ハーフ アップ 簡単。 どれが好き?ハーフアップアレンジのやり方まとめ【24連発】|MINE(マイン)

【くるりんぱヘア完全版】髪の長さ別♪セルフアレンジを一挙公開

ハーフ アップ 簡単

通称「お嬢様結び」とも呼ばれるハーフアップは、後ろ髪の上部を半分(=ハーフ)だけアップにするヘアアレンジのことをいいます。 主に左右の耳から上の髪を後ろで束ねたヘアスタイルであり、他のヘアアレンジと比べて最小限のアイテムと手順でできるのが魅力的なヘアアレンジです。 またハーフアップは一見ロングヘアでしかできないイメージを持つ人が多いですが、アレンジアイデアのなかにはボブヘアやミディアムヘアの人、巻き髪の人にもアレンジ可能なものもあります。 耳の周りの髪の毛がキレイにまとまり、イヤリング・ピアスが良く映えるため、パーティードレスなどにもマッチするヘアアレンジです。 簡単に大人っぽさ・上品さを演出できるヘアアレンジ ハーフアップの魅力は、簡単な手順で大人っぽさ・上品さを演出することができるという点です。 ヘアアイロンを使った巻き方を応用した巻き髪で華やかな印象を与えることもできますし、シュシュやシニヨン・バレッタなどのヘアアクセサリーをアクセントとして活用することもできます。 多様なヘアアレンジに応用することができるハーフアップは、様々なシーンにもよくマッチするヘアアレンジであり、パーティードレスなどの洋装はもちろん、ビジネスシーンのスーツに合わせてスタイリッシュな大人の女性を演出することもできます。 また、和装に合わせて「はいからさんスタイル」にするのも大変可愛いですよ。 ハーフアップの基本的な手順をもとに、さらに上品な可愛らしさが演出することができます。 5分程度でできるヘアアレンジのため、忙しい朝にもおすすめです。 時短ハーフアップアレンジのやり方・巻き方• 1表面の髪の毛をコテで内側に少し巻きます。 2片サイドの耳の前にある髪は残し、耳の上の髪を後ろでヘアゴムでまとめます。 3後頭部の上に結び目がくるようにし、頭のバランスがキレイになるように指で少し崩してボリュームを出します。 4耳の前の髪の毛を後ろに向かってねじります。 5ねじった部分を少し崩し、ボリュームを出します。 6ねじった部分をゴム部分に巻き付け、ヘアピンで上に向かって留めます。 7ゴムで留める時にサイドの毛先の一部も一緒に結びます。 8下ろしている髪の毛の先をコテで軽く巻きます。 9最後に前から見た時のバランスを調整したら、完成です。 イマドキ女子に人気の高いこちらのヘアアレンジは、大人っぽさと可愛らしさを兼ね備えているため、学校やデートにもおすすめです。 ガーリー風ハーフアップヘアのやり方・巻き方• 1ハチ上の髪を取り、上から下に向かうようにしてヘアゴムで留めます。 2遅れ毛は好みで残し、残りの束を軽く引っ張るようにし、2つに分けてねじります。 3ねじった髪の毛をダッカールで留めます。 4左右を同じようにねじったら、ダッカールをはずしてヘアゴムで留めます。 5ツイストした髪の毛をくるりんぱします。 6髪を指でつまんで、軽く引き出します。 7残りの後れ毛はコテで軽めに巻いて、完成です。 こちらのヘアアレンジは、毛束の引き出し方によって、よりエアリーでやわらかい雰囲気を演出することができるのが特徴です。 手順も少ないため、細かい作業が苦手な方にもおすすめです。 こなれハーフアップヘアのやり方・巻き方• 1耳から上の部分の髪の毛をジグザグになるように取り、左側で留めます。 2結んである毛束を1つ取り、ゴムの上から下に通します。 3ゴム部分を持ち、毛束を引き出します。 4右サイドをロープ編みにし、先程結んだゴムの方向にロープ編みをします。 5毛束を軽く引きだしてから、先程結んだ毛束の下から通して、ゴムに巻き付けます。 6毛束をロープ編みの下を通してピンで留めます。 7最後に毛束を引き出してバランスを整えたら、完成です。 簡単ハーフアップアレンジのやり方・巻き方4つ目は「女子力高め!ハーフアップ」です。 甘すぎない可愛らしさ演出できるこちらのヘアアレンジは、ミディアムからロングヘアの女性に人気のアレンジです。 仕上げにはお気に入りのヘアアクセサリーを付けてみましょう。 女子力高め!ハーフアップのやり方・巻き方• 1まず始めに、耳の前にある髪の毛を残し、残りをヘアゴムで留めます。 2残した髪の毛の一部を軽くねじったら、まとめた髪の毛に編み込みます。 編み込みの終わりはヘアピンで固定します。 3もう片方も同じように編み込みをします。 4指で軽く髪の毛を引き出します、• 5210度に設定したヘアアイロンで残りの後れ毛を軽く巻いていきます。 6最後にお好みのヘアアクセサリーを付けたら、完成です。 「普通のハーフアップじゃ味気ない!」という人におすすめのこちらの髪型は、三つ編みを応用して可愛いハート型を作るアイデアです。 型となるラインの付け方で出来上がりを左右するため、少し上級者向けのヘアスタイルといえます。 ハート型ハーフアップアレンジ• 1耳から手前の髪を残し、左右の量を均等にしてクリップで留めておきます。 2中央で半分に分けます。 3ハートの半分の型を取っていきます。 4ラインに沿って束を取り、型取った部分をダッカールで留めます。 5左右の両方の型が取れたら、残っている髪を編み込みます。 6編み込みの時には型通りに編み込んでいきましょう。 7耳後ろからは編み込まないで三つ編みを後頭部に向かって編みます。 8左右の両方の編み込みができたら、ダッカールを取り、2つの三つ編みを交差させ、ヘアゴムで留めます。 ヘアアレンジの定番ともいえる「くるりんぱ」を応用したこちらのヘアアレンジは、少ないステップで簡単に大人っぽいハーフアップが出来上がります。 オフィス・カジュアルのどちらにもおすすめです。 くるりんぱハーフアップのやり方・巻き方• 1トップの髪の毛をゴムで束ねます。 2耳上までの髪の毛を先ほど束ねた毛束の上部で結び、くるりんぱをします。 3下にある髪の毛をくるりんぱし、表面・くるりんぱをした部分を指で軽くほぐします。 426ミリのコテで残りの後れ毛を巻いたら、完成です。 基本的なハーフアップのやり方に一工夫加えたこちらのアレンジ方法は、高い位置までアップさせるため、垢抜けた大人っぽさが演出できます。 お団子ハーフアップアレンジのやり方・巻き方• 1まず始めに、バームを髪の毛全体に付けていきます。 2ギザギザになるように、表面の髪の毛を取ります。 3取った毛束をねじったら、つむじ辺りでまとめてヘアゴムでお団子になるように留めます。 4上下にさくように、指で髪の毛を引き出してボリュームを出します。 5ギザギザになった部分をゆるめ、トップ部分の高さを出します。 6つむじで留めた髪の毛先をゴム部分に巻き付け、クリップタイプのヘアアクセサリーで留めます。 7毛先をヘアアイロンでカールさせます。 8おろしている髪の毛を少し取り、表面だけカールさせます。 9最後にバームを軽く付けてバランスを整えたら、完成です。 ハーフアップアレンジの究極技ともいえる「リボンヘア」も、実はポイントを押さえることで簡単に仕上げることができるのです!基本的なヘアスタイルに飽きてきたら、是非挑戦してみましょう。 ロングに最適!リボンヘアのやり方・巻き方• 1まず始めに、前髪の部分を分け、もみあげの部分から一部を取ります。 2分けた毛束を軸にして、サイドの髪を少しずつ巻き付けます。 3軸は離さずに、後ろのセンター部分まで巻きます• 4少し髪を引き出したら、ヘアピンで固定させます。 5もう一方の髪も同じように巻いていきます。 耳の後ろの髪は残します。 6両サイドの毛束を合わせて持ち、3分の1を残して結びます。 2回ほど輪になるようにします。 7中央の毛束がリボンのベルト部分になるため、ねじピンで毛束をゴムの裏に通します。 8残った毛束をピンで固定し、両方の輪っか部分を広げます。 9指で軽く毛を引き出します。 おろしている髪はヘアアイロンでゆるく巻きます。 10最後に毛束を軽く揉み、ふんわり感を持たせたら完成です。 ハーフアップアレンジの巻き髪のやり方は? ハーフアップアレンジの巻き髪はコテ1本で簡単にできる! 多様なヘアアレンジに対応できるハーフアップですが、さらに華やかにするために、ハーフアップの巻き髪スタイルにチャレンジする人も多いのです。 一見難しそうに見える巻き髪ですが、コテが1つあれば簡単にアレンジが可能です!「上手く巻き髪アレンジができない…」という人はこちらの方法を参考に挑戦してみてください。 ハーフアップの巻き髪アレンジのやり方・巻き方• 1まずはじめに、髪の毛全体をコテでリバース巻き(=後ろ巻き)をします。 2トップから後頭部にかけて髪をまとめ、ヘアピンやヘアゴムで留めます。 この時、編み込みをしておくと、さらに華やかな印象になります。 3両側の髪をねじり、片編み込みをします。 4編み込みができたら、ヘアゴムで留めてくるりんぱをします。 5髪全体を指でほどよく崩したら、再度下部の髪の毛にリバース巻きをかけます。 6細かく巻きなおしたら、完成です。 巻き髪を長持ちさせたいならスプレーは必須! 簡単!大人なハーフアップアレンジ・巻き髪「三つ編み崩しハーフアップ」です。 こちらのヘアスタイルのように、ハーフアップをゆるい三つ編みと組み合わせることで、より上品さ・華やかさを演出することができますよ。 三つ編み崩しハーフアップのやり方・巻き方• 1トップ部分の髪の毛をまとめ、三つ編みしてほぐします。 2指で三つ編み部分の髪の毛を軽く引き出します。 3三つ編みの終わり部分はナイロンゴムでまとめます。 4サイドの毛束を取り、後ろでねじります。 5ねじった部分はアメピンで留めます。 6バレッタで中央を留め、毛先をヘアアイロンで前後に巻いたら完成です。 短めのミディアムヘアの人にも簡単にできるこちらのヘアアレンジは、カジュアル・パーティーシーンはもちろん、ビジネスシーンにも活用できます。 ミディアム向け!お団子ハーフアップのやり方・巻き方• 1まず始めに、髪の毛の中心から毛先にかけて内巻き・外巻きをランダムで巻きます。 2両側のこめかみの毛束を同時にねじり、ゴムで留めてハーフアップにします。 3くるりんぱをしたら、毛先を指でしごきます。 4髪全体をまとめたら、毛束を折ってゴムで挟むように留めてお団子にします。 5ヘアーコムを最後に付けたら、完成です。 コームをかけた時の逆毛を活用したこちらの髪型は、完成後にカチューシャなどを付けるとよりおしゃれになるだけでなく、ヘアスタイルが崩れにくくなりますよ。 高さのあるハーフアップのやり方・巻き方• 1半円を描くイメージで、トップの髪の毛をジグザグに取ります。 2コームで根元に向かってとかし、逆毛を立てます。 3逆毛が全体に立てられたら髪の毛をまとめ、少し高めの位置でねじってからピンで固定します。 4少し高め位置でまとめてねじります。 ゴムで留める前に少し指で髪をほぐすとふんわり感が出てより可愛くなります。 名前の通り、結婚式やパーティーなどに招待された時のヘアスタイルにぴったりのアレンジとなっています。 「大人っぽく、でも可愛らしさも忘れたくない!」という人におすすめです。 お呼ばれハーフアップのやり方・巻き方• 1前髪を残した状態で、トップの髪を取ります。 2髪をヘアゴムで束ね、髪が頭皮に沿うように絞めます。 3中央の髪を引きだし、高さを決めます。 4横から後ろにかけて、髪をくるりんぱをし、ヘアゴムを絞めます。 5耳の前の髪の毛を取り、先程の毛束と同様にくるりんぱをします。 6ヘアゴムの中心から髪の毛を引き出し、最後にバランスを調整したら完成です。 まるで物語のプリンセスになったような、上品で華やかなこちらのアレンジは、三つ編みの作り方にコツが必要になりますが、慣れると簡単に仕上げることができますよ。 三つ編みハーフアップのやり方・巻き方• 1耳より前の部分の髪の毛を取り、三つ編みをします。 2三つ編みの終わりはヘアゴムで留めます。 3内側から毛束を取り、同じく三つ編みをします。 残りの髪の毛は一度クリップで仮留めしておきます。 4左右で2つずつ三つ編みができたら、後ろでまとめます。 5ゴムを絞め、指で軽く髪の毛を引き出します。 6残りの髪の毛の中央から毛先にかけてヘアアイロンを当てたら、完成です。 簡単なハーフアップアレンジに挑戦してみよう! いかがでしたか?ハーフアップを応用したヘアアレンジはまだまだ存在しています。 今回の記事で紹介したアレンジ方法も参考にしながら、是非いつもとは違った自分に変身してみてくださいね! ロングやミディアムヘアの人とはまた違った悩みが多いショートヘアですが、実はショート・ショートボブは、ロングやミディアムヘアでは表現できないヘアアレンジをすることができるのです。 そこで関連記事では、ショートボブのパーマアレンジ・ヘアスタイルについての記事を掲載しています。

次の

【画像付】簡単ハーフアップのやり方&最新アレンジ12選|「マイナビウーマン」

ハーフ アップ 簡単

ハーフアップは女性らしさも強調され清潔感もありどんなシーンでも使える、迷ったらとりあえずハーフアップにしておくべしというくらい万能アレンジ!そんなハーフアップの基本のやり方から、くるりんぱ、おだんご、夜会巻きなどを組み合わせたアレンジ、ショート~ボブ、ミディアム~ロングの長さ別のやり方、結婚式のお呼ばれにしていきたい華やかハーフアップやデイリーカジュアルまで簡単にできるハーフアップアレンジをまとめました。 バレッタやヘアアクセを使えばさらに素敵に! 【目次】 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ハーフアップの基本的なやり方 ハーフアップの基本テクニック 忙しい朝でもオフィスでも、最小限のアイテムとテクニックでパパッと簡単にできる、おしゃれハーフアップの基本形は手ぐしやクリップでまとめたラフさが決め手!ねじって挟むだけであっという間に完成! ブラシは使わず手ぐしの跡をあえて残します。 ハーフアップの場合、ブラシを使ってまとめると、きちんとしすぎて地味になりがち。 毛束を取る位置は耳上が基準です。 両サイドから髪をすくい、バックで束ねるのがハーフアップの基本。 このとき、ハーフアップにした毛束が太すぎても細すぎてもアンバランスに。 両側の耳の上から親指を通して毛束を取るのがベストです。 トップに高さを出しすぎないように気をつけましょう。 トップに高さを出すと華やかになる一方で、日常にはトゥーマッチ。 頭の形に自信がない人も、ハーフアップにねじりやシニョンを加えればカバーできるので、トップに高さを出しすぎるのは控えましょう。 ねじったりシニヨンを加えれば毎日違うアレンジが楽しめます。 バレッタを使ったハーフアップアレンジ バレッタですっきりかわいいハーフアップ \ヘアスタイルのポイント/ ・アップする髪を多めに取りハチ周りをタイトにしたくるりんぱに。 ・ハチ周りのモタつきや広がりがお悩みなので、そのボリュームを抑えるだけで抜群に扱いやすくなる油分が多く髪をしっとりさせるワックスや、髪が多くても留まる大ぶりのヘアアクセを活用して。 \How to/ ・髪全体にソフトワックスをなじませる。 ・ハチ周りを押さえながら多めの髪をハーフアップにしてから、くるりんぱ。 ・結び目と地の毛をバレッタで留め、さらに広がりを抑えて。 \ヘアスタイルのポイント/ ・ハチ周りの髪を太めのロープ編みにして膨らみを抑える。 ・右サイドの髪を2束に分け、ハチ周りを左に向けてロープ編み(ロープのように交差しながら編む)にする。 ・左耳の後ろでバレッタ留め。 【STEP2】 ややウエットになるワックスなどのスタイリング剤を手に薄く広げ、もみ込みながら髪をほぐしましょう。 【STEP3】 ・顔周りに後れ毛を残し、耳の上部分の髪をハーフアップにします。 ・髪を手ぐしで集めてからナイロンゴムで結びます。 【STEP4】 ・結び目を押さえて、その上やハーフアップの境目の髪を引き出します。 ・トップは最後に引き出すようにしましょう。 【STEP5】 結び目の上に穴をあけて、そこに外側からハーフアップの毛束を通して引っ張ります。 【STEP6】 ・毛束を左右に分けてギュッと引っ張って締めます。 ・ここが緩むと乱れる原因になるのでしっかりと! 【STEP7】 ねじった部分やゴムの近くの髪を少しずつ引き出して、くるりんぱ部分をくずします。 ・前髪はオールバック、耳上からハーフアップにまとめて輪結びに。 ・毛先を結び目に巻きつけてピン留めし、こんもりしたお団子を作る。 ・しっとり見える縦じま柄の浴衣は、ハーフアップアレンジでかわいらしさとカジュアルさをブレンド。 ・たゆませた毛先で、はんなりと…。 \How to/ ・32mmのアイロンで全体をミックス巻きにして、よくほぐしておく。 ・耳ラインから斜め後ろに髪を取って表面を引き出し、輪結びのハーフアップに。 ・毛束をねじりながら根元に巻きつけてお団子にしてピン留め。 ・耳前の毛束はワックスで束感を出し、お団子にマジェステを斜めに飾る。 知的フェミニンなお団子ハーフアップ 好感度抜群で清潔感あふれるハーフアップを目指しましょう。 耳上の毛を両サイドから真後ろにまとめで反時計回りにねじり上げた後に、くるっととお団子を作って左側をクリップで固定します。 ・美眉セミナーの講師を務める日は、私の看板である眉が美しく映え、できる限り邪魔にならずに、華やかさもキープできるヘアスタイルがべスト! \How to/ 【STEP1】 ・こめかみ辺りから両サイドの髪を後ろにまとめて結び、ハーフアップに。 ・ゴムを少し緩ませ、結び目の上の髪を半分に割り、毛束を通してくるりんぱに。 【STEP2】 ・さらに耳上の毛を両サイドから後ろに持ってきて束ねる。 ・1のくるりんぱ部分も巻き込みながら、再度くるりんぱを作って。 【STEP3】 ・最後にくるりんぱ部分を少しほぐしつつ、トップ部分の髪を適宜引っ張り出す。 ・ふんわりニュアンスを出して美フォルムに。 \BACK/ ・ふわゆる巻きをべースに!凝って見えるハーフアップだけれど、2段階でくるりんぱをしただけ。 ・耳上の髪をひとつにまとめてくるりんぱをプラスしたハーフアップは、簡単ながら、どの角度から見てもエレガントな印象に仕上がり、結婚式やパーティ、お呼ばれにもピッタリのヘアアレンジです。 【STEP1】 ・耳上の髪をまとめ、トップを引き出す。 ・耳上の髪を後ろでひとつにまとめてから、まとめた髪の根元を片手で握り、もう片方の手でトップの髪を部分的に引き出します。 ・サイドはタイトに抑えるのも、オシャレに見せるポイントです。 【STEP2】 ・まとめた髪をシリコンゴムで結ぶ。 ・くるりんぱアレンジのときは、目立ちにくいシリコンゴムで結ぶのがキレイに仕上げる秘訣です。 ・髪を結んだゴムの内側に下から親指と人さし指を入れて毛束を二分し、結んだ毛束を上から通してくるりんぱに。 ・結んだゴムを少しゆるめておくと通しやすくなります。 【STEP4】 ・毛束を左右に引っ張る。 ・くるりんぱにした毛先部分をざっくり二分して、左右に引っ張り、ゆるめたゴムを締めてねじり目をタイトに整えます。 【STEP5】 ・後頭部の髪を引き出し立体感を。 ・結んだ毛束を片手でしっかりとおさえ、もう片方の手でバランスを見ながら髪を部分的に少しずつ引き出します。 ・これにより後頭部に程よく丸みを出します。 【STEP6】 ・バックの毛先を外ハネに。 おろしている髪の毛先はストレートアイロンで外ハネに。 ・毛先10センチの部分をアイロンで挟み、毛先に向けて滑らせながら、手首を外に返しアイロンを抜くのがコツです。 \BACK/ 普通のハーフアップより今っぽい!くるりんぱハーフアップ スタンダードなハーフアップに緩やかなニュアンスを加えるだけでとたんに今っぽくなります!毛先、後れ毛、バックシルエットなど、どこをとっても曲線を感じる仕上がりが理想です。 【STEP1】 ・顔周りの後れ毛を細くひと束残し、耳上の髪を結んでまとめます。 ・結んだ後ゴムを少し下げて緩めましょう。 ・仕上げに毛束を左右にぎゅっと引っ張り、ゴムを押し上げます。 【STEP3】 ・結び目付近の毛束を細かく引き出してゴムを隠します。 ・ボブアレンジは、コームやブラシを使わずに、手ぐしだけでざっくりルーズに仕上げるのがオシャレに見せるポイントです。 \How to/ 【STEP1】 ・こめかみ上の髪を手ぐしでざっくりと後頭部に集めて、シリコンゴムか細い黒ゴムで結びます。 ・先にごく少量のジェル状スタイリング剤を全体に広げておくと、まとめやすくなります。 ゴムに最後のひと通しをするとき、抜き切らずに、毛束が根元部分で下向きに折れた状態でキープします。 【STEP2】 ・残った髪の毛先をストレートアイロンで外ハネにします。 【STEP3】 ・前髪の中央部分を少量とり、トップに持ち上げた状態でゆるくねじってアメピンで固定する。 ・小さなポンパドールをつくります。 【STEP4】 ・結んだ毛束の二つ折り部分を、少しずついろいろな方向に引き出す。 ・ルーズな質感とボリュームを出します。 【STEP5】 ・トップの髪(結んだ髪とポンパドール部分を一緒に)を部分的に引き出します。 ・丸顔の場合は高さをしっかりと出し、面長の場合は高さを控えめに引き出すのが小顔に見せる秘訣。 【STEP6】 ・結んだ毛束のゴムを隠すように、シュシュをかぶせます。 ・シュシュは、少しボリュームのあるタイプを選ぶと、バランスよく仕上がりますよ。 ・ハーフアップお団子の毛先をあえて残し、ラフに見 せるのがこだわりです。 \SIDE/ 表面の立体感がこなれた印象だけど、お団子から出たちょこんと毛束がかわいい。 \How to/ 【STEP1】 ・全体を波巻きに。 ・ストレートアイロンで、Cカールを重ねながら波巻きに。 ・顔まわりは特にしっかりくせづけ。 【STEP2】 ・くずしながらハーフアップ。 ・耳より上の髪を手グシで集め、表面や分け取った境目の毛束を指でつまみ出してくずす。 【STEP3】 ・ランダムなお団子に。 ・集めた髪は、輪結びでハーフアップに。 残した毛束の一部を結び目に巻きつけてピン留め。 ヘアバンドを使ったあかぬけヘア ヘアバンドを使って顔周りにおしゃれニュアンスをプラス!合わせやすいアースカラーはひとつ持っていると重宝します。 無造作なハーフアップお団子をよりこなれた感じに見せてくれます。 生え際より少し後ろにヘアバンドを付けて顔周りの髪を残して手ぐしでハーフアップにします。 【Before】 トライしやすいハーフアップのくるりんぱは、くずしがないと生真面目な印象。 もう少し今どき感が欲しいかも…。 ・ダウンスタイルなので、カールが均一になっているとわざとらしい感じになります。 ・巻いた後にほぐして毛流れを不規則にし、作り込まない毛流れに見せましょう。 ・太いゴムを使うと、くるりんぱしてもゴムがうまく隠せません。 ・ヘアアクセをつけても、厚みが出てうまく留まらないので、ナイロンゴムがおすすめです。 ・リカバリーできないので様子を見ながら丁寧に、くずし感がわかるように大胆に引き出しましょう。 三つ編みなら大人かわいいハーフアップに 【STEP1】 ・表面を編むと毛束が浮きやすくなるので、顔周りの内側の毛束を3つ編みにします。 ・きっちり丁寧に編んで、指でほぐしましょう。 【STEP2】 反対側の毛束も同様に3つ編みにした後、両サイドの毛束を中央でひとつにまとめてゴムで結んでハーフアップにします。 【STEP3】 結び目が隠れるようにバレッタを留めた後、バレッタを押さえたままトップの髪を指でそっとつまみ出してふんわりさせたら完成! ミディアム~ロングさん向けハーフアップ すっきりハーフアップもあえて残した後れ毛で小顔に \ヘアスタイルのポイント/ ・地の髪を巻きつけてハチ周りを抑えつつ結び目も固定。 ・ハチ周りを抑えたハーフアップにしたら、結び目の後ろの(地の毛の)毛束を結び目に巻きつけてピン留め。 ・さらにアクセをON。 ツイストハーフアップでふくらむ髪をボリュームダウン \ヘアスタイルのポイント/ ・ツイストしたことでハチの張りが目立たなくなったのと、ハーフアップで髪のボリュームも自然と抑えられて、すっきりとした印象に。 ・ハーフアップしたあとの毛先に動きを出して軽やかにしたいので、毛先から中間までをカールが大きめにつく32mmのコテで巻きます。 ・巻き方は、内巻きと外巻きをランダムに。 ランダムに巻いていくことで、エアリー感が出ます 【STEP2】 ・ツイストする髪をねじって膨らみを防止!ハーフアップする髪を左右に分けてツイストすると、ただねじるよりも頭がキュッとコンパクトに。 トップから耳上の髪を取って上下に二等分し、上の髪は外巻きに、下の髪は内巻きにねじってからツイストします。 ・ねじった毛束を、後頭部に向かってツイストしていきます。 毛先近くまでねじったら、クリップなどで留めておき、反対側も同様に上下に分けてからツイストします。 【STEP3】 ・両サイドのツイストを結んでくるりんぱに。 ・ツイストした両サイドの毛束を後頭部に持ってきて、ヘアゴムでひとつに結びます。 ・それからくるりんぱを。 これで膨らみやすい襟足部分を自然に押さえられます。 【STEP4】 ・後頭部とツイストをほぐしてルーズに。 ・軽やかに見えるために、ツイストした髪と後頭部の髪を少しずつつまみ出していけば完成です。 ねじるだけで顔周り華やか!きちんとハーフアップ \ヘアスタイルのポイント/ ・きちんとメイクのときこそアレンジはかわいくしてバランスを。 ・ねじり毛束により立体感が出てメリハリアップ。 髪がぺタンとする人にもおすすめ。 \How to/ 【STEP1】 ・4つの毛束をねじって留める。 ・ハチ上の髪を前からオールバックにして、4つの毛束に。 ・それぞれ後ろ向きにねじって仮留め。 【STEP2】 ・ひとつにまとめてゴム隠し。 ・ねじった毛束をハーフアップ風にして結ぶ。 ・結んだ毛束の一部を結び目に巻きつけ、ピン留め。 【STEP3】 ・毛先を平巻き、顔周りはリバース巻きにして穏やかなカールに。 ・巻いた後はほぐして。 カチュームで簡単ハーフアップ 【STEP1】 ・全体を6:4に分け、カチュームを通しておきます。 ・トップの毛束の裏側から手ぐしを入れて中間から根元へ下ろして逆毛を立てます。 【STEP2】 ・耳上から手ぐしを入れて髪を集めます。 ・中央よりも右にずらした低い位置でゴムで結んでハーフアップを作ってから、毛束をたるませます。 ・カチュームを戻したら完成! 仕込み3つ編みで上級者風ハーフアップ \ヘアスタイルのポイント/ ・3つ編みってやっぱりかわいい。 サイドに仕込んで横顔美人に。 ・サイドの3つ編みの束を指でつまみ出し、ふわっと幅広に見せるとフェミニン度UP! \How to/ 【STEP1】 ・サイド残しのハーフアップ。 前髪と耳周りの髪を残し、ハーフアップにする。 ・結んだら、トップや表面の毛束を引き出して。 【STEP2】 ・3つ編みにしてくずす。 ・残しておいた髪を後ろに向けて3つ編みにし、編んだ毛束をつまみ出しながらくずす。 【STEP3】 ・結び目に巻きつける。 ・くずした3つ編みの束を結び目に巻きつけてピン留め。 ・逆サイドの毛束も同様にする。 ねじりを入れた簡単なのにひと技ありそうなハーフアップ パーティシーンでは、ヘアはねじりを入れた簡単なのにひと技ありそうなハーフアップをチョイス。 【STEP1】 耳上の髪を取り、ざっくり手ぐしでハーフアップにまとめます。 【STEP2】 毛束を押さえなが耳前の後れ毛を出し、トップの毛を引き出だします。 【STEP3】 最後に毛束をねじって、地肌に沿うようにピンを挿してねじりを固定して完成! 結婚式のお呼ばれで使える華やかハーフアップテク タイト&ふんわりのメリハリフォルムが綺麗なハーフアップ \ヘアスタイルのポイント/ ・お仕事シーンではきちんと見えるし、オフではかわいらしさも演出できる、美的世代にとっていちばん使えるスタイル。 髪悩みをカバーしながら素敵見せがかなうリアルさがGOOD。 両サイドをねじったメリハリシルエットでペタンコ感を軽減。 ・一気にハーフアップにするとペタンコ感が増長するため、左右両サイドをねじってハーフアップ風に見せて。 ねじった部分の凸凹感や、巻いた毛先のエアリー感でメリハリアップ。 スタイリング剤は、油分が少なく髪がふわっと仕上がるドライワックスが最適! \How to/ ・毛先を内と外のミックス巻きにしたら、ドライワックスをなじませる。 ・両サイドの髪を後ろに向けてねじり、少ない髪でも留まるピンで固定。 ・表面の髪を引き出す。 トップを盛ったハーフアップアレンジでパーティー仕様 \ヘアスタイルのポイント/ ・少し華やかさが欲しいお呼ばれのとき、プチサイズのハーフアップ甘顔に。 ・トップのハーフくるりんがエレガントな印象。 「盛りすぎなく、目を引くアレンジが美的世代にはおすすめ。 ハチ上でハーフアップ風にすると、若々しい甘さが出ます。 こなれ感のあるアクセ使いで差をつけて」(人気スタイリスト 津村さん) \BACK/ \How to/ 【STEP1】 ・全体は平MIX巻きにしておくのが前提。 ・前髪を残し、手グシでハチ上の髪を後ろでまとめてプチハーフアップに。 【STEP2】 ・結び目を緩めて上に穴をあけ、毛束を上から通す。 ・毛束を左右に分けて引っ張り、キュッとしごいておく。 【STEP3】 ・トップ、後頭部、結び目の上のねじれた部分の髪を部分的に引き出して立体感を。 ・コームを飾って出来上がり。 ・前髪は上げて華やかさ格上げ! \How to/ 【STEP1】 ・まずは左右のこめかみ辺りのひと束を、それぞれ細い3つ編みにし、毛先をゴムで留める。 ・所々毛を引き出しながらほぐしてこなれたニュアンスに。 【STEP2】 ・左右こめかみ上の毛を後ろにまとめ、ハーフアップにし、くるりんぱに。 ・その後、毛を適宜引き上げてふんわりとフォルムを調整して。 【STEP3】 ・(1)の3つ編み2本をハーフアップの毛流れに沿うように後ろに持ってきて、(1)で作ったくるりんぱの穴に通す。 ・3つ編みの毛束は、内側でピンで固定して。 \BACK/ ・一歩間違うとおとなしく古くさい印象にも見えがちなハーフアップ。 ・サイド3つ編み&くるりんぱをプラスすれば、立体感と華やかさのある今どきパーティスタイルに。 顔周りの毛束に動きをつけてまろやかな女性像を演出 輪郭に沿って流れる毛束でまろやかな女性像を演出 【STEP1】 ・耳から前を基準に、顔周りの毛束を残します。 ・両側のこめかみから毛束を取り始め、中央でまとめて半回転ねじり、ピンで留めてハーフアップに。 【STEP2】 ・残しておいた顔周りの毛束を、2~3束にざっくり分けます。 ・その後、1束ずつヘアアイロンを使って中間~毛先を外巻きにします。 【STEP3】 ・ヘアワックスを指先になじませて、巻いた毛束をつまんで程よくくずして完成! ・動きがより立体的&くずれにくくなり、色っぽさがアップします。 簡単なのに華やかなハーフアップ 後頭部の盛りでシンプルながらおしゃれな華やか感が出ます! 【STEP1】 ・空気を含ませながらざくっと手グシで上半分の髪を取り、後頭部で強くねじります。 ・ねじって筒になった部分をピンで下の髪に固定します。 【STEP3 】 ・形ができたらバレッタで留めます。 ・ダウンにしている部分もふんわりほぐし、耳前に一筋後れ毛を出して完成! ・自然な軽やかさ、女らしさがパーティーシーンにマッチします。 透け黒リボンで軽やかなハーフアップ \How to/ ・上半分の髪を手ぐしで緩くねじってピンで留め、ハーフアップにします。 ・続いて下半分の髪はふたつに分け、それぞれをねじって丸めてピンで留めます。 ・最後にリボンをつけて完成。 デイリーカジュアルなハーフアップアレンジ ふんわり感を出していつだって女性らしく \ヘアスタイルのポイント/ ・サイドからの細ロープ編みで後頭部のふんわりした丸みを強調! ・ハチ上の髪をハーフアップで結ぶ。 ・耳上の毛束をふたつに分けて後ろに向けてロープ編みにし、結び目に巻きつける。 ・逆サイドも同様に。 カジュアルでかわいい印象のアシメハーフアップ \ヘアスタイルのポイント/ ・あえてアシメなフォルムにするとおしゃれかわいいイメージに! ・正統派ハーフアップはガーリィになりすぎることがあるので、毛束を集める位置をずらしてアシメにしてみました。 ・毛束をねじりながら留めて集めると、立体感が出ておしゃれです。 アシメフォルムが、真ん中ハーフアップとひと味違う感じ。 甘さも程よく中和される。 \How to/ 【STEP1】 ・表面の毛束を取って巻く。 ・全体を巻いてから、表面の毛束を少しずつ取ってもち上げて巻くと、ふわっと感が出る。 【STEP2】 ・毛束をねじって留める。 ・右側のこめかみ~左耳上の髪を少しずつ取り、ねじりながら右後ろに集めてピン留めに。 【STEP3】 ・表面を指でくずす。 ・髪を集めた右後ろのポイントを押さえながら、逆の手で、ねじった毛束の髪を引き出してくずす。 ・後の髪を片手で持って、そのまま耳上まで内側にねじり上げます。 【STEP2】 ・ねじり上げた髪を、そのまま毛先までねじり切ります。 ・それを反時計回りに丸めてお団子に。 ・外側から結び目に向けて、ピン5本で固定します。 【STEP3】 ・カチューシャでオールバックにします。 ・タイトになった前髪を少しずつつまみ出し、ゆるさを加えます。 ・その後、左は耳上から、右はこめかみから髪をすくって中央でまとめてアシメトリーに。 【STEP2】 ・毛束を時計回りにタイトにねじります。 ・ミニクリップを開いて左から入れ、毛束をまたいで地肌の髪とかみ合わせながら留めます。 【STEP3】 ・右は耳上から、左は耳周辺の毛束を少しだけ取り、4の左下でまとめます。 ・最後に反時計回りにねじって、ミニクリップを右から入れて留めたら完成! 夜会巻きハーフアップのやり方 新製品発表会の日は夜会巻きを取り入れた華のあるハーフアップアレンジで。 \BACK/ \SIDE/ \How to/ 【STEP1】 ・ハーフアップをねじって留める。 ・耳から上の髪を中央でまとめ、毛束を内巻きに1回転ねじる。 ・下からピンを挿し、ねじった毛束と地肌の髪を挟んで固定して。 【STEP2】 ・毛先までねじり上げてピンで固定。 ・1の毛束を毛先までねじりながら持ち上げたら、1のピンよりもやや高い位置で横からピンを挿して留める。 【STEP3】 ・飾りでバレッタをつけて華感アップ。 ・ハーフアップを押さえながら、斜めにバレッタをつけておしゃれに。 ・このワンテクニックで、後ろ姿がぐっと華やぎます。

次の

ハーフアップを簡単に!くるりんぱやバレッタを使うアレンジ12選

ハーフ アップ 簡単

髪型がイマイチ決まらない時の救世主、ハーフアップ。 簡単でかわいい華やかハーフアップのやり方をマスターしておけば、同じファッション、マンネリなヘアスタイルでも変化が出て俄然おしゃれさんな印象に。 オフィスシーンやデートから、パーティー&結婚式にも華やかさをプラスできる、編み、くるりんぱ、お団子を応用したハーフアップテクをご紹介します。 【目次】 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 動画でわかりやすく!簡単可愛いハーフアップのやり方 ロングのハーフアップはAラインで小顔効果を狙って! \動画でやり方をCHECK/ \ヘアスタイルのポイント/ ・立体的に作ってメリハリを出すと、小顔効果がアップ。 ・毛先に向かって広がるAラインスタイルは、顔をひと回り小さく演出。 \How to/ 【1】まずは毛束を結び目の奥へ入れて「くるりんぱ」。 【2】両側の耳上から毛束を取り、くるりんぱをした毛束の下でハーフアップにする。 【3】ふたつの毛束を中央で合わせたら再びくるりんぱをし、最後にバレッタをつける。 【side】 【back】 程よいうねりが簡単ハーフアップをこなれさせる \動画でやり方をCHECK/ \ヘアスタイルのポイント/ ・くるりんぱで立体的に。 \How to/ 【1】根元中心にライトワックスをつけた後、両側のこめかみから毛束を取り、上方向へ同時にねじりながら中央へ集めてバレッタで留める。 【2】ねじった毛束を軽くほぐし、最後に同じワックスを毛先へもみ込み、動きを出す。 ボブでもできる!上品ハーフアップ \動画でやり方をCHECK/ \ヘアスタイルのポイント/ ・ トップをふんわりさせた上品フェミニンなハーフアップ。 ・広がりやすいボブを生かした華やかなヘアアレンジ。 <How to> コームを使って分け目をジグザグにとり、顔周りの毛束がペタッとつぶれるのを予防。 その後、顔周りの毛束を残してハーフアップにし、大きめのクリップで留めて。 仕上げに、毛先中心にソフトワックスを薄くつけ、自然な毛流れを演出して。 【SIDE】 【BACK】 ストレートで清楚なハーフアップアレンジ すっきりハーフアップも顔周りの後れ毛で小顔に \ヘアスタイルのポイント/ ・地の髪を巻きつけてハチ周りを抑えつつ結び目も固定。 ・ハチ周りを抑えたハーフアップにしたら、結び目の後ろの(地の毛の)毛束を結び目に巻きつけてピン留め。 ・さらにアクセをON。 ヘアアクセサリー使いで、ストレートでも手の凝った印象に 【STEP1】 ・まずは髪をかき上げるように手ぐしを通し、分け目を消します。 ・その後、左は耳上から、右はこめかみから髪をすくって中央でまとめてアシメトリーに。 【STEP2】 ・毛束を時計回りにタイトにねじります。 ・ミニクリップを開いて左から入れ、毛束をまたいで地肌の髪とかみ合わせながら留めます。 【STEP3】 ・右は耳上から、左は耳周辺の毛束を少しだけ取り、4の左下でまとめます。 どこをとっても曲線を感じる仕上がりが理想。 ・ちょこっと耳にかけて、ゆるリラックスなムードに! ハーフアップをたるませて緩やかな曲線を作る。 \How to/ 【STEP1】 ・耳上の髪をまとめて緩く結ぶ。 ・顔周りの後れ毛を細くひと束残し、耳上の髪をまとめる。 ・結んだ後ゴムを少し下げて緩める。 【STEP2】 ・ゴムの上から毛束をくぐらせる。 ・ゴムの上に穴を作ってくるりんぱ。 ・仕上げに毛束を左右にぎゅっと引っ張り、ゴムを押し上げる。 【STEP3】 ・毛束を引き出してくずす。 ・結び目付近の毛束を細かく引き出してゴムを隠す。 ・トップと耳横の毛束も引き出し、ラフな空気感をプラス。 \FRONT/ \BACK/ ハチ周りをタイトにしてすっきり清涼感アップ \ヘアスタイルのポイント/ ・アップする髪を多めに取りハチ周りをタイトにしたくるりんぱに。 ・ハチ周りのモタつきや広がりがお悩みなので、そのボリュームを抑えるだけで抜群に扱いやすくなる油分が多く髪をしっとりさせるワックスや、髪が多くても留まる大ぶりのヘアアクセを活用して。 \How to/ ・髪全体にソフトワックスをなじませる。 ・ハチ周りを押さえながら多めの髪をハーフアップにしてから、くるりんぱ。 ・結び目と地の毛をバレッタで留め、さらに広がりを抑えて。 ボブ&ミディアムヘアの簡単ハーフアップアレンジ ハーフアップのボブは色っぽさ最強!一番簡単なやり方はこれ 変化がつきにくいボブスタイルでも簡単にアレンジできるのがハーフアップ。 まずは基本的なテクニックをおさらい。 1.耳から前にある顔周りの毛束を残して、両側のこめかみから髪をとる。 2.後ろ中央でねじって留める。 3.残しておいた顔周りの毛束を2~3束にわけて、1束ずつヘアアイロンで中間から毛先を 外巻きにする。 4.巻いた毛束をつまんでワックスをつける。 くずれにくい上に、ニュアンスが出て色っぽさアップ。 人気インスタグラマー渡邊光沙子さんのハーフアップくるりんぱ くずしを意識したハーフアップ簡単くるりんぱ。 渡邊光沙子さんのくずしワザは3つ! 【1】巻いた後にしっかりほぐす ダウンスタイルのカールが均一になっているのはわざとらしい感じだし、今っぽくない。 巻いた後には必ずほぐして毛流れを不規則にし、作り込まない毛流れに。 スタイリング剤も使って。 【2】見えにくいナイロンゴムを使う 太いゴムを使うと、くるりんぱしてもゴムがうまく隠れない。 隠そうとしてヘアアクセをつけても、 厚みが出てしまってうまく留まらないので、使うのはナイロンゴムがおすすめ。 【3】髪を引き出してくずす時、少しずつ、でも大胆に! 指先で軽くつまめるくらいの毛束を引っぱり出す。 元には戻せないので、 様子を見ながら少しずつ丁寧に。 でも、「わざとくずしている」感がわかるように大胆に引き出す。 1.まずベースを巻く。 32mmのアイロンを使って、髪の中間からリバースとフォワードのミックス巻きにしていく。 2.スタイリング剤をしっかりもみ込む。 ややウエット気味のワックスを手にとり、手のひらに薄く広げてもみ込みながら髪をほぐす。 3.手ぐしでまとめる。 顔周りに後れ毛を残して、耳の上部分の髪はハーフアップに。 髪を手ぐしで集めてから、ナイロンゴムでしっかりと結ぶ。 4.結び目の近くやトップの髪を引き出す。 結び目を押さえ、その上やハーフアップの境目の部分の髪を引き出す。 トップは最後に引っ張り出して。 5.結び目の上に穴をあけてくるりんぱ。 ちょうど結び目の上あたりに穴をあけて、そこにハーフアップの毛束を外側から通して引っ張る。 6.緩みのないように毛束をギュッと引っ張る。 毛束を左右に分け、しっかり引っ張って締める。 ここが緩むと、乱れの原因に。 7.くるりんぱのゴムの部分をくずす。 ねじった部分や、ゴムの近くの髪を少しずつ引き出し、結び目のゴムが隠れるようにする。 8.どうしてもゴムが隠せずない場合は、上からバレッタやクリップを飾って隠す技もアリ! ロング&ミディアムのハーフアップはお団子でカジュアルに ハーフアップ+お団子でゆるふわまとめ髪 サイドを低めにねじって、バックでくるりんぱ。 ハーフアップを組み合わせることで低めお団子もグッと華やかに。 バックにもってきたサイドをくるりんぱした後は毛束を折ってひとつに結び、コームで内側に押し込んで。 お団子ハーフアップで横顔にくしゅっとした立体的を 1. 両サイドの耳上から髪をすくって後ろ中央でまとめる。 ゴムで結ぶ時に毛束をふたつに折り、小さめのシニョンを縦に作る。 その後、シニョンの中間を指でつまんで左右に引っ張り、バランスよくくずしていく。 1のシニョンの左斜め下から毛束をつまんで頭皮に当てる。 コームを頭皮に対して垂直に挿す。 3.垂直に挿したコームをペタンと横に倒し、中央の結び目に向けてグッと奥まで挿し込む。 反対側も対角線上から同様に挿して固定する。 ハーフアップでつくる結婚式&パーティーでもOKなヘアアレンジ ハーフアップを応用した結婚式ヘアでゆるくてもきちんと感あるスタイル ハーフアップでゆるくねじり、抜け感のあるアップスタイル。 オーガンジーのシアーな黒リボンを挿せばさらに軽やか&華やか。 結婚式のお呼ばれでも堂々とふるまえるアレンジです。 上半分の髪を手ぐしで緩くねじってピンで留め、ハーフアップに。 下半分の髪はふたつに分け、それぞれをねじって丸めてピンで留める。 リボンをつけて完成。 ロングのハーフアップは夜会巻きをアレンジしてエレガントに 1.耳から上の髪を後ろ中央でまとめ、毛束を縦内巻きに1回転ねじる。 下からピンを挿し、ねじった毛束と地肌の髪を挟んでしっかり固定。 ここが緩むと台無しなので、細心の注意を! 2.1の毛束を毛先までねじりながら持ち上げたら、1のピンよりもやや高い位置で横からピンを挿して留める。 3.ハーフアップにしたサイドを押さえながら、斜めにバレッタをつける。 バレッタで留めることで、華やいいだ後ろ姿に。

次の