アズリエル bgm。 Asriel Dreemurrとは (アズリエルドリーマーとは) [単語記事]

カテゴリ:BGM

アズリエル bgm

テーマ 『UNDERTALE』という作品を紐解く上で本作のテーマを再確認してみよう。 本作のテーマは「 誰も死ななくていいやさしいRPG」である。 Kickstarterでも特徴として「戦闘が不要」を掲げている。 Toby氏が『 MOTHER』のファンであることからも同作のような温かく優しいRPGを目指したのだと思う。 『やさしいRPG』を実現するために 戦闘システム 単純に「死ななくていいRPG」と言ってもそれをゲームとして実現するのは非常に難しい。 RPGではフィールドを歩けばモンスターと エンカウントするのが世の常である。 しかし戦闘で「モンスターを倒さない」方法は一般的なRPGでは「 逃げる」しか存在しない。 しかし敵に会う度に逃げるだけのRPGなどゲームとして面白くない。 そこで用意された手法の一つが『 真・女神転生』シリーズからインスパイアされた「みのがす」(MERCY)システムである。 メガテンではモンスターとの会話で敵を仲間にしたり、お金やアイテムを貰うことが出来た。 本作でも魔物と コミュニケーションを取ることで戦闘意思を削ぎ、見逃したり逃げることが出来る。 しかし、交渉だけでは戦闘が単なる作業となってしまう。 それを避けるために用意されたのが 弾幕STGを連想させる敵の攻撃システムである。 これにより「 みのがす」だけで終わらせず攻撃を「避ける」ことも楽しめる。 勿論Toby氏の『東方Project』好きという趣味の部分も大きい。 物語 上記システムによって敵を倒さなくても楽しめる ゲーム性は担保できた。 しかし、用意できたのは飽くまで戦わずに済む「 システム」のみである。 プレイヤーにとってエンカウント時の選択は「倒す」か「みのがす」(逃げる)かの 二択であり、戦闘後に得られるメリットを考えると倒した場合の方が Expが得られてメリットが大きい。 何かしら「倒しくたくない理由」が必要となる。 そこで「やさしいRPG」を目指すために必要だったもう一つの要素が 物語である。 本作のストーリーは他のインディーゲームとは比較にならないほど突出している。 ゲーム開始時に フラウィーに騙されて瀕死となり、プレイヤーにとっての母となる トリエルに救われる。 そしてトリエルを倒すことを自ら選択し、地下からの脱出を目指さなくてはならない。 恐らくプレイヤーにとって初めて「 倒したくない」と心から思う敵は「トリエル」である。 しかし1周目の戦闘仕様・経験では「 倒すしか無い」イベントに見えるように音楽・会話が演出されている。 1周目の フラウィー戦も同様で最後までフラウィーを「みのがす」ことが出来た人は少ないと思う。 『UNDERTALE』という作品はココロの 温度管理が非常に上手い。 終始プレイヤーの心を揺さぶり続けることで他には無いゲーム体験を生み出している。 ケツイ 戦闘システムと物語でひとまず「やさしいRPG」を作ることは達成できた。 しかし、本作をありふれた名作から 傑作たらしめている要素は既存のゲームという枠を超えた「 ケツイ」の存在だろう。 「ケツイ」は Friskが世界に現れるまでフラウィーが持っていた「 セーブ&ロード」能力のことであり、『UNDERTALE』という作品世界そのものに干渉する能力のことを指す。 私たちがゲームをクリアする時に感じる感情は「達成感」や「満足感」だけではない。 同時に「 寂しさ」を感じるプレイヤーも多いと思う。 それはゲームをクリアして世界を救うことで「 私」が世界に干渉する理由が無くなってしまうこと、クリアしたセーブも只の「データ」であることを認識してしまうことが理由に挙げられる。 用意されたシナリオをゲーム上で用意された1ルートとして捉え、作業的に淡々とゲームをクリアしてしまうことは Gルートの展開そのものである。 そういった、ある種ゲーマーとしては当然の行為に「 待った」をかけて『UNDERTALE』という世界を 実在させるために必要だったのがゲーム世界に干渉する能力「ケツイ」だったのだろう。 この「ケツイ」は単なるメタ要素ではない。 Nルートクリア時にはフラウィーにより セーブが書き換えられ、Gルートクリア後は元のPルートEDを観られないようにゲーム自体が 永遠に書き換えられてしまう。 これはプレイヤーが作品世界に 干渉し、影響を与えていると実感させる最も有効な手段だと思う。 最初フラウィーが語りかけてくるのはFriskに対してではなく「 プレイヤー」だと感じたと思う。 レイヤーで考えてもプレイヤー同様にセーブ&ロード能力を持っていた唯一の存在はフラウィーであり、サンズは 観測者としての能力はあったがゲーム世界に直接干渉できる能力は持っていない。 キミの「ケツイ」一つで『UNDERTALE』という世界を救うことも、壊すことも出来る。 このゲームと現実の狭間にあるような作品が『 UNDERTALE』であり、「ケツイ」の存在が同作を唯一無二の作品たらしめている。 考察 以上が『UNDERTALE』の作品としての価値の分析となる。 以降はネット上での各種考察をまとめてみる。 FriskとChara 考察を行う上で外せない議論は「Frisk」と「Chara」についてだろう。 Frisk Frisk(フリスク)はゲーム開始後にプレイヤーが操作するキャラクターであり、本作の主人公である。 本作のゲーム開始時に入力する名前は「 落ちてきた人間」(Chara)の名前であり、操作するプレイヤー(Frisk)とは異なる。 Friskが持つ「ケツイ」の力は SAVE能力である。 元々はフラウィーが持っていた能力だが、Friskが落下したタイミングでSAVE能力を奪われてしまう。 ゲーム開始時のフラウィーとのやり取りは「ケツイ」の力を取り戻すためにFriskに襲いかかったという流れとなっている。 Chara Chara(キャラ)はエボット山から地下に落ちた最初の人間である。 ゲーム開始時に入力するのはこの Charaの名前である。 アズリエルの話によると 人類が嫌いだったらしく、Gルートの最後にその姿をあらわす。 見た目はFriskにそっくりであり、キャラチップも完全に一致する。 Charaは計画自殺後、アズリエルに魂を吸収させてバリアを突破し7つの人間の魂を集める計画を立てていた。 CharaとFriskの関係 Chara=Friskと考える考察は多いが、プレイヤーは行動次第でFriskにもCharaにもなり得るというのが本作の肝だと思う。 「やさしいRPG」を表現するためには優しいFriskの対極となる残虐な 意思であるCharaが必要だった。 Gルートを突き進むプレイヤーは『UNDERTALE』の世界をデータとしか見ていない。 敵を倒しても心に痛みを感じず、 好奇心からシナリオだけを追い続けている。 Gルートを完遂した時点でプレイヤーの心にはCharaの意志が存在するようになる。 GTAをプレイすれば好奇心から通行人を攻撃し、ADVをプレイすれば鬱ルートを含めた全EDを観るまで満足しないゲーマーの鑑になってしまうのだ。 「ケツイ」とは? ゲームのセーブやロード、ポイントでの回復が行える「 ケツイ」の正体は何なのだろうか。 真実のラボの報告書によると人間が持つ「生きようという意志」「運命に抗おうとする心」とされている。 私たちは『UNDERTALE』というゲームを 購入した時点で「ゲームをクリアする」(=運命に抗う)という「ケツイ」を心に抱いている。 恐らく『UNDERTALE』の世界ではSAVE能力を自在に操れるのは最も強い「ケツイ」を持った一人だけである。 だからこそFrisk(=プレイヤー)がゲーム内に登場した時点でフラウィーはSAVE能力を失ってしまう。 プレイヤー1人の「ケツイ」に対し、アルフィスから注入された「ケツイ」だけでは上回ることが出来なかったのだと思われる。 その後フラウィーは6人のソウルを吸収することで再びSAVE能力を取り戻している。 6人のソウルについて アズゴアが集めた6人のソウルについてもそれぞれ バックストーリーが用意されている。 スノーフルで遊べる玉入れゲームで出てくる旗は7色存在し、各メッセージが各色のソウルに対応している。 道中に落ちている、入手可能な武器・防具はそれぞれ6人が使用していたもの。 フラウィー戦での攻撃方法も各武器に対応したものとなっている。 詳しくはを参照。 その他 上記は『UNDERTALE』世界での出来事を時系列順にまとめた画像。 軽くまとめてみたが、本作の考察記事は調べれば幾らでも出てくる。 どれも調べてみると非常に面白い内容なので是非読んでみて『UNDERTALE』の奥深さを楽しんで欲しい。

次の

『UNDERTALE』考察:優しいRPGを作る為に必要だったこと

アズリエル bgm

参考記事: UNDERTALE Soundtrackは アンダーテールに使用されている楽曲のアルバムである。 リリース日は2015年9月15日で、、、、で購入できる。 また、にて無料で聴くことができる。 全ての楽曲はToby "Radiation" Fox氏がを用いて作曲している。 全てで101の楽曲が用意されており、その内78~101番の楽曲は「隠された」楽曲であると考えられる。 通常のゲームプレイでは聞けない、またはサウンドトラックに収録されていない楽曲はで確認できる。 楽曲とその他の音源ファイルは主に各種共通するフレーズ 以下ライトモチーフとする で構成されている。 アンダーテールの楽曲の大半は無料のサウンドフォントやシンセを使用して構成されているとFox氏は述べている。 公式の楽曲リスト 注意:「マイナー」に分類されるライトモチーフは 斜体で表記されます。 該当する場合、その楽曲のライトモチーフのサブセットは括弧内に書かれています。 1:56 パピルス、、とのデート開始前 の店 Snowdin 26 Date Danger! 曲調が上がったり下がったりするだけで、無意識の内に心を突き動かされるような体験をしたんだ。 どの曲もメロディはシンプルで分かりやすいんだけど、そのすべての欠片がシンプルさを失うことなくチップチューンの領域を飛び越えるような作り方をしているんだ」と述べている。 Jim Sterling氏はサウンドトラックを「耳に残る曲ばかりの最高のコレクションだ」と褒め称えている。 " FL Studio. I often write the melodies and chords using a keyboard first. "- Toby Fox氏がにて回答。 that's cool" - Toby Fox氏のツイッターより 2015年9月15日•

次の

『UNDERTALE』考察:優しいRPGを作る為に必要だったこと

アズリエル bgm

の前夫であり、の父親で、では最後のボス である。 地下世界にモンスターを閉じ込めているバリアを破壊するため、7人の人間を殺してを集めようとしている。 しかし、その性格は悪人とは程遠いものである。 外見 アズゴア・ドリーマー 以下 アズゴア は大柄な体格のヤギを思わせる獣人型のモンスターで、黄金の髪と髭、2本の曲がった大きな角を持つ。 家族であったやに似た姿をしている。 鎧を着ており、金色ショルダーガードのついた紫色のマントと王冠を身に着けている。 戦闘では表情を隠し、花の飾りがついた赤いトライデントを使用する。 性格 アズゴアの性格は親切でのんきである。 趣味はガーデニング。 好きな紅茶は"きんいろのはなのハーブティー"。 彼の同様、話し方に癖がある。 だが息子の死は彼の人生を変えてしまった。 彼はに対し、互いのタマシイを巡って戦う必要があることを知りながら、 引き返して地下世界の別の場所を訪れる機会を与えるなど紳士的な応対をする。 彼は屈強な戦士であり、モンスターたちのために人間を殺すことは、 自分の義務だと考えているが、本心では誰も殺したくないと主人公に対して語る。 このためか、アズゴアの攻撃は主人公がHP1で踏みとどまっている間でない 限り死に至ることはない(つまりHPが2以上ある場合は瀕死になるだけで死なない)。 また主人公がもし地上に帰ることを諦めるならもう一度、 と一緒に人間である主人公を息子として世話する用意があると告げる。 地下世界では、アズゴアは間抜けで優柔不断と言われながらも、 多くのモンスターたちに素晴らしい王様と尊敬されている(ネーミングセンスとイチャイチャを除く)。 誰に話を聞いてもいい人であると言われている。 彼は過去に生き、もう長い間、かつての妻と暮らすことができず孤独である。 人間のタマシイを集め、バリアを破ることがモンスターたちの希望だと考えている。 しかし、アズゴアは同時に誰かを殺すことをためらっており、7人目の人間がこないことを願っていた。 そのため、は、 彼を弱い君主であると断じ、快く思っていない。 戦闘能力に関しては、モンスターの中で最も強いとされている。 が、自らが特訓をつけ以降も鍛え続けたアンダインに現在は抜かれている可能性がある。 これはアズゴア自身が温厚で戦いを好まないことも影響している。 彼が命を落とした場合、他のモンスターが地下世界の統治を行うことになるが、 いずれもアズゴアほどの支持は得られない。 戦闘中に手にした武器を実際に振るってタマシイを攻撃してくる数少ないモンスターの一人。 Nルート時 不殺を目指しているプレイの場合、唯一主人公の攻撃で倒す必要がある相手である(HPをゼロにする以外の方法で戦闘を終わらせることはできない)。 ストーリー 「アンダーテール」での出来事が起こる前、アズゴアとは、 元々モンスターの王と女王として結婚していた。 人間との戦争により地上から追放された後にという息子が産まれ、 義理の子としても引き取っていた。 とある事件で二人の息子を失ってしまうという惨事がおき、 アズゴアは全ての人間が危険であると見なし、バリアを越え地下世界に落ちてきた全ての人間を 殺してタマシイを刈り取り、その力でバリアを破ろうと決心した。 それに愕然としたはアズゴアと決別し、女王としての地位を捨て、 落ちてきたいかなる人間も守るために隠居している。 主人公が地下世界に落ちてくる前、6人の人間のタマシイがアズゴアの手で刈り取られており、 遺体はかんおけに安置されている。 えっけんのまで主人公と出会い、最後の戦いの時が近づくことを悟る。 結界までの2つの部屋を抜けると、主人公に戦いの前に他のモンスター達と話す最後の機会を与える。 そして、戦いの直前にアズゴアは保管している6つの人間のタマシイを見せ、 主人公のタマシイを保管する準備をする。 そして戦闘に入るとすぐに、 プレイヤーの「みのがす」ボタンを破壊してみせる。 戦いの結果主人公に敗北したすぐ後、主人公の選択にかかわらず、 によってとどめを刺されてしまう。 アズゴアとの戦闘が始まると、が妨害に入ってくる。 このときの流れはゲームが始まってすぐ、 の攻撃を妨害したときと同じものである。 はアズゴアと主人公のどちらかがバリアを通り抜けるために殺し合いをすることを 阻止するために駆けつけてきたのである。 そして、「 アズゴアがバリアを通り抜けるにはタマシイは1つだけで済んだはずが、それでも7つタマシイを集めてバリアを完全に消滅させることを選択し、問題を先送りにしようとした。 」と 説明する。 その後が現れるまで、、、を交えてしばらく会話が行われる。 との戦闘中、アズゴアは「まよえるタマシイ」の1つとして現れる。 ここで、アズゴアとの攻撃パターンに共通するものがあることが、はっきりとわかる。 戦闘終了後のエピローグで主人公に「地上でモンスターと人間とを繋ぐ大使になってくれないか」と尋ねる。 またTrue Pacifistエンディングにて、の学校の前で生け垣をの顔の形に 剪定している姿がうかがえる。 他のルートでは主人公の行動に関係なくアズゴアは死亡するので、彼を生存させることができる唯一のルートである。 主人公が王座の間に着くと、アズゴアはらしき黄色い花に主人公が到着したという 旨の警告を受けていた事がわかる。 そして、主人公が人間であるということが認められず、 「君はどんなモンスターなのか」と尋ねてくる。 主人公は話を聞かず唐突に戦闘に入り、コマンドも介さず一撃でアズゴアに致命傷を与えてしまう。 するとが突如地面から顔を出し、アズゴアに止めを刺しタマシイを破壊する。 戦闘 参考記事: 戦闘開始時、アズゴアは「みのがす」コマンドを破壊してしまう。 (ただし、においては戦闘開始時点で既に「みのがす」コマンドは消えている) 戦闘を強制してくるため、他のモンスターのように彼を逃がす、という選択肢は取れない。 そのため主人公の攻撃で倒さなければならない。 攻撃パターン アズゴアは、の攻撃を激しくしたような炎の魔法や、 手に持ったトライデント(三叉の槍)を使って攻撃してくる。 小さな火の玉をらせん型に連ねてボード上部から放つ。 2回に分けて放たれる。 落ち着いて安全地帯を見極めるべし。 8ダメージ。 小さな火の玉が2~3個連なり、波うちながら次々と降ってくる(6ダメージ)。 同時に、ボードの左右から「!」と書かれた危険地帯が表示され、直後に炎の弾幕が覆う(8ダメージ)。 弾幕は一度の攻撃で3回(戦闘が進むと増加)、左右どちらに来るかはランダム。 一部が途切れた火の玉の円が、画面外側からボードの中心に向かって収束してくる。 8ダメージ。 途切れた部分から抜ければ良いのだが、戦闘が進むと回転しながら迫ってくる上、• さらに進むとスピードが上昇するようになる。 アズゴアの手がボード上をなぞり、巨大な炎の玉を生み出す。 炎の玉は1列揃ったタイミングで• 主人公のソウル目掛けてまっすぐ飛んでくる。 上下2列同時に出現する/1列ずつ、• 4辺にランダムに出現の2パターンある。 炎に当たると6ダメージだが、• 手そのものにダメージ判定はないので落ち着いて対処しよう。 巨大な火の玉が花火のように拡散しながら迫ってくる。 発生源が画面上部を移動していくので、慣れないと玉の軌道を予測するのが難しい。 6ダメージ。 アズゴアの目が青もしくはオレンジに2回光り、直後にトライデントを2回振り下ろし、• ボード全体にダメージ判定を及ぼす。 そのままでは6ダメージ喰らってしまうが、• トライデントの残像はアズゴアの目の光った順番通りに色が付いており、• 「青は止まる」、 「オレンジは動く」ように主人公のタマシイを操作すると回避できる。 色の組み合わせはランダム。 全部青ならアズゴアが憐れんでくれたのだろう。 戦闘が進むと目の光る回数=振り下ろしの回数が3回、4回と増える。 テクニック• 以下の行動を取るとアズゴアの攻撃力と防御力を下げることができる。 戦闘中にバタースコッチパイを食べる。 アズゴアにのことを思い起こさせられる。 アズゴアの元に来るまでに バタースコッチパイを大事に残しておく必要があるので注意。 「はなす」でアズゴアに3回話しかける。 ただし、それまで 誰一人殺害していないことが条件。 主人公のHPが2より多いときに致死ダメージを受けると、死なずにHP1で踏みとどまれる。 既にHPが1であるときにダメージを受けると死んでしまう。 HPが1になるまで回復アイテムをとっておくのも手だが、同じターンに=一度の攻撃で何度も攻撃に当たると回復する間もなくやられてしまうので注意。 それまでにモンスターを一度でも殺害したか否かで、「はなす」の内容が変化する。 殺害していない場合、主人公がアズゴアに殺された回数に応じてさらに内容が変化する。 ただし、アズゴアに対して「はなす」ができるのはのみ。 人物関係 数多くのモンスターに慕われているため、ここに挙げた人物以外もアズゴアに関する話を聴ける。 アズゴアの妻である。 二人の息子が死に、彼が人間のタマシイを集め、 バリアを破る計画を宣言すると彼の元を去った。 かつての平和のころは相当なラブラブの夫婦関係であったようで、そのイチャイチャぶりはモンスターたちの間でも有名であり、98年度「おはなスリスリコンテスト」ではイヌカップルを抑え 堂々の一位を獲得している。 また、真実のラボにあるVHSでもジョークを交えながら、子供ができたことを喜び合う夫婦の様子を知ることもできる。 アズゴアは現在も彼女に未練があり、忘れられずにいる。 なお、アズゴアは彼女を呼ぶ時は「 トリィ」という愛称を用いる。 ちなみに、仲が良かった頃のトリエルは「 ゴアちゃん」と呼んでいた。 Neutral Routeで生存している場合、彼の死後、代わって地下世界の統治に乗り出し女王として復位する。 この際、アズゴアとは逆に人間に親切にするようにモンスターたちに告げる。 アズゴアの部下である魚人の戦士。 幼かった彼女を戦士として訓練したこともある。 幼いアンダインに対して、アズゴアは一切反撃をせず手を挙げなかったらしい。 彼女にずっと特訓を続け、鍛え上げた。 彼女いわくアズゴアとはちょっと似ているらしい。 彼女は特にアズゴアを尊敬している一人であり、主人公に対してアズゴアを傷つけたら許さないとまで発言する。 ただし上述の通りアズゴアと戦闘になった場合、アンダインの約束を破らないと戦闘は終了しない。 で生存しており、モンスター殺害数が多い場合は、彼の死後に地下世界の統治に乗り出したを追い出し、アズゴアの計画を引き継ぐと宣言する。 ウォーターフェルの洞窟で店を構える老探検家。 非常に長生きらしく、アズゴアの話も聞かせてくれる。 同時に彼がアズゴア以上の年長者であることもわかる。 彼からはフワリン王という愛称で呼ばれている。 彼曰く、国中を訪問して民と話をするのが好きな、お気楽で気のいい男。 METAホテルの傍の路地で店を出している二人組みの女性。 彼女たちからもアズゴアについて、とにかく良い人という話を聴くことができる。 に首っ丈の彼女たちも、アズゴアのことは大好きらしい。 アズゴアの実の息子。 彼と同じような話し方に癖がある。 彼が死んでしまったことで、アズゴアは過激な決心をあらわにするが、他者の命を奪うことを嫌うアズゴアにそこまで言わせたということは、よほど アズゴアにとってアズリエルの死が許せなかったのだと思われる。 アズゴアの養子。 最初に落ちて来た人間。 人間の子供だったにも関わらず実の息子アズリエルと同等に愛し、トリエルと夫婦で惜しみない愛情を注いだ。 アズゴアは彼を予言の天使、人間とモンスターの未来だと信じていた。 トリビア 以下の理由から、アズゴアは 左利きであると推測される。 戦闘の直前、「みのがす」コマンドを砕くために取り出すトライデントを左手で持っている• 戦闘中、赤いトライデントを構えている際、左手の方がより矛先に近い• True Pacifistエンディングにて、生垣の手入れをする園芸用ハサミを持つ手が左手• 本人であると断言されてはいないが オープニングにて、アズゴアらしきシルエットもTridentを左手で持っている。 オープニングのモンスター側の指導者はシルエットだけで、アズゴアであるとは断言されていないものの、非常に体格・容姿共に似ており、モンスターの寿命の長さから考えてもアズゴア本人である可能性は高い。 (セリフの音声も実はアズゴアのものと同じ) 注釈• Toby Fox [fwugradiation] による2015年9月21日 JST のTwitter上での発言より。 -いくつかのUndertaleのキャラクターの名前の読み方 違う読み方をしているなら気にしないで -• 1周目のみアズゴアの後にもう一つボス戦がある。 はっきりと言及されているわけではない。 理由についてはTrue Pacifist Routeでのみ聞くことができる。

次の