大型 冷風 機。 熱中症対策に屋内外 業務用大型冷風機と冬場は大型暖房機(ヒーター)の無料お試し

大型冷風機の販売特集【通販モノタロウ】

大型 冷風 機

レビュー: 1 【特長】気化熱の原理を利用した業務用の大型冷風扇風機。 体に優しく、電気代も安い。 熱中症対策に貢献します。 排熱がなく、屋内にも設置可能。 ストッパー付き自在キャスターで移動も簡単。 工事不要。 【用途】工場、倉庫、ビアガーデン、競技場、商店街、動物園、遊園地等々、使用場所のバリエーションも豊富です。 【質量 kg 】23. 5【コード長さ m 】約3. 6【連続使用時間 時間 】7〜10. 疾風のブレードは直径86センチ、高速で回転させることで強力な風を遠くまで放つことが可能です。 本体下部に備える189Lの大型タンクは、長時間の無給水を実現しました。 【用途】環境改善・熱中症対策に。 【仕様】冷風能力:478m 2、風速:12. フロン排出抑制法には該当しません。 30m先まで涼風が届きます。 【用途】熱中症対策商品【仕様】標準消費電力料金:16. キャスター式なので必要な場所へらくらく移動。 環境に優しい新冷媒 R407C 採用。 【用途】工場内の工業扇風機、工場扇風機、送風機、大型ファン、サーキュレーターとして。 【質量 kg 】約23【タンク容量 L 】3【コード長さ m 】1. 2円、 60Hz 約18. エアコンのように排熱を出さないのでクリーンです。 リモコン付きなので離れた場所からでも操作が可能です。 風量は3段階に調整が可能です。 風神は直径1メートルもの大型ブレードを高速で回転させることで強力な風を遠くまで放つことが可能です。 本体下部に備える265Lの大型タンクは、長時間の無給水を実現しました。 【用途】環境改善・熱中症対策に。 【仕様】冷風能力:373m 2、風速:9. 移動に便利なキャスター付き。 排熱を遠ざける排気ダクト搭載。 自在に動かせ最長600mmまで伸ばせる排気ダクト。 サーマルプロテクター 過熱保護装置 内蔵で、モーターを過負荷や異常電流から保護できます。 【仕様】ルーバー無【付属品】ドレンタンク 20L用 、ドレンホース 2m 、排気ダクト 最長600mm 【材質】 本体外部 冷間圧延鋼板、 本体上部 ABS【質量 kg 】39【色】 本体外部 白、 本体上部 青【タイプ】首振りなし【首振】なし【電源コード m 】1. ドレン水発生量が少ないため排水作業の手間も軽減! 5弱6. 5【使用冷媒】R407C【電動機出力 kW 】0. 15 送風機 【圧縮機】ロータリー出力0. 温度を管理することにより、無駄な冷房をおさえ、効率よく作業場の環境改善が可能です。 工場・倉庫・作業場の暑さ対策・環境改善に。 パッケージエアコン オフィス・店舗・ビル の修理点検時の代替冷房として。 イベント会場、仮設テント等の仮設冷房に。 新築、リフォーム中の建造物内仮設冷房に。 88〜2. 8m 【質量 kg 】約62【電流 A 】【強】強7. 5・弱6. 7・弱7. 05 【冷房能力 kW 】3. フレリアに吸い込まれた暖かい空気は、水膜に覆われたクーリングパッドを通過する際に、気化熱として温度を奪われて涼風となって送り出されます。 コンプレッサー不使用のため排熱がなく、壁にぴったり設置できます。 「銀イオン」の力で菌の増殖を抑え、吹き出す風をクリーンに保ちます。 取っ手、タイヤ付きで移動が可能。 キャスター式なので必要な場所へらくらく移動。 環境に優しい新冷媒 R407C 採用。 【用途】工場内の工業扇風機、工場扇風機、送風機、大型ファン、サーキュレーターとして。 【電源 V 】単相100【タンク容量 L 】3【本体質量 kg 】約23【電源コード m 】1.

次の

熱中症対策に屋内外 業務用大型冷風機と冬場は大型暖房機(ヒーター)の無料お試し

大型 冷風 機

冷風機とは? 冷風機とは何?と思う方もいらっしゃると思いますので、簡単にご説明をします。 冷風機の構造は室内の空気を取り込んで熱交換ユニットを備えていて冷風を出し、機械の背面から排気(熱い風)を出す機械です。 凄く難しく書いている訳ではありませんが、これじゃ~分からないですよね。 ズバリ!冷風機とはエアコンの持ち運びが出来るコンパクトサイズのものです。 室外機一体型ミニクーラーと言った感じです。 冷風扇との違いは? 冷風扇とは違うの? と言う方もおられる事でしょう! 正直、全く別物です。 冷風扇は扇風機の前に水を張ったバケツを置いて、暑さで水が気化する時に熱を奪う作用を利用して涼しくなった空気を扇風機で送りだすシステムです。 ほとんど扇風機です。 冷風機・冷風扇のメリット・デメリット 物には全てメリット・デメリットと言う等価交換と言うものがついて回ります。 当然冷風機、冷風扇にもこの等価交換のシステムの存在があります。 冷風機のメリット・デメリット 冷風機にもメリットデメリットはあります。 それぞれをみていきましょう。 冷風機のメリット ・室外機の設置がいらない ・持ち運び片付けが出来る。 ・除湿機能もある。 冷風機のデメリット ・本体価格が高い ・冷風扇に比べでかいものが多い ・コンプレッサー内蔵なので音がうるさい 冷風扇のメリット・デメリット 冷風扇の方ももちろんメリットデメリットはあります。 こちらもそれぞれみていきましょう。 冷風扇のメリット ・本体価格が安い ・冷風機に比べ小型なのが多い ・氷などを入れれば瞬間的涼しさはこちらの方が高い ・エアコンの風が苦手な方でも安心 冷風扇のデメリット ・湿気が多くなるため使うとしても別途除湿機も欲しくなる ・扇風機なので、部屋全体が涼しくなることはない メリット・デメリットはまだまだ、ありますが代表的な物だけ紹介しておきました。 お互いのメリット、デメリットを見比べて検討してみてください! では冷風扇と冷風機どっちがいいのか? 結論から言うと、用途にも寄るかもしれないですが、いわゆる家で涼みたいと言うときは断然冷風機の方をオススメします。 冷風扇と冷風機1番の違いは湿度の違いです。 冷風扇はどんなに涼しい風を送ろうが気化した水を巡回させているので湿度は高いです。 それに比べて冷風機は逆にミニエアコンと言われてる通り除湿機能があり湿度は低くなります。 湿度が高いと言うことは、部屋の温度は例え同じ28度だったとしても、体感的な涼しさは全然違います。 湿度が高い方はどこかジメジメして汗もよくでる環境ですが、湿度が低ければカラッとした暑さで居心地はいいと思います。 おすすめのほんとに涼しい冷風機 どうです。 冷風機ってのも有りではありませんか!? エアコンにはない手軽さがやはり売りなんです。 そこでおすすめ冷風機をいくつか紹介します。 トヨトミ スポット冷暖エアコン TAD-22JW 冷風機を探してる方にはどうしてもクーラーを室外機などの理由で、家に置けない!という方も多いかと思います。 除湿機という視点で部屋を涼しくする! 冷風扇と冷風機でなぜ冷風機を選ぶかという理由の1つに湿度を気にする方が多いかと思います。 そこで視点を変えて今度は除湿機から探すのも安く抑えられますしとてもおすすめです。 アパートやワンルーム、小部屋などであれば、除湿をするだけでも夏のジメジメした暑い部屋が一気に居心地の良い空間に変えられるかと思います。 温度はそこまで下がらなくても体感温度としてはかなり涼しく感じられる良い環境づくりをできるかと思います。 その他にも、除湿機は衣類乾燥やカビ対策なのど効果もあるので、1年フルに使う場所を選ばないのもおすすめの1つです。

次の

冷風扇・冷風機

大型 冷風 機

冷風機とは? 冷風機とは何?と思う方もいらっしゃると思いますので、簡単にご説明をします。 冷風機の構造は室内の空気を取り込んで熱交換ユニットを備えていて冷風を出し、機械の背面から排気(熱い風)を出す機械です。 凄く難しく書いている訳ではありませんが、これじゃ~分からないですよね。 ズバリ!冷風機とはエアコンの持ち運びが出来るコンパクトサイズのものです。 室外機一体型ミニクーラーと言った感じです。 冷風扇との違いは? 冷風扇とは違うの? と言う方もおられる事でしょう! 正直、全く別物です。 冷風扇は扇風機の前に水を張ったバケツを置いて、暑さで水が気化する時に熱を奪う作用を利用して涼しくなった空気を扇風機で送りだすシステムです。 ほとんど扇風機です。 冷風機・冷風扇のメリット・デメリット 物には全てメリット・デメリットと言う等価交換と言うものがついて回ります。 当然冷風機、冷風扇にもこの等価交換のシステムの存在があります。 冷風機のメリット・デメリット 冷風機にもメリットデメリットはあります。 それぞれをみていきましょう。 冷風機のメリット ・室外機の設置がいらない ・持ち運び片付けが出来る。 ・除湿機能もある。 冷風機のデメリット ・本体価格が高い ・冷風扇に比べでかいものが多い ・コンプレッサー内蔵なので音がうるさい 冷風扇のメリット・デメリット 冷風扇の方ももちろんメリットデメリットはあります。 こちらもそれぞれみていきましょう。 冷風扇のメリット ・本体価格が安い ・冷風機に比べ小型なのが多い ・氷などを入れれば瞬間的涼しさはこちらの方が高い ・エアコンの風が苦手な方でも安心 冷風扇のデメリット ・湿気が多くなるため使うとしても別途除湿機も欲しくなる ・扇風機なので、部屋全体が涼しくなることはない メリット・デメリットはまだまだ、ありますが代表的な物だけ紹介しておきました。 お互いのメリット、デメリットを見比べて検討してみてください! では冷風扇と冷風機どっちがいいのか? 結論から言うと、用途にも寄るかもしれないですが、いわゆる家で涼みたいと言うときは断然冷風機の方をオススメします。 冷風扇と冷風機1番の違いは湿度の違いです。 冷風扇はどんなに涼しい風を送ろうが気化した水を巡回させているので湿度は高いです。 それに比べて冷風機は逆にミニエアコンと言われてる通り除湿機能があり湿度は低くなります。 湿度が高いと言うことは、部屋の温度は例え同じ28度だったとしても、体感的な涼しさは全然違います。 湿度が高い方はどこかジメジメして汗もよくでる環境ですが、湿度が低ければカラッとした暑さで居心地はいいと思います。 おすすめのほんとに涼しい冷風機 どうです。 冷風機ってのも有りではありませんか!? エアコンにはない手軽さがやはり売りなんです。 そこでおすすめ冷風機をいくつか紹介します。 トヨトミ スポット冷暖エアコン TAD-22JW 冷風機を探してる方にはどうしてもクーラーを室外機などの理由で、家に置けない!という方も多いかと思います。 除湿機という視点で部屋を涼しくする! 冷風扇と冷風機でなぜ冷風機を選ぶかという理由の1つに湿度を気にする方が多いかと思います。 そこで視点を変えて今度は除湿機から探すのも安く抑えられますしとてもおすすめです。 アパートやワンルーム、小部屋などであれば、除湿をするだけでも夏のジメジメした暑い部屋が一気に居心地の良い空間に変えられるかと思います。 温度はそこまで下がらなくても体感温度としてはかなり涼しく感じられる良い環境づくりをできるかと思います。 その他にも、除湿機は衣類乾燥やカビ対策なのど効果もあるので、1年フルに使う場所を選ばないのもおすすめの1つです。

次の