この はまる。 スピリチュアルにはまる人の特徴と心理は?【危険性はないの?】

猿飛木ノ葉丸(さるとびこのはまる)

この はまる

スピリチュアルって何だろう。 スピリチュアルにハマる人の特徴って何だろう? ミズキちゃん そんな質問に答える記事を書きました。 スピリチュアルと言っても色々な種類があり、ざっと紹介しても占い、風水、オーラ、ヒーリング、ヨガ、瞑想、禅やマインドフルネスそしてパワースポット巡りと言ったものまで含まれます。 占いは血液型占いや誕生日占い、星座占いと言ったものからタロットや守護霊と言ったちょっと深いものまで様々なものがありますが、これらは全てスピリチュアルなものになります。 また中国などの東アジア諸国で大変重視されている風水もスピリチュアルですし、日本の大安や友引と言った日柄に関するものも実は含まれます。 オーラと言った目に見えないものもあれば、ヒーリングと言ったもの、ヨガ、瞑想、禅と言った宗教儀式に通じるものも含まれます。 またそこから派生したマインドフルネスは発祥国のアメリカや日本の一部の医療機関でも取り入れられている理論です。 そしていま観光で流行しているパワースポット巡りもスピリチュアルです。 これらを挙げている最中にお気づきかもしれませんが、スピリチュアルは我々の生活の大変身近なものであり、ちょっと怪しいというイメージとはかけ離れたものも含まれるのです。 そのためスピリチュアル自体は悪いものではなく、凝り過ぎてしまうことが問題となることがあります。 孤独の解消願望• 一瞬で変身したい心理• 人生をリセットしたいという欲求• 癒しやリラックス• 非日常的な雰囲気を体験したい• 優越感を感じたい などといった心理です。 孤独の解消としては未知の力の存在を知ることで、やや宗教のような心理から、スピリチュアルからくる癒しの効果で「孤独を紛らわせたい」というものまで、様々な心理が働いている際にスピリチュアルにはまりやすい傾向があります。 また、科学によって解明されていない神秘の力に触れることで、「自分が一瞬にして理想の自分になれる」という願望をかなえてほしいという心理もスピリチュアルに走らせます。 裏を返せばこの変身願望の心理はコツコツした努力を嫌がり、直視することを嫌っているという心理から来ているとも捉えることができます。 人生をリセットしたいという心理は宝くじで一等を当てたいという願望に近いものを持っている方が起こしやすい心理です。 スピリチュアルに触れることで一瞬にして変身できるという変身願望にも似た心理です。 癒しやリラックスしたいという心理はスピリチュアルが持っている心を落ち着かせるテクニックや、不思議な力を利用して癒しを得たいという心理がそうさせているのです。 これは利用の仕方を気を付ければ健康増進につながりますが、一歩間違えると更なる病的な状態へ向かわせる可能性もあるのです。 非日常的な雰囲気を体験したい、優越感を感じたいという心理はスピリチュアルから出される神秘の力に触れることで 、非現実的な環境に身を置いたり、あるいは現実的なものを超越した存在に触れているという優越感を味わいたいという心理から来ています。 こういった心理は時に一生浸り続けていたい世界のように感じてしまうこともあり、凝り過ぎてしまうと危険な心理でもあるのです。 このように癒しなどを求める心理であればまだ良いのですが、現実を逃避したいとか、優越感を持ちたいと言った心理が強く働いていると言った状態は非常に深くのめり込みやすい心理となるため注意が必要です。 スピリチュアルにはまる人の特徴 スピリチュアルにはまる人の特徴は、• 社会性が乏しい人• 常識がかけている人• 様々な困難のため前へ進めない人• 心理的にも肉体的にも疲弊している人 と言った特徴があります。 もちろんいずれにも当てはまらない人も少なくありませんが、多くの場合これらの特徴に当てはまることが多いです。 社会性が乏しいと孤独に陥りやすく、現実が嫌になりやすいという心理が働きやすい傾向にありますから、スピリチュアルにはまりやすいと言えます。 常識がかけている人も要注意です。 現実にはあり得ない神秘の力をあたかも現実にあるような捉え方をしてしまう傾向が強いため、スピリチュアルにはまり過ぎて現実との区別がつかなくなり、社会性が失われる恐れもあります。 様々な困難な状態になり、それこそ神にもすがりたい思いという人もスピリチュアルにはまる人の特徴です。 現実の困難に対処しきれずスピリチュアルなものにこだわりやすい傾向があるからです。 、心理的にも肉体的にも疲弊している人はスピリチュアルの癒しの力によって回復を図りたいという傾向があります。 適度なスピリチュアルとの付き合い方は問題ないのですが、このような傾向の方ははまりやすく現実にも支障をきたしやすいので注意が必要です。 スピリチュアルに凝り過ぎないための対策 スピリチュアルにはまることは悪いことではありません。 ただ、はまり過ぎて日常生活にも支障をきたすことが問題なのです。 そんなスピリチュアルに凝り過ぎないための対策は心理的な心構えとして簡単に楽なれる方法なんてないということ、行動としては日々積み重ねていくということを実践するです。 スピリチュアルにはまる人は一瞬で救われたい、楽になりたいと考えがちですが、そういった方法はほぼ無いと言っても過言ではありません。 わずかにあるであろうその方法の探求をするよりは日々の積み重ねを愚直に行うことによって救われると考え、行動することが対策として有効です。 もちろん日々のスパイスとしてスピリチュアルを散りばめるのは悪いことではありません。 スピリチュアルにはまる人の特徴について-まとめ スピリチュアルはやや怪しいものから日常生活に身近なものまで様々なものがあります。 当然それらに触れることは悪いことではありませんが、あまりにはまりすぎると社会性の欠如や日常生活にも支障をきたすことがあります。 なので、今回紹介した心理や特徴をよく知って頂き、うまく付き合っていただくのがおすすめです。

次の

「はまる」

この はまる

1.ハイキュー!第89話「理由」にゾクッとした 1 ハイキュー! 週刊少年ジャンプで連載中の「ハイキュー!」は、私の一押しマンガです。 烏野高校バレー部を舞台にして、チビで下手だけど、運動能力は高く反射神経抜群で身体センスもあって勝利への執着も持っているという日向翔陽と、天賦の才を持つセッターだけれど、独裁的な考え方ゆえに中学時代はチームメイトと上手くいかなかった影山飛雄の2人を軸に、高校生がバレーで青春するマンガです。 「ハイキュー!」は、特に序盤、単行本でいうと1、2巻が、圧倒的におもしろいです。 影山のトスと日向のジャンプがはじめてかみ合った瞬間など、何回読んでもゾクッとします。 そんな圧倒的な1,2巻と比較すると、その後は、若干落ち着いているなと、私は感じていました。 普通におもしろいのだけれど、何というか、ゾクッとくるものはあんまりないな、と。 が、しかし、今週の第89話「理由」は、久々に、ゾクッとしました。 おもしろかったし、自分の中の何かに響きました。 何がどんな風に響いたのか、そして、この響いたものを今後自分の中でどう活かしていきたいか、文章としてまとめてみます。 なお、ネタバレ含みます。 かなり含みます。 ご容赦ください。 2 第89話ハイライトに至るまでのあらすじ 第89話のハイライトは、主人公のチームメイトである月島くん(高校1年生)と、烏野高校と現在いっしょに合宿している強豪校の主将木兎くん(高校3年生)との会話です。 この会話の中で、木兎くんが月島くんに話したことに、私はすごく納得し、共感しました。 また、マンガとしての見せ方が上手いためか、2回、ゾクッとしました。 このハイライトに至るまでのあらすじは、こんな感じです。 月島くんは、主人公のチームメイトで同級生です。 身長も高いし運動神経もいいしクレバーだし、バレーをする条件に恵まれているのですが、部活に対して必死で頑張ることに対して及び腰です。 この理由は、兄のトラウマで、月島くんは、高校のバレー部で必死に頑張る兄にあこがれていて、兄のことを高校のバレー部でエースのように活躍していると信じていたのですが、実は、兄は必死にやってもベンチ入りすらできませんでした。 そのことを知った月島くんは、部活に対して必死になることを避けるようになります。 月島くんの幼なじみの山口くんは、月島くんにあこがれているのですが、部活に対して必死になることに自分で線を引いている月島くんに、もやもやした気持ちを持っています。 山口くんが、勇気を出して、月島くんに「最近のツッキー(月島くんのこと)はかっこわるいよ」とぶつけると、月島くんは、なんでそんなに部活に必死になるのか、その理由は何なのかと山口くんに返します。 そこで山口くんが「そんなモン、プライド以外に何が要るんだ!!」と叫ぶところまでが先週の第88話でした。 今週の第89話は、月島くんが、山口くんに対して、「お前カッコいいよ。 でも納得はできない。 」と返し、「ちょっと聞いてくる」と、強豪校の主将である木兎くんのところに行くところからスタートです。 3 第89話「理由」のハイライト 第89話「理由」のハイライトは、要約しないで、セリフを引用します(改行いじって、句読点補ってます)。 月島くんと木兎くんの会話です。 月島「僕は純粋に疑問なんですが、どうしてそんなに必死にやるんですか? バレーはたかが部活で将来履歴書に「学生時代部活を頑張りました」って書けるくらいの価値しかないんじゃないですか?」 (略) 木兎「月島君さ!バレーボール楽しい?」 月島「いや、特には……」 木兎「それはさ へたくそだからじゃない?」 月島「……」 木兎「俺は3年で全国にも行ってるしお前よりも上手い。 断然上手い。 」 月島「言われなくてもわかってます。 元々得意だったクロス打ちをブロックにガンガン止められて、クソ悔しくてストレート練習しまくった。 んで、次の大会で同じブロック相手に全く触らせずストレート打ち抜いたった。 」 木兎「その一本で「俺の時代キタ!」くらいの気分だったね!」 (木兎、無言で月島の方を見る。 月島、ちょっとたじろぐ。 」 木兎「将来がどうだとか、次の試合で勝てるかどうかとか、一先ずどうでもいい。 目の前の敵ブッ潰すことと、自分の力が120%発揮された時の快感が全て。 」 月島「……」 木兎「……まぁそれはあくまで俺の話だし、誰にだってそれが当て嵌まるワケじゃねぇだろうよ。 お前の言う「たかが部活」ってのも、俺はわかんねえけど、間違ってはないと思う。 」 木兎「-ただ、もしも、その瞬間が来たら、」 (間) 木兎「それが、お前がバレーにハマる瞬間だ。 」 文字にすると、こんな感じのやりとりです。 さらに、ページごとのコマ割りがかっこよくて、ページをめくった瞬間にグワっと迫ってくる感じがあります。 ぜひぜひ、そのものをご覧ください。 私がゾクッとしたのは、2回です。 ひとつは、 (木兎、無言で月島の方を見る。 月島、ちょっとたじろぐ。 」 のところ。 もうひとつは、 木兎「-ただ、もしも、その瞬間が来たら、」 (間) 木兎「それが、お前がバレーにハマる瞬間だ。 」 のところ。 2回とも、ページをめくった瞬間にこのやりとりが迫ってきて、圧倒されました。 (「ハイキュー!」は、ホントに、ページをまたいだコマ割りが上手いと感じます。 これに対して、先週の第88話における山口くんの答えは、「プライド」です。 でも、正直、この山口の答えに、私は、全然ぴんときませんでした。 描写はかっこよかったし、山口くんも成長したなあ、というおもしろさはあったけれど、それだけ。 そして、これが答えなのかなあと思って、 「ハイキュー!」というマンガそのものに対して、少しがっかりしていました。 でも、今週の第89話は、月島くんの「でも納得はできない。 」、そして、「ちょっと聞いてくる。 」から始まりました。 「おお、これは期待を上回る展開だ」と思ってワクワクして読み進めると、そこに繰り広げられたのが、先ほど引用した月島くんと木兎くんとの会話です。 私としては、この会話、内容にすごく納得できたし、共感しました。 自分の力が120%発揮されて、俺の時代キタ!という高揚感を、腹の底から感じられる瞬間。 部活に打ち込んでいると、そんな瞬間がやってくることがたまにあって、その瞬間のために必死になれる、というのは、自分の経験をふり返っても、ほんとそうだよなと思います。 (ただし、「目の前の敵ブッ潰すこと」というのは、あんまりぴんときません。 私自身が、目の前の敵を気持ちよくブッ潰せた経験があんまりないからかもしれません。。。 ) 「ハイキュー!」、やっぱりすごいマンガだ、と思いました。 2 他のいろんなことにあてはまる 月島くんの問いは、「たかが部活に対して」ですが、この「部活」に、他のいろんなことをはめ込むことができます。 たとえば、「たかが仕事に対して、どうしてそんなに必死になるのか?なれるのか?」とか、「たかが試験に対して、どうしてそんなに必死になるのか?なれるのか?」とか。 あるいは、「たかがブログに対して、どうしてそんなに必死になるのか?なれるのか?」とか、「たかが友だちとの旅行に対して、どうしてそんなに必死になるのか?なれるのか?」とか。 それから、「たかが家族に対して、どうしてそんなに必死になるのか?なれるのか?」、果ては、「たかが人生に対して、どうしてそんなに必死になるのか?なれるのか?」とか。 全部一見もっともらしい質問ですし、正面から聞かれるとなんて答えたらいいか難しい質問です。 たとえば、仕事で自分が仕掛けたことが上手く働いて、自分の望みが全て叶ったお客さんからはすごく感謝されて、悪くない売り上げを得た会社の上司からは十分評価されて、自分自身もいい経験をして成長できたとします。 こんなとき、私は、自分の力を発揮できたことや、自分が価値を作り出せたことを思って、と思って、達成感や納得感や満足感を、腹の底から感じて、高揚します。 まさに「俺の時代キタ!」的な感じです。 仕事以外も同じです。 何かに没頭できるか否かは、これに、大きく依存します。 それはそれで運がいいことなのですが、こんな幸運が誰にでも起きるわけでもありません。 このために、自分にできることは、どんなことなんだろう、と考えてみました。 ただ、こんな風に私が書いた文章を読むよりも、マンガそのものを読むほうが、私が言わんとしていることが、よく伝わると思います。 まだ「ハイキュー!」を読んだことがない方は、とりあえず1巻と2巻を読んでみてください。 そして、そこでゾクッときたら、しばらくは多少落ち着いたおもしろさではありますが、気長に読み続けてみてください。 第89話までたどり着けば、きっとまたゾクッとできます。 「ハイキュー!」は、ほんとうに一押しマンガです。 倉下忠憲さんが発行しているメールマガジン「Weekly R-style Magazine ~プロトタ 『サピエンス全史』があまりに面白いので、じっくりと時間をかけて、丁寧に読んでいきます。 今回は、「 1.Kindleの個人ページを使えば、読書メモを残すのが簡単 Kindle本の一節に、ハイライトを 1.はじめに 昨日、抜き書き読書ノートのことを紹介しました。 抜き書き読書ノート そこでも簡単に触れ 1年ちょっと前に妄想していたこれ。 彩郎版のKindleハイライト取得ブックマークレットを構想する 1.紙の本の読書ノートをEvernoteにとる 次の記事を読みました。 で、思いついた読 1.はじめに 大学時代に出会えてよかった本を、小説以外で10冊、ピックアップします。 いずれも、読ん 1.8年後に世界が滅びることがわかってから5年後の世界 1 『終末のフール』のこと 『終末のフー 1.「何度も読み返す本」は、見つけるものではなくて、育てるもの 少し前に、「何度も読んできた本たち 1.はじめに 『ソーシャル時代のハイブリッド読書術』を読んでから、「読書ノート」を作る習慣を始めまし.

次の

スピリチュアルにはまる人の特徴と心理は?【危険性はないの?】

この はまる

餌箱をクーラーの内縁に引っ掛ける取付方法は、投げ釣りのベテランの方にはおなじみです。 それにより、餌箱が安定するだけでなく、クーラーも広く使え、熱の遮断にもなるというメリットがあります。 ただ、餌箱の改造や自作が必要で、なかなか手軽にというわけにはいきません。 そこで、釣り人に人気のクーラーボックスアンケートをとり、15機種をピックアップして、それぞれにピタリとはまるものを開発してみようと考えました。 当初は、機能性だけに注目していたのですが、どうせなら造りや耐久性にとことんこだわって、モノとして愛着のわくようなものを作ってみようとトライしたところ、こんな簡単な道具でも問題山積。 開発からリリースまで、丸2年もかかってしまいました。 「対コスト性能でこれ以上は無理というくらい、理想を追ってみよう」 「妥協を全然しないで、ほんとに理想の餌箱ってものを作ったら、 どうなるんだろう」 と考えてスタートしましたので、試行錯誤の連続でした。 話せば長いことながら、出来てしまえば要するに餌箱です。 でも、ただの餌箱ではありません。 使い込むうちに、その良さがご理解いただけることと思います。 凝りに凝った試作品に、2年間OKを出せなかった理由のひとつに、反りの問題がありました。 海水に濡れ、真夏の波止に置いておかれたりもする餌箱がおかれる環境は、木工製品としては論外といえるほど過酷なものです。 バケツに一晩漬けて、翌日からカンカン照りの下に数日放置するという耐候試験では、ほぼすべての製品がNG。 厚さ9ミリの木をそういう環境に置くこと自体、間違いなのですが、『はまるんです』は、こうした試験を重ねて開発してきました。 もちろん、完全ではありませんし、反らない保証はできませんが、最良の材と加工方法を選択できたと思っております。 反りの問題を解決できた最大の工夫は、木材の乾燥方法にあります。 木の表面と裏面の水分量が均衡するように調整するという職人技で、非常に反りに強いものになることがわかりました。 乾燥が不適切ですと、見た目、反っていなくても、反ろうとする力が働いて部材に無理がかかり、老朽化が早まって、ある日ヒビ割れたり壊れたりもします。 多くの餌箱はこの状態です。 また、当初は「釘を1本も使わない」ことをめざしていましたが、強度を重視して錆びにくい真鍮釘を使用することにしました。 ほんとうはチタン釘を使いたかったのですが、メーカーに特注せねばならず、釘代だけで数十万円になりますので、これは今後の目標です。 ふつう、餌箱にミリ単位の精度が求められることはありませんが、「クーラーにぴたりとはまる」ことを目的とすれば、プラスマイナス1ミリの誤差が非常に効いてしまいます。 たとえば、GタイプとHタイプの横幅の差は4ミリしかありません。 木工製品としては、相当本格的な仕事が要求されるこの精度を実現するためには、実績のある国内の熟練職人に頼るほかありませんでした。 また、この精度で8種類の餌箱を作り分けますので、どうしても少量多品種生産になります。 したがって、当初から凄いコストになることが予想されました。 そこをどうするのか。 決定的な良策などはありませんでしたが、お互いにしのぎにしのいだ結果、破格といえる価格設定を実現することができました。 エサはキス狙いの時でも1~2種類、カレイやクロダイですと、2~3種類くらい用意することが多いと思いますので、『はまるんです』は、最低2つ掛けられるようにしています。 もちろん投げ釣りだけでなく、ハゼ、波止、船など虫餌を使う釣りならなんでもお使いいただけます。 主にキスのサーフ釣りファンからの要望として、投入口があるクーラー専用の、スライド式蓋をもつ『はまるんです』も、開発の予定です。 また、文句なく日本一といえる超高級ヒノキ材を使ったバージョンも検討しています。 『はまるんです』で、快適で楽しいを釣りをお楽しみください。 最後に、職人さんからのメッセージを。 木材は、50年、100年という時間を経て、私たちが使える太さになります。 一度切ってしまえば次に使えるまで、そういった長さの時間が必要になりますので、それを使い捨てるようなモノ作りは、時間を捨てる・歴史を捨てることになります。 そして時間を捨てることは命を粗末にすることと同じと思います。 作ったものは、できるだけ長く使えるように愛されるようにと願って、日々製作に勤 しんでおります。 はまるんです製作職人より 木製品でございますので木目はひとつひとつ違います。 写真とは若干異なることがありますので、ご了解お願い申しあげます。 木材は十分に乾燥させていますが、木の特性上空気中の水分を多少出し入れしています。 そのため伸縮、縮み、割れなどの変形が生じる場合がございますので使用していない時は風通しの良いところに保管してください。 直射日光があたるところやストーブ、コンロがあたる熱いところ、エアコンの乾いた空気が直接あたるところ、お風呂場などの湿気があるところには置かないようにしてください。 海で使用した場合はなるべく早めに水洗いしてください。 その場合タワシなどの堅いものはさけて柔らかいスポンジなどをご使用ください。 またシンナーやガソリンなどは使用しないでください。 乾燥は日陰干しで必ず蓋を全開にしてから乾かしてください。 少しの反りが発生した場合は、濡らして固く絞ったタオルをフタの上にかぶせて置くという方法で、多少は反りが戻ります。 その後、直射日光に当てたりしなければ木材は落ちつくはずです。 丁寧に使えば長い年月使用できますが、極端な衝撃や改造等は、製品の強度低下・破損の原因となりますので絶対におやめください。

次の