きまり が 悪い 意味。 【きまりが悪い】 を使った例文を教えて下さい。

【間が悪い】の意味と使い方の例文(慣用句)

きまり が 悪い 意味

公開日: 2019. 14 更新日: 2019. 14 「間が悪い」と「タイミングが悪い」の意味の違いと使い分け 「間が悪い」と「タイミングが悪い」という言葉をご存知でしょうか。 「間が悪い思いだ」「タイミングが悪くて困る」といったように使います。 では、それぞれの意味についてしっかりと理解しているでしょうか。 どちらも日常会話で使われていることが多いです。 見聞きしただけでは、同じように使えると思いますよね。 二つとも非常に似ていますが、実は意味が異なります。 正しく使うためには、それぞれの意味を知っておくことが必要です。 そこで今回は「間が悪い」と「タイミングが悪い」の使い分けについて解説していきます。 適切に覚えて、上手く使い分けできるようにしましょう! 「間が悪い」と「タイミングが悪い」の違い 「間が悪い」・・・運が悪いこと、恥ずかしくなるほどその状況に合っていない言動をとること 「タイミングが悪い」・・・物事を行うのにちょうど良い時期や機会を逃してしまうこと 「間が悪い」と「タイミングが悪い」はどちらも「 ちょうど適した時期を逃すこと」を表します。 ほとんど同じように使うことができますが、「間が悪い」は「 その状況や状態に適していない言動をとる、きまりが悪い」という意味でも使うことができます。 例えば、「彼女は間が悪くて鬱陶しい」と言えます。 これは「彼女はその場に合っていない行動をとってばかりで鬱陶しい」という意味になります。 この場合の「間が悪い」は「タイミングが悪い」に言い換えることはできません。 「間が悪い」と「タイミングが悪い」の類語には、「折が悪い」「生憎」「具合が悪い」「都合が悪い」などがあります。 また、「間が悪い」には他にも「きまりが悪い」「ばつが悪い」「面目が立たない」といった類語もあります。 「間が悪い」の意味と使い方 「間が悪い」の意味は、 ・引け目を感じる、肩身が狭いこと ・運が悪いこと、時機が悪いこと です。 「間」は「ちょうど良い機会、良い頃合い」、「悪い」は「好ましくない、良くないこと」を意味します。 状況や状態に合っていない言動をすることを表す場合に「間が悪い」を使います。 「間が悪い」はなんとなく照れくさい、きまりが悪いことを表します。 例えば、「仕事をしている最中に、携帯を触っているところを見られて間が悪かった」と言います。 これは「仕事中に携帯を触るのは禁止されていないがなんとなく恥ずかしい、面目が立たない」という意味になります。 また、「間が悪い」は「ついていない、良い機会ではない」という意味で使うこともできます。 例えば、「せっかく来たのに、定休日で店が閉まっていて間が悪い」といったように言います。 これは「わざわざ来たのに、店が休みとは運が悪い」という意味になります。 「間が悪い」の反対語は「 間が良い」となります。 例文 「引け目を感じる」という意味 ・授業の内容がつまらないと話していたら、近くに先生がいて間が悪い思いをした。 ・彼女とデートしているところを友達に目撃されるなんて、間が悪い思いをした。 「運が悪い」という意味 ・寝ていたら間が悪いから、もう少し時間を置いて彼女に電話しよう。 ・間が悪いときにお客さんが来たが、待たせるわけにはいかない。 ・間が悪いことに彼は留守にしているので、帰ってくるまで待つことにしよう。 ・遠いところから来たのに、楽しみにしていたレストランが休みだったとは間が悪い。 ・高速道路で渋滞に巻き込まれるなんて間が悪いが、我慢するしかない。 「タイミングが悪い」の意味と使い方 「タイミングが悪い」の意味は「 物事を行う時期や機会を逃してしまうこと」です。 ちょうど良い時期や頃合いなどがずれたり、不運であることを表します。 「タイミング」は「物事を行うのにちょうど良い時機」、「悪い」は「好ましくない、良くないこと」を意味します。 「タイミングが合う」「タイミングを外す」「タイミングをとらえる」といったように使います。 望んでいた時間・好ましい時間にある物事が起こったり、電話がかかって来たり、品物が届いたりしないことを「タイミングが悪い」と表現します。 例えば、ある業者から電話がかかってくることになっていて、連絡が来るまでずっと家で待っているとしますなかなか電話が来ないので、少しの時間住んでいるマンション内にあるコンビニでお菓子を買いに行きます。 その少しだけ買い物に行っている間に、業者から電話がかかっていました。 このような場合に「タイミングが悪い」と表現できます。 「タイミングが悪い」の反対語は「 タイミングが良い」となります。 例文 ・彼に仕事を頼もうと思ったが、タイミングが悪くて話を聞いてもらえなかった。 ・昨日までなら予定が空いていたのに、今日遊びに誘ってくるなんてタイミングが悪すぎる。 ・留守にしている間に彼女が訪問したなんて、本当にタイミングが悪い。 ・ドラマの主演が決まったすぐ後に、週刊誌にスキャンダルを撮られてしまうなんてタイミングが悪い。 ・タイミングが悪かったようで、何度家に電話しても彼女は出なかった。 ・ちょっとの間出掛けているときに宅配便が来るなんて、本当にタイミングが悪い。 ・教室でやっと彼と二人きりになれたのに、下校時間になってしまうとはタイミングが悪い。

次の

embarrassedとembarrassingの意味の違い

きまり が 悪い 意味

「ばつが悪い」の意味とは? 「ばつが悪い」の意味は「気まずい思いをすること」 「ばつが悪い」の意味とは、「気まずさを感じて居心地が悪い思いをすること」です。 自分が誰かの前で何か失敗をしてしまったような場合に、ばつが悪い思いをすることはよくあります。 しかし、自分が何かしたわけでなくても、ばつが悪い思いをしてしまうことも少なくはないのです。 たとえば、誰かが配偶者以外の異性とデートしているところに出くわしてしまったような場合にも気まずさを感じます。 このような気まずさを「ばつが悪い」を用いて表現できます。 「ばつが悪い」の語源は? 「ばつが悪い」の語源は「場都合が悪い」 「ばつが悪い」の語源は、その場の都合が悪いという言い回しです。 その場の都合が縮まって「場都合」となり、さらに短縮されて「ばつ」となりました。 したがって、「罰が悪い」と書くと誤りです。 「ばつ」は「ばつが悪い」だけでなく、つじつまや調子を合わせるという意味の「ばつを合わせる」という言葉にも用いられています。 漢字の「跋(ばつ)」が由来だという説も 「ばつが悪い」の「ばつ」は「跋」であるとする説もあります。 「跋」とは飛び跳ねるという意味のほかに、書物や書画の巻物などの末尾に書き記す後書きや結びという意味もあるため、「跋が悪い」で結末が良くないということを表します。 ここから、うまくまとめることができずに気まずさを感じるということにつながり、「ばつが悪い」の語源となったのではないかとされています。 「ばつが悪い」の使い方と例文 「ばつが悪い」とは気恥ずかしい思いを表す 「ばつが悪い」という思いは、周囲への体面が保てないときや、居心地が悪くなりその場を離れたいと思うときに生じる感覚です。 いずれも周りの人の思惑に対する自分の反応で、誰もその場に居合わせなかったり気付いていなかったりするなら感じない思いです。 したがって良心に対する罪悪感とは異なるもので、気恥ずかしいという意味合いで「ばつが悪い」を用います。 「ばつが悪い」の例文• 彼女とデートしていたら元カノにばったり出会ってしまい、ばつの悪い思いをした。 ばつの悪いことに、受付嬢が大きなあくびをしているところにお客様が入って来られた。 喫煙所から出たところで同僚と鉢合わせしたが、禁煙宣言をしたばかりだったのでばつが悪かった。 「ばつが悪い」は後に「思い」を続けて用いることがよくありますが、この場合「が」を「の」に変えて「ばつの悪い思い」とすることもあります。 「ばつが悪い」の類語 「きまりが悪い」は面目が立たないこと 「ばつが悪い」の類語として、「きまりが悪い」が挙げられます。 「きまりが悪い」の「きまり」は「決まり」で、決着や秩序という意味です。 つまり「きまりが悪い」とは、ものごとがきちんと終わっていないことや整っていないため、周囲に対して面目が立たないことを表しています。 「きまりが悪い」に似た言葉として「体裁が悪い」「ぐあいが悪い」があります。 「体裁」とは外観のことで、「体裁が悪い」で恰好が悪くてはずかしいことを表します。 「ぐあい」は体調のことではなく都合や体裁のことを指しており、「ぐあいが悪い」も「きまりが悪い」と同じ意味合いを持っています。 「立つ瀬がない」は面目が潰れること 「瀬」は、川の水深が浅く歩いて渡れるところのことです。 「立つ瀬がない」で、立っていられる場所がないという意味になりますが、失敗や巡り合わせによって窮地に追い込まれることではありません。 「立つ瀬がない」とはあくまでも世間に対してのことで、周囲への体面が保てなくなり面目が潰れることを指します。 「ばつが悪い」はちょっと気まずい思いをしたようなときにも使いますが、「立つ瀬がない」はもっと深刻なケースに用います。 「肩身が狭い」は申し訳なく思うこと 「肩身」は肩と身のことで、身体全体という意味です。 「肩身が狭い」とは、世間に対する申し訳なさや恥ずかしいという気持ちで身が縮まっている様子から、面目なく思うことを表しています。 なお、「肩身が狭い」は他の類語に比べると、恥ずかしいという気持ちより迷惑を掛けて申し訳ないと思う気持ちが大きい言葉です。 まとめ 「ばつが悪い」の意味や語源・類語のほか、使い方を例文つきで解説しました。 「ばつ」の意味が分かれば「罰が悪い」というような間違った文字を書いてしまうことはなくなります。 また自分が「ばつが悪い」思いをした場合には、周囲の人も何らかのネガティブな感情が生じていることも考えられます。 こちらに非があると思ったら、早めに謝罪や弁明などのフォローをしておいたほうがよいでしょう。

次の

「間が悪い」と「タイミングが悪い」の意味の違いと使い分け

きまり が 悪い 意味

例文 The embarrassed soccer player apologized for scoring an own goal. ばつの悪いサッカー選手はオウンゴールを得点してしまって謝罪した。 オウンゴールをして恥ずかしく感じていた選手が謝罪したという意味です。 embarrassingとembarrassedの違い この2つの違いは日本語にするとどちらも「恥ずかしい」といった訳になってしまいます。 embarrassingは恥ずかしくさせているものに使う、embarrassedは恥ずかしく感じているものに使う、と考えることができます。 上の写真でいえば、大声で外から声をかける女性が「embarrassing(恥ずかしくさせているもの)」であり、声をかけられて戸惑っている男性が「embarrassed(恥ずかしいと感じているもの)」です。 ズボンが破れていたら「恥ずかしい思いをさせているのがズボンの穴」で、「恥ずかしく感じているのが私」となります。 私が恥ずかしさを感じている。 」といえます。 英語ではembarrassingは「causing embarrassment(恥ずかしさを引き起こすもの)」で、embarrassedは「feeling embarrassment(恥ずかしさを感じるもの)」なので明らかに意味は異なります。 そのため置き換えて使うことはできません。 記事カテゴリー• 1,372• 131• 113•

次の