四谷 大塚 いつから。 四谷大塚についていけないなら家庭教師でフォロー【中学受験】

全国統一小学生テスト 申し込み方法や当日の流れ。親はどんなことをして過ごすの?

四谷 大塚 いつから

数年前、子供を入塾させるときに、一番心配だったのが、「入れるかどうか?」でした。 なぜなら、私が子供の頃、四谷大塚には入塾テストがあって、成績が足りないと入れなかったと記憶していたからです。 そのため、四谷に入るための孫塾があり、そこでまず四谷に入るための勉強をする(人もいる)と聞きました。 現在では、入塾テストはクラス分けのためであり、断られることは無いですよね。 いつごろから、全員入れるようになったのか・・・? 自分が子供だったので、もしかしたら全くの勘違いかもしれません。 昔も全員入れたのかもしれません。 でもずっと気になっていて、もしかしたらエデュをご覧の方の中には御存知の方がいらっしゃるかもしれないと思い、スレッドをたてさせていただきました。 それを調べてどうする?といわれると、う~ん・・・ 自分の記憶が間違っていたかどうか知りたいのです。 子供が塾に行くようになって(近所に四谷大塚がなかったので他塾ですが)、自分のときと色々違うな~~と思うことが多いので。 授業は今のほうが昔より親身で解かりやすいと思います。 先生も優しいし。 (模試で四谷の先生に解説していただいたことが数回あります)なんか、昔は、もっと厳しかった気がします。 ・・・子供だったからそう感じただけかも知れません。 私は74~76年まで通っていました。 同世代ですね?! 池袋(東京電子専門学校)は東口でした。 三越の横を通っていきました。 夏期講習、冬期講習は更に色々な会場がありましたよね。 私が印象に残っているのは目黒の杉野ドレメです。 あと従姉が鶯谷会場に通っていた記憶があります。 成績が悪かったので日曜日の中野教室には無縁でしたが、夏期の記述式講習や 一時受講した「月水教室」か「火木教室」で中野教室に通ったことはあります。 あと土曜教室(日曜テストの過去問解きと解説)で早稲田会場も通いました。 (高田馬場駅南口付近の早稲田と名の付く予備校が会場)当時は帰宅時間がラッシュアワーに重なり(週休二日が浸透していなかったため)山手線で痴漢に遭ったりしました。 私も中受失敗(御三家二つ落ち。 今で言う「サンデーショック」のため二校受験出来た)で公立に進み、大学受験でまあまあ?リベンジした感じです。 >今は昔さんのお話さん コメントありがとうございます。 中学受験は失敗しましたが、その時勉強したことというのは一生の知識になったことが多かったと思います。 高校、大学あたりでの勉強は余り覚えてないです(私の場合)。 もし志望校に受かっていたら、その後の人生は今と何か変わっていたかも……. と考えることも無いとは言いませんが、それも栓が無いことですね。 改めてよくよく見ると 「昭和〇〇年度 〇月分 月間受験票」となっています。 (夏、春、冬の講習は、「春期講習券」、「夏期講習券」、「冬期講習券」です) 76年組ですが日曜テストだけ入った時は落ちこぼれ準会員で一番近い東京電子最後まで行ってました。 全然四谷大塚知らなかったけどメインで行ってた塾が提携校で実績作りに受けされられて知ったクチです。 皆さん正会員なんですね。 週報でいつも中野校の人達に囲まれてたんで憧れでした。 やっぱり東京電子じゃちょっと違和感があったんで… 確か当時はトップはテレカ貰えてた気がします。 私はトップ取れなくてハガキかカードみたいなのしか貰えなかったんでテレカは使い道があっていいなぁと思ってました。 合不合の絶対合格圏って強烈な語感だったしあの表みたいのも色が強烈でしたよね。 私グラフまるまる1色だったんで余計に印象に残っています。 90年代中盤ぐらいまでは準会員でもそこそこステイタスでしたよね。 勉強サボって大学こけていわゆるFランFbランでも結構家庭教師に呼ばれたり恩恵も受けさせてもらったし、四谷大塚はあの紺のテキストとドリルみたいなのはちょっとやればすぐに偏差値上がったんで私には合ってたし、勉強も凄く楽しかったしで一番の黄金時代だったなぁ、と懐かしくてつい書き込みしてしまいました。 皆さん程ではないですが当時の四谷大塚に関われた事は本当に良かったと思っています。

次の

中学受験で有名な四谷大塚ですが、いつから通えばいいの?

四谷 大塚 いつから

その週の予習シリーズの学習範囲を、ご自宅のパソコンで毎週月曜から受講できます。 1教科あたりの授業時間は、50分〜120分程度。 授業は、解説授業と問題演習を組み合わせて進みます。 受講するお子さまの学力レベルに合わせた授業を四谷大塚の講師が行うため、とてもわかりやすく、授業映像を止めて何度でも繰り返し再生しながら、理解できるまで学習することができます。 また通常の1. 5倍でのスピード再生も可能なので、どうしても学習時間を確保することが難しい場合でも、通常60分の授業を約40分に短縮して受講することが可能です。 週テストの実施後24時間以内に答案返却! 毎週の週テストの結果を、実施後24時間以内にスピード返却します。 テストを受けても、結果がすぐにわからなければ、十分な復習を行うことはできません。 四谷大塚NETでは、生徒の解答用紙を画像データ化し、素早く採点を実施。 24時間以内にインターネットを通じて会員専用サイトに結果が送信されるので、すぐに復習を行うことができます。 一人ひとりに最適な復習プログラムを提示 膨大に累積された過去の成績データ・合否データと学習系統図に基づいて、科学的・体系的に構築したデータベースをもとに作成される「復習ナビ」と「予習ナビ」。

次の

子供2人中学受験して分かった。四谷大塚合不合判定テストの判定は正確だと思う。

四谷 大塚 いつから

数年前、子供を入塾させるときに、一番心配だったのが、「入れるかどうか?」でした。 なぜなら、私が子供の頃、四谷大塚には入塾テストがあって、成績が足りないと入れなかったと記憶していたからです。 そのため、四谷に入るための孫塾があり、そこでまず四谷に入るための勉強をする(人もいる)と聞きました。 現在では、入塾テストはクラス分けのためであり、断られることは無いですよね。 いつごろから、全員入れるようになったのか・・・? 自分が子供だったので、もしかしたら全くの勘違いかもしれません。 昔も全員入れたのかもしれません。 でもずっと気になっていて、もしかしたらエデュをご覧の方の中には御存知の方がいらっしゃるかもしれないと思い、スレッドをたてさせていただきました。 それを調べてどうする?といわれると、う~ん・・・ 自分の記憶が間違っていたかどうか知りたいのです。 子供が塾に行くようになって(近所に四谷大塚がなかったので他塾ですが)、自分のときと色々違うな~~と思うことが多いので。 授業は今のほうが昔より親身で解かりやすいと思います。 先生も優しいし。 (模試で四谷の先生に解説していただいたことが数回あります)なんか、昔は、もっと厳しかった気がします。 ・・・子供だったからそう感じただけかも知れません。 私は74~76年まで通っていました。 同世代ですね?! 池袋(東京電子専門学校)は東口でした。 三越の横を通っていきました。 夏期講習、冬期講習は更に色々な会場がありましたよね。 私が印象に残っているのは目黒の杉野ドレメです。 あと従姉が鶯谷会場に通っていた記憶があります。 成績が悪かったので日曜日の中野教室には無縁でしたが、夏期の記述式講習や 一時受講した「月水教室」か「火木教室」で中野教室に通ったことはあります。 あと土曜教室(日曜テストの過去問解きと解説)で早稲田会場も通いました。 (高田馬場駅南口付近の早稲田と名の付く予備校が会場)当時は帰宅時間がラッシュアワーに重なり(週休二日が浸透していなかったため)山手線で痴漢に遭ったりしました。 私も中受失敗(御三家二つ落ち。 今で言う「サンデーショック」のため二校受験出来た)で公立に進み、大学受験でまあまあ?リベンジした感じです。 >今は昔さんのお話さん コメントありがとうございます。 中学受験は失敗しましたが、その時勉強したことというのは一生の知識になったことが多かったと思います。 高校、大学あたりでの勉強は余り覚えてないです(私の場合)。 もし志望校に受かっていたら、その後の人生は今と何か変わっていたかも……. と考えることも無いとは言いませんが、それも栓が無いことですね。 改めてよくよく見ると 「昭和〇〇年度 〇月分 月間受験票」となっています。 (夏、春、冬の講習は、「春期講習券」、「夏期講習券」、「冬期講習券」です) 76年組ですが日曜テストだけ入った時は落ちこぼれ準会員で一番近い東京電子最後まで行ってました。 全然四谷大塚知らなかったけどメインで行ってた塾が提携校で実績作りに受けされられて知ったクチです。 皆さん正会員なんですね。 週報でいつも中野校の人達に囲まれてたんで憧れでした。 やっぱり東京電子じゃちょっと違和感があったんで… 確か当時はトップはテレカ貰えてた気がします。 私はトップ取れなくてハガキかカードみたいなのしか貰えなかったんでテレカは使い道があっていいなぁと思ってました。 合不合の絶対合格圏って強烈な語感だったしあの表みたいのも色が強烈でしたよね。 私グラフまるまる1色だったんで余計に印象に残っています。 90年代中盤ぐらいまでは準会員でもそこそこステイタスでしたよね。 勉強サボって大学こけていわゆるFランFbランでも結構家庭教師に呼ばれたり恩恵も受けさせてもらったし、四谷大塚はあの紺のテキストとドリルみたいなのはちょっとやればすぐに偏差値上がったんで私には合ってたし、勉強も凄く楽しかったしで一番の黄金時代だったなぁ、と懐かしくてつい書き込みしてしまいました。 皆さん程ではないですが当時の四谷大塚に関われた事は本当に良かったと思っています。

次の