フレンチブルドッグ 体型。 フレンチブルドッグの体重が心配!平均の体重推移と目安まとめ、オスとメスの違いとは

価格.com

フレンチブルドッグ 体型

1860年頃にイギリスからイングリッシュ・ブルドッグがフランスに送られ、パグやテリアなどの異種交配により作り出された。 元々はパリの下町の人々に飼われていた。 性格 物静かで愛情豊かな性格。 愛想がよく、お年寄りや小さい子供とも相性がよいといわれている比較的飼いやすい犬種。 また、知的で無駄吠えも少ない。 主人や子供を喜ばせることが好きで、好奇心が旺盛で遊ぶことが好きなので、飼い主とのスキンシップや、一緒にうたた寝をしたりすることなどに強い喜びを感じる。 (最終更新:2016年 4月20日) 初めて犬を飼うのですが、フレブルを購入しようと考えています ネットで探しで1件、購入を検討しているショップがあるのですが 15万〜18万円で販売しています。 相場は25〜35万とのことですがやはり何らかの問題はあるのでしょうか? 頭が小さく自然分娩だと値段が安いとネットで見たのですが それだけが原因ならいいのですが(よくはないですがショーなどに出すわけではないので)、 やはり病気などの可能性も高いとゆうことでしょうか? ペットショップでの購入はあまりよくないようですので ブリーダーさんを探したのですが、 ペットショップの店長さんがフレブルのブリーダーとゆうお店を見つけたので ブリーダーさんよりもとっつきやすいとゆう印象と安価だったので検討中でしたが、 相場よりかなり安いことを知り躊躇しています。 みなさんはどういったところでいくらくらいで購入されていますか? よろしくお願いします。 書込番号:8507214 10点 我が家のフレンチです 我が家のフレンチブルドックはブリーダーさんから買いました。 値段は35万円でした。 ブリーダーさんのフレンチとしては安い方で、 コンテストに出て賞が取れるような犬は50万ぐらいします。 フレンチの値段は体型や顔かたちに細かい基準があって決まります。 ペットショップのフレンチは自然分娩させるので顔も小さくなで肩 の犬で、フレンチよりはパグに近い体型をしているものが多いです。 帝王切開しなければ生まれないフレンチは生産性が低く高額になり 自然分娩できるフレンチは割安になります。 ペットショップの犬はフレンチに限らず生後まもなく親や兄弟から 離されるので精神的に不安定になるものも多いと聞きます。 フレンチブルドックは人気で、パイドなどは予約しないと買えない 状況ですが、ブリンドルは売れ残ることが多く、売れない犬をショップ に流すケースがあります。 知り合いのドックトレーナーさんはペットショップで絶対買うなと アドバイスしてくれますし、良心的な獣医さんも同じことを言います。 根気よくブリーダーさんを探して買われることを勧めます。 書込番号:8507401 17点 こんにちは ブリーダーさんを選ぶときの、参考に成れば幸いです。 (1)直接面談に応じていただける方。 (2)血統書に記載されている、両親、出来れば祖父母や叔父叔母も確認することができること。 (3)兄弟犬の現在の飼い主さんを、快く紹介してくださる方。 (4)遺伝的発症をした際の、取り決めをしてくださる方。 (5)犬種(その子の系統)についての、長所・欠点を教えてくださる方。 直接数度は足を運ばないと、子犬を譲って頂けないブリーダーさんもいらっしゃいます。 くれぐれも、バックヤード・ブリーダーには御注意を。 >根気よくブリーダーさんを探して買われることを勧めます。 ・・・同感です。 まあ、可愛くて可愛くて仕方ない事には変わりませんが、 やはり、皆さんの仰るとおり、時間を掛けて、フレブルをこよなく愛するこだわりのブリーダーさんからの購入をおススメします。 我が家ももう一匹・・となったら絶対にこだわりのフレブル専門のブリーダーさんからと決めています。 ちなみに18万購入でしたが、何かと体が弱く、病院代を合わせると、こだわりのブリーダーさんから元気な子を少々お高めで購入するより 随分お高くなっています。 今も体質改善を・・と何かと試していますので出費は続きます・・ しかし、家族になった以上、病気であれ、フレブルらしくないにせよ(笑) 我が家に来て良かったと思ってもらえるよう フレブルライフを続けます〜〜!! フレンチは最高ですよ!! 書込番号:8508694 9点 ワンコを購入する時期により値段は変動します。 これからクリスマスにかけて上昇するのが普通です。 今は、夏場の売れ残りの処理期間で若干安いです。 一概に値段が安いからといって悪いということもありませんが、感染症もちが多いのも事実です。 ネットで購入されたワンコなんて獣医さんをもうけさせるようなものです。 獣医をやっている者が言うのだから間違いない(ナイこともない!) ブリーダーさんに生まれるのを予約も可能です。 ペットショップは、ブリーダーさんから質の良い価格の高いワンコは購入しません。 そこそこのものを入手します。 そして高く売るのが通例(販売中に死ぬリスクを計算してる)。 ブリーダーのところに良いワンコは残ります。 ブリーダーは、現金で領収書なしで購入してくれる個人をさがしています(税務署に解らないようにうっちゃいます)。 がんばって探して下さい。 (時々頼まれてワンコの斡旋もやってます) ヤブ101 書込番号:8510654 12点 安くなる理由として良く有るのが売れ残り 育ちすぎ 、容姿の問題、健康面の問題、性格の問題(これは無いかな?)等が考えられます。 リスクを避けるなら通販は止めておいた方が良いでしょう。 うちは売れ残りのパグ(現在9歳)を生後8ヶ月過ぎの頃にペットショップから迎えました。 体調面での問題はないですが容姿的にパグとしては劣るようです。 と言っても迎えてしまえば一番可愛い子に成るのは間違いないです。 ペットショップというより人気の犬種は良く見定めてから迎えないと健康面でのトラブルが多いようです。 以前お世話になったことのある獣医さんは当時人気だったチワワが余りに健康面で問題のある子の多いことを嘆いておられました。 人気急上昇と言った犬種で成熟期間、発情回数や妊娠期間を考えると、繁殖犬が足りる事自体に疑問を感じませんか? ブームが去る前に大量供給して、次のブームへ乗り替える? バックヤード・ブリーダーとかパピー・ミル(ファーム)とか言う一種の業界用語が有ります。 量産する為にホルモン剤を使ったり、近々の近親交配の繰り返し、禁じ手の交配をしたりと。 もちろん、言葉からも察しられますように国内に限った事では無いようです。 皆さんがおっしゃる『飼ってしまえば、どんな子でも可愛い』を逆手に取っているんでしょうね。 もちろんペットショップで扱われる、犬の全てに問題が有る訳ではないでしょうし、 また、ブリーダーさんが『パピー・ミルから仕入れた』と言う話もあります。 バックヤードでは、愛犬家の小遣い稼ぎブリーダーさんも活躍中のようです。 私の所にも居ますが、里子犬や訳あり犬にも、可愛いくて元気な子はたくさんいます。 『ショードッグとしてコンテストに出すわけではない』と言うことを良く耳にしますが 純血種を選ばれるなら、とことん拘った方が良いと思うのですが。 私はコンテストの雰囲気が大好きです。 なにしろ犬だらけですから堪りません。 ちょとしたこだわりがありまして。 やはり、私の目には分からないような容姿の問題などもあるのでしょうね。 最近、フレブルが人気が出ているということを知って タイミングが悪かったかなとも思っていたところです。 葛餅さん こんにちわ ドックショーですか、固そうな感じで私とはほど遠い場所かと思ってました。 私にとって犬がいる場所=わんにゃんワールド他でしたので。。。 フレブルに惹かれたのもそうゆう場所でした >あちらこちらでの雑談に聞き耳を。 おもしろそうですが、怖いものもありそうですね。 ドックショーの見学についても調べてみたいと思います。 勉強になりました、ありがとうございます。 書込番号:8512996 4点 お願いです!!!ペットショップで動物達を『購入』しないで下さい。 全てのペットショップに当てはまらない事を願っていますが、商品、金儲けの道具でしか無い事が多いのです。 親達は『商品生産マシーン』なのです。 狭いケージから出る事も無く、狭さのあまりに成長途中で足等の骨が曲がり治る事は無い、撫でてもらったり話しかけてもらう事も無く、衛生状態も良いはずが無い… だって病気になっても、死んじゃったって、代わりの『マシーン』はいくらでもいるから。 バックヤードに居れるならまだマシかも知れない… 雨風をしのぐ事も出来ない場所で、横になれないぐらい短い鎖で繋がれている子達、狭くて糞尿まみれのケージに入れられ積み上げられている子達。 子犬と呼べない売れ残った子たちは、どうなっているんでしょうね。 儲かるから『商品』を作るのです。 儲からなければ=売れなければ、誰も作りません。 ちなみに、動物先進国であるイギリスのペットショップでは生き物は売っていません。 動物関連の商品のみの販売です。 ブリーダーさんからや里親さんになるのが一般的です。 日本も早くそうなって欲しいと心底願います。 少し話が変わりますが、保健所で1日に何頭の動物達が『毒ガスで苦しみ、もがきながら窒息死させられている』か御存じですか?命のカウントダウン中(保護されてから殺されるまで)の現状を御存じですか?偉そうな事を長々と書いてしまいましたが、数年前までペットショップの子犬を見て、喜んでいた私がいました。 最後に、時々遊びに行っている動物保護施設のURLを記入させてもらいました。 『志村どうぶつ園』で放送され、ベッキーさんが来てくれた事があります。 書込番号:8514429 9点 山田山田山田さん >ちなみに、動物先進国であるイギリスのペットショップでは生き物は売っていません。 海外ではペット事情も違うようですね。 私も今回みなさんから教えていただいてペットショップでの購入予定はありません。 アーティスさん ありがとうございます。 >親がお馬鹿な犬だと、子供もお馬鹿になりがちなので、 犬にも頭の良い、悪いがあるんですね、 犬種次第なのかと思っていました。 お馬鹿もかわいいですが、せっかくなら頭のいい犬の方がしつけなど楽しそうですね 赤色矮星さん 最初、引き離すのはかわいそうかもしれませんが、 犬がかわいそうな飼い方は決してしませんので ぜひお家にフレブルを迎えたいと思っています。 自信家さん そうですね、若干読みにくかったです笑 犬だって生きたいさん 1,2ヶ月前に、近くの動物愛護センター?に保護されているフレブルがいたので検討しましたが 何か問題があることが多いので初心者には。。。 ということをネットで見て、 迷っていたのですが里親さんが見つかったようです。 書込番号:8515899 1点 私も他の方と同意見で良いブリーダーさんを見つけての購入をお勧めします。 まず母乳を与える期間がショップだと短く、なおショップ的に出来るだけ 体の小さい状態を維持したいので与える餌の量も少なかったりします。 (3回食しなければいけないのが2回食だったり) 母乳をしっかりとした期間与えるか与えないかで病気に対する 抵抗力は変わってくると思います。 あとは…ブリーダーさんから購入だとその子犬が愛情をしっかり受けている ので精神的にも大きいと思いますよ。 産まれてからの2〜3ヶ月は口に入れたくなっちゃうほど可愛いので(笑) 間違いなくブリーダーさんは可愛がります。 狭い檻の中で排泄物の駆除も遅いショップで ストレスを感じながら育った子犬と開放的に育った子犬では 性格面や体の丈夫さで違いが出るのは当然ではと思います。 書込番号:8519384 4点 パリパリ・セロリさん こんにちわ。 フレンチブルドッグには中々会えませんが 行ける範囲でわんにゃんワールドやペットショップには足を運んでいます。 半年ですか!!長い間通われたんですね。 ブリーダーさんを探したら飼えるというわけでもないのですね アドバイスありがとうございます。 りーんりんさん アドバイスありがとうございます。 >狭い檻の中で排泄物の駆除も遅いショップで ストレスを感じながら育った子犬と開放的に育った子犬では 確かにペットショップのゲージの中で排泄物が残されているのをよく見ました。 ブリーダーさんの存在を知らなかったころはそれが当たり前だと思ってましたが。。。 サーフィンまんさん ありがとうございます。 子犬を迎えるのが楽しみで、楽しみで。。。 毎晩ネットで楽しくブリーダーさんを探しています hildaさん ありがとうございます。 >探す過程も楽しめないようだったら、 最初から飼わない方がよいと思います。 そうですよね、 周りに犬を飼っている友人などいなかったので ネットだけが頼りだったのですが、 一時期ネットの情報量をまとめられなくて (乱繁殖などよくない情報が多くて)困ってしまいましたが、 こちらで色々教えていただいたこともあり 今はブリーダーさんのブログなどでフレブルの画像に癒されながら探しています 書込番号:8524324 0点 こんにちは。 3歳のブリンドルを飼っています。 たまたまこのスレッドを見つけまして、一言書き込みさせていただきます。 うちのフレンチは現在体重10キロ、食欲旺盛で元気いっぱい毎日走り回ってます。 うちはじっくりとショップ回りをして、普通のペットショップで購入しました。 金額は18万円ほどです。 フレンチ特有のアトピー系の湿疹は出てますが、食事のアレルギーもヘルニアもありません。 体型は典型的なずんぐりむっくりなフレブル体型ではなく、顔が小さめですっきりした体をしてます。 もちろんブリーダーから貰われるのが一番だと思いますが、調べたり行動したりと限度がある方もいらっしゃると思います。 その場合は信頼のあるショップから買う、というのも一つの方法だと思います。 一つだけご忠告ですが、フレンチは皮膚が弱いため頻繁に病院通う事が多くなると思います。 飼われた後は早めのアレルギー検査や、ペット保険も検討された方がよろしいかと思います。 良い出会いがあればいいですね! よろしければブログ覗いてみて下さい。 毎日癒されてますよ!! みなさまのコメみさせていただきました。 ブリーダー、ペットショップなど賛否両論 ブリーダーのほうが優勢か ですが、私は、最終的にはその子との相性だと思います。 ハズレとか、あたりとか、病気がちで、など見ていてとても悲しくなりました。 さまざまなことを考慮して飼うべきだとおもいますし、犬を飼うことには、縁もあると思います。 また、ペットショップでは金儲けとか・・・。 ブリーダーも私は、同じだと思います。 利益がなければやっていけないだろうし、ただ犬が好きでできる仕事ではないと思うし。 経営面などで どちらだから、どうということよりは、場所はどちらであれ、相性の良い子、購入元からしっかりと説明、お話聞けるということが私は大切だとおもいます^^; ちなみに、極端に安い場合は、ソケイヘルニアなどの事もあるそうです。

次の

フレンチブルドッグの適正体重は?太ってしまうと危険?

フレンチブルドッグ 体型

com フレンチ・ブルドッグの成犬の平均体重は、骨格によって多少異なりますが、8~14kgほどといわれています。 もちろん、犬の体重には個体差があるので、あくまで目安の数字として押さえておきましょう。 フレンチ・ブルドッグに限らず、犬は血統や骨格によって体重が変わる動物です。 同じ犬種でも体重に幅があるのは当然のこと。 飼い主は、自分が飼っている犬の大きさ・体重を平均的なサイズやほかの犬と比較し、違いがあると心配してしまうものですが、重要なのは愛犬の適正体重を知ることです。 フレンチ・ブルドッグは、1歳前後で成犬になるといわれているので、その頃の体重が適正体重となります。 この適正体重を知ることで、その後の体重の増減のチェックに役立てていきます。 正確な数値を把握したい場合は、健康診断を兼ねて一度動物病院で検査をしてもらいましょう。 com それでは、フレンチ・ブルドッグを仔犬から飼い始めた時は、どのようにエサを与えていけばよいのでしょうか。 年齢によってエサの量や回数を調整することで、健康な成犬に育てることができるので、ぜひとも覚えておきましょう。 生後1~2ヶ月まで フレンチ・ブルドッグが生まれてから1~2ヶ月ほどまでは、まだ乳歯も生えていないので、離乳食を与えることになります。 犬用の離乳食として販売されているフードや、仔犬用のドライフードをぬるま湯でふやかし、ミキサーにかけて与えます。 仔犬は消化器官が未発達のため、食事は1日4~5回ほどに分け、一度に与える量を少なくします。 慣れるまでは、母乳と併用することをおすすめします。 生後2ヶ月~6ヶ月頃 この頃になると乳歯が生えてくるので、ミキサーにかけていないふやかしフードを与えるようにします。 ドライフードをそのまま与えると、消化不良を起こしてしまう可能性があるので注意しましょう。 ふやかしフードから通常のドライフードに切り替える際は、仔犬の成長に合わせ、フードをふやかす時間を少しずつ短くして、ドライフードの食感に近づけていきます。 最終的にはドライフードをそのまま食べられるようにしましょう。 生後8ヶ月頃 いわゆる成長期が終了する頃です。 この月齢を目途に、徐々に成犬用のフードに切り替えていきましょう。 フレンチ・ブルドッグは食に敏感なので、一気に切り替えると食欲不振に陥ることがあります。 仔犬用のフードに成犬用のフードを混ぜながら、1ヶ月ほどかけて少しずつ切り替えていきましょう。 com フレンチ・ブルドッグをはじめとして、犬は与えれば与えられただけ食べてしまう動物です。 そのため、飼い主が食事量をコントロールしなければ、簡単に肥満になってしまいます。 肥満は万病のもとといわれるほど、様々な病気を引き起こす要因となるので注意が必要です。 ここでいう肥満とは、適正体重の120%以上を指します。 生後1年頃に10kgだったフレンチ・ブルドッグが、いつのまにか12kg以上になっている時は肥満の可能性が疑われます。 また、ボディー・コンディション・スコアという、犬や猫の体型を見た目と触った時の感触をもとに、5段階で判定する方法もあります。 チェック自体は簡単なのですが、どうしても主観が入ってしまう可能性があります。 正確にチェックしたい場合は、動物病院で診てもらいましょう。 かわいいフレンチ・ブルドッグが物欲しそうにしていると、ついついおやつを与えたくなってしまうのが飼い主の性です。 しかし、大切な愛犬と一日でも長く過ごすために、飼い主が責任をもって食事量をコントロールしましょう。 こちらもオススメ 2020. 17 Fri.

次の

フレンチ・ブルドッグ

フレンチブルドッグ 体型

com フレンチ・ブルドッグの成犬の平均体重は、骨格によって多少異なりますが、8~14kgほどといわれています。 もちろん、犬の体重には個体差があるので、あくまで目安の数字として押さえておきましょう。 フレンチ・ブルドッグに限らず、犬は血統や骨格によって体重が変わる動物です。 同じ犬種でも体重に幅があるのは当然のこと。 飼い主は、自分が飼っている犬の大きさ・体重を平均的なサイズやほかの犬と比較し、違いがあると心配してしまうものですが、重要なのは愛犬の適正体重を知ることです。 フレンチ・ブルドッグは、1歳前後で成犬になるといわれているので、その頃の体重が適正体重となります。 この適正体重を知ることで、その後の体重の増減のチェックに役立てていきます。 正確な数値を把握したい場合は、健康診断を兼ねて一度動物病院で検査をしてもらいましょう。 com それでは、フレンチ・ブルドッグを仔犬から飼い始めた時は、どのようにエサを与えていけばよいのでしょうか。 年齢によってエサの量や回数を調整することで、健康な成犬に育てることができるので、ぜひとも覚えておきましょう。 生後1~2ヶ月まで フレンチ・ブルドッグが生まれてから1~2ヶ月ほどまでは、まだ乳歯も生えていないので、離乳食を与えることになります。 犬用の離乳食として販売されているフードや、仔犬用のドライフードをぬるま湯でふやかし、ミキサーにかけて与えます。 仔犬は消化器官が未発達のため、食事は1日4~5回ほどに分け、一度に与える量を少なくします。 慣れるまでは、母乳と併用することをおすすめします。 生後2ヶ月~6ヶ月頃 この頃になると乳歯が生えてくるので、ミキサーにかけていないふやかしフードを与えるようにします。 ドライフードをそのまま与えると、消化不良を起こしてしまう可能性があるので注意しましょう。 ふやかしフードから通常のドライフードに切り替える際は、仔犬の成長に合わせ、フードをふやかす時間を少しずつ短くして、ドライフードの食感に近づけていきます。 最終的にはドライフードをそのまま食べられるようにしましょう。 生後8ヶ月頃 いわゆる成長期が終了する頃です。 この月齢を目途に、徐々に成犬用のフードに切り替えていきましょう。 フレンチ・ブルドッグは食に敏感なので、一気に切り替えると食欲不振に陥ることがあります。 仔犬用のフードに成犬用のフードを混ぜながら、1ヶ月ほどかけて少しずつ切り替えていきましょう。 com フレンチ・ブルドッグをはじめとして、犬は与えれば与えられただけ食べてしまう動物です。 そのため、飼い主が食事量をコントロールしなければ、簡単に肥満になってしまいます。 肥満は万病のもとといわれるほど、様々な病気を引き起こす要因となるので注意が必要です。 ここでいう肥満とは、適正体重の120%以上を指します。 生後1年頃に10kgだったフレンチ・ブルドッグが、いつのまにか12kg以上になっている時は肥満の可能性が疑われます。 また、ボディー・コンディション・スコアという、犬や猫の体型を見た目と触った時の感触をもとに、5段階で判定する方法もあります。 チェック自体は簡単なのですが、どうしても主観が入ってしまう可能性があります。 正確にチェックしたい場合は、動物病院で診てもらいましょう。 かわいいフレンチ・ブルドッグが物欲しそうにしていると、ついついおやつを与えたくなってしまうのが飼い主の性です。 しかし、大切な愛犬と一日でも長く過ごすために、飼い主が責任をもって食事量をコントロールしましょう。 こちらもオススメ 2020. 17 Fri.

次の