現金 書留。 現金書留は、普通の封筒で送っても大丈夫ってホント?

現金書留の送付方法 画像で分かりやすく説明する書き方と送り方

現金 書留

スポンサーリンク 現金書留の送付方法 現金書留の送付方法は簡単です。 まず、郵便局の窓口へ行って、現金書留の封筒を購入しましょう。 現金書留の封筒はサイズが2種類。 大と小があります。 のし袋で比較。 こちらが小で こちらが大です。 こんなサイズ感です。 大体は小サイズで事足りるかと思います。 現金をそのまま入れるのであれば、迷うことなく小サイズでOK。 結婚祝いや出産祝いなどの各種お祝い事で現金を送りたい場合、水引きのついたのし袋ごと入れるのも可能です。 結構水引きの立派なのし袋でも、小サイズに余裕で入ります。 封筒に入るサイズならお手紙やメッセージカード、物品も入れられるそうなので、入れる物の大きさに応じて封筒のサイズを選んでくださいね。 自分で選ぶのに迷わなくても、郵便局員さんに贈りたい物を見せると、それに合ったサイズの封筒を出してくれるはずです。 封筒は小サイズも大サイズも同じく21円。 まずはこの21円を窓口で支払います。 するとこのような複写になった紙を、一緒にいただけます。 これは「書留・特定記録郵便物等受領証」。 万が一現金を紛失したり、何らかのトラブルがあったとき、損害賠償の請求に必要になるものです。 こちらにも記入して、現金を入れ封をした現金書留の封筒と一緒に、窓口へ持って行きます。 現金書留の封筒の書き方 現金書留の封筒の書き方は、これもシンプルにお届け先と依頼人本人の住所氏名を書くだけです。 郵便局の規模によるかもしれませんが、ほとんどの場合、郵便局内に書くスペースがあるかと思います。 そこにペンや、封をするための「のり」なども置いてありました。 現金書留の封筒と、「書留・特定記録郵便物等受領証」を用意。 「お届け先」の欄に、送る相手の郵便番号・住所・氏名・電話番号を記入します。 「ご依頼主」の欄に、送る本人の郵便番号・住所・氏名・電話番号を記入します。 そして「書留・特定記録郵便物等受領証」にも記入しましょう。 太枠の部分、(ご依頼主のご住所・お名前)のところに、送る方の住所と名前を。 お届け先のお名前のところに、受け取る方の名前を書いてください。 スポンサーリンク 太枠外になりますが、「申出損害要償額」という欄に、入れた金額を記入します。 全部書いたら、現金書留の封筒の中に現金を入れます。 のし袋に入れている場合、のし袋ごと入れてください。 袋は二重になっています。 内側の白い部分に入れましょう。 封の仕方が、現金書留の封筒の裏面に書いてあります。 でも実際やると分かりにくかったので、これも説明しますね。 現金書留の封筒の裏面です。 まず、口の下にめくれるようになった「下ふた」があるので、それをこのように倒します。 お金を入れた部分の白い中ふたを、下に折ります。 のりで封をしてください。 そしたら倒していた下ふたを、その上に被せます。 これものりで貼りつけましょう。 中ふた、下ふたとのりできちんと封をしたら、最後に上ふたを折ります。 のりでしっかり封をして…… ちょっと見にくいかもしれませんが、封をすると、点線で円が書かれているのが見えます。 円は3か所。 両端と中央にあります。 そこには割印を押します。 封をした口と、封筒本体が同一のものだと証明するためです。 ただその円の中に、ご自分の印鑑・はんこを押すだけですが、持ってきていなくても大丈夫です。 署名・サインでもOK。 苗字のみを円の中に、3か所すべてに書いてくださいね。 現金書留と「書留・特定記録郵便物等受領証」を揃えて、郵便局の窓口へ持って行きます。 現金書留の料金計算 現金書留の料金計算は、その重さにより異なります。 郵便局の窓口に現金書留と「書留・特定記録郵便物等受領証」を持って行ったら、そこで局員の方が料金を出してくださいます。 ちょっと凝った水引きののし袋に入れた出産祝いを送ったときは、562円でした。 内訳は.

次の

現金書留の封筒はコンビニで購入できるの?コンビニから発送可能か

現金 書留

現金書留の受け取りまでの日数の目安は? 現金書留を送ってから受け取りできるまでの日数は、普通郵便を送った時の日数が目安になります。 現金書留は、普通郵便の「お金を送る時」というオプションサービスにあたるため、 基本的に配達日数は普通郵便と同じになるのです。 離島などの一部地域を除いて、 同一県内なら翌日、 県外ならほとんどは 午前中の受付なら 翌日、 午後の受付なら 翌々日に配達されるのが目安といったところでしょう。 配達日数以外に知っておきたい、現金書留の特徴を確認しておきましょう! 現金書留はポストに投函できない! 現金書留は郵便局の 窓口のみの受付で、ポストへの投函はできません。 ポストへ投函した手紙は収集されるまでの時間もかかりますが、直接窓口へ持って行くので、午前中の受付なのか午後の受付なのかは自分でも分かりますよね。 このことからも、配達日の予想は立てやすいかと思います。 ただし現金書留を送る側の人にとっては、窓口を利用できるか否かという点で土日祝日が影響してきます。 平日は仕事で無理!土日も開いてる郵便局はないの? 現金書留は、原則として郵便局の 窓口のみの受付です。 でも会社勤めの人にとって、平日の昼間にわざわざ郵便局に行くのはわりと難しいですよね。 そんな平日が忙しい人には、 ゆうゆう窓口サービスがおすすめです。 ゆうゆう窓口なら土日祝日でも開いていて、なおかつ機能としては基本的には 郵便局と同じなので現金書留も送ることができます。 こちらのサイトでは土日祝日や夜間に営業しているゆうゆう窓口を検索できるので、ご都合に合わせて利用できる場所はどこか探してみてください。 お近くの「ゆうゆう窓口」を探せます 現金書留は土日祝日も配達可能! 現金書留が普通郵便とちょっと違うのは、 土日祝日も配達してくれることでしょう。 普通の手紙だったら「日曜日は配達が無いから…」と心配になってしまいますが、そこも気にしなくていいんです。 現金書留は配達日数も意外と早く、土日祝日も配達してくれる便利なサービスですよね。 受付時に申し出ない限りは、損害賠償額が1万円になります。 1万円以上の現金を送る場合は、必ず損害要償額を申し出ることをおすすめします。 普通郵便は 定形郵便物なら25gまでは 82円、50gまでは 92円です。 ご祝儀袋などに現金を入れて送る場合で、定形郵便物のサイズに収まらない場合は 定形外郵便物になり、 120円(50gまで)になる場合もあります。 現金書留を送る際に必要な 現金封筒も、定形郵便物用と定形外郵便物用の2種類用意されており、どちらも 21円です。 現金書留を利用する場合は、郵便物の基本料金と現金封筒の代金を合わせた103円~141円の範囲内と、現金書留のオプション料金430円を加算した 533円~5 71円の範囲が最低料金になります。 一般的なご祝儀袋なら定形郵便物に入りますが、水引などで装飾された厚みのあるご祝儀袋は定形外郵便物になる可能性があることを覚えておきましょう。 配達日数を短縮でき、配達日も指定できるので、目的に応じて検討してみましょう。 現金書留を速達で送る なるべく早く送って現金書留を送ってあげたい場合は、速達にすることもできます。 普通郵便のオプションとして「現金書留+速達」をつけるパターンですね。 速達にした場合、 午前中の受付なら 大抵は翌日の午前中に届くと思います。 午後の受付で送付した郵便物が翌日の午前中に届くか、翌日の午後に届くかは地域によりますので、 窓口受付の時に問い合わせてみましょう。 に280 円(250gまで)を加算すると速達にできます。 配達日・配達時間指定で送る 現金書留を受け取る人の都合に合わせて現金書留を送りたい場合に便利なのが、配達日指定・配達時間指定のオプションサービスです。 配達日指定を利用する際には、郵便物に用意している配達日指定シールにご希望の日付を記載してください。 配達時間帯指定を利用する場合は、専用ラベルに記載する必要があるので窓口でお問い合わせください。 現金書留以外のオプションサービスを利用すると、都合の良い受け取り方ができることがわかりましたね。 でも、あまりオ プションを利用すると料金が高くなってしまいます。 現金書留以外にも番号追跡できるサービスが提供されており、現金書留よりも安く利用できるのですが、現金を入れて送ってはいけません。 なぜ 現金は現金書留でしか送れないのかについても調べてみました。 現金書留以外の番号追跡できるサービスでは現金を送れない理由 郵便局では現金書留以外の簡易書留、特定記録郵便、レターパック、ゆうパックなどには追跡番号が付いており、配達状況を確認できるようになっています。 番号追跡で配達確認できるので、オプション料金が高い現金書留以外のサービスで送れないものかと考える方も多いですが、 現金は現金書留でしか送れません。 自由に郵便で現金を送れると犯罪に悪用されかねないため、未然に防ぐ目的で現金書留でしか送れない決まりになっています。 現金書留は安全に現金を送るために、他のオプションよりも高めの料金設定になっています。 現金書留のオプション料金が高い理由 現金書留のオプション料金は430円ですが、その他の番号追跡できるサービスの料金設定は以下のようになっています。 レターパック:360円または510円 このうち、現金書留と同様に損害賠償対象になるのは簡易書留だけですが、 簡易書留に現金を入れていた場合は損害賠償対象になりません。 現金書留は、 大事な現金が郵送中に紛失した場合などにも補償されるサービスなので、必ず現金を送る場合は現金書留を利用しましょう! ゆうパックやヤマト運輸などの宅配便でも現金を送れない! 仕送りするためにたくさん食品を詰めて、一緒に現金を入れて送りたいと考える方も多いですが、ゆうパックやヤマト運輸などの 宅配便と一緒に現金を入れてはいけません! 郵便法で定められている禁止事項に触れる部分なので、必ず現金書留を利用してください。 黙って送ってしまえばわからないから問題ないと思われるかもしれませんが、万が一荷物が紛失した時にも一切補償はされませんし、最悪の場合は書類送検などの措置が取られる場合もあるのでご注意ください。 いろいろ準備して現金書留を送ったのに、タイミングが悪くて受け取れなかったというケースも考えられます。 現金書留が配達されても受け取れなかった場合にはどうなるのか確認してみました。 現金書留を送ってもらったのに、受け取れない! 現金書留は受け取る側の人が 留守だった場合、郵便受箱にイン!なんてことにはなりません。 中身がお金と分かっているものですから、行方不明になるなんてまずありませんよ。 それでも「現金書留が行方不明になっているのでは…?」と不安になってしまった時には、追跡サービスで調べればすぐわかります。 その上でもしも紛失があったとしても、現金書留は 損害賠償の対象となります。 ただし、期限切れの古銭など、品目によっては補償の対象にならないものもありますけどね。 しっかり管理されていて本人に直接届ける書留は、本人が留守だった場合はどうなるのでしょうか? また留守する間に届かないか気になる時の対策も併せてご紹介します。 配達時に留守だった!受け取れなかったらどうなる? 受け取る方が留守だった場合は、 再配達をしてもらえます。 当日19時までに連絡すれば、当日中の再配達が可能です。 また不在で持ち戻った書留も、新たに配達時間帯の指定をして再配達してもらうことができます。 すぐに受け取ってしまいたい場合は、どこの郵便局にあるかが分かっていれば、直接受け取りに行くこともできます。 もし配達日時指定をしていたとしても、 書留が郵便局にある状態の日時であれば取りに行ってしまってOKです。 追跡サービスを利用しよう 郵便局で現金書留の受付を終えたら、その後の配達状況を 【追跡サービス】を使って知ることができます。 現金書留の最大のメリットは、荷物の追跡システムがきちんと完備されていることです。 ひとつひとつの荷物にはそれぞれ 認証コードがつけられており、それを辿ることで万一の場合でも どこで紛失したかが分かるようになっているわけです。 詳しい配達状況がわかれば、待っている側としても目安があって助かりますよね。 書留の 受領証に記載されている 引受番号を入力すれば、配達状況がわかるようになっています。 現金書留の配達日数は普通郵便と同じで 1~2日くらい• 土日祝日も配達してくれる• 現金書留の受付は 郵便局の窓口のみでポスト投函不可• ゆうゆう窓口なら土日祝日でも受付可能• オプションで 速達や配達日指定なども可能• 現金は現金書留以外で 送ってはいけない• 受取時に留守だった場合は 再配達も可能• 現金書留は 番号追跡で配達状況がわかる 現金書留は現金を郵送する時に役立つ、日本郵便が提供するサービスです。 普通郵便のオプションと考えれば、「なんだ、そんなに難しくないんだな」と思えてきますよね。 私は「こんなに便利なら、もっと早くから利用してみればよかった~」って思っちゃいました。 個人的には封筒サイズが のし袋も入るというところが大きなポイントだと思います。 お祝いの現金が白い封筒で入っていたら、味気ないというか…生々しいような感じでお祝いっぽくならないですもんね。 遠く離れて暮らしているお子さんの 就職祝いに現金を送ってあげたいお母さんや、甥っ子・姪っ子に 入学祝いを送ってあげたい方など、現金を郵送しようと考える方は意外と多くいると思います。 真心を込めて贈ったお祝いが、きちんと届けられるって嬉しいですよね。 また、お悔やみの気持ちとともに 香典を送りたいということもあるかもしれません。 この記事が、そんな大切な人へ贈りたい気持ちがあるという方のお役に立てたら嬉しいです。 新型コロナの自粛によるストレスで 多くの男女が コロナ太りを経験しているようです。 20歳~49歳の男女600人を対象とした CLASSY. ONLINEによる調査では ・ 女性の42. 6kg上昇 ・男性の30. 3kg上昇 外出自粛の期間中に多くの人は 体重が2〜3kg 増えているようです。 運動や食事制限、ダイエットサプリを試したいけど、 ・運動やジム通いは継続するのが難しい ・ついつい油ものを食べてしまう ・結局、お腹まわりに脂肪がとれない ・薬局のサプリメントも効果を感じない などのお悩みは無いでしょうか? そんなあなたには、 第2類医薬品である 生漢煎「防風通聖散」がおすすめします。 人気の理由は、 ・脂肪を落とす18種類の生薬を配合 ・原生薬を最大量の27. 1gを配合 ・1回1包で外出時も気軽に持参できる ・サプリメントではなく漢方薬 当サイトで紹介を開始した頃から とても人気のあるサプリでしたが 販売数30万箱を突破したようです。 当サイトのモニターさんも約4ヶ月で-13. 3kgの減量に成功しています。 6, No. 1」にも掲載されています。

次の

知っておきたい現金書留の料金や送り方を解説|現金書留の封筒は自分で用意することも可能!

現金 書留

現金書留の送り方は実は簡単! 現金を郵便で送りたいときは、郵便局に行きます。 後ほど詳しくご紹介しますが、 コンビニでは現金書留は出せないのでご注意くださいね! 持ち物は、 ・相手に送るお金 ・相手の住所と名前と電話番号 ・手数料を支払う現金(送る金額にもよりますが2000円あれば、ほぼ大丈夫) ・印鑑 です。 郵便局にいき「現金書留で送りたいから専用の封筒ください」と郵便局の方に言って現金書留用の封筒を購入します。 封筒は2種類あって、そのまま現金を入れる用とご祝儀袋などにいれたお金を送る用があります。 どちらの大きさでも1枚21円なので、ご自身の必要な方を購入してください。 お金を封筒に入れる前に、必要事項を記入します。 書くところは4箇所で ・相手の名前、住所、電話番号、 ・自分の名前、住所 ・相手の郵便番号(封筒右上の赤い枠の中に書きます) ・損害要損額という欄に、送るお金の金額 これをかけたら、 中にお金を入れて封をします。 封筒は現金が透けて見えないように2重の袋になって封の仕方がちょっと難しいので内側の封筒にお金を入れて窓口で封の仕方を聞くと丁寧に教えてもらえますよ。 あとは窓口で渡せば料金計算をしてれるのであなたはお金を支払うだけで完了です! 現金書留はコンビニでも送れる? 郵便局の空いている時間にいけなくてコンビニで出せないかな?と調べる方も多いようなのですが残念ながら コンビニでは現金書留は送ることができません。 大きな店舗だと 現金書留の封筒を販売しているコンビニもありますが、送ることはできないですし、現金書留はポストに投函もできないので結局、郵便局に行くことになります。 普通の郵便局の時間にいけない方はどうするの!となりますが、その場合は 郵便局のゆうゆう窓口がオススメです! スポンサードリンク ゆうゆう窓口は大きめの郵便局に併設されている夜間や土日祝もやっている窓口サービスで昼間の郵便局とほぼ同じことができます。 なのでゆうゆう窓口で現金書留の封筒も購入できますし、そこでお金を入れて出す事も出来ます。 大きめの郵便局ならば24時間やっているゆうゆう窓口もありますので、郵便局のHPで近くのところを検索してみてくださいね。 現金書留の手数料はいくらかかる? 最後に、現金書留っていくらで送れるのかも簡単に見ていきましょう! 現金書留にかかる手数料は3つで、 ・封筒代1枚21円 ・普通郵便代金 ・書留代金 の合計になります。 計算すると 手数料は最低でも512円かかります。 この内訳は ・封筒代 21円 ・普通郵便代 82円 ・書留代 430円 です。 なので、 相手に送る金額が500円くらいだと送料の方が高くなります! しかも普通郵便代は郵便物の重さで料金がきまるので小銭を多くいれると送料も高くなっていくので気をつけてくださいね! ご祝儀袋が入るサイズの封筒のほうは定形外扱いになるので、最低で普通郵便代が120円となります。 書留代は中に入れた現金の額で料金がアップしていき、金額が1万円までは430円で、それ以降は5000円ごとに10円アップになります。 つまり、 手数料として持っていく現金は1000円から2000円くらいあれば十分かなという感じです! まとめ 今回は現金書留の送り方についてまとめてきました! 面倒ではありますが、現金書留は郵便局での受付をしてもらう必要があります。 間違ってポストに投函しちゃった!という失敗談もよく聞くのでご注意くださいね! <注目記事> ・ ・ <関連記事> ・ ・ ・ ・ ・.

次の