東京 海上 日動 株価。 東京海上HD (8766) 株価分析。配当金が良い!

運用商品と手数料 (iDeCo)

東京 海上 日動 株価

気になる日本株を分析・予測するコーナー。 ピックアップした銘柄が、長期投資の対象として魅力的かを探っていきます。 今回は東京海上ホールディングス(8766)の株価を分析。 そして見通しを分析していきます。 東京海上ホールディングス(8766)とはどんな会社? 東京海上ホールディングスは、東京海上火災保険と日動火災海上保険の持株会社として設立されました。 主に傘下子会社の経営管理を行っています。 東京海上日動火災保険・東京海上日動あんしん生命・日新火災海上などが傘下に入っています。 正味収入保険料、純利益において国内最大の損害保険グループです。 そんな東京海上ホールディングス(8766)、現在の社員数は41,345人です。 現在の株価とPERは? 現在の株価は5,749円前後です。 取引単位は100株なので、57万円前後で東京海上ホールディングス(8766)の株を所有することが可能です。 うーん、一つの銘柄に50万円オーバーはかなり高いですね。 これでは投資初心者は躊躇してしまいます。 そして、東京海上ホールディングス(8766)のPER(株価収益率)は、現在15. 02倍です。 15倍前後なので適正のラインです。 高すぎず、安すぎずですね。 配当利回りと株主優待は? 配当利回りは、4. 35%です。 いいですね。 日本株の中では高配当銘柄です。 そして、東京海上ホールディングス(8766)の株主優待はありません。 過去の長期のチャート 2012年からかなりしっかりとした上昇トレンドで、5,000円を超え、さらにその上の目指す動きをしています。 直近1年のチャートはこちら こちらは方向感ない動きが続いています。 2019年9月に一度6,000円にタッチしましたが、大きく反落してしまっています。 東京海上ホールディングス(8766)の売上高は? いいですね。 右肩上がりです。 そして、売上高は5兆円を超えています。 さすがです。 東京海上ホールディングス(8766)のEPS(1株当たりの利益)の推移です こちらもしっかり右肩上がりです。 いい感じです。 BPS(1株あたり純資産)を見てみましょう うーん、比較的堅調ですがあまりキレイな形ではありません。 まあまあですね。 ROE(株主資本利益率)の推移はこちら ROE(株主資本利益率)は直近7. 57%です。 合格ラインの10%は超えませんでした。 うーん、残念です。 まあ日本株の中では健闘しています。 東京海上ホールディングス(8766)の今後をまとめると 優良銘柄ですね。 各数字の伸び、結構良かったです。 さらに高配当ですし。 そもそも保険会社、いいですよね。 保険ってビジネスモデルとしてはかなり優れていると思います(自分が加入するかはともかく)。 あのウォーレン・バフェットも保険会社に投資し、その後大きく資産を増やしています。 個人的にも気になる銘柄でした。 ただ、もうちょっと株価下がってもいいですよね。 PER10倍切るようなら真剣に考えます。 気になる方は四季報などもチェックしてみて下さい。 株式に長期投資をしている36歳。 節約をして限界まで可処分所得を減らし、種銭をつくり、株を買い増している。 年間300万円の貯金で年利8%の運用が目標。 投資スタイルはバイ・アンド・ホールド。 一度買ったらずーっと売らないつもり。 評価損は気にせず長期で投資していきます 今までに投資をした総金額。 アーカイブ• 109• 105•

次の

東京海上HD (8766) 株価分析。配当金が良い!

東京 海上 日動 株価

東京海上グループ 東京海上グループは、[8766]東京海上ホールディングスをはじめとする子会社、関連会社22社より構成されており、 国内生命保険事業 国内損害保険事業 海外保険事業 金融・一般事業 を展開しています。 国内生命保険 国内の 生保事業は、 東京海上日動あんしん生命という保険商品で行われています。 事業会社は、東京海上日動あんしん生命保険㈱です。 東京海上日動あんしん生命のゆるきゃら(?)あんしんセエメエくん 国内生命保険 国内の 損保事業は、 自動車保険、住宅保険(火災・地震)、旅行・レジャー保険などの幅広い保険商品を扱っています。 幅広い販売経路を通じ、利用者のニーズに合った保険サービスを提供しています。 東京海上日動火災保険㈱、などの事業会社によって運営されています。 イーデザイン損害保険㈱という ネット販売を専門にした事業会社もあります。 海外保険保険 欧米先進国・アジア・中南米等の新興国などにおいて広いネットワークを築き、 様々な保険商品を提供しています。 保険料収入の多くは「自動車保険」 [8766]東京海上ホールディングスの主力事業は、 自動車保険です。 保険料収入の 50%近くを自動車保険から得ています。 (公式HPより) [8766]東京海上ホールディングス 株価 ( 2020/06/26時点) [8766]東京海上ホールディングスの 株価は、 4783円です。 売買単位が100株のため、最低購入金額は、 約47.8万円です。 1年チャート 5年チャート [8766]東京海上ホールディングス 配当金・配当利回り・配当落ち月・配当金支払い月 [8766]東京海上ホールディングスの配当金関係の基本情報です。 ( 2020/06/26時点) 配当金 [8766]東京海上ホールディングスの 1株当たりの配当金は、 200円です。 100株保有の場合、 年間20000円の配当金が支払われます。 配当利回り [8766]東京海上ホールディングスの 配当利回りは、 4.18%(税引き前)です。 税引き後の配当利回りは、 4. 79685= 3. 33% となります。 権利確定月、次回の権利確定日 [8766]東京海上ホールディングスの 権利確定月は、 3月・9月です。 配当性向 [8766]東京海上ホールディングスの 配当性向は、 0%です。 [8766]東京海上ホールディングス 配当金まとめ 株価 4783円 年間配当 200円 最低購入額(100株) 約47.8万円 年間配当(100株) 20000円 利回り(税引き前) 4.18% 実質利回り(税引き後) 3.33% ( 2020/06/26時点) [8766]東京海上ホールディングス 配当金の支払い実績・配当性向 配当金の支払い実績 [8766]東京海上ホールディングス の 配当金支払い実績です。 2002年の会社設立以来、 16年間減配はありません。 計4回の配当維持を除き、12回で増額されています。 増配率 [8766]東京海上ホールディングス の 配当金の増配率です。 最近で見ると、2013年度以降、 7年連続増配を継続であり、 10%以上の増配率を維持しています。 配当性向 [8766]東京海上ホールディングス の 配当性向は、 0%前後で推移しています。 これだけの増配率を維持していながら、 まだ増配余地を残しており、非常に安定的といえます。 [8766]東京海上ホールディングス 業績 売上高 [8766]東京海上ホールディングス の 売上高は、毎年 5~6兆円弱程度で安定的に推移しています。 (単位:百万円) 経常利益 [8766]東京海上ホールディングス の 経常利益は、毎年 4000億円程度です。 こちらも安定感的に推移しています。 (単位:百万円) 純利益 [8766]東京海上ホールディングス の 純利益は、毎年 2500~3000億円弱程度です。 安定的かつ上昇傾向です。 (単位:百万円) まとめ [8766]東京海上ホールディングス は、国内最大の規模で事業展開する保険業界の雄です。 安定的な収益構造、増配傾向が魅力の銘柄です。 今後も安定的な配当金が見込める銘柄であると考えます。 しかしながら、最低購入金額が50万円超えと小回りが利かない点がデメリットです。 また、配当利回りは3%台と高配当投資にはもう一押し欲しいところですが、今後の増配を見越し、ポートフォリオに組み込むのもありかもしれません。 おすすめの証券会社 証券口座は、まずは 松井証券 と SBI証券 の2つを開くのがおすすめです。 (投資を続けていくと、それぞれの証券口座の特徴が分かってくるので、色々な口座で売買をしていくことになりますが、 まずはじめに持っておきたいのは、この2つです。 ) 松井証券 は、 売買 手数料「無料」が魅力です。 50万円以下 で売買できる銘柄は、 取引手数料なしで、 上場銘柄の90%以上が対象となります。 SBI証券は、 情報収集のしやすさがバツグンで、将来的に 米国株を始めたい際にも必須となります。 の記事では、 口座開設の手順を解説しました。 かなり詳しく書いたので、 準備するもの、入力時の注意すべき点、解説にかかる日数など、疑問となることを解消していただけると思います。 > 口座を開くのは、株式投資で現状を変える 【第一歩】です。 まだの方は、これを機会に、ぜひどうぞ。 (素人の手作り感が満載ですが) いけやん自身も 会社の給料だけに依存しない 配当生活を目指して、日々投資をがんばっています。 株式投資は、初めはとっつきにくいですが、 少しでも早く始めた人が有利なゲームです。 そして、投資の勝ち負けに「絶対」はありませんが、 失敗の可能性を下げる情報を集めることは大切だと思います。 このサイトが、 株式投資を始めよう・続けようとしている方に向けて、少しでも 有益な情報を提供できるよう、がんばります! <こちらもどうぞ>.

次の

東京海上ホールディングス (8766)

東京 海上 日動 株価

東京海上グループ 東京海上グループは、[8766]東京海上ホールディングスをはじめとする子会社、関連会社22社より構成されており、 国内生命保険事業 国内損害保険事業 海外保険事業 金融・一般事業 を展開しています。 国内生命保険 国内の 生保事業は、 東京海上日動あんしん生命という保険商品で行われています。 事業会社は、東京海上日動あんしん生命保険㈱です。 東京海上日動あんしん生命のゆるきゃら(?)あんしんセエメエくん 国内生命保険 国内の 損保事業は、 自動車保険、住宅保険(火災・地震)、旅行・レジャー保険などの幅広い保険商品を扱っています。 幅広い販売経路を通じ、利用者のニーズに合った保険サービスを提供しています。 東京海上日動火災保険㈱、などの事業会社によって運営されています。 イーデザイン損害保険㈱という ネット販売を専門にした事業会社もあります。 海外保険保険 欧米先進国・アジア・中南米等の新興国などにおいて広いネットワークを築き、 様々な保険商品を提供しています。 保険料収入の多くは「自動車保険」 [8766]東京海上ホールディングスの主力事業は、 自動車保険です。 保険料収入の 50%近くを自動車保険から得ています。 (公式HPより) [8766]東京海上ホールディングス 株価 ( 2020/06/26時点) [8766]東京海上ホールディングスの 株価は、 4783円です。 売買単位が100株のため、最低購入金額は、 約47.8万円です。 1年チャート 5年チャート [8766]東京海上ホールディングス 配当金・配当利回り・配当落ち月・配当金支払い月 [8766]東京海上ホールディングスの配当金関係の基本情報です。 ( 2020/06/26時点) 配当金 [8766]東京海上ホールディングスの 1株当たりの配当金は、 200円です。 100株保有の場合、 年間20000円の配当金が支払われます。 配当利回り [8766]東京海上ホールディングスの 配当利回りは、 4.18%(税引き前)です。 税引き後の配当利回りは、 4. 79685= 3. 33% となります。 権利確定月、次回の権利確定日 [8766]東京海上ホールディングスの 権利確定月は、 3月・9月です。 配当性向 [8766]東京海上ホールディングスの 配当性向は、 0%です。 [8766]東京海上ホールディングス 配当金まとめ 株価 4783円 年間配当 200円 最低購入額(100株) 約47.8万円 年間配当(100株) 20000円 利回り(税引き前) 4.18% 実質利回り(税引き後) 3.33% ( 2020/06/26時点) [8766]東京海上ホールディングス 配当金の支払い実績・配当性向 配当金の支払い実績 [8766]東京海上ホールディングス の 配当金支払い実績です。 2002年の会社設立以来、 16年間減配はありません。 計4回の配当維持を除き、12回で増額されています。 増配率 [8766]東京海上ホールディングス の 配当金の増配率です。 最近で見ると、2013年度以降、 7年連続増配を継続であり、 10%以上の増配率を維持しています。 配当性向 [8766]東京海上ホールディングス の 配当性向は、 0%前後で推移しています。 これだけの増配率を維持していながら、 まだ増配余地を残しており、非常に安定的といえます。 [8766]東京海上ホールディングス 業績 売上高 [8766]東京海上ホールディングス の 売上高は、毎年 5~6兆円弱程度で安定的に推移しています。 (単位:百万円) 経常利益 [8766]東京海上ホールディングス の 経常利益は、毎年 4000億円程度です。 こちらも安定感的に推移しています。 (単位:百万円) 純利益 [8766]東京海上ホールディングス の 純利益は、毎年 2500~3000億円弱程度です。 安定的かつ上昇傾向です。 (単位:百万円) まとめ [8766]東京海上ホールディングス は、国内最大の規模で事業展開する保険業界の雄です。 安定的な収益構造、増配傾向が魅力の銘柄です。 今後も安定的な配当金が見込める銘柄であると考えます。 しかしながら、最低購入金額が50万円超えと小回りが利かない点がデメリットです。 また、配当利回りは3%台と高配当投資にはもう一押し欲しいところですが、今後の増配を見越し、ポートフォリオに組み込むのもありかもしれません。 おすすめの証券会社 証券口座は、まずは 松井証券 と SBI証券 の2つを開くのがおすすめです。 (投資を続けていくと、それぞれの証券口座の特徴が分かってくるので、色々な口座で売買をしていくことになりますが、 まずはじめに持っておきたいのは、この2つです。 ) 松井証券 は、 売買 手数料「無料」が魅力です。 50万円以下 で売買できる銘柄は、 取引手数料なしで、 上場銘柄の90%以上が対象となります。 SBI証券は、 情報収集のしやすさがバツグンで、将来的に 米国株を始めたい際にも必須となります。 の記事では、 口座開設の手順を解説しました。 かなり詳しく書いたので、 準備するもの、入力時の注意すべき点、解説にかかる日数など、疑問となることを解消していただけると思います。 > 口座を開くのは、株式投資で現状を変える 【第一歩】です。 まだの方は、これを機会に、ぜひどうぞ。 (素人の手作り感が満載ですが) いけやん自身も 会社の給料だけに依存しない 配当生活を目指して、日々投資をがんばっています。 株式投資は、初めはとっつきにくいですが、 少しでも早く始めた人が有利なゲームです。 そして、投資の勝ち負けに「絶対」はありませんが、 失敗の可能性を下げる情報を集めることは大切だと思います。 このサイトが、 株式投資を始めよう・続けようとしている方に向けて、少しでも 有益な情報を提供できるよう、がんばります! <こちらもどうぞ>.

次の