劇団 四季 給料。 劇団四季に入るには?研究生の給料や倍率は?≪年齢や費用は?≫

劇団四季(四季株式会社)の年収【大卒高卒】や20~65歳の年齢別・役職者【課長・部長】年収推移|平均年収.jp

劇団 四季 給料

吉田 智誉樹(劇団四季 代表取締役社長) 創設以来の3つの理念 「演劇とは、舞台上で行なわれるパフォーマンスとそれを観た観客の心の動き、観客と舞台との交流そのものだと感じます」と吉田智誉樹氏は語る。 演劇は、その時代の観客が劇場に集うことが不可欠の必要条件で、それなしには成り立たない芸術といえる。 「同時代に生きる観客の支持を必死に求めねばならない。 実に生々しく、矛盾に満ちて人間味に溢れた、非常に泥臭い芸術。 それが演劇です。 演劇のこうした宿命的な特長からは、どんな規模の劇団、興業会社であっても逃れることはできません」(吉田氏)。 劇団四季には、創設以来変わらぬ、3つの理念がある。 『演劇の市民社会への復権』『舞台成果による経済的自立』『文化の一極集中の是正』。 1つめの理念『演劇の市民社会への復権』は、劇団創設の1953年、敗戦で日本の大きな転換期を背景に生まれた。 当時の舞台には、政治信条をモチーフとした教条的なものが多かった。 「劇場は教室ではない。 観客の人生に寄り添って、明日を生きる力を与えるもの。 それが本来の演劇の姿であり、理想です。 劇団四季は、この考え方を65年変わらず掲げ続け、一途に守ってきました」(吉田氏)。 2つ目の理念は『舞台成果による経済的自立』。 日本の演劇界で劇場に観客を集め興業することで生まれる利益だけで生計を立てている組織は多くない。 その中で、劇団四季は舞台収入での経済的自立を実現している。 そして3つ目の理念が『文化の東京一極集中の是正』。 新しくて刺激的なものはどうしても大都市に集中する。 経営だけを考えれば人口の集中する大都市に作品を集めるのが効率的だ。 しかし、離島や地方に暮らす子どもにも観劇のチャンスがなくていいのか…。 「演劇は映像と違い複製ができません。 自分たちが自分で荷物を背負って大都市だけでなく全国に演劇を届けなければならないのです」(吉田氏)。 創設以来変わらぬこの3つの理念が、今の劇団四季を作り上げている。

次の

劇団四季のチケット一覧│チケット流通センター

劇団 四季 給料

劇団四季の仕事内容 劇団四季は言わずと知れた日本最大級の商業演劇の劇団。 浅利慶太さんが代表を務める四季株式会社が製作や企画、運営を行っています。 仕事は、舞台に立つ俳優と演劇を裏で支えるスタッフの2つに分けられます。 俳優は普段は基本的なレッスンを受け、出演演目が決まればその稽古をし、出演に備えます。 スタッフは、企画、製作、営業、音響、照明、小道具、ヘアメイクなどさまざまな職種で舞台を支えます。 どちらもお客様を感動させるという気持ちが必要な仕事です。 研究生で劇団員として俳優になれた場合、ボーナスのない年棒制になるようですが、ステージへの出演回数によって大きく年収が変わります。 入団から数年は年収200万円以下という話も・・・ 劇団の収入だけで生活していくのは難しい場合もあるようです。 主役に近い役につけるようになると出演回数も増え、給料も一般のサラリーマンより高くなる場合が多いようです。 劇団四季の給料手取り 上記平均から算出してみると、手取りはだいたい 15万円~50万円となりそうです。 劇団四季の有名な人はどのくらい給料もらえるの? 劇団四季の俳優さんの収入は出演回数に俳優単価をかけて計算されるそうです。 1000万円を超える人が50人以上いて、2000万円も10人程度、3000万円に達する人もいるようです。 やはり主役級になると、年収は高くなります。 たとえば、主役(15年目)、年間212ステージで年収1132万、同じく主役(10年目)、227ステージで980万円、準主役(6年目)、310ステージで1023万円、6年目329ステージで1480万円などとなっています。 今までの最高は保坂友寿さんの約3000万円のようですが、年間200から300ステージをこなし、その上に稽古をすると考えると、決して高すぎるわけではないようにも思えますね。 劇団四季に入るには? 研究生のオーディションを受けるか、即戦力となる一般コースのオーディションを受けて合格すれば、劇団員になることができます。 研究生の場合は、オーディションに合格すると1年目は無給ですが、レッスンが無料で受けられるようになり、そこから実力に応じて舞台に立つチャンスが与えられるようです。 一般コースの場合は、ヴォーカル部門、ダンス部門、演技部門の部門に分けてオーディションが行われ、年齢や性別、国籍に関係なく応募することができます。 合格すると、劇団と契約を結び、レッスンや稽古をしながら舞台のチャンスを目指します。 元劇団四季の口コミお給料 給料:月10万円 下っ端だったので全然もらえませんでした。 家の事情により退職し、現在は自営業をしてます。 こっちで自営業をしながら役者としても活動しているので幸福度は変わりません。 給料:0万円 初年度だったので0です。 かなりきついですが養ってくれる人がいればだいぶ楽ですよ。

次の

劇団四季(四季株式会社)の年収【大卒高卒】や20~65歳の年齢別・役職者【課長・部長】年収推移|平均年収.jp

劇団 四季 給料

劇団員の初任給 出演することで給与が発生する 劇団員の給与は「ギャラ」と呼ばれており、1ステージ毎に決められた金額が設定されています。 この金額には幅があり出演するステージの規模や内容、役者自身の知名度、観客動員数などによって変動されます。 劇団の中には1ステージ5,000円のギャラを支給する劇団もありますが、平均して1ステージ約1万円前後が平均して支払われます。 劇団員の初任給は自身が所属している劇団によって異なるため、劇団四季・宝塚歌劇団の初任給をご紹介します。 劇団四季に所属し舞台俳優を目指している方は研究生と呼ばれ、入団後の初年度は給与が発生しません。 無収入ではありますが、無料で劇団四季の稽古を受けることができます。 研究生の期間が終了し舞台に立つことができるようになり、初任給額は約17万円前後となっています。 宝塚歌劇団は阪急東宝グループのエンターテインメント・コミュケーション事業となるため、その事業の新卒採用基準と同様の初任給となります。 各個人契約額が異なるため。 宝塚歌劇団の給与額は「すみれコード」と呼ばれ、公表されていません。 経営が成功している団体は2つ 劇団員の仕事だけで生計を立てていきたいと考えている方は多いかと思います。 しかし、日本国内で劇団として経営が成功している団体は「劇団四季」と「宝塚歌劇団」の2つのみです。 この2つの劇団に所属しない限り、劇団員として演劇のみで生活することは厳しい状況といわれています。 小さな劇団ではチケットのノルマもある 劇団四季や宝塚歌劇団などの大手の劇団ではチケットを売りさばくというノルマはありませんが、小さな劇団では劇団員がチケットを売らなくてはいけないことが多い傾向にあります。 多くの観客を動員することでやっと劇団員にギャラが発生することが多いため、チケットが売れ残るとその分チケット代を借金しなくてはいけないこともあります。 チケットを売りさばくことができなければ劇団からの収入は発生しないので、劇団員として仕事に従事しても無収入になってしまうことがある厳しい職業といえるでしょう。 では劇団員の平均給与額はどれほどなのでしょうか。 劇団四季・宝塚歌劇団を基に平均給与額についてご紹介します。 劇団員の平均給与 劇団四季の平均給与額 劇団四季の平均給与額は約40万円前後となっておりますが、年代によって差があり20代では約23万円前後、30代では約40万円前後、40代では約50万円前後となっています。 劇団四季の給与額の計算方法は、俳優の出演回数と俳優単価をかけて計算されています。 主役級になると給与額は高くなる傾向にあります。 宝塚歌劇団の平均給与額 劇団四季とは異なり、宝塚歌劇団は7年間ある研修期間も給与が支給されます。 その給与額は一般的なOL並みの支給額とされており、研修生から舞台デビューまでの給与額は約15~18万円といわれています。 トップクラスのスターになると、1回の公演で約100万円前後の報酬を受け取ることができるようになります。 しかし舞台衣装は劇団から支給されますが、かつらやアクセサリーは自身で用意しなくてはいけないため、自費の部分が多くなります。 稽古中は給与が発生しない 劇団員はステージに立つことで給与が発生します。 そのためステージ以外の稽古の時間には給与をもらうことができません。 稽古の期間が1か月にも及ぶことがありますが、その間も劇団員としての収入を得ることができないため、アルバイトをすることで生計を立てる方も多くいます。 中小規模の劇団での収入は期待できない 劇団四季や宝塚歌劇団の劇団に所属し、研修期間を終え舞台に立つことができる役者になることで劇団員としての給与で生活することができる可能性がありますが、中小規模の劇団では使用する劇場の規模も小さく、そのため公演回数も少なくなります。 チケットの単価も安くなるため収益を得ることが難しいとされています。 公演しても赤字になることも珍しくなく、赤字になると出演してもギャラを支払われないこともあります。 そのため劇団員はアルバイトや別の仕事をしながら舞台に立つ生活スタイルになる方が多い傾向にあります。 次に劇団員の平均年収額について劇団四季・宝塚歌劇団の年収額を基にご紹介します。 劇団員の平均年収 劇団四季の平均年収額 劇団四季に所属すると最初の1年間は研究生となるため給与は支給されません。 そのため初年度の年収額は0円となります。 研究生期間後の劇団四季の平均年収額は、役者によって変動があります。 年間218公演に出演する12年面の役者では年収約980万円前後となっており、所属3年で年間165公演に出演する準主役では年収約580万円前後となっています。 所属15年目の主役となり年間212公演に出演する役者の場合は、年収約1,132万円前後となっており、劇団四季の所属年収と役の内容によって年収額に差があることがわかります。 劇団四季の俳優である保坂友寿さんの場合、年間200~300公演に出演し年収約3,000万円となりこれまでの最高額の年収が支給されています。 高額な年収が支給されていますが、公演だけではなく合間に稽古も欠かさず行わなければならないので、休日はほとんどないことが伺えます。 宝塚歌劇団の平均年収額 宝塚歌劇団のトップクラスのスターになると年収約500~900万円前後の報酬が支給されることがあります。 トップクラス以外の劇団員は年収約300~500万円前後となるとされています。 宝塚歌劇団の男役としてトップスターになると年収が約1,000万円以上になることもあります。 さらにグッズの売り上げや企業のスポンサー契約を結ぶこともできるようになり、ファンクラブも結成されることもあるため、様々な差し入れやプレゼントを贈られることがあります。 トップスターになるまでの道のりは険しい 宝塚歌劇団のトップスターになるための道は緩やかではありません。 トップスターになるためには条件が設けられています。 新人公演での主演またはヒロインとなり、バウホールなどの小劇場において単独で主演またはヒロインとなりその公演が成功すること。 男役のトップスターになるには2番手と呼ばれる準トップを経験する必要があります。 機関誌の表紙を飾り公式のカレンダーに掲載されることも条件となります。 これらの条件を満たすことでトップスターとして高額な報酬を受け取ることができるようになりますが、トップスターとして輝けるのはほんの一握りの方だけであることは覚えておく必要があるといえるでしょう。 劇団員だけでは一人暮らしもできない 劇団員として生活していくにはアルバイトや他の仕事に勤めながらの方がほとんどです。 ほとんどの劇団員の生活は常に金欠状態となることが多く、劇団員だけで生活することは現実的に厳しいのが現状です。 中には月給5万円の役者もおり、アルバイト以下の収入になることもあります。 大手の劇団四季や宝塚歌劇団に所属すると、始めは低収入ではありますが自身の努力次第で主役級を目指せるチャンスを掴むことができるようになります。

次の