ホワ キン フェニックス。 ホアキン・フェニックス、“愛を求める”ジョーカーのように追求する俳優人生

ホアキン・フェニックスは口蓋裂?若い頃の画像/身長体重/年齢もチェック!

ホワ キン フェニックス

「ジョーカー」の大成功で、ホアキン・フェニックス(44)のスター株が急上昇している。 Imdb. 長いキャリアの中では「グラディエーター」「サイン」などヒット作にも出演してきたが、ここまで注目を浴びるのは、初めてといえる。 それも、納得。 近年、ポール・トーマス・アンダーソンやジェームズ・グレイ、スパイク・ジョーンズなど、個性的なインディーズ監督の作品に好んで出演してきた彼は、映画通好みの渋い役者。 ボックスオフィスを引っ張る華やかなスターというイメージとは、ちょっと違ったのである。 たしかに、人気絶頂期にあったリヴァーが、23歳の若さで亡くなった悲しさは、決して忘れられない。 あの時、救急車を呼んだのがホアキンで、ホアキンはその後1年ほど俳優業を休業したことも、彼からあの悲劇を切り離すことを難しくする。 だが、彼は彼で、本当にユニークな役者なのだ。 興味深い側面が、この人にはたくさんあるのである。 「ジョーカー」が興行成績で個人記録を打ち立てたこの機会に、そのいくつかを振り返ってみたい。 「ジョーカー」の主人公アーサー役のために、フェニックスは20kgほど体重を落としている(写真/Warner Brothers) オスカー候補入りは3度 「ジョーカー」でオスカー候補入りの可能性がささやかれているホアキンだが、彼がノミネートされるのは、初めてではない。 過去に彼は「グラディエーター」で助演男優部門、「ウォーク・ザ・ライン/君に続く道」と「ザ・マスター」で主演男優部門に候補入りしているのだ。 もし「ジョーカー」で食い込むことになれば、全部で4度目、主演男優部門では3度目のノミネーションとなる。 過去に彼が負けた相手は、「グラディエーター」の時がベニチオ・デル・トロ(『トラフィック』)、「ウォーク・ザ・ライン~」の時がフィリップ・シーモア・ホフマン(『カポーティ』)、「ザ・マスター」の時はダニエル・ディ=ルイス(『リンカーン』)だった。 しかし、ホアキンは賞レースというものをそもそも嫌っており、アカデミー賞について「ばからしい」と暴言を吐いたことがある。 その言葉はすぐに撤回し、謝罪もしたのだが、後に出演したテレビ番組で、「映画はみんなで作るもの。 自分だけが褒められることには納得がいかない」と、思うところを説明している。 3歳の時から完全菜食主義者(ヴィーガン) リヴァーは厳格なヴィーガンで、来日した時も蕎麦屋のつゆがカツオだしだと知った途端、食べるのをやめたというエピソードで知られている。 それは両親の影響によるもので、ホアキンも3歳からヴィーガンだ。 動物の素材で作られた服や小物もいっさい使わず、映画の衣装においてもそのポリシーを貫く。 写真撮影のために用意されたプラダの靴を、革製だという理由で履かなかったこともあるそうだ。 動物愛護団体PETAが製作した、魚を守るための短編ビデオにも出演している。 音楽の才能も豊か カントリー歌手ジョニー・キャッシュの伝記映画「ウォーク・ザ・ライン~」で、歌のシーンを、ホアキンはすべて自分で歌った。 2008年にはラップミュージシャンになるために俳優業を引退すると宣言したこともある。 結局それは、彼がおふざけドキュメンタリー「容疑者、ホアキン・フェニックス」のために行ったしかけだったと判明したのだが、音楽への愛は本物。 これまでに複数のミュージックビデオを監督し、ミュージックビデオ製作協会賞にノミネートされたこともある。 演技を始めたのは家庭が貧しかったから ホアキンが育った家は貧しく、彼を含む5人きょうだいは、幼い頃から道端で歌ったり、音楽を演奏したり、コンテストに出演したりしては、小銭を稼ぎ、家計に貢献してきた。 デビューのきっかけになったのは、メジャーネットワークNBCで、母が秘書の仕事、父が庭師の仕事を得たことだ。 そこで子供たち5人は、子役専門エージェントに会うことになり、コマーシャルなどに出演するようになるのである。 ホアキンのテレビデビューは、リヴァーが出演した1982年の「Seven Brides for Seven Brothers」。 映画デビューは、1986年の「スペースキャンプ」。 この頃、彼は、リーフ という名を使っている。 本名のホアキンに戻したのは15歳の時だ。 人生で初めて婚約中 過去に女優リヴ・タイラーなどと交際したものの、結婚歴はない。 だが、今、人生で初めて婚約中だ。 お相手は「her/世界でひとつの彼女」「マグダラのマリア(日本では劇場未公開)」で共演したルーニー・マーラ(34)。 ふたりは「マグダラ~」の撮影中に交際を始め、ホアキンが「ドント・ウォーリー」で男優賞を受賞した2017年のカンヌ映画祭授賞式で、関係を公にした。 ルーニーの左手の薬指にダイヤモンドが光る様子が目撃されたのは、今年5月。 先月、L. で行われた「ジョーカー」のプレミアで、ふたりはカップルとしてレッドカーペットを歩いている。 ホアキンの妹サマーがケイシー・アフレックと結婚していた時期、ホアキンはアフレック兄弟と親族関係にあった。 ルーニーの姉ケイト・マーラはジェイミー・ベルと結婚しており、今度は新たなセレブ義家族ができることになる。

次の

ホアキン・フェニックス、ハリウッドの一流お騒がせ俳優に迫る

ホワ キン フェニックス

売れないコメディアンのアーサー・フレックが暴漢に遭遇したのは、ゴッサムシティの街を道化姿でさまよっていたときだった。 社会から見捨てられたフレックは徐々に狂気への坂を転落してゆき、やがてジョーカーという名のカリスマ的な犯罪者へと変貌を遂げる。 Joker C 2019 Warner Bros. Entertainment Inc. , Village Roadshow Films BVI Limited and BRON Creative USA, Corp. All rights reserved. 「バットマンビギンズ」の名セリフを忘れたのですか? コウモリ野郎の親父みたいなこと言ってやがる。 こんなこと言ってる奴に名セリフ語って欲しくないな。 努力してきたと言ってる奴の大半は周りが優秀だったからでお前自身ではない。 この世には生まれながらにして格差に苦しみもがいてる人がいるのを知れ!お前こそ世界を見ろ! 生まれつき奴隷のように過ごし暴力の中で一生を終える人間もいる。 そこには資本のかけらもない。 スカしてないで狂っちまえよ そうでもしないと生きらんねぇぜ? この作品がどっかの映画祭で賞を取った時からイヤな予感はしました。 この「ジョーカー」が伝えたいメッセージは、金持ちは敵、暴力で革命を起こせです。 気付く人は、この時点で金持ちを恨め!みんな平等!これは共産主義じゃないか!暴力で革命ってマルクス主義じゃないか!と感じるはずです。 だからアメリカで規制がかかりました。 アメリカは共産主義は法律で規制されています。 「バットマンビギンズ」の名セリフを忘れたのですか? テレビや映画ばかり観てる人は、観たまんまを受け入れますからこんな考えは起こりません。 この映画は、日本でも起こりえると言う人がいますが…そんなに道徳心がなくなったのか?とガッカリ感が半端ないです。 そして日本が諸外国に比べて貧困問題はそこまでないのに、貧しいから暴力犯罪が起こると考えるのは間違いです。 もっと海外に行って自分の目で世界を見てください この作品には、とてつもないプロパガンダが秘められています。 何故全体的に評価がいいのか、しっかり自分で考え評価してください。 昔「セッション」とかいう、鬼教師と自分勝手な生徒がやられたから教師を訴えて、さらに教師が生徒にやり返すというひどい作品がありましたが、あれも評価はすごくいいです。 低いレビューは消されます このジョーカーも同じような事が起きているような気もします 追記 誤りがありましたので、訂正をしています。 この文章はどっかのサイトからのコピペではありませんから誤字脱字もありますからご了承下さい。 クリストファー・ノーラン監督の「ダークナイト・トリロジー」のテイストを受け継いだスピンオフの位置付けで、急逝したヒース・レジャーによる伝説のジョーカー役を見事に怪演したホワキン・フェッニックスが圧巻の傑作。 カテゴリーとしてはスリラーやアクションではなく、社会派の悲劇的人間ドラマだ。 歯止めの効かない自由資本主義が招く格差と貧困、人心の荒廃と不条理に精神を蝕まれていく米国NYの未来を象徴するゴッサム・シティ。 それは1976年公開のアメリカン・ニュー・シネマの傑作、マーティン・スコセッシ監督の「タクシー・ドライバー」のオマージュであり、それはトッド・フィリップス監督も認めている。 かつて社会の不条理に彷徨するタクシー運転手だった主人公トラヴィスを演じたロバート・デ・ニーロに、本作では富裕層側のトークショー司会者役を演じさせた設定が、40年を掛けた大いなる伏線に見えるのだ。 一応は同一人物ではないが、かつては反体制派だった若者もいつしか成功して蔑んでいた筈の体制側に取り込まれてしまった事実を象徴している。 主人公アーサーはその成功を認めない。 問題は個人努力のミクロではなく中産階級崩壊のマクロなのだ。 彼の狂気の深さと凄まじさとは、一個人の努力や成功では決して変えられない社会の不条理を、根こそぎ破壊する反体制革命しかないとの固い決意にある。 だからこそポピュリズムの嵐が世界中で吹き荒れる現代にこの「ジョーカー」が公開される意義こそ核心であり恐ろしいのだ。 ゴッサムの暗部に巣食う狂気とは、人の心の中の狂気の総和であるが故にその根絶は難しい。 その珠玉の脚本と陰影深い映像、そして圧倒的な演技のどれもが素晴らしい。 レオナルド・ディカプリオの代わりにキャストされたホワキン・フェッニックスは本作で凄まじい役者振りを発揮した。 「グラディエーター」の皇帝コモドゥスの時に比べて体重の絞り方が尋常でなく、その窪んだ眼光や荒んだ表情、全身から滲み出す絶望と怨念のオーラは、「レヴェナント」でディカプリオが獲得したアカデミー主演男優賞を本気で狙っていると思わせる鬼気迫る怪演だ。 但しヒーローも希望もない極めて陰鬱なストーリーで、悪魔の化身となる主人公に対する主演男優賞授与は果たして相応しいのかと、米映画界にも戸惑いが有るらしい。 それでも少なくとも本作とホワキンは映画史名に刻まれるべきだろう。 社会全体のマクロ経済問題を個人的なミクロ事例で片付けるのは誤りで、固定化する格差とはやはり社会的な問題だ。 自由民主主義と資本主義の組み合わせは、始まってからまだ二世紀も経ってない未熟で不完全な体制だ。 有史以来、人類が何度も間違えてきた様々な社会体制の実験の歴史が終わったなんて誰も決めていない。 これまでの歴史で資本家と労働者の格差の是正機会は戦争と革命と恐慌だったが、それを繰り返さない為には、此れからも弛まぬ制度の調整は必要だ。 だからこそ本作のような作品が生まれるのは必然的で意義深い。 ハリウッド映画もそろそろ反戦や娯楽等の心地好い作風一辺倒から変わる必要があるのだろう。 それを「ジョーカー」を使って言わせる当たりは、やはりハリウッドの思想的厚みは侮れない。 そんな有難い傑作です。 この映画は見る人の主観によって様々な結末になると思いますが、私はペニーを信じたいです。 ペニーとの交際関係が世間にバレるのを防ぐためトーマスは彼女を精神病院に送り「彼女は妄想障害だ」と都合のいい嘘を診断書に書いてしまう。 私が見る限り彼女は映画の中で一度たりとも障害を患っているような素ぶりを見せなかった。 極めて優しい人でした。 更に幼い頃のアーサーが暴力を受け顔にあざを負っている写真が一瞬出てくるけど、それが幼い頃のブルースと似ている所からやはりアーサーの父親はトーマスなのでは?と考えてしまう。 そして母親を殺した後に自宅で見つけた若きペニーが映った写真の裏に「愛しいペニーへbyトーマス」 これを見て全てを察したのかアーサーはその後何度も涙を流しメイクが崩れてましたが、あれは全て罪なき母親を殺してしまった苦しさからきたものなのでは…と映画館で考えた時には私も涙が止まらなかったです。 最近よくニュースなどで無差別殺人、誘拐、両親殺害、などの悲しい事件が流れてそれを見た人々が「考えられない、周りに迷惑をかけるな」と言っているのをよく見ますよね。 でも私は心の中で(きっと彼らは生まれてその日に至るまで普通とはかけ離れた苦しい人生を送ってきたのだろう、私たちが美味しいご飯を食べぐっすり眠っている時に彼らは日々苦しみ痛みに耐え震えながら眠っていたのだろうと、そんな苦しい日々を何年も続けている内に正常な思考を保てなくなり犯罪を犯してしまうのだろう)と考えてしまいます。 アーサーのように善人が環境によって犯罪者になってしまうのを見て分かる通り絶対的に100%の悪は存在しなくて、悪は連鎖的に人から人へ移っていくのだと考えると、この世で一番最初に生まれた悪とはいったい何なのか?と考えてしまいます。 映画館に20回も通ったのはもちろん生まれて初めてでした。 それくらい「ジョーカー」はのめり込んで戻れなくなる威力のある映画です。 自分の抱える悩みや境遇に合致してしまうと、深く共感してしまって毎日のようにアーサーのことを考えたり、善と悪や社会の中でのアイデンティティーの確立など、もやもやとした考えに囚われてしまうかもしれません。 私は「ジョーカー」を観てタバコを覚え 笑 、円盤化を楽しみにして時間が経つのを待っております。 万人に勧めていいものかわかりませんし、成熟するまでお子さんに観せるのはNGだと思います。 これは大人の映画です。 社会の中で生きるために働きながら日々に痛みや孤独を感じている大人のための映画です。 でも賛否大歓迎でいろんな人に観てほしい。 ただし自分と違う意見を馬鹿にしたり口汚く罵ってしまう人は観なくて結構です。 「思いやりの欠如」というテーマが理解できないから。 「ダークナイト」の演技により28歳でアカデミー助演男優賞を受賞したヒース・レジャーを超えるジョーカーは出ないと思っていました。 ホアキン・フェニックスは昔から好きな俳優でした。 一時「俳優活動は疲れた」と引退発言もありました。 兄リバーのこともあります… 「グラディエイター」も良かったですが45歳にしてやってくれました。 圧巻の演技! DCコミックス映画化作品初の金獅子賞。 アカデミー賞も楽しみです。 1981年財政難のゴッサムシティが舞台です。 コメディアンを夢見る大道芸人アーサー。 不良少年から暴行され報われない人生。 発作的に笑い出す病気がありカウンセリングも受けています。 手帳には 「この人生以上に硬貨 高価 な死を望む」 「存在してないも同じだった」アーサー。 地下鉄で証券マンから暴行を受け反射的に拳銃で射殺してしまいます。 今までに感じたことのない高揚感に満たされます。 貧困層から富裕層への復讐だとしてアーサーは市民から支持されていきます… DCコミックスにはない映画オリジナル。 ジョーカー誕生の物語です。 監督は「タクシードライバー」「キング・オブ・コメディ」に影響を受けたと話しています。 そのデ・ニーロも共演。 ジョーカーはトラヴィスやルパートにどこか似ています。 貧困や差別や虐待…現代の社会問題とも重なり多くの共感と支持を受けました。 ジョーカーは存在する。 R指定で過激な暴力描写もあります。 中国では公開されないほどです。 続編も決まったようなので楽しみです。

次の

ホアキン・フェニックス

ホワ キン フェニックス

つくづく奇妙で奇天烈な俳優だ。 我々が想像していた通りの、いやそれ以上に問題の多い俳優であることが、このドキュメンタリー風の映像から痛いほど伝わってくる。 がしかし、結論から言うと、ホアキンの「俳優やめます」宣言から続く空白の2年間を追った本作は、どうやら全てフェイクらしいのだった。 俳優をやめ、下手くそなラッパーになるため関係者を頼ったり、プロや客に才能をけなされ、それでもめげずに夢を追いかけようとする彼。 フェイクといえばそれまでだが、しかし人前で歌う姿は実際に撮影したものだし、変人ぶりのままTV番組に出演し、マスコミの取材を受けたのもまた事実。 次第に我々にはその境界線がわからなくなり、彼の生々しい台詞にはいくらか「本音」も含まれているように思えてくる。 これぞ「事実」と「虚構」の絶妙な溝。 これは怪優ホアキンのキャリア中、最も長期にわたる役作りを映し取った劇映画として、今後さらに見る価値を増し続けることになりそうだ。 簡潔に言えば、金をかけたドッキリ番組を映画化したもの。 フェイクなのは俳優を辞めると宣言したことだけで、その役作りや大物俳優の対応が面白いだけのもの。 もしかしたら、この段階から『ジョーカー』の役作りをしていたんじゃないかと思えるくらいで、ジャック・ニコルソンが登場したり、TV放映されていたアカデミー賞授賞式のプレゼンターがバットマンだったりと、それを匂わす映像がいくつかあるのです。 それでも俳優業を実際にやめていた期間があったはずで、私財を投入せざるを得なかったこともわかる。 その点では壮大なるドッキリ映画。 ただし、つまらない部分もいっぱいあって、奇行としか思えない演技も目をそむけたくなる。 しかし、その奇行がすべてジョーカー役に繋がってると思えば納得のひとこと。 作りとしてもドキュメンタリーの形をとっているし、子供時代の滝の上ジャンプも用いたりしていいエンディングだったと思う。 フェイクといえば、本人の演技だけだろう。 リアルタイムで鑑賞したかったとも思うけど、当時に観ていたら評価は下がったと思います。 このドキュメンタリー制作のために、私財のみならず、その先の仕事を大きく失ったホアキン。 この実験にどれだけの思いを掛けたのだろうか。 ヒップホップアーティストになろうとする事は置いておいて、その根元にある感情は自身の在り方を心から問う所からはじまっているのだろう。 近年、やはり質の高い演技力から、注目作品に出演し復活兆しを見せていた所に、ジョーカーという更に心を削るような作品で怪演し、一躍スターダムに返り咲いた彼。 それでも、各所で見せるコメントなんかを聴いていると、いい意味でも悪い意味でも、色々内に秘めてんなって、誰もが思う感じ。 その全てが、本気なんだろうなと思わせる姿を、この作品観て納得させられた。 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ソニック・ザ・ムービー」 C 2020 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED. 「エジソンズ・ゲーム」 C 2018 Lantern Entertainment LLC. All Rights Reserved. 」 C 2019 Sony Pictures Television Inc. and CBS Studios Inc. All Rights Reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の