りんしゃんかいほー。 りんしゃんかいほー!

りんしゃんかいほー!

りんしゃんかいほー

嶺上開花とは、の1つである。 通称リンシャン。 はすれば勝てる 概要 特殊な一翻役。 をした際に引く嶺上で和了した場合に成立する。 これ自体に嶺上開花と言う役が付くため、手に予め役が付いていなくても和了れるが、翻数はたったの1である。 のと運任せな一翻では合わないため、やのオマケぐらいの感覚で狙うのがベター。 加の場合はされるもあるため嶺上開花の為だけに加するのは危険である。 字であればほぼされないが、の場合はされるので注意。 の成立を妨するとは異なり、が成立した上での和了となるため、をめくることができる(もちろん、嶺上開花の時ははめくらないと言う取り決めでやっている場所がある可性もある)。 決まると非常にため、初級者(を理解し始めた)層を中心に狙われる傾向があるが、 的に見てもそうそう成功しない上に、前述の通り大きなが伴う。 また、加そのものを蝎の如く嫌う人も少なくないことも覚えておいた方が良いだろう。 では、が嶺上開花に関わるのようなものを持っている「」が有名である他、 後述のを利用して本来あり得ないところから放を引っり出すとしてちょくちょく登場する。 また、積み込みやすり替えなどのが登場するでは、 表示1つを仕込むだけの手間で実に4翻もの追加が見込めるとなるため、 積極的に狙っていくも存在する。 大明槓の責任払い 「」とは、の状況での和了の得点は、 和了の原因を作った人が一人で支払う、実質的な放として扱うと言う。 そのが発生する条件の一つに「他の捨てをし、それによる嶺上で嶺上開花が発生した場合、 されたを捨てた人のにする」と言うがある。 先述の通り嶺上開花が発生する自体が高くない上、 ましてやそれが直撃を取りたい相手の捨てをしての・・・となると凄まじい限定条件であるが、 それどんな変則待ちにも振り込まない熟練者からも 直撃を引き出し得るのとして、では時々登場する。 もっとも、のの中でも、のはかなりなといえるため、 採用されていない、の方が圧倒的に多い。 理由としては同様に「 有効がではない」ということに加え 「 嶺上による和了を予見するのは難しい」ということが考えられる。 その為、でさえを採用しないが増えている中で、 のが適用されるが少ないのは至極当然であると言える。 嶺上開花に関連したローカル役 槓振り 同様にに関係した役として振りがある。 こちらはした後に切ったをされた場合に成立する役。 嶺上を切りした場合のみ成立するとする場合もある。 この役を採用する場合、余計にするが高くなってしまう。 槓々和 2回以上連続してして嶺上開花で和了した場合に成立する役。 一翻だが嶺上開花と複合するため実質二翻。 伍筒開花 した嶺上が筒だった場合、それで和了した時に成立する役。 役の価値は満貫またはであり、通常の嶺上開花とは複合しない。 しかし、満貫役の場合、嶺上開花+元の役が6翻以上であれば元の役が優先される。 役であれば、別のがしていた場合にはの複合がありえる。 `- 、. / i l. ::::::::::::::l ヽ `7ー. ……であるの得意技である•

次の

〜咲

りんしゃんかいほー

概要 の和了役の一つ(1飜)。 槓(かん)した時にツモった 嶺上(リンシャン)牌で和了した場合に付く役である。 門前ツモからの暗槓であればと複合する。 最後の山牌は槓出来ない上、残り1枚の状態で槓して最後の牌(嶺上牌)でツモった場合海底撈月はつかないためとの複合は不可能である。 裏を返せば、聴牌していない状態でカンをしても和了できないどころか新ドラで相手を利する挙句墓穴を掘ってしまう事もある。 また槓ドラ後乗りのルールである場合は槓ドラが乗る場合と乗らない場合があるので、事前に確認が必要である。 但し 近年は槓ドラ即乗りのルールが多い。 三人麻雀や花牌等使用するルールで抜きドラの際に嶺上牌で和了した場合は基本的に嶺上開花は付かないが、一部のルールでは付く場合もある いずれも後述。 マンガ「」の主人公であるの得意技と言っても良い役であるためか、pixivでは主に咲-Saki-や宮永咲関連のイラストに付随する事が多い。 ちなみに咲-Saki-の影響で麻雀を始めた人も多いかも知れないが、嶺上開花は実際の麻雀でそれほど頻繁に出る役ではない(槓自体がそれほど頻度が高くない上、その後ツモれるかどうかもかなり運の要素が強いため)。 このために無闇に槓をするのはオススメしない。 咲のように嶺上開花のみで和了出来るのは余程運が良い時だけである。 尚、古役であり現在ではほぼ採用される事は無いが、五筒の図柄を花に見立て、嶺上開花を五筒で和了すると「五筒開花」という役が付くルールもあった。 満貫役(ただしローカル役、古役にありがちなことだが、点数にばらつきがある)。 では8点役『槓上開花』が本役に相当し、打点に恵まれなくても 即和了可だが、前述の通りやはり狙わないのが吉。 また、 花牌を抜いてアガリ牌を ツモった場合、本役は不成立。 では1台役で、槓は勿論、花牌を抜いた際にアガリ牌をツモっても成立するが、前者は 大明槓からの本役での和了は禁止されている。 大明槓の責任払い 嶺上開花は上述のように槓した際のツモ牌(嶺上牌)が和了牌であった時に成立するという性質上、放銃者が生まれることはない(ツモ和了扱い)。 但し大明槓(暗刻状態から捨て牌を加槓された場合)で嶺上開花された場合、ルールによっては大明槓させたプレイヤーに責任があるとみなし、『責任払い』として大明槓させたプレイヤーが一人で点数を全額支払うという場合がある。 この場合、であったとしても1人から点棒を徴収できる可能性が存在する。 また、このルールが採用される場合、大明槓の後に小明槓や暗槓を挟んで嶺上開花でも責任払いが発生するケースも多い。 但し、大明槓については同様に有効牌が自明ではなく、また嶺上開花という運に左右される役ということもありこのルール自体が採用されているケースは稀であり、麻雀のルールブックにさえ全く記述が無い場合もある。 関連イラスト.

次の

嶺上開花

りんしゃんかいほー

Illustration by このイベントはスーパー女の子オンリー集合イベント 「スーパーヒロインタイム2020春」の一環として行われ、入場、及びカタログは共通となります。 オンライン申込みは、当ページの申込みフォーム(全イベント共通)から出来ます。 をよく読んだ上でお申し込みください。 あなたは 人目の麻雀大好きさんです。 参加資格 咲-Sakiと麻雀が大好きで、同人活動をされている方なら、どなたでも参加可能です。 「シノハユ」もOKなのかとご質問を頂きました。 咲-Saki関連のオールイベントなので参加大歓迎です。 りんしゃんかいほー!20 2020年3月29日(日)(延期)>5月24日(日)(延期)> 2020年7月23日(祝、木) 11:00-15:00(予定) 大田区産業プラザPiO大展示ホール(会場変更) TRC東京流通センター 直接参加のみ合計500スペース 今回会場の使用制限の都合で、コスプレはサークル参加者のみに訂正させていただきます 即売会終了後におたのしみイベントあり! サークル参加受付終了 たくさんのお申し込みありがとうございました。 開催日程等を読み替える形で使用が可能となっております。 また既に購入いただいたカタログも、 開催日時等を読み替える形にて、延期日程でそのまま使用できます。 現在の配置番号はかわりませんが、会場変更による会場内の配置場所の変更があります。 新しい開催時間は11:30〜15:30になります。 今回会場の使用人数制限の都合で、入れ替え制を予定していますので、コスプレはサークル参加者のみとなっております。 更衣室もサークル参加者のみ使用できます。 コスプレ広場は設定しませんが、サークル参加でコスプレをされている方のご友人同士での撮影は出来ます。 各イベントの開催は参加者のみなさまの安全を最優先に考え、状況を注視して開催出来るかを検討し、慎重に準備を進めています。 今後の開催可否、お願い等の告知は、公式サイト、SNS等を参照ください。 前売りをする店舗等は各店舗までお問い合わせください。 (延期日程に読み替える形で使用が可能となっております。 また既に購入いただいたカタログも、 開始日時を読み替える形にて、延期日程そのままに使用できます。 ) リンクフリーです。 バナーはこちら。

次の