アイカツ 重大 発表。 【今日のスタート】『アイカツ!』シリーズの重大発表は公式YouTubeチャンネル「アイチューブ」にて本日8月17日(土)20:30から! 噂の「オールアイカツ!」新展開か!?

3/26『アイカツオンパレード!』ドリームストーリー第1弾稼働!28日にはWEBアニメ配信もスタート!?そのほか新プロジェクトや新作グッズも登場!!

アイカツ 重大 発表

ニュース• 2016シリーズ第4弾特集をもっと見る!• 2016シリーズ第3弾特集をもっと見る!• 2016シリーズ第2弾特集をもっと見る!• 2016シリーズ第1弾特集をもっと見る!• アイカツ!ミュージックアワードをもっと見る!• 2015シリーズ第6弾特集をもっと見る!• 2015シリーズ第5弾特集をもっと見る!• 2015シリーズ第4弾特集をもっと見る!• 2015シリーズ第3弾特集をもっと見る!•

次の

アイカツオンパレード!特別編『ドリームスクールグランプリ』配信決定!新シリーズは2020年秋放送開始か?

アイカツ 重大 発表

音城ノエルさんとドリアカの時代がやって来る! ドリアカ魂が燃え盛る!オンパレード新展開! いやー、発表されましたなぁ。 シリーズの今後の展望!この時期にあれだけ事前告知を大々的に打っていたので、シリーズ完全終了はないと思っていたが、それでも一抹の不安は拭いきれなかっただけにね。 まずはどんな形であれシリーズが継続されることと、間を空けてになるけど新シリーズが始まることが確定したことが何より嬉しい。 昨今の時代の流れに則ってもWEB配信に移行して、そのまま尻すぼみ的に終了するかもしれないという思いもあったので、地上波での新シリーズがほぼ確約されたことの安心感と言ったらない。 ノエルジェネレーションで公式コンテンツを供給しつつ、相応の準備期間を経て新筐体に一新した上で、新シリーズ開始になるのなら期待値も跳ね上がる。 もちろん中途半端なものにはしてこないだろうし相当の覚悟もしてると思う。 ノエルとドリアカのメインエピソードをもっと見たいという思いも、あかりジェネレーションの頃からずっとあったので、今回のドリームスクールグランプリ編は私のその夢を叶えてくれるものでもある。 あと今になってのドリアカ勢をメインに据えた新規の物語展開は、一種の禁じ手的な側面もある気がするので、WEB配信という媒体だからこそ可能な内容ではないかとも思える。 ノエルとダブル主人公的な立ち位置で現主人公である姫石らきも引き続き続投するようですし、まさに現行のオンパレードの延長線上にある作品になるのかな。 ウェブでフルの尺は厳しいかもしれないので、15分枠とかショートアニメの可能性もありそうな気もするが、ドリアカワールドが主体になって展開される物語が純粋に楽しみでありワクワクする。 オンパレ開始前から夢見ていたけど未だ実現していない音城姉妹のライブを、満を持して実現してくれそうな気もするし、ドリアカ魂に溢れるドリアカ勢の活躍に期待してしまう。 まずは現行のオンパレードの物語をしっかりと見届けた上で、来る新展開に備えて機運を高めていきたい。 最後にノエルちゃん本当におめでとう! なりたい思いがあれば誰だってなれる!ティアラ学園長がドリームアカデミー創設にあたって願った理念。 姉のセイラと同様に、それを体現する存在にノエルちゃんもなれるんだ…! 地上波の新シリーズは2020年10月開始か!?新プロジェクトの動向は6月発表! ある意味これが今回の重大発表で一番の知らせというか。 上述したWEBアニメとは別に地上波で新プロジェクトが始まることも正式決定!断言はされてないけど、これが今回来るだろうと思っていたシリーズの完全新作と見てまず間違いないかな。 個人的には3月でオンパレが終わって4月から新シリーズもある?と思っていたけど、商品展開や諸々の告知のことを思うとやはり時期的に遅すぎるもんね。 重大発表のでも書いたけど、オンパレが新シリーズ開始までの「繋ぎ」の位置付けにある作品なのかなと思ったこともあるので、ノエルちゃん主人公の物語はある意味でそういう側面もあるのかもしれない。 女児アニ。 昨今の朝夕アニメの枠編成を見てると、なんとなくだけどオリンピック期間に合わせて一時的に移動やら縮小の煽りを受けているような気がしないでもない。 妄想の域を出ないけど個人的にはこのオリンピックの特別編成の影響も少なからずあって、ならば相応の準備期間を設けて綿密な準備を行った上で、シリーズに連なる新作として恥じない物をしっかりと作ってくるのではないかと期待している。 流石にこの流れで半端なものは出してこないだろうという信頼もしてるんだよ! それだけに新シリーズが来るとしたらこれまでとはまた毛色の違う。 ではあるけど新規層を取り込む為に既存のシリーズとは一線を画するようなものを送り出してくるのではないかと。 長期シリーズとなりオールスター的なオンパレードを展開した後だからこそ、大きく舵を切る必要性にも迫られていると思うので。 まずは今年6月に発表予定の情報解禁待ちですが、ノエルちゃん主人公のWEBアニメを堪能しながら、続報を待ちたいと思います。 期間は空くけどやっぱり地上波で新シリーズが内定しているという安心感に勝るものはないです。 予想内のことと予想外のことが入り乱れた重大発表。 ここ半月くらいのワクドキも含めて楽しんだ!そして消耗した!まだまだ続くシリーズ。 ここまで来たからには私は終わるその時まで付いていく。 これから先も一緒にアーツ!なのです。 告知時間よりも前にBEST FRIENDS! ルのラストで、不意打ち且つフライング気味に情報を解禁したことも含めて、きっとこの一連の流れを忘れることはないだろう(笑) hisonobi.

次の

アイカツシリーズの重大発表…何に期待しますか!?

アイカツ 重大 発表

女児向けアーケードゲーム「データカードダス」とテレビアニメで、アイドル活動をがんばる女の子達の活躍を描いて人気を博すクロスメディアコンテンツ『アイカツ!シリーズ』。 その最新シリーズとなる『アイカツフレンズ!』から生まれた、ユニット「BEST FRIENDS!」の初めての単独ライブが、8月17日(土)にパシフィコ横浜で開催された。 シリーズのクライマックスを前にした初のワンマンライブ、そしてアンコールで発表された10月から始まる新シリーズの発表で盛り上がったライブの様子をレポートしよう。 猛暑も吹き飛ばすファンとアイドルのパワー全開でアイドル活動スタート! 快晴の猛暑に見舞われたパシフィコ横浜には、ライブを待ちわびた多くのファンが集結。 普段のアニソンライブとは違い、アニメ・声優ファンだけでなく親と共に訪れた子どもの姿も多く見られ、2012年から展開し続けてきた『アイカツ!シリーズ』のファン層の幅広さを感じさせた。 開演時間を迎えると、ステージの大スクリーンにはアニメ『アイカツフレンズ!』の名シーンを劇中でフレンズと呼ばれる2人組にっとユニットごとに構成したスペシャルムービーがスタート。 各フレンズのイメージカラーのレーザーが飛び交い、名シーンが映し出されるごとに歓声が上がる中、ステージにはオープニングナンバーを唄う七人が登場し、ライブの幕が上がった。 2人のイメージカラーの赤と黄色のコンサートライトで客席が染まる中、サビのソロパートでは唄っていない方が客席に手を振って歓声に応えるなど息の合ったパフォーマンスでデュエットナンバーを熱唱。 ラストは互いに交差させた腕でハートマークを作る、作中のライブシーンと同じポーズを見事に決めて客席を大いに沸かせて見せた。 曲を終えて今回出演する9人がステージに集合。 「みなさん、もっともっと盛り上がる準備できてますかー? 最後まで熱くなる準備できてますかー? 小さなお友達も大きな声を出す準備はできてますかー?」 そんな松永あかねの呼びかけに会場中のファンが歓声で応え、各出演陣の自己紹介が終わったところでソロナンバーパートがスタート。 彼女のイメージカラーであるピンクのコンサートライトが輝く中で歌い終えると彼女のフレンズ「ピュアパレット」のパートナーみおを「次はみおだよ! ドーンとこい!」と再びセリフで呼び込む。 イントロはファンも声を出して共に唄う中、等身大の舞花のアイドル活動への想いを込めたナンバーを熱唱。 そして今度はエマのソロナンバー「おけまる」へと移り、常にやる気全開で突き進むエマの気持ちを元気なダンスと共に歌い上げる。 合いの手の部分では客席も声を上げて合わせるなどして盛り上がり、「ハニーキャット」によるメドレーは最高のテンションで締めくくられた。 スクリーンにはアニメのステージシーンが映し出され、キャラクターとキャストがシンクロしながらセカイの煌めきや素晴らしさをポップで激しいダンスと共に楽しさ全開に熱唱。 初めてのソロステージを見事にやり遂げた。 初ソロを見事にやり遂げた逢来りんを祝福するような大歓声の中で、一息ついてのMCタイムがスタート。 話題は当然逢来の初ソロステージの話となり「こんなに広い会場で沢山のファンを前にして唄えて嬉しかった」と逢来が語ると、バックステージで彼女がかなり緊張していたことなども明かされた。 そして同じく『アイカツフレンズ!』でデビューした松永あかねと二ノ宮ゆいも初ステージの思い出を語る。 二ノ宮は初ソロステージは、緊張してバックステージで号泣してしまったものの、他の先輩たちに支えてもらえたことを告白。 そして逢来りんは声優デビューがまさか小学生の頃から好きだった『アイカツ!』になるとは思っていなかったと語り、シリーズの歴史を感じさせるコメントに会場からはどよめきにも似た歓声が沸き上がった。 そんな初ステージの思い出語りを終えて再びソロナンバーパートへ。 黄色と紫のライティングが創り出す幻想的な雰囲気に包まれたステージから、様々な愛の形とその大事さが澄んだ歌声と共に紡れていき、ファンもコンサートライトを振りながら静かに聴き入っていた。 曲のテンポが途中で何度も入れ替わるトリッキーなメロディが客席のテンションも上げていき、テンポの良いコール&レスポンスやリズムに乗った手拍子が会場全体の一体感を生み出していった。 そんな会場の空気を塗り替えるように響き渡った、古いレコードから流れるようにかすれ気味なイントロに客席が再び歓声で湧き上がる。 前の曲から一転して激しいメロディと飛び交うレーザーの演出に彩られながら、強い想いで恋を成就させようとする歌を熱くクールに唄いきった。 激しいピアノソロのイントロから始まり、宇宙や星座に二人の思いを重ねるスケールの大きな歌を、陶山と桑原が演じるさくやとかぐやの双子の姉妹という設定ならではの息の合ったシンクロダンスを披露しながら熱唱。 ラストは2人でひとつの満月になったかのようにスポットライトに照らし出され、「リフレクトムーン」独特の世界観を魅せて締めくくった。 まさかの「マカロン音頭」からのフレンズ曲へ パートを終えてからのMCタイムでは、今回初披露となったさくやとがくやの新衣装からの好きな劇中登場ブランドの話題で盛り上がる。 そんな中、突然「みなさーん、こんなドレスはいかがですかー?」の声と共に、屋台を押しながら「ピュアパレット」の2人が音頭のメロディと共に登場。 それに客席もノリノリの手拍子で応えて、会場はさながら夏祭りの様相に。 その盛り上がりの中でステージは再びライブがスタート。 ここからの後半戦は各フレンズによるフレンズ曲パートとなり、そのオープニングを飾ったのは「ピュアパレット」の「みんなみんな!」。 ノリの良いイントロではステージと客席の間でのコール&レスポンスで盛り上がり、たくさんの友情の広がりを唄った優しい曲にふさわしくステージも優しい光で包まれ、ファンも2人のイメージカラーとなるピンクと青のコンサートライトでステージパフォーマンスを盛り上げた。 続いてのナンバーは「リフレクトムーン」の「Have a dream」。 スクリーンに映し出されたアニメのステージシーンとシンクロした見事なダンスパフォーマンスと共に、二人のアイドル活動への想いをゴシックなメロディに乗せて歌い上げた。 そしてステージに再び「ハニーキャット」が登場し、ドラマCD「ひと夏のトモダチカラ選手権!」収録の両フレンズによるナンバー「Dear ALL FRIENDS!愛をこめて!」がスタート。 コンサートタオルを手に頭上で振り回すパフォーマンスやコール&レスポンスでステージと会場が一体になって会場の熱量も一気に上がっていく。 熱い盛り上がりの中でステージには再び「ピュアパレット」が登場し、「そこにしかないもの」を熱唱。 劇中でも印象深いエピソードで使われた曲だけに客席もポップなメロディに合わせて盛り上がっていく。 さらに次の曲では「ハニーキャット」も加わり、4人による「いっしょにA・I・K・A・T・S・U!」を披露。 4人がステージの上段・下段に分かれてシンクロしたり、ステージに並んで行進しながら唄ったりと、まさにフレンズ感全開のパフォーマンスで会場を盛り上げ、フレンズ曲パートを締めくくった。 二日前の放送で披露されたばかりの2人のフレンズ曲「新たなるステージへ」をミュージックビデオで届けるというサプライズにさらなる歓声が上がった。 曲に込められた離ればなれになった2人の思いを、美麗なビジュアルと演出で描きだす映像にファンも感慨深げに見入っていた。 ミュージックビデオが終わると、ステージに「ピュアパレット」と「ハニーキャット」の4人が勢ぞろいして、「ひとりじゃない!」がスタート。 明るく照らし出されたステージで紡がれる明るく前向きに未来を目指す歌に、ファンも「これがアイカツ!」「もっとアイカツ!」の合いの手を力一杯に入れて共にステージを盛り上げる。 ステージ前面で4人がトレインを組んで行進しながらハーモニーを奏でるなど、楽しさ満点のパフォーマンスも交えて曲を終えると、ステージには今日の出演陣9人全員が揃い、ラストナンバーとなる「アイカツフレンズ!」へ。 スクリーンにアニメでの各フレンズそれぞれの名場面が映し出される中、アイドル活動や仲間、そしてフレンズへの想いを9人で元気いっぱいに歌い上げるスペシャルなライブに、客席も各アイドルのイメージカラーのコンサートライトが輝く極彩色の世界に染まっていく。 さらにスクリーンに映し出されたライブの様子に、ゲームのあいねとみおが一緒に映ってゲームとリアルの垣根を越えてのアイドル活動が実現するといった粋な演出も加わって、最高のテンションに包まれながら全23曲に渡るライブは締めくくられた。 「アイカツ!シリーズ」最新作『アイカツオンパレード!』の発表にパシフィコ横浜が揺れた! そしてサプライズゲストによる夢のライブも実現! 「アイカツフレンズ!」を歌い終えた出演陣によるライブや収録の思い出を交えた最後の挨拶を終えて、スペシャルライブの幕は閉じたが、ファンの熱はまだまだ収まらない。 ほどなく起きたアンコールがいつしか「アイカツ!」コールに変わってしばらくたった時、スクリーンに「重大発表」の文字が映し出されて客席からは期待の歓声が上がった。 この日に重大発表があることは事前に告知されていただけに、いったいどんな内容かを皆が固唾を呑んでスクリーンを見守っていると、シリーズの原点である『アイカツ!』の主人公・星宮いちごの姿が映し出され会場を揺るがすような大歓声が! さらに『アイカツ!』『アイカツスターズ!』『アイカツフレンズ!』のアイドル達が同じ空間にいるカットが映し出されるたびに映像の音声をかき消すほどの喜びの声が上がり続ける! ファン大興奮の中で明かされた重大発表の内容は、10月からデータカードダスとテレビアニメの双方でスタートする新シリーズ『アイカツオンパレード!』。 今作の新たな主人公「姫石らき」が不思議なアイカツパスによって『アイカツ!』『アイカツスターズ!』『アイカツフレンズ!』の歴代のアイドルたちと一緒にアイカツ!をするまさに夢のような物語。 歴代のアイドル達がアイカツ!を通して夢の競演を繰り広げるというファンの予想を超えた内容に、最速でこの新情報に触れることができた会場の熱気はさらにヒートアップ。 そんなテンションをさらに高めるように始まったアンコールライブでは、『アイカツ!』星宮いちごの歌唱担当・わかと『アイカツスターズ!』虹野ゆめの歌唱担当・せながサプライズゲストとして登場。 2018年2月の「アイカツ!ミュージックフェスタ inアイカツ武道館!」を最後にシリーズから卒業した2人の登場に、会場の興奮は天井知らずに跳ね上がっていった。 そんな2人と「ピュアパレット」そして『アイカツオンパレード!』の主人公・姫石らきを演じることになった逢来りんが、「アイドル活動!オンパレード!ver,」をここで初公開。 歴代主人公達がアイドル活動の楽しさと夢を歌い上げる、お祭り感に溢れた楽しい曲は即座に会場のファンに受け入れられ、新シリーズへの期待を大いに高めてくれた。 そしてアンコールのラストを飾ったのは、わか&せなを交えた11人による「アイカツフレンズ!」。 めいめいにステージを飛び回り、互いに抱き合ったりなどしてライブをやり終えた嬉しさを溢れさせながらのパフォーマンスに、ファンもあらん限りの声援で応える形で最高の形でライブは大団円を迎えた。 最後は出演陣全員でライブを盛り上げてくれたファンへ「ありがとうございました!」と感謝の挨拶が。 Believe it カレン・ミライ 3. 窓-ココロ- ひらこう あいね 4. セカイは廻る みお 5. Girls be ambitious! 舞花 6. おけまる エマ 8. この世界はすばらしい わかば 9. 愛で溢れている カレン 10. アイデンティティ ミライ 11. 導かれて さくや 12. 偶然、必然。 かぐや 13. 絆 ~シンクロハーモニー~ さくや・かぐや 14. みんなみんな! あいね・みお 15. Have a dream さくや・かぐや 17. Dear ALL FRIENDS! 舞花・エマ・さくや・かぐや 18. そこにしかないもの あいね・みお 19. いっしょにA・I・K・A・T・S・U! あいね・みお・舞花・エマ 20. プライド カレン・ミライ 21. 新たなるステージへ ミュージックビデオ ひびき・アリシア 22. ひとりじゃない! あいね・みお・舞花・エマ 23. アイカツフレンズ! BESTFRIENDS!.

次の