武蔵府中税務署 確定申告 ポスト。 確定申告の提出先を税務署の時間外収受箱へ投函する期限はいつまで?

確定申告の提出先を税務署の時間外収受箱へ投函する期限はいつまで?

武蔵府中税務署 確定申告 ポスト

確定申告の提出先を税務署へ直接持っていく場合、時間外でも外にある時間外収受箱へ投函することが出来ます。 とはいえ、確定申告には3月15日までという期限があります。 果たして3月15日の何時までならOKなのか?が気になったので、税務署へ電話で問い合わせてみました。 また確定申告の提出期限をもし過ぎた場合は、どのようなペナルティがあるのだろう?と気になって調べてみたこともまとめたので参考にしてくださいね。 確定申告の提出先は直接、税務署ではなくてもいいけれど・・・ 確定申告の提出方法にはいくつかあり、税務署へ直接持参する他に郵送で送る方法や税務署外申告会場での提出ができます。 2月の第三・第四日曜日は、確定申告の受付・相談のために開庁する税務署も多いです。 ただ確定申告の書類作成がギリギリになってしまった場合、税務署の閉庁時間が過ぎて、郵送するにも郵便局が閉まってしまった!となると、後は税務署の時間外収受箱へ直接投函するという最終手段になる方もいるかと思います。 その場合、時間外収受箱へ投函するのは何時までならいいのか?を税務署に電話して尋ねてみました。 すると 【3月15日の23時59分まで】とのこと! もしかしたら翌日の出勤時間までいいのでは?なんて思っていましたが、やはりそこは厳格です。 確定申告の提出期限を過ぎた場合はどうしたらいいの? 確定申告の必要が有ることを忘れていて、気がついたら提出期限が過ぎた後だった・・・という場合は早く提出することが大事です。 期限後申告という扱いになるのですが、実は法定申告期限から1ヶ月以内と2ヶ月経過以降では、課せられるペナルティが違ってきます。 た、期限後申告をしたり、所得金額の決定を受けたりすると、申告等によって納める税金のほかに無申告加算税が課されます。 とはいっても温情処置?もあって、期限後申告でも一定の条件を満たせば無申告加算税は免除されます。 その内容は下記の通り。 (国税庁のHPから引用) スポンサードリンク その期限後申告が、法定申告期限から1月以内に自主的に行われていること。 期限内申告をする意思があったと認められる一定の場合に該当すること。 なお、一定の場合とは、次の 1 及び 2 のいずれにも該当する場合をいいます。 1 その期限後申告に係る納付すべき税額の全額を法定納期限 口座振替納付の手続をした場合は期限後申告書を提出した日 までに納付していること。 2 その期限後申告書を提出した日の前日から起算して5年前までの間に、無申告加算税又は重加算税を課されたことがなく、かつ、期限内申告をする意思があったと認められる場合の無申告加算税の不適用を受けていないこと。 つまり簡単に言い換えるとこうなります。 1.申告書提出期限から一ヶ月以内に自分から申告していて、申告したその日に納付する必要がある税額の全部を納付。 2.さらに過去5年間に無申告加算税・重加算税を支払う必要がある事態になったことがないこと。 3.さらに期限内申告をする気持ちはあったけど過ぎてしまったことが過去5年間にあったけれど、その時は無申告加算税を払わなくて済んだということもないこと。 というわけで、法定申告期限から1ヶ月以内に申告してペナルティは回避できたことが過去5年以内にあったらアウトなわけです。 延滞税の計算方法など、さらに詳しいことについては 【確定申告を忘れた時】で検索すると、国税庁HPの該当ページがでてきますので読んでみてください。 青色申告者が確定申告の提出期限を過ぎた場合はさらに深刻な事態に! 上記のペナルティは、白色申告・青色申告共通のものです。 ・・・が、青色申告者の場合はさらに不利になるペナルティがあります。 それが 青色申告の最大のメリットである65万円控除が10万円に減額されてしまうということ。 さらに青色申告そのものが承認取り消しという事態になることもあるんです。 承認取り消しは一回目の期限外申告でいきなり通知されることはあまりないですが、帳簿の提示を拒んだり、帳簿の不備があったりすると初めての期限外申告でも承認取り消しの恐れがあります。 もちろん期限外申告二回目ともなれば取り消しされる可能性はかなり高いです。 もちろん青色申告承認申請書を再度提出することは出来ますが、承認取り消しの通知を受け取ってから一年間は提出不可であり、提出可能期間になってからすぐに提出しても適用になるのは翌事業年度からになります。 つまり いちど青色申告承認を取り消しになってしまうと、3事業年度は白色申告になってしまうわけです。 まとめ このように確定申告が提出期限を過ぎた場合、何も良いことはないんです。 やはり大事なのは提出期限を守ること、万が一提出期限を過ぎた場合はできるだけ早く提出するようにしましょう。 青色申告の場合は控除額が変わるため、再計算の必要もあるので期限外申告はより注意が必要です。

次の

確定申告時間外収受箱の受付や提出と種類方法の手続きprocedure

武蔵府中税務署 確定申告 ポスト

確定申告の方法には、大きく分けて3つの方法があります。 税務署へ確定申告書類を直接提出する方法、税務署へ申告書類を郵送する方法、 e-Taxによってネットで申告する方法の3つです。 申告方法の概要 まずは確定申告の概要をおさえておきましょう。 基本的には、居住地を管轄する税務署へ提出することになります。 所轄の税務署は、から確認することができます。 提出方法• 税務署へ確定申告書類を持参して提出する• 確定申告書類を税務署へ郵送する• インターネットで電子申告する 提出先 管轄の税務署(大体は最寄りの税務署) 提出期間 原則2月16日〜3月15日 土日祝日と重なる場合は翌平日に 提出書類 会社員はとを提出するのが一般的 個人事業主の場合は、それぞれ下記の書類を提出するのが基本 白色申告の場合:、、 青色申告の場合:、、 2020年 令和2年 については、新型コロナの影響によって申告期限が延長されました。 2020年の確定申告期間は、2月17日〜4月16日でした。 外出が難しい方は、申告期限に間に合わなくても、柔軟に対応してくれるようです。 確定申告書類を直接提出する 最もオーソドックスなのが、税務署まで行って確定申告書類を提出する方法です。 作成した書類を税務署へ持参して、窓口で提出しましょう。 例年、2月16日〜3月15日の確定申告時期は、税務署が大変混雑します。 税務署によっては、単に確定申告書を窓口で提出するだけでも、建物の外まで列をつくって1時間以上並ぶことがあります。 暖かい格好をして向かいましょう。 この時期に花粉症の方は、マスク必須です。 窓口ではなく、税務署に置いてある申告書の提出ボックス(時間外収受箱)に投函するという方法で、列に並ばず提出することもできます。 土日祝日や税務署の閉庁時でも、時間外収受箱へ投函することにより提出できます。 ただ、この方法は確定申告に慣れている方向けです。 個人事業主が直接提出する主な書類は、下記の通りです。 持参する場合の主な提出書類• 決算書(白色申告の場合は、青色申告の場合は)• (控除証明書や本人確認書類のコピーなど) 必要に応じてを提出する 確定申告書類を郵送する わざわざ税務署へ行かず、確定申告書類を郵送する方法でも提出できます。 この方法では提出の際に、税務署員から最低限のチェックを受けることもできないので、 初めての方にはおすすめできません。 その年の3月15日が確定申告の提出期限日の場合、 3月15日の通信日付印が押されていれば期間内提出とみなされます。 郵便局の窓口から15日中に出せば、間にあうことになります。 郵送する場合は、「郵便物(第一種郵便物)」もしくは「信書便物」として発送します。 郵送する場合の主な提出書類• 決算書(白色申告の場合は、青色申告の場合は)• (控除証明書や本人確認書類のコピーなど)• 受付印を押した書類の控えが必要な場合は、その控えと、必要額の切手を貼り付けて宛名を書いた返送用封筒 必要に応じてを提出する インターネットで電子申告する【e-Tax】 パソコンからインターネットを通じて電子申告することもできます。 申告書類のデータを、国税庁が運営する「」というシステムを使って送信します。 この場合は、基本的に紙の書類を提出する必要がありません。 e-Taxで電子申告するには、事前申請が必要です。 ネット上での本人認証は、電子証明書が内蔵されたと、市販のICカードリーダーを使うのが基本です (マイナンバーカードの発行時に、特に電子証明書の内蔵を拒否していなければ、マイナンバーカードに電子証明書が標準搭載されます。 ) まず、パソコンにICカードリーダーをUSB接続などしておきます。 そして、電子申告において認証が必要なタイミングで、このICカードリーダーにマイナンバーカードを挿し込みます(ピッとかざすタイプのものも)。 これでデータ送信時の認証ができます。 自宅で電子申告するために必要なもの• ICカードリーダーを接続できるパソコン(基本的にはUSB接続)• 電子証明書付きの• の場合は、ICカードリーダーとマイナンバーカード不要 e-Taxによる電子申告は、対応しているブラウザやOSも限られているので、初めて利用する方はこの点も注意しておきましょう。 電子申告の詳細は、下記のリンクを参考にして下さい。 税務署で配布されている確定申告書は複写式になっており、記入した内容が控えにも反映されます。 作成した申告書の原本をコピーして、それを控えとする形でも構いません。 税務署へ申告書の控えも提出すれば、受付印を押して控えを返却してくれます。 受付印がついた申告書は、住宅ローン・自動車ローン・奨学金・金融機関の審査などで提出を求められる場合があります。 時間外収受箱への投函や、申告書を郵送する方法でも、下記のものを同封しておけば受付印を押した控えを後日郵送してもらうことができます。 申告書の控え(元本のコピーでもOK)• 宛名を記入した返信用封筒(必要な切手を貼っておく) 受付印がついた申告書は、上述のとおり金融機関のローン審査などで提出を求められる場合がありますが、こういった用途で使う予定がなければ、控えをもらう必要はありません。 ちなみに、受付印は申告書の受領を証明するもので、内容を証明するものではありません。

次の

日曜日の税務署での確定申告提出でおさえるべき3つのポイント|税金奉行の税金解説書

武蔵府中税務署 確定申告 ポスト

確定申告書類の提出方法 確定申告書類の提出方法は3種類あり、それぞれ異なる特徴があります。 自分にとって都合のいい方法で提出するようにしましょう。 ・確定申告会場に持っていく 確定申告書類を、税務署などの確定申告会場に持っていく方法です。 直接書類を渡すため、「確実に提出した」という安心感が得られます。 ・e-Taxによる手続き 「」とは、インターネット上で確定申告の手続きなどができるシステムのことです。 オンライン上で納税までを完了させられるため、確定申告にかかる労力を大幅に削減できます。 ただし、利用を希望する場合、電子証明書の取得(ICカードに組み込まれた電子証明書を利用する場合はICカードリーダライタの用意)、開始届出書の提出、利用者識別番号等の取得といった事前準備が必要です。 ・郵送による提出 所轄の税務署あてに、確定申告書類を郵送する方法です。 郵送で確定申告書類を提出する際のメリット・デメリット それでは、郵送で確定申告書類を提出する際のメリットとデメリットについてご説明します。 郵送提出のメリット 郵送提出の一番のメリットは、提出のためにわざわざ外出する必要がないということにあります。 確定申告会場に行く時間が取れない人や、申告会場が遠い人、家庭の事情などで外出が困難な人でも、無理なく確定申告をすることができるでしょう。 また、e-Taxのように、特別な機器が必要になることもございません。 郵送提出のデメリット 郵送提出の場合、確定申告書類の記入方法がわからないときでも、自分自身で調べて対処しなければいけません。 税務署の電話相談や会計ソフトを利用するなどしながら、作成を進めることになります。 そのため、「確定申告書の作成に自信がないため、職員に相談しながら作成したい」「添付書類が正しいかどうか確認してほしい」という人には、郵送での提出は向きません。 また、郵送方法や消印の日付にも注意が必要です。 提出方法を理解した上で利用しましょう。 郵送で確定申告書類を提出する方法 郵送で確定申告書類を提出する場合は、自宅で確定申告書を作成して、必要書類とともに送ることになります。 収受日付印が押された確定申告書の控えが欲しい場合は、確定申告書類に加え、切手を貼り付けした返信用封筒を同封する必要があります。 書類に不備がないか確認した上で、必要書類を郵送用の封筒に入れます。 書類の数が多いため、折りたたんで送るのではなく、A4サイズが入る大きな封筒を利用するのがおすすめです。 郵送先は納税地の税務署 確定申告書類の送付先は、どこの税務署でもいいというわけではございません。 必ず納税地の税務署に送付するようにしましょう。 多くの場合、自分が住んでいる地域の税務署に送付することになるでしょう。 ただし、事業所と自宅の所轄税務署が異なる場合や、自宅のほかに居所(住所ではないが、ある程度の期間継続して住んでいる場所)がある場合などは、届出書を住所地の税務署長に提出することで、事業所の所在地もしくは居所のある地域に納税地を変更することができます。 なお、亡くなった人の確定申告をする場合は、基本的に相続人が、亡くなった人の住所地の税務署あてに送付しなければいけません。 そのため、亡くなった方と相続人の住まいが離れている場合、郵送での申告が便利です。 郵送で確定申告書類を提出する場合の注意点 続いて、郵送で確定申告書類を提出する際の注意点をいくつかご紹介します。 確定申告書は「信書」に該当する 郵送で確定申告書を提出する際は、郵送方法に注意が必要です。 確定申告書は、郵便法で定められる「信書」に該当します。 信書とは、証明書や請求書、ダイレクトメールのように、特定の人に対して意思や事実を伝える文書のことを指します。 信書は、「郵便」または「信書便」を利用して送らなければいけません。 宅配便などで荷物として信書を送ることはできませんので注意しましょう。 提出期限は「消印の日付」で判断される 郵送での提出の場合、「消印の日付」が提出日となります。 つまり、提出期限日の消印が押されていれば、期限に間に合ったということで受理されます。 ポストに投函すると、回収時間などの問題で、当日の消印が押されない可能性もありますから、余裕を持って提出しましょう。 提出期限ギリギリになってしまったときは、郵便局の窓口まで持っていき、その日の消印を押してもらうと安心です。 書類不備に注意 確定申告書の記入内容に問題があったり、添付書類もれがあったりした場合は、差し戻されてしまいます。 その後、改めて修正書類を提出することになりますが、このやりとりに時間がかかると、提出期限を過ぎてしまうおそれもあるでしょう。 郵送提出を行う場合は、書類の内容に問題がないか、しっかり確認しておく必要があります。 特に、税金が還付されるのではなく、納付する予定の場合は、申告が遅れることで追徴課税されてしまう可能性があるため、書類の不備には十分注意しなければいけません。 確定申告書の作成に不慣れな場合や、内容が合っているか不安な場合は、税理士に確認してもらったり、税務署に問い合わせの電話をかけたりして、問題がないように準備をしましょう。 事前準備をしっかり行いましょう 非常に便利な「確定申告の郵送提出」ですが、送付方法や送る書類などを間違えると、思わぬトラブルにつながってしまう可能性もあります。 細心の注意を払い、期日に余裕を持って事前準備を進めましょう。 おすすめの法人カード記事 2018年9月時点の情報なので、最新の情報ではない可能性があります。

次の