めまい 吐き気。 心臓の前兆となる危険なめまい

めまいや吐き気は病院の何科を受診? 「めまい外来」がある病院も

めまい 吐き気

吐き気やめまいは更年期障害の代表的な症状のひとつです。 急に気持ち悪くなったり、天井がぐるぐる回ったりすることも少なくありません。 更年期と思われる吐き気やめまいを感じたとき、その場でできる対処法と身体の中から体調を整えていく方法をご紹介します。 更年期のめまいと吐き気の特徴 更年期には、血管を広げる働きをしていた女性ホルモン( )が急激に減少することによる血流障害が起こることによって、ほてりや頭痛などさまざまな不調が出てきます。 めまいもそのひとつで、更年期以降に増えていくことが知られています。 ホットフラッシュやのぼせ、発汗などの症状を持つ更年期女性は、持たない女性よりもめまいやふらつきを訴える方が多いという報告もあり、更年期女性のめまいには の影響やそれに伴う血圧変動が原因として関係しているとも考えられています。 「急に立ち上げるのがこわい。 もしくは、めまいと同時に吐き気を感じる。 」、「目がぐるぐる回っている。 もしくは、ふらついて歩けない。 」といったような症状の場合は、メニエール病や良性発作性頭位めまい症などの「末梢性めまい」と呼ばれるめまいの特長で、めまいの種類によっては耳鳴りや吐き気も同時に起こります。 メニエール病は、更年期の時期だけでなく、女性ホルモンのバランスの乱れによって起こる月経前症候群や月経困難症など女性特有の悩みと一緒に併発することも多いそうです。 足が地に着いている感じがしない」という場合は、「血圧変動にともなうめまい」や貧血性のめまいの際に感じる症状の特徴です。 立ちくらみを起こす人もいるかもしれません。 元々貧血気味の人がなりやすい症状ですが、更年期は血圧にも影響があるため、立ちくらみは起きやすい状態です。 また、立ちくらみと似たような症状では、立っているときに突然視界が暗くなってしまう人もいます。 これも更年期のときに起きるめまいの一種です。 めまいがなくても吐き気を催すことがあります。 食欲不振や消化不全など、胃腸のはたらきが鈍る症状が現れる点も特徴です。 吐き気のほか、普段の食生活と変わらないのに胃もたれや食欲不振を感じるようなら更年期のサインかもしれません。 すぐできる吐き気とめまいの対処法 めまいが起きるタイミングは予測することができないため効果的に予防するのが難しいのが実際です。 そこで、突然起きてしまっためまいに対する対処法を見てみましょう。 まず、めまいが起きたら安静にすることが第一です。 転んでケガをすることもあるため、自宅ならベッドやソファで横になるのがよいでしょう。 もし外出中ならその場でしゃがむか、壁や柱にもたれかかって休んでください。 その際には、大きく深呼吸を繰り返してみると心が落ち着いてくると思います。 さらに、ツボ押しでめまいが緩和されることもあります。 完骨(両耳の後ろの出っ張った骨の下にあるくぼみ)、頭竅陰(両耳の後ろにあるくぼみ)、翳風(両耳の下にあるくぼみ)、外関(手の甲から見て、手首の外側にあるしわから指3本分のところ)などは、めまいによいツボとして知られています。 安静にしている間、ツボを押さえることで症状が早く軽減する効果が期待できるかもしれません。 更年期のめまいや吐き気にイソフラボン イソフラボンは、女性ホルモンの と似た働きをする成分として知られています。 身体の中で女性ホルモンのようなはたらきをするため、女性ホルモンの減少による不調を緩和するサポートをしてくれます。 突然起こるめまいや吐き気はつらいものです。 脳梗塞や脳出血、脳腫瘍などの病気によってもめまいは起こりますので注意が必要です。 ご自身で判断されず医療機関の診断を受けることをお勧めします。 jassi et al. Indian. Clin. Biochem. Vol. 25 No. 2, 201-207 2010.

次の

めまいについて(4月)

めまい 吐き気

ここから本文です。 めまいについて(4月) 4月になりました。 今年の冬は寒い日が続いたこともあり、春の訪れを待ちわびていた方も多いのではないでしょうか。 一方で、この時期は季節の変わり目に生活環境の変化も加わり、頭痛やめまいなどの症状を訴える方も多いようです。 今回はめまいについてご紹介します。 めまいとは? めまいとは、自分や周囲が動いていないのに動いているように感じる異常な感覚のことで、からだのバランスを保つ機能に障害が起こると発生します。 何が原因なの? めまいの原因にはいろいろありますが、1. 耳に原因があるめまい、2. 脳に原因があるめまい、3. その他の原因(生活習慣病など)によるめまいの大きく3つに分けられ、多くは1. によるものと言われています。 耳には「音を聞く」だけでなく、「からだのバランスと保つ」という大事な機能があります。 そのため耳に異常が生じると、聞こえない、耳鳴りといった症状のほかに、ふらつきといっためまいの症状が現れます。 どういった症状があるの? 耳に原因があるめまいのうち、最も多いのが「良性発作性頭位めまい症」 りょうせいほっさせいとういめまいしょう です。 これは、内耳 ないじ の前庭 ぜんてい という場所にある耳石 じせき がはがれて、からだのバランスを保つ器官である三半規管 さんはんきかん に、耳石が入り込んでしまって起こるものです。 (下図参照) このめまいは頭を動かすと激しいめまい(軽度の場合はフワフワするのみ)と吐き気を伴いますが、しばらくじっとしていると徐々に軽減してきます。 ところが、症状が治まったと思って頭を動かすと再びめまいが起こります。 これは耳石が移動することが原因です。 めまいが激しいときは症状が治まったと感じてもできるだけ安静にし、時間をかけて少しずつ頭を動かしていくようにしましょう。 治療法としては薬による治療や、耳石を三半規管から取り除く体操などのリハビリ(理学療法)などが行われます。 ほかにも、代表的なめまいとしてよく耳にするのが「メニエール病」です。 これは内耳の膜の内側を満たしている内リンパ液が過剰になり神経を圧迫し、めまい、耳鳴り、難聴などのさまざまな症状を引き起こすものです。 突然グルグル回るようなめまいが起こるのが特徴で、個人差はありますが、めまいが30分くらいから数時間続き、多くは吐き気、おう吐、冷や汗、脈が速くなるなどの症状を伴います。 また、めまいと一緒に難聴や耳がふさがった感じ、耳鳴りなどの耳の症状も現れます。 このような症状が起こったら、慌てないでからだを横にするなど自分が一番楽な姿勢で安静にすることです。 冷たい濡れたタオルで目を冷やすのもよいでしょう。 治療法としては主に薬による治療となります。 そのほか症状によっては抗生物質を注入したり手術が行われる場合もあります。 めまい対策について めまいはストレスや寝不足、疲労なども原因の一つと言われています。 前述の三半規管はストレスに弱く、何か心配事があったり、疲れがたまっていたり、寝不足だったりすると過敏に反応することがあります。 また、メニエール病においては、精神的・肉体的疲労、ストレス、睡眠不足などの状態の人に起こりやすい傾向があると言われています。 そのほか、春先や秋口といった季節の変わり目もめまいが起きやすいので、これからの時期の体調管理が重要になってきます。 栄養バランスのとれた食事をとる、適度に運動やストレッチなどを行う、気分転換をする、睡眠を十分にとるなどし、規則正しい生活を心がけましょう。 また、めまいは繰り返し起こったり再発することが多いので、一時的に症状が治まったからといって安心しないことです。 軽いめまいでもたとえば物が二重に見えたり、手足がしびれるなどの症状がある場合は脳梗塞などの疑いもあります。 めまいの症状が現れたら放置せず早めに医療機関(耳鼻科やめまいの専門外来など)を受診するようにしましょう。 逓信病院ウェブサイトでも、「めまい」に関する情報を紹介していますのでご覧ください。 【参考リンク(出典)】 京都逓信病院「」 東京逓信病院「」 季節の健康情報バックナンバー• ここまで本文です。

次の

めまいの原因とは?危険な症状や原因となる病気について

めまい 吐き気

めまいの症状は、大きく2つのタイプに分類されます。 1つ目が「回転性めまい」、2つ目が「非回転性めまい」です[注1]。 回転性めまい 自分自身がグルグルと回っているかのような感覚を覚えるめまい。 大半は水平方向の回転を自覚しますが、中には垂直方向に下がっていく感覚を得る症例も見られます。 水平、垂直、いずれの場合でも回転性めまいに分類します。 めまいと同時に、吐き気や嘔吐が見られる場合も少なくありません。 症状は一過性。 一定時間を安静にしていれば、状態は完全に回復します。 非回転性めまい 回転とは異なり、フラフラする感じ、または、グラグラする感じを自覚するのが非回転性めまい。 立ちくらみなども、非回転性めまいに属する症状です。 回転性めまいと同様、吐き気や嘔吐を伴う場合もあります。 症状は一過性のものと、持続性のものの2種類があり。 持続性のものについては、症状が数ヶ月、数年と続く場合もあります。 どのタイプのめまいでも狭心症・心筋梗塞と関連している恐れがある 回転性めまい、非回転性めまい、それぞれの原因には多くのものが考えられます。 どちらのタイプのめまいであれ、狭心症や心筋梗塞などの心臓病と関連している可能性があるので、心臓に不安のある方は十分に注意しなければなりません。 回転性めまいと心臓病との関連 回転性めまいの原因の大半は、耳の三半規管に原因があります。 三半規管に存在するリンパ液に異常が生じたとき、回転性めまいを生じることはよく知られているところ(耳性めまい)です。 よって回転性めまいは致命的な原因を持つ症状ではないことから、大半の耳鼻科では、これを大きな問題として考えません。 しかし、そのような医療機関の姿勢に対し、国立循環器病研究センターは問題を指摘しています。 同センターでは、耳性めまいを生じた患者を対象に、その背景にある持病や生活習慣などを調査。 いずれも狭心症・心筋梗塞の誘因として知られる病気・生活習慣です。 非回転性めまいと心臓病との関連 非回転性めまいの原因の大半は、脳の虚血。 脳に運ばれる血液が不足した際、一時的または慢性的にフラフラとした感じを自覚する症状が、非回転性めまいです。 ところで、狭心症や心筋梗塞を起こした血管の部位によっては、脈拍が異常に遅くなることがあります。 あるいは、冠攣縮(冠動脈が痙攣して収縮する症状)による狭心症や心筋梗塞の場合、血液の通り道が狭くなって全身の血流が悪化することもあるでしょう。 いずれの理由においても脳では血液不足が生じ、結果として非回転性めまいを誘発することが考えられます。 めまいの原因となる心臓病以外の疾病 もちろん、めまいの全てが狭心症や心筋梗塞と関連しているわけではありません。 他にも考えられる病気は、多々あります。 めまいの原因となる代表的な疾病を見てみましょう。 メニエール病• 症状 回転性めまい、耳鳴り、難聴、動悸、悪心、嘔吐、吐き気、冷や汗などが見られます。 症状を繰り返すことで、聴力が徐々に低下してくることがあります。 原因 原因は内リンパ水腫(内耳のリンパが水膨れを起こしている状態)です。 ストレス、睡眠不足、気圧変化などが誘因とされています。 なりやすい人の傾向 過労や睡眠不足が常態化している人や、ストレスを多くためこんでいる人に多く見られます。 几帳面な性格の人に見られる傾向もあります。 治療法 回転性めまいの症状緩和のためにメクリジンやロラゼパムなどの薬、嘔吐の軽減のためにプロクロルペラジンなどの薬、体液の圧力を軽減させたり、内耳の構造を変えたりするための手術などを行います。 予防法 塩分・アルコール・カフェインの制限、および利尿薬の服用などにより症状の発症を予防します。 ストレスや過労を避けて十分な睡眠をとることも大切です。 前庭神経炎• 症状 回転性めまい、吐き気、嘔吐などが見られます。 特に回転性めまいの症状は強烈です。 原因 正確な原因は不明ですが、ウイルス感染や内耳の血流障害によって起こると考えられています。 なりやすい人の傾向 風邪をひいた後に発症する人が多いとされています。 治療法 急性期にはステロイド薬や抗めまい薬、吐き気止め、血流改善薬、ビタミン剤などで治療を行い、回復期には体のバランスを整えるためのリハビリ治療を行います。 予防法 風邪との関連が指摘されている症状なので、風邪をひかないようにすることが効果的な予防法の一つとなります。 日ごろから十分な睡眠をとること、栄養バランスのとれた食事をとること、手洗い・うがいを徹底することなどを意識しましょう。 脳梗塞• 症状 小脳や脳幹で脳梗塞を生じた場合、めまいがする、半身が麻痺を起こす、ものが二重に見える、ろれつが回らない、意識がもうろうとする、頭が痛いなどの症状が現れます。 原因 脳の血管に生じた動脈硬化や血栓の影響により、脳の血流が阻害されることで脳梗塞を発症します。 なりやすい人の傾向 高血圧、高コレステロール血症、脂質異常症などにより動脈硬化が進行した人に発症しやすいと考えられています。 治療法 症状や発症からの経過時間などにより、各種の薬物療法、または外科手術などで治療が行われます。 後遺症を最小限に抑えるためのリハビリも重要な治療の一つとなります。 予防法 偏食や暴食を避け、バランスのとれた食事を適度にとりましょう。 有酸素運動などの運動習慣も脳梗塞の予防に効果的です。 脳出血• 症状 小脳や脳幹で脳出血が生じた場合、めまいを感じることがあります。 ほかにも、頭痛や歩行困難、発声異常、目の見えにくさ、意識状態の悪化、嘔吐、痙攣、呼吸障害などが見られることもあります。 原因 脳出血の最大の原因は高血圧です。 食習慣や運動習慣、喫煙習慣などが高血圧と関係しています。 なりやすい人の傾向 食生活が乱れている人(暴飲暴食がちな人)や、運動不足の人、肥満体型の人、イライラしやすい人などに発症しやすい傾向があります。 治療法 血圧を下げる薬や脳の腫れをとる薬などによる薬物療法のほか、必要に応じ開頭手術で血の塊を除去することもあります。 後遺症を最小限に抑えるためのリハビリも重要な治療です。 予防法 塩分を摂り過ぎないこと、過食傾向を改めること、適度な運動を習慣化すること、肥満を解消すること、イライラしないこと、禁煙することなどが脳出血の予防に有効です。 低血圧• 症状 めまい、ふらつき、失神、頭痛、倦怠感、動悸、肩こり、胸痛などの症状が見られます。 重度の低血圧が長時間続いた場合、すべての臓器が機能不全に陥ります。 原因 本態性低血圧症は遺伝・体質により生じます。 また症候性低血圧症は、大出血や心臓病、胃腸疾患、内分泌異常、末期がんなどにより生じます。 なりやすい人の傾向 本態性血圧症の場合、痩せ型の人、顔色が青白い人、神経質な人、寒がりな人、虚弱体質の人、疲労を感じやすい人などに発症しやすいと言われています。 治療法 以下「予防法」とあわせて、症状に応じて昇圧剤や抗不安剤などの薬物療法を行うことがあります。 予防法 過労を避けて十分な睡眠をとること、運動をして筋肉を鍛えること、バランスの良い食事をとること、水分を多めにとること、ゆっくりと動作を行うこと、食後にカフェインをとること、温度差に注意することなどが低血圧の予防に良いとされています。 症状 めまいのほか、動悸や息切れ、頭痛、倦怠感などを自覚することがあります。 症状が悪化すると失神する場合もあります。 原因 大半の貧血は鉄分不足を原因としています。 鉄分は、全身に酸素を運ぶヘモグロビンの生成に欠かせない成分。 鉄分不足からヘモグロビン不足を招き、その結果、貧血となります。 なりやすい人の傾向 男性よりも女性に起こりやすい傾向があります。 女性の中でも、特に生理中の人やダイエット中の人に生じやすいと言われています。 治療法 鉄剤やビタミンCの内服を通じて症状の改善を目指すことがあります。 予防法 栄養バランスのとれた食事を心掛けるとともに、特に意識して鉄分を多く含む食材(レバーやほうれん草など)を積極的にとるようにしましょう。 市販の鉄剤を利用することもおすすめです。 月経前症候群• 症状 めまい、食欲不振、倦怠感、のぼせなどの自律神経症状、情緒不安定、イライラ、集中力低下、抑うつなどの精神神経症状、腹痛、頭痛、むくみ、乳房の張りなどの身体的症状が見られます。 原因 明確な原因は不明ですが、排卵のリズムに合わせた女性ホルモン(エストロゲンとプロゲステロン)の分泌量の変化が、月経前症候群の発症に関与していると言われています。 なりやすい人の傾向 ストレスをためこみやすい人や、完璧主義の人、几帳面な性格の人などが月経前症候群になりやすいと言われています。 治療法 女性ホルモンの視点から低用量ピルによる症状緩和を目指すとともに、個別の症状に応じて、利尿剤や精神安定剤、漢方薬などが処方されます。 予防法 栄養バランスを意識した食事をとりましょう。 具体的には、ビタミンB6(レバー、まぐろ、ニンニクなど)、ビタミンD(干ししいたけ、サンマ、鮭など)、カルシウム(チーズ、乳製品、魚など)、マグネシウム(納豆、木綿豆腐、きなこなど)を意識的に多く摂取します。 更年期障害• 症状 めまい、動悸、頭痛、肩こり、ほてり、ホットフラッシュ、のぼせ、背中の痛み、腰の痛み、関節の痛み、疲労感、冷え、不眠、情緒不安定、イライラ、気分の落ち込み、意欲低下など。 人により多様な症状があります。 原因 加齢にともなうエストロゲン(女性ホルモンの一種)の減少をベースに、その他の身体的要因、性格などの心理的因子、職場や家庭における社会的因子が複合的に関与して発症するとされています。 なりやすい人の傾向 諸説ありますが、不規則な生活を送っている人や、過度なダイエット経験者などが更年期障害になりやすい傾向があると言われることがあります。 また、遺伝的要素も指摘されています。 治療法 ホルモン補充療法を中心に、症状や医師の方針によって漢方薬が処方されることもあります。 精神症状が著しい人には、向精神薬が処方されることもあります。 予防法 大なり小なり、更年期障害はどんな女性でも経験します。 完全に予防することは難しいと考えてください。 エストロゲンに似た働きをする大豆イソフラボンを積極的にとりつつ、栄養バランスのとれた食事や精神的なリフレッシュを心掛けることで、症状の緩和を目指していきましょう。 うつ病• 症状 気分の落ち込みや寂しさなどの精神症状のほか、不眠やめまい、疲れやすさ、口の乾き、便秘・下痢、動悸、息切れ、食欲減退、体重減少などの身体症状も見られます。 原因 遺伝的な原因のほかに、人間関係や妊娠、育児、異動、昇進、失職、疲労、ホルモンバランスの変化、甲状腺機能異常、脳血管障害など、さまざまなものがうつ病の発症原因となります。 なりやすい人の傾向 几帳面で完璧主義の性格の人がうつ病を発症しやすいと言われていますが、この見解に関しては賛否があります。 治療法 症状の程度や種類に応じ、精神療法、薬物療法、電気けいれん療法、光療法などが検討されます。 予防法 ストレスをためないことや、過労を避けること、十分な睡眠をとること、悩みを一人で抱え込まないことなどが、うつ病を予防するうえで大切です。 狭心症や心筋梗塞の原因を大別すると、動脈硬化、血栓、血管攣縮の3種類があります。 逆から考えれば、動脈硬化、血栓、血管攣縮を予防することこそ、狭心症や心筋梗塞の予防にもつながる、ということです。 動脈硬化・血栓の予防法 動脈硬化も血栓も、その原因の大半は生活習慣にあります。 暴飲暴食をしない、適度な運動をする、血圧の管理を怠らない、標準体重を維持するよう心がける、血糖値を上げない、禁煙するなど、生活習慣を見直すことにより、動脈硬化と血栓を原因とする狭心症・心筋梗塞を予防することができるでしょう。 血管攣縮の予防法 長く原因が不明だった血管攣縮ですが、山口大学医学部の小林誠教授らの研究チームが、SPCという物質が血管攣縮の誘因であることを発見。 この物質の活性を抑える「小林式EPA」という成分の抽出に成功しました。 現状、血管攣縮を予防に対しては「小林式EPA」摂取が有効と考えられます。 恐ろしいのは血管攣縮による狭心症・心筋梗塞 突然死の恐れもある狭心症や心筋梗塞。 その原因は、動脈硬化・血栓・血管攣縮の3種類です。 これらのうち、動脈硬化と血栓については、その人の意識次第(生活習慣の改善次第)で予防できることを説明しました。 しかし血管攣縮については、生活習慣との関連も指摘されてはいるものの、本人の意識改革だけで予防することは極めて難しい、と理解しておかなければなりません。 ただし前述の通り、山口大学の研究チームにより血管攣縮が生じるメカニズムが解明されています。 その予防に効果的な成分、およびその成分の抽出技術も確立されました。 血管攣縮の恐ろしさ、そして、その予防法についてより深く理解するために、以下のページもご参照ください。

次の