竹の子 の アク 抜き。 こさん竹は、湯がいてから料理するのですか?

たけのこは毒?効能は?アク・えぐみの正体。灰汁抜き・アク止め特集

竹の子 の アク 抜き

茹でる前の下処理• 茹でたあとの処理 です。 茹でる前の下処理 まず茹でる前に、タケノコの硬い皮を2、3枚剥がして、穂先を切り落とします。 皮は何枚もありますが、皮にもタケノコの風味があるので、全部とってしまってはいけません。 そして穂先を斜めにカット。 縦にも少し切り込みをいれると火の通りもよくなり、アクも出やすくなります。 茹でたあとの処理 タケノコに竹串がスッと入るくらいに火が通ったら、鍋にフタをしてそのまま一晩放置しましょう。 自然に冷やしていくことで、残ったアクも抜けていきタケノコの風味も豊かになります。 ここで焦って水道水などで冷やしてしまうと風味が損なわれ、アクが残ってしまうので要注意です。 たけのこのえぐみの取り方 せっかくアク抜きをしたのに、エグミが残ってしまって美味しくない! そんなときにも諦めてはいけません! 残ってしまったエグミを取る方法があるんです!しかもとても簡単! それでも、エグミが抜けきらないという場合は、再度茹でることでエグミを取りましょう。 タケノコを小分けにしてから茹でます。 この方法で大抵のタケノコはエグミが抜けます。 ただ、茹ですぎには注意が必要です。 タケノコは繊維が多いので、茹ですぎてもやわらかくなりすぎる心配はありません。 なので、歯ごたえを損なう心配はありませんが、風味は損なわれてしまいます。 エグミの残り具合で茹で時間がかわるので、様子を見ながら茹でるようにしましょう。 たけのこのアク抜き失敗した時のリメイク術 採ってから時間のたってしまったものや、採れた竹林の性質によりエグミの強いタケノコは、しっかりとアク抜きをしてもエグミが抜けきらないこともあります。 そんな時にはエグミが気にならない料理方法で、美味しくアレンジしましょう。 エグミのあるタケノコは、バターで仕上げると嫌なエグミが旨みに変身するんです。 タケノコのエグミはカルシウムと結合すると中和されるそうで、バター以外にも塩ヨーグルトに漬けてから焼いても美味しいですよ。 おすすめはタケノコのムニエル。 塩コショウをしたタケノコに小麦粉をはたき、バターで焼いてムニエルにしましょう。 とっても簡単ですし、タケノコとバターの風味が絶妙でとっても美味しいです。 その他にも、醤油で下味をつけてから天ぷらにしたり、油揚げや鶏皮などと一緒に炒めたりするとエグミが気にならなくなります。 エグミが強いタケノコはカレーや豆板醤などでの味の強いもので調理してみてもいいでしょう。 タケノコの風味はなくなってしまいますが、タケノコ独特の歯ごたえはかんじられますし、エグミはごまかされるので美味しく食べられます。 まとめ 採ってから時間のたってしまったタケノコはどうしてもエグミが強くなってしまいます。 タケノコを入手したら、鮮度を見極めてアク抜きに挑みましょう。 新鮮なタケノコは穂先が黄色く、皮に艶があり、産毛がみっちりと揃って生えています。 穂先が緑っぽくなっていたり、皮がしおれていたりする場合はエグミが強いので気を付けましょう。

次の

たけのこは毒?効能は?アク・えぐみの正体。灰汁抜き・アク止め特集

竹の子 の アク 抜き

茹でる前の下処理• 茹でたあとの処理 です。 茹でる前の下処理 まず茹でる前に、タケノコの硬い皮を2、3枚剥がして、穂先を切り落とします。 皮は何枚もありますが、皮にもタケノコの風味があるので、全部とってしまってはいけません。 そして穂先を斜めにカット。 縦にも少し切り込みをいれると火の通りもよくなり、アクも出やすくなります。 茹でたあとの処理 タケノコに竹串がスッと入るくらいに火が通ったら、鍋にフタをしてそのまま一晩放置しましょう。 自然に冷やしていくことで、残ったアクも抜けていきタケノコの風味も豊かになります。 ここで焦って水道水などで冷やしてしまうと風味が損なわれ、アクが残ってしまうので要注意です。 たけのこのえぐみの取り方 せっかくアク抜きをしたのに、エグミが残ってしまって美味しくない! そんなときにも諦めてはいけません! 残ってしまったエグミを取る方法があるんです!しかもとても簡単! それでも、エグミが抜けきらないという場合は、再度茹でることでエグミを取りましょう。 タケノコを小分けにしてから茹でます。 この方法で大抵のタケノコはエグミが抜けます。 ただ、茹ですぎには注意が必要です。 タケノコは繊維が多いので、茹ですぎてもやわらかくなりすぎる心配はありません。 なので、歯ごたえを損なう心配はありませんが、風味は損なわれてしまいます。 エグミの残り具合で茹で時間がかわるので、様子を見ながら茹でるようにしましょう。 たけのこのアク抜き失敗した時のリメイク術 採ってから時間のたってしまったものや、採れた竹林の性質によりエグミの強いタケノコは、しっかりとアク抜きをしてもエグミが抜けきらないこともあります。 そんな時にはエグミが気にならない料理方法で、美味しくアレンジしましょう。 エグミのあるタケノコは、バターで仕上げると嫌なエグミが旨みに変身するんです。 タケノコのエグミはカルシウムと結合すると中和されるそうで、バター以外にも塩ヨーグルトに漬けてから焼いても美味しいですよ。 おすすめはタケノコのムニエル。 塩コショウをしたタケノコに小麦粉をはたき、バターで焼いてムニエルにしましょう。 とっても簡単ですし、タケノコとバターの風味が絶妙でとっても美味しいです。 その他にも、醤油で下味をつけてから天ぷらにしたり、油揚げや鶏皮などと一緒に炒めたりするとエグミが気にならなくなります。 エグミが強いタケノコはカレーや豆板醤などでの味の強いもので調理してみてもいいでしょう。 タケノコの風味はなくなってしまいますが、タケノコ独特の歯ごたえはかんじられますし、エグミはごまかされるので美味しく食べられます。 まとめ 採ってから時間のたってしまったタケノコはどうしてもエグミが強くなってしまいます。 タケノコを入手したら、鮮度を見極めてアク抜きに挑みましょう。 新鮮なタケノコは穂先が黄色く、皮に艶があり、産毛がみっちりと揃って生えています。 穂先が緑っぽくなっていたり、皮がしおれていたりする場合はエグミが強いので気を付けましょう。

次の

たけのこのあく抜きに失敗!えぐみの取り方とどうしてもえぐい場合の食べ方をご提案

竹の子 の アク 抜き

我が家では 毎年 たけのこが取れますので そのときのゆで方を 書いておきます。 (こちらは 既にシーズンオフです) たけのこが しっかりつかるお鍋を用意してください。 丸のまま茹でる必要はありません 縦割りにしても大丈夫です。 皮は 先に剥いても茹でた後でもいいですが 仕上がりがきれいに見えるのは 後から剥いたほうです 出来れば 米ぬかが 一番かと思いますが 泣ければ お米のとぎ汁を用意してください。 我が家では 直径40cmくらいのお鍋に 米ぬかを 2~3つかみいれます。 たけのこが つかるくらい水を加えて 上から 落し蓋をして 火にかけます。 沸騰してきたら(沸騰するとすぐに吹き零れそうになるので ご注意ください)火をとろ火にして ふたをします(このとき吹き零れないように お箸を 鍋の端に渡して ふたが少し浮くようにします このまま 約20分 火を止めたら 必ず そのまま 一晩 放置して自然に冷却してください 我が家では この後 こめぬかを洗い流して 水気を切り 冷蔵庫に入れて保管します。 水につけるという方もいらっしゃいますが 我が家では 水臭いと不評です 茹でると傷みやすくなりますので すぐに使い切れない場合は こまめに 洗ってください。 こんなんで 参考になりますでしょうか 丁寧な回答を読むと申し訳ないくらいの荒業なんですが・・・・。 こんなやり方をしている人もいるんだ、と楽になっていただければ、と思って紹介します。 我家では毎年2・3回筍をいただきます。 ・・・・ので、これは、新鮮なものを扱うというのが大前提です。 私のやり方はyamada-hanakoさんとまったく同じです。 ただ提供者Aさんの「新しいうちは米のとぎ汁でなくても水で十分」という教えに従い、米をわざわざ研ぐ、という手順をふまずにいただいたらすぐ先を(たいていいただきものはまっすぐじゃなくて曲がっています。 カ-ブが大きい方に空間が多いのでそちらを多く切るように)斜めにカットしてタテに切れ目を入れます。 先の方は深く、下の方は浅く(要は筍の実の入り方で調節)。 で、かぶるくらいの水を入れて落し蓋をしたら50分~1時間くらい煮て、さめるまでそのままにします。 最近、いつも持ってきてくれる叔母から聞いたやり方はなんとあく抜きせずにいきなり切ってゆでる、という荒業。 でもちっともえぐみはないんです。 私はやわらかくしたいので、上の方法でしていますが、新鮮なものを新鮮なうちに、が一番ではないでしょうか。 億劫にならずにできる方法がいいかな、と思うのですが・・・・・。 A ベストアンサー 筍のえぐみは筍が大きかったり、採ってから時間が経っているからだと思うのですが。 スーパーマーケットなどで買ったんですよね?朝堀りと名前がついていても、時間がずいぶん経っていたりしますよね。 ということで、えぐみのある筍は元々に問題があるのでは。 私もyokorinさんと同じようにして下処理しますが、えぐい筍はこういうものだとあきらめてしまいます。 実はえぐい筍はバターで仕上げると、えぐみが独得の風味に変っておいしくなるんです。 えぐみの強い筍を薄くスライスして、塩、胡椒を振り、小麦粉を付けて、バターで焼きます。 筍のムニエルですね。 これ、ほんとおいしいですよ。 もう、煮物にしてしまったのであれば、筍ご飯にしてしまいましょう。 こうすれば、えぐみも気にならなくなるはず。 にんじんと油揚げを用意して、一緒にご飯と炊きこんで、木の芽を飾りましょう。 木の芽は筍のえぐみを感じにくくさせてくれますよ。 そうだ、煮物に山椒を振りかけてみてください。 少しはえぐみが気にならなくなりませんか?それで食べられるようになれば一番簡単ですよね。 小さめに切って、かつお節、山椒をからめてみたらどうでしょうか? 筍のえぐみは筍が大きかったり、採ってから時間が経っているからだと思うのですが。 スーパーマーケットなどで買ったんですよね?朝堀りと名前がついていても、時間がずいぶん経っていたりしますよね。 ということで、えぐみのある筍は元々に問題があるのでは。 私もyokorinさんと同じようにして下処理しますが、えぐい筍はこういうものだとあきらめてしまいます。 実はえぐい筍はバターで仕上げると、えぐみが独得の風味に変っておいしくなるんです。 えぐみの強い筍を薄くスライスして、塩、胡椒を振り、小麦... A ベストアンサー コンニチハ。 うろ覚えなので、はっきりと断言は出来ませんが・・・・。 筍の「アク」や「えぐみ」はシュウ酸によるものですが、 茹でることによって、シュウ酸が抜けます。 (ほうれん草などもそうですよね) 普通の水で茹でるよりも、糠を使うことによって数十倍もこのシュウ酸が抜けやすくなります。 お尋ねの「鷹の爪」なのですが、実際はほとんど灰汁等を取る成分は含まれていないようで、 唐辛子に含まれるカプサイシンの辛味成分で筍のエグミ等をカバーしているような状態だそうです。 ちょっと調べてみましたが、カプサイシンがシュウ酸を分解する。 というような成分は 見つかりませんでした。 私なりに考えてみたのですが、 カプサイシンは殺菌や抗菌効果がありますので、カビや防腐対応にもなるのではないかと思います。 A ベストアンサー 元調理師です エグミの特徴は 取りたてより時間がたつと、強くなります 八百屋に上った段階で、1日以上たって居ますので、ある程度どうしてもエグミは出ます 小さいタケノコより大きなタケノコの方がエグミが出ます 茹でた後一晩そのまま冷やすことにより、かなり抜けるのですがどうでしょうか? この3点を気を付ければかなり違うと思いますが 只大きいタケノコで有ればある程エグミが残ります 先端の方でしたらかなり、エグミも少ないと思いますが 後太いところを切ると白い物が残りますが、これがエグミの元です、これが残っていたら洗い流してください ただこれだけやってもエグミが残るようでしたら、どうしようも有りません 濃い味で誤魔化してください A ベストアンサー 中傷だけで終わるのも何なので補足します。 Nagatosさんは、英米人なら絶対しないような間違いと、する間違いの区別ができてないようです。 質問者さんは、「Can you celebrate? 」はどっちですか?と聞いているみたいですが、それを理解されてないので、議論が平行線になってるみたいですね。 例えば日本の黒板消しの商品名で「Clean Elaser」というのがありました。 これは明らかに米英人はしない間違いです。 意味不明です(「きれいに消せる黒板消し」と言いたいのだろうが、「黒板消し自体がきれい」という意味にしか聞こえない)。 こんな間違いは英語の歌詞にもないでしょう。 結論を言うと、「Can you celebrate? 」は微妙なところだと思います。 「Clean Elaser」ほどひどくはないけど、英米人は言わないでしょう。 でも、歌詞になら使ってもおかしくはない・・かな??という感じです。 聞くひとも、意味はかろうじて推測できるかなという程度だと思います。 賢いひとなら、こんな詩は書かないでしょうね。 慣用だからとあきらめずに、正しい英語を使おうと努力する姿勢を評価したいですね。 中傷だけで終わるのも何なので補足します。 Nagatosさんは、英米人なら絶対しないような間違いと、する間違いの区別ができてないようです。 質問者さんは、「Can you celebrate? 」はどっちですか?と聞いているみたいですが、それを理解されてないので、議論が平行線になってるみたいですね。 例えば日本の黒板消しの商品名で「Clean Elaser」というのがありました。 これは明らかに米英人はしない間違いです。 意味不明です(「きれいに消せる黒板消し」と言いたいのだろうが、「黒板消し自体がきれい」という...

次の