カレンダー リマインダー。 【iOS】Apple純正“リマインダー”アプリの活用事例&繰り返し通知をカスタムする方法【iPhone】

Google カレンダーにリマインダーを追加する

カレンダー リマインダー

この記事の内容• Googleカレンダーのリマインダーとは? Googleカレンダーのリマインダーは、 タスクを登録して期限が迫ると通知をしてくれる機能のことです。 誰かとの約束や締め切り、やらないといけないこと、こういった「いつまでに何をしなければいけない」というタスクを全て覚えておくことは大変です。 そんな時に、リマインダー機能を使えばアプリが設定した期限で通知を自動で出してくれるので、タスクを忘れるようなミスを減らすことができます。 リマインダーとイベント・ゴール・TODOの違いは? Googleカレンダーにはイベント、リマインダー、TODOを登録できます。 それぞれの違いは次のとおりです。 イベント いつどこで何をする「予定」を登録します。 リマインダー いつまでに何をする「タスク」を登録します。 完了のチェックを付けない限り、タスクが自動で繰り越されます。 ゴール トレーニングや読書などの「日課」を設定します。 自動で空いている日付と時間帯を割り出して設定されます。 TODO いつまでに何をする「タスク」を登録します。 リマインダーとの違いは、未完了でもタスクを繰り越しません。 TODOはリマインダーと同様にタスクを管理する機能ですが、Googleカレンダーアプリでは採用されていないため、今後はリマインダー機能のみに移行していくと思われます。 ホーム画面からGoogleカレンダーアプリを起動します。 ログインを求められたら所持しているGoogleアカウントでログインします。 また、「通知の許可を求めています」というメッセージが表示されたら「許可」を選択します。 これで準備は完了です。 ここから実際にリマインダーを追加していきましょう。 メニューが表示されるので「リマインダー」をタップします。 リマインダーの名前や時刻を設定します。 各項目の詳しい設定方法や使い方は本記事の次の項で説明します。 必要な項目をすべて設定したら、画面右上の「保存」をタップします。 これでリマインダーの設定は完了です。 リマインダーの通知が出る リマインダー作成時に設定した時間になるとスマホの通知画面にリマインダーが表示されます。 ちなみにリマインダーに時刻を設定しないと通知が出ませんのでご注意ください。 リマインダーの通知設定については、で紹介しています。 リマインダーをチェックする 予定を完了させ、リマインダーが不要になったらリマインダーに完了済みのマークをつけましょう。 カレンダーアプリを起動し、完了済みのリマインダー名をタップします。 そして右下の「完了とする」の文字をタップします。 リマインダーを編集・削除するには? 登録したリマインダーは編集したり、削除することができます。 リマインダーの編集方法• または作成済みのリマインダーをタップし、鉛筆アイコンをタップします。 「終日」のボタンをオフにします。 2 段目に時刻の表示が現れます。 タップし、時刻の設定を行います。 最後に右上の「保存」をタップします。 これで設定した時刻になるとスマホの通知にリマインダーが表示されるようになります。 なお、通知方法はアラート(ホーム画面やロック画面へのメッセージ表示)のみで、メールによる通知はできません。 繰り返し設定を活用する 毎日やることや、曜日ごとのタスクは、繰り返しの設定をしておくとよいでしょう。 毎回手動でリマインダーを作成することなく、設定した間隔ごとに自動でリマインダーがセットされるようになります。 リマインダーの繰り返しを設定するには以下の手順で操作します。 リマインダー作成画面または編集画面を表示します。 終日のスイッチ「繰り返さない」の文字をタップします。 メニューが表示されるので「毎日」や「毎週」など、リマインダーを繰り返す間隔を選択します。 設定したら右上の「保存」をタップします。 繰り返し設定はカスタマイズできる もしこの中に選べる項目がない、またはもう少し複雑な条件を設定したい場合は「カスタム」をタップします。 カスタムを選択した場合は以下の項目を設定します。 「週間」の文字の部分をタップすると時間の単位を変更できます。 また数字の部分も変更可能です。 たとえば「2週間ごと」に設定すれば隔週でリマインダーが自動設定されます。 たとえば「毎週月曜日にやること」や「月曜日と水曜日と金曜日に行う習慣」というような予定を設定するならこのオプションが便利です。 「毎月の特定の日付にやること」や「毎月第1週目の月曜日にやること」などの予定設定に活用すると良いでしょう。 終了日 リマインダーの自動設定を終わらせる日を指定します。 「特定の日付をすぎたらリマインダーの自動設定を停止する」「一定回数予定を完了させたらリマインダーの自動設定を停止する」というような設定ができます。 リマインダーを一覧表示するには? カレンダーにイベントを登録していると、作成したリマインダーとイベントが混じって表示されるため非常に見にくいです。 リマインダーのみ一覧で表示したい場合は、以下の操作で表示できます。 Googleカレンダーを開いて左上の「3点マーク」をタップします。 リマインダーを登録したGoogleアカウントのスイッチがオンになっていることを確認します。 別の端末で登録したリマインダーが表示されない場合は、同じGoogleアカウントが設定されているか確認するようにして下さい。 iPhone標準のリマインダーと同期はできない GoogleカレンダーとiPhoneの標準カレンダーはイベント情報を同期することはできます。 ただし、 GoogleカレンダーのリマインダーをiPhoneのリマインダーに同期することはできないのでご注意ください。 カレンダーの同期を行っても、GoogleカレンダーのリマインダーはiPhoneのリマインダーに表示されません。

次の

【iPhone/Mac/iPad】リマインダーを共有・同期する方法【iCloud】

カレンダー リマインダー

写真も一括で管理できれば例えば 友人や家族に旅行に行った際の写真などの共有する際にカレンダーから探ったほうが探しやすいのもポイントです。 すなわちこの「予定」というアプリでその日に行った消化した予定やタスク、そして撮影した写真もすべて一括で管理できるというスグレモノです。 「予定」からカレンダーアプリの入力が可能 もちろんこの「予定」アプリからApple純正のカレンダーの予定が入れられます。 予定を入れたい日程をタップします。 するとページが立ち上がるので「+」ボタンを押します。 するとAppleの純正カレンダーアプリと同じ画面が開きます。 そのまま今までのカレンダーアプリのように入力すれば「予定」アプリにもAppleの「カレンダー」にも反映されます。 「予定」が良い理由はApple Watchとの連動 「予定」アプリの良いポイントはApple純正アプリをそのまま活かして利用する点です。 その理由は Apple Watchが純正アプリ以外はうまく機能しないからです。 Apple側も純正カレンダーアプリが最適に動くようApple Watchのアップデートも調整しています。 特に今回のApple Watch4のインターフェイスでは純正カレンダーアプリでなければしっかりと連動しません。

次の

【iOS】Apple純正“リマインダー”アプリの活用事例&繰り返し通知をカスタムする方法【iPhone】

カレンダー リマインダー

仕事のアポイントやプライベートの約束事など、スケジュール管理に欠かせないスマホのカレンダーアプリ。 「Google カレンダー」など、さまざまなアプリを使っている人が多いと思うが、実は iPhoneに標準搭載されている「カレンダー」アプリが優秀なのをご存知だろうか。 今回は、使いこなせばビジネスにもプライベートにも非常に役立つiPhoneカレンダーの便利機能を8つ紹介しよう。 ・ iPhoneカレンダーでできること【基本編】 iPhoneの標準アプリと聞くと、「シンプルな機能性」というイメージの人もいるだろう。 だが、iPhoneカレンダーは、スケジュール管理に必要な機能をばっちり押さえている。 今日の予定を知りたいときもあれば、「来月のフリーな日はいつだろう」と月間のカレンダーをチェックしたいときもある。 iPhoneのカレンダーでは、 年間・月間・週間・1日ごとに見やすく最適化された表示へと切り替えれる。 操作もワンタッチなので、急に予定を訊かれたときにもスピーディに対応できる。 イベントを色づけすることで、 予定をぎっしり詰めても直感的に把握可能。 また、大切な予定を専用のカレンダーに紐づけてしまえば、見落としも防げる。 ・新規カレンダーの名前と色を設定し、「完了」をタップ。 ・「+」マークを押し、新規イベントの追加画面に移る。 ・「カレンダー」を選択し、予定と紐づけるカレンダーにチェックを入れる。 最後にイベントを追加したら完了。 プライベートのスケジュールだけを参照したいときや、仕事の期日だけを確認したいときなどは、 一時的に不要なカレンダーを非表示にして予定を効率よくチェックしよう。 ・カレンダー名が一覧されるため、表示したいカレンダーだけにチェックを入れ、「完了」を選択。 iPhoneカレンダーの便利機能【応用編】 基本的な機能を押さえたところで、iPhoneカレンダーの8つの便利機能を紹介しよう。 だが、多忙を極めるビジネスマンや、わずかなスキマ時間も有効活用したい人にとっては、より細かく予定を組みたいシーンもあるだろう。 iPhoneカレンダーでは、 1分刻みでの緻密なスケジュール管理も可能になっている。 【予定の日時変更をドラッグ&ドロップで行う方法】 ・iPhoneを横向きに傾け、画面を横表示にする。 ・予定のブロックを長押しし、ドラッグ&ドロップで変更したい日時に移動。 しかし、こうした予定を毎回カレンダーに入力するのは、いささか非効率に感じてしまう。 そこで活用したいのが、イベントの「繰り返し」という機能だ。 これは、「毎週月曜日の10時から」のような 定期的な予定を、決まった曜日・時間・頻度を指定して一発で登録できるもの。 「毎週」「毎月」といった定番のサイクルはもちろんのこと、「3週間ごと」などの設定にも対応している。 ・「繰り返し」を選択。 ・予定の頻度に応じ、「毎日」「毎週」「2週間ごと」などを選択。 ・より細かく設定したい場合は「カスタム」をタップ。 繰り返しの単位、頻度、曜日を幅広く指定できる。 うっかり空き時間と勘違いして、予定をバッティングさせてしまうのは避けたいところだ。 その対策として有効なのが、移動時間をスケジュールに含める機能。 イベントの通知も移動時間から逆算して行われるため、「気づいたら出発時刻を過ぎていて遅刻ギリギリ」のような痛い目も見ずに済む。 【経路検索の結果をカレンダーに登録する方法】 ・「乗換案内」で目的地と出発地、日時を指定して経路検索。 ・画面を下にスクロールし、「この経路を送る・登録する」をタップ。 ・「カレンダーに登録」を選択。 ・新規イベントの登録画面になるため、経路検索の結果と「開始」「終了」の時刻が一致していることを確認し、「追加」をタップして完了。 これにより、いちいち天気予報アプリを開かなくても、スケジュールを見るついでに天気を確認できる。 当日の天気を頭に入れながら予定を組めるため、ショッピングやアウトドアなど、屋外での計画を立てる際にも役立つだろう。 【カレンダーに天気予報を追加する方法】 ・「livedoor 天気情報」内の「ical天気」にアクセスする。 ・下のアクションボタンから「デスクトップ用サイトを表示」をタップ。 ・登録したい地域を選び、「webcal方式」をタップ。 ・スケジュールの「終日」のエリアに、天気・最低気温・最高気温の情報が追加される。 注目の映画の公開日を通知したり、週末の対戦カードを確認したりできるため、その道の趣味を持っている人には実にありがたい機能だろう。 休日を有意義に過ごすサポートになること請け合いだ。 【カレンダーにJリーグの日程を追加する方法】 ・サッカーの総合情報サイト「さっかりん」にアクセス。 ・「その他」>「スケジュールをダウンロード」>一覧からスケジュールを確認したいチームを選び、「iCal」をタップ。 Googleカレンダーとの同期機能 すでにスケジュール管理アプリを使っている人のなかには、「Googleカレンダー」のユーザーも多いだろう。 そのため「今さらiPhoneカレンダーには移行できない」という人や「社内スケジュールをGoogleカレンダーで共有している」というビジネスマンもいるのではないだろうか。 実は、 iPhoneカレンダーはGoogleカレンダーとの同期機能を搭載している。 これにより、どちらのカレンダーから予定を入れても、双方のカレンダーに反映されるようにできるのだ。 たとえば、スマホからはiPhoneカレンダー、PCからはGoogleカレンダーというように使い分けてもいいだろう。 そのほか、Google以外の提携アカウントを登録すれば、「Microsoft Exchange」「Yahoo! カレンダー」といった各サービスのカレンダーアプリとも同期できる。

次の