リリルカアーデ ファミリア。 #4 守りたいモノ 4

ダンまちの恋愛・相関図まとめ!ベルは誰と結ばれる?アイズやリュー・春姫などヒロインたちとの関係・かわいいシーンまとめ!

リリルカアーデ ファミリア

リリが連れてこられたのはとても豪華な一室。 ソーマ・ファミリアのような男臭く、そこらじゅうに汚れの目立つ広間出はなく、入室した者を安らぎに招くような感覚を覚えさせる温かい部屋。 そんな一室に、リリと向かい合って座るのは、私を連れてきたナノハ様と戦争遊戯に乱入し、あろうことか無双を繰り広げたユウジと言うラドクリフ・ファミリアの団長様。 「さて、大体の事情は聞いている。 ケイが何故動いたかも、そこそこに理解はしているつもりだ」 「今から話すことはね、リリルカちゃんの今後についてなの。 ソーマ・ファミリアを抜けて、その後どうするのかって言うのが今回のお話し」 わかっている。 今、リリの身柄はこの人たちの思うがまま。 「リリは…冒険者が嫌いです。 自分の事しか考えないし、サポーターを弱者と踏みにじる…最低な人達です」 「だがそうじゃない奴もいる。 在り来たりなことを言うようだが、人としての基本を重んじる者も少なくはない筈だ」 それは、そうなのだろう。 その結果、リリはケイ様に助けられ、ソーマ・ファミリアから救われ、今こうして温厚的に話をしているのだから。 「…だから、私は冒険者になりたいです」 「しかし自分にはその力も才能も可能性もない。 だからお前さんはサポーターになることにした」 「………はい。 でも、でもリリだって頑張ったんです! ステイタスを上げようと躍起になって努力してきたんです! それでも駄目だったんだから、諦めるしか無いじゃないですかぁ!」 「リリルカちゃん…」 「私はっ…!神様が何を思っているのか…わかりません! どうしていつもリリなんですか!私が何をしたって言うんですか! お父さんもお母さんも、誰一人見方になってくれる人がいなくて…こんなのってないですよ!」 「何を言うかと思えば…やれやれだな」 そう言うとユウジ様は徐に立ち上がり、私に向けて指を一振りしました。 その瞬間、私の体は何処からか現れたロープでぐるぐる巻きにされ、天井からぶら下がっていました。 「ふぇぇええ!?」 「なぁにを自分だけ不幸ですアピールしてやがる? そんな環境の奴は世界探せば五万といるんだよ。 何故逃げなかった?何故戦わなかった? それは一重にお前さんが弱かったからだ。 努力しても駄目だった?そんなもん努力の仕方が間違ってたにすぎん。 お前さんは自分の不出来な思いを誰かに擦り付けて楽になりたいだけの我儘小娘にすぎぼっほぅ!?」 ドンガラガッシャンッ! 今の今までリリの前で言葉を並べていたユウジ様は、突如横からの飛び蹴りに吹き飛び、本棚に激突しました。 やったのは勿論ナノハ様で、腰にてを当ててユウジ様を見下ろしてました。 「何しやがる元ブランコ少女!」 「言い過ぎなの!もっと言葉を選んでよ!泣いてるじゃん!」 「バカ言うな!泣いてるのは元々だろが! 大体、聞けば皆が歓喜すると言われる俺の有難いお説教が途切れちまったじゃねぇか!」 「誰も言わないし思いもしないの! て言うかブランコ少女って言わないでよ!」 「ブランコ乗りながら『私、不幸です』アピールしてた奴が何いってやがる!」 「もう怒ったの!今日こそ一太刀浴びせるんだから!」 「一蹴り貰ってるがな!」 そんなやり取りをした二人は、リリを置いて外へと出ていきました。 あれ?リリは放置ですか? 「あの二人は…変わらないと言うかなんと言うか…」 「あ…」 入れ替わりで入ってきたのは、あの時青い服装をしていた人だった。 「僕は葵 蒼也。 ユウジが言ったことは…まぁ言い方は酷かったけど誰にでも当てはまることなんだよ」 「でも、リリは…」 ソウヤ様は私に巻き付いたロープをほどき、ソファへと座らせてくれました。 外からドカンドカンと響いてくる音に気にしたそぶりを見せない辺り、何時もの事なのだろうか? 「取り合えず不幸でんでんな話は置いておこうよ。 それで、ユウジの話を引き継いで…君には3つの選択が用意されてる」 「選択…?」 「そう。 一つはファミリアのない状態で一からやり直す。 この場合、自分の足で歩いて、君を向かえてくれるファミリアを探さなくちゃならない。 それが何日掛かるか分からないけど、君が一人でやることになるだろうね」 ……そんなの無理に決まってる。 世間では盗人小人と広まり、小人族と見るや警戒をする事に徹底されてるのだから。 「二つ目はソーマファミリアに帰ること。 実質ファミリアは解体状態だけど、神ソーマは被害者だからね。 ファミリアは無くなっていないし、これから君が何とかしていけば取り繕うことも出来なくはない。 でもそのために割く時間や労力は計り知れない。 悪く言えば君が寿命を向かえても改善しない可能性が大きいんじゃないかな?」 ………ソーマ様はお酒にしか興味がない。 団員の顔や名前も覚えていないあの神様が、今更改善なんてあり得ない。 そもそも神様は人とは違って寿命がない。 時間なんて気にしないほどに趣味に没頭するに決まってる。 「そして三つ目。 そう言おうとしたのを遮られ、ソウヤ様は再び続ける。 「誤解が無いように言うのなら、僕らが君に求めるのは冒険者であってサポーターじゃない」 「それは…リリに冒険者に、サポーターじゃない冒険者になれ、と…そう言ってるんですか?」 「うん。 実際に君には素質が在るようだし、無かったらユウジも直ぐに追い返す…までは行かなくても乱雑に扱うだろうしね」 私に素質…そんなもの… 「自分に素質があるわけない。 そう思っている時点でお前さんはそこまでなんだよ」 「っ」 私の心を見透かしたように、入ってきたのはユウジ様だ。 ナノハ様が居ないようだが、どうしたのかは聞かない方が良いんだろうなぁ。 「まぁ元々一つしかない選択だ。 お前さんには冒険者以外の選択なんぞ存在しない」 「なっ…そんなの詐偽じゃないですか!」 「バカ言うな。 俺はお前さんの人生に光を射してやるだけだ。 言っておくが、お前さんはサポーターじゃなく、冒険者寄りだ。 信じる信じないは勝手だが、騙されたと思って着いてこい。 後悔はさせないし、少なく見積もってこの世界で言うlevel3の冒険者に到達させてやるよ」 「そんなの…無理に決って…」 「無理じゃねんだわ。 ほれほれ、どうする?」 この人は…今まで会ったどの人達よりも変人だ。 言葉は豪語の域で、傍若無人で、会話にいちいち覇気が籠る。 何故かこの人が言っていることが本当と思えてしまうほどに…こう言うのをカリスマと言うのでしょうか? 「……どうかリリを…強くしてください!」 私は、ここから変わることが出来るのでしょうか? もしも変われるのなら、次こそは絶対に幸せになってやります! 「あっはっは!だが、断る!」 「ユウジ…」 「……」 「いや、冗談だから…」 今から不安になってきました…………。

次の

【ドラゴンエッグ】小人族 リリルカ・アーデの評価とステータス|ゲームエイト

リリルカアーデ ファミリア

リリが連れてこられたのはとても豪華な一室。 ソーマ・ファミリアのような男臭く、そこらじゅうに汚れの目立つ広間出はなく、入室した者を安らぎに招くような感覚を覚えさせる温かい部屋。 そんな一室に、リリと向かい合って座るのは、私を連れてきたナノハ様と戦争遊戯に乱入し、あろうことか無双を繰り広げたユウジと言うラドクリフ・ファミリアの団長様。 「さて、大体の事情は聞いている。 ケイが何故動いたかも、そこそこに理解はしているつもりだ」 「今から話すことはね、リリルカちゃんの今後についてなの。 ソーマ・ファミリアを抜けて、その後どうするのかって言うのが今回のお話し」 わかっている。 今、リリの身柄はこの人たちの思うがまま。 「リリは…冒険者が嫌いです。 自分の事しか考えないし、サポーターを弱者と踏みにじる…最低な人達です」 「だがそうじゃない奴もいる。 在り来たりなことを言うようだが、人としての基本を重んじる者も少なくはない筈だ」 それは、そうなのだろう。 その結果、リリはケイ様に助けられ、ソーマ・ファミリアから救われ、今こうして温厚的に話をしているのだから。 「…だから、私は冒険者になりたいです」 「しかし自分にはその力も才能も可能性もない。 だからお前さんはサポーターになることにした」 「………はい。 でも、でもリリだって頑張ったんです! ステイタスを上げようと躍起になって努力してきたんです! それでも駄目だったんだから、諦めるしか無いじゃないですかぁ!」 「リリルカちゃん…」 「私はっ…!神様が何を思っているのか…わかりません! どうしていつもリリなんですか!私が何をしたって言うんですか! お父さんもお母さんも、誰一人見方になってくれる人がいなくて…こんなのってないですよ!」 「何を言うかと思えば…やれやれだな」 そう言うとユウジ様は徐に立ち上がり、私に向けて指を一振りしました。 その瞬間、私の体は何処からか現れたロープでぐるぐる巻きにされ、天井からぶら下がっていました。 「ふぇぇええ!?」 「なぁにを自分だけ不幸ですアピールしてやがる? そんな環境の奴は世界探せば五万といるんだよ。 何故逃げなかった?何故戦わなかった? それは一重にお前さんが弱かったからだ。 努力しても駄目だった?そんなもん努力の仕方が間違ってたにすぎん。 お前さんは自分の不出来な思いを誰かに擦り付けて楽になりたいだけの我儘小娘にすぎぼっほぅ!?」 ドンガラガッシャンッ! 今の今までリリの前で言葉を並べていたユウジ様は、突如横からの飛び蹴りに吹き飛び、本棚に激突しました。 やったのは勿論ナノハ様で、腰にてを当ててユウジ様を見下ろしてました。 「何しやがる元ブランコ少女!」 「言い過ぎなの!もっと言葉を選んでよ!泣いてるじゃん!」 「バカ言うな!泣いてるのは元々だろが! 大体、聞けば皆が歓喜すると言われる俺の有難いお説教が途切れちまったじゃねぇか!」 「誰も言わないし思いもしないの! て言うかブランコ少女って言わないでよ!」 「ブランコ乗りながら『私、不幸です』アピールしてた奴が何いってやがる!」 「もう怒ったの!今日こそ一太刀浴びせるんだから!」 「一蹴り貰ってるがな!」 そんなやり取りをした二人は、リリを置いて外へと出ていきました。 あれ?リリは放置ですか? 「あの二人は…変わらないと言うかなんと言うか…」 「あ…」 入れ替わりで入ってきたのは、あの時青い服装をしていた人だった。 「僕は葵 蒼也。 ユウジが言ったことは…まぁ言い方は酷かったけど誰にでも当てはまることなんだよ」 「でも、リリは…」 ソウヤ様は私に巻き付いたロープをほどき、ソファへと座らせてくれました。 外からドカンドカンと響いてくる音に気にしたそぶりを見せない辺り、何時もの事なのだろうか? 「取り合えず不幸でんでんな話は置いておこうよ。 それで、ユウジの話を引き継いで…君には3つの選択が用意されてる」 「選択…?」 「そう。 一つはファミリアのない状態で一からやり直す。 この場合、自分の足で歩いて、君を向かえてくれるファミリアを探さなくちゃならない。 それが何日掛かるか分からないけど、君が一人でやることになるだろうね」 ……そんなの無理に決まってる。 世間では盗人小人と広まり、小人族と見るや警戒をする事に徹底されてるのだから。 「二つ目はソーマファミリアに帰ること。 実質ファミリアは解体状態だけど、神ソーマは被害者だからね。 ファミリアは無くなっていないし、これから君が何とかしていけば取り繕うことも出来なくはない。 でもそのために割く時間や労力は計り知れない。 悪く言えば君が寿命を向かえても改善しない可能性が大きいんじゃないかな?」 ………ソーマ様はお酒にしか興味がない。 団員の顔や名前も覚えていないあの神様が、今更改善なんてあり得ない。 そもそも神様は人とは違って寿命がない。 時間なんて気にしないほどに趣味に没頭するに決まってる。 「そして三つ目。 そう言おうとしたのを遮られ、ソウヤ様は再び続ける。 「誤解が無いように言うのなら、僕らが君に求めるのは冒険者であってサポーターじゃない」 「それは…リリに冒険者に、サポーターじゃない冒険者になれ、と…そう言ってるんですか?」 「うん。 実際に君には素質が在るようだし、無かったらユウジも直ぐに追い返す…までは行かなくても乱雑に扱うだろうしね」 私に素質…そんなもの… 「自分に素質があるわけない。 そう思っている時点でお前さんはそこまでなんだよ」 「っ」 私の心を見透かしたように、入ってきたのはユウジ様だ。 ナノハ様が居ないようだが、どうしたのかは聞かない方が良いんだろうなぁ。 「まぁ元々一つしかない選択だ。 お前さんには冒険者以外の選択なんぞ存在しない」 「なっ…そんなの詐偽じゃないですか!」 「バカ言うな。 俺はお前さんの人生に光を射してやるだけだ。 言っておくが、お前さんはサポーターじゃなく、冒険者寄りだ。 信じる信じないは勝手だが、騙されたと思って着いてこい。 後悔はさせないし、少なく見積もってこの世界で言うlevel3の冒険者に到達させてやるよ」 「そんなの…無理に決って…」 「無理じゃねんだわ。 ほれほれ、どうする?」 この人は…今まで会ったどの人達よりも変人だ。 言葉は豪語の域で、傍若無人で、会話にいちいち覇気が籠る。 何故かこの人が言っていることが本当と思えてしまうほどに…こう言うのをカリスマと言うのでしょうか? 「……どうかリリを…強くしてください!」 私は、ここから変わることが出来るのでしょうか? もしも変われるのなら、次こそは絶対に幸せになってやります! 「あっはっは!だが、断る!」 「ユウジ…」 「……」 「いや、冗談だから…」 今から不安になってきました…………。

次の

リリルカ・アーデとは (リリルカアーデとは) [単語記事]

リリルカアーデ ファミリア

アニメ ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ダンまち第6話「理由(リリルカ・アーデ)」感想 あらすじ ひょんなことから手元に舞い込んだ魔導書(グリモア)から、遂に魔法の力を手にするに至ったベル。 着々と力をつけていくさなか、明らかになっていくソーマ・ファミリアの実態。 それは、奇跡の美酒に呑まれた狂信者たちの悲劇。 リリルカ・アーデもまた、そんな狂気の渦に巻き込まれたひとりであった。 前半 「気づいたらそこにいた。 たった1人そこにいた…お金の為、ダンジョンに潜り、呆気なく死んだ親… 生きる為に、ただ生きる為にもがいた…」 リリルカは昔を思い出していました。 スポンサーリンク 冒険者にはこき使われ、いたぶられ、むしり取られ… お世話になりかけていた花屋も冒険者たちに壊されたりして。 逃げても隠れても見つけ出されて。 居場所は奪われていきました… 「リリは冒険者が嫌いです。 リリは、冒険者が嫌いです…」 ロキはソーマファミリアの酒を飲んでいました。 そして約束通りエイナはソーマファミリアの秘密をロキに尋ねます。 「ソーマファミリアの構成員が崇めているのは、神ではなくそのお酒だと?」 正確に言うとこれではないです。 市場に出回らないモノ。 一口飲んだら心から酔いしれるモノ… おそらく麻薬の一種のようなモノですね。 ソーマファミリアの子供たちはみんなこの為に、彼らの繋がりは酒しかないのです。 そして酒を作る為にはお金がいり、稼ぎのいい人はその酒を少し飲める。 すると、それが中毒化していくという話です… エイナから見たロキの印象は「面白い神」です。 でも、存外に切れ、仲間からの信頼も厚いのです。 ソーマファミリアとは正反対です。 この頃ベルはヘスティアにリリルカのことを話していました。 「リリは悪い冒険者に狙われているみたいなんです。 少しの間でもかくまってあげられればー」 「ベルくん、君のそのサポーターくんは本当に信用に足る人物なのかい?ごめんよ。 あえて嫌なことを言ってる。 今までの君の話を聞く限り、彼女はどうもきな臭いんだ。 考えてみてくれ?君は本当にナイフを失くしたのか? 冒険者に絡まれてた件にしてもそうだ、彼女は君に何かを隠している…!」 ヘスティアは神様らしく的確についてきますね。 こう言われたベルも少し落ち込んでいます… しかし、明るい顔で答えるのでした。 「神様ー」 結局次の日もベルはリリルカとダンジョンに行くことになります。 でも今日はリリルカの提案で10階層まで行くことになりました。 それに10階層からは大型のモンスターも出るし… 悩むベルでしたが、リリルカの後押しで結局行くことになります。 ここでリリルカがベルに「バセラード」を渡します。 しかししまう所がありません… 仕方なく左腕のヘスティアナイフを足につけ、バセラードを左腕につけることにしました。 この頃エイナはバベルの査察に来ていました。 するとここでアイズと会います。 エイナはベルのことでお礼を言いたかったのでちょうど良かったです。 「私があなたの担当冒険者を助けた?」 「はい。 いつかお礼をと思っていまして。 なんでも、5階層で暴れていたミノタウロスから間一髪で救っていただいたと。 」 「ミノタウロス…?」 「ええ!名前はベル・クラネルです。 」 アイズはベルの名前を聞いてハッとしました。 5話でベルが倒れている所を膝枕をして、起きたら逃げて行ってしまったからです。 「私、怖がられてないですか?」 「は、はい?とんでもない!ベル・クラネル氏はあなたに助けてもらったことをとても感謝していました!」 これを聞いてなんだか嬉しそうなアイズ。 「本当に?!」 「本当です!!」 するとここでリリルカが一緒にいた悪そうな連中がダンジョンに入って行くのを見かけます。 そしてなにか考えついたエイナ。 「ヴァレンシュタイン氏、無礼とは存じますが、一つお願いをしてもよろしいでしょうか?」 アイズはなんだろー?って顔してますね。 後半 10階層まで来たベルとリリルカ。 10階層は今までの洞窟の様な所とは違い、不気味な森の様な所です。 するとさっそくオークと遭遇します! 「オークを倒せないようじゃ、この先のモンスターなんか一生攻略できない!」 そしてベルはオークに突っ込んで行きます! バセラードを上手く使いオークを倒します。 するとすぐにもう1匹… 2匹目のオークは2発のファイアボルトで倒せました! 「やったよ!リリ!」 一方エイナはヘファイストスファミリアでバイト中のヘスティアと話していました。 「ご相談と言うのは、ベルくんの例のサポーターについてです。 彼女は、危険だと思います…」 オークを倒したベルがリリルカを呼んでも彼女の姿が見えません。 しかも周囲にはモンスターをおびき寄せる物が転がっている始末… 「リリ!どこ!?返事して!!」 オークと戦いながらもベルはリリルカの心配をしていました。 すると足につけていたヘスティアナイフをしまっていた鞄が何者かに取られてしまいます。 これを取ったのはリリルカ… 「ごめんなさい、ベル様。 もうここまでです。 あいつに全部聞いたんでしょ? 折を見て、逃げ出してくださいね。 さよなら、ベル様…」 こう言い残しリリルカは上の階層へ戻っていってしまいます。 ベルはオークたちと戦っていて後を追えません… 「人が良すぎですよ…響く十二時のお告げシンダー・エラ」 リリルカが唱えると耳が消えてしまいます!! 「ベル様が悪いんです…あいつにさえ会わなければ。 ううん、これでいいんです。 ベル様も冒険者なんですから。 リリの嫌いな、冒険者なんですから…」 リリルカはソーマファミリアから抜けるためにお金が必要だったのです。 そして彼女はヘスティアナイフを売るためにダンジョンの出口へ走っていきます。 しかし途中でリリルカの言う「あいつ」に捕まってしまいます。 「嬉しいじゃねえか、大当たりだ。 」 そしてボコボコにされてしまいます… 「散々舐めやがって、このクソパルームが! 言い様だなコソ泥。 そろそろあのガキを捨てる頃だと思ったぜ…ここで網を張ってりゃ必ず会えると思ってなあ? この階層でお前が使える道はそう多くねえ。 4人で手分けしてたんだが、見事に俺の所へ来るとはなあ!」 そしてリリルカを探していた他の3人も集まってきます。 しかしこの3人は瀕死のキラーアントを捕まえてきていました。 瀕死のキラーアントは仲間を呼ぶ… そうなんです! リリルカを嵌めたつもりが逆に裏切られていたんです! 彼は思わず逃げ出すも、曲がった先でキラーアントが待ち構えていたんでしょう…「アァー!」という叫び声だけが聞こえてきました… そしてリリルカのピンチはまだまだ続きます。 「よおアーデ、大変なことになったなあ?同じファミリアの仲間だろ?助けてやるから全部よこせ? それとも昨日みたいにまた誤魔化しやがるのか? それなら…!」 こいつは酷い奴でキラーアントを脅しに使ってきます。 そして自分の持ち物を奪われ、ノームの貸し金庫の鍵まで取られてしまいます… そしてこの間に大量のキラーアントが集まってきていました… 「見てみろよアーデ、こんなにヤバい状況だぜ? お前囮になってくれよ…」 始めからこいつらはこうする気だったんですね。 「そんな…!約束がー」 「サポーターなんぞとまともに約束する冒険者がどこにいる?お前はもう用済みだ!」 こう言いリリルカをキラーアントの元へ投げるのでした。 もう諦めたリリルカ… 「これだから冒険者は、でも、そうですよね?これはあのお人好しのベル様を騙した報い… だとしたら諦めも…悔しいな…! 神様、どうして…どうしてリリをこんなリリにしたんですか?!弱くてちっぽけで自分が大っ嫌いで… でも、なにも変われないリリに…(寂しかった、誰かといたかった、必要とされたかった。 でも、もう終わる…やっと死ねる、やっと終われる。 何もできない自分を、弱い自分を、ちっぽけな自分を、価値のない自分を、寂しい自分を… ああリリはやっと…)死んでしまうんですかっ?!」 リリルカはやっぱりまだ死にたくないんです! 涙も出るし、諦めたくないんです! すると「ファイアボルトー!」という叫び声が聞こえ、キラーアントたちが倒されます。 そうです!ベルが助けに来てくれたんです! 一方エイナとヘスティア。 「お願いします。 神ヘスティア。 ヘスティアに会う前の自分と重ね合わせて見ても似ていたから… そしてベルはキラーアントを全て倒しました! 「リリ!無事だよね?なんともない?」 「ベル様…どうやってここまで…?」 「いや、霧でよく見えなかったんだけど、あの後別の冒険者が来たみたいで、周りからオークがいなくなっちゃって。 「どうして…どうしてですか!?なぜリリを助けたんですか?!どうしてベル様はリリを見捨てないんですか!? まさか、ご自分が騙されたことに気づいてないんですか!? リリがベル様を驚かそうとしてナイフを持っていったとでも思ってるんですかぁ!!」 そしてリリルカはベルに殴りかかります! 「ベル様ってなんなんですか!?バカなんですか?!間抜けなんですか!?救いようのないアホなんですかあ!!」 そしてリリルカは全てをベルにぶつけます! 今までベルを騙していたこと、悪口を言ったりしたこと… でもベルはそんなリリルカだからこそ助けたんです! 「理由なんて見つけられないよ。 リリを助けることに、理由なんて。 」 ベルの言葉を聞いてリリルカは号泣です。 ベルに抱かれて泣きながら謝り続けるのでした。 次の日リリルカはベルと出会った噴水の所で座っていました。 ベルがいつ来るのかと待っていたのです。 すると声をかけられます。 「サポーターさんサポーターさん。 」 リリルカがベルにかけた台詞をそっくりそのまま返しました。 そして2人は手を取り合います! 「また僕と一緒にダンジョンに潜ってくれないかな?リリ。 」 感想 4話から6話にかけてリリルカの話でしたね! そして今回はとてもいい話でした! 終わりよければ全てよしなんです! きっとベルはリリルカがしていた事をほとんど気づいていたと思います。 それでも助けたりしたのは、本当にベルだからなんですよ! それにしても強くなりすぎです!•

次の