今 まで 読ん で いた 男 塾。 「文学」体験を始めます。~安達雄大の受験雑考その十六

「今まで読んだ中で一番こわい短編小説」が話題に(その1)

今 まで 読ん で いた 男 塾

講師コラム 突然ですが、自白します。 国語屋さんをやっている身として恥ずかしい(?)ことに、 僕は「文学」…特に「純文学」と呼ばれているものと、 ちゃんと向き合ったことが。 ほぼ一度もありません。 「文学史」で紹介されているような作品と向き合ったのは、 高校1年生で読む芥川の「羅生門」と、高校2年生で読む漱石の「こゝろ」だけ。 あとは一切、読んでません。 そりゃあもちろん、本は読んださ。 ああ読んださ。 でも、歴史小説、ミステリー、それから俗に言う「ラノベ」だけ。 「グイン・サーガ」も出ている130巻は全部読んだし、 京極夏彦の京極堂シリーズも全部読んでる。 塩野七生をむさぼり読んだ時期もある。 100冊、200冊どころではなく、読んではいる。 でも、「純文学」とされているものは、1冊も…。 ついでに言うと、書物自体、 ここ数年、読んでません。 言葉にすると、ほんとにダメな国語屋なのが実感できます…。 誤解のないように言っておくと、 僕は「純文学」が高尚で、今まで読んできたものが低俗だ、 だから、「純文学」を読んでこなかったことを反省します、 そんなことは、全く思っていない。 ここ数年本を読んでいなかったことを反省しているのでもない。 そうではなくて、ただただ僕が「純文学」を毛嫌いしてきた、 本とのつき合いがここ数年断絶していた、 そういう「自白」をしているだけ。 ところで、こんな僕に、 この3月に、とある変化のキッカケが訪れました。 入試の分析原稿を作る仕事の都合上、 どうしても又吉直樹の『火花』を読まざるをえなくなったこと。 それから、担当する授業の内容の都合上、 どうしても「文学史」をやらなければいけなくなったこと。 (恥ずかしい話、「文学史」あんまり分かっていませんでした…ハズいね…) それでもって、『火花』を完読して、文学史を勉強したら、 何だかとても、「純文学」と言われているものを読みたくなった。 「純文学」なるものを体験したくなった。 そういうわけです。 『火花』が僕にとってどんな作品だったか。 それを語る権利も、資格も、今の僕にはありません。 「批評」をするには、知識が足りない。 そもそも、「批評」をする立場に自分の身をおくこと自体、 かなり警戒している。 文学者の松浦寿輝が、 「批評」なんていうのは、 作品世界をそのまま受容させられるという「劣位」に耐えられないエゴイストが、 作者と「対等」の位置…場合によっては「優位」に立つべく、 作品の外部に自ら抜け出てツベコベ言っちゃったがゆえに、 肝心の小説を心から楽しむことができなくなった、そういう存在だ。 ・・・というようなことを言っていた。 (ちょっと誇張してるな…) 芸術は、そこにあるものをそのまま受け止めるべきだと思う。 芸術を言葉にして、作者と対等な位置に立ったつもりになってしまうのが、いやだ。 そういう行為は、 場合によっては、世界を創った人に対するただの怨恨感情だ。 「批評」自体を否定する気は、もちろんない。 「批評」は本来、芸術を創った人とそれを知らない人とのバイパスになるから。 創られた世界とそれを十分に把握できていない人との、緊密な結びつけをするというのは、大事な仕事だ。 でも、そういう「批評」本来の本質を見失ったただの批判は醜いし、 そういう醜い「批評まがい」を最近非常によく見る気がする。 そういう、嫉妬混じりの怨恨感情だけに駆られた批判だけは、 僕は絶対にしたくない。 だからぼくは、「批評」はしない。 もちろん、「批判」もしない。 下手な「批判」、安易な「批判」は、 たちまち、よくない意味での「批評」になるから。 僕はせいぜい「感想」文を書くだけの存在であろうと思う。。 だから、『火花』も批評しない。 ただ受け止める。 そうでなくても、今の僕には『火花』を云々する権利はないんだから。 これから読むであろう作品との関連で、 再び『火花』の話をする時があるかもしれないけれど。 それから、かつて読んでいたミステリーや歴史小説は読まない。 これは、自分に対する「縛り」にしたいと思う。 散々読んできて、あれらが面白いのはもう知っている。 でも、僕が今体験したい面白さはそれじゃない。 「純文学」という新しい面白さだ。 というわけで話を戻すと、 先日、『火花』を読了しました。 数年間停止していた読書活動自体が、再開されました。 スイッチ入ると、順調に稼動するもので、 実は『火花』に続いて、遠藤周作の『死海のほとり』も読了しております。 更に続いて、村上春樹の『1Q84』を読み始めました。 既に下巻の真ん中辺りに到達しております。 繰り返しますが、まだコメントする気はありません。 その権利もありません。 一言漏らしておくと、村上春樹って、こんなに強烈だったっけ…。 ちなみに、どういう選考基準で上の3冊が選ばれたかというと、 たまたま家の本棚にある本の堆積の中にあったから。 『火花』は、仕事の必要上、つい先日買った。 『死海のほとり』は、親の持っていたものが僕の本棚に収まっていた。 『1Q84』は、ある仕事場のスタッフさんから、何の因果か買い受けた。 つまりこれらは、偶然集まった本たちです。 これから、自分が読んだ作品について、 ちょいちょい書いていくかもしれません。 まずは、その開始宣言でした。 2017年4月23日 記.

次の

乗代雄介さんが読んできた本たち 作家の読書道:第217回|好書好日

今 まで 読ん で いた 男 塾

中3で転塾しようか迷う 塾についての相談です! 私は今個別指導塾に通っています! だけど今の塾は数学と英語しかしていないのであとの三教科が不安です。 今年中3、受験生なのでどうにかしたいと思っています!だけど今の塾で受験対策?をするらしいんですけど、、それも何教科するのか分からないから塾を変えた方がいいのかなと思ってます! でも集団で行う塾に行こうと思ったんですけど親からあなたはここでいい。 と言われ断られてしまいました。 自分に集団塾が合うか分かりませんが、高校の選択肢をできるだけ増やすために5教科全部成績をあげたいです。 どうしたらいいでしょうか? るかさん(選択なし・14さい)からの相談 とうこう日:2020年3月28日 みんなの答え:3件 体験へGO!! 塾へ体験しに行ってみてはどうでしょうか…?私も小学生のとき、いくつか体験して塾を決めたので…。 無料体験できるところもありますし。 塾の授業の雰囲気が分かるのでオススメです。 1箇所ではなく複数箇所、1回ではなく複数回行くことを推奨します。 塾以外にも勉強できる手段はたくさんあります!! 動画配信サイトで勉強の動画を探してみたり、SNSで勉強垢 Twitter、スタプラ等… を作ってフォロワーさんに分からないところを教えてもらったりもできるので、そういった方法も良かったら試してみて下さい!! 自分に出来ることは全部勉強に活かして!! 合格掴みに行って下さい!! 応援しています…!! 酸さん(東京・13さい)からの答え とうこう日:2020年3月29日•

次の

男にも読んでもらいたい オンナ塾

今 まで 読ん で いた 男 塾

先日10億年ぶりに、昔よく聴いていたBIGBANGをYouTubeで流していたら当時の思い出がぶわーっとあふれてきてとても懐かしい気持ちになりました。 こんにちは、アラサー主婦のはぴりです。 今回は、 失恋した人に伝えたい 「この人しかいない、というのは幻想です」ということを書いていきたいと思います。 題名は何の恋愛塾ですかって感じですが、今から伝えるのは自身の 経験から考えた本心です。 失恋って、真剣だったからこそ、辛いですよね。 本当に 苦しくて苦しくて辛くて死にたいって思うくらい どん底にいる人もいると思います。 そんなあなたの気持ちがほんの少しでも 軽くなればいいなと思って書いてます。 きっと大丈夫、私もそんなどん底の時期がありましたが、今元気に幸せに生きてます。 この人しかいない!と思うのは幻想と書きましたが、その心は? 厳しいことを言うようですが、 別れた後に 「私にはあの人しかいない」と思うのは勘違いですよ、という話です。 もちろん、付き合い始める時に「この人しかいない!」と思って付き合い始めるのはごく自然で当然、多くの人が思うことですよね。 直感って大事です。 私が言いたいのは、 別れたにも関わらずそう思い続けてしまうことが間違いだ、ということです。 だってもう別れてるんだから。 その人じゃなかったんです。 ただそれだけ。 その人じゃなかった。 この人だ!と思って付き合っていたかもしれないけど、結局その人はあなたをそこまでどん底に突き落として悲しい思いをさせたんです。 辛いかもしれないけど、それが事実ですよね?( 別れに どっちが悪いとかないかもですが、その人と付き合った 結果今 悲しい思いをしている、というのは 事実ですよね、という意味です。 ) 別れるべくして別れた たまにいますよね、離れたりくっついたりしてるカップル。 あれって端から見てると 時間の無駄だなーって思いませんか?私は思うんですよね。 執着心や依存から離れられないというのは、ハッキリ言って、それは恋愛ではありません。 あなたを夢中にさせる人は、いい男 or女 ではありません 恋に盲目という言葉がありますが、人は恋をすると周りが見えなくなることがありますよね?もちろん、恋愛初期に相手に夢中になることは決して悪いことではありません。 私が言いたいのは、 付き合いが長くなってきたのに、 「不安や不満から相手のことを四六時中考えてしまう」という状態が危険です、ということです。 冷静に考えて、 そんな状態にさせてしまう相手って、いい男 or女 とは言えませんよね?付き合っていてもお互いが 自分らしさを無くさずにいられるのが良い関係といえると思います。 心の傷は時間が解決してくれる 一緒にいる相手によって、 「 今の自分結構好きだな」だったり、 「 今の自分はあんまり好きじゃないな」って感じたことはありませんか? 人って少なからず一緒にいる相手によって、 変化するものです。 一緒にいて、 無理せずに自分を出せて心地いいなぁとか、 この人といると可愛い自分でいられる、とか。 逆に、この人といると自分の 嫌なとこばかり出てしまうなぁって自己嫌悪に陥ったりするのであれば、それはもしかしたら 自分に合わない人なのかも?って思った方がいいです。 その時は大丈夫でも、いずれ苦しくなってくる可能性があるからです。 相手を好きかどうかももちろん大事ですが、併せて その時の 自分を好きかどうかも恋愛をする際 大事な基準になるんじゃないかなって思います。 いかがでしたか?失恋して辛くてもきっと傷はよくなるし、普段通りの自分に戻れる日が来ます。 どん底の気分の時が過ぎれば後は上がるのみ!!です。

次の