイブ。 ; ; 2001. Plants of the gods : their sacred, healing, and hallucinogenic powers Rev. and expanded ed. Rochester, Vt. : Healing Arts Press. 翻訳『図説快楽植物大全』(東洋書林、2007年、 )• Aeon. 2019年4月4日閲覧。 Luis Eduardo Luna. 2016年4月19日閲覧。 Griffiths, Roland R; Johnson, Matthew W; Richards, William A; Richards, Brian D; Jesse, Robert; MacLean, Katherine A; Barrett, Frederick S; Cosimano, Mary P et al. 2018-01-01. Journal of Psychopharmacology 32 1 : 49—69. 2013年1月4日. 2014年5月31日閲覧。 Sessa, Ben 2015. Psychedelic Drug Treatments. エロウィド. 2016年4月19日閲覧。 Stanislav Grof ; 2008. LSD psychotherapy 4th ed. Ben Lomond, Calif.? : Multidisciplinary Association for Psychedelic Studies. Grof, Stanislav 1976. Realms of the human unconscious : observations from LSD research. New York: Dutton. さらに読む [ ]• Eds. Psychedelic Reflections. 1983. New York: Human Sciences Press. 13-14.

次の