八景島 シー パラダイス 喫煙 所。 シーサイドオアシス内 うどん&そば屋

横浜・八景島シーパラダイス~混雑時攻略法・割引裏技(電子チケット)

八景島 シー パラダイス 喫煙 所

A ベストアンサー こんばんは 乗り物は下のリンクを見てもらえれば分かると思いますが、雨天に対応していないものがほとんどです。 屋根があるのは、シーパラダイスタワー(動く展望台みたいなもの)とパラダイスクルーズくらいでしょうか。 でもこの2つも景色が綺麗に観えない雨の日にはおススメしません。 あとは少し大きめのゲームセンターがありますが、わざわざ八景島に行ってゲームだけというのはもったいないですよね。 水族館は広くて綺麗なのでおススメですが、入場料が2450円と高いので水族館だけのために行くのはおススメしません。 とても1日は時間が持ちません。 (カップルだと夕方入場限定の2人で3900円というパスもありますが・・・。 ) ちなみに電車だとシーサイドラインの「八景島駅」から5分くらい歩きますし、当然島内も屋根の無い部分がほとんどなので、天気の良い日に行くことをおススメします。 seaparadise. html A ベストアンサー はじめまして。 「カード」の項目があります。 >またシーパラダイス内は雨天時でも楽しめますか? 水族館やショー会場は、屋根があり楽しめるみたいですが 遊園地部分は非対応みたいで、絶叫系マシーンは休業するみたいです。 複数、ブログ等の書き込みがありますので紹介します。 goo. html 【OKWave・雨の日の八景島シーパラダイスって?】 こちらは否定的な意見です。 確かにその通りだと私も思います。 earthcar. この他、検索サイトから色々な感想がうかがえるかと思います。 google. 0l2j0i7i30l2. 1042. 4132. 6130. 192. 995. 0j7. 1j4. psy-ab. 2,or. 45645796,d. はじめまして。 「カード」の項目があります。 Q いつもこちらではお世話になっております。 11で八景島シーパラダイスに主人と二人で行こうと思っています。 二人とも初めてなので、HPなどを見ましたが広くてどう楽しんだら良いか迷っています。 そこで教えてください。 1 行く手段として電車とレンタカーだとどちらがおススメですか(足立区西新井から出発します) 2 2日間丸々八景島シーパラダイスにいる予定ですが時間は十分ですか?それとも飽きてしまいますでしょうか。 (一日券をもらったので最低1日は過ごしたいと思っています) 3 泊まるのにおススメの宿はどちらですか? (安いに越したことはありませんが予算は一人5000円から10,000円、がんばっても15,000円ぐらいまでと考えています) 4 おススメの楽しみ方や周り方などございましたら教えてください。 補足:二人とも乗り物や絶叫系も大丈夫です。 動物も好きです。 おいしいものも大好きです。 周りに行ったことがあると言う知り合いもいないので、ぜひ八景島シーパラダイスをご存知の方のお知恵を拝借したいと思います。 どうぞよろしくお願いいたします。 いつもこちらではお世話になっております。 11で八景島シーパラダイスに主人と二人で行こうと思っています。 二人とも初めてなので、HPなどを見ましたが広くてどう楽しんだら良いか迷っています。 そこで教えてください。 1 行く手段として電車とレンタカーだとどちらがおススメですか(足立区西新井から出発します) 2 2日間丸々八景島シーパラダイスにいる予定ですが時間は十分ですか?それとも飽きてしまいますでしょうか。 (一日券をもらったので最低1日は過ごしたいと思っています) 3 泊... A ベストアンサー (1)車なら早朝にいらしてください。 開園30分前なら土曜でもそんなに並びません。 ゆっくり出るので午前遅くに着く、というのであれば、電車がお勧めです。 八景島の周辺のどこか、を経路として考えるのであれば、車のほうが自由度はありますね。 土曜は別の所に行って、夕方八景島に入って、シーパラダイスインに泊まって、日曜は朝から八景島を堪能するとか、そういうプランでも車があれば荷物も邪魔にならないですし。 (2)丸2日はちょっと長いですね。 飽きると思います。 朝から行けば1日で、水族館3館みて、ちょっと乗り物にも乗れます。 (3)泊まったことないので分かりません。 でも、近くのホテルってテクノタワーくらいしかないのでは? (4)大人2人だとそれなりにきびきび動けますし、1日で十分堪能かなぁ。 子連れでも朝一で行けば、日暮れ前には帰る気分になりますので。 ふれあいラグーンの体験を複数回取るのはお勧めですが、整理券配布にふれあいラグーンに並ぶのと、アクアミュージアムでショーの時間に合わせて観覧するのと、うまくやらないと歩くと結構遠いので、何往復もして疲れてしまいます。 ショースケジュールを睨んで、うまく組んでください。 アクアミュージアムは神奈川の水族館では大きいほうですが2時間ほどで回れると思います。 以下近隣の施設で、我が家のよく行くスポットを紹介します。 ・海の公園:隣接です。 八景島から歩いていけます。 潮干狩り、バーベキューができます。 ・金沢動物園:同じ金沢区にあります。 昔ながらの動物園ですが、意外に珍しい動物がいます。 車がないと不便。 バスあり。 ・野島公園:海の近くの公園。 ここでも潮干狩りをしている人がいます。 車も停められます。 シーサイドライン野島公園駅。 ・富岡総合公園:駐車場は少ないですし、花見の季節なので、車だと停めるのに苦労するかも。 ま、広い公園で簡単なアスレチックとか、木々の間を歩くには海とはまた違っていいかも。 シーサイドライン南部市場駅下車。 京急富岡駅からだとかなり歩きます。 ・南部市場:魚市場です。 場内に一般向けの売り場がありますが、土日だと土曜の朝しか開いてないので、生鮮を買うには不適。 土曜の朝か昼早くに、市場の食堂でご飯を食べる、という使い方がよいかと。 駐車場もあり。 シーサイドライン南部市場駅下車すぐ。 ・三井アウトレットパーク:ここはとにかく午後行くと車が渋滞して大変です。 行くなら午前中。 御殿場や佐野をイメージしていくと、随分小さいです。 入間とか南大沢よりもちょっと小さいか?個人的にはハンバーガーがお勧め。 シーサイドライン鳥浜駅。 ・室内動物園NOA:アウトレットパークの脇にあります。 動物園といいながらペットショップです。 ハムスターとかフェレットも結構な数がいますが、ヤギ、豚、ペンギン、怖そうな猫科の何か、アルマジロ、ワニ、猿、コンゴウインコみたいな、そういうラインナップです。 動物好きならお勧め。 ・コストコ:シーサイドラインからちょっと離れていますので、車が必要。 会員にならないと入れませんので、複数回行かないなら年会費4200円は高いと思います。 川崎、多摩境、入間と比べると大きいと思います。 (1)車なら早朝にいらしてください。 開園30分前なら土曜でもそんなに並びません。 ゆっくり出るので午前遅くに着く、というのであれば、電車がお勧めです。 八景島の周辺のどこか、を経路として考えるのであれば、車のほうが自由度はありますね。 土曜は別の所に行って、夕方八景島に入って、シーパラダイスインに泊まって、日曜は朝から八景島を堪能するとか、そういうプランでも車があれば荷物も邪魔にならないですし。 (2)丸2日はちょっと長いですね。 飽きると思います。 朝から行けば1日で、水族館3... A ベストアンサー 船橋にお住まいなら、京葉道路はご存知と思います。 また、首都高湾岸線もご存知と思いますが、如何でしょうか? 首都高湾岸線に入ってしまえば、ひたすら横浜方面に向かえば良いのです。 横浜ベイブリッジを横目に南下して幸浦ICを目指してください。 幸浦ICで降りて平行してるR357を2kmほど走れば八景島シーパラダイスです。 ナビタイムによりますと、走行距離65. 8kmで所要時間は1時間29分と出ました。 但し、所要時間は現在 回答 の時間ですから、首都高の渋滞状況によって違うことをご了承ください。 因みに、首都高の利用料金は700円+600円の計1,300円です。 首都高を利用しないルートは、複雑になりますので省かせてもらいます。

次の

横浜八景島シーパラダイス バラ園 横浜市のバラ園 2018 バラ園・バラの名所情報 満開の薔薇を見に行こう

八景島 シー パラダイス 喫煙 所

【 本記事のターゲット 】• 家族で水族館に行きたい• イルカショーが見れる所に行きたい。 夏の恒例イベント「ずぶ濡れ」を体験してみたい 今回は横浜にある「 八景島シーパラダイス」です。 過去に3回ほど行ったことがあるのですが、水族館の規模は鴨川シーワールドや葛西臨海水族園と比べても引けを取らない内容となっています。 そして前回行った時に大変衝撃的なイベント 「ずぶ濡れ」。 もうそれは大変な事に... という事で、八景島シーパラダイスの水族館部分とこの「ずぶ濡れイベント」をメインとしてご紹介したいと思います。 娘が高熱を出してしまい、嫁さんが看病+息子はどこかに行きたいということで近場の八景島シーパラダイスへプラン変更を余儀なくされたという... なので今回はmogと息子ふたり旅という事になります。 八景島シーパラダイス到着までの道のり 東京江戸川区からだとアクセスも結構よく、首都高速湾岸線をひたすら横浜方面に突っ切って行く形になります。 首都高さえ混んでいなければ1時間以内で着く事が可能です。 直接八景島までは車で行けませんので、手前の駐車場に止めて八景島までは大きな橋を歩いて渡っていきます。 エレベーターも完備されているのでベビーカーでも問題ありません。 昔まだ子供が小さい時にベビーカーで行った事もありますが、不便はしませんでした。 駐車場代は1日1300円となります。 また車をもっていなくても、シーサイドラインの「 八景島駅」から徒歩ですぐなので、交通の便も比較的いい場所です。 八景島シーパラダイス水族館エリア体験レポ 出典: 名前の通り島の上に水族館と遊園地が設置されています。 大きな橋を歩いて渡ると、目の前に大きな水族館エリアが出現します。 ちなみにシーサイドラインから歩いてくると遊園地エリアから入って行く形になります。 上記図は水族館用のイラストとなっており、 八景島シーパラダイスの水族館は施設毎に4つにエリアに分類されていますので、それぞれ説明していきたいと思います。 アクアミュージアム、様々な海の生き物&イルカショー まずは水族館の中で最も大きいのが 「アクアミュージアム」になります。 5階建ての建物になっていて、実際ここを全部見るだけでも十分満足できる内容となっています。 1Fが入り口となっており、そこから奥に進んで行くとイワシの群れやアザラシ&ラッコ、ホッキョクグマやセイウチなどを見ることができます。 一通り見たら3Fに進んで行きます。 3Fでは海の花といった海藻や美しいサンゴ、イソギンチャクを見ることが出来ます。 またすごく大きいカニ「タカアシガニ」などが展示されています。 ここではメインとして アクアスタジアムがあり、 「海の動物たちのショー」が開催されています。 なので 一つのショーが30分間というちょっと長めの設定になっています。 こちらのショーですが、休日であれば1日に4回ほど開催されます。 上記写真を見ていただければわかるかと思うのですが結構人でいっぱいになります。 通路側も人でびっしり埋まっているのがわかるかと... なのでショーを座ってみたいという事であれば、開催時間は予め決まっているので事前にショーの時間を調べておき、 30分前にはこちらのショースペースに来れるように時間配分を考えて回るようにしましょう。 mogは丁度30分前にこちらに到着して、 持参していたおにぎりやからあげなどを子供と一緒に食べながらショー開始まで待機していました。 ちなみに最上階の5Fには「アクアシアター」があります。 こちらは有料施設となっており、mog自身は行ったことないのですが半球型ドームスクリーンに720インチの大迫力&立体音響などを楽しむことができるそうですので、興味がある方は立ち寄って見てはいかがでしょうか。 先ほどのアクアミュージアムを出てすぐのところにあります。 ちなみに建物が離れているので一度外に出る形になるのですが、チケットはすべて共通となりますので無くさずに持っておくようにしましょう。 それぞれ施設に入る際に必要となってきますので... 下記の写真がわかりやすいですかね。 「フィッシングスクエア」と 「ハンティングスクエア」というものがあり、竿で魚釣りを楽しんだり、ハンティングということで直接手掴みで魚をとるといった体験ができるような施設になっています。 そして取った魚をさばいたり、から揚げやアジバーガーにして食べることができるそうです。 ふれあいラグーン、ここでずぶ濡れイベント開催・体験が可能 出典: そして今回のメイン! 「ふれあいラグーン」です。 いやぁ、まさかあんなことになるなんて夢にも思わなかったです。 それは後ほど記載するとして... 規模としてはアクアミュージアムの次に広いエリアだと思います。 ちょっと離れているので意外と見過ごしがちですが、内容はものすごく充実しています。 一通りビデオを見た後に施設に入ります。 上記図の上部 「ヒレアシビーチ」や 「フレンドリーサークル」などではセイウチやアザラシ&ペンギンを見ることができます。 こちら二階建て(エレベーター完備)となっており、上からでも下から(水槽内)でも見ることができます。 またここのエリアの特徴の一つでもある 「ふれあいプログラム」が体験可能です。 別途有料となりますが、シロイルカのおでこにタッチしたりイルカと握手することができます。 こちらは ガイドプログラムと呼ばれており、 当日受付で先着順となっています。 もし興味がある方はまずはこちらのエリアにいって予約受付しておきましょう。 ちなみに、他のプログラムでイルカと一緒に泳いだりトレーナーを体験したりできるプログラムもあります。 こちらは 公式HPから事前予約可能ですので、興味がある方は一度事前にチェックしておくようにしましょう。 さて前置きが長くなりましたが、問題(メイン?)は 「ホエールオーシャン」と 「サカナリーフ」です。 まずは下記が ホエールオーシャンとなりますが... 全然調べずに行ったのでさっぱり内容が分からなかったのですが、行った時期が8月という事でビショビショになって暑さを忘れよう的なイベントが開催されていました。 これ、シャチのショーになるのですが、ショーが始まる前にしきりに 「前列、もしくは後列の方もビショビショになる可能性ありま〜す 」と陽気に話しかけてくるスタッフ... いや、前列は多少かかるかも知れないけど、後列は大丈夫だろうと思っていたのですが... 見知らぬ女の子と遊び出してなにやらいい感じになっています(笑) と、その時シャチショーがスタート! ん?... シャチが潜った... しっぽが... ザバーン! ザバーン!! 前列はもちろん(息子はアウト... )後列の大人の方までビッショビショ(苦笑)。 一斉に逃げ出す大人達... 喜んでビショビショになる子供達(笑) 最初の前列の人たちは何処へやら... 子供を残して全員場外(笑) 後列の大人達も慌ててハンカチやタオルを取り出す始末。 スタッフはマスクを被って 「やってやったぜ!!」的な感じ(笑) いやぁ、これはもうどうしようもない... 濡れないでという方が無理な感じ... ショーが終わった後駆け寄ってくる息子。 満面の笑み(笑)。 よほど楽しかったのでしょう。 よかったよかった、服はびちょびちょだけどね。 こうなったら何でもいいや... という事で次のエリアに。 次は 「サカナリーフ」に行きます。 ここは岩場や海藻などを触ってみたり、実際に海の中を除いて魚達を見てみたりする事が出来るエリアとなっています。 なのでこのエリアは直接ズボンをめくって中に入ったり、備え付けの「はこメガネ」を使って海の中を除いて魚を探すという事が出来るのですが... 既にビショビショの息子... もう ズボンをめくる事すらせずそのままどぼん... まわりの子供もそのままどぼん... まるで海水浴に来たいような感じになってしまい... 前のシャチショーでビショビショになっていたとはいえ、全身ずぶぬれ&塩水でベトベト... なんと、こんな自体に備えて嫁さんから着替えを渡されていたmog... 助かりました。 着替えは絶対に持っていきましょう(苦笑)。 もちろんタオル多めで。 ちょっと広い所で脱がせて濡れタオルで体を拭いて着替え... 帰りは電池が切れて息子爆睡。 で、その中でもひと際目立つ乗り物があります。 それは... 「ブルーフォール」 いわゆる「フリーフォール」ですね。 垂直落下... mogはジェットコースターとかは好きなのですが... 観覧車同様にこういう乗り物は苦手... で上記図からもなんだか結構高そうだな... と思うかも知れませんが、なんとその高さ... 出典: 107m! (日本一のフリーフォール!) となっています。 なんと... あの 「FUJIYAMA」よりも 「スチールドラゴン2000」よりも 高さは上なのです。 おそろしや... 130cm以上の方でないと乗れないので、子供が小さい時は無理かと思いますが... いずれ息子が大きくなったら一度くらいチャレンジしてみようかな... 子供向けの乗り物もいくつかあるので、もし遊園地も楽しみたいという方は 「ワンデーパス」を購入しましょう。

次の

神奈川県最大級!横浜・八景島シーパラダイスで紫陽花めぐり

八景島 シー パラダイス 喫煙 所

【 本記事のターゲット 】• 家族で水族館に行きたい• イルカショーが見れる所に行きたい。 夏の恒例イベント「ずぶ濡れ」を体験してみたい 今回は横浜にある「 八景島シーパラダイス」です。 過去に3回ほど行ったことがあるのですが、水族館の規模は鴨川シーワールドや葛西臨海水族園と比べても引けを取らない内容となっています。 そして前回行った時に大変衝撃的なイベント 「ずぶ濡れ」。 もうそれは大変な事に... という事で、八景島シーパラダイスの水族館部分とこの「ずぶ濡れイベント」をメインとしてご紹介したいと思います。 娘が高熱を出してしまい、嫁さんが看病+息子はどこかに行きたいということで近場の八景島シーパラダイスへプラン変更を余儀なくされたという... なので今回はmogと息子ふたり旅という事になります。 八景島シーパラダイス到着までの道のり 東京江戸川区からだとアクセスも結構よく、首都高速湾岸線をひたすら横浜方面に突っ切って行く形になります。 首都高さえ混んでいなければ1時間以内で着く事が可能です。 直接八景島までは車で行けませんので、手前の駐車場に止めて八景島までは大きな橋を歩いて渡っていきます。 エレベーターも完備されているのでベビーカーでも問題ありません。 昔まだ子供が小さい時にベビーカーで行った事もありますが、不便はしませんでした。 駐車場代は1日1300円となります。 また車をもっていなくても、シーサイドラインの「 八景島駅」から徒歩ですぐなので、交通の便も比較的いい場所です。 八景島シーパラダイス水族館エリア体験レポ 出典: 名前の通り島の上に水族館と遊園地が設置されています。 大きな橋を歩いて渡ると、目の前に大きな水族館エリアが出現します。 ちなみにシーサイドラインから歩いてくると遊園地エリアから入って行く形になります。 上記図は水族館用のイラストとなっており、 八景島シーパラダイスの水族館は施設毎に4つにエリアに分類されていますので、それぞれ説明していきたいと思います。 アクアミュージアム、様々な海の生き物&イルカショー まずは水族館の中で最も大きいのが 「アクアミュージアム」になります。 5階建ての建物になっていて、実際ここを全部見るだけでも十分満足できる内容となっています。 1Fが入り口となっており、そこから奥に進んで行くとイワシの群れやアザラシ&ラッコ、ホッキョクグマやセイウチなどを見ることができます。 一通り見たら3Fに進んで行きます。 3Fでは海の花といった海藻や美しいサンゴ、イソギンチャクを見ることが出来ます。 またすごく大きいカニ「タカアシガニ」などが展示されています。 ここではメインとして アクアスタジアムがあり、 「海の動物たちのショー」が開催されています。 なので 一つのショーが30分間というちょっと長めの設定になっています。 こちらのショーですが、休日であれば1日に4回ほど開催されます。 上記写真を見ていただければわかるかと思うのですが結構人でいっぱいになります。 通路側も人でびっしり埋まっているのがわかるかと... なのでショーを座ってみたいという事であれば、開催時間は予め決まっているので事前にショーの時間を調べておき、 30分前にはこちらのショースペースに来れるように時間配分を考えて回るようにしましょう。 mogは丁度30分前にこちらに到着して、 持参していたおにぎりやからあげなどを子供と一緒に食べながらショー開始まで待機していました。 ちなみに最上階の5Fには「アクアシアター」があります。 こちらは有料施設となっており、mog自身は行ったことないのですが半球型ドームスクリーンに720インチの大迫力&立体音響などを楽しむことができるそうですので、興味がある方は立ち寄って見てはいかがでしょうか。 先ほどのアクアミュージアムを出てすぐのところにあります。 ちなみに建物が離れているので一度外に出る形になるのですが、チケットはすべて共通となりますので無くさずに持っておくようにしましょう。 それぞれ施設に入る際に必要となってきますので... 下記の写真がわかりやすいですかね。 「フィッシングスクエア」と 「ハンティングスクエア」というものがあり、竿で魚釣りを楽しんだり、ハンティングということで直接手掴みで魚をとるといった体験ができるような施設になっています。 そして取った魚をさばいたり、から揚げやアジバーガーにして食べることができるそうです。 ふれあいラグーン、ここでずぶ濡れイベント開催・体験が可能 出典: そして今回のメイン! 「ふれあいラグーン」です。 いやぁ、まさかあんなことになるなんて夢にも思わなかったです。 それは後ほど記載するとして... 規模としてはアクアミュージアムの次に広いエリアだと思います。 ちょっと離れているので意外と見過ごしがちですが、内容はものすごく充実しています。 一通りビデオを見た後に施設に入ります。 上記図の上部 「ヒレアシビーチ」や 「フレンドリーサークル」などではセイウチやアザラシ&ペンギンを見ることができます。 こちら二階建て(エレベーター完備)となっており、上からでも下から(水槽内)でも見ることができます。 またここのエリアの特徴の一つでもある 「ふれあいプログラム」が体験可能です。 別途有料となりますが、シロイルカのおでこにタッチしたりイルカと握手することができます。 こちらは ガイドプログラムと呼ばれており、 当日受付で先着順となっています。 もし興味がある方はまずはこちらのエリアにいって予約受付しておきましょう。 ちなみに、他のプログラムでイルカと一緒に泳いだりトレーナーを体験したりできるプログラムもあります。 こちらは 公式HPから事前予約可能ですので、興味がある方は一度事前にチェックしておくようにしましょう。 さて前置きが長くなりましたが、問題(メイン?)は 「ホエールオーシャン」と 「サカナリーフ」です。 まずは下記が ホエールオーシャンとなりますが... 全然調べずに行ったのでさっぱり内容が分からなかったのですが、行った時期が8月という事でビショビショになって暑さを忘れよう的なイベントが開催されていました。 これ、シャチのショーになるのですが、ショーが始まる前にしきりに 「前列、もしくは後列の方もビショビショになる可能性ありま〜す 」と陽気に話しかけてくるスタッフ... いや、前列は多少かかるかも知れないけど、後列は大丈夫だろうと思っていたのですが... 見知らぬ女の子と遊び出してなにやらいい感じになっています(笑) と、その時シャチショーがスタート! ん?... シャチが潜った... しっぽが... ザバーン! ザバーン!! 前列はもちろん(息子はアウト... )後列の大人の方までビッショビショ(苦笑)。 一斉に逃げ出す大人達... 喜んでビショビショになる子供達(笑) 最初の前列の人たちは何処へやら... 子供を残して全員場外(笑) 後列の大人達も慌ててハンカチやタオルを取り出す始末。 スタッフはマスクを被って 「やってやったぜ!!」的な感じ(笑) いやぁ、これはもうどうしようもない... 濡れないでという方が無理な感じ... ショーが終わった後駆け寄ってくる息子。 満面の笑み(笑)。 よほど楽しかったのでしょう。 よかったよかった、服はびちょびちょだけどね。 こうなったら何でもいいや... という事で次のエリアに。 次は 「サカナリーフ」に行きます。 ここは岩場や海藻などを触ってみたり、実際に海の中を除いて魚達を見てみたりする事が出来るエリアとなっています。 なのでこのエリアは直接ズボンをめくって中に入ったり、備え付けの「はこメガネ」を使って海の中を除いて魚を探すという事が出来るのですが... 既にビショビショの息子... もう ズボンをめくる事すらせずそのままどぼん... まわりの子供もそのままどぼん... まるで海水浴に来たいような感じになってしまい... 前のシャチショーでビショビショになっていたとはいえ、全身ずぶぬれ&塩水でベトベト... なんと、こんな自体に備えて嫁さんから着替えを渡されていたmog... 助かりました。 着替えは絶対に持っていきましょう(苦笑)。 もちろんタオル多めで。 ちょっと広い所で脱がせて濡れタオルで体を拭いて着替え... 帰りは電池が切れて息子爆睡。 で、その中でもひと際目立つ乗り物があります。 それは... 「ブルーフォール」 いわゆる「フリーフォール」ですね。 垂直落下... mogはジェットコースターとかは好きなのですが... 観覧車同様にこういう乗り物は苦手... で上記図からもなんだか結構高そうだな... と思うかも知れませんが、なんとその高さ... 出典: 107m! (日本一のフリーフォール!) となっています。 なんと... あの 「FUJIYAMA」よりも 「スチールドラゴン2000」よりも 高さは上なのです。 おそろしや... 130cm以上の方でないと乗れないので、子供が小さい時は無理かと思いますが... いずれ息子が大きくなったら一度くらいチャレンジしてみようかな... 子供向けの乗り物もいくつかあるので、もし遊園地も楽しみたいという方は 「ワンデーパス」を購入しましょう。

次の