消防設備士 過去問題。 消防設備士甲種2類実技の問題と回答

消防設備士甲種2類実技の問題と回答

消防設備士 過去問題

当サイトが最もお勧めしている通信講座! そもそも消防設備士試験とは? 建築物内には 消火器やスプリンクラー設備などさまざまな消火設備があります。 一定規模の建築物になると消防設備士による点検・整備が義務付けられています。 その点検・整備を行うことができるのが 消防設備士です。 消防設備士の種類には乙種と甲種に分かれております。 乙種・・・消防設備の点検・整備のみを独占的に行うことが出来る• 甲種・・・消防設備の点検・整備・工事を行うことが出来る 甲種になると工事ができるようになりますが、試験内容は難しくなります。 尚乙種・甲種とも点検・整備・工事ができる分類分けがあり特類・1類~7類に分かれていますので、点検・整備・工事を行うにはその類の試験に合格しなければなりません。 分類は下記表に記載してある通りです。 消防設備士の分類 免状の種類 工事・整備等ができる設備等 甲 種 特類 特種消防用設備等 甲 種 又 は 乙 類 1類 屋内消火栓設備、スプリンクラー設備、水噴霧消火設備、 屋外消火設備 2類 泡消火設備 3類 不活性ガス消火設備、ハロゲン化物消火設備、粉末消火設備 4類 自動火災報知設備、ガス漏れ火災警報設備、 消防機関へ通報する火災報知設備 5類 金属製避難はしご、救助袋、緩降機 乙 種 6類 消火器 7類 漏電火災警報器 消防設備士の講習とは? 消防設備士は免許取得後に規定の講習を受けなければならない。 免状の交付を受けた日から2年以内に規定の講習を受けなければならない。 消防設備士は、上記の講習を受けた日から5年以内ごとに規定の講習を受けなければならない。 しかも講習にはいくつかの分類分けがされている。 類別 講習の区分 第1類 第2類 第3類 消火設備の講習 第4類 第7類 警報設備の講習 第5類 第6類 避難設備・消火器の講習• 第4類と第7類の免許取得・・・警報設備の講習• 第4類と第6類の免許取得・・・警報設備と避難設備・消火器の講習• 全ての免許取得・・・消火設備と警報設備と避難設備・消火器の講習 を受けなければならない。 試験科目と問題数 試験科目 問題数 試験時間 甲種 乙種 筆記 基礎的知識 機械に関する部分 甲種:3時間15分 乙種:1時間45分 電気に関する部分 10 5 消防関係法令 各類共通 8 6 4類に関する部分 7 4 構造機能及び工事又は整備の方法 機械に関する部分 電気に関する部分 12 9 規格に関する部分 8 6 合計 45 30 実技 鑑別等 5 5 製図 2 消防設備士試験の免除制度とは? 消防設備士試験には免除制度があります。 それは、電気工事士免許及び電気主任技術者の免許等を持っていれば消防設備士試験の電気に関する部分が免除になります。 また他の消防設備士の免許を持っていれば法令の共通の部分が免除になります。 従って電気で得点を稼げる人は少しでも正解率を上げるためにも免除しない方が良いと思います。 鑑別は1問目が免除になります。 全類を1年間で取得可能 実は消防設備士試験は全国どこで受験をしても良いことになります。 従って、• 12月に4類を福岡で受験• 1月に7類を香川で受験• 2月に6類を長崎で受験• 3月に5類を熊本で受験 というような受験の仕方が可能です。 令和元年度の合格率 運営サイト 関係サイト 画像提供•

次の

『写真鑑定問題』実技試験 鑑別等試験│第3類消防設備士をマスターしよう!|ビルメンダイバーぶちキリンの部屋

消防設備士 過去問題

消防設備士は人気が徐々に高まっている技術系資格です。 需要も高まっており持っていて損はありません。 消防設備士は8つの種類に分かれており、特類、甲種1~5類、乙種1~7類。 それぞれ専門としている消防設備が違っており、 甲種は「消防設備の工事と整備」ができ、乙種は「消防設備の整備のみ」ができます。 つまり消防設備士は甲種が乙種の上位資格です。 第1類から第5類までは甲種があり、乙種の6、7は甲種がありません。 消防設備士甲種には受験資格が必要ですが、乙種に関してはだれでも受験が可能です。 消防設備士乙7は「漏電火災警報器の整備、点検」を行うことができます。 漏電火災警報器の工事に関しては電気工事士が担当しているため、第7類には甲種が用意されていません。 消防設備士乙7の最大の特徴は、電気工事士(1種、2種)と他の種類の消防設備士の免状を持っていると科目免除制度を最大限使えます。 筆記問題の30問中で20問を免除でき、実技問題は5問全部を免除できます。 ですが、免除なしでもそれほど難しい試験ではないので過去問と参考書をしっかりやれば1か月ほどの勉強で合格圏に達することができるでしょう。 消防設備士乙7の過去問のおすすめ 消防設備士乙種第7類の難易度は10段階で2です。 宅建の難易度を4だとすると乙7はだいぶ「カンタン」と感じる試験になっています。 免除制度を最大限使った場合は試験問題数が10問まで減るので、その場合の難易度は1以下といっても過言ではありません。 試験勉強には過去問1冊と知識を高めるために参考書を1冊持っているといいと思います。 消防設備士乙7の過去問のおすすめは何といっても工藤シリーズでしょう。 語呂合わせがちょっと多すぎかな?と感じますが、この過去問だけでも合格できるくらいの知識はつきます。 万全を期すために参考書テキストも使って勉強しましょう。 過去問のみでもいけるような気はしますが、やはり参考書のほうが情報が細かいです。 なので、本番の試験で焦らずに解答できるようになります。 消防設備士乙7は過去問と参考書のみで充分に合格できます。 受験会場で見かける受験者のほとんどが工藤本を使っているので上記の過去問と参考書がどれだけ人気なのか、そして合格実績の高さがうかがえます。 免除制度を全く利用しなくても上記の過去問をしっかり解き続ければ難しい試験とは感じないでしょう。 消防設備士乙7の受験のみだと歯ごたえがないので、併願できる場合は甲種第4類と一緒に受験してみるのもいいかと思います。 消防設備士乙7に需要はあるの?合格率と試験日 消防設備士乙7の合格率は他の乙種の中でもずば抜けて高くなっています。 乙7の合格率が高いのは前述の試験問題免除制度を利用している受験者が多くを占めるから。 最大限免除制度を活用すると試験問題が10問まで減らせるので合格率が高くなっているのです。 実際の難易度は他の乙種試験と同じくらいの難易度なので合格率が高いから簡単すぎるというわけではありません。 乙7の試験日は都道府県によりまちまちですが、おおむね年に2回ほど試験日が用意されています。 東京都は他の県よりも細かく試験日が設定されているため、WEBサイトで試験日を確認してみてください。 消防設備士乙7の受験費用は3800円でネットからの申し込みとクレジットカード払いができます。 科目免除を受けるためには書面申請が必要なので注意が必要。 消防設備士乙7の「単体」としての需要としてはあまりないのではないかと思います。 乙7に合格したからと言って就職が有利になるとか手当てが出るとかはないでしょう。 しかし、消防設備士は甲1と甲4、そして乙6、7の4つを取得することで仕事の需要が生まれてきます。 消防設備士試験は乙7だけで満足することなく、甲種1、4と乙6に挑戦してみてください。 漏電火災警報器の工事をするためには電気工事士の資格が必要なので、そちらに挑戦するのもいいかと思います。 消防設備士乙7だと「整備と点検」までしかできませんから「工事」ができる電気工事士を目指す価値は十分にあります。 消防設備士乙7に独学合格するための勉強時間 消防設備士乙7の試験にまったく科目免除なしで挑む場合は、約1か月間1日1時間の勉強で合格に近づけます。 フル免除状態で受験する場合は毎日1時間勉強で1週間ほどで合格できる知識がつくことでしょう。 独学合格するのにそれほど勉強時間はかからないなという印象を受けます。 しかし、まったくの無勉強で合格できるような生易しい試験ではありません。 独学合格するためには消防設備士試験に挑む受験者のほとんどすべての人が利用している工藤シリーズの過去問と参考書を使うことをおすすめします。 受験会場でもほとんどの受験者が最後の確認のために上記の過去問とテキストを使っていました。 数多くの合格者を生み出している実績のある過去問とテキストなので、独学で合格を勝ち取るためには必須のシリーズです。 乙7だけでなく消防設備士試験の他の種類でも工藤シリーズにはお世話になるでしょう。 合格のための情報がほとんど詰まっているので、過去問はこれだけで十分と言えます。 勉強時間はおおむねの目安なので焦らずじっくりと腰を据えて勉強してください。 そうすれば必ず合格を勝ち取れる資格試験です。 消防設備士乙7はどんな試験?試験時間と実技問題対策 消防設備士乙7は電気工事士(1種、2種)を持っていると実技問題(鑑別)の5問がまるまる免除になります。 実技問題はマークシート方式ではなく筆記なので免除なしで受験する場合は勉強が面倒くさいです(どの試験も実技問題は漢字に注意)。 筆記問題の30問はすべてマークシート方式で4択問題なので、明らかに間違いだとわかる選択肢を消していけば簡単に答えにたどり着けます。 試験問題の免除を使うと最終的に10問くらい答えればいい状態までもっていけますが、注意点が一つ。 免除制度を使うことで勉強時間を大幅に減らせますが、その分ミスが許されない試験になってしまいます。 試験時間は1時間45分。 ゆっくり解いていっても充分に時間が余ります。 消防設備士乙7の実技問題対策としては、過去問をじっくり解くということ。 他の種類の試験でもそうですが漢字を書けるように注意する必要があります。 実技問題は過去問を何度も解いていれば苦労することはありません。 消防設備士乙7の甲種に当たるのが電気工事士 消防設備士乙7は正直言って単体では全くと言っていいほど、資格としての需要はありません。 乙7よりも需要がある資格としては、乙7の上位資格ともいえる電気工事士があげられます。 乙7の試験問題の大部分(特に実技問題は全問)を免除できる資格なので、電気工事士のほうを勉強したほうが有意義な時間になるかもしれません。 乙7では漏電火災警報器の「整備、点検」しかできず、「工事」に関しては電気工事士(1種、2種)が専門としています。 「乙7」にとって他の消防設備士資格でいうところの甲種に当たるのが「電気工事士」なのです。 電気工事士の資格勉強も視野に入れてみてはいかがでしょう。 消防設備士乙種第7類のまとめ 消防設備士乙7の試験時間は1時間45分。 問題数は筆記問題30問、実技問題5問の合計35問。 難易度は簡単といえるレベルで10段階中、2です。 試験問題免除の場合、難易度は1くらいでしょう。 勉強時間は免除なしの場合、1日1時間の勉強で1か月ほど。 30時間から60時間ほどで合格圏に到達できます。 独学で合格するための過去問とテキスト参考書は2冊で充分。 試験会場で見た受験者もほとんどが工藤本を使っているので合格するには欠かせません。 乙7の受験をする前に第二種電気工事士の資格受験を視野に入れてみてはどうでしょう? 電気工事士の資格は需要がありますし、電気工事士の免状があれば乙7の試験は大部分免除できます。 乙7の上位互換のような資格なので、むしろ電気工事士の資格だけ持っていればいいくらいです。 あまり需要の無い「乙7」よりも利用価値の高い資格なので第二種電気工事士はおすすめです。 消防設備士試験を一通り合格したら、受験を検討してみてください。 消防設備士の難易度と種類ごとの勉強法が知りたい場合は以下の記事を参考にしてください。

次の

過去に出題された問題|一般財団法人消防試験研究センター

消防設備士 過去問題

勉強方法:2冊の使い方 私の勉強方法になりますが、私は資格を受験するときはテキストと問題集を購入します。 テキストで基礎知識を高め、問題集で試験問題に慣れるといったところです。 使い方としては以下のステップになります。 step 1オーム社のテキストで学習 ・まずはざっくりとテキストで学習 step 2電気書院の問題集で学習 ・最初は間違っても良いので、問題を解き、問題に慣れる。 ・間違えたところは解説をしっかり読む。 step 3オーム社のテキストで再度確認 ・問題で間違ったところをオーム社のテキストで復習し、再度問題を解く。 ・試験日まで繰り返す。 過去問について 残念ながら過去問は公表されていません。 公式サイト「消防試験研究センター」に一部だけ公表されていますが、どの類の問題かパッと見分かりません。 心配な方はネットで予想問題を作成されているサイトがいつくかありましたので、そのサイトで解くのが良いと思います。 「消防設備士 乙7 過去問」や「消防設備士 乙7 問題」で検索するとでてきます。 それで勉強できると判断すれば問題集は追加で購入する必要はないかもしれません。 まとめ:乙7 合格するために 難しくないと言われていますが、油断は禁物です。 私が受験した時はけっこう昔になりますが、合格するための基本的なポイントは今も変わらないと思います。 ポイントは3つです。

次の